「足ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 足ら[動詞]
知恵の足ら  人手が足ら  偉大を損するに足ら  作物に飽き足ら  時日が足ら  私に尽し足ら  饗宴だけでは足ら  一にして足ら  耻かしくも足ら  さ一尺に足ら  友情が足ら  御飯が足ら  飯の足ら  三坪に足ら  四坪にも足ら  手が足ら  魚が足ら  何か足ら  頬を舐め、舐めても舐めても舐め足ら  其れでも足ら  是では喰い足ら  徳の足ら  つね、あえて悲しむに足ら  懦弱取るに足ら  修行が足ら  途中一杯ひつかけたが、足ら  銭が足ら  反省が足ら  鍛錬が足ら  精進努力が足ら  二坪には足ら  自粛自戒が足ら  思慮の足ら  雨は足ら  雨は降り足ら  一坪にも足ら  二坪にも足ら  必しも咎めるに足ら  五尺に足ら  それから月給の足ら  形成するに足ら  なすに足ら  薄弱なる論ずるに足ら  遺産といってもほとんど取るに足ら  大に望むに足ら  保つの資に供するに足ら  品位を保つに足ら  勇気では足ら  頭が少し足ら  何が足ら  廣告代にも足ら  五百戸に足ら  のは、云うに足ら  省るに足ら  一尺に足ら  実務に当るに足ら  家数二十には足ら  一割にも足ら  記事は、到底信ずるに足ら  今からみれば実に取るに足ら  殆どこれに当ててなお足ら  列挙して、ことごとくその採るに足ら  重きを措くに足ら  ものといえども、ことごとく採るに足ら  三倍に少し足ら  眠りが足ら  PC恐るるに足ら  神秘、恐るるに足ら  ひとつにはこのとるに足ら  相手はとるに足ら  こればかしじゃ足ら  奴は取るに足ら  技が足ら  読書だけでは飽き足ら  三十に足ら  力が足ら  東南に足ら  數敢て怪しむに足ら  肉食み足ら  まことが足ら  そんなのは、取るに足ら  云つてゐるが如きは取るに足ら  供給せしめ、足ら  先輩に飽き足ら  世の中は足ら  尺に足ら  これら皆寸にも足ら  云ふに足ら  心を惹くに足ら  背が足ら  滿ち足ら  合計五十両には足ら  これもまた畏るるに足ら  みんな飲んでしまい、まだ足ら  乱堕するを以て疑ふに足ら  論議するにも足ら  力は足ら  子に足ら  趣味薄くして取るに足ら  首を結ぶに足ら  何んな取るに足ら  わたしをして日に日に見るに足ら  四半刻にも足ら  示威なので、かくべつ恐れるに足ら  言葉が足ら  筵が足ら  一人に足ら  饒舌り足ら  地固めが足ら  呼吸が足ら  足蹴にしても飽き足ら  水が足ら  うちにはとるにも足ら  みなとるにも足ら  二十にも足ら  記者見るにも足ら  支拂ひに足ら  補助金を加えても足ら  霽らすには足ら  弟だと思って、足ら  事を知るに足ら  の朝払ひが足ら  三分の一にも足ら  勢、もとより怪しむに足ら  患るに足ら  事の足ら  星を見るに足ら  インテンシチイにおいてはなはだ足ら  水では足ら  教育などは取るに足ら  云ふことは、格別驚くに足ら  虫を防ぐには足ら  絹服とにあらずんば養うに足ら  一里に足ら  一寸も足ら  議論とるに足ら  敵とするも恐るるに足ら  憚るに足ら  愚なるもまた怪しむに足ら  敵にするも恐るるに足ら  西洋人の力を恐るるに足ら  一命をも抛ちて惜しむに足ら  指を屈するに足ら  咎むるに足ら  依頼するに足ら  事をなすのみ、なんぞ患うるに足ら  可なり、毫も恐るるに足ら  務めを終われりとするに足ら  むるに足ら  趣意を終われりとするに足ら  これを賞するに足ら  これを誇るに足ら  ところのものはけっして誇るに足ら  事に当たれば必ず足ら  余は見るに足ら  日もまた足ら  圧倒するには足ら  心を労するに足ら  戯にして論ずるに足ら  実用に足ら  軽重するに足ら  用をなすに足ら  国を守るに足ら  左右を論ずるに足ら  塩が足ら  僻説取るに足ら  なほ満ち足ら  託するに足ら  喰ひついても飽き足ら  怪むに足ら  二尺に足ら  それ以前の取るに足ら  言ひ足ら  見積つて二百年には足ら  十名にも足ら  鑑賞するに足ら  初めから相手に足ら  暗号も驚くに足ら  物の数にも足ら  十分の一にも足ら  相手に取るに足ら  豎子、共に語るに足ら  小城では守るに足ら  長夜の宴もなお足ら  精兵を以てしても足ら  幕府創設以来百年に足ら  托するに足ら  眠りの足ら  威力は頼むに足ら  異とするに足ら  事はもちろん驚くに足ら  流儀としては怪しむに足ら  ことでは足ら  百年に足ら  河べりへ出て、なお、哭き足ら  余人は恐るるに足ら  力あらざりしを知るに足ら  才能が足ら  三十畳に足ら  もととして、その足ら  十に足ら  問題とするに足ら  衣食の足ら  衣食が足ら  矢張全然齒牙にかけるに足ら  證とするに足ら  信を置くに足ら  喫っても飽き足ら  ものには飽き足ら  顧るに足ら  音楽というに足ら  百円にも足ら  一通り調べてもまだ足ら  心に飽き足ら  なほ我地位を覆へすに足ら  報酬はいふに足ら  我に足ら  小人のみで論ずるにも足ら  千人にも足ら  信頼するに足ら  狡猾とは言われないまでも、取るにも足ら  齒牙にかくるに足ら  自分の足ら  目には、なお飽き足ら  半分にも足ら  自分の言い足ら  三尺に足ら  事を計るには足ら  千にも足ら  一万にも足ら  ことも飽き足ら  百里に足ら  二千騎に足ら  愁いとするには足ら  陸兵だけならまだ怖れるに足ら  曹操如きは怖るるに足ら  数千に足ら  無礼をなそうと、怒るには足ら  曹軍怖るるに足ら  十円にも足ら  肉体に飽き足ら  一生で足ら  八丁堀たのむに足ら  過失くらいは取るに足ら  警察は少しも恐れるに足ら  四分の一にも足ら  証とするに足ら  わずかに一町にも足ら  とあるが、もとより採るに足ら  十歳に足ら  換うるもなお足ら  用語としては全く取るに足ら  智謀の足ら  五百に足ら  太守韓玄は取るにも足ら  元来、取るに足ら  それぢや足ら  お力となるに足ら  兵粮も足ら  一万に足ら  奇妙というにも足ら  こと未だ足ら  区別するに足ら  一妾にして足ら  結果にして、怪しむに足ら  体面を汚すに足ら  浄むるに足ら  恕するに足ら  鑑賞能力の足ら  獲物はきまりきって取るにも足ら  陸遜に足ら  才が足ら  豎子、なんぞ惜しむに足ら  みな取るにも足ら  理としては聞えるが、尊ぶには足ら  命、なんで惜しむに足ら  犬畜生というもなお足ら  夫婦喧嘩だけでは足ら  誠意が足ら  努力も足ら  ことで、怪しむに足ら  ことなんか、実にとるにも足ら  存在は、とるにも足ら  後二十年にも足ら  人は、やき足ら  相手にするに足ら  千に足ら  分別の足ら  教養が足ら  理解の足ら  学力が足ら  其原因と考へるだけでは足ら  死ははや惜しむに足ら  威力がなお足ら  奇妙とするにも足ら  玄徳の如きはなおさらいうに足ら  から十円だって決して恥ずるに足ら  んだ、とかく足らん足ら  廓へ来て、取るに足ら  事はいうにも足ら  一日あなたに書き続けていてもなお飽き足ら  ように取り上げて、取るにも足ら  抱きしめても飽き足ら  標準とするに足ら  介するに足ら  わたしが足らぬ、つり合い足ら  幅が足ら  ところで足る足ら  知識の足ら  努力が足ら  意を達するに足ら  これを恐るるに足ら  四文釣銭が足ら  芸術を談ずるに足ら  懼るに足ら  のにも足ら  知識では足ら  日も足ら  餘り論ずるに足ら  唾を吐きかけても飽き足ら  世間は、殺しても猶飽き足ら  救ふに足ら  対米硬化は恐るるに足ら  攪乱するに足ら  オルソドックスに飽き足ら  事ならずや、宜敷く足ら  けちくさい取るに足ら  境遇苦慮するに足ら  ナニ驚くには足ら  打破するに足ら  齒牙にかくるにも足ら  二十に足ら  殆ど観るにも足ら  ッとも怪しむに足ら  右翼壮士怖るるに足ら  それだけで足ら  学が足ら  部分が、とるにも足ら  つまり文壇などというとるにも足ら  これまた信ずるに足ら  敵に兼ね具わっても怖るるに足ら  三畳に足ら  五分の一にも足ら  研究の足ら  淨土宗は論ずるに足ら  關係から怪むに足ら  敬意が足ら  から八桶に足ら  一足だけ足ら  老衰何ぞ怖るるに足ら  百年にも足ら  占領にあき足ら  百米に足ら  八つ裂にしてもあき足ら  思想等の取るに足ら  相手が縦令どんなに取るに足ら  芸術を語るに足ら  地位を預けるに足ら  新爆弾おそるるに足ら  懸念するに足ら  嘴といえば云うにも足ら  物凡物、云うに足ら  沸り足ら  材略武勇の足ら  些智慧が足ら  元来論ずるにも足ら  観念が足ら  苦労が足ら  ことは恐るるに足ら  格別考慮するに足ら  漠然で、採るに足ら  結局用が足ら  奇とするに足ら  思慮も足ら  生命を支うるに足ら  愛でなければ頼むには足ら  ときは、おそらくは取るに足ら  病とするに足ら  掩ふに足ら  醫道を語るに足ら  一斑を知るに足ら  殆端倪すべからざりしを知るに足ら  これのみにて足ら  ざるを知るに足ら  これ日も足ら  一秒にも足ら  十にも足ら  姉が、取るに足ら  歯牙にかくるに足ら  さの足ら  訴人したとて恐るるに足ら  掃除をしたりして、ちょいちょい足ら  三十秒にも足ら  錆にするにも足ら  経験の足ら  年の足ら  誠の足ら  毀るも足ら  数が足ら  真面目で語るに足ら  二十歳に足ら  於て毫も憂うるに足ら  百千回するも猶且つ足ら  栄養が足ら  真をおくに足ら  体をこんなにまで疲らせ、責め苛んでもなお足ら  それは取るに足ら  一人では斬り足ら  どこか足ら  せんにはなお足ら  技倆を見るに足ら  芭蕉以後言うに足ら  俳句を利するに足ら  活字が足ら  餘震恐れるに足ら  餘震の恐れるに足ら  地割れは恐れるに足ら  それは問うに足ら  熱意が足ら  省みるに足ら  俗伝で、もとより取るに足ら  尊敬するに足ら  教うるに足ら  からじゃ、憎むにも足ら  あれだけでは飽き足ら  中原を動かすに足ら  むとしたるが如き、亦怪しむに足ら  半点も、足ら  鰒を語るに足ら  憂慮するに足ら  案内の足ら  勉強の足ら  十歳にも足ら  碌でなしで、取るにも足ら  續けて書き、更にその足ら  智識が足ら  軍備は論ずるに足ら  考えが足ら  百歩に足ら  不思議とするに足ら  格別異とするに足ら  格別不思議とするに足ら  ば滿十五年には足ら  責むるに足ら  時間が足ら  一癖あるにあらざれば談ずるに足ら  戀の足ら  花を飾るに足ら  濕ひ足ら  歸依しも未だ足ら  力に足ら  力の足ら  明を取るに足ら  衣食を給するに足ら  歯牙に止るに足ら  反省の足ら  一里にも足ら  美景ものとして足ら  糊の足ら  讃に足ら  自身にまだ足らぬ足ら  受け身にばかりでは足ら  褒むるに足ら  俸給が足ら  意をつくすに足ら  他なし、足ら  勧むるにあらず、足ら  小にして足ら  満足すべしといえども、なお足ら  内容は取るに足ら  収入の足ら  苦悶を救うに足ら  貴様は取るに足ら  小悪党め、憎むには足ら  ぱらつた夢を見た、まだ飲み足ら  泊つて金が足ら  一、足ら  雨だが、足ら  汽車賃が足ら  口徑二吋に足ら  十歩に足ら  ときものは、もはや、とるに足ら  御酒も足ら  蟄居で足ら  慴伏するには足ら  お茶を談ずるに足ら  何百分の一に足ら  翻訳書を用い、足ら  乳が足ら  覚悟で添うには、なお足ら  白痴か、なにか足ら  ところで足ら  実績だが、しかも、まだ足ら  夢ばなしでは、とるに足ら  累するに足ら  大輪、取るに足ら  不思議とするにも足ら  手があっても、忙しくて足ら  わずかに二十億に足ら  火災に比すればほとんど云うに足ら  数には足ら  不幸などは、言うに足ら  畑へ持ち出して、寝足ら  二に足ら  ふだん百戸に足ら  吾は未だ飽き足ら  酢が少し足ら  鵺殿には、まだ酔い足ら  寝の足ら  武勇が足ら  恃むに足ら  ものあるまた怪しむに足ら  恠しむに足ら  社会平和を保つに足ら  誤解せられたる何ぞ怪しむに足ら  維持するに足ら  ほか一々数えるにも足ら  意趣遺恨とするには足ら  尋常に喰うても足ら  チイッと飲み足ら  百日に足ら  驚きもしなかつたが、とるにも足ら  五尺にも足ら  赤松勢も怖れるに足ら  将士など、たのむに足ら  労にも足ら  太平記は信ずるに足ら  イプセン畏るるに足ら  松村を動かすに足ら  逆磔刑にしても飽き足ら  舁ぐに足ら  二里に足ら  今は怖るるに足ら  喜多八の足ら  金を足ら  葵で足ら  四月にも足ら  こと内外に誇るに足ら  さのみ怖るるにも足ら  風呂敷につつんで背負い出そうとしたが、それでもまだ飽き足ら  何事も足ら  衣食を足ら  二寸に足ら  空襲も敢えて怖れるに足ら  進言なれば聞くにも足ら  総勢八百にも足ら  死命を制するには足ら  軍勢でも、なお足ら  空襲怖るるに足ら  話の足ら  用心が足ら  一間半に足ら  あなたは語るに足ら  滅茶苦茶に殴りつけまだ足ら  エネルギーの足ら  一平方ミリメートルにも足ら  過去の人たりもって瞑するに足ら  いずれも恐るるには足ら  百人にも足ら  雨も止んだが、まだ降り足ら  一寸にも足ら  さのみ怪しむにも足ら  中へ繰込むに足ら  容積が足ら  おしを置いて、あえて騒ぐに足ら  半生にも足ら  二間に足ら  末、それでは飽き足ら  と金が足ら  講習が足ら  さのみ恐れるにも足ら  本性がどうしても足ら  言ふに足ら  粗にして取るに足ら  さらに進んで、取るに足ら  一割五分にも足ら  これはなはだしく怪しむに足ら  統治力の足ら  のも怪しむに足ら  これが決して驚くに足ら  のはむしろ怪しむに足ら  これまた怪しむに足ら  あとを打たせるにも足ら  支配人などはとるにも足ら  兄様を殺しても足ら  拘泥するに足ら  惜むに足ら  さが足ら  一小中学の言うに足ら  家財雑具はいうに足ら  手も足ら  頭脳の足ら  尻抜けは怖るるに足ら  幾つあっても足ら  毛利にも飽き足ら  思案したけれども、尚満ち足ら  妾にはあき足ら  三町にも足ら  意とするに足ら  二十米に足ら  敢て怪しむに足ら  結局懼れるに足ら  雑役や取るに足ら  俺は取るに足ら  物の数とするには足ら  富を起すに足ら  日も尚足ら  意識が、その足ら  辛抱の足ら  一分に足ら  肥が足ら  突きが少し足ら  考が足ら  想像力も勿論足ら  作は実に描き足ら  イプセンも怖るるに足ら  犠牲としてまだ足ら  のは、素より取るに足ら  殆ど言ふに足ら  人間的修養が足ら  空襲恐るるに足ら  口を利いてしまいました、取るに足ら  言葉少し足ら  事、論ずるに足ら  趣味卑く取るにも足ら  歌として取るに足ら  称するに足ら  粗雑鹵莽取るに足ら  彼等がとるに足ら  ことは取るに足ら  やくざな、取るに足ら  一杯では足ら  数うるにも足ら  万ず足ら  角さんが、あざけり足ら  小町なんぞは語るに足ら  はたちに足ら  何も怒るに足ら  方に足ら  血を吸って、なお吸い足ら  寿命がなんぼあっても足ら  殆ど參考するに足ら  死刑にされても、まだ足ら  みな教師がそろっていて、しかも、取るに足ら  ものとなってくる、取るに足ら  態度を飽き足ら  人を飽き足ら  據るに足ら  後漢書の取るに足ら  見えしも怪しむに足ら  殆ど取るに足ら  大和に達するに足ら  源氏は飽き足ら  説明にはまだ足ら  これを飽き足ら  もう少しお話をすればよかったと飽き足ら  宮邸に足ら  愛が足ら  双方ともまだ飽き足ら  喜びに満ち足ら  誰にも言えまい、取るに足ら  それはむしろ言うに足ら  ただ遠く見ているだけでは飽き足ら  態度に飽き足ら  ことを飽き足ら  一点だけを飽き足ら  五歩にも足ら  比ぶれば取るに足ら  反抗を取るに足ら  投射するに足ら  二十歳に少し足ら  ものは求めても得がたい、足ら  方でさえ飽き足ら  のが飽き足ら  慎みが足ら  兵士が足ら  丈四寸にも足ら  のは怪しむに足ら  數にも足ら  から何かと飽き足ら  洗練の足ら  宮を飽き足ら  愛情に飽き足ら  ここにそれほど誇るに足ら  これを説き、なおその足ら  大納言は飽き足ら  ことをすら飽き足ら  六十に少し足ら  匂宮は飽き足ら  端に少し足ら  一切の祈を捧げて、足ら  自身だけでは足ら  のを飽き足ら  のも飽き足ら  町の取るに足ら  当時は飽き足ら  薫には飽き足ら  帝は飽き足ら  論に足ら  奴等は頼むに足ら  読書が足ら  のは、取るに足ら  百分一にも足ら  思案の足ら  のは恨めしいと思うと、泣いても泣いても足ら  若い女房たちは飽き足ら  晩きも、強ち怪しむに足ら  三尺にも足ら  熱情あまつて言葉の足ら  暮しは、折々足ら  暮らしは、おりおり足ら  什佰にして足ら  説明が足ら  業の足ら  一坪には足ら  書てまだ足ら  半に足ら  別に怪しむにも足ら  分では足ら  人は、焼き足ら  この世に足り足ら  そこに何一つ充ち足ら  二三升に足ら  それで足ら  なすには足ら  むらさき二尺に足ら  んに足ら  百円に足ら  議論は毫も驚くに足ら  宣伝が足ら  人形を狩り集め、足ら  絶対に足ら  情熱が足ら  布帛の足ら  二十歳にも足ら  ものが足ら  食に足ら  しかを知るに足ら  熟練の足ら  われの足ら  朝飯が足ら  飯が足ら  肥代にも足ら  寄附金の足ら  前では、取るに足ら  旅費が足ら  すべて取るに足ら  しかし、その取るに足ら  のでは貴ぶに足ら  ことが悉く信ずるに足ら  新型爆弾怖るるに足ら  野猪心中取るにも足ら  たるも怪しむに足ら  言語というに足ら  以前はさっぱり取るに足ら  から畏るるに足ら  大神とせるも怪しむに足ら  唇には、足ら  これ驚くに足ら  数に足ら  三間に足ら  百分の一にも足ら  興をむさぼり足ら  誠が足ら  六尺に足ら  認むるに足ら  言へぬ、取るに足ら  数にも足ら  制限から、書き足ら  思想も信ずるに足ら  一空さまだけでは足ら  下役がひらいて、取るに足ら  役人は、もちろんとるに足ら  のだろうが、この取るに足ら  人形も看るに足ら  珍重するに足ら  雪猶降り足ら  友情の足ら  十五歳に足ら  価値するに足ら  面影を偲ぶに足ら  端から端まで歩いても歩き足ら  辺にまで持って行こうと力むるは怪しむに足ら  憐れを買うに足ら  眼識の足ら  死傷多きは怪しむに足ら  富士を語るに足ら  晝だけで足ら  まことに取るに足ら  方が足ら  もので、信ずるに足ら  影響などは云うに足ら  ことは驚くに足ら  柚子が仕足ら  八十年にも足ら  私は、取るに足ら  ことにもいざとなれば驚くに足ら  から、少しも尊ぶに足ら  一葉女史が、取るに足ら  訓詁ばかりでは足ら  作の取るに足ら  家具もあらかた調えましたが、まだ少し足ら  賃金では足ら  つて、足ら  ふうを装い、とるに足ら  声には、殺してもなおあき足ら  あてつけは取るにも足ら  みずから案内せんといいしも、深く怪しむに足ら  協会頼むに足ら  こころに満ち足ら  意を見わすに足ら  世紀に足ら  後継者とするに足ら  奇蹟驚くに足ら  二十坪ばかりの取るに足ら  娘子軍百万ありといえども恐るるに足ら  それにも飽き足ら  三月に足ら  死活浮沈、なんぞ問うに足ら  十歩にも足ら  文学にとって、とるにも足ら  実信ずるに足ら  名を冠するに足ら  怪むにも足ら  留むるにも足ら  しかたが足ら  卑俗な、取るに足ら  ところもある、足ら  頭数が足ら  罪は取るに足ら  大なるに比すれば、ほとんど取るに足ら  茶趣味を談ずるに足ら  目も又足ら  認識が足ら  於いては、全く取るにも足ら  三割に足ら  ものはまたいうに足ら  工夫が足ら  人はあるが、いうに足ら  知識が足ら  からひと月に足ら  米が足ら  食糧が足ら  から、足るか足ら  事業とするに足るとか、足ら  事業とするに足ら  事業とするに足るとか足ら  実もなんら観るに足ら  結局銭が足ら  それは、取るにも足ら  根方や取るにも足ら  甲斐のない、取るにも足ら  根気が足ら  説はなんら取るに足ら  これ語るに足ら  価打ちだけに飲み足ら  天は言うに足ら  模して足ら  二十哩は云うに足ら  五十分一にも足ら  我々若干あき足ら  西洋のものに比べてちっとも驚くに足ら  心を楽しまするには足ら  これは勿論取るに足ら  話題とするに足ら  説もあるが、もとより採るに足ら  縛するに足ら  言葉は足ら  食味を語るに足ら  文學を語るに足ら  つて思慮の足ら  ひとつ、なにか足ら  耳を傾けるに足ら  皮九貫にも足ら  乞食もありきとるに足ら  非常にあき足ら  十六にも足ら  観察がちと足ら  なほ信ずるに足ら  結果として、足ら  精力の足ら  醍醐の如くなるも或は驚くに足ら  経費を償うに足ら  一人前として足ら  これならば恐るるに足ら  内借りまでしてまだ足ら  我々はじつにその足ら  一割に足ら  半額にも足ら  認識の足ら  丈よよし足ら  附会もとより取るに足ら  生活費を出してまだ足ら  のは、少しも怪しむに足ら  るこつちや、足ら  伝説ながら、けだし恐らくは信ずるに足ら  のも、男らしくなくて、あき足ら  水の足ら  渉つて此を説き、猶其の足ら  事件そのものは取るに足ら  ぢや足ら  智慧の足ら  芸州半国にも足ら  敵は少し、恐るるに足ら  損を償うに足ら  談にして毫も怪しむに足ら  もの一にして足ら  胃袋を満たすには足ら  さ五分に足ら  談るに足ら  裾をぬらすに足ら  これはまったく取るに足ら  一文も残るどころか、まだ足ら  養子に飽き足ら  二十分の一にも足ら  憑むに足ら  中身が足ら  ことは、とるに足ら  我の足ら  元よりいふにも足ら  議院はみるに足ら  事は怪しむに足ら  庭焼は取るにも足ら  片手間にも足ら  信仰の足ら  会計は足ら  幸福とするには足ら  いふにも足ら  もの顔にしただけではあき足ら  財産は足ら  つても足ら  婿も怖るるに足ら  天狗必ずしも恐るるに足ら  流行の如き、とるに足ら  一町に足ら  生命があっても足ら  彼のいい足ら  二十をかぞえるに足ら  二坪に足ら  妄誕弁ずるに足ら  一合に足ら  身分が足ら  職人が足ら  編笠一かいで立ち退いても、なお、足ら  札が足ら  伝説だよ、取るにも足ら  考えからすると、取るに足ら  五百石に足ら  歎き足ら  ばかじゃ足ら  本田は論ずるに足ら  却って今は足ら  アノ女は取り殺しても足ら  証明するに足ら  紺婆としては怪しむに足ら  のも怪しむには足ら  イヤナニ是は怪しむに足ら  それも取るに足ら  秀子より奪い取ったので怪しむには足ら  是も怪しむには足ら  別に怪しむに足ら  証拠と云うには足ら  信用を誇るには足ら  夫で足ら  何だか左程咎めるに足ら  賤しんで、最早取るにも足ら  位は今更恐れるにも足ら  元より、取るに足ら  真実の如きは取るに足ら  人を動かす力の足ら  もので、もとより論ずるにも足ら  ひとつも信ずるに足ら  一つも取るに足ら  指物師がいて、足ら  手は足ら  累と為すに足ら  者は足ら  直径〇・三粍にも足ら  誰だと思うよ、取るに足ら  ものは弱し、恐るるに足ら  教えの足ら  支えの足ら  先生自ら私たちを教えるに足ら  一歳に足ら  富士山なくんば見るに足ら  風で、まったく取るにも足ら  一日に足ら  四十に足ら  方の足ら  凡俗のとるにも足ら  口入に足ら  五指にも足ら  それは別段あやしむにも足ら  素養が足ら  三十にも足ら  方はまだ足ら  なほ万葉をも褒め足ら  これを作りたりとて驚くにも足ら  萬葉をも褒め足ら  之を作りたりとて驚くにも足ら  ために、また足ら  三寸に足ら  世を足ら  一位にも足ら  流星雨が降り足ら  穴だらけで書き足ら  それはいつも足ら  得失を断ずるに足ら  言い訳は、とるには足ら  私がとるにも足ら  ほかに何一つとるに足ら  崇拝するに足ら  言にして取るに足ら  弊害を償うに足ら  評論取るに足ら  四十にも足ら  ざるも怪しむに足ら  一郷とするには足ら  日も亦足ら  僅か二ヶ月に足ら  辛抱が足ら  荷車一つにも足ら  八裂きにして煮て喰ってもなお飽き足ら  たかを知るに足ら  馬糧に足ら  効用いかんにおいては、いささか足ら  人を信ずるに足ら  十尋に足ら  ひといろぞ足ら  隅が死んでは、とうてい足ら  血筋などはとるにも足ら  黒石が死んだので足ら  不幸とするに足ら  土木費が足ら  三十分の一に足ら  寸の足ら  むるには足ら  顏に見するに足ら  実行するに足ら  タタリなぞは怖くもないし、とるにも足ら  自分を足ら  絞首台も、恐るるに足ら  意気ごみはとるに足ら  一元素にも足ら  妖怪と称するに足ら  これをもってうらむに足ら  信用するに足ら  方位もともに信ずるに足ら  奇怪とするに足ら  力の足ると足ら  発達のいまだ足ら  ルネツサンス以後は論ずるに足ら  ことあるも、あえて驚くに足ら  妄説は、あえて取るに足ら  涙を以て臨んで、用いて尽きず施して足ら  稽古が足ら  二三人前にても足ら  憂愁を癒すに足ら  淺薄にして見るに足ら  無謀固より論ずるに足ら  対抗するに足ら  毀傷するに足ら  望を繋ぐに足ら  閣下の与に為すあるに足ら  挙ぐるに足ら  是れ取るに足ら  描尽するに足ら  奴は、いくら射ても、射足ら  血を吸い足ら  對抗するに足ら  爲すあるに足ら  輕重するに足ら  擧ぐるに足ら  虫めがね組が取るに足ら  渉らずんば言ふに足ら  言ふにも足ら  之なくんば尊ぶに足ら  敬するに足ら  同感を引くに足ら  棲息するに足ら  才の足ら  異しむに足ら  ぐるか足ら  熱適を失ひて或ひは過ぎ或ひは足ら  不思議とみなすに足ら  敬をうくるに足ら  迷信の信ずるに足ら  いずれも信ずるに足ら  ものあれども、たのむに足ら  祟の信ずるに足ら  神を煩わすに足ら  用うるは、あえて怪しむに足ら  ことなしというがごときは、まだ怪しむに足ら  八卦の信ずるに足ら  これらはもとより論ずるに足ら  目より見れば、もとより信ずるに足ら  俗説にして、毫も信ずるに足ら  ものなれば、もとより取るに足ら  鑑定をするも、その信ずるに足ら  考うるに足ら  妖怪とするに足ら  学理の進むに従いて怪しむに足ら  春宵風景、足ら  其は論ずるに足ら  累するには足ら  大道であるが、守れば足ら  氣が足ら  證が足ら  道心欠乏を証するに足ら  修行の足ら  尺にも足ら  ものはとるにも足ら  ような、とるにも足ら  謝するに足ら  當るに足ら  萬物を足ら  此ふに足ら  罪なしとするに足ら  務を果すに足ら  汝に捧げかつその足ら  言の足ら  人思ひ誤るともあやしむに足ら  贖ふに足ら  償ふに足ら  熱心の足ら  視力猶足ら  於て、取るに足ら  そこに足ら  顧慮するに足ら  つて互に足ら  米は売らぬが足ら  何等問題とするに足ら  解決するに足ら  歯牙にかけるに足ら  男、いわば取るに足ら  問題にするに足ら  容るるに足ら  糟粕を嘗めて、其の足ら  不幸はいふに足ら  据ゑたり尺には足ら  おもしろみおき足ら  方から足ら  光線が足ら  のは、怪しむに足ら  相対的に取るに足ら  救済は、全く云うに足ら  盡すにも足ら  十もとに足ら  身代を護るに足ら  さ二尺に足ら  様な足ら  三人は、足ら  長距離砲敢えて恐るるに足ら  半年には足ら  手兵は足ら  食い物の足ら  彼は取るにも足ら  説明としては勿論取るに足ら  稽取るには足ら  付会取るに足ら  系図にも信ずるに足ら  帰化人だなどというに至っては、無論毫も採るに足ら  男女の、取るにも足ら  容姿なきは悦ぶに足ら  収入で足ら  大砲が足ら  軍艦のみでは足ら  ものでなくては信ずるに足ら  生命などという取るにも足ら  感激したるは毫も怪しむに足ら  用ひしもまた怪しむに足ら  母にまもられて、足ら  二円にも足ら  大分金が足ら  教化の足ら  隅ッこのとるにも足ら  十人あってもまだ足ら  頁が足ら  工夫の足ら  からだはなんぼあっても足ら  ものも売ったが、それでも足ら  徒はともに語るに足ら  腰かくるにも足ら  全面を睨むに足ら  火が足ら  富貴榮華も羨むに足ら  四尺に足ら  クロイチゴを食まば満ち足ら  百貨店といえども敢えて恐るるに足ら  利益千円に足ら  のと、足ら  二十七円あまりも巻上げられ、それでも足ら  僕は、とるにも足ら  窺ふに足ら  憑據するに足ら  衣服の顧みるに足ら  微力なすあるに足ら  分類はまだ足ら  理解が、まだ足ら  いふに足ら  修養の足ら  助長するに足ら  それ自体は取るに足ら  人数に足ら  休居候ても憂ふるに足ら  絵としても描き足ら  から、今さら惜しむには足ら  僧侶はともに談ずるに足ら  確かさが足ら  此七日には足ら  補ふには足ら  癇癖に振り払いながら、いってもいってもまだ罵り足ら  論文にも、取るに足ら  勉強が足ら  ことで採るに足ら  それでは足ら  一にも足ら  叔父として少しも怪しむに足ら  すべて極めてとるに足ら  頼みにするにも足ら  点を飽き足ら  演技の足ら  戸数五百に足ら  こと三十里に足ら  意地の足ら  跳り出ずにあろうか、見るに足ら  示しが足ら  批評などは、とるにも足ら  信心が足ら  一坪に足ら  票数が足ら  史実というには足ら  精進の足ら  さい語るに足ら  別人説は、とるに足ら  一名二百石に足ら  信長頼むに足ら  足を止めさせるには足ら  その後食ひ足ら  殆ど信ずるに足ら  高貴さが足ら  存分に飽き足ら  於て満ち足ら  保障されただけでは飽き足ら  衷心の満ち足ら  法律が足ら  死生命あり論ずるに足ら  窓簾を捲くにも足ら  五十まだ學んで足ら  對比して、甚だ語るに足ら  僅ばかり速く弾かれようが、強く弾かれようが、そんな取るにも足ら  半年に足ら  十二万円ぐらいじゃ足ら  恥辱とするに足ら  理由とするに足ら  心を安んずるに足ら  感服するに足ら  間違いの生ずるも怪しむに足ら  漫にして取るに足ら  在ては決して怪しむに足ら  形勢を論ずるには足ら  尺度が足ら  彫刻自身としてはとるに足ら  



前後の言葉をピックアップ
足らず  太良    多良  鱈の子  たらい    多羅尾  鱈子  たらさ


動詞をランダムでピックアップ
呼び交す明かすり替えりゃ独りごつつみとり過ごせれ近づけよ切上げる塗り立てる守り立て抜取ら駆け込み言いおか極め差しかけうらぎろまたがら遺さ語れよ締めつけ
形容詞をランダムでピックアップ
くさかろ並びないさくわかき好かれ心無くすっごくねむたきひ弱く深かれからい差出がましく歯痒いうらがなしくしろき若々しき難けれ手っとりばやく淋しから