「訊ね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 訊ね[動詞]
やうに訊ね  やうに寂しく訊ね  木村に訊ね  野島に訊ね  声で訊ね  写真を指して訊ね  うちへ訊ね  彼に訊ね  笑ひながら訊ね  目的を訊ね  ぢや、訊ね  都合を訊ね  田川は訊ね  誰かに訊ね  食膳につくと、すぐ訊ね  僕は訊ね  熟と見ながら訊ね  僕は驚いて訊ね  答えをしたら、訊ね  私に訊ね  それに就いては訊ね  胸近く引き寄せて訊ね  細君に訊ね  他を訊ね  婚礼はいつですかと訊ね  んだと訊ね  ことを訊ね  ように訊ね  ナーニ私は訊ね  行く先を詳しく訊ね  ちょっとお訊ね  お前に訊ね  ちょっと物を訊ね  弦四郎は知っているらしいので、かえって訊ね  こともあり、お訊ね  忙わしく訊ね  茅野雄は突っ込んで訊ね  浪江が訊ね  すゑが訊ね  こと、訊ね  和尚は訊ね  我慢しきれなくなって訊ね  ょっくら物を訊ね  のかと訊ね  事を訊ね  道を訊ね  失礼なお訊ね  声まで凛と張って訊ね  ものを訊ね  徐々と訊ね  それを訊ね  方から訊ね  せきがいくら訊ね  家を見廻して訊ね  せきは、せき込んで訊ね  組合へ行って訊ね  づ、さう訊ね  彼は、やさしく訊ね  声で、お訊ね  乗輿に就いてのお訊ね  者がいるだろうか、と訊ね  心構えをお訊ね  就てのお訊ね  総監は訊ね  位置に置くと、ふとかう訊ね  兵は訊ね  三に訊ね  老婆が訊ね  ものかと訊ね  不思議そうにまず訊ね  理由を訊ね  位置に置くと、ふとこう訊ね  母も訊ね  つて兄に訊ね  自分自身に訊ね  処へ訊ね  厳かに訊ね  風に訊ね  うつかり訊ね  しかと道を訊ね  何処かと訊ね  何部隊かと訊ね  私は訊ね  辺にまだゐはせぬかを訊ね  司令が訊ね  堀内氏に訊ね  物好きに、かう訊ね  兵士に訊ね  感情はどうかと訊ね  私は、訊ね  コップを指して訊ね  ぐらゐはどうか、と訊ね  ほうから訊ね  お上のお訊ね  彼女に訊ね  彼女は、訊ね  男をどう思うかといきなり訊ね  道助は訊ね  道助が訊ね  遠野が訊ね  執拗に訊ね  署長は待ち兼ねてさう訊ね  店ですが、どうぞお訊ね  二人に話しかけ、訊ね  それをお訊ね  ことがあるかとお訊ね  顔容を変えはしないかと訊ね  用向を訊ね  ことをすぐに訊ね  何を訊ね  何日までか訊ね  叔母に訊ね  延子が訊ね  延子に訊ね  気持で訊ね  頭を擡げて来て、訊ね  無学なお訊ね  フランボーがこう訊ね  探偵は驚いて訊ね  面白がりながら訊ね  ところを訊ね  捨蔵さまとやらを訊ね  阿古十郎にそれとなく訊ね  花世に訊ね  つた時太郎は訊ね  時微笑みながら光子さんに訊ね  ものだろうと、そう訊ね  ほかにまだお訊ね  ことをお訊ね  二は思わず急き込んでそう訊ね  のか、訊ね  なかったのかと訊ね  ジユウルが訊ね  お久良がそう訊ね  僕が訊ね  顔を見上げ、訊ね  まぼろしに訊ね  人を訊ね  友達を訊ね  我慢して訊ね  彼は訊ね  周子に訊ね  笑ひを見せて訊ね  娘に訊ね  周子が訊ね  母に訊ね  葛飾に訊ね  学士は訊ね  内儀さんに訊ね  黒河内子爵を訊ね  かいと訊ね  一つお訊ね  ヴァランタンは訊ね  彼は早速訊ね  一緒に訊ね  何処のものじゃと御訊ね  口からいろいろ訊ね  消息を訊ね  謎につきましてな、お訊ね  それは後でお訊ね  模様などを訊ね  百合子が訊ね  滝本は、訊ね  兄さんに訊ね  百合子に訊ね  漁師に訊ね  んではないかと訊ね  いるか、と訊ね  将軍は訊ね  番頭を呼んでもらって訊ね  年を訊ね  番頭を呼んでもらつて訊ね  手真似で示しながら訊ね  氣なく訊ね  平次は訊ね  一人を訊ね  先刻あつしが訊ね  調子で訊ね  知識がないんでいちいち訊ね  雪子に訊ね  光子が同時に訊ね  ドイツ密偵支部代表者が訊ね  劉備は、そこで初めて、こう訊ね  夕方になると訊ね  心配して訊ね  関羽はこう訊ね  そっちへ行かねばならないか、訊ね  勉強したかと訊ね  知り合いかって訊ね  曹長に訊ね  さうにしょぼしょぼしながら訊ね  処からやさしく訊ね  しょぼしょぼしながら訊ね  気で訊ね  張に訊ね  マートン技師に訊ね  同僚に訊ね  大声で訊ね  董卓の訊ね  これは異なお訊ね  番将に訊ね  言葉でまた訊ね  ざま犬射に訊ね  姓名を訊ね  曹操はそれとなく訊ね  黙然としていたが、やがて訊ね  長をよんで訊ね  陳宮は突っこんで訊ね  苦笑してなお訊ね  何んですかと訊ね  雑誌社に訊ね  後、さらに、こう訊ね  露骨に向けて訊ね  先に訊ね  皮肉に訊ね  相に訊ね  伴作は訊ね  京一は、訊ね  傍へ行って、殊更らしく訊ね  ことは訊ね  シャポワロフは訊ね  面喰って訊ね  顔をして訊ね  ブライアン氏はすかさず訊ね  グリーンではないかと訊ね  暫らくして訊ね  解釈をきこうと思って訊ね  辞を低うして訊ね  しろからのぞいて訊ね  のを見て、やがて訊ね  島に訊ね  煙管を取あげながら訊ね  笑そうに訊ね  目を耀かして訊ね  順吉に訊ね  不審そうに訊ね  奥さんが訊ね  奥さんに訊ね  ことも訊ね  不服で、訊ね  早口に訊ね  玄徳へ向ってずけずけ訊ね  孫権は、さっそく訊ね  それにお訊ね  率直にお訊ね  肚を訊ね  意中をいぶかって訊ね  主人が訊ね  Oを見上げながら訊ね  それは御遠慮なくお訊ね  斯う訊ね  趙範をかえりみて訊ね  五百人へ訊ね  黙考していたが、やがてこう訊ね  それから夫人が訊ね  孔明に訊ね  役人に訊ね  小屋を訊ね  兵に訊ね  孫権は招いてすぐ訊ね  関羽へお訊ね  張昭が訊ね  玄徳がいくら訊ね  側臣は怪しんで訊ね  様子などを訊ね  爲に訊ね  ホームズは訊ね  ことなど訊ね  葉に逢って訊ね  無事にお帰りあったかと訊ね  礼を厚うして訊ね  容子をいろいろ訊ね  曹休が訊ね  左右に訊ね  あやしんで訊ね  彼を見ると、訊ね  重臣はたれかと訊ね  いま何時だと訊ね  殺しを、訊ね  時刻を、訊ね  不安げに訊ね  爺さんに訊ね  枕元へ行って訊ね  俳優に、どうすればいいかと訊ね  わたしは訊ね  父に訊ね  妻に訊ね  内海達郎は訊ね  態度で訊ね  稍態度を和げて訊ね  顔付きで訊ね  それに就いて少々お訊ね  折井に訊ね  帽子を脱いで訊ね  私は受取りながら訊ね  ホテルに訊ね  ために訊ね  人に訊ね  うに青木に訊ね  祖父に訊ね  名前を訊ね  内容について訊ね  僕に訊ね  方からお訊ね  私が訊ね  何にも訊ね  奥さんにお訊ね  検察官は訊ね  白木に訊ね  傍へ来て訊ね  方を向いて訊ね  ことはないかと訊ね  素性を訊ね  のかを訊ね  誰か訊ね  その男は訊ね  やうだから、お訊ね  ようだから、お訊ね  修道士は訊ね  面についても色々と訊ね  友達に訊ね  彼は、突然訊ね  ちよつとお訊ね  間違ひはありませんか、一応お訊ね  ようにして、訊ね  人々にも訊ね  人たちに訊ね  皆に訊ね  主が訊ね  訳を訊ね  模様が詳しく訊ね  仁兵衛等にも会いいろいろと訊ね  俺に訊ね  理由を話して訊ね  これも後で訊ね  男に訊ね  安否を訊ね  目的などを訊ね  伸子は、訊ね  プラットは訊ね  伸子に訊ね  詳細に触れられず、いくら訊ね  不安そうに訊ね  佃が訊ね  警部はやさしく訊ね  チラと見て訊ね  不審顔をして訊ね  ことをわざと訊ね  事を、訊ね  所在を訊ね  藤村は訊ね  振りで訊ね  事項について訊ね  動静を訊ね  心配そうに訊ね  様子に見えなかったかとお訊ね  帆村君が代ってお訊ね  道筋を訊ね  妹に訊ね  全然無知だつたので、少し訊ね  私は早速訊ね  町を訊ね  全然無知だったので、少し訊ね  宅を訊ね  部屋に這入って来ると訊ね  先生に訊ね  何か訊ね  嫗に訊ね  頭を撫でて、かく訊ね  誰にも訊ね  彼女は訊ね  おかみさんに訊ね  家へ訊ね  動機に就いて、訊ね  帆村は訊ね  点を訊ね  帆村に訊ね  恵子は訊ね  のです、というお訊ね  主人は拡げて見ながら、訊ね  様子を訊ね  一寸物を訊ね  親切に訊ね  否かを訊ね  一息で訊ね  輝子が来て訊ね  夫人に訊ね  私は再び訊ね  紳士へ訊ね  もう一度お訊ね  下男に訊ね  平気で訊ね  岡本は訊ね  竹内が訊ね  真面目で訊ね  洒然として訊ね  たか、とのお訊ね  道のりを訊ね  道路工夫にお訊ね  人々に訊ね  行人に訊ね  墓所を訊ね  何里ありませうかと訊ね  里程を訊ね  恐々身をすこしかがめて訊ね  あいや、お訊ね  上意同様のお訊ね  繞って、物々しく訊ね  眼ざめに、お訊ね  姉が訊ね  石子刑事は意気込んで訊ね  何だって私に訊ね  四斗樽を見つけて訊ね  憲房が向き直って訊ね  女性なので、わざとお訊ね  高氏が訊ね  チラと訊ね  口調で、訊ね  上で、さて訊ね  点検しながら訊ね  変りはないかと訊ね  家へ入って行って訊ね  番号を呼び出して訊ね  事情を訊ね  ことを、ああもこうもと訊ね  人に会って訊ね  あれこれと訊ね  そこから中の人家について訊ね  弾みに、いきなり訊ね  ひとりへすぐ訊ね  馬鹿なお訊ね  顔へ、訊ね  主にすら訊ね  ダビットが訊ね  わたしが訊ね  わたしが、そういって訊ね  お婆さんに訊ね  世話好きに訊ね  友に訊ね  からそれでお訊ね  馬車屋が訊ね  のだと訊ね  同僚は訊ね  数右衛門は訊ね  帝に代って、かわるがわる訊ね  医師に訊ね  大月が訊ね  心当りはないか、と訊ね  大月が再び訊ね  事をお訊ね  大月に訊ね  秋田は思わず急き込んで訊ね  秋田が訊ね  気がしないではなかつたが、訊ね  者たちへすぐ訊ね  兵たちへ訊ね  妾は訊ね  ます、少しお訊ね  聲に訊ね  ロシヤ語で訊ね  良人へ訊ね  側を向いて訊ね  家を訊ね  博士を訊ね  村人に訊ね  自分の訊ね  ものはなかったかと訊ね  眼で見ながら訊ね  殿からはお訊ね  彼から、訊ね  哂ふと訊ね  指差してまた訊ね  望みは何かと訊ね  日本語でかう訊ね  肩すれすれになりながら、直ぐに訊ね  無遠慮に訊ね  側に近附きながら訊ね  靜に訊ね  師直をよんで訊ね  兄者、何ぞお訊ね  わしに訊ね  物好きげに訊ね  彼を見ながら、訊ね  坊さんが訊ね  卒直に訊ね  師父ブラウンが訊ね  相手が訊ね  彼女は鋭く訊ね  ダイアナ夫人が訊ね  方へ訊ね  のかとお訊ね  御所に入るとすぐ訊ね  二人へ訊ね  者へ、すぐ訊ね  ところでふと訊ね  彼はすぐ、こう訊ね  藤戸大尉が訊ね  正季はそっと訊ね  日野賢俊へ訊ね  何ごとか訊ね  余は訊ね  それがいつ訊ね  主人に訊ね  のかといって訊ね  いるかと訊ね  三お訊ね  令嬢に訊ね  女中に訊ね  合併していたかをお訊ね  患者は飲みましたかとお訊ね  そばへ来てこっそり訊ね  和名を訊ね  おかしいと疑って訊ね  エリスは気忙しく訊ね  眼を上げて訊ね  最初何事を訊ね  急込んで訊ね  如才なく訊ね  婆さんに訊ね  口調で訊ね  横柄に訊ね  興味を持っていないと見えて、深くは訊ね  何なりとも、お訊ね  藤次が訊ね  上手があるかって訊ね  照し合わせながら訊ね  スクルージは訊ね  相手を見ながら訊ね  誰かが訊ね  精霊は訊ね  幽霊は訊ね  後で、こう訊ね  男が訊ね  ジョーは訊ね  綴方を訊ね  そんなら、気に入ったかと訊ね  幾度となく訊ね  解放について重ねて訊ね  私はそういって訊ね  そうに訊ね  呼出しを受けるがよい、訊ね  秀吉へ向って訊ね  半兵衛重治からこう訊ね  龍然に訊ね  微笑でかくしながら訊ね  事情などを訊ね  思つたから駅長さんに訊ね  幾匹売りつけていったかと訊ね  栖方は訊ね  栖方に訊ね  いまそれか、と暗に訊ね  梶は訊ね  ですよ。あなたにこれでお訊ね  梶が訊ね  梶は驚いて訊ね  話を反らせて訊ね  高田に訊ね  のか、と訊ね  ラエーフスキイがだしぬけに訊ね  ラエーフスキイを見、そして訊ね  甥にも訊ね  少女に訊ね  若い士官が訊ね  誰だと訊ね  事があるかどうかを訊ね  劇化ではないかどうかと訊ね  ため貴殿にお訊ね  翌日、訊ね  咲は淋しく訊ね  誰にともなく訊ね  先生が笑いながら訊ね  意気まいて、つめよりながら鋭く訊ね  事実を訊ね  凝視をしながら訊ね  シモン博士が訊ね  興味をもって訊ね  小声で頻りに訊ね  聲で頻りに訊ね  思ひ出して訊ね  んだね、などと訊ね  座に着くとまず訊ね  心境を訊ね  のか知らと思って訊ね  きゅうに訊ね  ことを先ず訊ね  山本が訊ね  英語で訊ね  参木は訊ね  甲谷は訊ね  宮子はどうした、と絶えず思いながらまた訊ね  小声で訊ね  専務は訊ね  フィルゼルは訊ね  御名でお訊ね  顎を撫でつつ訊ね  杉は訊ね  時田は訊ね  袋を出しながら、訊ね  浅井に訊ね  室はそう言って訊ね  静子に、そういって訊ね  増は時々訊ね  浅井は訊ね  げに訊ね  お父さんにお訊ね  不意に、かう訊ね  山県に訊ね  言葉を聞いて、すぐ訊ね  自分は激して訊ね  車掌に訊ね  たかを訊ね  蔭で訊ね  名とかを訊ね  あちらで訊ね  こちらで訊ね  世界中どこを訊ね  みつ子は直ぐに訊ね  心がけを訊ね  いらっしゃいますかと訊ね  船員に訊ね  聲を聞きながら訊ね  Kさんは訊ね  Kさんが訊ね  山崎は訊ね  陳はやはり歩きながら訊ね  のか訊ね  家は、どうなったかと訊ね  何もお訊ね  職工数を訊ね  たかどうか訊ね  人に訊ね訊ね  ラジオで訊ね  微笑をもらしながら訊ね  人毎に訊ね  澄子さんが訊ね  間に割り込んで訊ね  弟に訊ね  試驗官は訊ね  別に深くも訊ね  姑に訊ね  細君連に訊ね  楯雅一が訊ね  ぱりさういふことはみられなくなつた理由について、一体どう思ふかと訊ね  お前たちに訊ね  今のお訊ね  趣味を訊ね  東京へ訊ね  話から、お訊ね  媒酌人が突然こう訊ね  馬鹿な訊ね  媒酌人は訊ね  何度も訊ね  番をし、ときどき訊ね  王様に訊ね  とき皆三に訊ね  年齢を訊ね  裸体に触りながら訊ね  時にこう訊ね  丘田医師に訊ね  花甚平に逢って、いろいろ訊ね  一生懸命に訊ね  ミンチンが訊ね  贈物は好ましいかどうかと訊ね  ように、訊ね  怪訝そうに訊ね  セエラに訊ね  静かに訊ね  夢の中では、その訊ね  のですけれども、一応お訊ね  カリスフォド氏が訊ね  父が訊ね  印度紳士は訊ね  水戸が訊ね  顛末を訊ね  木村重吉に訊ね  なんでしたら、訊ね  良人に訊ね  のですかと訊ね  言ひにくさうに訊ね  左門は訊ね  土地であるかと訊ね  野々宮に訊ね  サチ子に訊ね  あなた温いですかと訊ね  小娘に訊ね  うちに訊ね  人達に訊ね  次郎吉は訊ね  玄正は訊ね  義兄玄正が訊ね  玄正がこう訊ね  玄正が訊ね  心にこう訊ね  圓朝が訊ね  圓朝は訊ね  市子が突然訊ね  から、勿論お訊ね  所を訊ね  由を訊ね  老人をも訊ね  点まで一応改めて訊ね  点まで一応訊ね  それで訊ね  道すじについて、いろいろ訊ね  弟を見かけなかったかと訊ね  速度変化を訊ね  姓を訊ね  三吉少年は訊ね  女に訊ね  井さんに、何かとお訊ね  常陸介がこう訊ね  安心して訊ね  田畑君が訊ね  お方にお訊ね  巡査さんに訊ね  場長さんに訊ね  一人が訊ね  女の子に訊ね  顔を見詰めていたが、やがて訊ね  イワーノヴナは訊ね  馬上から何か訊ね  ように取巻いて訊ね  所を指して訊ね  自分が訊ね  次第を訊ね  のかね、と訊ね  翌朝女房に訊ね  ことなどお訊ね  緒をゆるめながら訊ね  丁重に訊ね  誰にともなくそう訊ね  つめこみながら訊ね  誰が訊ね  方から聞き訊ね  武藤氏が訊ね  左う訊ね  家へ行って訊ね  ところへ訊ね  私からも訊ね  そつと訊ね  歌詞とを訊ね  馳けよると、すかさず訊ね  威嚇的に訊ね  ことを細々と訊ね  児分衆が来て訊ね  何処へ行くと訊ね  伯爵が訊ね  素子に訊ね  気味で訊ね  一日がかりで訊ね  黒岩は訊ね  幾島はかう訊ね  手袋をはめながら訊ね  素子は訊ね  間接に訊ね  星空にむかつて訊ね  誌からのお訊ね  星空にむかって訊ね  いるかと云うお訊ね  山を指さしながら訊ね  面白半分に訊ね  つもりかを訊ね  アンガスが訊ね  フランボーが訊ね  苗字を訊ね  字は訊ね  ことや訊ね  私はすぐに、どうなりましたかと訊ね  はつさんに訊ね  但馬守に訊ね  容子を見上げながら訊ね  少年を手繰り出して訊ね  それがまたなぜだと訊ね  顔を見ながらこう訊ね  経過を訊ね  意見を訊ね  夫に訊ね  お母さんに訊ね  冬子にも訊ね  わけを訊ね  眼を視張って訊ね  顔をあてて訊ね  匠が訊ね  村長に訊ね  同僚を顧みて訊ね  彼が訊ね  窕子が訊ね  口々に訊ね  カテリーナが訊ね  魔法使が訊ね  あたりを見まはしながら訊ね  老人連に訊ね  書記に訊ね  年寄りを見つけると、訊ね  其處で訊ね  相手に凝らしながら訊ね  村長が訊ね  レヴコーが訊ね  誰に訊ね  フロラは訊ね  年寄に訊ね  細君が訊ね  老人にでも訊ね  詳細を訊ね  露はにして訊ね  行つたのかと訊ね  気兼で、おそるおそる訊ね  新子が訊ね  伯母さんとこへ訊ね  様子をしてみせましたが、そう訊ね  伝に訊ね  指差して訊ね  遭難談を訊ね  物を訊ね  校長が訊ね  芳一は進んでこう訊ね  それ以上何も訊ね  家へ行き、訊ね  ある時死について訊ね  貴殿はいくつになられるかと訊ね  秘かに訊ね  仏僧に訊ね  和蘭人に訊ね  へんだと訊ね  やうにして訊ね  わけかと訊ね  心配そうに見つめながら訊ね  者に訊ね  好きかと訊ね  私を見て訊ね  たかと訊ね  いやに落ちついて訊ね  それはお訊ね  真似をしながら、落ちついて訊ね  腰を掛けながら訊ね  不思議そうに訊ね  彼もまた訊ね  気分になって訊ね  ふいにそう訊ね  それ以上、強いて訊ね  すきをかけながら訊ね  宝蔵院で訊ね  不思議として、こう訊ね  僧侶に訊ね  友人に訊ね  捜査係長に訊ね  ちょっと不安を覚えたので、訊ね  人々は、順に訊ね  方は何ともありませんか、って訊ね  氏に訊ね  咳払ひといつしよに訊ね  馬子はまた訊ね  鳥渡お訊ね  源作に訊ね  のに訊ね  ことを、訊ね  顔色を見て訊ね  者たちへ訊ね  無法者へ向って訊ね  角兵衛はすぐ訊ね  気軽にすぐ訊ね  家人に訊ね  賛成されるか、訊ね  状況を訊ね  ことが訊ね  ものまでが細々と訊ね  顔にまた訊ね  幸村の訊ね  大助へ、訊ね  昨晩お訊ね  満足して、お互にいろいろ訊ね  子が訊ね  気の毒さうに滝に訊ね  部屋を指して訊ね  研究法を訊ね  露西亜語で訊ね  何事も、お訊ね  声で、訊ね  まま小声で訊ね  愕いて、訊ね  今私がお訊ね  男は訊ね  電報を打って訊ね  ホームズが訊ね  グレゴリ警部が訊ね  細目について訊ね  袖を引いて訊ね  ようなお訊ね  店へ行って訊ね  ことを思い、訊ね  何かお訊ね  彼女等に訊ね  ことさへ訊ね  良子に訊ね  気がかりそうに訊ね  ほうから貴殿にお訊ね  貴殿もお訊ね  拙者もお訊ね  紋也に訊ね  美作に訊ね  熱心とで訊ね  上目使いをして訊ね  ようにして訊ね  声をして訊ね  微笑しながら訊ね  金次をよんで訊ね  呆気にとられて訊ね  署長に訊ね  間について訊ね  語気を強めて訊ね  五忘に訊ね  物を指して、また、訊ね  三度、訊ね  勇気を起して訊ね  たんびに、かう訊ね  驚ろいて訊ね  驚惶しく訊ね  事に就いて訊ね  助役が訊ね  助役に訊ね  覚悟か、と訊ね  三輪に訊ね  私たちが訊ね  充血させて、やさしく訊ね  宿を訊ね  方針を訊ね  おしゃべり伝六が立ち止って訊ね  知つた人を訊ね  捉へて訊ね  足音が消えると訊ね  ものかとふと訊ね  私はおどろいて訊ね  一番必要かと訊ね  子供に訊ね  久左衛門に訊ね  笑顔でよって来て訊ね  君は訊ね  人からよく訊ね  番頭に訊ね  名をいくら訊ね  住所だけ訊ね  名を訊ね  から松浦正吉君について和尚に訊ね  若い剽悍な人が訊ね  私からもお訊ね  線路工に訊ね  女はふと訊ね  容子を見い見い訊ね  物をお訊ね  下に置いて訊ね  ことばかりお訊ね  ことばかり訊ね  妻がこういって訊ね  手にはいらぬかと訊ね  杉田に訊ね  梅田へ訊ね  あなたにお訊ね  専門家に会ったら訊ね  花魁がでましたとことさらに訊ね  町田が訊ね  わたしが思わずも訊ね  ことを怖る怖る訊ね  倉が訊ね  突つけんどに訊ね  ことばかりを繰り返して訊ね  ことは出来なかつたし、また決して訊ね  四度目には気軽く訊ね  口に出して訊ね  意義を訊ね  私は直ぐに訊ね  風な訊ね  用途を知りはしまい、訊ね  容子を変えて、優しくこう訊ね  俊が訊ね  店員数を訊ね  いるか、と一々訊ね  もう一度事実をたしかめようと思ってこう訊ね  真面目に訊ね  圓朝は、訊ね  熊城に訊ね  行動を訊ね  私にお訊ね  ところをつかまえて訊ね  何も訊ね  不審を、訊ね  ひとりが訊ね  何のお訊ね  あとを、なお訊ね  おくれ毛も、すぐ泣きふるえ、訊ね  桔梗様へお訊ね  錦へ訊ね  事は、どうぞ、お訊ね  動坂三郎が訊ね  びツくらで訊ね  警部が慌しく訊ね  ルパンは遽しく訊ね  筌に訊ね  織物について訊ね  友だちが訊ね  細君が、さう訊ね  ムイロフが訊ね  手真似で訊ね  わたくしは訊ね  遠廻しに訊ね  人を呼んで訊ね  老人に向って訊ね  警官が訊ね  音を聞いたかと訊ね  探偵は訊ね  清一にも訊ね  家臣に訊ね  玄伯老にでも訊ね  どこへやったかと訊ね  貝十郎は改まって訊ね  情熱的に訊ね  意味深気に訊ね  淡路君に訊ね  それ以外に、お訊ね  書きになりますので、と訊ね  助手に訊ね  のかねと訊ね  冬子がさう訊ね  村瀬は訊ね  中で訊ね  あいは、又しつこく訊ね  私を訊ね  方へ近寄ってきて訊ね  不安になって訊ね  怪老人に訊ね  陳君に訊ね  僕は、訊ね  



前後の言葉をピックアップ
訪ねよ  尋ねれ  尋ねん  訪ねれ  訪ねん  訊ねよ  訊ねれ  尋ね合せ  尋ね人  タズネマシタノサエ


動詞をランダムでピックアップ
ぶつから持寄る褪める病みつこ見開くまいれるしきる組み込む受けよいいつかるよばれれ追廻し萎も摺らすれ違っゆすりこさえよほりあげ絶え入り言い合い
形容詞をランダムでピックアップ
臭しうらがなしもろいがんぜない幼う騒がしけれ面倒臭かっ高しそらおそろしいにくくっ白き美味しゅう粘り強薄ぐろく青黒い弱弱しくあっけなく軽き軽けれ手ぬるかっ