「視」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 視[動詞]
それを視  ものを視  趣を視  顔を視  方を視  雨月はつくづく視  眼を視  其処らを視  其面を視  目を据えて視  面を視  衝立って視  風体を視  佶と視  様子をジロジロ視  中を視  壁を視  矢張壁を視  先生畳を凝と視  小女は居ないかと視  のを視  其面を凝と視  石に視  ベートーヴェンを視  字を視  姿を視  眼で視  己は視  彼に視  紙片を視  私を視  我等に視  ヒタと視  空を視  ジッと視  あたりを視  必要を視  まともに視  つて彼女を視  つて弟を時々視  ジツと視  月を視  なかの視  展けて視  いくらかは視  時からのぞいて視  顏を視  水面に視  河ばかり視  仇を視  熟と視  間際に視  眸を視  正面に視  周囲を視  底を視  様子を視  樣子を視  何心なくぽかんと視  自分を視  灯を視  ぼんやりと視  靴先を視  ひろつてと視  同一に視  もの和かに視  使と視  額越しに、じろりと視  手は白し、凝と視  恍惚と視  手足を視  憂慮わしげに仰いで視  山を視  茫然として視  僕を視  女をまじまじと視  喉仏を視  襖を視  横に視  銀の指環を視  峠を視  彫刻物をまた視  腕を出して、つくづくと視  靄を視  手に取って視  正面から私を視  様子を凝つと視  上からじろりと視  これを視  ト大様に視  膃肭獣計算櫓、看視  剥皮場と看視  男どもで、看視  銃器をとりまとめて看視  気に視  仙葩を視  嘘を視  可からざるものを視  判事さんが呟きながら視  ところでも、ハッキリ視  赤外線が視  康雄を視  母を視  富士を視  櫓を視  風の戦ぐ、と視  虹を視  時計を視  恍惚するまで視  丈を視  ト熟と視  表に視  燈を視  ちよつと視  二宮家庭を視  遊戯を視  夕陽を視  何かに視  眸を凝らして視  のだけれど、視  かさ吊りになると、視  幾分か軽く視  形を視  彼方に視  凧を視  目を視  蚊のいとなみを視  私たちは飽かずに視  飯を視  年紀ごろで視  菜の花を視  ように視  三日月が覗くとも視  女は凝と視  女は、と視  恍惚空を視  明かに凝と視  これを仰ぎ視  顔をジロジロ視  彼を視  天井を視  はつきりと視  地を視  恰度彼が視  様子もよく視  冷眼に視  状を視  人を視  眼差しで視  下を視るには視  ものとして視  自然他から卑しく視  風教上から視  半眼を視  ようでよく視  心を視  虚実をよく視  下風に視  由来を視  色を視  蜻蛉を視  鏡に視  競技に視  両手を視  日光に透し視  蔭から、凝と視  線を視  夢なぞを視  夢に視  下界を視  やうに視  所を視  少年鷹揚に視  どちらを視  仔細らしく視  体をじろじろ視  方に低く視  処を視  それをこう視  此方を視  到来を視  ツと視  其代り所謂宗匠に視  地球儀を視  首を傾げて視  雪を視  包容の視  幻に視  絵馬を視  私が視  パツチリと視  絶倒せんとして視  為に、視  郷土を視  ことを視  手先を視  解剖刀を視  手元を視  眼を凝っと視  峡流を視  ことは、啻に視  眼鏡の視  家康を重く視  じいッと視  眼つきで視  大衆作家にも視  生活のみをただ視  光栄とを視  物を視  こちらを透かして視  解釋であると視  怪物を視  姪の女らしい黙って視  理より視  窃み視  仔細に視  大空を視  笑を含んで熟と視  四辺を視  状を、飽かず視  もう一度梢を視  足も停めず、視  海員の視  据ゑて虚空を視  青年を視  伸子を視  悩みを、視  冷眼で視  歩いても歩いても何を視  何を視  提灯を視  状に視  右を視  蒼ざめた顔を仰ぎ視  尻目に視  矢張り彼の視  眼をもつて視  方を凝と視  顔をつくづく視  屹と視  白糸を視  隅で視  顔を、じっと視  子とも視  紫玉は視  紫玉を視  機関とは一目視  つて、視  坊主は視  静に視  斜めに視  俯向いて視  上を視  神秘を視  其処から湧くか、と視  住家を視  仰向けに反って、視  そこから湧くか、と視  顔を透かして視  格子を仰ぎ視  一、視  是れ視  術にして視  等分に視  様子ばかりを視  前を視  お姫様を視  つたのを、且つ視  屈托顏をぬすみ視  戸外を視  死を視  ように重く視  のをよく視  手に取って打ち返しなどして視  府縣の視  莨の煙りを視  名刺を視  静和と来て視  目元を熟視  眼前に視  事変と視  そと視  笑ひを視  魚の視  上目で視  何かを視  ッと視  手元を盗み視  ドラを視  伯これを視  世人は視  往来を視  京子はちらちら視  運命を黙って視  女をそっと視  舞台を視  町通りを視  敵と視  省作をつくづくと視  これを黙って視  七は立ち停まってじっと視  顔をじっと視  後目に視  そうに透かして視  政吉をじろり視  横目に視  羽をじっと視  ひかりに透かして視  大勢がじろじろと視  水あかりとに透かして視  横眼でじろじろ視  国事を視  庭さきを透かし視  横眼で視  庭を視  がたを透かし視  侍をちらりと視  顔をぬすみ視  二人を透かし視  何者とも視  観察点から人間を視  地図を視  身辺を視  頬杖して視  つて空を視  それは視  であるから、視  それまでであるが、そうすれば視  触覚とは視  空間表象は云わば視  前後を視  別にハイそれを視  星を視  廻廊かとも視  海を視  燈心を視  巌山を視  そのまま幻に視  環り視  寿女さんを視  額に視  容子を視  膝にとって視  四辺が視  軒下に立って視  群集を視  鳥籠を視  戸口を視  水流を視  呂木は視  屍を視  先を視  水平線を視  瞳を視  背中を視  あくほど視  此大勢を視  もっと熱心に視  口もとをじっと視  女を視  彼方を視  眸に視  空間を視  ものに視  ものが熱っぽく視  それに視  焔先を視  子供と視  現場を視  贈物を視  主任、看視  主任看視  眼にいれながら、よくは視  面かげを視  一緒に居たら、更に、視  戲場と視  橋などが視  影をじーっと視  影を視  それをじーっと視  直接人生を視  之を視  景物に視  津吉は凝と視  一度、近々と視  鳥冠を視  光景を視  看板を視  左右に視  邪慳に云って優しく視  かくて視  地点へ、この視  徐ろに視  金属を視  青空を視  ペン先を視  世界に視  相に視  火柱を視  独り深淵を視  はてを視  磯辺に立てるを視  篠田を視  うに空二を視  遠くを視  彼女を視  婦人を視  われわれを視  月影に透して視  湯気を視  顔ばかりを視  樹木を視  血を視  家畜を視  部屋を視  光景を、凝つと視  方ばかりを視  目に視  主も遠きより視  ボンヤリ鍋を視  雀を視  うち一つ所を視  空間も視  互い違いに併せ視  景色をお視  此を視  下から仰ぎ視  水鏡に凝つと視  動物の視  これを感ずるのみにて、視  四下を視  海王が視  予これを視  注意して視  神と視  予人をして視  女児を視  顔を恐るおそる仰いで視  闇を透かし視  眼を据えて透かして視  影を透かし視  死体を視  のを注意深く視  姿ばかりを凝つと視  廊下を視  投懸けて視  客と澄まして視  げに視  それらの視  針の折れを視  花を視  顔をちらりと視  明瞭に視  静かに視  現実の視  吾人の視  これを飲むがよし、視  丸柱を視  景色に視  毛髪を視  麻油を視  前にはつきりと視  膳を視  偸み視  画面を視  体を視  地面を視  窓を視  卓一を視  ぐるやうに視  妻を視  返事もしないで視  場所を視  心の視  憎しみの視  そこを暫く視  局所を視  西洋紙は視  てゐる骨張つた手を視  指先きばかりを視  光輝を放つを視  小説は少くとも視  何も視  先刻から彼を視  がたを視  鏡面を視  冷やかに視  涙をじっと視  顔をちらと視  底は視  学問を視  大学を視  於いて感情を視  於いてひとつの学問的意識を視  顔を凝と視  さうに彼を視  光景に視  顏に視  眼に視  膝を視  つて眼を視  ものと視  円を視  呆然と視  ことは、どんなに辛くとも考え、視  ものでも視  眼して視  傍で視  行動を視  現状を視  英吉利人を視  ですよ。それを視  火に照らし視  阿賀妻を視  本性を視  方を盗み視  中におしこめ、看視  悶着を続々と持ち込んで来るので、勢い看視  のか、まだ分らなかつたが、視  後ばかり視  自分はじっと視  裏書をちょいと視  騒動を視  適当の視  難があるが、視  瞳でじっと視  水を視  たるを視  稍半空を視  それらを視  わたしの視  人間が視  これの視  なかを透して視  ものはとかく僻みをもって視  者と視  目で視  目を円くして、きょろりと視  客を視  者共ア看視  上下のものを視  はつきりした視  色彩を視  平等に視  真ん丸に視  表情を視  紋どころを一々にすかして視  父親を視  母親を視  上に、視  目には視  号一が視  火を視  白石を視  もう一度よく視  つて兄から顔を視  西宮をつくづく視  この世を歪んで視  人間と視  口を視  桜を視  樋が未だ視  知識と視  ものは吐き出てゐたが、看視  如くに視  芸術として視  今も視  冷然と視  道で、そっと立って視  戯るるを視  しきを視  慥かに視  ッて視  責道具を視  写真を視  容貌を視  衣服を視  帯を視  爪端を視  髪を視  横目で視  ジロリと視  のが視  家で視  不思議そうにジロジロ視  顔が視  此方を振向いて視  顔を振揚げて視  昇は視  勢を視  貌を視  ジロリジロリと視  昇に視  ッても視  顔ばかり視  心を留めて視  木目に視  者も有り又は開いて視  做さるるは、視  様を聞きも視  地圖をひろげて、視  一に視  何となく眼を視  望遠鏡の視  文壇の視  活躍を視  霞を視  連を視  図を視  こちらを視  孫を視  鐘を仰ぎ視  顧り視  妙念を視  俺ア、ハッキリ視  彼の視  門を視  熟っく視  舞を視  世間は、そう視  すっぽんを視  隅を視  爺さんを視  のを凝と視  懐紙を視  指を視  怪訝そうに視  詰め手を視  前からこっちを視  すべてを視  興奮状態で視  幻覚を視  遠方からこちらを視  中を、飽くほど視  私たち二人を視  真すぐに視  落着いて視  密と視  かなたこなたに青々と伸びたを視  通を視  あちこち、覗いたり、視  棒を視  見晴しの景色を視  空に視  鬼瓦を視  肌を視  横顔をちらりと視  こっちを視  三つだけ視  ぼんやり天井を視  窓ばかりを視  動物時代に於ける視  空間を凝っと視  顔色を視  材木を重く視  眼とで視  私に視  私は、じっと視  写つた顔を凝と視  其儘凝と視  汐を視  大空から影を落としたか、と視  境内をずらりと視  業を視  きよろりと視  御坊と視  伝ふを視  武士を視  精神を視  象變るを視  事を視  私は黙って視  どれにしょうぞ、と思うて見入って、視  皆佇立てまじりまじり視  眼を開いて視  彼犬に視  顏を、凝と視  他人の視  目にも視  いぬしを視  城下を視  我を視  性を視  手に視  技巧を視  光を視  目の視  萬物の描かれて視  一なれども、視  顏光を放つを視  神を視  下に視  事物を視  一目に視  そこに視  極度に視  つて前方を視  二つの眼球を視  ゆつたりと視  眼近かで視  スパークを視  さへ軽く視  眼底網膜の視  ためにその視  われわれの視  場合、視  場合における視  眼前の視  花の視  歌として視  間から半眼を視  人の視  巨細に視  屍体を視  不安を視  死以外に視  頤で視  其奴を視  我をな視  風采を視  記憶が視  記憶の視  氣づき、視  姿のない看視  己が視  憂鬱のながれを視  聴官と視  其處へ立つて視  呪言も軽く視  関心をもって視  堀を仰ぎ視  人物と視  戦闘を視  やうにしみじみと視  らるるをよそながら視  大方我をそう視  斜に視  燈明で視  扇を視  門松を視  ところを視  鶴を視  一つ一つ絵馬を視  県のまた視  女振を視  向うを透かして視  ことも、視  横眼にじろりと視  曽て視  顏して視  具合を凝と視  対象物に対する視  真下に視  闇を視  顔を透して視  ほんとの視  街の視  外を視  何んと視  夫人を視  おしもを視  良人を視  病と視  踊屋台を視  石の点頭くがごとく、踞みながら視  天窓を上げて視  奴隷の如く視  十分予の視  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
視透しも出  視つめていると  視張ってはいるものの  視されている  視にいかせなかった  視を頼んで残して来ていた  視していた  視詰めてゐると  視詰めてゐた  視詰めている  視している  視の眼を眩まして  視の隙を覗って幾度となく窓の鉄棒へ飛びつき  視の叔父や叔母のゐなくな  視開いたままの両眼は何うしても閉ぢることは出来なかつた  視詰めてゐる  視して同時に倉地を間接に看  視のきかない  視の下に遂げて居る  視の隙をねらっては発せられた  視がこの女の夢をさまさない  視開かれた  視の下に切符なしでは一般に通行を許さない  視していてね  視詰めてにっこり笑った  視していてくれる  視詰めているので  視され  視の人が附いていないとは言いながら  視張られた  視していても  視の眼を光らせていた  視の方法はいくらもある  視おろしてゐられます  視してきた  視開いてゐた  視は前にまして厳重を加えた  視を思ふと  視する役目を持つて  視して考えずにいられようか  視される  視が行き届いていて  視つめながら遮  視詰めては土に盛り  視の目を放さなかつた  視を正しくして  

~ 視[名詞]1
卒業するまでの視  周囲に立って視  珊瑚にいいきかせて視に  群集看視の  宿に看視を  方を透し視  たきをしないで視  ようにして視  十分に看視  拘留人が看視の  二人を看視  間接に看視  近くいても看視の  国家の看視の  私は看視  光が看視の  何よりも看視が  息を殺して視  やり方をぬすみ視  他人の疑視で  厳重な看視の  ものを看視  どこにも看視の  顔ばかり視  熱心に看視  密接な看視の  磯五を看視  計を看視  日から看視は  根本から視  母の看視を  動静を看視  運命と視  みな看視  眼で看視  隅にしゃがんで看視  それを看視  温容を仰ぎ視  頭を擡げ視を  

~ 視[名詞]2
く視  丸く視  こう視  つと視  まるく視  ぴかりと視  じーっと視  無く視  じっと視  憎視  鋭く視  よく視  ちょっと視  眩視  

複合名詞
ぱつちりと視  客観視  同一視  疑問視  側視  危険視  邪視  シゲシゲ視  督視  劣等生物視  重要視  状諦観視  ソノオレヲ視ル嗤ヒヲスベテ痩セタ肉体  左顧右視  諦視  傍視  唐変木視  形式視  地形ト事態ニ視ル可キモノニシテ英國  悪病患者視  惡病患者視  冷眼視  物質視  邪道視  無用視  白眼視  重大視  冷視  ひと通り視  神聖視  事務視  植民地視  盗み視  め視め  主観的視像  誇大視  恍惚視め  殆一躰視  高橋敬視  程重大視  先刻視め  異端視  頬ぺたを視  等閑視  卑俗視  惑星視  視テレビジョン  為再検視  シテ視ルニ忍ビズ  右視左瞻  複數的視點  重要視そのもの  滑稽視  賤民視  愚衆視  キヲ視ルハ勢イスデニ破竹  神仙視  郡視學  回視む  私有財産限度ト私人生産限度トヲ同一視スベカラズ  ノミ視ルモ一利ニ對シテ千百害アルコト阿片輸入  組合視シ會社視シテ悉ク社會契約説ニ基ク立法ナラザルナシ  冷視シテ己レ獨リ美酒佳肴  自己的行動ガ正義視セラルル如ク正義ナリ  牛馬視シテ己  躍進セル現代日本ヨリ視ル時單ニ分科的價値  視め  罪悪視  異端者視  通常視  過大視  英雄視  端視  視點  ボンヤリ視  一視  軍神視  技巧視  賤視  徹視  風馬牛視  職業視  際重要視  視氏  視巡査  僻典視  如く視ら  一人視め  旁視  問題視  周視一巡  有望視  子供視  小僧視  偶像視  インチキ視  視の  偏視眼者流  大変重大視  左視右視暫らく打  装飾視  視神經  瘤視  視像  冷然白眼視  罪人視  異人視  部分品視  別格視  危險視  仇敵視  視覺的  今視め  洞視  囘也視レ予猶レ父也  視レ謖猶レ子  泥棒視  隷属視  奇病患者視  害物視  否定視  一視同人  つて視覺  貴重視  痛快視  悪魔視  虚偽視  神秘視  軽蔑視  敵対視  不潔視  不用視  難解視  無能視  異教視  蛇蝎視  打視め  厄介者視  邪教視  豺目狼視  骨董品視  輕視  老視  差別視  尤も視  火災視  土芥視  ほか重大視  不安視  嘲笑冷視  みな狂人視  厄介視  夷狄視  ク視テ幸ヒヲ望ム  疑惑視  びとの視官  不快視  少年視  器械視  常視  正当視  透き視  賊軍視  冷淡視  チリ視  グット視  相視  異邦人視  一視みな  物品視  俳優機械視  骨董視  短視  普通視空間  ば視空間  視器  慈眼視衆生  該監視哨  別世界視  ギャング視  対等視  過重視  人格視  俗視  間視  回視  愴直視  異種族視  尋常視  郡視學さん  鑒識スルノ興奮ハ視官ニ於テ最盛ナリ  漫画視  すべて植民地視  モンタージュ的視像  双眼視  双眼視的効果  遠く視め  さつき視  此是市中之下視  上げ視  暴熊視  視ら  遊戯視  悪視酷遇  私有物視  右視左視  愚物視  無力視  獣慾視  ょろりきょろりと視め  左瞻右視  禁物視  食客視  大衆文芸視  凡人視  邪視英語  書き邪視  好き視容  菜物視  犯罪視  合理視  不自然視  自然視  夢視セザルコトナラント  充分視  十分重大視  玩弄物視  尊重視  手段視  可能視  駑馬視  算視  従来戯作視  白眼冷視  軍事探偵視  半開民族視  雕虫末技視  野獣視  視覺的描寫  主要視  同志視  茶の湯活花視  真田視秀  悪党視  郡長郡視學  混同視  名人視  静視法  残忍視  注意視  ヲ視テ  視距離  芸術視  傍系視  偏重視  人形視  空閑地視  儘注視  複視  同率一視  ケイ視庁  磊落視  却つて滑稽視  物騒視  天才視  左視右顧  秘伝視  至宝視  神格視  視女等  劣等視  七二視  視聽  ゆゑに視覺  金玉視  非人視  今視  spirtovisivo視神經  大抵視テ以テ狂トナス  唯吾所レ嚮是視  念視  視機  弟子視  絶対視  伝説視  魔海視  慈眼視衆生福寿海無量  



前後の言葉をピックアップ
  身勝手    未経験  未得    見つか    未解決  


動詞をランダムでピックアップ
にじめ亡ぼさまい奥まっ遠ざかっ欺か混む震わさみくらべなげこも挺するまきあげよばらまくおどろい枯らしあげふりかかろみひらかあらわれ取り抑えよ
形容詞をランダムでピックアップ
ぬくし間近しむずがゆくあやいさうざうし清けれでかいしるから恐う小ぎたないわざとらしから粘っこい円けれあやしき小ぐらくうらがなしくひよわみやすいいとけなしあやうし