「臭」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 臭[形容詞]
めずらしい臭  いかにも臭  人間臭  テレ臭  てれ臭  埃臭  うさん臭  しつこく臭  趣味臭  獣臭  煙草臭  から臭  異人臭  西洋臭  洒落臭  怪しい臭  ひどい臭  女臭  血なまぐさい臭  臭い臭  もの臭  素人臭  田舎者臭  巡査臭  カビ臭  さ臭  邪魔臭  芝居臭  子供臭  酒臭  日本人臭  まげて臭  ケチ臭  薬臭  ひとしい臭  激しく臭  小乗臭  神世七代臭  

~ 臭[形容詞]
髪の臭  苦しみとか臭  生煮えの臭  口中が臭  異様に臭  やうに臭  ぼくの臭  へんに臭  一寸でも臭  土埃の臭  煤煙の臭  迚も臭  何か臭  東のは臭  人間の臭  膿の臭  

[形容詞]
臭さ  臭そう  臭ひで  臭氣  臭ひな  臭癖  臭ガメ  臭ひは嘔吐  臭ぷん  臭ひが感じられるやう  臭草紙  臭がらせる傾き  臭骸  臭エ  臭がりながらも顔  臭猪  臭ひをかい  臭剥  臭ひがし  臭せェ  臭芬々  臭腐のもの  臭糞  臭韮  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
臭を避け  臭がただよってきました  臭ひがその時來たのを感じた  臭が今も残っているとは  臭ひのただよつてゐる  臭ひが過酸化水素の臭ひだと氣づくが  臭が通ツて來て微に鼻を撲つ  臭を人間の生活が醗酵する  臭を嗅ぎながら  臭ひのする  臭がする  臭のある  臭ひのするほど殺気立つてゐた  臭ひが溜つてゐるが  臭ひがする  臭ひを嗅ぎつけて  臭を放てり  臭ひを出し  臭ひを放つて  臭ひに出会つたりすると  臭るなよと言ふが  臭が来  臭もせず  臭のする  臭が立つ  臭ひを嗅いでる  臭ひは十方吹き  臭にふと眼が覚めると  臭のうてか  臭ひを嗅ぐ  臭ひをあちこちと嗅ぎまわしてゐた  臭でもする  臭がしましょうかと  臭ではないかと思つてゐる  臭かもわからない  臭を思ひ出した  臭を嗅いで  臭を発散させてゐる  臭がある  臭を世界に放つが如きは  臭が戀しかつたであらう  臭を嗅いでみたりしていたが  臭もかいだ気がしません  臭ひだけでもやりきれやしない  臭ひは聯想作用を起して  臭ひがこもつてゐる  臭がしますけど  臭ひが宿なしたちには誘惑である食べ物を一銭二銭で売つてゐる  臭がして来ます  臭がするでも  臭ひを嗅ぐと  臭ひのしてゐた  臭の染み込んだ  臭を嗅いで歩いて  臭を放つ  臭だけは落ちるだろう  臭を出します  臭を嗅ぎつける  臭を嗅いでみましたが  臭ひかを嗅ぎ当てる  臭ひを感づかせたくないと  臭ひを自分が嗅ぎ当てた  臭ひをかぐ  臭ひに嫌悪や畏怖を大して感じず  臭ひのこもつた  臭がするのよ  臭を嗅いだ  臭ひに半ばは埋れて  臭ひに夜更けの冷気がしんしんと入れ  臭がまだ付着していた  臭を振い落さなければならないと思った  臭のうちに潜んでいる  臭さえ彼の鼻を襲った  臭をかいだと云う  臭がしたと云った  臭ひなどに影響せられる  臭ひをいやでも嗅がされる  臭ひが人間たちの体臭と入りまじ  臭ひが漂ひ流れてゐるのに  臭が充ちてゐる  臭さえもしないで  臭ひがあつたのを私は思ひ出した  臭ひになつてゐた  臭がして呑み乾す  臭がしとる  臭がしとりますやろ  臭がお前とこから見えて  臭を嗅げば  臭を嗅いで行く  臭がプンと鼻を衝く  臭ひをさせてゐた  臭ひが吹き上げて来た  臭を残して去  臭ひがぷんぷんとする  臭にヒントを得て  臭ひを嗅がうとしてゐる  臭が立ち  臭を吸い寄せる  臭が湧出し  臭ひを嗅ぎながら  臭ひを嗅ぎつけ  臭ひだけだつたやうな気がする  臭ひがあって  臭に交って  臭失せて白粉の香鼻を突く  臭を漂わせながら  臭ひが流れ出てくる  臭を感じさせられる  臭がまつはりついてゐたとしても  臭ひを嗅いだら  臭を浴びても  臭のし  臭が漂っていた  臭を嗅いで歩く  臭にするも  臭が鼻をつくかと  臭もして来ず  臭をかぎわけようとつとめた  臭ひに満ちてゐる  臭ひをこめた  臭や何かありまして  臭がそこら一面に漂うている  臭がぷんとした  臭をいやがりますからな  臭がした  臭ひが移ら  臭ひがついてゐて  臭が鼻をついてむせかへる  臭ひがすると思ふ  臭が腐付いて  臭の主も全くもう溶けて  臭ひがついてゐる  臭ある枝や根で防ぎ  臭ぞ殘る放埒の慾心のあさましく汚らはし  臭をきいたので  臭ひに充ちた  臭ひがぷんとしさうである  臭ひを鼻にぶつけて来る  臭だかさらに分らない  臭に感じたなと気がついた  臭を嗅ぐと  臭を嗅いで死ぬ  臭をいとわで  臭の満ちたる  臭はせてゐた  臭をさして食卓の用意が整った  臭と物の腐る  臭とが凄しく  臭を熱心に嗅いでいる  臭ある物五つを集めた  臭を出していません  臭ひを帯びた  臭をおしわけてゆく  臭を嗅いで見る  臭がぷんと鼻を衝いたので  臭を帯びぬ  臭の強い大麥の穗を眺めながら  臭が致します  臭の沁みた  臭がふ  臭ひに襲はれたので  臭が惶ただしい市街生活の哀愁に縺れる  臭が暗みながら噎ぶ  臭の奇異な汗ばみ  臭のなかに弱つてゆく  臭を嗅いでゆく  臭ひに顏を顰めて  臭ひや温度を持ってゐるから  臭ひを発散させ  臭ひをなくした  臭が感じられないであらうか  臭ひを脱したといふ  

~ 臭[名詞]1
砂糖の焦げる臭を  ガスの臭は  糞の臭  あどから臭  死骸の臭が  酒の臭  一種の臭  つてゐる臭  一種嫌な臭が  此の臭を  不快な臭  ような臭が  香や臭の  戦争の臭  血の臭  味噌の臭に  牛糞の臭  芥溜の臭  嫌な臭  いやな臭  嫌やな臭  蛇の臭が  硫黄の臭も  陰干の臭が  饐た臭の  やうな臭が  一日中薬の臭  堅気な臭に  火薬の臭が  ろの臭の  物の臭  生活の臭  妙な臭の  芥の臭でも  何物の臭  混合した臭では  下水の臭かも  なんの臭  リユウ・デユトオの臭  露路の臭  呪ふべき臭  若葉の臭を  垢の臭を  浮世の臭も  ニスの臭の  饒舌の臭を  莨の臭  特殊な臭  汁液が浸込み饐えた臭  石油の臭が  オシメなどの臭  やうな臭  ブランデーの臭が  油の臭の  土の臭を  妙な臭が  妙な臭を  近世的の臭  死体から発する臭が  厭な臭を  彼等の臭が  異様な臭  火葬の臭  焼場の臭  野菜の臭  消毒薬の臭  薬の臭  様に臭が  故郷の臭が  ぐさい唇の臭を  西洋烟草の饐えた臭  排泄物の腐れた臭  面の臭  国の臭が  厭な臭さえ  過去の臭を  醋の臭の  のだという臭が  物の臭を  煙と臭で  火薬の臭を  雰圍氣や臭  ペンキの臭  臓物を煮込んだり焼いたりする臭  煙硝の臭  煙草の臭が  土との臭が  脂粉の饐えた臭  酸性の臭  獣の臭さえも  妙な臭  餘程鯣の臭  挨の臭が  怪ったいな臭が  蚕の臭を  牛の焦る臭を  芬と臭  石灰酸の臭が  暴露記事の臭  襁褓の臭の  河底から饐えた臭  人間の臭を  あれの臭  鉄漿の臭に  戦さの臭  物の臭が  朝晩シヤボンの焦げる臭  湿気の臭が  畳の臭  人情噺の臭  封建の臭  そこには臭  アルボースの臭に  いやな臭の  ガソリンの臭を  不快な臭が  黴の臭を  死の臭が  生命の焼ける臭  白粉の臭の  尿の臭が  都の臭を  硫黄の臭と  芳にするも臭に  堆肥に似た臭が  なんの変った臭も  瓦斯の臭を  ショウヴィニズムの臭が  味も臭も  山の臭  硫黄の臭が  糊の臭  不愉快な臭や  物の朽ちた臭が  炬燵の臭が  軍艦の臭  黴の臭  さの臭  小火の臭の  中世の臭  変な臭  死人の臭が  懺悔室の臭  ホルマリンの臭の  硫黄の臭  硫黄に似た臭  人の臭  脣に臭ぞ  おみおつけの臭  なに土の臭  劇しい臭  つた水の臭  潮の臭  何の臭  薬の臭が  さっき薬の臭を  馬糞の臭を  石炭酸の臭の  秘密を臭  鱶の臭を  日に乾く臭と  交つた空気の臭とが  鼻に臭  文学の臭  職業の臭  特有な臭を  手の臭を  桐油の臭が  地の臭を  道徳の臭  樣の臭を  背なかから臭の  汗の臭を  葱の臭を  汗の臭の  麥の臭の  かつは臭の  油煙の臭が  チーズの腐った臭の  石炭酸の臭  ファンタスチックな臭  新らしい臭が  花穂の臭が  螺旋状の臭の  光沢から沁み出る臭の  惡い臭  独善の臭  土埃りの臭を  軍服の臭  長靴の臭  デカダンスの臭が  不快な臭の  因襲の臭  つた一種異様の臭を  ローマン主義の臭  

~ 臭[名詞]2
その臭  かびくさい臭  血なまぐさい臭  くさい臭  あやしき臭  ひどい臭  悪い臭  長く臭  同じ臭  醜臭  ちょっと臭  つと臭  この臭  よく臭  あの臭  土臭い臭  たまらない臭  なく臭  こんな臭  いたましき臭  まだ臭  腥い臭  臭い臭  新しい臭  腥き臭  

複合名詞
ゾルレン臭  貧乏臭  其中庵臭  山頭火臭  死臭  テレ臭  臭氣  名所臭  仏臭  刺激臭  肉臭  死骸臭  臭ひだ  外来臭  土臭  てれ臭そう  臭雉  臭ひも  臭つた声  酒臭  臭穢  文学臭  文學臭  てれ臭  屍臭  ジャズ臭  性慾象徴臭  野臭  臭氣相  一種縁日臭  官僚臭  獄舎臭  愛憎香臭鼻ナリ  つた臭  厠臭  岩波臭  詩臭  臭つて  屍臭フンプン  動物臭  血臭  田臭  禅臭  石油臭  人間臭ふんぷんたる所以  面倒臭  照れ臭がり  支那臭  臭ガメ  洋臭  臭ひで  臭木の実  めんどう臭がり屋  臭橘寺  矢張臭橘寺  ぐさい臭  臭ひより  仏法臭  臭車  臭名  アルコール臭  韮臭  人間臭  翻訳臭  もの臭そう  臭評定  ケチツ臭  蒋忍臭穢屏息良久  巡査臭ぷん  月並臭  鰯臭  成金臭  臭官  めんどう臭げ  病臭  獄臭  教科書臭  臭草紙  武者臭  胡乱臭そう  威張臭  邪魔臭  臭ひと  ガス臭  坊主臭  臭橘  胡散臭げ  臭跡  臭芳  膿臭  魚臭  臭骸  屍臭ふんぷんのごちそうは  生臭  こいつ臭そう  生臭入り  嘔吐臭  学生臭  舞台臭  塩臭  印度臭  インテリ臭  臭剥  さ死臭  毛臭  官学臭  真面目臭つた顔  政治臭  泥臭  僧侶臭  香臭  糞臭  臭我  臭ひがし  ウサン臭そう  脇臭  此人臭  臭梧桐  露臭  オゾン臭  官吏臭  うま臭  獣臭  新派臭  黄熟し烈臭  穢臭  白粉臭アポツポド  役人臭  習字臭  戯作臭  人間臭芬々  接吻臭  強き臭  臭ひよ  オト臭  僧臭  房臭  地臭そのもの  漢詩臭  臭骸腐爛  臭化カリウム  とうさん臭そう  ゃら臭  道学者臭  つて臭  臭新  鮮かな臭  沢庵臭  臭物  小乗臭糞  テレ臭そう  ウロン臭そう  うに臭  臭氣芬芬  社神世七代臭韮神  ぴり臭  精霊臭  やあらむ臭  言つた和文臭  眞面目臭つた顏  大生臭  腐肉臭  腐敗臭  臭ぎ  こいつぁちっと臭ぇわい  



前後の言葉をピックアップ
ニエルス・ボーア  ニオ      匂い  臭い  におい  におい    臭い


動詞をランダムでピックアップ
組んてらえ生い茂り引っかか買い上げ楯突かききとっ気が付く生き返りいたわる組敷くつくりなし攀じ登る嘉し張合いはべ潰れりゃ裂けよ考へ時めか
形容詞をランダムでピックアップ
忌々しきいやらしきこのもしいつよかっ空ぞらしいおもいがけなく尊うねたうすき面はゆ慎ましかっこころもとな懐かしけたたましき耐難くあたら深かれ生白い青くっいたいたしかっ