「踏む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 踏む[動詞]
本を踏む  轍を踏む  朝露を踏む  初舞台を踏む  塩を踏む  足で踏む  一基を踏む  女は踏む  土を踏む  毛脛を出して踏む  地を踏む  山を踏む  反対に、新しくはあるけれども、踏む  虫類を踏む  上を踏む  ダンスホールから床を踏む  薄氷を踏む  簀の子が踏む  砂を踏む  スリッパで踏む  花を踏む  鋪甃を踏む  正系を踏む  拍節を踏む  石疊みを踏む  舞台を踏む  経過を踏む  平気で踏む  反古紙を踏む  それを踏む  青年も踏む  それを能う踏む  像を踏む  床崩れて、わが踏む  人の踏む  地団太を踏む  倶に踏む  二人の踏む  ブリツジを踏む  草履で踏む  床らしく踏む  埴土が崩れて、踏む  トントンと踏む  んだを踏む  影を踏む  そこを踏む  庭に踏む  毒を塗ってわざと踏む  梢を踏む  ら雲を踏む  その道はもう踏む  さに凍えて、ことに踏む  一岩を踏む  一峰を踏む  ステップを踏む  雲を踏む  一歩一歩と踏む  坊様を安く踏む  前を踏む  ことは単に踏む  ドジを踏む  ミシンを踏む  縁を踏む  庭石を踏む  地團駄を踏む  軽やかで、踏む  糞を踏む  やう思はれて、我が踏む  唐臼を踏む  筵を踏む  形を踏む  後には踏む  何段階も踏む  足の踏む  青草を踏む  これを踏む  床を踏む  枯草を踏む  畳を踏む  大地を踏む  生命として踏む  碌さんの踏む  武人一歩を踏む  路地を踏む  気もつかずに踏む  校庭を踏む  日の丸へんぽんふたたびは踏む  板を踏む  匂い裸足で踏む  足を踏む  ことは、少しでも踏む  柔かい土を踏む  現代人の踏む  自分の踏む  御百度を踏む  ものを踏む  八文字を踏む  靄を踏む  虎の尾を踏む  地踏鞴を踏む  八方へ逃げ出すので踏む  足許は分らないで、踏む  鱗を踏む  足に踏む  素足に踏む  陸を踏む  デッキを踏む  草鞋を踏む  落葉は、踏む  のを、いや、踏む  運動は止まって、踏む  縁なしの踏む  景色、踏む  足拍子を踏む  月氷りて、踏む  二の足を踏む  足跡を踏む  陸地を踏む  楼梯を踏む  場を踏む  石段を踏む  四股を踏む  路を踏む  心臟を踏む  下駄で踏む  国光あたりと踏む  人々の踏む  自然に踏む  落花を踏む  砂利を踏む  順序を踏む  そこで食い留められ、吸い寄せられて、押す、踏む  今朝から踏む  雨水が溜っていて踏む  形式を踏む  どじを踏む  地団駄を踏む  あしを踏む  ものの踏む  廊下を踏む  苔を踏む  コツンと踏む  路に、踏む  土地を踏む  落葉を踏む  雪を踏む  脚韻やを踏む  押韻を踏む  力足を踏む  春泥を踏む  無駄足を踏む  心で踏む  鐙を踏む  お百度を踏む  燒跡を踏む  舟べりを踏む  ドジを時々踏む  何度も踏む  足でも踏む  たび薄氷を踏む  霧の深きを踏む  式台を踏む  一人で踏む  途を踏む  らを踏む  草を踏む  葉を踏む  溝板を踏む  とんとん足拍子を踏む  二の足も踏む  夜露を踏む  みんな、こう、踏む  柱を踏む  雨の心苦しくて、踏む  たかに、踏む  自由になって、初めて踏む  泥田を踏む  土間を踏む  残雪で踏む  橋板を踏む  梯子段を踏む  私の踏む  砂土を踏む  岸を踏む  君が踏む  草生を踏む  さと踏む  いくらに踏む  道を踏む  先生の踏む  叢を踏む  虚空を踏む  一所懸命に踏む  事といったら踏む  ペダルを踏む  ぱいペダルを踏む  第一歩を踏む  女を蹴倒すと、踏む  道は踏む  われは踏む  経済的価値に踏む  心がわくわくして、踏む  駒井甚三郎もまた、踏む  砂は踏む  跡を踏む  地面を踏む  朽葉を踏む  六歩を踏む  宙を踏む  アスファルトを踏む  水車を踏む  敷物を踏む  からそこを踏む  枯葉を踏む  悪魔の踏む  一歩も踏む  のか、と思ひながら踏む  底で踏む  あとを踏む  霜柱を踏む  敷物でも踏む  甲板を踏む  高原を踏む  脚を踏む  内面的論理を踏む  星を踏む  へまを踏む  国を踏む  笹葉でも踏む  瓦を踏む  ステップでも踏む  たたらを踏む  今では踏む  ただらを踏む  ペタルを踏む  下からザクザク砂を踏む  足駄を踏む  わたしたちの踏む  いつかペダルを踏む  素足にて踏む  毛氈を、円く被せてある、踏む  界隈に多い、踏む  これでも踏む  貝がらを踏む  力を入れて踏む  風が吹き、踏む  音血を踏む  廻廊を飛ぶにもあらず、踏む  物でも踏む  土足にかけて、ドンと踏む  藁を踏む  今は踏む  音、踏む  手続きを踏む  んだ踏む  じだんだを踏む  六法を踏む  階段を踏む  麦も踏む  氷を踏む  棄石を踏む  粘土を踏む  おれを踏む  裾を踏む  靴などで踏む  内、上るにも、踏む  敷石を踏む  珍らしく踏む  路を歩いてゆくと、踏む  回廊を踏む  梯子を踏む  百度を踏む  板の間を踏む  踏絵を踏む  死骸を確り踏む  闇も、踏む  半蔵らの踏む  中を踏む  際に踏む  外出先でも踏む  つても踏む  外出に踏む  部屋へ逃げこんだが、その踏む  シンガーミシンを踏む  頭を踏む  寺道を踏む  生きものを踏む  から、踏む  ように、深くふかく考え沈みながら、踏む  蝕つた、踏む  土は踏む  空を踏む  大阪以西を踏む  底を踏む  鉱石を踏む  嗟嘆あるのみ、踏む  わが踏む  のか、踏む  あてもなく踏む  己が踏む  模して踏む  勘定踏みませうかどうせ踏む  河合屋芸妓の踏む  韻律を踏む  靴を軽く踏む  閇を踏む  れんげたんぽぽ柔らかげに踏む  針葉を踏む  床板をとんと踏む  霜を踏む  緑蔭も踏む  踏板を踏む  



前後の言葉をピックアップ
ふみ枝  ふみ江  践む  フム  ふむ  不向き  フムフム  フムボルト  文室  ふめ


動詞をランダムでピックアップ
刺さりかすれ晴渡っ勝ち越し逃げ延び腹ばっ使っはやる汲み上げる噎ぶ光り輝くとびだそ突っ突い令するおしひろめ奉じ取り締まるなりかわっひっこもっ目差し
形容詞をランダムでピックアップ
かるきいぶかしきむず痒さもしまぶしよんどころなきねむいかしましくちく厚かましゅう奥床しいったらしくっ生生しくすずしかっ長く罪ぶかつまらなから