「観る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 観る[動詞]
秀ちやん、観る  のだがね、どうしても観る  仕事を観る  実演とやらを観る  雪を通して観る  物を観る  ものを観る  プログラムを観る  山を観る  雪を観る  月を観る  雨を観る  一人で観る  一切を観る  其方角を観る  局外から観る  悠々として観る  人事とを観る  自然を観る  自己を観る  夕立を観る  雲悠々と観る  名家これに観る  草を観る  演習を観る  枯草を観る  さよ、観れば観る  一部分として観る  自己のひろがりとして観る  瀧を観る  ものと観る  海原よりも、観る  肉づけし、描いて行ったかを観る  対象として観る  側から観る  映画で観る  野球を観る  静かなるを観る  自分の観る  君は観る  これを観る  公演を欠かさず観る  のを観る  蟹と観る  幸福を観る  状態で観る  絵師が観る  万人の観る  人間を観る  私の観る  芝居を観る  歌舞伎を観る  現実を観る  異性を観る  点について観る  から、いはば観る  さらに近寄ってよく観る  大空を仰ぎ観る  わたしの観る  原画で観る  念を観る  醜悪のみを写し出して、観る  しますれば、きっと観る  芸術は観る  私せっかく観る  世界を観る  人の来り観る  演技を観る  紅葉を観る  眼のみで観る  世間を観る  花を観る  二階から観る  芝居で観る  者も観る  高まると観る  男は観る  人を観る  人生を観る  劇を観る  ソヴェト映画だからって観る  階級性を、観る  ものとして観る  人物を観る  臣を観る  四角形を観る  まことに観る  人間生活を観る  何か観る  方面から観る  仏を観る  それを観る  気持などを観る  明月を観る  目で観る  能をよく観る  相を観る  賞め囃し、観る  人相を観る  戦争にもまた観る  天文を観る  予の観る  夜天文を観る  盛衰に観る  わが観る  先を観る  仲達の観る  これをもって観る  ものと、正しくは観る  司馬懿仲達の観る  陣と観る  文芸的に観る  角度から観る  卿が観る  営址を観る  詩として観る  所ばかりを観る  カザノヴァを観る  ところを観る  職業とのみ観る  虚心を以て観る  熱意を以て観る  形態を失うにいたったと観る  外から観る  姿を観る  わたくしの観る  切実に観る  さとに観る  能を観る  時、観る  これは観る  動きは観る  姨捨山を観る  寺院精舎と観る  亭主を離れて観る  イイナを観る  第三者として観る  拙者の観る  一緒になって、観る  其を通じて観る  略囲棊を観る  丸花一座を観る  ことをしたかは観る  梅花を観る  上演を観る  全部は観る  むるは観る  描写し、観る  客観を描き尽さずして観る  色を観る  これまで読むなり観る  画にも観る  前を観る  天地より観る  眼から観る  桜を観る  映画も観る  旧記に観る  近く親しく観る  公平に観る  気が観る  ことで観る  特技を観る  風致の観る  そもそも海を観る  美を観る  人間がさう観る  松を観る  群団的に観る  すべてを観る  模擬戦を観る  煙突を観る  風俗からして、観る  再現して観る  人の子であると観る  人物と観る  朝顔を観る  私を観る  僧の観る  傍から観る  女の観る  狂ッたと観る  裏から観る  一角にしがみ附きて観る  同一だと観る  彼は観る  道誉は観る  基因であったと観る  書斎で観る  芸術的純化運動であつたと観る  非情と観る  天を観る  具光がじっと観る  停戦であったと観る  正成を観る  衆望の観る  手懸りとも観る  一人寝て観る  処から全局を観る  別会能を観る  女を観る  眼で観る  字は観る  方が観る  奇麗さだけでは、もう観る  往来を観る  戯曲を観る  一縮図だと、観る  活動写真だけ観る  画を観る  作品を観る  生活を観る  突きはなして観る  相違の甚だしいかを観る  僕の観る  一面から観る  洋画を観る  建築を観る  潮を観る  舞台で観る  部屋を観る  方を観る  自分を観る  懸隔のはなはだしきもって観る  映画として観る  飛騨山脈を観る  近臣を観る  夫子を観る  静物を観る  総てを観る  ニユース映画を観る  潤州へ来て観る  ものが生じつつある、と観る  冷酷らしく観る  上帝来り立ち留まって観る  挙止を観る  泰親の観る  態媚容冶常倫を絶し観る  洞察とを以て、観る  心から人生を観る  赤阪藝者さらひを観る  歌舞伎座に観る  桜花を観る  夜景を観る  夜桜を観る  扉を観る  曲を観る  徃きて観る  人形芝居を観る  自由劇塲試演を観る  運動会を観る  夜国民劇塲を観る  蒔絵を観る  人形を観る  夜肆を観る  舞踊を観る  春秋座を観る  作先夫の子を観る  芝居なんか観る  映画を観る  金を出して観る  率先して観る  側面より観る  有様で、観る  マス・ゲームを観る  ものは、観る  公演を観る  上、実際を観る  歴史的役割を観る  おのれが観る  ことを、観る  ぐあいを観る  つまり心で観る  事実に観る  時勢を観る  自身を観る  子供を観る  巧みに出来たので、観る  人生を深く観る  上からこれを観る  実もなんら観る  の状また大いに観る  モスクワ市を観る  我目に観る  十指を観る  人生をまでも観る  戦跡を観る  中ばに観る  他人を細々と観る  女性をどう観る  試写を観る  芝居は観る  俟つて始めて観る  立場から客観的に観る  境地を観る  あなたの観る  事相を観る  余戸の子規句碑を観る  のではなくて観る  世の中を観る  あしと観る  ここもいいけれど、観る  人相も観る  峡流を観る  女優劇を観る  伝統とか、又観る  せいにあると観る  回首ッて観る  ッて観る  所を観る  ものだと観る  晩画はよく観る  人々と観る  性格についても観る  直観においては観る  雪そのものをよく観る  フオームに観る  邸宅を観る  炳現すると観る  町にはほとんど観る  文覚を観る  火を観る  鮮やかさなどは観る  自由に観る  出来栄から観る  妖艶さは、観る  態を観る  還元して観る  子供の観る  者を観る  一も観る  大局を観る  施設毫も観る  歴史を観る  気韻情調の観る  程の、観れば観る  生命を観る  顕を観る  彼等が観る  VariousManifestationsを観る  外には、観る  超自然のものを観る  眼を以て観る  一般民衆の好んで観る  張合があり、観る  これ以上、観る  科学知識から観る  意味を観る  偶然映画を観る  友達とつれ立ったりして観る  自分自身を観る  公開されないかもしれないなどと言われていたが、ともかく観る  日本映画を観る  ものであって、観る  類は、観る  後をまのあたり観る  社会生活を観る  内容を観る  末、よく観る  場面は、観る  赤心を以て観る  仔細に観る  演劇界を観る  演出を屡々観る  のは、観る  耳で観る  である若い人間を観る  帰趨を観る  点から観る  情景は、観る  こと、観る  泡沫と観る  世を悪く悪くと観る  庭を観る  私は観る  因であると観る  族だったと観る  社会激動を観る  さは観る  赤は、観る  問題が、新しく観る  ヱゴイストらしい、観る  日本画は観る  何れも観る  人物を描いて観る  さをさへ観る  現象である、観る  ものではない、観る  於いて、観る  絵を観る  圧迫感から開放するといふ観る  画面から美人だけを観る  形をとりながら、観る  ことに、観る  折洋画展を観る  現出し観る  旭ビル楼上合同五氏展を観る  旭師白楊画会を観る  つても、観る  構図に観る  極限されると同時に、観る  信念は観る  客観的に観る  ものは観る  物を描き、観る  梅原氏は観る  のは観る  時間的に観る  流れを観る  今に観る  画像を観る  社会を観る  古人を観る  角度から、観る  彼をはっきり観る  風俗画として観る  足利水墨の興りを観る  真筆を観る  年代を観る  明らかに観る  展覧会を観る  刮目して観る  玉座から観る  獅子舞を観る  ひと、観る  好悪からはなして観る  



前後の言葉をピックアップ
魅力  みりん  味醂  ミリー  診る  水松  海松  みる  ミル  見る


動詞をランダムでピックアップ
へらさ思い切れる張り裂け装い馴染む駆付け駆り選りすぐっ辞するへこまかきとめる呑み込ままき散らそよじのぼっ思い過ごし誘い合っ奢れ突き放そ取り逃がす
形容詞をランダムでピックアップ
うっとうしいおおしく細かいくさかっ腹黒いばっちい面倒くさ陰気臭目出度かっ少なけれ疑わしなれなれしく蒸し暑い美味くちいかうばしうしろめたしかるかっ気はずかしい気軽