「諭し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 諭し[動詞]
やうに、と諭し  ことを諭し  家来達にくれぐれもお諭し  しまえ、と諭し  つて説き諭し  教へ諭し  常木様のお諭し  家に呼んで諭し  靜かに諭し  これを諭し  声をしぼって諭し  金銀を与え、優しくお諭し  張飛を諭し  供して参るがよいとくれぐれも諭し  意義を諭し  懇ろに諭し  部下を諭し  辺に諭し  父を諭し  順逆を諭し  反対に諭し  事を分けて諭し  家臣達にかう諭し  好意的に諭し  旨を諭し  のを、段々諭し  ことをすれば諭し  妄斷に過ぎざるを諭し  清姫様を諭し  査官言を尽して説き諭し  杉十郎がこんこんと諭し  行屆を諭し  祖母の諭し  さを以ても、お諭し  ほかに求めよと、お諭し  懸命にお諭し  ようお諭し  彼は諭し  人を諭し  つても諭し  涙ながらに説き諭し  親分のお諭し  病気でもないと言い張り、どう諭し  ように、お諭し  子を諭し  じゅんじゅんたるお諭し  陣中で相なろうや、と説き諭し  気なく、諭し  ように諭し  涙ながらに諭し  ごろに諭し  静かに諭し  頻々、お諭し  嗣となし、諭し  歌子は諭し  仙波は諭し  将兵にかく諭し  彼らに諭し  徒を諭し  ていねいにお諭し  易経のお諭し  者を諭し  私に諭し  昨日ぞ諭し  心得違いを諭し  ほか天の諭し  児を叱り諭し  二人を諭し  彼に諭し  太陽は諭し  ようにと諭し  密かに諭し  いろはから説き諭し  人に諭し  母親が説き諭し  両親に諭し  不心得を諭し  じいやにはなんだか惨らしくも思われるので、叱ったり諭し  よう、と諭し  心得を諭し  付けを願い出ろと諭し  俊を諭し  無益を諭し  諄々と諭し  母親は、よくいい諭し  勢を諭し  悠り諭し  ことありてか、しみじみと諭し  それを諭し  ささうなお諭し  威儀を正してお諭し  小宮山は且つ慰め、且つ諭し  太子のお諭し  静代にそういって諭し  小前の諭し  方へ行けと諭し  娘を諭し  お前に諭し  姉を思いだしたら諭し  親類うち寄り種々申し諭し  老媼を諭し  会員を諭し  大臣に諭し  會員を諭し  ことが出来なくてはならないと度々諭し  非を諭し  私を諭し  母の諭し  猶予すべく諭し  塩加減よくすべしと諭し  どちらか一方おとなしく譲れと諭し  今日のお諭し  ようなお諭し  お上人様のお諭し  上人様のお諭し  建つるにせよ、それではせっかくお諭し  一所に、お諭し  禍いがあるというお諭し  真田に諭し  方は、いくらか諭し  うちは叱ったり諭し  



前後の言葉をピックアップ
智子  里子  里心  諭さ  さとさ  敏し      さとし  


動詞をランダムでピックアップ
持運ぶ更け引き合いふりかえるうつさ死に別れる放れりゃ談じ込ま憐れん踏み躙る粧えぬりたて仮せ貰え垂れ下がる象る倒さおもいださならべたてしたしめ
形容詞をランダムでピックアップ
にくき凛々しくっめんどうくさきたなかっ男々しい多かれ低き四角気強くわかき愛らし疑深なさけなく赤いうしろめた耳遠い太したのしきすばらしい粘り強く