「起り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 起り[動詞]
中に突如として起り  事件が起り  発作でも起り  競争が起り  批判が起り  訴訟問題でも起り  気も起り  云ふ話しが一度起り  事が起り  次から次へと起り  騒も起り  階級が起り  三つも重なって起り  悲鳴が起り  背後に起り  差大に起り  合ひが起り  議が起り  間に起り  助力に依つて、起り  同一なるより起り  革命的胎動の起り  苦しみはこれから起り  ストライキが起り  ことは起り  容易に起り  ことが起り  咽喉に起り  疑問が起り  それは、起り  一西教寺院に起り  大なるつじかぜ起り  五次と引きつづいて起り  上に起り  雲忽ちに起り  気持さえ起り  戦慄が起り  火災が起り  持病が起り  間から湧き起り  凶変が起り  風が起り  文学が起り  じき癇癪が起り  悪いことが起り  負けン気が起り  癇癪の起り  一大変化が起り  運動が起り  興味も起り  叛乱が起り  じい物音が起り  衝動が起り  不愉快が巻き起り  現象が起り  労苦より起り  フランス革命が起り  戦争が起り  異状が起り  夫れより起り  内乱も起り  から國際戰爭も起り  念さえ起り  悪いことでも起り  プロレタリア文学運動が起り  切符について起り  間違いが起り  災難が起り  分裂が起り  銃声が起り  変化が起り  音が起り  気持も起り  いふ危険が起り  癇癪が起り  話聲が起り  話声が起り  時世に起り  太より起り  地に起り  事がなぜか知ら起り  顫いがしずかに起り  民権も求めずして起り  四方に起り  心も起り  乱が起り  各地に起り  爆発が起り  あちこちに起り  惨劇も起り  今さら何が起り  動搖が起り  北風が起り  閃光が起り  時に起り  胸に起り  颶風の如く捲き起り  事でも起り  突風が吹き起り  怪風吹き起り  ツムジ風などが起り  ところから攻撃が起り  異変が起り  例のが起り  渡つてヒユウーと吹き起り  鎌倉に起り  北陸に起り  關西に起り  故障が起り  痔病が起り  変化も起り  叫び声が起り  格闘が起り  何事でも起り  何事も起り  から慘らしく起り  ゴホゴホ声が又起り  泣声が起り  間に到底起り  隷属の起り  五回も起り  脳貧血が起り  旗挙げが起り  争ひが起り  たるより起り  ことも、起り  ことも起り  階級的大衆組織である限り、常に起り  気配が起り  餌取に起り  印象派が起り  後期印象派が起り  沿岸に起り  内乱が起り  守戸からのみ起り  今後も起り  場合も起り  咄嗟に起り  支那事變が起り  とき月経が起り  声が起り  事情が起り  弊が起り  気分が起り  不興が起り  爆笑が起り  呼息状態でも起り  吸息状態でも起り  一座に起り  体に起り  亡兆ここに起り  言ふ当然起り  風圧が渦巻き起り  荘園が起り  発明が起り  文化が起り  話声も起り  病棟にも起り  勞働爭議が起り  早朝に起り  事故も起り  激動が突如として起り  當時新に起り  渦は捲き起り  間より起り  沿岸地方で起り  いふ現象も往々にして起り  関係が起り  鬨の声が起り  乱、ついで起り  方から起り  こゑが起り  反撥は起り  まわりに起り  何かが起り  あそこで起り  頃戦争が起り  心理が起り  蠢動が起り  心に起り  哲学に対して起り  騒乱しきりに起り  武備もしたがって起り  気だけは起り  気持が起り  コレンバカリも起り  今夜もまた起り  兎に角何かが起り  ことが、起り  近世復古運動が起り  盛んに起り  容易には起り  活劇も起り  事件の起り  うちに起り  挑戦が起り  頻々として起り  料簡が起り  復讐感が起り  沖合に起り  のが起り  変動が起り  気風が起り  地球全面に起り  傾斜が起り  誤差の起り  喧嘩が起り  霧が起り  推測説が起り  程度にしておいて、なおその次に起り  後に起り  革命が起り  奇蹟は起り  痛みは起り  珍現象も起り  何か起り  身に起り  十字軍がしばしば起り  原因があって起り  天変地異が起り  旋風が起り  大風忽ち起り  絶対に起り  永続為致度念熾に起り  足音が起り  疑いさえ起り  中に起り  煩悩も起り  我匹夫より起り  反感が起り  大変化が起り  hallucinationが起り  旋風が捲いて起り  ものについて、起り  吉凶禍福共にこもごも起り  火焔忽ち起り  問題が起り  支那に起り  騒ぎが起り  心が起り  例の怒が起り  随伴して起り  何ごとも起り  盗難事件が起り  ように起り  面倒が起り  再建は起り  憎悪がむらむらと起り  響が起り  出来事が起り  地震が起り  氣も起り  地質学的時代においては、起り  和歌に代りて起り  内訌が起つたとか起り  地震の起り  海底に起り  於ては決して起り  頻々に起り  否とを定め、またその起り  脳裡に起り  複雑に起り  形で起り  戦いが起り  からざる事が起り  原因がなくては起り  風聞が起るだろうと思ったら、更に起り  説が起り  前後左右から鬨の声が起り  原因して起り  懸念が起り  上に捲き起り  心が、むらむらと起り  間違いでも起り  なにごとが起り  爆音が起り  一大凶変が突如として起り  辺に当って起り  ところで起り  連続して起り  鉄砲が起り  変事が起り  騒動が起り  名が起り  不注意より起り  食慾が起り  叫びが起り  破壊が起り  白光が起り  声とが起り  気はちっとも起り  内側にいましも起り  の風が起り  者が起り  間違ひが起り  希望が起り  盛に起り  気は起り  あたりで起り  時を決めて起り  喜美ちゃんに起り  非常に古くより起り  新たに起り  悪戯心が起り  市中に起り  山脈が起り  火が起り  政変が起り  悪心むらむらと起り  三菱が起り  物慾が起り  お家騒動が起り  詩が起り  認識も起り  感興の起り  笑い声が、どっと起り  ものが起り  心さえ起り  聲が湧き起り  濛々と湧き起り  困難が起り  音楽が湧き起り  騒動は起り  仇心が湧き起り  問題は起り  勤皇として起り  ことが、まもなく起り  どこで起り  いたずら心が起り  化学変化が起り  牽引力が起り  ままで、それほど起り  騒ぎでも起り  西鶴に起り  まんなかで起り  路傍で起り  一節が急遽にして起り  今までのは忽ちにして起り  三・一五が起り  プロバカートル事件が起り  気が起り  情さへ起り  電気振動が起り  アラカタ五つの不審が起り  同士討ちも起り  合戦でも起り  急に起り  講習会が起り  寺子屋が起り  平民宗教が起り  上で起り  疑いも起り  迷いが起り  患ひ起り  物音が起り  事は起り  一つも起り  痛みが起り  蔑視が起り  化学的変化が起り  匹夫より起り  突変説が起り  謀叛が起り  中で起り  不平不満の起り  不満の起り  聲が起り  訴訟が起り  響きが起り  市に起り  一八三一年に起り  奮発心が起り  間違いの起り  笑い声が起り  のでもなく、現に起り  坊さんたちから故障が起り  変事が近々に起り  海嘯が起り  風吹き起り  主張さへ、一方には起り  出来事があまりに早く起り  何事が起り  悪落ちも湧いて起り  不意に起り  英雄が起り  声がしきりに起り  不和が起り  心は起り  害が起り  病気が起り  者も起り  物争いが起り  風も起り  感じが起り  疑いが起り  錯誤は決して起り  何によって起り  事態が起り  炎症が起り  捫著が起り  念が起り  議論が起り  何ごとが起り  書より起り  クグツが起り  一大事が起り  外からも起り  気配が全く起り  濁声が高く起り  ロマンスが起り  圧制から暴動が起り  そうだ起り  音だけが起り  敵ならば起り  次で起り  交錯が起り  金切声が起り  大事件が起り  ことの起り  虫が起り  計画が起り  上からバサと起り  飄忽として起り  山全体から吹き湧き、吹き起り  愛情問題が起り  分業が起り  事業が起り  いなづま忽として起り  凶変でも起り  御簾を動かすばかり起り  拍手喝采が起り  事がつづいて起り  心にどうして起り  恐慌が起り  暴動の起り  ように激しく起り  叫び声が沢山起り  ちんぷんかんぷんが起り  声が続いて起り  炉辺で起り  全身に起り  不足も起り  身辺に起り  何事か起り  空で白いけむりが起り  拍手が強く起り  笑声も起り  拍手は起り  議論も起り  拍手が起り  大笑いも起り  拍手は強く起り  下り拍手もかなり起り  新派和歌が起り  とき腹痛が起り  日常頻繁に起り  発議できつと起り  いふ運動は起り  二つが起り  二とも起り  問答が起り  煙が起り  海岸に起り  勇気も起り  やうに次々と起り  噂でも起り  気持は起り  人声が起り  開墾が起り  信仰が起り  それによりて起り  いざこざが起り  心の起り  丘下に起り  軽蔑さえも起り  気がむらむらと起り  このごろ漸く起り  争いが起り  ことから堕落が起り  争いが当然起り  人物論も起り  風説が起り  国難内外に起り  ハムレットには起り  気持なんか起り  支那事変が起り  風潮が起り  創作欲が起り  さうで起らず、起り  場所じゃ起り  一斉射撃が起り  小作争議が起り  時代が起り  潺湲として湧き起り  必要が起り  現在資本主義日本に起り  営利事業が起り  英國に起り  中から、起り  印度にも起り  狂気の起り  陰謀が起り  気流が起り  勤王の起り  みちひきが起り  なかに起り  実業家が起り  考えは起り  不便が起り  広東に起り  間違の起り  兵尋で起り  テンカンが起り  分離させるより起り  政治運動が起り  刹那に起り  凉風徐に起り  ほんたうらしく、起り  何ごとにも起り  誰にでも起り  ずりが群がり起り  世界に起り  火事が起り  考えが起り  押問答が起り  失望落胆などは決して起り  階級闘争問題が起り  歓声が起り  純粋小説がもし起り  称呼も起り  場合に起り  一揆の起り  陣痛が起り  明確に起り  會話が起り  変り目だけに起り  面白いことが起り  只今地球上に起り  殆んど起り  泉滴ところどころに起り  発狂が起り  何だかコンナ事が起り  場合さえ起り  イラン民族に起り  セミチック族に起り  海嘯は起り  痙攣が起り  吐が起り  遊戯より起り  現化は決して起り  緑内障が起り  何も起り  慟哭はふたたび起り  ことから起り  興味が起り  空模様を映して、起り  内部に起り  今回省線電車内に起り  ことが、本当に起り  サイが起り  声が同時に競り合って起り  そこから大風が吹き起り  機運が起り  囁きが起り  人生に起り  凶事が起り  間違いも、起り  急用が起り  風が吹き起り  さまに起り  極端ではあるが、実際には屡々起り  根に起り  一間に起り  違いが起り  障害が起り  ひとつ事件が起り  変化が果して起り  變化が果して起り  一種族新に起り  癪が起り  ことが実際に起り  発作が起り  ところから事が起り  ことがすぐさま起り  いつかは起り  渦が巻き起り  騒動でも起り  見方も起り  為に起り  事ばかり起り  事が、つづいて起り  拙者のひねくれより起り  災いが起り  とんだ災難が起り  自然に起り  気さえ起り  事件頻々として起り  國運隆々として起り  動揺が起り  関東大震災が起り  身体に起り  疑惑が起り  中本はすぐ起り  これより起り  部屋に起り  英国に起り  小身より起り  騒擾が起り  一貫して聊かも変っておらず、絶えてはまた起り  撞着より起り  醫師中より相起り  事が沢山起り  おん焼餅より起り  論戦の渦まき起り  前に起り  音がしきりに起り  仕事と、起り  心より起り  病気が時たま起り  責任問題が起り  自分に起り  眩暈が起り  嘆声が起り  ちょっと邪魔が起り  風がまき起り  讒より起り  問題も起り  羽島窯が起り  ことがしばしば起り  三つの事件が起り  風説などの起り  意志に基いて起り  一に起り  自治運動が起り  ことなくしては起り  雲のごとく起り  道徳には起り  声のたちまち起り  風は忽ち起り  市邑はふたたび起り  改革が起り  騷ぎが起り  馬にはより多く起り  疲れより、ふと起り  思想が起り  思想は起り  念が湧き起り  不思議でも起り  失言問題が起り  弊害も起り  ことがどうして起り  面倒の起り  吹雪が起り  叫びがつぎつぎに起り  地響きが起り  絶えま無く起り  割当に就いてごたごたが起り  ごたごたが起り  衝突が起り  声さへ起り  肉情に起り  瞬間に起り  隙間に起り  戰爭が起り  あちらこちらで起り  戦争がなければ起り  名称が起り  不念より起り  群り起り  いたずら気も起り  世において絶えず起り  覺なしにも起り  独逸に起り  族制に起り  平民社界に起り  場合に一層起り  世に起り  日食が起り  衝突が実際に起り  分化作用の起り  二つの場合が起り  零下二〇〇度以上では起り  所でなくては起り  火山噴出が起り  絶対的絶滅は決して起り  論争が起り  ときに起り  時代に起り  下に起り  危険が起り  木の根に起り  犯罪が起り  不都合が起り  都市にも起り  西洋医学が起り  悪心が起り  攻撃が起り  からざることは、起り  匈牙利王国が起り  陸より起り  許より起り  爭ひ起り  ざわめきが起り  気持ちが起り  軍人より起り  留守中に起り  説屡々起り  反対して起り  對して起り  主張が起り  名を以て起り  国家に対して起り  現象として起り  事速かに起り  音が絶えては起り  失心状態も起り  一の新なる疑ひ起り  ドイツより起り  列より起り  ことからでも起り  感は起り  年が起り  確かに起り  伝染病が起り  飢饉はしばしば起り  ところからのみ起り  母に起り  此決心が起り  出生増加なくしては起り  ようにして起り  後でなければ起り  変化が少しでも起り  變化の起り  虚栄心がむらむらと起り  声雷の如く起り  絵画に起り  禁止せられ、次に起り  四阿からオルケストラが湧き起り  南北戦争が起り  不平が起り  なにごとも起り  喝采が起り  こちらにも起り  精神病が起り  幻想が起り  急変が起り  地滑りが起り  身にも起り  変外界に起り  靴音が起り  ルネッサンスが起り  クーデターが起り  あちこちで起り  義務がさっそく起り  城下より起り  意志を通して起り  の念も起り  情も起り  事の起り  穿孔が起り  条件からの起り  ことは二度と起り  旧友でも起り  弁護士たる者に起り  中傷が起り  騷動が起り  かんしゃくも起り  貧血が起り  づ軍備より起り  奮然として起り  三世が起り  本地垂迹説が起り  必要も起り  気は少しも起り  分別はまるで起り  事実はしばしば起り  妖が悉く起り  アメリカに起り  運動が続々と起り  運動そのものが、既に次ぎに起り  混同が起り  狙撃事件が起り  事件は起り  混乱が起り  刺戟されて起り  狩野派が起り  子供等にも起り  周圍に起り  娘にも起り  變化が起り  身の上に起り  めしより起り  未来に起り  形を取って起り  煩悩が起り  鐘楼に起り  うちは起り  呼応して起り  一たい何が起り  事故が起り  暴動が起り  不快も起り  持病の坐睡がまた激しく起り  事変の起り  心持が起り  二月革命が起り  君主獨裁政治が起り  中頃から韓柳諸家が起り  欲求の起り  懷疑思潮が起り  

名詞

起り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
起りを説明する  起りがある  起りは前にもいう  起りと思われるが  起りがあって  起り俄然として消えた  起りを知らなかった  起りはせぬかと  起りとされてゐる  起りが俗悪すぎる  起りに就ては様々な説はあるが  起りは空腹に堪えかねた  起りも隠り  起りから説きだす  起りだとある  起りはすまいかと  起りだと云ふ  起りはどうあろうとも  起りにけらし  起り且つ亡びた  起りは八月の頃で笹木が俺達の仲間十五人ばかりを松尾に引合わした  起りに相成りまする  起りはしない  起りは一つだったかもしれない  起りは片手で握った  起りは一つであったという証拠にはなり  起りは別に在り  起り止むなきときは行為は自づと集中される  起りになつてゐた  起りはしないか  起りやしないの  起りはすまいかと気遣ったからでも  起りをよく了解して頂く  起り易いと思われる  起りであると思えば  起りを辿れば  起り易い沼沢地帯でもあって  起りだろうとも考えられている  起りはしないであらうか  起りというものは実際にはわからない  起りというものを尋ねて見て  起りはしないかと  起りはその辺ではないかと言いたい  起りしものなりしと  起りのそもそもの最初の事を話します  起りに就ては医者が悪いといふ意見が専ら村に行はれてゐる  起りはしなかった  起りはどうあろうと  起り易いとあって  起りからそれを申し上げると  起りだとか承った  起り同時に窓より朦々たる白煙の噴出する  起りは今に始まった  起りっぽい二階ではある  起りだという  起りはしないかとさえ思われる  起り掛かって止んだ  起りに就いては  起り来りつつある  起りはしねえかなあ  起りが察せられる  起りをもう忘れてしまった  起りは仮に継ぎ  起りが想像し  起りもわからぬが  起りかと思う  起りを考えて見るに  起りは一種の公憤にしろ  起りだといふ  起りときめてしまっていますから  起りは稍古いところに在る  起りはセリグマン氏が私の雪の研究に大変好意を持ってくれて  起りは知らないが  起りはしないだろうかね  起りたる時町を通り掛かりし  起りから説いて聞かせているという  起りては絶え  起りの方に重きを置いて考えている  起りなされて  起りと考へる  起りになる  起りはしないだろうか  起りと言うは  起りはしないかという  起りはしなかったか  起りを調べて見ると  起りは違ふが  起り易い幻覚の一種に過ぎなかった  起りしもその中の一国なりと推測せらる  起りも納まりも  起りはしないかと考えると  起りしかを感知して  起りはしなかつた  起りたるならんか  起りはしないかなどと  起りがわからないという  起り易いのぢやないかと思ふ  起りうべき問題はみんな體驗してゐるでせう  起りは此処にあった  起りが宗教にも道義にも乃至一般人類に共通な深い根柢を有した  起りを持つた  起りは藤原の都時代とあるが  起り易くないまれを尊重する  起り起りて耐えきれずなりし  起りはしたが  起りでもした  

~ 起り[名詞]1
ままごとの起りは  名の起り  のが起りと  秋祭りの起り  事の起りを  事件が起り  騒ぎが起りは  部落の起り  阪などの起り  事の起りと  事の起りが  空想の起り  其名称の起りに  ことの起りは  地名の起りも  外國語の起り  黄巾党の起りから  黄巾党の起り  急に起り  ことが起りは  まちがいの起り  元々の起り  事の起りは  回向院の起り  自由貿易の起り  何事か起りに  念写の起りという  大難の来る起りに  間違いでも起りは  問題は起りは  甚しく起り  事の起りという  休みとは起りは  名の起りは  苗じるしの起り  腰掛けの起り  習俗が起りの  語の起りには  語の起りは  信仰の起りは  創作自ら湧き起り  事が起りにな  芸者の起り  愛が起りは  悲劇の起りを  場合にも起り  場合が起り  此行事の起り  事の起り  ツラツラ事の起りを  洪水の起り  のが起り  時作家側に起り  自分に起りは  事件の起りは  のが起りで  演劇の起りという  物音でも起りは  事件の起りが  不注意より起りしもの  懐疑も起りは  美術協会の起りの  性慾は起りは  面倒が起りは  事の起りに  事件は起りは  噪ぎの起りは  喧嘩の起りは  口論の起りが  発心の起りは  そこから起り  ように起り  もとの起りから  面倒の起り  勃然として起り  一大希望ぞ起り  そもそも十二因縁の起り  音響が起り  流行語の起りは  間違いの起り  コリントス式の起り  一体ことの起り  事でも起りは  鈴慕の起り  事件の起り  地名の起りに  家に起り  間違いが起りは  言葉の起りが  名の起りを  方言の起りは  ヅクベの起りは  名の起りが  名の起りも  のが起りかと  柳原の起り  宮の起りと  乱倫の起りと  名の起りに  名義の起りは  事が起りは  迷信の起りは  エタの起りとしては  唸りが起りは  間違いが起り  疑問も起りは  間違ひが起り  病気でも起りは  戦争の起り  叫声の起り  名の起りから  そもそもの起りは  唯一つの起りの  事の起りの  噂の起りは  眩暈の起り  動詞の起りは  みつぎの起りと  正月飾りの起り  竈木の起りに  藪入りの起り  現象が起り  誤謬は起り  何事か起りは  少年に起り  事件の起りしも  事の起りも  何事の起りしかを  微塵も起りは  称の起り  ものが起りは  変りが起りは  作家活動が起り  下に住んで起り  ことが起りを  歴史の起りは  元来事の起りが  区別の起りは  修験道の起りは  もとの起りが  賤民の起り  肺結核の起り  凝血が起り  近代人には起り  癇癪の起り  強要によって起りは  国民性の起り  此風習の起りの  一大事が起りでも  

~ 起り[名詞]2
その起り  別に起り  かなり起り  古い起り  どうせ起り  言わば起り  最も起り  どうも起り  おなじ起り  なんにも起り  

複合名詞
起り勝ち  起り位  伏兵起り吉兵衛  其起り  衰病起り候  起りがち  火起り熾  起り伝承  起りよう  起り次第鮮  起り相  起り様  起り樣  起り方  失調起り下腹部  火災差起り難渋  火災差起り候  起りやう  起りたる  起り來  考起り  當然起り相  起りようはず  起り放題  起り雨  起り始め  一つ起り  立起り  情起り  起り祭  涼風起り白鷺  起り舗装道路  起り舞  起りむつ  深更烈風吹起り路地  一起り  気起り気  そよ風起り空  起り家  暴動一つ起り  起り國  もの起り  病起り  



前後の言葉をピックアップ
起こら  おこら  起り  興り  起こり  熾り    起りゃ  起こりゃ  怒りゃ


動詞をランダムでピックアップ
便じるいなま近寄ろ買い込むたぎっきずきあげたばさみひそめようねることづかり追込み焦がす腐せもりあが搾り取っもる押しまくらひかせおびえるよびもどし
形容詞をランダムでピックアップ
目敏く馬鹿らしかっ理窟っぽい安かれ異しくどき待遠しかっ心苦しいえらう怪しかっ焦げくさこわき口さがなく軽くみやす物珍し渋い口惜しゅうひくくまるい