「薄」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 薄[形容詞]
どうも薄  悲しい薄  白い薄  何だか薄  事薄  はじめて薄  且つ薄  きっと薄  まだ薄  高い薄  とおり薄  影薄  刻薄  さ薄  決して薄  わるい薄  かなしい薄  極めて薄  ひどく薄  弱々しい薄  

~ 薄[形容詞]
縁が薄  案外に薄  耳にも薄  言葉を薄  上には薄  親しみの薄  同情は薄  鰌髯にも薄  どこか薄  霜が薄  気持ちの薄  白土の薄  天分の薄  煙の薄  胴の薄  ことの薄  空には薄  影の薄  顔が薄  上瞼に薄  やうに薄  反映の薄  眞鍮の薄  空気の薄  東京生活の薄  効き目も薄  要吉は薄  柱の薄  非常に薄  昼間でも薄  花瓣の薄  色が薄  方が薄  さと薄  変に薄  直義の薄  陰が薄  胸の薄  急に薄  むかしは薄  黒が薄  毛の薄  千二百八十六號別刷の薄  紅色の薄  銀の薄  様に薄  夜を薄  首筋が薄  なりに薄  ハイネの薄  一册獨逸語の薄  情けの薄  情の薄  木の葉の薄  あたりが薄  腹部も薄  死体は薄  腰の薄  影も薄  白波が薄  感じが薄  酒は薄  法力の薄  髪が薄  山が薄  薄紅梅も薄  耳ほどの薄  臓腑が薄  直ちに影の薄  興味は薄  記憶の薄  定価金拾銭の薄  人立の薄  衣の薄  吾人に薄  木綿の薄  薔薇色の薄  其処には薄  

[形容詞]
薄さ  薄るもの  薄ン  薄っペラ  薄っ気味  薄すぎても顔  薄っすら刷  薄べに色  薄っペ  薄っ片  薄あかり  薄の  薄そう  薄るところ  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
薄赤く濁って  薄つぺらな逆説をもてあそびもつて  薄紅くなった  薄白く浮いた  薄蒼く変った  薄紅く濡れている  薄黒う見ゆるは  薄をさした  薄赤くなってるばかりで  薄りと化粧っている  薄の穂があった  薄って愁阻を生じ  薄赤い頬を光らせた  薄べったくて  薄紅い草花の咲いた  薄すらと見えていた  薄黒く三日月形に見える  薄青い芽が萌えたばかりである  薄すらと流れ出してる  薄明るい雪路を歩いている  薄に野茨の実がこぼれた  薄や名も知れぬ  薄赤いものをぼんやり見ていた  薄りと色が染まって  薄青い汁を小匙の先で掬っていた  薄青く流れてゐる  薄明るくなって  薄青い色をした  薄青い着つけが細つそりして  薄で取廻し  薄紅く色がついて  薄黒く浮いていた  薄明るくもならない  薄黄いろく這つてゐる  薄黒く見える  薄光りを放っていた  薄赤く染められている  薄紅い玉の簪をしていたが  薄光りながら鱗波をたてている  薄赤く染めていた  薄黒い色をしてゐます  薄黒い土のやうな色をした  薄黄いろくなっていた  薄黒く汚れている  薄黒く古びて  薄黒い髭を生やして  薄蒼く見える  薄蒼くなって来る  薄黒い影がぼんやりと火のともっている  薄の野になつてゐますが  薄とで兩側の展望を障られた  薄に女郎花が交ったは  薄がざわざわと波を打つ  薄の中へぐいと入れたが  薄の海へ波を乱して  薄が靡いて  薄の蔭にちよつぴり咲いた  薄の蔭でお馬を見てる急げよ  薄の蔭でお馬を見てる  薄赤くさっぱりした  薄光りのする  薄白くほのかに咲いている  薄が生い茂って  薄を分けて  薄黒く池の中に浮いた  薄白い雪の筋かのように見えていた  薄明い松林を見下しながら  薄なども生い茂っている  薄光りに光る  薄りと蔭がさす  薄赤い葉をつけて  薄明くなり出したのに  薄淋しく笑つて居るに  薄甘いにおいを子供心にも愛していた  薄白く流れている  薄白い灰となった  薄っ暗い所で卑怯な真似をしないで  薄紅く霞んで  薄明るくなっていたが  薄の穂に桐の梢に秋は更けた  薄赤く染まりかけて来た  薄赤い光が煤に黄んだ障子に映じている  薄の中へ隠れたまで送  薄のほかには生ええない  薄黄色くポカポカした  薄割きにされ  薄黒く渦巻く煙りを仰いで  薄の上を見たまえ  薄の葉は一面に灰を浴びて濡れながら  薄の中に飛び込んだ  薄の中を泳いでくる  薄をがさつかせて行く  薄をむやみに押し分けて  薄の上へ腹這になって  薄の根へ足をかけて持ち応えていた  薄の根に踏ん張った  薄を押し分けて  薄の底に倒れた  薄の中へ倒れてさ  薄赤い焔を上げていた  薄黒い汚点が浮くと  薄赤い色の鳥のゐる  薄蒼くさへなつて来てゐた  薄黄色く射していた  薄青い電燈の光が掻巻にくるまつた  薄であらう  薄の花を虫にたと  薄の穂が見えた  薄は気がつくと  薄の穂をもぎ  薄光るあの枯芝生の斜面に身を委せよう  薄の生い茂った  薄の上を分けながら  薄明くなって来た  薄がたんと生い茂っていた  薄の間からはじめて地平線の上にくっきりと見出した  薄白くなっている  薄の絵を見て  薄を見る  薄を喜ぶ  薄明るく感じた  薄っすりと陽の光りがさしこんでくる  薄曇ってしまったので  薄明るくなっている  薄青い燐光がボッと光る  薄黒い雲の影がいつの間にか浮かんでいた  薄黒く光っていた  薄光りする  薄黒い列を造ります  薄明るい店へ入って行った  薄紅い鷽の脛のやうな莖が裾をからげた  薄明るく感じますが  薄が生い茂っていた  薄の繁つてゐる  薄赤く吹き返してきて  薄を染め抜いた  薄紅い火事の遠照を縫って  薄赤い色に輝いて見えた  薄赤い光の輪が出来た  薄赤い光が射した  薄赤い光は消えてしまった  薄赤く射して来た  薄赤い燈火の光が射して  薄赤い燈火の光が射し  薄光っている  薄赤い肌の色が見える  薄赤く染まってくると  薄つぺらの蒲団を敷きて寝るといふ  薄の葉で眼をお突きなされた  薄の茎をもって作り  薄を折って  薄の株がありますが  薄の穂に西風のそよいでいた  薄に置ける  薄穢く見せている  薄穢くなってしまっている  薄黒くなつてゐて  薄黄いろく見えてゐるので  薄明るく見えてゐた  薄の穗の若いのに眼をやつてゐると  薄黒い毛がもじゃもじゃ生えていた  薄赤い液体を盆に乗せて持つて来てゐた  薄の根へ踞んだり  薄の綿に撫子が咲く  薄赤い穂を出した  薄赤くしながら  薄青い布地が拡がっている  薄黒いドアを開けて  薄白く見えていた  薄っすらと脂肪が浮き出ているではありませんか  薄りと色着いた  薄白い眼球をかすかに見せていた  薄すらと見えておりました  薄黒く細太き蛇が降って来て  薄すらした  薄白い光が射して  薄甘い匂を漂わせていた  薄赤い斑点を描いていた  薄すらとかすんだ  薄黒い隈取りが赤くなった  薄白い月の余光の中を急速によぎって  薄っすらと彫り込まれている  薄白く輝く  薄黒い三本の指の跡が残っている  薄黒い丸い跡が残っていて  薄光りしている  薄蒼い月の光の中で伸びたり縮んだりした  薄あかい光をふくんだ  薄のやうなものが光つて消える  薄の穂が出ていました  薄の穂がまばらに突き立ってる  薄り光澤を流した  薄青い天鵝絨の凭掛を枕にして  薄り光沢を流した  薄りと浮いて出た  薄りと湯槽の縁へ西日がさす  薄りと煙が靡くと  薄の葉が瀬を造って  薄りと霧が這って  薄すらと霧を湛えて  薄すらと映っていた  薄黒く潮風に吹き曝された  薄黒い島国に住んでいては  薄白く寒い風に靡いていた  薄明く家のなかを照す  薄明い電気がついていた  薄白く点いている  薄の木兎などを担いでいる  薄すらと紫の色が流れていて  薄つぺらな紙の上に彼が澤山の書入れをした  薄明るくなったかと思うと  薄などをさびしい音を立てさせていた  薄黒く朽ちかけた  薄赤くなった  薄白く照らしてゐると  薄明い広場を歩いて  薄りと火柱が立って  薄の根を両手に縋って  薄赤い朝日の光に照らされてる  薄赤く染めてゐる  薄黒い暈のできた  薄白くなっていた  薄で傷をつけるが  薄の葉でこんなに手を切りました  薄で足が疵だらけになりますよ  薄つぺらでも今日の本當の姿をみとめる  薄明るく見える  薄黒く埃が溜まっていた  薄赤く染まっていた  薄白く見えた  薄明るい日足がうろついていた  薄青い状袋へ這入っていた  薄赤くした  薄赤く颯と射す  薄の叢を越えて  薄が彼等の足を切り  薄赤い色をして  薄黒く汚れてる  薄赤い絹に包んであった  薄赤い絹を解いて  薄赤い絹に包み始めた  薄黒く燻ぶっていた  薄平たい風呂敷包みを持って立ち上った  薄りと点つて居たが  薄でこしらえた  薄や萱がガサコサと靡いたり  薄赤くうねうねした電燈のカサが漆喰天井から下っていて  薄赤く染っていた  薄白いような希望のいろを  薄だったような気もする  薄青い結晶になっている  薄青く輝きながら  薄黒い雲が徂来する  薄青い空には三日月の淡い影が白銀の小舟のように浮かんでいた  薄あかるく照らされている  薄紅いいろいろの金魚が揺れて泳いでゐたが  薄すらと霧こめた  薄となるも  薄紅く草が染まる  薄紅く光った  薄白く射して来た  薄すらと灰紫色に見える  薄のひと束を持っていた  薄の穂が夕闇のなかに仄白くみえた  薄をみせた  薄白くこぼれていた  薄黒い雲が低くまよって  薄黒い若葉に埋められている  薄紅い雲のしたに聳えています  薄のような青い葉も伸びている  薄白く暮れかかる  薄赤い色が浮き沈みしている  薄紅い帯だのに映った  薄紅く染っていた  薄あかるくなった  薄穢い泡を満潮線へ残した  薄穢い泡が附着します  薄なきを得ず  薄の穂が飛んで  薄青く光っていた  薄青い紗のきれの  薄黒い曇りがあった  薄り立ち  薄穢くはあったが  薄黒い鯛とが釣れる  薄にまるまる露の二たまぽろんぽろんと何か鳴る  薄を吹いてゐる  薄黒くなり  薄青い焔が点ぜられた  薄紅い花が目ざわりでいけない  薄白く暗夜にさして  薄ばかりも供へようと  薄べったく寝かされた  薄紅い光りに照らしだされている  薄紅い舌をのぞかせながら  薄黒い小鳥の死骸を探し出したり  薄黒い雛鳥の死骸なりといえど  薄黒い卵を持って来て  薄明るい外光に電燈の光のまじった  薄明るい外光に電燈の光のまじつた中をどこまでも北へ歩いて  薄青く反射した  薄とが入り乱れた  薄の葉の垂れた  薄紅く下唇を濃く玉虫色にした  薄の穗を抽きそめる  薄黒くぼけている  薄白くぼかして  薄明るい光が茫と立って  薄とぼけるのか何も答えず  薄べったい  薄白く塗って  薄べったい角張った  薄が密生してゐた  薄眠い顔をしておるで  薄からしむ  薄からしめると共に  薄黒く冴えてきた  薄すらと晴れてゆく  薄だけが生えているという  薄明るくなつて來ていた  薄赤くして  薄黒くなる  薄などどっさり植っていた  薄青い洋装をしてゐた  薄赤き紫なる薄紫なる  薄っすらと人陰が見えて  薄明るくなつてゐる  薄鈍い流れに軋りをたて  薄の白い穂が風になびいた  薄の穂が銀のように日影に光る  薄とを持って来てくれた  薄青く塗つた木製の低い四角な戸のある  薄黒くなってい  薄を積んだあるさかいや  薄青く幽なものに見える  薄と厚とを知らない  薄白く濁った  薄きたない気味の悪いものに思うにきまっていますよ  薄青い陰影のなかにたてかけて  薄明くなつて居る  薄あかくなった  薄あかるくみえる  薄白く見えてゐる  薄白い雲はもう消えてしまつて  薄の中から飛び出して  薄を刈り集めて  薄赤く爛れた  薄すらとその白衣を染めて見せた  薄つすりと酔ひが発しると  薄煙りがあるばかり  薄すらと黒いものがついていた  薄赤い頬っ  薄紅くなりて  薄紅い雲が漂っていた  薄白い雲が千切れ飛んでいた  薄すらと刷いた  薄白いのも寒そうに見えた  薄黒い平打ちの紐をくぐらせて  薄黄色いものに固く包まれていた  薄黒い泥まぶれの  薄黒い点が着いていちゃあ売  薄赤く見えた  薄を売る  薄や枝豆がたくさん積んであった  薄白くきらきらと光っていた  薄紅い霞が流れていた  薄黒く見えた  薄白く消え残っている  薄紅くにじみ出していた  薄白く光っていた  薄の根に咲いて  薄黒い小さい羽をじっと視た  薄黄色く光っている  薄明るく見えました  薄黒くにじんでいるだけであった  薄黒い煙りが  薄黒く光る  薄白く照らして  薄のろいようにも見える  薄鈍い女にみえながら  薄明るくなって来たが  薄曇る日はどんみりと  薄の穂が浮き出した  薄のなかを掻きわけて行くと  薄明るくなっていたので  薄のろい毛唐人なんぞに判る  薄明るいとはいいながら  薄りとあなたのお姿を見ました  薄の根にかくれて  薄紅く霞んでいた  薄だの蔦だのと云う洒落た  薄黒く空の色を乱す  薄白く宗助の眼に映る  薄明るい地平線を逐ふ  薄黒い雲も出て  薄のように風にそよぎ  薄がすみたなびく  薄白く搖れつ  薄白くみえる  薄白く照すと  薄白く見える  薄り白くなった  薄に見え  薄がそよぐとか  薄白い直線を迸らせる  薄よりはなお素直に退散してしまう  薄りとした  薄赤い洋燈を持つて  薄がある  薄との三角形を主題にして描き始めた  薄光りに包まれながら  薄明るくなりだしている  薄赤いものを透きとおらして  薄白い穂を真昼の風になびかせている  薄の類の供物を中に近所の若い衆が寄り合って  薄黒くなって来ました  薄白く初雪が見えているが  薄からしめる  薄赤い色に冷たさを感じた  薄濁るほどにもなってはいまい  薄青い絹で例の法体の頭から面をつつんでいる  薄白い羽裏を閃かせながら  薄赤くだんだらに棚引いて  薄黒い山の背が右手に見える  薄赤く消えて行く  薄なら靡く  薄青い空が判然と望まれる  薄が樹の枝の下葉とまじり  薄曇っているので  薄曇っていた  薄曇ったまま日が暮れる  薄白い山々が劃っている  薄黄色い光が流れているらしい  薄りと廂を包む  薄の裳になって  薄の穂を揺る  薄光りしていた  薄黒い雲は流れたが  薄りと雲が懸って  薄白い光が真直に寝床の上に落ちた  薄紅い雲の下に聳えています  薄紅い唇は此方へ向つて親しみを送つてゐる  薄紅い口元には笑ひが  薄暖かい空気の中へ爽やかな夜気が絶えず山の方から流れ込んでくる  薄黒い長い上着をきちっとまとった  薄赤い蕪菁や青いいんげん豆や真赤な林檎などの山を前にし  薄明るい山みちを下って来る  薄つぺらな座蒲団を二枚並べ  薄を掛けた  薄黒くなった  薄の穂のひらひらと散って落つる  薄黒く空一面を覆う  薄や萱が思う  薄白く淀んで  薄青い焔が炭の股から出る  薄明るくなって来た  薄黒く垢附いて見えた  薄明くなっているが  薄黒いザラザラした  薄黒い懐中みた  薄黒い金色の円屋根が浮き出していた  薄すらとした  薄赤くふくらんでいた  薄りと影を引いて  薄白く洩れていた  薄黒い毛が一面に生えているので  薄すらと空気に溶け  薄青い寝  薄黒い斑紋は形状から見て  薄の穂が夕闇のなかにほの  薄を一束刈った  薄を掻分け  薄赤い連銭模様があり  薄赤い絨氈の上に横わっていた  薄赤い絨氈の上に横たわった  薄光りのしている  薄赤い光がさしてきました  薄紅くなりかけていました  薄青い帛を下げた  薄つすらと化粧までして  薄赤きとを対照せしめたる  薄青く透き通る  薄のかんざしをさした  薄の形が変って来て  薄青い眼をもち  薄は白劍を伏せ  薄明るい空を過ぎる  薄紅い花がまだ幾つか散り残っていました  薄青い色の勝った  薄光っていた  薄白く淡く光っている  薄白く感じられた  薄りと浮んだ  薄青いぼんやりした  薄つぺらな感じのする  薄にでも恐れたかと思ふ  薄赤い蕾が附いて居る  薄すらと灰を降らせる  薄すらと残った  薄青い壁にかこまれた  薄青い部屋のなかは透きとおった  薄り色を添へつつ映る  薄っすらした靄を浴びて  薄黒く顔の色一体に冴えぬとは  薄白く沢村田之助そっくりの美しい顔立ちを嬉しく浮き上がらせている  薄明く見える  薄白く夢のような天の河が流れています  薄が何草よりも高く手を出して招いている  薄黒く痣のように浮き上って来るだけだった  薄赤いみょうな斑点がべた一面についている  薄とその風情に富んで居る  薄やらの雑草が次第もなく生ひ  薄蒼いパイプの煙は粟野さんの存在を証明する  薄曇っていて  薄りと一人浮出した  薄青く見えた  薄赤い縞が縦横に交錯されていて  薄白く浮かんでいる  薄明るく色づけ  薄黒くかち  薄黄色い粉をふりかけた  薄の穗の招く  薄あかく陽に光つてゐる  薄がはの銀の時計のチクタクと船底の水をかなしみ  薄青くけむつてゐる  薄蒼い灯影の町が沈んでゐる  薄蒼いガラスの灯影とまた闇の中にわかれ  薄はだの寒さにつねに氷のゆめをつく  薄の群れのように光っている  薄に攀じ登り  薄青い光を含んで  薄黒いものを集めて  薄すらと匐ってる  薄黄色い歯を出して  薄煙りが炉の方から流れて来ている  薄赤い火が飛んだ  薄黒く染めて  薄穢いよぼよぼの老人が築山の裾をぐるりと廻り此方へチョコチョコ走って来るので  薄すらと黒ずんで  薄白くポーと光ってる  薄汚れた白い上衣の男があった  薄を無名の雑草並に取扱っているらしい  薄を栽えるに  薄の根を掘る  薄青い烟が立ち  薄黄いろい夕日が室を靜かに染めた  薄青い色をなごませてゐる  薄の句を得たり  薄の穂にとどめたり  薄赤いものが現われた  薄紅い斑点さえまじって来ました  薄赤い蟻はよく机から本箱の隅までも這ひよつて  薄赤い煙のたなびいた  薄黄色く見おろされる  薄を刈りに出た  薄や蘆が高く伸びるので  薄や蘆を押し倒して  薄を折り取って  薄紅い幾株かの楓が低く繁って  薄や蘆が茂った  薄紅く洩れて  薄白く仰がれた  薄明るくなったが  薄紅い光沢をもった  薄すらと埃が見えた  薄黒くなっていた  薄が枯れて立っているばかり  薄つすらとさしてゐる  薄すらと消えかかっています  薄赤い溌溂とした  薄の穂が二三本やけに頭を振り  薄黒く陰っている  薄白く見られた  薄すらと浮いている  薄っすらとにじんだ  薄黒く見えるのみで  薄黒い雲に覆われているので  薄黒く立ちのぼっている  薄青く掬ひ取  薄青く揺れていた  薄明るい金箱の中にはいくつもいくつも何か字の書いてある  薄青い胡瓜を丸齧りにしていた  薄黄色い灯影を先へ行く  薄赤い招き行燈の灯に濡れている  薄白い東雲の空のいろを感じた  薄青い唐辛子を干していた  薄青いなおしを飲み干すと  薄黄色い灯の中でひとしお顔を青白くしながら  薄を差覗きつ  薄の霜は音立てにけり  薄紅い虹のような瓦斯を物凄くまきちらして行った  薄白い道のつづいた  薄赤い色を加えた  薄明るい水路の水に静かな窓かけを映している  薄白い煙りがうず巻いて湧き出したかと思うと  薄紅く燃えていた  薄白く見えるばかりであった  薄の穂の色に見え  薄白くなって  薄あかい芙蓉が篠垣の前に咲き盛り  薄青く浮んでいる  薄赤く咲いてゐる  薄べたく  薄縁りを張った  薄うく埃をかむった  薄けむりのようなものが浅間のほうから東南の空に向かって  薄青い静脈がしずかに波うっていた  薄赤く射していた  薄赤い昼顔が砂上に夢のように咲き乱れていた  薄白い光を桜の樹蔭から一団の中学教師の古びた  薄赤い咲き乱れた  薄赤く咲き乱れる  薄紅く照らし出された  薄黒い隈が取られてゐた  薄が生えて居る  薄つペラな唇を突き出して  薄黒く濁っていれど  薄の葉を撫でる  薄のはずれにこちらへ帰る  薄蒼い縞を投げている  薄紅く艶めかしい  薄に顱巻を突合せて  薄の葉摺れの  薄と紫苑を籠に入れて  薄や紫苑のある  薄明るい茶の間へ足を入れた  薄赤い光で照明されており  薄痒い疼きが残るだけの  薄青い紗のカーテンを透して  薄の穂のあり  薄蒼く月光に浸っていた  薄白く光らせ  薄青き新聞紙こそ泣か  薄紅い角の石鹸をいつまでも私の両掌の中に弄んでいた  薄紅い光沢の木っ  薄あかい歯茎をむき出し  薄あかい割り箸を添えてあった  薄すらと籠って  薄紅くてちらちらしていたでしょう  薄を持っている  薄の葉摺れが  薄赤い穂を一面になびかせている  薄黒く見えるので  薄っすらと淡紅ばみ  薄っすらと色附いている  薄黄色い光りに  薄黄色い光りで  薄黒いダンダラを作った  薄や粟からで囲ってある  薄が畳に伏さるように活けてあったら  薄は大概すぐ縮れた  薄青きシネマのまたたき  薄青き光線の暈かけて  薄濁った形のくずれた  薄黒いドーナツ面へ蒟蒻の白和えみたいに高価いお  薄赤い火の光が見える  薄赤い明りで見れば  薄すらと明けかけて  薄白くなった  薄紅いタオルも同じ手摺で風にふかれています  薄黄色い地に薄みどりの縞のある  薄赤くなっていて  薄や吾木香が供えられた  薄つぺらな色紙や短冊を紙縒で二本の竹に結へつけて  薄つぺらな而かも強張つた四布蒲團は滿足に體を掩ふことはできない  薄青い渦紋にかわり  薄曇る燈の前に落涙した  薄に似た  薄のような草のすきとおった  薄の穂が出ておりますけれど  薄赤い着物の肩を覗かせて  薄黒くもなんぬるよ  薄黒いのが立っている  薄黒い入道は目を留めて  薄青い月の光を沿びて砂利の交つた砂路を歩いてゐた  薄黒い雲がすぐ前を飛んで行きました  薄黒い雲が足下に一面にひろがっていて  薄白く霧のかかっている  薄赤い二粒の円い珠飾りのついた  薄すらと化粧をし  薄湿りせる  薄に風が当る  薄も寝てしまう  薄の穂が白く燈に映る  薄に映って  薄蒼く射していた  薄光り心を遠く誘ひつ  薄紅い柔らかな萼をうるませ  薄青いセルをきた  薄穢い身内が来た  薄赤い肉を美しく並べた  薄赤くなると共に  薄くれなゐの  薄赤くなっている  薄やにの目蓋をあけながら  薄黒き石の色のみあらはる  薄曇る日に燃ゆるがごとく  薄明るくなる  薄穢い豊満な肉体をしている  薄赤い色を濁った  薄赤い顔をした  薄黒く見えている  薄からだんだん濃密になつてゆく  薄汚れた鼻先をそれに押付け  薄にて手をきるきる  薄赤い砂土のきわめて痩せた  薄紅く光りだした  薄すらと橙色を止めた  薄すらと靉いて  薄蒼白く照らした  薄蒼白く照らしていた  薄紅い藥を計量器で計つてゐた  薄白く灰が降りかかっていましたが  薄紅い薬を計量器で計つてゐた  薄赤い液体がトロトロと流れだした  薄明るい中に並んでゐる  薄明るい中に並んでいる  薄明るい空に生じさせている  薄穢く極りわるげにつくねられていた  薄に飛彈の山あらはれぬ  薄に思われるというだけの  薄青いこわい蛇の文身を見ていた  薄明るくついていて  薄紅い桜がこんもり見えていた  薄っすらと涙を浮べて  薄っすりとした  薄白く光っている  薄赤く帆を染めてゐた  薄黒い室の片隅にパッと火花が散る  薄黄色い光りの  薄黄色い雲の下に神秘的なハレーションを起しつつ  薄の縫模樣のある  薄淋しい心持もする  薄のかんざしの  薄に拔きとめて  薄青い空の色がみえて来た  

~ 薄[名詞]1
海は薄  なぞといふ薄  女は薄  体が薄  色は薄  ように薄  萩も薄も  松林の薄  介は薄  顏が薄  向うより薄  大方乳首なんぞは薄  程に薄  隅には薄の  日西山に薄って  耳隠しのかげに薄  ような薄  やうな薄  梯子段が薄すらと  垢で薄  植物には薄  灯が薄  例の薄  土手の薄に  穗を吹いてゐる薄や  異様に薄  隅の薄  影に薄  皮にたまった薄  空気までもが薄  松と薄で  空に薄  外が薄  影が薄  異様な薄  空までも薄  ぼんやりした薄  空を薄  云はんばかりの薄  綺麗だが薄  色にまぎれて薄  空のごとく薄  みんな手垢で薄  畳は薄  地上には薄の  彼は薄  水平線上に薄  障子が薄  絶頂は薄の  松と薄とで  傍から薄が  灰も薄  桔梗があって薄が  萩は薄の  馬が通ると薄の  手など薄  蘆や薄が  何物か薄を  彼女は薄  四壁は薄  帆が薄  処々に薄  あたりが薄  湯でもと薄  盆提燈のかげ薄  籬を洩れて薄  うちに薄  空は薄  夕日に薄  縁が薄  帶びた頬が薄  笹と薄の  前で薄  圭さんは薄  胸まで来る薄を  裸で薄の  所は薄  夕陽が薄  のは薄で  葭やら薄やら  夢中で薄の  街燈に薄  一面に薄の  穂先をなびかせた薄の  一面に生い茂った薄の  上方だけが薄  本当の薄を  本物の薄が  絵の薄を  暁に薄  部屋は薄  サヨの薄  紫がかった薄  青銅色に薄  吹煽つて空中に薄  空中に薄  そこから薄  中は馴れると薄  萩や薄が  半分は薄  天井を見上げると薄  のは薄  中は薄  一筋の薄  幽かに薄  持主の知れない薄  月光に薄  毛がぬけて薄  空が薄  床へ薄  馬から落ちて薄の  傍に薄の  葦と薄の  光が薄  庭の薄の  半分ぐらゐ入れた薄  真白な薄の  切れ目から薄  顔を薄  左手の薄  百日紅の薄  まん中に薄  それには薄  汁は薄  下にある薄  山が薄すらと  空中から薄  興も薄  仄に薄  ように薄すら  底へ薄  顔に薄  縁の薄  方に薄  微かながら薄  微かに薄  影は薄  空には薄  たそがれに薄  野原には薄の  上へ薄  空気が薄すらと  腰硝子に薄すらと  部屋には薄  一燈ぼうと薄  雑司ヶ谷の薄の  中などでも薄の  空には薄すらと  隙間が薄  そこには薄  萩や薄などを  壁を薄  無愛想で薄  頂上へ薄  靄を通した薄  まわりに薄  茨や薄で  ッパが薄  どこか薄  それが薄  塊が薄  茎の薄  書状は薄  頬を薄  陽が薄  纔かにさす薄  左手には薄が  看護婦室に薄  着物が薄  道人は薄  下を薄  火屋が薄  儘に薄  日あたりに薄や  ふちが薄  上にも懸っている薄  ように浮く薄  一面の薄  短冊型が薄  山の上に薄  焚火の光りに薄  町は薄  下の薄  あそこに薄すらと  手には薄の  徳さんの持っている薄の  徳さんは笑いながら薄を  上に薄  そうな薄  崖みちは薄  丁度かの薄  際が薄  俊が薄  葉が薄  茶褐色の薄  恰度干潮で薄  一様に薄  野原の薄の  額に薄  黒塀に薄  色の薄  風は薄を  頬冠りした薄  ブンゼン燈にも薄  香炉の薄  ひかりとに薄  夾竹桃の薄  雨に薄  軒燈の薄  あいだから薄  一箇の薄  僕は薄  庭樹の芽吹きが薄  うつすらと薄  金の薄とが  これは薄の  上唇には薄  淡紅の薄の  ところが薄の  針が薄  半面が薄  鐺ばかりを薄  親父の薄は  地伯は薄  ような薄べ  池畔は薄が  汝が薄  崖路は薄  念を薄から  薄原といっても薄だけが  所が薄  トタンに薄  顏を薄  なりは薄  秋の薄  純白とも見える薄  窓下の薄  野には薄の  白の薄の  女郎花と薄とを  横に薄  石は薄  下では薄  平面から薄  皮膚が薄  闖入者は薄と  包はや薄  傍の薄  つて外は薄  ぼんやりと薄  果てには薄  今朝見た薄  蝙蝠が薄の  部屋も薄  色が薄すらと  霜の薄  煙は薄  水白粉とだけを薄すらと  水明かりで薄  底から薄  得知れない薄  なかから薄  肌に薄  乳房が薄  八百屋にも薄や  上には薄  雪明かりに薄  露が薄  なかは薄  一丈もあろうかと思われる薄  あとが薄  中から薄  何か薄  ぬかるみを薄  なかに薄  俄かに薄  身体中が薄  こずえは薄  孟宗竹が薄  目が薄  横顔が薄  やうに薄  暗闇には薄  柳かげを薄  光に薄  そこら一面に薄  萩暮れて薄  左へ薄  これも薄よりは  足音が聞えて薄  顔色も薄  倉庫と薄との  方が薄  部屋が薄  わか葉も薄  峰々には薄  恋をして薄から  水に薄  何処か薄  山桜が薄  岡の薄  篠や薄が  きょうは薄  国境の薄  崖が薄  裾の薄  果は薄の  右の薄  西日が薄  雫も薄  近山曇りに薄  中の薄の  鳥居が薄  一匹の薄  あたりも薄  からだも薄  裳に薄を  簪の薄の  下草の薄や  息が薄  色も薄  彼の薄  襟が薄  中も薄  反射して来る薄  片手で薄  蕾が薄  ひかりが薄  からだに薄  木々は薄すらと  二つの薄  墓原が薄  大根おろしも薄  風ぼうがき薄  空の薄  一面に薄  さまを見せんとて薄  銀製の薄の  一むらの薄が  ッと薄  星明りに薄  赤筋の立った薄  画も薄の  風の薄にでも  市中に薄すらと  雪が薄すらと  上の薄  朝子たちの薄  花に薄  廻りの薄  夜目にも薄  中の薄が  けしきもしの薄  あたりまで薄  秋は薄と  向うに薄  河内平野が薄  もので薄  上皮だけが薄  膝小僧が薄  中に薄  底には薄  昏く薄  鞭つた襲ひくる薄はだの  享けて薄の  ものと薄  影が薄すらと  大型な薄  己に薄  ボッと薄  背を薄  面は薄すらと  下にも薄の  ぐんなりした姿勢で残っている薄  一むら生茂りたる薄の  野生の薄  庭園は薄を  明け放れて薄すら  板屋根から薄  野原の薄を  かげを薄の  眼のまえに薄  まばらに薄  月に供える薄を  秋になると薄や  そこらの薄を  田畑も薄  すそには薄  川べりの薄や  簾を薄  青侍たちが運んでゆく薄  花だけが薄  ただ一面に薄  草むらを薄  朝の光りに薄  尤も年が経って薄  目蓋のうへに薄  靄が薄すらと  なかをいそいで歩いた薄  立枯れの薄の  仏像の薄すらと  急に薄  半ば開きつつ薄  富士等は薄  根方に薄  根方に見える薄  皮膚も薄  泡沫を薄  反射で薄  行く手に薄  陰気で薄  山の端の薄を  路ばたの薄の  線は薄  顔へ薄  窓は薄  奥から薄  露霜が薄  生木がいぶりながら薄  ものは薄の  姿が薄  花が薄  掌で薄べ  ほかにも薄  隅には薄  なかにも薄  煙草の薄  肉体に薄  薄日が薄  太陽が薄  間に薄  茂みに薄  所に薄  焔に薄  茅や薄が  水は薄  ざわざわと薄の  近く岸の薄の  障子に薄  上気して薄  山の端の薄に  右手の薄  山門の薄の  庭は薄  反射の薄  パルプの薄  どこやらに薄すらと  花は薄  前で薄を  妙に薄  冠が薄  行燈の薄  周囲は薄や  かはたれにうつしゆく薄  隙間も薄  テーブルは薄  ところに薄に  源吉は薄  間を薄  ふっくりした薄  せいか薄  顔には薄すらと  蕾を含んで薄  庭に薄が  庭の薄に  蛍も薄に  花野の薄の  弊私的里性の薄  鹹をふくみて薄  許嫁の薄  滑かにみえて薄  翼も薄  あたりの薄  不気味な薄  茫と薄  支へながら薄  山が薄  上まで薄  夕靄が薄すらと  面に煙って薄すらと  雑草にも薄  さし交しながら薄  淺山坂ゆかへりみる薄に  門燈が薄  私は薄  前の薄  柳や薄の  銀の薄の  六ツ七ツ茸を薄に  夕方には薄  下に薄  

~ 薄[名詞]2
やや薄  なく薄  物凄い薄  たしかに薄  長い薄  すぐ薄  ぱっと薄  その薄  もう薄  やはり薄  青い薄  うんと薄  ぴんと薄  ぽつんと薄  いくぶん薄  あの薄  ぼんやり薄  白い薄  厚薄  まだ薄  一層薄  淡薄  しきりに薄  軽く薄  ぼーっと薄  ぽっと薄  やがて薄  少し薄  まさしく薄  せめて薄  かの薄  段々薄  赤き薄  いくらか薄  ことに薄  なんとなく薄  近い薄  白く薄  早くから薄  どことなく薄  何時の間にか薄  いつのまにか薄  ぽうっと薄  さっと薄  どうやら薄  あるは薄  ほんのり薄  小さな薄  時々薄  いつも薄  さしたる薄  高い薄  再び薄  ボリボリ薄  この薄  いよいよ薄  既に薄  だんだん薄  わが薄  間もなく薄  何やら薄  或薄  

複合名詞
薄笑つて  一本薄  一月十六日薄雪  薄ら笑  やつぱり薄  薄らあかり  薄気味  刻薄  薄団  薄笑  薄ら  薄あかり  シテ針金ノヤウナ冷血ガ冱エ薄レタ網硝子ニ  薄べり一枚  一隅金薄  金薄  薄色  薄ら積  薄ずみ  膚薄そう  薄ら笑み  薄つた  さうに薄笑  薄笑つた  ぐひ薄  歇つて薄明かり  こころ月影薄桃色  地ハ薄  馬薄  薄光  薄霞  薄紅梅  厚薄  部屋中薄  薄ら明り  薄気味わる  懷中薄乳  しき薄髭  むしろ薄気味  雷薄  小雨薄  ただ一人薄  ゃりと濡れ薄  薄ちやけた  つた金薄  點鬼薄  薄ら影  ぺかぺかに薄  人煙薄  季秋薄冷  肌薄  薄ら笑い  薄ら垢  薄徳  ひと本薄  薄紅系統  篠薄  青薄  薄べり  皆薄  正室薄雪  薄碧  ぱらつて薄雲太夫  金縁薄色  穗薄  薄仁梅  ぎろりと薄気味  薄ら生意気  ヤイ薄野呂  薄層  撫子薄紅  嫌疑薄  神きぬ薄  さうに薄緑  薄気味わるげ  薄糸  円形薄層  遠く薄  薄明け  極薄  薄笑ひと共  薄紅  薄ら衣服  雲薄色  見込み薄  日薄  薄ら闇  だき薄ら  さ薄月  薄ら花  薄ゆき  膚薄  薄ら日和  薄ら明かり  降り出づるに薄ら  薄らあばた  みんな薄色  薄著  殆ど気乗り薄  気乗薄  薄ミドリ  あたり薄  薄ら日  厚薄取り取り  薄ら冷  薄だらけ  情薄  一人薄絹  一望薄  所謂一本薄  薄ら埃  むでゐるのが薄霧  薄ら明  つて薄  只薄紅  急性薄脳膜炎  薄ら明るみ  薄ら陽  薄気味わるわる  一寸薄気味  混つて薄  薄氏  薄さん  薄味  気乗り薄  色薄  薄ら髯  薄ら笑つて  薄らわら  茅薄  道徳的薄明り  花魁薄雪  薄雪  源氏名薄雪  美女薄雪  遊女薄雪  遊君薄雪  ひとり薄萌黄  厚薄不定  紋つき薄色一重  すべて薄  相当薄気味  残忍刻薄  紅薄藍  一寸薄  むら薄  ため薄  薄色縮緬  一むら薄  糸薄  情ガ薄イトテ強談シタガ  縫薄  主我刻薄  薄切れ  故郷薄  川霞薄月  薄ずみ色  三方薄鼠色  はる薄  重厚薄  萩薄  縁薄  薄みどり  帳薄  傾城薄雲厠  薄色羽織  皮薄  タルモノハ薄ラグ  薄色辛口  む薄月  チョッ薄気味  薄村  気魄薄げ  限り皆薄  留つて薄  ツツツツ薄  ベットリ薄  薄かつ  どおり薄ら  種々薄気味  月さま薄ぐもり  薄紅つけ  月薄  一面刻薄  薄みどり色  薄ごろ  みんな薄  内々薄気味  元来刻薄  高根薄雪草  時薄  張り薄  薄桃  五十九薄  戀薄らあかり  薄ら光  とき泥薄如來  冷薄  分布薄  通信薄  ひとり薄  深浅厚薄  つた薄  学籍薄  イクラカ薄気味  質薄  薄らあかり銀笛  壁薄  薄あかり銀  凝視むる薄あかり  薄らぎはじむるころ  悦びがしつとりと薄  パタ薄水色足  心持薄  ぴりと薄赤味  薄笑ひと  横ぎる薄雲  朝煙薄  薄金  人造人間操縦信号薄  薄深淺  雪薄  青薄茂きが中  薄色煉瓦  



前後の言葉をピックアップ
すすい  煤色  漱が  すすが  薄馬鹿    薄もの  須々木    すすき


動詞をランダムでピックアップ
着込ん断ち切ら正しひえしずまりかえっくり出さかきしめつけるもみ合っはいだしほつれよ荒れ狂っいましめよ通がる隠そおだてる嗅ぎ付け供え赦せ突き飛ばそ
形容詞をランダムでピックアップ
自慢たらしく数多くつゆけく明くうすし似つかわしゅう涼しかっ恥しゅうからきゃ華々しき手ごわ勇ましくわびしく捗々しゅう堪えがたくやむをえなかっ低き精しきうすぎたない古くっ