「覚ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 覚ら[動詞]
誰にも覚ら  事を覚ら  鼠同様、覚ら  ことを覚ら  した知らせたくもあり、覚ら  それを覚ら  裕佐には忽ち覚ら  使命を今やうやく覚ら  秘密を覚ら  コスモにも覚ら  本心を覚ら  幽霊に覚ら  なにを覚ら  瀬戸ぎわで覚ら  者に覚ら  愚を、覚ら  八橋に覚ら  次郎左衛門はまだ覚ら  形で覚ら  之を覚ら  何も覚ら  機を覚ら  それで覚ら  から、覚ら  金と覚ら  明かに覚ら  行動であったかを覚ら  艱難を覚ら  ゴイゴロフに覚ら  連帯関係を覚ら  君たちに覚ら  私にも覚ら  趣味を覚ら  兵にすらも覚ら  私に覚ら  内の人に覚ら  お仙にもすぐに覚ら  空っぽとはつゆ覚ら  七にもすぐに覚ら  人たちに覚ら  身をかくしていたが、覚ら  こともすぐに覚ら  経験ですぐに覚ら  ひと目に覚ら  人に覚ら  ことはすぐに覚ら  色ですぐ覚ら  秘密を薄々覚ら  眼にも覚ら  女中に覚ら  家であるかどうかを覚ら  あき屋敷と覚ら  藤左衛門に覚ら  辰公に覚ら  力ではおえないと覚ら  者には覚ら  一緒に出ては忽ちに覚ら  文次郎殺しを覚ら  三に覚ら  抜き足をして駈け抜けたらば、或いは覚ら  信次郎に覚ら  者にも覚ら  当人に覚ら  要作に覚ら  あいだを縫って、覚ら  兼松らに早くも覚ら  他人に覚ら  一緒に出ては直ぐに覚ら  相手に覚ら  罩もっていて、覚ら  色を見ても覚ら  肚で覚ら  他を覚ら  それと覚ら  ものと覚ら  事が覚ら  所以を覚ら  罪を、覚ら  目に覚ら  点を覚ら  節敵に覚ら  扮装を見てもすぐに覚ら  相手は覚ら  子細を覚ら  玉藻に覚ら  李子に覚ら  私たちに覚ら  文筆あるを覚ら  兄弟は覚ら  奸計を覚ら  吾人は覚ら  はつきりわれわれに覚ら  私どもは覚ら  のだと覚ら  時に、覚ら  相手を覚ら  間抜けゆえ、覚ら  恭一に覚ら  自治を覚ら  秀子へ少しも覚ら  廷章に覚ら  ことを、覚ら  理由を覚ら  気をとられていて、いっこうに覚ら  妻に覚ら  極処に達するを覚ら  眼色を覚ら  向うに覚ら  うちを覚ら  手先を覚ら  心持を覚ら  当夜はまだ覚ら  心もまだ本当には覚ら  ことがまだ覚ら  自然に覚ら  風俗を見てすぐに覚ら  悪臭を覚ら  事さえ覚ら  



前後の言葉をピックアップ
里見  里山  里好  さとら  悟ら  さとり  覚り  さとり  悟り  悟り


動詞をランダムでピックアップ
みの払い戻し息詰まっ浮出すおもい決るかきおろす棄てれきしむいいのこさ擡げれのこらすべりおちる手古摺営ま駆り出さどなる附さえぐら
形容詞をランダムでピックアップ
ひさしき可愛く悦ばしくむごたらしゅう白し悪かれ図太くよそよそしかっ篤しくかろものうくもの凄く堅う小さから青じろきねばり強い悪がしこいあまねし面倒くさい寝苦しくっ