「込ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 込ん[動詞]
ふところにおし込ん  圧へて駈け込ん  喰ひ込ん  胸底に沁み込ん  軒毎に覗き込ん  流れに融け込ん  不意にしゃがみ込ん  大火鉢にしゃがみ込ん  中に刺し込ん  無遠慮に突き込ん  いつか思ひ込ん  何處から迷ひ込ん  中にはふり込ん  野蛮に追ひ込ん  中へとび込ん  はたきを持ってとび込ん  人形振りが浸み込ん  ドアを又あけてとび込ん  内になげ込ん  ぱつ鉄砲を射ち込ん  うまくくはへ込ん  底もなく滅入り込ん  裏を覗き込ん  刻り込ん  考へ込ん  買ひ込ん  くせに、あばれ込ん  ギタは、押入れにしまい込ん  内へ駈込ん  卒然内へ喚き込ん  何だか取込ん  庭口へ這入り込ん  電光の如く斬込ん  ものと思ひ込ん  私達は這入り込ん  迷ひ込ん  吸ひ込ん  追憶が沁み込ん  中へにじみ込ん  そこへすっかりはいり込ん  そこへ沈み込ん  裡にはいり込ん  如く駈け込ん  息をふき込ん  砦にとび込ん  人々は思ひ込ん  馳け込ん  肉にも浸み込ん  威勢良く繰込ん  突つ込ん  悲鳴を挙げて駈け込ん  中へしんと浸み込ん  四匹をくわえ込ん  只管に思ひ込ん  綺麗に分け込ん  魚籠を覗き込ん  眼の引つ込ん  勢よくはいり込ん  いつまでも屈み込ん  家にはいり込ん  時慌てて取込ん  投り込ん  所に屈み込ん  爪が深く喰い込ん  程にのぼせ込ん  由緒をとり込ん  足に喰い込ん  ものを見おろしてすまし込ん  箱へ抛り込ん  中へしまい込ん  大分とり込ん  しまひ込ん  納り込ん  逐ひ込ん  古井戸へ陥ち込ん  頭を突き込ん  中へ消え込ん  上までさし込ん  中にあばれ込ん  二重三重に浸み込ん  奥へ消え込ん  静に沁み込ん  綟れ込ん  默り込ん  學校に暴れ込ん  ゑはほつそりと少し痩せ込ん  ぐつたりと睡り込ん  やうに沈み込ん  内部まで沁み込ん  ひそかにしのび込ん  中に駈け込ん  家へ駈け込ん  混り込ん  中になげ込ん  一体刃物を突き込ん  蹈み込ん  底に沁み込ん  準備に忙しく取込ん  ポケットへ捻じ込ん  底へ浸み込ん  袋へそっとほり込ん  全部残りなく描き込ん  尻を列べて、練り込ん  足あとが深く喰い込ん  電気局長に引っぱり込ん  日限りが来てもグズグズベッタリをきめ込ん  ように消え込ん  大量にくわえ込ん  オリジナル時代からマックに入れ込ん  呶鳴り込ん  転り込ん  乙にすまし込ん  心にしのび込ん  井戸側にしゃがみ込ん  やつが斬り込ん  白壁へ刺し込ん  さん/″\にとび込ん  やうにさつさとはいり込ん  やうに思ひ込ん  がんきめ込ん  兩手を挾み込ん  薄縁を敷き込ん  使ひ込ん  抱へ込ん  天南は澄まし込ん  ことからひどく鬱ぎ込ん  ドアに溢れ込ん  喚めき込ん  納い込ん  股倉に曲げ込ん  態度ですまし込ん  鬢を薄く、深く剃り込ん  私を誘ひ込ん  飮み込ん  和服で悠然と納まり込ん  ものよとのみ思ひ込ん  一本一本毎に沁み込ん  玄関へ駈け込ん  うちに沈み込ん  上に屈み込ん  いつまでもじっと縮み込ん  奥へはいり込ん  方が、よく教え込ん  罹災者が続々と相次いで流込ん  眼を覗き込ん  女なぞ引張り込ん  帳場に上り込ん  中にとび込ん  子供を覗き込ん  上からとび込ん  そこを突け込ん  何時ころがり込ん  洋服はチラリと見せただけで曲げ込ん  境地へ歩み込ん  賠はれると思ひ込ん  おのづと滅入り込ん  舞ひ込ん  きり沢山手の平にあけて、ごしごしと磨り込ん  顔を覗き込ん  中へ抛り込ん  土地にはひり込ん  色が沁み込ん  はじめ日本人だとばかり思ひ込ん  つぶつて考へ込ん  ものなんかさっさと仕舞い込ん  插し込ん  勢でとび込ん  我れを忘れて駈け込ん  片端は、さし込ん  腹へたたみ込ん  瀬につき込ん  すれすれに深く茂り込ん  それがいかにも開け放しで、つき込ん  ところまで、図図しく衝き込ん  恰好よりも、ずっとませ込ん  錠穴から挿し込ん  釘をつき込ん  膝頭に敷き込ん  水は涸れ込ん  父の枯れ込ん  薬が沁み込ん  非常に瘠せ込ん  女中が駈け込ん  費ひ込ん  安芸妓に陥り込ん  ようにさし込ん  体内へ滲み込ん  口へなげ込ん  肉に沁み込ん  弁当箱につめ込ん  自室へとび込ん  法用で取込ん  不服気に仕舞い込ん  下に駈込ん  ように這い込ん  西側にしゃがみ込ん  それを覗き込ん  シラトリ属がすまし込ん  アカデミシャニズムに陥り込ん  ぼんやり考へ込ん  教へ込ん  そこへもさし込ん  刃を挿し込ん  中に抛り込ん  米搗場に駈込ん  蔵い込ん  船路が掘込ん  ポケットに捻じ込ん  心に深く沁み込ん  部屋へさし込ん  なかへさし込ん  血に沁み込ん  五百ヤードも駈け込ん  了い込ん  闇ににじみ込ん  鼻に沁み込ん  ようにとかし込ん  十分に教え込ん  素が沁み込ん  毒が沁み込ん  奥に仕舞い込ん  家へ提げ込ん  斧でぶんなぐつたら、すつと引つ込ん  ものにむかつて睡り込ん  腹につめ込ん  荷馬車を挽き込ん  墓場へはいり込ん  わずかばかり沁み込ん  ポケツトにさし込ん  私は浸り込ん  底深く沈み込ん  背中に屈み込ん  中にしまい込ん  楽しみに浸り込ん  親子批判にいどみ込ん  前夜なので、一層込ん  組織され込ん  六本たたっ込ん  けさ力いっぱいに捻じ込ん  眼に沁み込ん  ところに沁み込ん  もう一歩ふみ込ん  一歩深くつき込ん  何れにしても、深くつき込ん  書物をしまい込ん  一部へ映し込ん  内地へ進み込ん  蹲み込ん  中に躍込ん  影がちらちらして、奥深く消え込ん  靄ながら射込ん  こちらを覗き込ん  帳場に駈け込ん  方がずっと込ん  文学にわり込ん  山からころげ込ん  織女さまのおよろこびに附け込ん  弱味に附け込ん  ノルマルに込ん  物思いに沈み込ん  一枚そこへ挾み込ん  頭からきめ込ん  なかに沈み込ん  中におどり込ん  抽斗に跼み込ん  方向に引っぱり込ん  地面に屈み込ん  水は滲み込ん  嚥み込ん  町に駈け込ん  さを調べ、窪みへつつ込ん  中に集め込ん  首をつつ込ん  中へおどり込ん  ようにおどり込ん  西日がさし込ん  闇へ消え込ん  中に滲み込ん  ものが濃く浸み込ん  中へ掃き込ん  うわばみが這い込ん  自分から這い込ん  何をすくい込ん  窓を破り、おどり込ん  隠密、しかも棲み込ん  腕へすくい込ん  後頭部へ消え込ん  中へ挿し込ん  硯を担ぎ込ん  海へなげ込ん  糸を抛り込ん  大概手繰り込ん  舳をつき込ん  間へはいり込ん  上等へはいり込ん  小脇に抱い込ん  砂糖をかり込ん  機構中に逐い込ん  風が滲み込ん  寝床に担ぎ込ん  ひと間へつれ込ん  下宿にころがり込ん  腹の中につめ込ん  これもくすぶり込ん  笑ひは引つ込ん  誤りを負い込ん  居間を覗き込ん  和蘭領へはいり込ん  料理人部屋へはいり込ん  中へおち込ん  向きに喰い込ん  ものに化け込ん  音を立てて躍込ん  場所へ送込ん  中に跳び込ん  海に跳び込ん  床は朽ちて陥込ん  胴巻きにしまい込ん  悠長に構え込ん  一つ一つ買っては提げ込ん  流し元にしゃがみ込ん  奥へしまい込ん  頭脳に滲み込ん  上にしまい込ん  そうに覗き込ん  肩越しに覗き込ん  亭主が担ぎ込ん  奥へ駈け込ん  匣へしまい込ん  櫛などを挿し込ん  奥を覗き込ん  前に坐ると、めかし込ん  前に構え込ん  方に構え込ん  物置へしまい込ん  娘さんがだまり込ん  唐辛子をつめ込ん  下宿にひっぱり込ん  ところに駈け込ん  学問を教え込ん  恰度跼み込ん  森に駈け込ん  列をなしてのり込ん  俺ら信者に化け込ん  部屋へ駈け込ん  屋敷へ駈け込ん  懐中へ捻じ込ん  驅け込ん  村に躍込ん  溶し込ん  中へ駈込ん  酒桶へまくれ込ん  裏口から馳け込ん  手の込ん  下から覘き込ん  覘き込ん  十分あまえ込ん  中を覗き込ん  窓から舞ひ込ん  据り込ん  さで喰い込ん  勝手に上り込ん  気がして、滅入り込ん  踵に這い込ん  能く這入り込ん  溝へ弾き込ん  のをぶっ込ん  考えごとに耽り込ん  空想におぼれ込ん  飾し込ん  お前が引張込ん  単身行列へ斬り込ん  どこかへしけ込ん  人数へ斬り込ん  どんどん道場まではいり込ん  横へ消え込ん  一つになって斬り込ん  大次郎へ斬り込ん  左右に崩れ込ん  方へ駈け込ん  雪崩れ込ん  電話室へ駈け込ん  側へ寄添うと、屈み込ん  這ひ込ん  陷し込ん  吸はれ込ん  変に考へ込ん  つたと思ひ込ん  敷臺へ駈け込ん  陷ち込ん  實で死んだと思ひ込ん  宴席に担ぎ込ん  男があつて逃げたと思ひ込ん  背負ひ込ん  ところにしけ込ん  間吸ひ込ん  ことと思ひ込ん  隅から蹌踉け込ん  春狐は思わず、詰るがごとく急込ん  吉川が斬り込ん  鴨居に斬り込ん  幸田が素早く斬り込ん  水の如く浸り込ん  脂の沁み込ん  喰らひ込ん  惡事で取込ん  八五郎を引ずり込ん  違ひないと思ひ込ん  此處まで追ひ込ん  杵太郎を引ずり込ん  ハンケチをつめ込ん  麒麟児であると思ひ込ん  隣室へ駈け込ん  我知らず嵌り込ん  汗とが浸み込ん  千年しまい込ん  さにうち込ん  玉でもとび込ん  中に青くさし込ん  中へ駈け込ん  逼ひ込ん  真正面から斬り込ん  占領地帯にはいり込ん  檻へまたはいり込ん  ぎはを目がけてころげ込ん  中へ込ん  ここへ踏ん込ん  顔をしてすまし込ん  最初にころげ込ん  膝をつくと、もうおどおどと脅え込ん  そこへ駈け込ん  露地へ駈け込ん  一団も駈け込ん  一散に駈け込ん  方から駈け込ん  中にさし込ん  弁当屋にあばれ込ん  部屋へはいり込ん  手足をかがめて沈み込ん  最近になって初めてはいり込ん  マトモに受けてギラギラと輝き込ん  中へ埋もれ込ん  位萎れ込ん  手口の込ん  中に沈み込ん  椅子に沈み込ん  泌み込ん  小切手帳を覗き込ん  手に触れずにしまい込ん  方にはいり込ん  住居に駈け込ん  考へもなしに駈け込ん  間にわり込ん  文章を作って貼り込ん  ブックを焼き込ん  左側をぎりぎりまで削り込ん  真向うからぐんぐん描き込ん  中に融け込ん  底に消え込ん  空洞に沁み込ん  手足を縮め込ん  土に消え込ん  ポツポツとなって沁み込ん  中に、何もかもグーンと消え込ん  さが駈け込ん  中まで滲み込ん  からとび込ん  事をかんがえ込ん  一人手にさし込ん  芽生みがしのび込ん  技法が沁み込ん  頭へしまい込ん  胸像がずり込ん  底深くしまい込ん  畔になぐれ込ん  バガモヨからアフリカ内地にふみ込ん  陰気にだまり込ん  竹垣を踏み破って、駈け込ん  真先に斬り込ん  小屋へ駈け込ん  小間物屋を引張り込ん  天井裏へ駈け込ん  ふいに夢の中へ跳び込ん  生活に解け込ん  玉がとび込ん  浪士が斬り込ん  のとばかり思ひ込ん  なかへ溺れ込ん  バラエテーに迄おち込ん  山の手に引つ込ん  伴れ込ん  窓から朝日がさし込ん  なかへしまい込ん  右眼が嵌込ん  なかへ射込ん  何処から迷ひ込ん  子爵家へ引っぱり込ん  露路へ駈け込ん  人は斬り込ん  屋敷内にはいり込ん  憎悪とで斬り込ん  いつか選手も繰込ん  流石に、ひどく鬱ぎ込ん  変ですが、ま、すまし込ん  みを射込ん  偶然ペルミ号にのり込ん  一時搦め込ん  物語にもり込ん  光をうち込ん  紙幣を敷き込ん  寐台に這い込ん  にわかに明るい光りがさし込ん  宿で鬱ぎ込ん  理想などが、響き込ん  軒ごとに覗き込ん  駄目だときめ込ん  山口がはり込ん  中へ手速く隠し込ん  からの込ん  瓦斯体が這い込ん  熱心に覗き込ん  室内を覗き込ん  ちゃんと上衣を著込ん  そこらを覗き込ん  一劃へも渦巻き込ん  財政に這い込ん  伸び上ったり、屈み込ん  商店にも一々這入り込ん  川へ抛り込ん  んと抛り込ん  小川へ抛り込ん  何か取込ん  大束を極込ん  あいだ自分一人で極込ん  心に沁み込ん  鳥とかを描き込ん  行李にしまい込ん  収い込ん  技術でもり込ん  中まで沁み込ん  一杯につめ込ん  圧迫感へ誘ひ込ん  勢ひ込ん  もんどり打ってころげ込ん  ところへはいり込ん  出鱈目に掻き集めて、抛り込ん  寝室へ這入り込ん  そこにしゃがみ込ん  病院に駈け込ん  巴里に這入り込ん  窓から抛り込ん  肉に喰い込ん  うちにすっ込ん  職人にでも化け込ん  みずからはいり込ん  食客としてころがり込ん  どこからはいり込ん  一本ぶっ込ん  尋常に斬り込ん  九郎方へ斬り込ん  ひとりが駈け込ん  敷居を踏み切って斬り込ん  屋敷へ斬り込ん  ように跳び込ん  ように屈み込ん  外人達が沢山はいり込ん  家に引張り込ん  中に潜み込ん  方に屈み込ん  中に浸り込ん  ホテルに駈込ん  中に済まし込ん  窓からさし込ん  寝床へ這い込ん  上野駅に駈け込ん  原稿用紙をつめ込ん  どこにあるかも、つき込ん  内へ仕舞い込ん  手がぶるぶると震えて、次第に深く喰い込ん  陰影に程よく融け込ん  ようにすまし込ん  さっきの子もすまし込ん  水にとび込ん  危機に追ひ込ん  すつかり鬱ぎ込ん  激情に追ひ込ん  底まで滲み込ん  中へどっと喚き込ん  肉体に、ひどく喰い込ん  棺桶を抛り込ん  負けが込ん  蕎麦を浸け込ん  やうがないと思ひ込ん  帽子は低くかがみ込ん  俺等一人で、踏ん込ん  内によろめき込ん  土地にはいり込ん  一度に余計、はふり込ん  一疋投り込ん  間にさし込ん  手をさし込ん  涙が浸み込ん  大股ではいり込ん  どこにころがり込ん  切手をたたみ込ん  陣へ駈け込ん  水をしまい込ん  夕日がさし込ん  一皿すすり込ん  歌舞伎座は、そう込ん  立話をしていたが、まだそんなに込ん  雑音が混じり込ん  家は取込ん  お出でかえ誠に取込ん  家に這入り込ん  香油を塗り込ん  書生部屋を覗き込ん  震動を射込ん  道を覚込ん  なかに浸り込ん  決心でとび込ん  診察室にとび込ん  部屋に這入り込ん  車に這い込ん  やり口をも、とり込ん  習慣とが、次第に沁み込ん  介抱しようとして屈み込ん  命知らずにも斬り込ん  主税を目掛けて斬り込ん  無鉄砲に斬り込ん  夢中で駈け込ん  勘兵衛も意気込んで駈け込ん  一矢を射込ん  うちへ射込ん  剃刀を持って暴れ込ん  日はえらくめかし込ん  軌道へはいり込ん  庭へはいり込ん  集金をつかい込ん  のが抛り込ん  旅籠屋にころげ込ん  汁をしぼり込ん  底知れず堕ち込ん  袖が堕ち込ん  割目を覗き込ん  つばめがとび込ん  毎晩しけ込ん  所を引張込ん  婦人を引張込ん  者を引張込ん  眤近に成りたいと云うので、決して引張込ん  斯う斬込ん  菓子屋へ駈込ん  侍が駈込ん  植木などを入れ込ん  ふところにさし込ん  所にしまい込ん  上体をたくし込ん  倉地におぼれ込ん  金には弱り込ん  間にはいり込ん  けさはまたそんなにしゃれ込ん  おれが喰い込ん  ごっちゃにしまい込ん  中にくずれ込ん  所にさし込ん  特等室なぞにはいり込ん  間を置いてはさし込ん  中へ何もかも抛り込ん  塒へ追ひ込ん  終日部屋に引つ込ん  部屋へでも這入り込ん  町中に流込ん  手帖をしまい込ん  夢に出るまで、浸み込ん  武彦が教え込ん  大切なものを握り込ん  仲間に引っぱり込ん  ぼんやりはいり込ん  女を引張り込ん  儚い気持に沈み込ん  小さなマイクロフォンを捻じ込ん  中に縮み込ん  頭に滲み込ん  挿み込ん  表から踊り込ん  みな深く睡り込ん  手足が、よく肥り込ん  溝そこへはまり込ん  なかにしまい込ん  一人一人頭から這ひ込ん  俥夫等がいかに暴れ込ん  つて事務所へ引つ込ん  人間を虐めて、すまし込ん  海に墜ち込ん  下に向けて突き込ん  雨に濡れて散り込ん  大勢客が込ん  大勢湯壺にはいり込ん  私を覗き込ん  説をきき込ん  閃めき込ん  女中を雇い込ん  心臓にすっかり沁み込ん  方から融け込ん  のまではいった込ん  まともにさし込ん  木理の込ん  下に這い込ん  矢つぎ早に受け込ん  心に滲み込ん  屋根並みがぎっしり込ん  なかにはいり込ん  食ひ込ん  運命に追ひ込ん  なかへはふり込ん  ようにあばれ込ん  さが刺し込ん  ガクリ胸に落し込ん  心に喰い込ん  一寸も喰い込ん  世界にさし込ん  中によろめき込ん  熟柿臭い臭気とが沁み込ん  半分までも取り上げて仕舞い込ん  旧悪に附け込ん  窓から外の光りが明るく指し込ん  ポケットにしまい込ん  自働電話に駈け込ん  土手三番町へ曲り込ん  驟雨に会って駈け込ん  声が洩れ込ん  横へ引っぱり込ん  ように駈け込ん  島もないほどへたばり込ん  気持ちで澄まし込ん  風に落ち着いて、澄まし込ん  一心に覗き込ん  美味そうに啜り込ん  下に跼み込ん  それを仕舞い込ん  封筒を取って、素早く握り込ん  跳り込ん  身体を落し込ん  それをしまい込ん  慾得五分の算盤玉を弾き込ん  壁に嵌込ん  中へ吐き込ん  一途に思ひ込ん  藤吉が駈け込ん  衝っ込ん  胸からも、沁み込ん  隅に引つ込ん  さがまだ浸み込ん  なかへはいり込ん  安定してしまって、ぐっすり睡込ん  心寺へ駈込ん  かわりがわりにさし込ん  前足をさし込ん  窓へ散込ん  所へ掘り込ん  穴倉へも這い込ん  感傷的に思ひ込ん  中へ這い込ん  一人で斬込ん  山へもち込ん  両手をさし込ん  息を切ってころげ込ん  今夜彼があわただしく駈け込ん  金兵衛がまた駈け込ん  茅葺き家根をみつけて駈け込ん  つて何枚か敷き込ん  上野へ駈け込ん  そこへ引張り込ん  雪をふみ込ん  雪渓の喰い込ん  上へわり込ん  方からゆすり込ん  敷居を越して溢れ込ん  まま懐へ捻込ん  私が暴れ込ん  病人で取込ん  無理におし込ん  蟇口にしまい込ん  お久がくぐまり込ん  それからつかつかと上り込ん  地中に引張り込ん  朝っぱらから据わり込ん  叢にころげ込ん  染みと喰い込ん  奥へ引つ込ん  居間へ駈け込ん  八百屋へとび込ん  家へ担ぎ込ん  松を担ぎ込ん  家まで駈け込ん  棒をさし込ん  夜以来、睡り込ん  匐い込ん  乘り込ん  五人で斬込ん  どまんなかに融け込ん  中に閉じ込ん  須田伯耆が駈込ん  妙に鬱ぎ込ん  軒口までさし込ん  型に、すっかり嵌り込ん  岩瀬が斬り込ん  仰山らしく活け込ん  事柄にはいり込ん  所にはいり込ん  まま、うっとりと睡り込ん  ものをも言わずに踞み込ん  裏からとび込ん  ところへころがり込ん  恰好で這い込ん  内部を覗き込ん  膝に乗って大人しくすまし込ん  一ぱい書籍を捩込ん  穴を埋めさせようとして、更に大きく注込ん  張物板を取込ん  首を突き込ん  下に囲い込ん  靄に融け込ん  玄関に上り込ん  頭に浸み込ん  身体を丸くして縮まり込ん  朝夕に塗り込ん  人間に浸み込ん  ものをつめ込ん  朝日がさし込ん  手に引つ込ん  先に着いてるとのみ思ひ込ん  全部乘り込ん  方に引つ込ん  森に這入り込ん  部屋へ引つ込ん  わたくし共は這入り込ん  奥に引つ込ん  大に踏ん込ん  東西両方から乗っ込ん  方から乗っ込ん  外洋から乗っ込ん  東京湾内へ乗っ込ん  湾内へ乗っ込ん  許へ暴れ込ん  小網町へ焼け込ん  手を持って引張り込ん  手元へ繰込ん  げに覗き込ん  将棋盤を覗き込ん  何かをくはへ込ん  一本一本刺し込ん  中にかがみ込ん  割合に込ん  懐中へ捩込ん  内へ射込ん  言葉を教え込ん  窓から跳び込ん  意見やを黙って仕舞い込ん  図を貼込ん  わたくしを画かきだと思ひ込ん  髄に噛み込ん  咥え込ん  女は少し焦き込ん  間際へ、思いがけなく駈け込ん  みどりの部屋へ駈け込ん  ことなく、透かさず斬り込ん  西日比谷検事局にあわててとび込ん  検事局に恐れながらととび込ん  車にとび込ん  自動車にとび込ん  さが沁み込ん  若い男を引張り込ん  大島へころがり込ん  一ツ借込ん  ように句切りながら、次第ににじり込ん  ようにして暴れ込ん  中で、ひどくさし込ん  奥座敷を閉め込ん  彼に沁み込ん  隣室に抛り込ん  のをつれ込ん  何心なく寄り込ん  中に突き込ん  座敷に駈け込ん  非常に取込ん  中へ敷き込ん  小舎へ這い込ん  ここへとび込ん  部屋につれ込ん  記事をはり込ん  何処かにしけ込ん  後から私も化け込ん  夜具を抛り込ん  御影石を塗り込ん  屋台が挽き込ん  内へ這入り込ん  首を挿し込ん  うちに手繰り込ん  籠に挿し込ん  者でも、斬込ん  手許に繰込ん  お客が沈み込ん  のでもなく、ただじりじりと互に喰い込ん  心はびりびりっと震え込ん  ましそうに覗き込ん  ユダみてえに掴み込ん  からだに滲み込ん  そこへ附け込ん  へんにめかし込ん  乗物がすっぽりと陥り込ん  今朝までぐっすり睡込ん  頭をつき込ん  賽銭をなげ込ん  人が込ん  腹に突き込ん  婚礼を附け込ん  上に踞み込ん  光栄だと思ひ込ん  場から海に跳び込ん  間にはひり込ん  ところへどなり込ん  レストランへ引っぱり込ん  これが喰い込ん  後ろによろけ込ん  道ばたにしゃがみ込ん  町内から町内へと繰込ん  隅っこへ抛り込ん  中へ担ぎ込ん  枝の込ん  此方を覗き込ん  田舎に引つ込ん  荘園に引つ込ん  横に掘り込ん  窓から引つ込ん  社長で収まり込ん  幾筋も喰い込ん  町内へ繰込ん  間に駈け込ん  潜り戸から跳り込ん  店へ繰込ん  これを抛り込ん  むやみに這入り込ん  店へあばれ込ん  世界へ跳び込ん  世界へとび込ん  書類棚へ抛り込ん  左手の引つ込ん  所に引つ込ん  一度さう思ひ込ん  端をさし込ん  つば元まできり込ん  秘密が這いり込ん  部屋にとび込ん  袋につめ込ん  ところへ捻じ込ん  投ち込ん  頭に沁み込ん  下を覗き込ん  家にころげ込ん  板に深く喰い込ん  払つて這入り込ん  化物娘を引張り込ん  部屋へ駈込ん  牢破りを引張り込ん  廂に射込ん  続けざまに飲み込ん  磨臼に抛り込ん  骨まで浸み込ん  奥座敷に繰込ん  横着をきめ込ん  奧座敷に繰込ん  方へ曲り込ん  中軸に掘込ん  指を突き込ん  ひとり舞ひ込ん  やうにしのび込ん  一ぱい日がさし込ん  花が散り込ん  中へ落し込ん  骨まで沁み込ん  間に挿し込ん  馬場へ繰込ん  もんだと思ひ込ん  四方に立ち込ん  同列へ斬り込ん  見事、斬り込ん  方を斬り込ん  覆面が斬り込ん  中へ引張り込ん  邸へ斬り込ん  すぱすぱとくゆらしながら澄まし込ん  方に這い込ん  喬介は屈み込ん  地面に抛り込ん  中へすくい込ん  石狩川に陥ち込ん  写真機を担ぎ込ん  どこへでも駈け込ん  日本へ持って帰って仕舞い込ん  中まで荒れ込ん  襖を開けて跳び込ん  空気が沁み込ん  発音でおぼえ込ん  胃の腑へ沁み込ん  彷徨い込ん  看護婦の駈け込ん  内儀さんまでが、いつの間にか、はいり込ん  胸に沁み込ん  巧手に取込ん  戸前から中を覗き込ん  池田屋へ斬り込ん  後ろから無二無三にきり込ん  野良犬から狎し込ん  インタフォンに向けてかがみ込ん  玄関へとまわり込ん  物蔭へ引っぱり込ん  呼吸を握り込ん  屍体を担ぎ込ん  二等室に担ぎ込ん  法要で取込ん  軒下に駈け込ん  どこから這い込ん  カフェーへ駈け込ん  具体的事実として教え込ん  県庁にもち込ん  ものを誘き込ん  下あたりに這い込ん  甘酒屋へ繰込ん  真中へ抛り込ん  上から中を覗き込ん  どこか済まし込ん  縁に縋ってころげ込ん  はじめ、いつもころがり込ん  上被りに伏せ込ん  河底を覗き込ん  ぢいつと覗き込ん  躑踞み込ん  蔵ひ込ん  云つて賣込ん  上にかがみ込ん  フィリップは言って、しゃがみ込ん  私を貰いたいといい込ん  私をつり込ん  芝居町まで焼け込ん  腹に滲み込ん  バラで抛り込ん  ものは仕舞い込ん  背後まで崩れ込ん  ひと溜まりもなく陥ち込ん  試験場へ駈け込ん  試驗場へ駈け込ん  四里奥へ這入り込ん  仔細に教え込ん  沼間夫人は、剃り込ん  隙間へはいり込ん  下に沈み込ん  そこへしゃがみ込ん  実家へ暴れ込ん  相当に教え込ん  ムカッ腹でどなり込ん  そこを附け込ん  問屋場へ抛り込ん  所に斬込ん  安楽椅子に沈み込ん  縞になってさし込ん  刃物みたいに喰い込ん  シミジミと融け込ん  目からキラキラとさし込ん  軍艦に担ぎ込ん  田舍にばかり引つ込ん  ほうへ喰い込ん  すにはいり込ん  急っ込ん  前を廻り込ん  上手袖から廻り込ん  穴から這い込ん  なかに陥ち込ん  妙に閉め込ん  ものがささり込ん  むやにささり込ん  接触線を覗き込ん  舷側を覗き込ん  中へはまり込ん  重心板が喰い込ん  水際へ屈み込ん  金助を抛り込ん  イヤと言えば抛り込ん  吉原へ繰込ん  それを廻り込ん  市中をめがけて繰込ん  剪り込ん  後から駈込ん  光の中へ屈み込ん  大月氏は、屈み込ん  ものを担ぎ込ん  一番奥のものに摺り込ん  桜が散り込ん  自然を融かし込ん  主観に融け込ん  中心に跳び込ん  境界に追ひ込ん  玄関から駈け込ん  二人だけ乘り込ん  少年時代から思ひ込ん  精進が繰込ん  莊へ移り込ん  罠へ歩み込ん  署長室へ駈け込ん  領にさし込ん  穴にうち込ん  悩みをとり込ん  影響をとり込ん  一疋跳び込ん  識らず陥り込ん  ここへ引張り込ん  米友は少し廻り込ん  一間へ駈け込ん  定家様で彫込ん  山道へ担ぎ込ん  馬を馳せて跳び込ん  から怒鳴り立てて、跳び込ん  壁に塗り込ん  場へ駈け込ん  寄り道もせずにこうして駈け込ん  銭湯へ駈け込ん  一人門から駈け込ん  宛粘り込ん  奥に沁み込ん  中に浸み込ん  腹に沁み込ん  蔵経を積め込ん  泥に深く喰い込ん  二足ふん込ん  葉をつめ込ん  考えに陥ち込ん  荷物を担ぎ込ん  屑籠へ拠り込ん  書損いが抛り込ん  留置場へ抛り込ん  女を抛り込ん  後に抛り込ん  死骸にしゃがみ込ん  上にしゃがみ込ん  狼狽しながら屈み込ん  砂利を噛んで軋り込ん  蝋燭を持って駈け込ん  頭だけをつき込ん  方を覗き込ん  顔を、一々覗き込ん  のは、思いがけなく繰込ん  戸棚へ仕舞い込ん  何か鬱ぎ込ん  すき間から這い込ん  者を卷き込ん  唇がとび込ん  誰かが、息せき切って馳せ込ん  焚火にかがみ込ん  方にかがみ込ん  兵がおどり込ん  あちらこちら歩き廻ったり、一寸屈み込ん  貌を覗き込ん  船にのり込ん  まましゃがみ込ん  黄金饅頭を撒き込ん  絵描きを引張り込ん  ここへ担ぎ込ん  何も担ぎ込ん  門から繰込ん  湯へ繰込ん  楽屋へ担ぎ込ん  眼は滅入り込ん  鬱々と沈み込ん  端から作者部屋に抛り込ん  位置にあると思ひ込ん  手籠へしまい込ん  ガラス戸越しに少しくさし込ん  蜿り込ん  三畳へなげ込ん  谷へ陥ち込ん  先廻りしてはり込ん  隙を見て、同時に颯と斬込ん  ぶんと抛り込ん  耳にさし込ん  棒を挿し込ん  納屋へしまい込ん  麦をしまい込ん  芸者がころがり込ん  これへ引張り込ん  顔を突き込ん  小首を傾げながら屈み込ん  立止ると、屈み込ん  僕が鬱ぎ込ん  缺片などを拾い込ん  顔をして鬱ぎ込ん  右に廻り込ん  左に廻り込ん  一つ二つ斬込ん  井上に向って斬り込ん  バッバッバッと斬り込ん  使い方をおぼえ込ん  帯に突き込ん  心がめいり込ん  奥まではいり込ん  皆が死んだと思ひ込ん  無茶苦茶に斬込ん  頭を敲き込ん  崖へ駈込ん  鏡を覗き込ん  急速に、また気負い込ん  つもりで教え込ん  座敷へころがり込ん  骨まで腐り込ん  七兵衛はのっ込ん  青竹をさし込ん  渓谷へ落し込ん  一ぷくつけてすまし込ん  なるたけ手の込ん  中へはいり込ん  中へ沈み込ん  慎吾はしゃがみ込ん  迷宮に逐い込ん  皆取込ん  濡れ縁から下を覗き込ん  敷物をしき込ん  後光がころげ込ん  女事務員が駈け込ん  跡が滲み込ん  下駄を抛り込ん  指先きを突き込ん  いのちに喰い込ん  陽が映り込ん  店頭へ据わり込ん  ことを、そうやって担ぎ込ん  顔で澄まし込ん  海へめいり込ん  雨宿りに駈込ん  若い男が、いり込ん  警官達が崩れ込ん  後ろからコッソリ死人を覗き込ん  上へあがり込ん  一番たんまりと儲け込ん  彼等の羽ばたきは消へ込ん  大高下駄を履き込ん  病院へ担ぎ込ん  髄にまで喰い込ん  内臓機関に浸み込ん  頃から浸み込ん  地平へと消え込ん  庭先へ駈け込ん  真中のに這い込ん  様子で鬱ぎ込ん  城内へ射込ん  とき、おどり込ん  逆に澄まし込ん  懐中に掴み込ん  色を変えて担ぎ込ん  橋から斬り込ん  余分に取込ん  モウ棺箱を担い込ん  太股に喰い込ん  笹に陥ち込ん  やう蒼穹ばかり、いよいよ暗く陥ち込ん  底に沈み込ん  斜陽がさし込ん  髄にまで滲み込ん  家庭にも、しのび込ん  おくれ毛が彫込ん  妙にしびれ込ん  中に薄れ込ん  数日ここに構え込ん  なかへ斬り込ん  郭内へ斬り込ん  いやにつんと澄まし込ん  憂鬱に沈み込ん  乗客はわりに込ん  方へ屈み込ん  二三歩はいり込ん  奥へ潜み込ん  点を突き込ん  中にはいり込ん  底へと沈み込ん  横町に曲り込ん  客は余り込ん  中にわり込ん  客は込ん  所へ沈み込ん  肩先へ屈み込ん  中に屈み込ん  内を覗き込ん  内へ這い込ん  和泉屋へ暴れ込ん  二階にはいり込ん  奥へころげ込ん  それをそっと転がし込ん  二つばかり転がし込ん  間へ這い込ん  西郷に担ぎ込ん  外にまばゆくさし込ん  委細のみ込ん  竜吐水が繰込ん  良斎もすまし込ん  ことで食らい込ん  一ぱいに明るく映し込ん  小道へ這入り込ん  威勢よく駈け込ん  一杯も啜り込ん  家でも遠慮なしにはいり込ん  足ふみ込ん  蒼になって駈け込ん  わたくしが駈け込ん  以上に斬り込ん  山城屋へ捻じ込ん  寝床へころげ込ん  障子をがらりとあけて這い込ん  ところへ駈け込ん  腹へ喰い込ん  後から後から繰込ん  腋の下へくぐり込ん  内へころげ込ん  吹っ込ん  奥へ引っ返して駈け込ん  狐が這い込ん  家へはいり込ん  わたくしも早く駈け込ん  若い女が駈け込ん  枕もとへいざり込ん  芸妓屋へ這い込ん  月の光りがさし込ん  汗を拭きながら駈け込ん  嫁に貰いたいと、しきりに云い込ん  家へころげ込ん  なかへはまり込ん  多吉があわただしく駈け込ん  瀬戸物町へ駈け込ん  唐櫃にしまい込ん  町屋へはいり込ん  博奕場へはいり込ん  足早に駈け込ん  邸内へ射込ん  佐女牛へおちつき込ん  足をふみ込ん  掃溜めへなげ込ん  手裏剣を刺し込ん  魂をうち込ん  庭へでも這い込ん  横町へ駈け込ん  一字をよみ込ん  底にしまい込ん  半分ほどをようよう啜り込ん  三方から兵助を取り囲んで斬り込ん  蕎麦をすすり込ん  異人を狙ってはいり込ん  商人をつれ込ん  火鉢にすくい込ん  どっかへしけ込ん  出家がはいり込ん  なかまではいり込ん  店にあがり込ん  中に、早くも取込ん  マドロス君を抛り込ん  ものを射込ん  自分は嫁いて納まり込ん  のか、ひっぱり込ん  狸寝入りなんぞきめ込ん  山内へさまよい込ん  水になげ込ん  あとから竈へ這い込ん  内に融け込ん  家に仕舞い込ん  厄介物を担ぎ込ん  幸八が駈け込ん  寝込みへ踏ん込ん  ひと足さきへ踏ん込ん  ように這入り込ん  女が駈け込ん  底から水が沁み込ん  穴から水が湧き込ん  汗をふきながら駈け込ん  どこへでも踏ん込ん  豆腐屋へ駈け込ん  時節といい、閉め込ん  なかへ駈け込ん  あいだから這い込ん  長屋へ這い込ん  白雲堂へ駈け込ん  手拭を捻じ込ん  なかへ抛り込ん  息を切って駈け込ん  なかに深く喰い込ん  早桶を抛り込ん  辻番所へ担ぎ込ん  神田の家へ駈け込ん  人間が這い込ん  口へ捻じ込ん  わたくしが踏ん込ん  なかに仕舞い込ん  賀川市長が突き込ん  ほうにひっ込んで睡込ん  淋れ込ん  大部屋へはいり込ん  ふところへ捻じ込ん  なかへでも転がし込ん  会社へしのび込ん  物蔭に隠れ込ん  捨て身の懸りを以て、斬り込ん  囲いに抛り込ん  ところへ抛り込ん  寺内に仕舞い込ん  タネを握り込ん  筥崎駅へ駈け込ん  地下室へ駈け込ん  処へ駈け込ん  顔を見上げると、みるみる暗い、萎び込ん  番屋へ駈け込ん  死体を覗き込ん  野郎がはいり込ん  亀吉も這い込ん  抜け道から土台下へ這い込ん  いつものように抜け道へくぐり込ん  面倒を云い込ん  色をかえて駈け込ん  野郎、すっ込ん  人差指を突き込ん  何処からか這い込ん  与惣次は跳び込ん  女郎屋にはいり込ん  自身番へ駈け込ん  戸棚へ抛り込ん  案内も乞わずにはいり込ん  奥座敷へしけ込ん  穴を塗り込ん  境いに、跳び込ん  足場をくぐってはいり込ん  長屋頭へ駈け込ん  壁へ塗り込ん  屍骸を覗き込ん  合点小路へ駈け込ん  竹籠へ抛り込ん  巻きに結い込ん  部屋へ跳び込ん  さらえ込ん  屋敷へはいり込ん  寺内へ駈け込ん  座敷さえ教え込ん  寝顔を覗き込ん  釣台を担ぎ込ん  瘢面をつき込ん  たくさん繰込ん  炬燵に納まり込ん  屏風を廻り込ん  あらましのみ込ん  光がうらうらとさし込ん  猛然斬り込ん  匿れ込ん  中に沁み込ん  肌着に浸み込ん  群に這入り込ん  半分庭へ囲い込ん  なかに、ながれ込ん  一つ抛り込ん  中まで茂り込ん  合つて斜にさし込ん  夕日が低くさし込ん  ためわり込ん  うえを覗き込ん  蹌踉き込ん  年なのでめっきり弱り込ん  医者を担ぎ込ん  高鼾で納まり込ん  肩にのせてすまし込ん  洋へ躍込ん  硝子障子に嵌込ん  花をたき込ん  中にまで喰い込ん  それにしまい込ん  ょな眼つきで覗き込ん  納まい込ん  枠台に屈み込ん  馬鹿だと思ひ込ん  気持ちに浸り込ん  倅を喚び込ん  実を撮み込ん  声さえ、洩れないほどに納まり込ん  試みに射込ん  矢を射込ん  仕事ぶりをすまし込ん  仙台へのり込ん  眼鏡を近づけて眺め込ん  骨身に浸み込ん  ズンズン曲り込ん  台所から駈込ん  目と口に浸込ん  ぼんやりと射込ん  術もなく黙込ん  言ひ込ん  車窓を覗き込ん  ことも教え込ん  寝床まで担ぎ込ん  味噌摺坊主に化け込ん  手鞠がころげ込ん  中へ引つ込ん  匐ひ込ん  往来へ射込ん  佐平はそう言って屈み込ん  焚き火に屈み込ん  身に浸み込ん  一行が練り込ん  家へ、抛り込ん  手を伸ばしたり、覗き込ん  彼を引っぱり込ん  中にしゃがみ込ん  押入に仕舞い込ん  耳に洩れ込ん  納屋に担ぎ込ん  ゆっくりゆっくりと沈み込ん  下へ駈け込ん  矢張り考へ込ん  河から直角に掘り込ん  川から直角に掘り込ん  前後なく描き込ん  前まで這入り込ん  氷柱が這入り込ん  手を突き込ん  我ながらいかにも華々しくめかし込ん  方面へ這入り込ん  中へこそこそと這入り込ん  ぼんやり這入り込ん  台所を覗き込ん  蹣跚き込ん  一匹はいり込ん  胸に滲み込ん  みじんも滲み込ん  引出しに仕舞い込ん  ひまにも少しずつずり込ん  籠を覗き込ん  うちへ駈け込ん  一瞬間引つ込ん  油が塗り込ん  後ろに、はいり込ん  彼に強く沁み込ん  そこにはいり込ん  譜面台を覗き込ん  菓子をつめ込ん  病者が沈み込ん  非常に込ん  腸を沁み込ん  一人、澄まし込ん  人は、澄まし込ん  座を構え込ん  南へ廻り込ん  のたり込ん  一かたまり抓み込ん  炉辺へ納まり込ん  寝室に抛り込ん  ものが繰込ん  道庵はいよいよすまし込ん  女にはまり込ん  気ですまし込ん  道ばたに屈み込ん  裏側へ消え込ん  二人とも睡り込ん  中へ跳び込ん  待合所へ崩れ込ん  道具をすっかりもち込ん  自分はただうっかりはいり込ん  草の生え込ん  中までさし込ん  窓から這入り込ん  哲学者然と構え込ん  茣蓙を敷いてすまし込ん  家に寄り込ん  円味を帯びて抉れ込ん  額へ喰い込ん  肌に喰い込ん  方に抉れ込ん  中へ放下し込ん  一斉に覗き込ん  裂け目に喰い込ん  途中一ヶ所二丈許崖が抉れ込ん  河原一面に沁み込ん  間に鋭く喰い込ん  雪の喰い込ん  ようにそげ込ん  其上から跳び込ん  此処に跳び込ん  胴へ手早く落し込ん  ところへしまい込ん  居間に引つ込ん  からだに浸み込ん  容赦なく突つ込ん  公衆電話へ駈け込ん  山奥へでも引つ込ん  精神を溶かし込ん  気分に浸り込ん  顔をつき込ん  うちに沁み込ん  食べ物を取込ん  うちにくぐまり込ん  彼は鬱ぎ込ん  店前へ喚き込ん  大上段に斬込ん  納戸へ転込ん  芸人を引張込ん  皆輪が喰い込ん  先月までくらい込ん  懐へ捻込ん  兵粮だって餡麺麭を捻込ん  二名まで取込ん  交り込ん  中へなげ込ん  朝からぢつと鬱ぎ込ん  トランクに積め込ん  窓口へさし込ん  要素がわり込ん  説明すれば、わり込ん  穴にさし込ん  米櫃を覗き込ん  自分で思ひ込ん  外からバタバタ眼つきをかえて駈け込ん  西へ廻り込ん  目を彫込ん  袋ン中へ捻り込ん  課程は当然踏まなければならぬと思ひ込ん  寝床へ追ひ込ん  気味に覗き込ん  寝室に担ぎ込ん  払ひ込ん  づつ払ひ込ん  関係に這入り込ん  ズンズンと斬り込ん  すべては溺れ込ん  幾個も仕舞い込ん  しろへ曲り込ん  廊下に曲り込ん  内懐に落し込ん  襟に絡まり込ん  疵口に刺し込ん  二羽は充分めかし込ん  前へ繰込ん  ここに納まり込ん  方向に向って繰込ん  覆面を取らないですまし込ん  上へはしょり込ん  与八をながめ込ん  上に穿き込ん  一人ころがり込ん  広間へ担ぎ込ん  歌をうたい込ん  横座に構え込ん  ビクにしまい込ん  ところへさまよい込ん  電車はぎっしり込ん  先客があって、悠々としゃがみ込ん  扉をあけるまで、すまし込ん  それと聞いて、ああそうかとすまし込ん  壁に築き込ん  自分の子を築き込ん  妻を築き込ん  ように喰い込ん  卓上にかがみ込ん  肩へかしげて睡り込ん  庭一面にさし込ん  ふところに捻じ込ん  ぼんやり睡り込ん  夜空が覗き込ん  僕を覗き込ん  盥につき込ん  苦情をもち込ん  方へかがみ込ん  二つの新聞へもち込ん  論説をもち込ん  彼を包み込み浸し込ん  心配、などに浸り込ん  兵士が、どやどやはいり込ん  向う見ずに駈け込ん  天城更子だと思ひ込ん  全身をうち込ん  垣根に取込ん  相手で、すっかり納まり込ん  角さんが至極めかし込ん  のを引っぱり込ん  座に通って、すまし込ん  のが這い込ん  各線はぼやけて沈み込ん  芝居にうようよはいり込ん  それへはいり込ん  午後じゅうはいり込ん  嫉妬がいり込ん  恋愛がはいり込ん  血管中にはいり込ん  うちに融かし込ん  血管中に潜み込ん  いつまでも浸り込ん  彼は沈み込ん  頭脳へはいり込ん  仮睡などキメ込ん  ノゾき込ん  同胞社に這入り込ん  思つて這入り込ん  掻つ込ん  疊にくひ込ん  陣十郎がしゃがみ込ん  女を覗き込ん  考えに沈み込ん  相手がなぐり込ん  胴へ斬り込ん  夢中で斬り込ん  中へさし込ん  中にふみ込ん  手のうちに手繰り込ん  両手をつき込ん  ぼんやり浸り込ん  物置にまではいり込ん  うちに潜み込ん  さに浸り込ん  一人で深く沈み込ん  墓地へはいり込ん  劇場にはいり込ん  向こう側で、かがみ込ん  光がさし込ん  生活をうち込ん  うちにはいり込ん  ものだとばかり思ひ込ん  若紫がまったくめいり込ん  いつものように心細くなってめいり込ん  心はすっかりめいり込ん  苔をきざみ込ん  あいだにさし込ん  里へ引張り込ん  おれを抛り込ん  一人、さまよい込ん  一人でさまよい込ん  親分大尽をきめ込ん  中につき込ん  コップをぐっと引っかけておさまり込ん  着物へ焚き込ん  戸口からさし込ん  地下深くいり込ん  ほうへかがみ込ん  かなり奥まではいり込ん  誠実さをうち込ん  うちに浸り込ん  優秀者らが潜み込ん  うちに平然と澄まし込ん  砂地にはいり込ん  第三者がはいり込ん  第三者がきっとはいり込ん  太陽の光がさし込ん  ようにごく徐々にさし込ん  部屋にはいり込ん  涙ばかりがこぼれて、知らず知らずめいり込ん  ギッシリとつめ込ん  ギツシリとつめ込ん  一歩足をふみ込ん  胎内にしまい込ん  息を吹きかえしたと見せ、たくし込ん  中へ射込ん  社殿造の、閉め込ん  小僧をうまく引張り込ん  隱し込ん  何処かに隠し込ん  雰囲気とに浸り込ん  室内にまで漂い込ん  のを見て遠慮なくはいり込ん  生活にまたはいり込ん  身体に沁み込ん  うちに、浸り込ん  彼ははいり込ん  社会にまたはいり込ん  心をもってはいり込ん  感情がはいり込ん  中に摘み込ん  毎日鬱ぎ込ん  天地四方を歌い込ん  賭場へ敷き込ん  伊丹樽をくわえ込ん  門をめざして粛々と繰込ん  ようにくぐり込ん  片手をさし込ん  理想に引張り込ん  姿で納まり込ん  奴を引立てて、納まり込ん  から入れろ、と捻じ込ん  驅り込ん  片足突つ込ん  來ると思ひ込ん  垣根から中を覗き込ん  田舎へすつ込ん  お金を遣ひ込ん  せつせと噛み込ん  五郎考へ込ん  方へ繰込ん  ちや使ひ込ん  ズキリと斬り込ん  城へころげ込ん  奥に引っぱり込ん  鞘に塗り込ん  教理を教え込ん  論説なんかをうんとつめ込ん  それに融け込ん  一列にはいり込ん  闇に沈み込ん  中にしだいにはいり込ん  端にすわって、かがみ込ん  仕事にかがみ込ん  うちに難なくはいり込ん  ように込ん  中にまたはいり込ん  心の奥深くはいり込ん  憐憫に沈み込ん  奥底へまではいり込ん  底まではいり込ん  談し込ん  通りから斜めにさし込ん  小道が曲り込ん  似合ふと、思ひ込ん  物が這い込ん  なかに這入り込ん  円形に苅り込ん  一ぱいにさし込ん  蔭に消え込ん  間からホソボソと沁み込ん  胸に沈み込ん  メスを刺し込ん  下へ這い込ん  後へ跳び込ん  物を抛り込ん  身に滲み込ん  腕の中へ跳び込ん  其時千束樣へねり込ん  臺處へ抛り込ん  の、と覗き込ん  土間に這い込ん  伝統が沁み込ん  彼はふたたび沈み込ん  天才中に沁み込ん  内部にまでふみ込ん  頭につめ込ん  全然絵描きだと思ひ込ん  一つを思ひ込ん  相貌に凋み込ん  一つ仕遂げてやらうと思ひ込ん  俯向き乍ら考へ込ん  眼などへ沁み込ん  幌にさし込ん  片足を踏ん込ん  堀り込ん  杖がらくに沈み込ん  顔をしげしげ眺め込ん  ふしぎそうに眺め込ん  鉛をながし込ん  中へずり込ん  そーっとはいり込ん  構へ込ん  下を駈け込ん  根太が滅入り込ん  啣え込ん  処にしゃがみ込ん  水がいきおい込ん  館内はぎっしり込ん  男が這入り込ん  腹に這い込ん  安蔵がいきほひ込ん  間に圧し込ん  費い込ん  時を附け込ん  足を突き込ん  両手を突き込ん  ソファーに沈み込ん  応接室へ這入り込ん  中へ崩れ込ん  脇の下へ刺さり込ん  彼は、駈け込ん  ますます頭を振って斬り込ん  参木は滲み込ん  壁へ向って捻じ込ん  広場に溜り込ん  腹に刺し込ん  そこに溜り込ん  中に崩れ込ん  ことを、いつとはなしにいきまき込ん  ボウイが走込ん  朝日影がさし込ん  日光が痛いほど沁み込ん  空気に融け込ん  香の沁み込ん  頭脳に喰い込ん  箪笥にしまい込ん  あいだへしまい込ん  壜を冷し込ん  畫が貼り込ん  採炭坑へ駈け込ん  世界へ這入り込ん  頭脳に浸み込ん  遂ひ、陥り込ん  家の奥深くはいり込ん  三俵もはこび込ん  内的容積をもり込ん  ところへしのび込ん  水が、いきおい込ん  無理やりに潜り込もうとしては叩き落され、這い込ん  谷にずり込ん  割烹店へ提げ込ん  室へも浸み込ん  行き先きが無いんでころげ込ん  彼女はきき込ん  半分以上も射込ん  中へ転がし込ん  抜刀して斬り込ん  所までさし込ん  中庭へのり込ん  耳にしまい込ん  戸口に現はれるが、すぐに引つ込ん  瞑想に誘ひ込ん  そこへ追ひ込ん  潮の如く浸り込ん  うちにたうとう寝入り込ん  道具に為込ん  気に覗き込ん  不自然なほどかがみ込ん  曖昧に首肯いていよいよかがみ込ん  窓からとび込ん  本船へくみ込ん  少女だとばかり思ひ込ん  中にしのび込ん  力を入れて踏ん込ん  周章しく駈け込ん  勝手許へ提げ込ん  影がさし込ん  自分がとび込ん  さうに考へ込ん  女の子を睨み込ん  奥へ沈み込ん  玄関に駈け込ん  足を射込ん  善男女を宛て込ん  これに倣うて教え込ん  社会を宛て込ん  ところに、ころがり込ん  手術場に引っぱり込ん  中に担ぎ込ん  今ここへ駈け込ん  陰膣に込ん  気絶せんばかりに弱り込ん  なかに融け込ん  手は込ん  土に挿し込ん  バスケットへつかみ込ん  介の駈け込ん  髄まで滲み込ん  陰気になったり鬱ぎ込ん  羽目に陥ち込ん  中にころげ込ん  土間まではいり込ん  手紙がまい込ん  一二分考へ込ん  間考へ込ん  中に焼き込ん  人物、思ひ込ん  二川家に這入り込ん  風呂へまたとび込ん  綿をつめ込ん  ぼんやり食堂にはいり込ん  自分は強て争わず、めいり込ん  急に沈み込ん  切角腹一杯つめ込ん  瞑想に沈み込ん  渦に融け込ん  鉢を取込ん  眩惑になげ込ん  私がころげ込ん  弥蔵をきめ込ん  潜ずり込ん  落胆すまいと思うほどに弱り込ん  部屋にばかり引つ込ん  気負ひ込ん  ぐつすり眠込ん  貴族院議員なんて澄まし込ん  大事を思ひ込ん  下に窪み込ん  浪人組が構え込ん  乞食みてえになって、弱り込ん  中へ這入り込ん  事件を担ぎ込ん  座敷へもふみ込ん  玄関さきまで挽き込ん  娘がはいり込ん  若い男がはいり込ん  薬局へはいり込ん  ようにいざり込ん  宿屋へくわえ込ん  戸棚にしまい込ん  袋もまき込ん  爪先に這入り込ん  這ひながら立ち込ん  ところへあがり込ん  子供の大きくなるまでと言ってしまい込ん  芸者をつれ込ん  国道から二三町北へ曲り込ん  近道へ廻り込ん  国道から曲り込ん  ラジオを担ぎ込ん  外から内へまで、のさばり込ん  面をにらみ込ん  そこへ曲り込ん  家ん中ばかりに引つ込ん  厨房に駈け込ん  内容であると思ひ込ん  端板へ斬り込ん  皿を覗き込ん  一二丁先で、ぐるりと廻り込ん  向を覗き込ん  台所へ担ぎ込ん  中へ縮め込ん  こっちを覗き込ん  方に曲り込ん  それをだらだらと廻り込ん  肌まで浸み込ん  ちがいない、そうおもい込ん  目の込ん  旅人まで数え込ん  泥に喰い込ん  小屋に這入り込ん  中へ追ひ込ん  薄日がさし込ん  六七人どやどやと駈け込ん  皮等を取り乱して食べては騒ぎ、騒いではつめ込ん  所を覗き込ん  心にも浸み込ん  家庭に滲み込ん  光が射込ん  上にたくし込ん  夫人をさも思ひ込ん  口を覗き込ん  滅り込ん  一図に思ひ込ん  上から盤台を抛込ん  念仏を唱え込ん  方へずり込ん  首をつき込ん  飛車落までに指し込ん  唱へ込ん  此処へ担ぎ込ん  二つ三つ海水で洗ってすすり込ん  火鉢へ屈み込ん  トホンとして坐わり込ん  私にかがみ込ん  硝子でできてゐると思ひ込ん  室まで引張り込ん  光をさし込ん  八は力み込ん  腰に捻じ込ん  ふかなと考へ込ん  切れ目をきざみ込ん  水が沁み込ん  方へ揉まれ込ん  半年経とうが帰さないと脅かされて、放ぽり込ん  ように、蒼白い弱り込ん  私を逐い込ん  茶の間に上り込ん  薙刀を抱い込ん  濟し込ん  帳場へ消え込ん  心地に沈み込ん  つて曲り込ん  校門へ曲り込ん  光の中へ這ひ込ん  雪につき込ん  情緒に深く沁み込ん  匍い込ん  そこに滲み込ん  部屋に引つ込ん  お代りをしては啜り込ん  侵み込ん  ところへもぐずり込ん  防空壕へ駈け込ん  意地悪そうに覗き込ん  監獄に抛り込ん  銜へ込ん  潛り込ん  対象により深く深くとはいり込ん  流れを、いつとはなし導き込ん  斜に光りを射込ん  そこからわたしは這い込ん  炉にさし込ん  招待して、見たいと思ひ込ん  屍体に喰い込ん  客と思ひ込ん  中にも知らず知らず浸み込ん  銀座裏へ曲り込ん  用ひて附け込ん  彼は、附け込ん  ジユツと縮み込ん  ものが練り込ん  ところへ陥込ん  自分でも思ひ込ん  了せると思ひ込ん  ためにはひり込ん  見世先から駈け込ん  足がめいり込ん  不安げに沈み込ん  方に避けていたが、やがては黙ってはいり込ん  窺き込ん  トランクのかげに引つ込ん  近日吹込めといき込ん  支那料理へとび込ん  屋根裏にしのび込ん  腰高窓から朝日がさし込ん  方にしまい込ん  裏表に貼り込ん  浦を覗き込ん  真っ向へ斬り込ん  頼母は猛然と斬り込ん  何者ぞと、気負い込ん  中へ、駈け込ん  中へ翔け込ん  先方が斬り込ん  横撲りに斬り込ん  乾児の斬り込ん  中へ斬り込ん  談話室にはいり込ん  談話室までまたはいり込ん  ガチガチとやると、すっと堕ち込ん  向うにずり込ん  誰やらが慌ててすっ込ん  首を竦めてキチンと構え込ん  縁側からにじり込ん  擁え込ん  蹲踞み込ん  おかまいなしに覗き込ん  裏のまくれ込ん  非常に滲み込ん  店先に駈け込ん  路地へ駈け込ん  ホロリズムさえ、いつの間にか這い込ん  知らないのに附け込ん  みんなが思ひ込ん  抽象性へはまり込ん  品物をつめ込ん  相当手の込ん  もう一歩突つ込ん  杖を持って、悠然とはいり込ん  櫃を舁き込ん  城内へはいり込ん  蔵へ込ん  営中へ舁き込ん  上層部まで浸み込ん  下層へ掘込ん  それを掘込ん  門をたたいて駈け込ん  巧く説き込ん  手に引き入れ、うまく説き込ん  土に沁み込ん  中に這入り込ん  うちに浸み込ん  草を負い込ん  妻女が駈け込ん  雪にさし込ん  浴室へでも隠れ込ん  タキシードを借り込ん  日比谷公園へ繰込ん  写真入り特別版と叫びながら駈け込ん  恰好に化け込ん  どこへ隠れ込ん  向う側へ廻り込ん  ポケットに落し込ん  原稿を捻じ込ん  一ト月二タ月未決に喰い込ん  ところにへばり込ん  貝折釘がうち込ん  しろにかがみ込ん  ソファに沈み込ん  そこへ閉め込ん  奥へすっ込ん  ところへとび込ん  瓶子を突き付けて、推し込ん  底深く滲み込ん  一口吸ひ込ん  覺え込ん  間へにげ込ん  うちにとび込ん  うちにおどり込ん  内に沁み込ん  無条件で滲み込ん  許に駈け込ん  窓からキラキラ日光がさし込ん  お寺に担ぎ込ん  肩に喰い込ん  ためポケットに捻込ん  中に混ぜ込ん  箇所に、射込ん  一枚まい込ん  迷路に陥し込ん  詩人になれると思ひ込ん  台所へ抛り込ん  腰掛に上り込ん  岩に浸込ん  んよくもみ込ん  胸にたたみ込ん  ことに縒れ込ん  縁側に屈み込ん  茶の間に屈み込ん  胸へ喰い込ん  袖からつき込ん  ものが覗き込ん  紅殻を揉み込ん  上を浸み込ん  親が遡り込ん  鏑川へ遡り込ん  根までつき込ん  肩ごしにかがみ込ん  家へあがり込ん  半分だけ突き込ん  装り込ん  鷺が起ち込ん  ようにのさばり込ん  スッカリ腐り込ん  水の沁み込ん  鉄筋コンクリートなんぞに喰い込ん  応接間に引っぱり込ん  ドン底まで沁み込ん  大学耳鼻科へ担ぎ込ん  四壁に沁み込ん  中にはひり込ん  近くに屈み込ん  前へ屈み込ん  ようにつめ込ん  行李をも担ぎ込ん  そこに沈み込ん  流れにまき込ん  どん底におし込ん  中に埋け込ん  底に浸み込ん  手数の込ん  人々を誘ひ込ん  水面に射込ん  一度間違つて覺え込ん  内に浸み込ん  中に消え込ん  静、駈け込ん  感傷的に沈み込ん  事務所へ暴れ込ん  簡単にいかないと思ひ込ん  噛へ込ん  中へ蒸し込ん  半分斬り込ん  顔をしてひどく鬱ぎ込ん  ようにすっかり鬱ぎ込ん  軍港副官にどなり込ん  第一歩を既に踏み外したと思ひ込ん  脳天まで陥り込ん  艀へ引張り込ん  タキシーへ誘ひ込ん  ニコニコ笑いながら澄まし込ん  姿に化け込ん  王に化け込ん  果物を拾い込ん  窓から駈け込ん  一ツ、しっかりと握り込ん  中に這い込ん  父様が駈け込ん  懐に這い込ん  太陽の光りがさし込ん  真中に駈け込ん  市場に暴れ込ん  上に喰い込ん  内側へ消え込ん  根許へ這い込ん  こちらも取込ん  足ですぐに駈け込ん  小料理屋と思って担ぎ込ん  襟首に射込ん  赤光がさし込ん  選択し、取込ん  中へおし込ん  私は思ひ込ん  づつ吸ひ込ん  一個づつ竈にはふり込ん  中に射込ん  バスは、かなり込ん  孟宗籔へ駈け込ん  自然と浸み込ん  大変だと思ってしまい込ん  さが浸み込ん  座敷に上り込ん  電車が込ん  袖も通さずつい仕舞い込ん  いふよりも、こすり込ん  拾ひ込ん  藍が滲み込ん  なかに浸み込ん  みんなまっすぐを向いて、すまし込ん  みんなまつすぐを向いて、すまし込ん  芸術に浸り込ん  みのえは、溺れ込ん  水中へさし込ん  栽え込ん  座敷にあがり込ん  葉の茂りに刺し込ん  裾を、ずるずるとやって駈け込ん  一面に散込ん  其処から這い込ん  家へ這入り込ん  川へ立ち込ん  たしかに鮎がゐると思ひ込ん  襟元からひしひしと沁み込ん  部屋一ぱいにさし込ん  汽車が込ん  どんだけ寄り込ん  海へとび込ん  腹にしまい込ん  それから鬱ぎ込ん  ことが沁み込ん  お婆さんは引つ込ん  扨すつかり澄まし込ん  定は屈み込ん  御調がわり込ん  向こう側がやや高いし、蒼白く裂け込ん  つんとしてすまし込ん  大袈裟に沈み込ん  板場へすつ込ん  明るみがさし込ん  小言をもち込ん  奴がころげ込ん  不用意にいきなり思ひ込ん  あなたはすつかり滅入り込ん  袴にさし込ん  暖簾へとび込ん  貸家にはいり込ん  美的がころげ込ん  吉原へでもしけ込ん  陽脚がさし込ん  いま駈け込ん  小判も入れてすっかりしまい込ん  先にはいり込ん  いっしょにはいり込ん  中へはうり込ん  手を取り合ってそこからはいり込ん  外から引きあけて、ころげ込ん  お蔦が駈け込ん  五人ずつはいり込ん  一同がはいり込ん  同郷で、ころがり込ん  光線がさし込ん  家ににげ込ん  挙動で澄まし込ん  領分に引張り込ん  机にかがみ込ん  私は屈み込ん  祭壇へ駈け込ん  次の間へ駈け込ん  下駄を脱いであがり込ん  綺麗に重ね込ん  逆さまに覗き込ん  姉の凹み込ん  金を遣込ん  横顔を覗き込ん  枕元にさし込ん  から覗き込ん  手をつき込ん  鳥を追ひ込ん  宗教へささり込ん  通話口を覗き込ん  濃厚に浸み込ん  雪はふり込ん  ほんにさし込ん  歌ひ込ん  半ばまで生え込ん  其処に屈み込ん  思いに沈み込ん  ぼんやり其処に屈み込ん  廣室に駈込ん  成つて躍込ん  一面にさし込ん  虫が喰い込ん  境内へ練り込ん  一目散に駈け込ん  奥まで滲み込ん  助も踊り込ん  俺に知らせずに担ぎ込ん  光の浸み込ん  地圖を覗き込ん  震へてとび込ん  上に落ちて滲み込ん  下へさし込ん  相手にひしひしと浸み込ん  お鍋にとび込ん  暗黒世界にグングン斬り込み斬り込ん  其処へ駈け込ん  人形を抱え上げて落し込ん  頭を抱えて縮み込ん  いつまでも閉め込ん  耳鼻科に駈け込ん  網干場に駈け込ん  中へあばれ込ん  一人駈け込ん  どこにいると暴れ込ん  中にもみ込ん  香りが滲み込ん  蔭に、這い込ん  中にからみ込ん  省線電車もさほど込ん  むつつり考へ込ん  中へ急いで駈け込ん  底まで沁み込ん  モスクヴァ生活につかり込ん  深部に滲み込ん  ように、融け込ん  なかへ深くはいり込ん  子路は跳び込ん  ふすまの向ふへはひ込ん  寺院に繰込ん  識らず墜ち込ん  中へでも堕ち込ん  金を遣ひ込ん  方へ流込ん  焚え込ん  どてらを著込ん  内へ駈け込ん  谷へとび込ん  から引つ込ん  轉がり込ん  お父さんは、あわただしく駈け込ん  箔を塗り込ん  暇もなく駈け込ん  藏ひ込ん  胸に浸み込ん  大鷲神社へ練り込ん  上へさし込ん  教養が融け込ん  好みなどに融け込ん  岩なんか、担ぎ込ん  心にも深く沁み込ん  唾を吐き込ん  金貨をつみ込ん  遊びに来て喋り込ん  ボルティーコフがあばれ込ん  鞄を抱えてとび込ん  ポケットへしまい込ん  胡麻塩髯をふるわしてとび込ん  題材を深く突き込ん  夕刊を覗き込ん  石炭を抛込ん  情人が、喰い込ん  横へ屈み込ん  傍道へ外れ込ん  血がにじみ込ん  表口へ廻って駈け込ん  下に抛り込ん  懐にころげ込ん  主家へ駈込ん  間へと跳び込ん  ぢかに滲み込ん  からこちらを覗き込ん  のんきに構え込ん  吹矢が深々と喰い込ん  中へ喰い込ん  道場へ追ひ込ん  隙間からでもはいり込ん  奧へ引つ込ん  世界へ誘ひ込ん  足元へもしのび込ん  きみを賣り込ん  刑事部屋へつれ込ん  及び腰に覗き込ん  ほうから入ってかくれ込ん  敵ひとりを囲み込ん  客の込ん  同僚等も、一杯込ん  機会が少なくて、込ん  機会よりも込ん  ようにして、込ん  肩が凹み込ん  道に陥ち込ん  浮れ込ん  城内へ埋け込ん  ように潜み込ん  間近へ斬り込ん  往來から少し引つ込ん  松葉汁をなすり込ん  目保養にもなっていいですが、うっかり嵌り込ん  家にも浸み込ん  槍を刺し込ん  烟硝のしめりが沁み込ん  錦町へ曲り込ん  横町へ曲り込ん  そのまま押入へへし込ん  家へ送込ん  目には深く浸み込ん  もの、閉じ込ん  古井戸へ落し込ん  迫き込ん  仕事に喰い込ん  札束を落し込ん  勢よく駈け込ん  ピカピカとさし込ん  水夫長を手早く閉め込ん  地へしゃがみ込ん  地へはいり込ん  海の底へ沈み込ん  乳を飲ませながらしょげ込ん  高飛車にいひ込ん  博士はせつ込ん  頭に強く沁み込ん  恰好をして睡り込ん  中に漉き込ん  五七の桐を漉き込ん  境地に沈み込ん  病室へをどり込ん  頭を窄めて引つ込ん  頭一つ下げてわり込ん  停車場に駈け込ん  遁れ込ん  孔がはいり込ん  硝子を嵌込ん  村へ駈け込ん  衣兜に捻込ん  茶屋へのたり込ん  陶物にしぼり込ん  財布にしまい込ん  水溜りに敷き込ん  光で好く照らして見ようとでも思ふらしく、さし込ん  体内に滲み込ん  方から走せ込ん  雪のしっかり嵌り込ん  一緒に仕舞い込ん  音もなく滲み込ん  咽喉元に喰い込ん  こっちへ流込ん  懐中へ捻込ん  隙間から斫り込ん  胸に喰い込ん  朝キャッといって駈け込ん  たてたり、又しょげ込ん  中へ描き込ん  東屋氏は、早速かがみ込ん  側に屈み込ん  一緒に含み込ん  生垣に喰い込ん  前に踞込ん  襟にくけ込ん  婦を揉みくたにして、捻込ん  後ろへ廻って、屈み込ん  足も縮め込ん  憎しみを射込ん  そうにないほどどっしりと構え込ん  ところへ駈込ん  ところに駈込ん  感心してはいり込ん  中へぽんと跳び込ん  気分に融け込ん  俵のかげに這い込ん  夢中で駈込ん  西蔵のを担ぎ込ん  私が担ぎ込ん  肺病を担ぎ込ん  弟がすぐ鬱ぎ込ん  気が滅入り込ん  ドーヴィルに喰い込ん  殆ど部屋へ暴れ込ん  前後不覚に眠込ん  抽斗に突き込ん  地図を覗き込ん  誘惑したとばかり思ひ込ん  光とがさし込ん  僕は鋭く斬込ん  昨夜から本艇はすこし取込ん  光がさっとさし込ん  部屋へとび込ん  女中を引張り込ん  室にさし込ん  体に浸み込ん  何ものかが次第に浸み込ん  街裏にしけ込ん  川へ跳び込ん  上へ跳び込ん  何しろ取込ん  回り道でもしないと、滅入り込ん  深みに陥り込ん  両手をつくと沈み込ん  無造作にはいり込ん  人数がはいり込ん  煙術師のはいり込ん  執拗に構え込ん  どこからともなく、はいり込ん  人間がはいり込ん  腰をかがめ込ん  代官松はしゃがみ込ん  足を曲げてかがみ込ん  姿に滲み込ん  焦心り込ん  心身へ喰い込ん  左翼に構え込ん  武者窓からさし込ん  乾児を引き連れてはいり込ん  市中へはいり込ん  背後からドッと斬り込ん  窓から射込ん  舞台へどなり込ん  前に屈み込ん  一つになって屈み込ん  コンゴへいり込ん  尿溜にいり込ん  十年来むし込ん  隊がのり込ん  なかまで滲み込ん  雑り込ん  なかへ這入り込ん  避暑客たちが這入り込ん  外国人がはいり込ん  奴はいり込ん  あいだへにじり込ん  総崩れに陥ち込ん  ように沈み込ん  そのまま川へ抛り込ん  松島さんがあわただしく駈け込ん  船に跳び込ん  泡をくらつて跳び込ん  スキャップを雇い込ん  間に消え込ん  厩へ駈け込ん  ズッカリと斬り込ん  ちゃんときめ込ん  間から縄をたぐり込ん  船中に這い込ん  日向臭い匂が沁み込ん  店が込ん  橋下を覗き込ん  背にまで刺し込ん  囲炉裏ばたに踏ん込ん  扇屋へもぐずり込ん  御幣を奉じてねり込ん  リュックサックにしまい込ん  図書館法案をくみ込ん  抜足してそっとはいり込ん  昨年一昨年以來谷中村に這入り込ん  木陰から朝日がさし込ん  急流へ立ち込ん  水源に抉り込ん  ことそれをしまい込ん  ものに思ひ込ん  一人だと固く思ひ込ん  者だと思ひ込ん  波浪をすくい込ん  役割に引っぱり込ん  錐をもみ込ん  それでいじけ込ん  海へころがり込ん  ふところへしまい込ん  笑顔を捩込ん  暗合内心に深く沈み込ん  真ン中へ絡まり込ん  キモノでも絡まり込ん  助役はすまし込ん  鍛い込ん  中へ拾い込ん  号令して教え込ん  身体に附け込ん  口に抓み込ん  片っ端から作者部屋に抛り込ん  守田勘弥がはいり込ん  中へひとりでにころがり込ん  碁打ちに化け込ん  のか、さまよい込ん  料理場でぺたりとへたり込ん  底を覗き込ん  女出入りをきき込ん  中にちょいとこかし込ん  自身番へこかし込ん  中心にとび込ん  なかに斬り込ん  肉体が深く喰い込ん  冷りとして黙し込ん  何にでもすぐに溺れ込ん  屋へとび込ん  ふうに化け込ん  不意にとび込ん  右衛門介にまで化け込ん  間へ捻じ込ん  家内へはいり込ん  おまえ、ただどなり込ん  屋敷へおっぽり込ん  車窓ン中へ抛り込ん  外廊下の暗に消え込ん  外縁にまわり込ん  毒矢を射込ん  舟子どもがおどり込ん  川底へひきずり込ん  ことをよく教え込ん  中へ消込ん  ポンと抛込ん  妙に済し込ん  場所へ踏ん込ん  座敷へいざり込ん  数珠つなぎにしてこかし込ん  父だと思ひ込ん  電報を覗き込ん  用心しつつおどり込ん  ゆうべ八丁堀へこかし込ん  彈き込ん  勝手に這入り込ん  まり水にふみ込ん  投おり込ん  森林へ駈け込ん  胸あたりまで立ち込ん  淡水へ遡り込ん  湾内へ泳ぎ込ん  ようにこかし込ん  雪へ踏ん込ん  バタバタと駈け込ん  ようにと、教え込ん  武士が、サッと斬り込ん  これだけたたみ込ん  店へ駈け込ん  いま陥ち込ん  溝へはまり込ん  川へ遡り込ん  バーによろけ込ん  主婦は、そう云って跼み込ん  根に溜り込ん  利枝は駈け込ん  海へ抛り込ん  無電室へ駈け込ん  酒場へ這入り込ん  中に陥ち込ん  もう少し腹の中へしまい込ん  拳いっぱいに欲張って握り込ん  ピタピタあふれ込ん  奥へ跳び込ん  奧へ跳び込ん  後から後から込ん  鼓を抱い込ん  古道具屋を覗き込ん  方へ廻り込ん  一部へ喰い込ん  ところへ斬り込ん  四君子さえよくおぼえ込ん  夫婦者が研き込ん  ところまで息せき切って駈け込ん  手で握り込ん  談判を捻じ込ん  兇状持ばかりを拾い込ん  機関室へ落し込ん  あすこに引っぱり込ん  倫陀病院に担ぎ込ん  連行して、弱り込ん  中へ曲り込ん  椴子のまわしを締め込ん  木にはっしと射込ん  行李につめ込ん  間にしまい込ん  頸に喰い込ん  頸を強く締めて深く喰い込ん  から締って来て、喰い込ん  手拭が深く喰い込ん  唾をはき込ん  髷へ結い込ん  角深く剃り込ん  病床に駈込ん  港へ討ち込ん  軍隊を繰込ん  方へ引張り込ん  間に閉め込ん  客は恐ろしく込ん  法廷に澄まし込ん  むちやくちやにものが突つ込ん  おろか松葉がしき込ん  中へ踏ん込ん  景気よく斬り込ん  抜き打ちに斬り込ん  中へ融け込ん  朦朧として消え込ん  夜が這い込ん  日庄三郎は、仕舞い込ん  頭へ沁み込ん  蟋蟀をつめ込ん  ビルディングの奥深く這入り込ん  身に沁み込ん  そのままつめ込ん  金庫へしまい込ん  吉原の如くめかし込ん  当時沁み込ん  片足をふみ込ん  檣渡りに船と乗りかけ、つけ入り、斬り込ん  私をつっつき込ん  そこにまでふき込ん  間にたくし込ん  ゴッチャゴチャになげ込ん  骨まで浸込ん  自家で沈み込ん  お宮は沈み込ん  青い青い空へ消え込ん  現実にとび込ん  五月蠅這入込ん  今日は少し取込ん  頭を挙げるかと思ふと、直ぐに引つ込ん  脇指をぶっ込ん  から、挿し込ん  中に挿し込ん  中に圧し込ん  素戔嗚尊が暴れ込ん  なかに萎み込ん  彼女をまき込ん  憂愁にふと沈み込ん  渋をふき込ん  けじめなくまざり込ん  姿がわり込ん  側に控えてるからばかりでなく、つき込ん  合にく込ん  商売にとび込ん  本気に描き込ん  室に引つ込ん  懐中に捻じ込ん  所へ這入り込ん  一本挿し込ん  カプセルに落し込ん  右手に握り込ん  反動団が暴れ込ん  擁へ込ん  樣式を取込ん  頭が嵌り込ん  新劇的なりと思ひ込ん  演出法であるが如く思ひ込ん  とき、まざり込ん  ところへずり込ん  秋がしのび込ん  彼は屈み込ん  構内へ喰い込ん  種々手の込ん  海へ跳び込ん  中に、さし込ん  アパートへ駈け込ん  室を覗き込ん  押入から鳶口を持ち出しかけたが又仕舞い込ん  警察に駈け込ん  徳市はすっかり鬱ぎ込ん  形式をとり込ん  村からとり込ん  面を著けておし込ん  中に練り込ん  散楽を採り込ん  様式を多くとり込ん  側から採り込ん  さんげ種を、とり込ん  小唄をとり込ん  小唄舞を多くとり込ん  声楽をとり込ん  女の子が駈け込ん  時間を費して圧し込ん  朔郎が駈け込ん  急にだまり込ん  先で、浮き上ったり沈み込ん  地位にありつけると思ひ込ん  骨髄まで沁み込ん  行商人が這入り込ん  斜めに斬り込ん  社を見付けて駈け込ん  葉だ、滲み込ん  一躍すると駈け込ん  力が喰い込ん  裏面にはいり込ん  まり人が込ん  脂が沁み込ん  縁伝いに隣りへ這い込ん  座敷へよび込ん  夜になって又這い込ん  たしかに蟹がはいり込ん  無遠慮にふみ込ん  役人方に斬り込ん  藏い込ん  はじめ何がとび込ん  車室は込ん  下に屈み込ん  ことを思ひ込ん  印象をとり込ん  からとり込ん  理想とをとり込ん  其影響をとり込ん  入り口から這い込ん  中にぽうっと滲み込ん  瀑壺に抛り込ん  華やかに沁み込ん  ちょっと取込ん  底へ陥ち込ん  胡麻摺り込ん  一枚着を曲げ込ん  不思議そうに覗き込ん  卵子がどうかしてはいり込ん  庭一面に漲り込ん  気になれないで、とり込ん  色彩を取込ん  阿蘭陀訛の熔け込ん  合鍵を挿し込ん  彼女は青くなって息せき切て駈け込ん  男湯に、はいり込ん  状態に陥ち込ん  田舎道へはいり込ん  背水にかがみ込ん  麓に屈み込ん  質屋へ担ぎ込ん  女で、すっかりはまり込ん  風習をとり込ん  一度にどっと斬り込ん  奥を極めんとて這い込ん  二人で這い込ん  縄を付けて這い込ん  しかも這い込ん  百六十八尋まで這い込ん  人がいくら耽り込ん  もう少し本能に喰い込ん  手にころがり込ん  記憶え込ん  図書室に這入り込ん  中へ傾き込ん  一人があわただしく駈け込ん  穴に這い込ん  水をすくい込ん  奥までも沁み込ん  アムグーン川へころがし込ん  間へたくし込ん  言附けに捩込ん  割目に沈み込ん  塊でも積め込ん  手鞠歌に唱い込ん  何だか肉体に浸み込ん  京都に向かって練り込ん  青蛙が這い込ん  僕があくまでも斬り込ん  奥にしまい込ん  女がころげ込ん  説得してもらいたいと言い込ん  門内にはいり込ん  ようにあわただしく駈け込ん  部下が、あわただしく駈け込ん  うちに逐い込ん  うちにつき込ん  うちに融け込ん  短剣を引き抜かず、しばらく刺し込ん  一ぱいに射込ん  中に、消え込ん  砂地へかがみ込ん  彼女はかがみ込ん  ひとり若い女が駈け込ん  威儀を整えて練り込ん  輪廓に喰い込ん  どこにでも這入り込ん  密かに這入り込ん  鴨をくわへ込ん  所だと思ひ込ん  のだと思ひ込ん  話があったが、取込ん  深みへはまり込ん  深みへ、はまり込ん  紅茶を、一気に啜り込ん  指摘して、抛り込ん  ように凋めながら、如何にもはまり込ん  後へ引つ込ん  婿にはひり込ん  口に挿し込ん  記け込ん  水に溶き込ん  好意を溶き込ん  縄張り内に摺り込ん  兩手をつつ込ん  のだ、と思ひ込ん  絶間なく沁み込ん  默つてはひり込ん  農場にでもはいり込ん  みんなあおぎ込ん  内面にまで深く讀み込ん  書齋にのみ引つ込ん  今日はと言うて、踊り込ん  麦をすくい込ん  一群にとび込ん  奥底にしまい込ん  天窓からさし込ん  旅客が込ん  花も散り込ん  花片だって散り込ん  そこから散り込ん  警察へ駈け込ん  大地に消え込ん  穴を覗き込ん  旭がキラキラと映し込ん  光線がパッとさし込ん  茅原の暗に消え込ん  客が込ん  そこに一度はいり込ん  とこへ駈込ん  停留場からでも駈け込ん  目がどんよりと陥ち込ん  手拭に巻いて捻込ん  皆高田殿へ駈込ん  奇怪なのは、駈込ん  厨へ駈け込ん  清淨無垢だと思ひ込ん  水へ抛り込ん  一呑みにとばかり、引ずり込ん  かなり深く浸み込ん  下へ深く刺し込ん  木を深く削り込ん  



前後の言葉をピックアップ
こわれる  こわれ物  コワーツ        こん  こん  混ん  


動詞をランダムでピックアップ
捻ら比そしたえ挙る布けうすらげ逃がそつらぬきとおし言い消さ食い込みぬがさもちされ越そ踏み出せ差上暴れいつわっ籠ろ亡くなら振れ
形容詞をランダムでピックアップ
素晴らしく洽う労し眠たく目敏く激しくっ婀娜っぽくひもじゅう見やすきゆかしからちょろくおいしけれ白々しく甲斐甲斐しくばからしい遽しかっ生生しく眠たけれ人恋しい遠慮ない