「若し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 若し[形容詞]
得若し  つて若し  瞞若し  書中若し  今若し  なほ若し  馬若し  当時若し  学若し  なき若し  人若し  賢人若し  ネー若し  一度若し  なおも若し  今度若し  気若し  今後若し  以後若し  我若し  今日若し  唯若し  共若し  麦若し  未だ若し  主人若し  お母様若し  ア若し  對若し  言若し  われ若し  鴎外若し  子若し  此頃若し  又若し  收若し  時若し  まあ若し  回若し  際若し  詩人若し  汝若し  将来若し  なり若し  天若し  爾後若し  當時若し  此間若し  まだ若し  部若し  から若し  四若し  此人若し  此男若し  りよ若し  謀若し  ネ若し  侯若し  議会若し  僕若し  會若し  米若し  先生若し  伝記若し  世若し  是若し  学子若し  春までは若し  公若し  候若し  死者若し  此際若し  あたり若し  此暁若し  国家若し  云若し  然るに若し  劇詩若し  たとい若し  決して若し  疑い若し  オヤ若し  実際若し  足下若し  天下若し  其時若し  後若し   │  若し  此時若し  である若し  ことに若し  はい若し  お前若し  者若し  論者若し  書若し  ロッパ若し  夫若し  息若し  度若し  それから若し  次若し  論戦若し  王若し  彼若し  うち若し  九若し  五若し  三若し  曲若し  傾向若し  ダンテ若し  二若し  七若し  〇若し  八若し  目若し  一若し  六若し  他日若し  びに若し  読者若し  

~ 若し[形容詞]
音楽が若し  年も若し  孝助は若し  私が若し  お前が若し  あれで若し  今年も若し  んが若し  彼が若し  のが若し  君が若し  自分に若し  草稿は若し  のは若し  太陽が若し  それが若し  僕が若し  歳も若し  妾が若し  日なんかには若し  ジャーナリズムも若し  これが若し  田村俊子氏が若し  彼等が若し  日本に若し  ものが若し  わたくしでも若し  私は若し  光さんが若し  声が若し  俺は若し  おれが若し  それには若し  雖も若し  此を若し  中に若し  上に若し  おまえにも若し  年は若し  年が若し  日は若し  我々が若し  それぢや若し  作者が若し  電話が若し  お年は若し  今日一時逃れに若し  小使は若し  猥談が若し  從つて私は若し  昨夜は若し  さも若し  くしが若し  者の若し  灘が若し  夫人が若し  それは若し  中にも若し  御身は若し  人が若し  イギリスに対して若し  真実年も若し  政府が若し  うして若し  老人病弱者にても若し  これらは若し  文学界に若し  やつが若し  余は若し  鑑定では若し  二には若し  事柄が若し  辺にも若し  近くか若し  三には若し  胸底には若し  不可解が若し  仮りに若し  自分は若し  人々が若し  俺が若し  彼らが若し  妾達が若し  方が若し  小林多喜二は若し  梅代が若し  神経が若し  水の上に若し  ことを若し  経験が若し  彼に若し  作家たちが若し  年紀は若し  作文に若し  場合に若し  翰林院大学士は若し  考では若し  作家が若し  其処に若し  村が若し  純が若し  われわれが若し  機会が若し  智惠子には若し  智恵子には若し  いふ人が若し  方に若し  

若し[形容詞]
若し家族  若しそれ  若し朋友  若しやそれ  若し納屋  若し破産  若し生命  若し今日  若し怠惰  若しこれ  若し優秀  若し散歩  若しさ  若し一  若し岡本  若しやと思  若し怨恨  若し刃物  若し天一  若し大学  若し土曜日  若し世間  若し歌舞伎  若し北支  若しあなた  若しあなたに  若し彼女  若し名前  若し太陽  若し毎日  若しスタニスラフ  若し新劇  若し成る  若し人間  若し評論  若し民衆  若し人生  若しや解職  若し学生  若しと雖  若し不正  若し警官  若しもあなた  若し私  若し淨  若し惡  若し福  若し刀  若し己  若し先  若し動物  若し此  若し諦  若し此等  若し現世  若し所  若し賢  若し愛  若し夢の中で  若し足利時代  若し五感  若しやと云うほどの気  若し亞細亞  若し本心  若し匪賊  若しや赤外線  若しや気  若しやここ  若し共産主義  若し小説家  若し武士  若し故意  若し自分  若し現在  若し島村抱月  若し本間  若し理論  若し慶喜  若し敬語  若し労働者  若し柿右衛門  若しコントロール  若し結婚  若し海岸  若し火事  若しもの  若し自殺  若しシュリーフェン  若し英国  若し必要  若し真実  若しその男  若しモスクワ  若し君の云う通り  若し外国旅行  若しさうだつ  若し三十一文字  若し備  若し文部大臣  若し道義的  若しや例  若しやと思う当り  若し家内  若し恋愛  若し共産主義者  若し他  若し超人  若し王者  若し旦那  若し盗賊  若し貴様  若しお婆さん  若し屋敷  若しやと想  若し千里  若し死  若し無限  若し幸福  若しドン  若し此汚  若し文部省  若し川崎  若し駆逐艦  若し反駁  若し赦免  若し若旦那  若し軍隊  若し私共  若し仏蘭西  若しとするもの  若しインスピ  若し豆腐  若し打たれては残  若し太閤殿下  若し今度  若しや貴方  若し荷  若し幸運  若しや彼女  若しや狼狽  若し我  若し直ちに  若し徳操  若し逍遙  若しシエクスピイヤ  若しまこと  若しかの言葉  若しちょっと  若し原爆  若しも言  若しダル  若し裁判  若し酒  若し銅像  若しあなたと  若し勇気  若し地主  若し般若  若し大師  若し一方  若しくば模造  若し老婆  若し牛乳  若し芸者  若し内  若し口  若し裁判所  若し自身  若し生活  若し説明  若し一緒  若し上野の山  若し訊問  若し中  若しやあなたに  若し武家の棟梁  若しくばそれ  若し竿  若し自己  若し赤穂義士  若し一念  若し敵  若し歯医者  若し男の子  若し関口  若しや彼  若し汽車  若し英雄  若し批評  若し容疑者  若し私たち  若し其上  若し注意  若し其間  若し其感  若し客  若しお国  若し晴れたら  若し頼朝  若し支那  若し此戰  若し宗教  若し諸君  若し引續  若し孔子  若し儒教  若し侵略  若し黄禍論  若し江南  若し人民  若しウメ  若し天子  若し一族  若し大臣  若し法律上  若し同意  若し温故知新  若し旅行  若し貴女  若し六  若しいつまで  若し犯人  若し以上  若し理想的  若し紅葉  若し青年  若しや鼾  若しや神様  若し食堂  若し謀反  若し罪人  若しや茶番  若し漢文  若し中途  若し喰  若し秋田  若しや自分  若し欠点  若し伊藤  若し政治家  若し政権  若し大隈  若し健全  若し自由党  若し名実  若し政党内閣  若し一兵卒  若し自由  若し假  若し剣術  若し戦争  若し明治元年  若し人  若し福沢  若しやお腹  若しステッキ  若し物  若し児島  若し眼窩  若し事実  若し左様なら  若しや私  若し東洋  若しキュリー夫人  若し死ぬ  若し眩暈  若し船舶  若し若者  若し将校  若し去夜  若し民謡  若し東京  若しや睾丸  若し王朝時代  若しロシア  若し今  若し皇女  若し宮中  若し姐さん  若し外交  若し同案  若しやお嬢様  若し霊  若し幕府  若し精霊  若し英  若し英米戦争  若し現実  若し里子  若しや中村  若し黒部  若しお金  若し料理人  若し役人  若し俗書  若し明治  若し日本  若し国つ神  若し言葉  若し車道  若し劇界  若しや瓦斯  若し肉食  若し仏教徒  若し戦後  若し自然  若し結核  若し其れ  若し土地  若し婦人  若し世界  若し吾  若し夕方  若しや川  若しや此  若し貴方  若し合鍵  若し未来  若しや仮面  若し時計  若しや秘密  若しやと思って余  若し電信為替  若し蜘蛛  若しや医学  若しや上下  若しや探偵  若し幽霊  若し停車場  若し落胤  若し記憶  若し演劇  若し分子  若し蒙古  若し基督  若し外国  若し如何  若し松本  若し篠田  若しや変  若しや時間  若し誰も知らない  若し彼  若し非暴力  若し避病院  若し倭人  若しやと思って気をつけ  若し過去  若し法律  若し法網  若し良心  若し邪魔  若し二条  若し江州  若し男性  若し悪魔  若し所謂  若し妓  若し平山  若し風俗  若し歴史  若しや大阪  若し発見  若し誰  若し跛行  若し彼等  若し秩父  若し此道  若し雨  若し貴殿  若しそう  若し論語  若し紺野  若しやと思って大平  若し粗忽  若しフランス  若し里見  若し展覧会  若し氏  若し政治活動  若し光子  若し芳年  若し生まれ替はる  若しや先生  若し時代  若し山田  若し今川  若し信長  若しや日本髪  若しかかる学問  若しや噂  若し太子  若し情熱  若し独身  若しや爾  若し犯罪  若し探偵  若しや藻  若しや生田  若しストライキ  若し大衆  若しや人  若し記述  若し君  若し狂人  若し本能  若し価値  若し偽善  若し運命  若し少女  若しスバ  若し余  若しや君  若し日本人  若し社会党  若し僕  若し理想  若し私自  若し思ひ出  若し好きな人  若し医者  若しワラ  若し孤児  若し明日  若し反省  若し書店  若しやと云  若しやと望み  若し資産  若し共産  若し印度  若しも私たち  若し精神  若し生理的  若し貧乏  若し腹  若し社会  若しい次第  若しイエス  若し地方  若しや戦死  若し矛盾  若し中書省  若し林檎の樹  若し貴族  若し先生  若し自然主義  若し厳密  若しダンテ  若しトルストイ  若し明治時代  若し全然  若し殉教者  若し芸術至上主義  若し文学者  若し短刀  若し危き  若し真犯人  若しや王様  若し進歩  若し現代  若しい濛気  若し行くを肯  若しみづから  若し友  若しゴルゴン  若し才  若し草木  若し火  若し喜び  若し怒り  若し民  若し兄弟  若し晝  若し史  若し推理  若し他者  若しカス  若し恩  若しヴァル・ディ・マーグラ  若し目  若し歸  若しトスカーナ  若しはじめ  若し夫  若し官能  若し知らば我  若しヴィルジリオ  若し汝  若しメレ  若しかの非情  若しこと  若し人智  若し在世  若し心  若し外物  若し兇行  若し栃木  若し気  若し此世  若し人工心臓  若し神様  若し心臓  若し芸術家  若しや源  若しや恁  若しや軽蔑  若し幸  若し化石  若し人類  若し植物  若し劔  若し事  若し能  若しゾーラ  若し詩人  若し上代  若し三韓  若し無事  若し出陣  若し詳  

副詞

若し[副詞] ~ 1
若し三階へ  若し能  若しお前が  若し私の  若し差支へが  若しなつ  若しおれに  若し綱が  若し旧劇の  若し此の  若しこいつに  若し昨日今日の  若し敵の  若し用が  若し親に  若し孝助に  若し伴藏に  若し向うで  若し子供が  若し其頃の  若し声に  若し学資に  若し友人等の  若しこれが  若しニルの  若し歌  若し僕が  若し起上つて  若し物に  若し伊曾が  若し僕の  若し冬子が  若し反対  若し一事実として  若しこれを  若し国家が  若し正造  若しそれが  若しそれに  若し少壮  若し父に  若し勧進の  若しそれを  若し人身を  若し君獨  若し遠くでも  若し向後懈怠  若し違  若し是  若し悪心を以て  若し平心を以て  若し男性の  若し此地に  若し罪過の  若し彼を  若し之  若し細君が  若し払代銀  若しほん  若し汝の  若しキリストが  若し読者が  若し小生に  若し必要が  若し貴君の  若し液が  若し彼が  若し僕でも  若し影を  若し真面目に  若し何か  若し一人でも  若し私が  若し彼等が  若し露子に  若し失敗  若しわたしが  若し罰を  若しわたくし  若しわたくしの  若し銀座を  若し氷で  若し日本の  若しどこかに  若し中途で  若し誰でも  若し人間が  若し槌が  若し吾  若し人が  若し雲が  若し此方の  若し彼処の  若し皿一杯の  若し壜に  若し人々が  若し噴火山の  若し其儘  若し我々が  若し其処まで  若し此蚊が  若し地面が  若しお前達に  若し空中の  若しお前達が  若し地球が  若しそつと  若しあたりの  若し地震  若し其処に  若しポオル叔父さんが  若しそれ  若し母に  若し袴を  若し之を  若し君が  若し彼の  若し画派の  若し粗末  若し公を  若し之が  若し人にも  若し当時の  若しお願い  若し夫  若しあすこの  若し人蓄積  若し人心の  若し人感官を  若し人壽百歳  若し人如實に  若し心と  若し力と  若し後世の  若し智者が  若し洗淨嚴飾に  若し人に  若し口を  若し二法の  若し正等覺者所説の  若し實と  若し人群生の  若し人  若し湯呑みを  若し此処が  若し途中で  若し向方で  若し巧  若し眞面目に  若し此時代に  若し吾人の  若し我國史に  若し醇粋  若し水の  若し川下に  若し此一致が  若しはる子さんが  若したまたま山を  若しそれ世に  若し点火  若し将来  若し僞造に  若し此考察に  若し單に  若し其追記の  若し一貫  若し約束が  若しお前に  若し光君が  若し兩方を  若し霓博士を  若し細田氏が  若し午前二時に  若し愛と  若し芸術が  若し其道理が  若しアヽー何  若し周子が  若し用の  若し参考に  若し総掛りに  若し恋でも  若し入院  若し其人が  若し二人とも  若し大部な  若し原語の  若し眠気が  若し仕返しに  若しこれは  若し神経質  若し外の  若し何ん  若し女の  若し鴉片の  若し人間と  若し文学を  若し事業を以て  若し指を  若し一日に  若し天候の  若し百万の  若し仏軍に  若し余が  若し一度戦争の  若し対立  若しほんと  若し八郎の  若し有料診療を  若し興味が  若し入営まで  若し子供の  若しヒョッとして  若し襖が  若し左様  若し兩者の  若し斯ん  若しエキゾオチシズムが  若し保存  若しそこに  若し本当  若し仮りに  若し一家のみの  若し有力  若し與  若しホテリングが  若し他の  若しそれ市の  若し一度も  若し此時  若し大蔵せんと  若し骨を以て  若し間違や  若し人家も  若し左も  若し己が  若し乱暴でも  若し王者たり  若しチヤプリンさへ  若しどちらを  若し京終郷の  若し渡し口の  若し逃げに  若し此方が  若し強情を  若し兄が  若し男の  若しのりとの  若し蜆が  若し変つて  若しこれ三等分  若し冬にな  若し我配處に  若し静かに  若し理性に  若し気違  若し一番鶏の  若し人の  若し人間の  若し作者が  若し此書を  若し事實と  若し此兩面が  若し此甚  若し此半身が  若し次から  若し夫野口君に  若しはつきり讀者の  若し君の  若し藝術の  若しこれをも  若し仁者に  若し我邦の  若し國民に  若し神が  若し此等の  若し傳道者としての  若し心の  若し俺を  若し俺が  若し直接外來の  若し外衣を  若し他人に  若し年齢が  若し人と  若し憐れ  若し日本人  若し昔  若し三毛が  若し博士を  若し誰かが  若し聴手の  若しその間に  若しヒユーマニチーの  若し指摘  若し西沢の  若し大雨の  若し君たちが  若しあれが  若し床の間の  若し彼に  若し彼女が  若し其に  若し其が  若し現今  若し男  若しやつか  若し会  若し船を  若し連中が  若し其処へでも  若し背景といふ  若し其説が  若し然様  若し彼方に  若し我に  若し途中の  若し政宗に  若し何処かへ  若しうたへの  若し此歌に  若し我を  若し我  若し叔母さんが  若し命が  若し家が  若し店へ  若し此記者マルブランシユの  若し世の  若し今の  若し小生が  若し何  若し美の  若し沒理想を  若し沒却作家とは  若しこれ  若し衆我を  若し眞能立  若し個物の  若し物力の  若し美は  若しわれこれに  若し逍遙子が  若し逍遙子の  若し文字の  若しおのが  若し我草紙にて  若しお前の  若しあれだけの  若し今  若し何処にも  若し左様に  若し惠果阿闍梨  若し清三に対し  若し余も  若し借金取りで  若し身体が  若し不健全  若し互の  若し誰かに  若し何も  若し結婚  若し心持の  若し金持の  若しあなた結婚  若し母が  若し夫として  若し恙  若し妻が  若しそれ等に  若し外から錠を  若し何と  若し炉の  若し女を  若し今回の  若し留守に  若し留守を  若し梅なんぞが  若し非常に  若し両隣に  若し標準が  若し方今の  若し萬一不幸に  若し艱難に  若し今夜にも  若し此人に  若し帝  若し上役に  若し此人達が  若し何物も  若し息子の  若しお腹が  若し誰か  若し誰  若し多情  若し才能が  若し數秒間で  若し室内にて  若し其歌  若し蕉翁の  若し談理の  若し如何に  若し一たび改変  若し疾病  若し此上  若し満足に  若し其所で  若し彼等二人の  若し指井が  若し我相場師  若し何等か  若し生活の  若し作者の  若し芸妓の  若し藝妓の  若しそれも  若し其  若し土足を  若し智力の  若し吾人に  若し其心に  若し其主要  若し其最も  若し其適  若し一枚で  若し一人に  若し兵衛佐頼朝を  若し外國文  若し張文襄  若し我國で  若し我國  若し北  若し眼前の  若し仔細に  若し斯  若し佛教儒教だけを  若し閨室に  若し眞に  若し毆打  若し吉服を  若し親子の  若し廟  若しどちらか  若し房一の  若し口に  若し他人  若し房一達の  若し良人が  若し杖以上の  若し誤りが  若し夫の  若し流罪で  若し祖父母父母から役所に  若し萬一斯  若し禮の  若し先妻の  若し父が  若し存命  若し父  若し其手續を  若し父母が  若し三  若し姑の  若し妾に  若し窓辺によって  若し世の中に  若し汝等を  若し出版  若し岩波氏の  若し殘缺  若し慾情に  若し女が  若し一文にも  若し賛成  若し眠つてしま  若し落着か  若し隆造が  若し父の  若し留守  若し何日迄に  若し出版元が  若し臆病  若し研究  若し当面の  若し此誓  若し君  若し谷間田の  若し夫が  若し夫ほど  若し其製法でも  若し母と  若し悠久の  若し一般青年間に  若し多くの  若し狼を  若し怪我でも  若し偶然  若し夜の  若し夕潮の  若し私を  若し現象的に  若し今まで  若し女  若し泥棒や  若し声が  若し酒が  若し句が  若し食物を  若し幸に  若し失礼  若しポオの  若し両親が  若し底に  若し鴨田に  若し地下室を  若し諸人の  若し是を  若し惣ての  若し姉が  若し愛蘭尚書  若し内閣の  若し彼  若し党派の  若し形式的に  若し二者  若し公の  若し国性に  若し伯に  若し狭隘  若し伯より  若し伯を  若し其初心を  若し初期議会以後の  若し学制調査会の  若し自ら難局を  若し我輩に  若し理を以て  若し官属主義に  若し聯合党の  若し当選  若し小心翼々唯  若し只今にも  若し三円  若しそれ十銭しか  若し黨派の  若し國性に  若し狹隘  若し政權に  若し當時の  若し初期議會以後の  若し學制調査會の  若し聽  若し政黨内閣に  若し官屬主義に  若し聯合黨の  若し當選  若し次の  若し此事に  若し非難  若し一の  若し事物の  若し政治と  若し此事  若し勢力の  若し今度駄目  若し間暇  若し文家の  若し貴方が  若しそれ等以外の  若し冠って  若し東京へでも  若しこっちの  若し腑に  若し琴を以て  若し妻と  若し情実が  若し夫婦に  若し茂之助が  若し己を  若しお祖父さんが  若し此処で  若し否  若し芸術に  若し冬が  若し二度  若し福造が  若し潮流  若し交代  若し夢が  若し大人が  若し招待を  若し三人が  若し兄  若し巣林子著作の  若し此處に  若し某君に  若し気に  若し照子の  若し生の  若し我身一つの  若し感情を  若し理窟をも  若しぼくに  若しこれらの  若し可能  若し單純  若し負  若し宗門に  若し上の  若し一度  若しバラツクでも  若し文壇  若しミツシヨンより  若し僕に  若し常談  若しニユウの  若し万人が  若し其耕地が  若し虚僞  若し今お前に  若し破約に  若し曾て  若し照子が  若し是を以て  若し之をば  若し久受  若しおれが  若し夫を  若し発見  若し脇士を  若し猫では  若し人にでも  若し母さんに  若し騒  若しここに  若し其校歌採用の  若し其道具立の  若し原因結果の  若し此運命から僕を  若し國民議會に  若し不才  若し委曲を  若し硫黄の  若し夜が  若し読者諸君に  若し私に  若し始め  若し自家での  若し右の  若し此儘に  若し我国を  若し才智や  若し国家を以て  若し勞働といふ  若し數年後に  若し私達が  若し此争闘  若し相手を  若し肉親の  若し実験的方法によ  若しやあの  若し酒に  若し宝が  若し厳重に  若し考古家に  若し加担  若しアノ美人  若し怪美人  若し遽てて  若し秀子が  若し眼の  若し否と  若し虚心平気で  若し是が  若し公平に  若し昨夜  若し毒が  若し水に  若し秀子の  若し権田の  若し衣嚢の  若し余に  若し余の  若し死骸と  若し三日目までに  若しアノ服を  若し逃亡  若し爾  若し叔父さんの  若し己  若し洞  若し目を  若し専心に  若し夏子  若し是で  若し保護  若し他人が  若し茲で  若し彼様  若し一人でもの  若し同車の  若し日本において  若し庄左衞門に  若し漂民  若しロシヤ  若し戰爭に  若し此方に  若し此信仰を  若し神様  若し四十に  若し一個の  若し東京の  若し鶏の  若し唯一の  若し河流一たび氾濫  若し一朝谷中村を  若し堤防に  若し麦蒔を  若し甲県に  若し塲に  若し昔風の  若し不幸に  若し是の  若し云  若し相当の  若し自己の  若し詩を  若しわれわれが  若しそれ等のもの  若しすべてが  若し父親が  若し日本  若し藤次郎が  若しほんとうの  若し此火事に  若し其本に  若し此推測が  若し寛文元年に  若し島が  若し此が  若し一週間も  若し将門が  若し無理に  若し見込が  若し六朗が  若し此問題を  若し正面を  若し慎作が  若し當時日本に  若し篠田さんを  若し梅子さん  若し兼吉を  若し両個が  若し其樣  若し溪谷釣り  若し釣竿を  若し主人の  若し足許に  若し議長が  若し實際に  若し日本と  若し漁人  若し大胆に  若し既記の  若し証拠の  若し化物學といふ  若しボオドレヱルを  若しきょう  若し徂徠に  若し世に  若し親が  若しアノ時アノ暗示を  若し小野山さへ  若し怎  若しそれらを  若し賊が  若し手遅れと  若し諫め  若し平八郎が  若し恩を  若し空  若し後藤肇の  若し倖に  若し曙覧が  若し其等の  若し自然の  若しほんとうと  若し正直に  若し如何  若し医家の  若し都合が  若し僕と  若しやに  若し過般の  若し愛を  若し肺病に  若し決つたに  若し運  若し案内無しで  若し君等が  若し其處等の  若し殘  若し驛前の  若し一人  若し機會が  若し空でも  若し此方を  若し前夜の  若し風流  若しジユリエツトが  若し優恤  若しいくらか  若し勢いは  若しわれ  若し此刹那に  若し将来に  若し武陵何処と  若し夫は  若し今年兵隊に  若し争議に  若しお前達の  若し今後美術協会風  若し心境的といふ  若し観客  若し橋本氏に  若し其隆起  若し科擧を以て  若し科擧  若し税を  若し國家が  若し其科目中に  若し当初に  若し来客でも  若し通路に  若し堤防を  若し實際毒が  若し時間が  若し女性  若し病な  若し詩の  若し虎ぢや  若し引金を  若し圭一郎が  若し今後の  若し車内で  若し義元  若しコンヴェイヤー装置にでも  若し反抗を  若し物質的栄華を  若しそれは  若し彼等を  若しわれを  若し千古の  若し他日わが家の  若し一葉が  若し正直  若し矢  若し兩親が  若し劇といふ  若し今後何等かの  若し現世に  若し一つの  若しお前たちの  若しゴーリキイが  若し万が一  若しお父さん  若し自然に  若し変化が  若し不注意の  若し愛が  若し必要  若し私達の  若し同性間に  若し女性が  若し皆が  若し変  若し負け  若しこれに  若し五十キロの  若し此明文の  若し紙巻を  若し君に  若し奈保子の  若し畑に  若し久保さんを  若し移動演劇に  若し父親の  若し松の木の  若し被害地人民の  若し人違  若し本員が  若しそれ以外の  若し朗読  若し一九二三年  若し謝源が  若し自然主義  若し文鏡祕府論が  若し下で  若し何処かに  若しあれを  若し此場合に  若し其名前を  若し情夫  若し名を  若し病院が  若し英米霸を  若し事實といふ  若し御存知  若し貴宅を  若し手術が  若しそれ等の  若し余分が  若し失礼に  若し千山が  若し一度知つたと  若し彼等の  若し自利の  若し世間  若し万一も  若しプルウストが  若し一緒に  若し卿等に  若し彼等に  若し是に  若し予に  若し予自身を  若し朝子が  若し豆腐だけ  若し萬一創作  若し房枝が  若し意義が  若し此點を  若し哲學者なり  若し他郷の  若し渡来  若し逆に  若し間違  若し細部に  若し直に  若し今擁護  若し戦闘が  若し二人で  若し違つて  若し著書も  若し全然  若し袋に  若し夢を  若しそれ等を  若し神の  若しスウイツルでも  若し独歩の  若し点心並みに  若し谷崎君の  若し谷崎氏の  若し画面の  若し当代も  若し仕合せにも  若し何びとも  若し厳密に  若し力丈夫に  若し僕等に  若し不便  若し逆説的  若し前人を  若し他殺  若し必要と  若し完全  若し發狂  若し急  若しそれで  若し乗物に  若し貪婪  若し来客  若し怯懦と  若し演出者に  若し道徳の  若し女には  若し肉體的の  若し貞操を  若し避暑にでも  若し盟に  若し此考へが  若し欠損  若し此  若し盜人が  若し自叙伝の  若し兇器に  若し返討などに  若し一匹の  若し左樣  若し沼の  若し我等に  若しほかに  若し繋を  若し序の  若し我等を  若し來ら  若し伴侶の  若し已むを  若し充分の  若しそれイキゴトに  若し無に  若し駄目  若し此経路さへ  若し実現  若し唯基督教の  若し肺臓の  若し肺臓細胞の  若し共同主催  若し接近  若し招きに  若し昔の  若し坑儒事件の  若し生れつき  若し倒立  若し小便が  若し今度も  若し何処か  若し泥棒が  若し首尾  若し海嘯地震を以て  若し言の  若し手に  若し看守さへ  若しそこへ  若し可能と  若し直接性においてのみ  若し立入つて論理的認識論的分析を  若し男性用の  若し客でも  若し甲の  若し何かの  若し今一年廃学  若し何人でも  若し巧みに  若し致死的の  若し雪子と  若しひろ子が  若し土民生活者の  若し此人  若し此人が  若し那の  若し左樣で  若し蓬的自己を  若し身體を  若し一路坦  若し精の  若し春の  若しそれ比較  若し病を  若し氣が  若し氣を  若し日の  若し正路を  若し勝頼を  若し十二分に  若し水氣竭  若し夫れこの  若し相手が  若し僕にも  若しあっちへ  若し相手の  若し晴天  若し一個  若し島田虎之助といふ  若し敵軍跡を  若し狼の  若し内容が  若しあたしが  若し自ら迷は  若し粋の  若し安貴王に  若し金が  若し普段  若しお前さんが  若し數千の  若し絵具が  若し社会の  若しいま自分の  

若し[副詞] ~ 2
若し死に  若し誤  若しありましたら  若し間違っ  若し出掛けたら  若しほん  若し出  若し死な  若しあり  若しあれ  若し語る  若し果し  若し改まり  若し出来る  若し放され  若し行ける  若しはら  若し借りる  若し借りるなら  若し間違え  若し腐る  若し与えられた  若し行っ  若し行ったら  若し思わない  若し生き  若し取り除い  若し決める  若しある  若し伺えたら伺っ  若し出来るなら  若し誤り誦する  若し聞く  若し捨てられ  若し云う  若し来  若しみづか  若し話す  若し迎え  若し要するなら  若し出来  若し帰っ  若し踏抜き  若し困るなら  若し有ったら  若し有れ  若しくば  若し裏切られず  若し信ずる  若し喋れ  若し思ひ  若しや  若し行き得る  若しかかる  若し隣り  若したつた  若しことわつたら  若しひよつ  若しできたら  若し望むなら  若しする  若し有るなら  若し持つ  若し推し  若し過つ  若し会う  若し附け  若し聴かれず  若し出来れ  若し死ん  若し富める  若しあやまっ  若しおく  若し参りましたら  若し乗  若し隠し  若しだまされた  若しねらひ  若し許さるるなら  若し呪う  若しもっ  若し棄てたら  若し居れ  若しもさうだ  若し出来兼ねたら  若し持つてるなら  若し考え  若し抛  若し見落し  若し預  若し生まれざれ  若し中れ  若し近づきな  若し断わられたら  若し戻り  若しやり  若し降り  若し仰ぎ  若しそい  若しやる  若し知ったなら  若し附き  若し有ったなら  若し逃げ出す  若し誤っ  若し現われ  若し有り  若し見廻さず  若し覚え居  若しあるなら  若し出来たなら  若し違う  若し来るべし  若し死んじゃったら  若し帰る  若し優れた  若し考える  若し生きます  若しつくそう  若し伸ばし  若し乗り遅れたつ  若し押し寄せ  若し出たら  若し通ずる  若し泣かない  若し似  若し来たら  若し会っ  若しよこさなけれ  若し憎み  若し敗れたら  若し降ったら  若し謂う  若し坐  若し過て  若し落ちたら  若し残った  若し捕ってりゃ  若し戻つ  若し起つ  若し滞り  若し盗  若し来なけれ  若し許し  若し書く  若しこつちで  若し怒る  若しころがっ  若し描く  若し憎む  若しまかり  若し書けた  若し頼む  若し触濁  若し始まったら  若しあった  若し取り逃がし  若し出合ったら  若し忘れ  若し生ける  若し知ら  若し誤ら  若し悔改めずし  若し阿  若し見込み  若し捕かまったら  若し与へられたる  若し滅びぬ  若し取  若し散る  

( ~ )若し( ~ )
若し万一  若し未だ  若し然  若し強  若しそう  若しよき  かりに若し  若し共に  若し多少  若し最も我と  若し直に  若し少し  若しあつ  然るに若し  若しまだ  若し斯く  若し仮に  若しほんとに  悪く若し  若し本当にそう  若し常に  若し実際  若しどうしても  若し温かい  若し強く  若し本当に  若し再び  若し長い  若し遅く  若し強い  若しよく  若し一層  若し早く  若し楽々  若し真に  若し宜しい  若しじたばた  なんだか若し  若しこれから  若しかく親しい  若し悪かっ  とても若し  若し深く  若し爾  若し多少美しい  若し全くあつ  若しあんまり  若し幾らか  若しどう  若し更に  若しある程度  若し聊か  若し果してそう  若し異  若し果して  若しよかっ  若し旨く  若し愈々  若しひどく  若しいくぶん  若したまに  若しはやく  若しむずかしい  



前後の言葉をピックアップ
若様  若狭湾  輪飾り  沸かし  涌かし  わかし  若し  わかし  湧かし  若島


動詞をランダムでピックアップ
きりおとし嘯か仮そはわむしかえすえらぶびくつい扱い憂えほりおこし折っ芽吹い見せ付けゆき着きおちくぼみひきあわせはかりこま強いるにじまじみ
形容詞をランダムでピックアップ
哀しけれ手緩いにくにくしっぽい毒毒しやすくっ乏しから目まぐるしかっ醜し可愛らしい思いがけな尊かっよそよそし根ぶかい草ぶかき気むずかしいそぐわなてあら深けりゃ