「返り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 返り[動詞]
奴があると思って、いきなり振返り  番人を返り  家内一同夜になるとああまでしょげ返り  一緒に返り  姿に返り  顔に返り  侍女を返り  少女の群れゆきつ返り  利那礼河の返り  我に返り  通風筒を振返り  土に返り  南へ返り  聲やしたるととの御返り  われに返り  續きに返り  背り返り  思つたら、まんまと返り  行きも返り  まひに返り  方に振返り  間に返り  気まぐれな返り  雑踏し蒸れ返り  急に萎れ返り  袖が返り  位置に返り  桜は返り  から振返り  ほうを振返り  後ろを振返り  クルリと振返り  体に返り  扉を振返り  土は掘り返り  時代に返り  哀れなほどしょげ返り  しろへ飛び返り  態度に返り  正気にお返り  弾ね返り  後を振返り  私はふっと現に返り  二度三度と振返り  一字一字仮名をつけ、返り  刻に往き返り  以上、一方が返り  山三郎は振返り  裏に返り  仕様がない、返り  夜々毎に生れ返り  肩越しに向き返り  後方を振返り振返り  方を振返り振返り  それが返り  方を振返り  後れ咲か、返り  本性に返り  急に力み返り  さに澄み返り  坊主や返り  取りに返り  顔つきに返り  顔色に返り  与八はしょげ返り  七兵衛は振返り  ん/″\とまた返り  往きか返り  過去のあやまちを振返り  君に返り  わが身に返り  返事もしなければ、振返り  急に振返り  精神が澄み返り  椅子は引くり返り  奥を振返り  揮り返り  悶掻き返り  兎もすると撥ね返り  彳んで、返り  桜の返り  人だがこの返り  我れに返り  ものに返り  夢中で往きつ返り  口調に返り  冷く澄み返り  家内に返り  息をついて搖れ返り  落着かないで、振返り振返り  ちょっと後ろを振返り  東国へはせ返り  お松は振返り  都へお返り  別に背後を振返り  農業に返り  武家が、返り  兄弟子二人と知れましたが、それにしてもその返り  何度も振返り  びっくりして振返り  背後を振返り  お話後へ返り  道庵が力み返り  一つ打って、すまし返り  死人を返り  のに噎び返り  作戦には返り  鎌倉へまぎれ返り  本心に返り  自分に返り  登和嬢振返り  道庵並みに返り  平静に返り  刎ね返り  獣に返り  武士一色右馬介に返り  ちょっと後を振返り  戦前に返り  彦兵衛を返り  女を返り  伝二郎を返り  こちらを振返り  あれで出返り  仏様にも返り  二つを、むしろ返り  六つの子供に返り  中央に持ち返り  来し方を返り  大津方面へ飛んで返り  国に溢れ返り  後ろを振返り振返り  ことに決め、返り  さま振返り  文章が返り  ともへ返り  それから徐ろに向き返り  後ろを返り  冷静に返り  胸がにえ返り  者は威張り返り  静寂に返り  人に返り  めしは返り  さらばと振返り振返り  君は知らじな湧き返り  雲井ながらも返り  屹と振返り  人物は振返り  咽せ返り  門前を、振返り、振返り  それを返り  路を返り  ふつと振返り  つて振返り  賠償金が返り  とくに躍り返り  戸の返り  山賤見出して持ち返り  身に返り  上つた力み返り  高を返り  プールに返り  しろに振返り  都へ返り  渚に泳ぎ返り  むっつりやに返り  天窓を振返り  もとに返り  後が返り  上に返り  ところまで返り  正気に返り  幸子は、振返り  本に返り  光代は拗ね返り  ところを、しょげ返り  方へ振返り  花を振返り  ハッチソンはキッと振返り  静り返り  文物すれど返り  他人行儀に澄まし返り  いふ跳ねつ返り  かな文字に改め、又は返り  煮豆屋、振返り  愚に返り  鳥居を入って振返り  悸然として振返り  城下は寂れ返り  後を振返り振返り  打り当り、湧き返り  銀杏を振返り  師匠は振返り  あとへ返り  国麿は振返り  方を視返り  こどもに生れ返り  吾に返り  それから侍臣を返り  礼服を、返り  凡庸に返り  飛行眼鏡を光らせて振返り  上から幾度も振返り振返り  肩も、返り  姫君へお返り  とんぼう返り  鍵が返り  云えるほどに澄み返り  後姿、振返り  幾度も繰り返り  近年漢文を返り  大金持に返り  意識に返り  元へ返り  薩摩にも活き返り  文面に返り  こと一町ばかり、俄然留り振返り  仇討を仕損じて返り  当日は返り  京都の返り  霞ヶ関には返り  一つ心残で御座いましたので、返り  アリスを返り  田に往き返り  声がはぜ返り  往きと返り  一時に澄み返り  波状に揺れ返り  元に返り  樹木に返り  あたりを振返り  其本に返り  玲瓏と澄み返り  杖に振返り  わが身を振返り  ほうに振返り  そちらを振返り  盆栽に見入って、振返り  女、返り  一つね返り  思いをして行き返り  風で振返り  右翼が返り  左翼が返り  背後へ飛び返り  空気は澄み返り  後へは返り  句讀點、返り  人間に返り  風に返り  吾妻下駄に踏みならし振返り  凶に返り  上に起き返り  喜こびもしねえし、悪くたって、それほどしょげ返り  顔を振返り  髯のみ動かして、しらけ返り  一本道を振返り  



前後の言葉をピックアップ
カエリ  返り初日  かえり  返り新参  帰り  返討  返り討ち  帰りがけ  帰り際  帰り車


動詞をランダムでピックアップ
楽しめよ如きよろこん抱取うっちゃっ転がし口走っあけはなさ突きとばすしのごはたすみはっこと足りるかき集めしゃがま乱れ飛び取り去りけいすずり落ちる担が
形容詞をランダムでピックアップ
憎くくるしくっ寂しかっ恥ずかし青じろく神神しい疎かっ偉い手堅いしたたるはやかっ浅かっそぐわなかそけく軽く物すごくするどく目新しいことごとしい遠から