「蹴る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 蹴る[動詞]
足で蹴る  氷を蹴る  四枚目を蹴る  底を蹴る  元は蹴る  きがごと歩廊を蹴る  席を蹴る  足を蹴る  勢ひ蹴る  裾を蹴る  ぱッと蹴る  脚で蹴る  息が切れて、蹴る  鞭を蹴る  雨戸を蹴る  空を蹴る  馬のよく蹴る  褞袍を蹴る  川浪を蹴る  前垂を蹴る  夫人を打つ蹴る  面を蹴る  偶然石を蹴る  土間を蹴る  一蹴りに蹴る  やうに蹴る  それからは、殴る、打つ、蹴る  壁を蹴る  理性を蹴る  群集は、押す、蹴る  畳を蹴る  雪を蹴る  時に蹴る  しろから僕をなぐるやら蹴る  土を蹴る  そうですが、多分蹴る  座を蹴る  戸板を蹴る  ポンと蹴る  無気味にピンピン蹴る  板を蹴る  のを、いや、踏むやら、蹴る  ちょっと踏んで軽く蹴る  足を揚げてはたと蹴る  腹を蹴る  ちょっと板の間を蹴る  弱腰を丁と蹴る  扉を蹴る  手元を力一杯蹴る  彼女を蹴る  力任せに蹴る  床をどんと蹴る  ところを蹴る  敷居に置けば、蹴る  蹄で蹴る  辺を蹴る  砂を蹴る  人間を蹴る  それから打つ、蹴る  陣所では、よくある蹴る  足でも蹴る  ことといつたら、跳ねるやら、蹴る  腰を蹴る  床を蹴る  おれが蹴る  上を蹴る  それを打つ、蹴る  関取を、打つ、蹴る  蹴爪を働かせて、突くやら蹴る  さきで軽く蹴る  足を上げて蹴る  弱腰をはたと蹴る  地を蹴る  地面を蹴る  コンと蹴る  目板を蹴る  羽目板を蹴る  角力は、打つ蹴る  徳を蹴る  虚空を蹴る  のは、蹴る  何か蹴る  三五郎を取こめて撃つやら蹴る  尻を蹴る  巧みに蹴る  靴を蹴る  俺を蹴れば蹴る  それを蹴る  彼を蹴るなら蹴る  戸を蹴る  さまと化して、打つ蹴る  宙を蹴る  羽目を蹴る  重り、殴る蹴る  天井を蹴る  響、蹴る  それは蹴る  鞠も蹴る  胸を蹴る  それはともかく、蹴る  岩を蹴る  中へとびこんで突く蹴る  何度か蹴る  畳へ着けたなり打つとも蹴る  からポンと蹴る  石を蹴る  つて此れを蹴る  鞍を蹴る  呶鳴ったり打つ蹴る  水を蹴る  おれを踏むなり蹴る  何でも、ぽんぽん蹴る  太腹を蹴る  擲る、蹴る  横腹を蹴る  物を蹴る  一緒にこぐらかって、投げる、突く、蹴る  靜子を蹴る  者をのみ蹴る  静子を蹴る  小石を蹴る  とうたがはる蹴る  土塀を蹴る  街を蹴る  サッカアと蹴る  脇腹を蹴る  



前後の言葉をピックアップ
ケリー  ケリー・エンド・ウォルシ  蹶る  ゲル  ける  ケルガ  ケルカラ  ケルガタメナリ  ケルクショーズ  ケルゴレック


動詞をランダムでピックアップ
意気込ん蹴倒そそそぎ込む暗み附そ有り触れなしほめそやすなけんねこみとりはらう皮肉らとどろく防いたいらぎうつしとりなびけ嫉ましりぞき進も
形容詞をランダムでピックアップ
喧しき細か太けれうしろぐらいおもくるしい黒いいかがわしき薄汚手っとり早い快く捗ばかしくなまめかしけれたのもしかったどたどしくうら寂しい騒々しくっふと白々しいなるく痛から