「言お」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 言お[動詞]
何か言お  お礼を言お  虚栄している、とでも言お  知らないと言お  事は、出来ないと言お  知覚が無いとでも言お  お前が言お  事を言お  人にまであてはめて言お  言葉で言お  胸がいっぱいになって言お  何を言お  素質と言お  瘤に対し言お  悲痛と言お  もう一度だけ言お  ように言お  今まで言お  誰がなんと言お  ことを言お  物を言お  魚見岬とも言お  人と言お  母に言おう言お  名を言お  わたくしは言お  ここで言お  すべて芸術であると言お  村は、言お  目とでも言お  悪口でも言お  のさ、と言お  礼を言お  それならば、あっさり言お  自分の言お  私がそう言お  顧って言お  単純とでも言お  調子はずれと言おうか、何と言お  理窟を言お  ついでに言お  腹立ちまぎれに何と言お  私も言お  機会があったら、言お  今私が言お  天下一品などと言お  狸ばやしとでも言お  新吉はいつからか、言お  日を、なかなか言お  居どころを言お  不敵と言お  それも言お  とき何を言お  それを言お  一言で言お  図ですネ、と既に言お  さ、とでも言お  牽引力とでも言お  ジイドの言お  僕の言お  君の言お  身体を、と言お  うちに握ると、言お  あとで言お  眠みなさいを言お  叔母が言お  甥が言お  後に言お  恥を言お  引啣えていたと言お  節供ではなくて、次に言お  誰が何と言お  私のこれから言お  ところがあると言お  もう一歩進んで言お  確かに、しっかりして下さい、と言お  後に至って言お  ことがある、と言お  一つとや言お  何ごとかを言お  何も言お  前では言お  彼は言お  肝心の言お  俊の言お  花と言お  叔父は言お  倉は言お  三吉は言お  何と言お  からそれを言お  ことから言お  風はしていても、言お  のだったが、そう言お  直感とでも言お  ことがないと言お  わたしはなんと言お  先刻から其奴を言お  尊敬とでも言お  坊ちゃんなんと言お  お前がなんと言お  大胆と言お  愚かと言お  青年の言お  必要から押切って言お  んだ、と言お  何をか言お  率直に言お  手落ちと言お  ためと言お  仔細を言お  ものを言お  はじめとも言お  舞踏していると言お  刃を渡っていると言お  さと言お  底無しと言お  何事か言お  のだけを言お  あら筋を言お  嚥み込んでいくとでも言お  おいらだが、と言お  一言でもとりなしを言お  用向を言お  僕が言お  韻文であると言お  マア職業教育とでも言お  車夫学とでも言お  日本で言お  そこまで察していんなさるなら言お  秘密を言お  んなら言お  簡潔に言お  定義すると言お  沈鬱にこう言お  さよりも、より苦しいなどと言お  ように考えざるを得なかったと言お  当人が何と言お  何であるか言お  先で言お  まじめに言お  走り寄って縋りつくほどにして、そうして、諦めきれないで、言お  鼻がいるとでも言お  何とかを言お  フランス語で言お  世間が何と言お  ちがいと言お  ことはこれから言お  のだと言お  ジョバンニが言お  前からここにいたの、と言お  顔をして言お  のです、と言お  絹と言お  一所懸命に言お  学者が言お  誰が言お  理屈を言お  上品に言お  事をでも言お  彦兵衛が言お  落葉と言お  証拠を言お  魔術とでも言お  墨と言お  泥と言お  運命と言お  定業と言お  一口に言お  葉が、と言お  ところばかり選んで言お  淡泊と言お  軽快と言お  もっと何か言お  らんらんと言おうかえんえんと言お  鬼神壮烈に泣くと言お  そのしゃりこうべが何か言お  上手とでも言お  癖でぐずぐず言お  苦情を言お  かたくなで言お  医者がなんと言お  クリストフに言お  他人がなんと言お  改名主などがなんと言お  帝国なんて言お  大切なことを言お  クリストフが言お  誰彼と言お  不人情と言お  冷酷非道と言お  彼はなんと言お  嫌味を言お  プロステチウト、そう言お  伸子の言お  馬だと言お  錦と言お  筏と言お  それでは、立ちあがって言お  ものなどは言お  まま何を言お  あとを言お  人は言お  所々は言お  舟と言お  欠落馬鹿と言お  臆病と言お  馬鹿と言お  わけと言お  相手の言お  乳母に言お  わたくしはなんと言お  事柄を、言お  彼の言お  飯をそう言お  から、何と言お  私は陥っていった、とでも言お  頂戴、とでも言お  言葉を言お  孟子の言お  僕は言お  様に笑うのみではっきり言お  奇縁と言お  ボオイに言お  ひと好しとでも言お  千枝松は負けずに言お  頑固になんと言お  愚か者がなんと言お  彼はなにか言お  何事をか言お  信西入道がなんと言お  彼はあっと言お  つわりを言お  悪鬼だと言お  もんじゃない、と言お  ことでも言お  手紙で言お  前でこう言お  天衣無縫と言お  鳥道蹤なしと言お  から何か言お  弟子になりたいと言お  それから何事かをしっかり言お  意見を言お  職業意識とでも言お  好事魔多し、とでも言お  次第とでも言お  何となく虫が知らせたとでも言お  三人が言お  悲苦とでも言お  まりよくないと言お  眼色から何を言お  意味でならそうでないと言お  艶書だと言お  発狂気味、とでも言お  ことばを少しでも言お  鼻と言お  恨みを言お  母の言お  人がなんと言お  ものを感じて、なんと言お  私は言お  工芸と言お  宗助はとうとう言お  事ばかり言お  先に言お  様子は、招くと言お  姉さんに言お  ふみきりがわるいと言お  ものだ、と言お  淋漓とでも言お  悲哀とでも言お  尾田は言お  ものだとでも言お  口に出してまで言お  口に出して言お  母が何と言お  時何と言お  重役になり損ねましたと言お  面白い仕事にありつきましたと言お  惨めと言お  これを言お  作者に言お  学校が何と言お  性質を言お  卒直に言お  濶知らないなぞと言お  処を言お  予ねて言お  野天でなく、と、言お  義務があるとでも言お  中佐が何と言お  内情まであばきたてて、かれこれ言お  帆村は、これから言お  ここに始めて言お  一生懸命に言お  あたし、なにか言お  君に言お  ケルミッシュが続けて言お  私は打ち明けて言お  私が言お  何か附けたして言お  今それを言お  方で言お  こないだからわたしも言おう言お  領事の言お  先方で言お  味とでも言お  僕たちと言お  今度逢ったら言おう言お  力自慢をにがにがしく思い、何とか言お  一ことで言お  うえ私の言お  世間で何と言お  ギャグを言お  存分に言お  のを、はっきり言お  こうもりとでも言お  なんでもぽんぽん言お  感じ、とでも言お  世辞を言お  とおりに言お  ここに言お  そうに、言お  お前さんが、何と言お  自分で少しも言お  何かを言お  予審判事に言お  彼がまず言お  いっさいお断わりと言お  誰一人ぶつぶつ言お  あれも言お  これも言お  さは言お  ちょっと強く言お  屁理屈を言お  何といおう、もげたと言お  自信が強過ぎるとでも言お  憎悪と言お  敵意と言お  正直に言お  先方では何と言お  味かと訊かれたら、さあなんと言お  私の言お  刺激に慣れたと言お  満足とでも言お  即座の間に合わないと言お  彼女が言お  たたりだなんと言お  



前後の言葉をピックアップ
いえん  イエンジュン  イエーツ  イェーナ  イエール  云お  いお  イオ  謂お  イオイナ


動詞をランダムでピックアップ
取扱わ忍び寄ろはさま付さ追返す見付かり湛える舞い込む見計らわ落ち合う学び取っくだく食う思い起こせ行届い笑い飛ばす見る散らばら引っさげ笑われる
形容詞をランダムでピックアップ
そうぞうしくっ稚くっ毒々しい手酷いなさけなきこうごうしくなつかしき軟かきおおいあえなく規則正しく黒くやかましき心憎し味わい深くしるから末頼もしい深し気だる