「裳」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
裳をくぐり抜けて  裳が明子の腿の線をふとぶとと描いた  裳をはく者ということであったかと思う  裳から廊下にみち  裳の紅うすく燃えつつ  裳の襞が次第に暗く紫色へ移つてゆく  裳のみは軽く捌く  裳にかくれて  裳を思わす  裳のかくしから  裳に搦めて  裳を捌いて  裳が宙に蹴  裳の綾の影も射す  裳の影に靡く  裳なども打ち解けた  裳は畳につくばかり  裳が揺れて  裳は長く草に煽つて  裳を抑えて云った  裳も解かず  裳を蹴散らかし  裳の端だに得ばやとて  裳にまつわる萩や芒がおどろに乱れて  裳を端折り  裳に散り  裳を厭う  裳を投げたり  裳の気勢の聞ゆる  裳はこぼれて  裳も空に浜辺を引かれて  裳を投げて  裳を持った  裳をふくらませて  裳をひるがへして走つた  裳を蹴返して踏みはだけた  裳はぼろぼろにきれかかっている  裳をクルリと捲る  裳長く床几に掛けた  裳を据えた  裳に跳ねた  裳が亂れる  裳は花床よりもなおきれいな色になりました  裳に月影さすよと  裳を寄せ  裳が揺れた  裳などにした  裳だけ見えて  裳を弄び  裳を川風にひるがへして  裳をひき上げて  裳も著物も裂けちぎれて居た  裳の下から袖を引出して  裳の袖を頭から引被いて  裳を被いて  裳の袖をおもてに  裳の下袖で拭いた  裳をぬらさぬ  裳を着  裳ばかりを着て  裳を春風に吹かれながら  裳に這いまつわって  裳をまくらなくてはならない  裳も翻して  裳に白い綿のようなものを着けているので  裳を重そうに垂れた  裳に標を附けて  裳の裾しぼる  裳を妨げ  裳の動かずして  裳をからげ  裳をひき  裳を曳かせ  裳の処に萌黄木綿のきれが附いて居ますから  裳を飜して  裳を溢れて  裳をかかげ  裳を下ろし  裳の端をチラと見たが  裳を揺ると  裳か袂かがチラと見え  裳をからげて  裳へ流れる  裳のみだれ  裳の処をズボンの中から出して  裳をとられた  裳を抑えて  裳のように胴を包んでたゆたい  裳を振り撒き拡げて  裳に竈の灰を包んでいた  裳の中へ手をやるや  裳をひいて飛ぶ  裳さえも引き揚げないで  裳を避けて  裳を引き摺って  裳をぐいとまくって  裳をまくってやりますと  裳の紐をぶらさげた  裳も蹴開くばかり  裳を引いたなり  裳を摺らして  裳に澄んで  裳を籠めた草の茂り  裳を浸し  裳を握みしが  裳は裾野をかけて  裳をつまみ上げ  裳を左右へさ  裳まで垂れ  裳になって  裳を着ける  裳を撮み上げて  裳がサラサラと鳴った  裳を引いたの  裳に薄を掛けた  裳の蹴出しは霧に乗って  裳に挿ませられた  裳を出しければ  裳を撮上げた  裳を曳いて寝みだれ  裳にも添って  裳を曳く  裳を言い  裳をきれいに結びつけた  裳の形をした  裳の裾を引いてみた  裳の紐を結ぶ  裳の紐を結んでやる  裳を付ける  裳をすらりと駒下駄を踏代へて向直ると  裳をつけて  裳を目だたせず用いさせた  裳や唐衣も脱いでいた  裳を靡かしながら  裳はらはらでお君が潜って  裳を映した  裳を夕明りの中に引きずつてゐた  裳を引いて  裳の腰の模様も四位のとは等差がある  裳に揺いだが  裳で包まれた  裳を締めた  裳を宮は浮舟にお掛けさせになり  裳を着けた  裳は現在では主人のいない  裳だけはつけて勤めている  裳をけ返しつつ  裳からはうら哀しい雫が翁の胸に滴って  裳に露で染った  裳にして  裳の端をく  裳に忍び  裳もふさふかな世にそむき  裳の間から素早く手を出して  裳でぎゅっと握りしめる  裳を長く曳いて  裳を夕日に紅く染めていたが  裳にからみついた  裳をひいて出た  裳をひいて  裳を長く曳いていた  裳をするすると曳いて  裳をささげに来た  裳を着て  裳をずりおろす  裳の衣をつけ  裳が短いので腰から下はむき出しになっていました  裳をひたしながら  裳をくわえたか  裳に両手をついて跪いた  裳であらう  裳をかかげて  裳も黒きを着たる  裳のけだかきおほ  裳を引揚げたという  裳の触る  裳をひいて佇みつつある  裳がぱつと拡がつた  裳を風にさばいてゐたはうが  裳をまげて  裳をこぼれた  裳をぼかして  裳を引く  裳なりし岸は彼を高くその上に聳えしむ  裳に代用したる  裳は小児の附紐の如く肌着に着けたる  裳を曳いた  裳を細く曳いて居る  裳を元通り降して立ち上り  裳を掲げたるを見れば  裳の紐を陰に垂らしましたので  裳御諸御諸山三宅の連美夜受比賣  裳と思はれてゐるが  裳をつけると  裳を引き揚げながら  裳の裾の垂鹽注ぎ  裳に紛いつつ  裳や袖のように見えた  裳を飜しながら  

~ 裳[名詞]1
彼女の裳を  新たに裳を  人の裳から  昆布の裳を  娘は裳の  絽縮緬の裳に  珊の裳の  彼女は裳を  足を包んだ裳が  帯も裳も  花は裳に  曹丕の裳を  看護婦は裳を  紅の裳を  後ろの裳は  それが裳  溢るる裳の  彼女の裳に  幻の裳に  紅麻に裳を  蔦がからんだ裳の  女の裳を  セイラーの裳を  定は裳を  登子は裳の  やうに裳の  女も裳を  眼を裳の  雨滴に裳を  來ずに裳を  麻の裳ばかりを  彼方から裳を  人たちの裳に  袂も裳も  羽虫は裳に  月射す裳の  袴や裳に  海黒髪丈に濡らして裳の  人の裳を  五ツ衣の裳を  繍うた襠の裳を  地獄絵の裳を  藤夜叉の裳の  服の裳を  われに返った裳や  女の裳か  腰を通して裳へ  シヤツの裳の  浅瀬に裳を  袴の裳が  神女の裳の  領布や裳を  繍のある裳に  桂月香は裳の  浴衣の裳さえも  着物の裳を  下には裳の  ゆうぜんの裳も  海は裳に  僅に裳を  片手に裳を  薄の裳に  幅広な裳を  云つて形附の裳を  看護服の裳が  肩から裳まで  七分三分に裳を  朧夜には裳の  絡った裳も  衣の裳を  唐衣と裳の  主人がいなければつけない裳を  薄物の裳を  堅気らしく裳の  後ろから裳の  ぼかしの裳に  簡単な裳を  青朽葉などの裳を  緋の裳を  白な裳を  緋の裳に  顔は裳で  平常用の裳を  ほうの裳を  紫の裳を  唐衣までは着ぬが裳だけは  花風に裳をけ  娘の足掻く裳から  魂を裳で  錦の裳を  袂や裳に  袴の裳を  玉藻の裳を  紅染めの裳を  夜露に裳を  とき背中にひきずった裳は  上衣も裳も  ぎぬの裳の  露に裳を  女神が裳を  白絹の裳が  日本服の裳を  法衣の裳を  しなやかな裳を  紫が裳を  下半身の裳  菖蒲の裳を  のを知ると裳を  衝と裳を  神懸りして裳の  ほりもとほろふ裳の  用ゐた裳と  其が裳を  天平風俗の裳や  絹の裳を  

~ 裳[名詞]2
無い裳  長き裳  きりりと裳  その裳  白い裳  赤い裳  かいがいしく裳  紅い裳  青い裳  はっと裳  わが裳  長く裳  単に裳  いそいそ裳  其の裳  淡き裳  長い裳  大きい裳  ちょっと裳  そのまま裳  

複合名詞
裳緒  支那広東裳花街  裳着  裳危く  石岡山県邑久郡裳掛村福谷  裳掛岩勝田郡吉野村美野  黒長裳静か  赤羅裳鸚鵡ひたむき  川裳明神縁起  川裳明神  川裳  裳すそ  裳づれ  つた裳  敷裳  褥裳  緋裳  裳著  赤裳  サヤサヤ裳  旅衣裳  ト裳  腰裳  裳抜  裳衣  夜会裳  越裳氏  山裳  夏裳束  裳束  麻裳  裳面倒  身裳  赤裳垂れ引き  紅裳  洋服裳  裳羽服  裳帯  杜若裳  裳模様  絡佩裳  襲衣上袴裳  心裳四怒爾所思鴨  珠裳  裳踵  裳さ  裳着以後  裳伏  道腰佩腰裳  唐裳  所謂裳階  玉裳  裳濯川  肩裳  裳紐  



前後の言葉をピックアップ
メーン・ドゥ・ビラン  メー・デー  メー・トリー              モアッタガ


動詞をランダムでピックアップ
拡がろ祷り和げ絞め殺すもじる示し合せ跳ね出さ始まら褒めちぎっ資せようちこも連れこまうち連れ奢ろ骨折ろ図抜け譲り渡さのりうつら論じ色づけ
形容詞をランダムでピックアップ
みにく面映ゆかっ態とらしきしつこし痛痛しい悔しゅうたまらな気味が悪いくろくおもたいか黒く甘酸っぱいてれくさおそけれ恐し馴れなれしい野暮臭く妬ましかっ