「背」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
背を叩く  背に負ひ  背のすらりとした  背は無論余る  背に腹はかえられぬの  背を向けた  背が緑青色をした  背の緑青色をした  背の黒い腹の白い鰻につながった  背にして  背をまるくしている  背をもたせて  背に上体をもたせて  背にまいて  背っくらべだ  背をもたせかけていた  背をのばし  背の高い二枚目でもあった  背のシヤツも引裂かれてゐる  背を炎天に晒し  背を向け  背を向ける  背にくくりつけて働いている  背の高いろばとあだ名されてる  背の高いひとりがいう  背に浴びながら  背に取りつく  背に又二人を負んぶして立つた  背を降りない  背にまたふたりをおんぶして立った  背に中った  背にふるへてゐた  背にうたたねする  背の低い家があった  背ぐらいもある  背を向けない  背に縛りつけられて  背をく  背の馬具を揺すぶった  背が低くてずんぐりしていた  背に乗せて現れた  背を撫でながら  背を曲げて  背びくな灌木の中央に一段高く聳えて  背に乗り  背を伸しているし  背の高いいすからすべりおりた  背の高い水柱をつくった  背を打たせてゐる  背にせめて淡雪とけぬ  背のたかい腰をいんぎんにかがめ  背の低い川楊の葉末に置く  背を波打たして  背の低い川やなぎの  背のひょろ長い体に洗い晒した  背に乗せた  背の高いそこの女も不安な顔をして立っていた  背を向けながら  背負わされている  背の高い円柱形の器械の前から手まねきした  背に跨って  背が小さいな云々といっていた  背を打って  背の上から指を立てて  背などにも穴をあけてゐる  背の高いポプラの木が吹き折られ  背が低いために横から見ると  背を向けよう  背と言わず  背を立てて  背を丸く立てて  背に流るるを  背をかがめる  背におふ  背の角を匍ってさまよう  背をもたし  背をめぐらして  背を向けている  背におどらせて駆け出して行った  背の子をゆすぶりながら  背を向けて逃げるか  背にして進みゆくほどに  背の高い一本の短い刀を差した  背の高い短い刀を差した  背をみせた  背低き櫨堤の上に樹ちて  背を黒く鮒が躍って  背を円く流を覗いた  背を抱いて引留めないばかりに  背のひ  背をまるくまげ  背高く見えている  背の網をゆすり上げた  背を跳ね越して  背におぶさ  背が高さを増す  背をもたげて来る  背をもたげた  背をもたげるかの  背にした  背におごそかに言う  背に右腕をまわし  背を預け  背がぶつかった  背を預けた  背をもたせかけた  背をもたせかけ  背の高いひとがいるだろう  背の高い谷村さんの唇を待ちました  背を向けておいてあるだけで  背など摩擦つて上げ  背の高い山崎は少し身を屈める  背を向けなかった  背の高い雑草には蔽い隠されていましたが  背当て尻当てをする  背に残つてゐた  背の小さな男が鼻血を拭ってもらっていた  背の高い眼鏡をかけた  背に控えたが  背に余る  背ものびたと思えたので  背がまがって  背におわれて来た  背に受けて  背をかがめ  背に小初を負うた  背が星明りに閃く  背ものばし  背に背負ひ  背に背負い  背をこちらへ向けて  背にして靠れながら  背を守る  背の荷をゆすり上げながら  背の赤坊も眼を覚して泣き出した  背の荷と一緒に赤坊を卸して  背を向けて  背に赤ん坊を背負って  背に罵詈を浴せながら怒  背に掛けてやった  背がほころびていた  背にしている  背をはげしく突くと閉ざした  背に腹はかえられないでしょう  背に廻して  背が高くスマートだという目印でそれと分った  背が伸びた  背の高い痩せた  背を推して  背に体を戻した  背にし  背を口にふくみながら  背のすっ  背を円くしていたが  背を屈めて立った  背を支えて  背が高くやせて  背の高い髪の黄ろい  背が届かぬほど  背が足らないので  背から鋭い目を通して相手を睨んだ  背のようにして  背を伸ばして  背の高いスッキリした  背の高いのが一層高く見える  背の高い孫四郎が群衆の上に延び  背り返り  背が高くなる  背に負ふと両手に籠や風呂敷包を持つて出掛けて  背の高いマーケツト者らしい男がのそつと部屋に上つて来る  背にしてすわつてゐる  背の上に鎖された  背に泣いじや  背を少し斜に外の方へ向け  背へしりぞいて  背には白い花びらがつもっていました  背を凭せかけて言った  背につけてゐた  背向けて少し速足に歩きだした  背をもたせつつ  背を刻む  背にやつぱりそれが見えましたね  背の高い木の下に雨やどりをしたりする  背のやうな波を私は忘れる  背に入れる  背から放れて去った  背から放れて去つた  背の色があるだけだつた  背をむけて  背がやはり前方の空を支えていた  背高く年三十代の全体に何となく気品ある  背が割合高いから高井がいいだろうと笑いながら  背に掛けてある  背の高い立見君の姿が直ぐ目についた  背にしながら  背を撫で  背の高い女が白い着物をきて  背が望まれた  背の義を論ぜば  背の反らし  背が風で白くふくらんだ  背をその壁の方に向けた  背に泣き叫ぶ  背にあたっています  背を越したかな  背を押上げらるるがごとく境は頭を峠に上げた  背に盤石を負いながら  背を突いて揺る  背にすがっていた  背にしてすわった  背にして坐つた  背をドンと啖わす  背のその日の出を揃えて  背を乗出して  背でびたびたと叩いて  背の処に金蓮と云う  背を指さして  背を這って行った  背を凭せてし  背に頭を投げかけると  背に腕を廻すと  背くらべをしている  背に頭を凭らせて  背の上におびただしく降り  背をつけ  背をもたせて喘いでいる  背に負って  背の高い痩せ  背の高い立派な人が立つてゐた  背に捌き  背に掛けた  背に額を附けて  背に縋った  背を潜め  背の高い文学青年のぼくが好きで堪らぬ  背となる  背にして立っていた  背を走る  背をまるくして  背をかるくたたきながら  背がひくくってとどきません  背に負わされて歩け歩けと打ちたたかれて  背をもたせ  背に乗りうつった  背を焼かれる  背を高くして  背に廻して抱いて  背が高くって強そうなのが居る  背に来ている  背にしてゐた  背に荷ひながら  背ふたやうに十文字に細紐で背中にく  背が日の中にくつきり輝いて  背を見せて蹲んでいた  背を向けて駈け出した  背に小蓑をあててゐる  背を曲げた  背を見る  背を揺る  背の子を揺り上げた  背は高くて後を向くと  背にして立って  背の低いずんぐりした  背へもたせかけ  背には粗朶らしいものを負うて  背にして坐っている  背に腹は替えられずと  背に負い  背の大きな兵隊が二三人居ります  背の高い青年を連れて  背の處に見えて  背に矢は立たじと  背にまたがる  背から降りると  背を亀が促す  背からころげ落ちた  背をポンと一つ叩いて  背の高い人の背越しに物を見て居る  背をさすって  背を叩いて  背にのって居る  背におく  背に風呂敷包を負うた  背にあった  背を葛に寄せかけ  背を踏みながら  背の高い老婆が此方へ足を投げだして寝ていた  背を跼  背に腰を半分掛く  背や腹へ廻つた液体を排出し  背の鞍の華麗などはまだいうも  背へ二人してのって  背に水桶を結いつけ  背を並べて  背にのせている  背をまるくしていた  背へ大きく繃帯して  背に敷ぶとんに坐っている  背に泣き伏して  背へ手を合わして来た  背の刀傷を癒すべく  背を屈めて  背を突き通す  背を屈めて坐り込んだ  背の高い老人が交っていた  背の高い燕尾服の男が出て来て  背の高い恐い顔をした  背を屈め  背を覗いて  背を絞つて  背に腹はかえられ  背から突き  背へ飛び移る  背へしがみついた  背をなでている  背に負った  背に負いまいらせて  背へ向って  背に挿していた  背に負わせて  背にのって  背のすぐれた  背を押しました  背を押した  背を曲げる  背を延ばした  背だけを見せて  背を押しつけた  背から手を放した  背に負って引き返した  背に廻ろうとする  背の上で舟のように反っていた  背に投げ  背が低くなった  背の上に夏の男神を乗せて来た  背にのせて  背を丸くして  背をなでて  背に負って行った  背へいった  背の娘にうけたらと  背に向って  背をつきとばした  背に深く刺さり  背に冷や汗をながした  背を見せたら  背に負ぶさつたりした  背の屈んだ  背が人並はずれて  背に古代神の敷物を敷いて  背から振向いた  背からころげ  背から胸まで射ぬいてしまった  背にまたがった  背の小さい弟をゆすり上げてすかした  背の伸びた  背を合わせて立って呉れ  背を掴み  背から離して  背に倒れかかりもせずに  背の壊れた  背に片腕をかけている  背に手をつけて  背を樺の鞭で打った  背にして並んだ  背に至る  背を柱にもたして  背を射た  背を払ったりしました  背に腹はかえられません  背に掻い上げ  背に長剣を負い  背から剣を奪りあげて  背へ斜めにそれを負うやいな  背から飛び降りて  背負わされた  背の上部で布か麻でむすんで  背にかじりついて  背に頭を靠せた  背にぐったりと頸を凭せて  背を延して坐り  背の低い立木が隙間もなく若葉を繁らせて  背の高い青年が出て来た  背の高い青年の姿も現われなかった  背にタバコを持った  背を欄干につけた  背の高い鋭い眼をした  背のずんぐりした  背の高い男も前岸の方へちらと眼をやって  背の高い男の点けた  背を掠めて  背を延ばしたが  背へ飛び乗った  背の高い男と何となくそぐはない  背高い男とが斜に顔を合はせる  背に鞭を当てると  背になびかせて走っている  背といはず叩きつけて居る  背をむけて立った  背を綿密に打診していた  背に似た  背に立つた  背を見つけると  背おひ  背おつて航空機から飛び降りた  背に腹は代えられぬと  背の高い女が脱衣場で着物を脱ぎながら  背を串刺しにするかと思われた  背に腹はかえられぬと  背を見せる  背をあずけて  背に腹は換えられない  背に刀を避けた  背の上にある  背の低い空気抜けを指していった  背が目に止った  背にでも乗り  背で浪を渡って  背に乱れた  背を抱く  背に擦  背にしがみつき  背が高くのびていった  背の高い柱時計がかけてあった  背がとどかない  背のひくい青草がまじっていた  背をぴしりと打った  背に負はれ  背を一つ打った  背さえ越えれば  背を撫でて  背に美しく積まれて  背を撫でてくれる  背に入って  背の高い患者のことなどを話して聞かせたりした  背にいくつか雲の動かずにいる  背の高い若い女が遠く認められた  背にはいりかけていた  背もたせの  背にうけて  背を落とした  背の高い若い婦人が立っていた  背も高くなり  背の高い変圧器のてっぺんに抛りあげられて  背に腹はかえられんな  背に乗って  背からおろすやおろさず  背を微妙にうねらせて  背に赤斑こそありますが  背を光らせながら  背の低い声色遣いが一人やはりこちらへ歩いて来る  背に頭をよせかけていた  背を前へ押し出した  背から剣を突き通した  背の高い生徒は最も熱烈な関心を持っている  背のように見え  背になっている  背に手をのせて  背をさすっている  背にとびついた  背をさすりながら  背の高い娘がズカズカと出てきた  背に青木の影が重なっているだけでも  背おっているでしょう  背おっている  背に負っていた  背ごすりをする  背を捻  背の高いすらりとした  背を打つ  背の高さぐらいのすべすべした  背が高くがっしりした  背に根が生えた  背がバラリと解けました  背で眠った  背を流しなどしている  背や股のあたりにびっしょり汗を掻きながら  背で眠りかける  背の痒いところを揺りながら訊いた  背や腕にぴったり板を結び着けられた  背へ被けたり  背の低い男が一人あった  背の高い幽霊のやうにたつてゐた  背の高い看板が流れてゐるかの  背を照し  背を露わした石がある  背に腹はかへられない  背へもつて行く  背の高い彼女と並んで歩く  背向けるようにしている  背向けていた  背へかけての  背向けようとしていた  背を向け合して並べられてあった  背の高いイギリス人の上に微笑ませて  背の低い相撲取りに似ている  背より高く延びて  背の高いのに驚いた  背が高くては一番になる  背が研究を隠している  背によりかかって  背をぐるりと返して  背をまっすぐにのばした  背の肉が波のように蜒っている  背へ両手を廻し  背を以て脊中を三つ叩く  背を光らす  背の肉がケイレンを起す  背だけが延びてゐる  背に落着いた  背に受けながら  背つたりして  背の低い肩の怒った  背に鉄道の役人の人形が載っている  背を向け去った  背を向け去つた  背が極く  背の左側に楕円形の大きな瘢痕がある  背にある  背の高い婦人が入って来た  背に負うて帰って来  背くらべをしに渡って来た  背くらべをする  背くらべをしたという  背くらべをして  背くらべのためではなかったかも知れませんが  背くらべの話にもありました  背に傾けて  背を突いた  背をつついた  背を円くし  背は渋を引きたる  背につけては  背の高い玉子にひたすらなついていた  背の高い秋山さんの顔を見上げながら笑っているという  背に手を置き  背をもたれながら  背が痛むほど  背の方へねぢあげた  背を弓なりにくねらせ  背をしてゐる  背に小銃を負つてゐる  背を捻向けると  背を肩へかけて  背があって  背を撫でた  背に揺れかかって  背に大尽振った  背が高く痩せている  背に負ひて  背に負へる痩せし  背が低く痩せて  背に負われて  背に頭を載せかけた  背が蝙蝠の翼のやうにうねり  背を擦る  背に汗を流した  背を見せている  背に乗ると  背を円るくして起き上ってきた  背の高いがっしりした  背には伝蔵の忘れる  背に負へば忽ち元氣になる  背に通りすぎたが  背を反らせて  背にして立った  背をあぶる  背を見たり  背を越えて  背に膝が着くという  背に据えた  背にさわるかさわらないかぐらいに  背にさわってみました  背に両手をかけて  背の高い美女を睨みつけている  背にふん反りかえった  背から分銅で頭蓋を割られたりなど  背のひくい横に肥った  背の高い侍の一人がのそのそと来てひざまずいた  背を叩いた  背からおろして  背をむけている  背にしても  背が高くやせてゐて  背におぶさつたり  背の低い男にならねばなりませんが  背を向けて歩いてゐます  背をもたせながら  背を形どりたる  背を敵に向けず  背を以て送られていた  背が高くてスマートだという目印でそれと分り  背の低く肥りたる  背の処に見えて  背の金文字は暗い書架の中での便宜から出た  背で負って  背の高い蝋細工の人形のやうな顔をした  背を見せながら  背を凭せる  背のひよろ長い黒い著物を着た  背のひよろ長い物が前に来て立つてゐた  背の高い男に襲われて  背を逐うた  背をめがけ  背を目がけ  背の一部になっていて  背を通してその極端に至り一は山のむ  背を通っていると  背に向けられてゐた  背がムクムクと波を打つ  背の方へひかれた  背を凭せて喘いでいたが  背を凭せた  背を凭せて空嘯き  背を凭せて立っていた  背を突いて  背から転げ落ちる  背に頭を凭らせ  背ごし  背を伸ばした  背を押えた  背をした  背で反身になっている  背を伸ばし  背を円めて地べたにかいつくばっている  背にまたがりました  背を幹にもたせかけた  背に感じて  背を踏んで  背には空になった  背の水桶をおろして  背にして眺められるといふ  背の立つ  背が見えていた  背を向けつつ  背の高さは二丈あまりもありましょう  背高い体をつつんで  背の高い細そりした  背を繁に向けた  背を攫み裂かれて倒れた  背で呼吸をする  背が浮いて  背に縛っておったてて  背が高かったのを思い出した  背に手をかけて  背の低い足の早い小鳥のような彼女は消え失せて  背が低くなって  背を丸めて  背の肉が丸々と肥えてくる  背の鱗を濃藍色に彩って  背の高い頑丈な腰を軽くかがめると  背を流している  背が幾分低いという点を除けば  背を真直にして歩いている  背の高くなった  背はずっと高くなった  背にして立たせられた  背は太郎と二寸ほどしか違わない  背の低いことでも三郎をからかうと  背はもうあきらめた  背に足を投げ出した  背を高くそびやかし  背を伸して  背を丸めて恥ぢ  背が伸びましたよ  背とに聴診器を当て  背を遠慮なく私の身体に擦りつけた  背にとまって  背の高い水槽ほどもある  背の高い方ではなささうである  背すぢは冷く  背高く見ゆる  背が見られる  背からしなやかに肩へ取って  背に蔽われかかって  背を圧する  背を向けようとしたし  背を見渡しながら  背の高い支那人もまた高粱の裡に姿を隠した  背へかけて  背の高い奴が現われて来たら  背に頌徳碑が立ててあった  背に乗つて遊んでゐた  背を押されて  背を見せて  背を見せた  背をつついたりしながら  背を引のばす  背高い婦人帽の頂を認めると  背が立つ  背ほど高くなっています  背が立ちました  背を走った  背を屈めている  背の低いでっぷりした  背にあてられてるかな  背がかがみ  背が私に見えた  背に投げかけ  背にとびついて  背でリンリン鈴が鳴った  背の高い冠のやうな檜葉の突先がひよ  背向いてゆく  背向いた中の一人がみのるだ  背向いて了はねばならない  背ごわれやという唱え  背の低い女の来る  背をもたせかけて  背にしていた  背の辺へ天井の重さを感じる  背まで下がって来た  背を丸くしながら出て来た  背へかけて居た  背の屈め  背の長いセビロ服の男が現れて  背について窓外を見た  背が輝く  背を焼かれながら  背をちぢめる  背に新らしい下駄や一寸した  背のものをゆすりあげて  背を向けてずらっとならべてある  背にかけた  背は思わずも激しく波打った  背を抱えている  背に負っている  背から胸を貫かれた  背の高い衝立が一つあるばかり  背の低い門番とをつかまえて  背を乗客席に並べて乗せた  背の節で眼を押えた  背のひくいしなびた  背の高いでぶちゃんの女がついて来る  背にうつつなく眠っていた  背の高い警吏が襖の傍に立つて  背の低い方にちがひありませんよ  背の低い古島さんの顎へかけて  背すぢを走つて  背にする  背を向けて立ち  背を延び上げようとしていた  背ぼねをたたきのめした  背から足さきまで  背おふでありませうか  背の高い西洋の女が手に持って  背にして立っていて  背へ掛けて  背の立たない  背に繞らしつつ彳んでいる  背には波を打たしながら  背に庇って立った  背に傷を受けず  背の河内の国安宿部郡の山田谷から移って  背の低いのが目立ちました  背に廻って  背を乾してゐる  背が高いというところが似ている  背を焼き  背におつつけて  背で詩を吟じて歩かれました  背にひろきながめをねが  背の高い雀部も振回つた  背のひよろ高いのもあれば  背の低い四十五六の男が立つて  背を靠せて列んだ  背とを持った  背なぞは父ほどあった  背の上の針鼠には堪へてゐなければならぬ  背にそれよ  背に手をやってなだめようとしてみたけれども  背を向けて立ちながら  背に手をかけた  背を向ければ  背の高いところまで父親似で  背を撫でられる  背に腹はかえられず  背に端座していた  背を刺す  背に圧迫せし  背の高い若い男が這入って来た  背にふれて  背に負うた  背致しているからである  背を向けてし  背に夫の深い呼吸づかひが  背から覆被さる  背に次の村へ赴く  背を指もて撞きぬ  背をひっぱって行って  背を撫で撫で  背に左手をかけ  背にもたれて立ち  背を向けて坐った  背を抱えこむ  背を延しながら  背の高い樹木が減った  背を掴まえて  背につかまった  背に靠れた  背の高い硝子壜の中を覗いていた  背の高い茂みを交えて  背の低い男が一番先に立つて  背は丸く曲った  背を凭れて  背は波打つ  背を抱いて居る  背に鉄カブトをくくりつけ  背の高い老婆が提灯を持つて  背の低い老婆が飛び出してくる  背で押す  背が低くて痩せているし  背がさういふところの海の色をさらに黒くする  背はさほど高くない肉附のいい身体を運んで  背を支えられて  背とサンを掴んだ  背を半分後ろへ捩じ向けた  背に凭たせて  背の高い黒紋付が蝙蝠傘を畳んで  背の半分までかけている  背にして横たわりおりしを以て  背に横すじかいに凭れかかった  背を凭たして  背にして行く  背にしてすわっている  背にたたきつけた  背に揺られ  背に満載して帰って来た  背の低い肩の細った  背の高い叔父の姿がもう眼の前に現われた  背を討た  背に尽忠報国の大字を黥し  背の高い男が追って行き  背に上れり  背にむらがり登れ  背を葢ふほど  背は低いが骨太の老人で矢張釣竿を持て居る  背の高い怪しい者が月の光を浴びて  背には人の入れる  背の高い美男のステパンを仰いで見たりしてゐる  背とを当て暖かな陽光にひたった  背にしがみついた  背につきはなれぬ  背の低い子がそう云った  背がよくわかる  背がすぐれて  背ぼねに伸びを与えて  背に縛られて  背にとび乗って  背にかけ  背に負わせて捨ててある  背に波をうって  背にも肩にも嗚咽の波を打ちながら  背に落ちる  背をとおして  背を駈けていた  背に聞えなくなると  背の細ッそりした  背を西へ荘厳な落日の光耀はうすずきかけた  背へいって  背が高いので目だたないが  背にして立ち  背が壁に触れた  背を火傷している  背もかしたであろう  背とともに動く  背のたかい黒茶の衣服に三つおだまきの紋を着けている  背は後ろを向けた  背で結んで  背を脅かされてでもいる  背にむすび  背に紐でくくって負うている  背の無い腰かけの方へ行く  背の幼児を一つゆすぶってから  背に片手をかける  背の高いことと驚いた  背に対ってぶつぶつと罵倒を浴せ掛ける  背を向けて立直ると  背から右の腰へかけて  背に立つ  背に海緑色のモロッコ皮をつけた  背の高いスイス人らしい若いひとが立ちあがった  背の高い海兵がランチへ飛び移ってきて  背に積めるだけの  背をまっすぐに立て  背の長さ位の尾羽根がやはり黒一色ですっとさがり  背が五尺四寸もあるので  背が高いように思った  背を向けて休んでいた  背がすくんでしまい  背の大剣を抜いた  背をたたいたりした  背に迫って行きつつある  背が後ろの者の肩を押し返した  背が光っている  背の武者修行風呂敷とともに一つに絡げ  背へ小石を浴びせた  背が隠れかけると  背を樫の古木の根株にもたせ  背をむけて坐り  背に帯のついた  背をもたせて立った  背がひく  背をもたせた  背の高さと色が違うだけで  背の創に染み  背にかくされ  背を打たれて  背を見まわし  背を越えて行った  背はまるで渦に見えた  背を打たれ  背から除夜の鐘がなるといい  背に負うて  背叩きて面撫でて  背にまきて  背に伏して  背の創は癒えずして  背がビルディングの五階に届く  背の丈ほどもある  背にのびている  背に腹は代へられやしないやね  背に腹は代へられねえ  背が立たない  背に御頭を押しつけておいでなさる  背を叩かれて  背の高い老人がいた  背の高いかれは  背を浮べてる  背を丸くした  背にあてて  背でない方を出す  背でやった  背を丸く首を傾げた  背に負う  背へ手を回そうとして  背を大分行った  背の低い若い男が立つてゐた  背にはさんだ  背に乗ってから  背から降りて  背で送って進ぜよう  背には笈を負い  背を向けて坐っている  背には荒菰を蔽いかけてある  背をならべて  背を見送っていると  背をてらす  背にいくつもボタンが付いているが  背に幾つもボタンが付いてゐるが  背に彼等の花繍などをせぬならば  背につき当る  背に重き佩嚢になひ  背に腹は代えられぬとは申せ  背が三丈もあらうといふ  背にいたしまして  背を合している  背も靡いて見える  背を丸くし  背をむけた  背をさながらの石段の上に玉面の獅子頭の如く築かれて  背にはそういう咒文が絡みついている  背をもたせる  背の低い林が一叢繁り  背に落ちんとして  背などは乱暴に殴打せし  背に刀で切たかと思えば  背から腰の辺を強く叩きながら  背の辺りを切り附けられたり  背をうねらせてゐる  背の低い方のを探したいと思い  背をつけて  背の上にさながら盤石を置いた  背も板ででも出来てる  背に浴びて  背には郁太郎をおぶって  背に結んだ  背の郁太郎を揺り上げる  背に腹は代えられず  背の高い人物だということがわかる  背おっていた  背を向けていなかったら  背に受けると  背に如何にもだらりと脱ぎかけてあった  背の高いスタンドの電燈が一つ硝子戸に鮮かに映  背に竹細工の茶棚を控え  背を撫でて下さる  背に塗り  背に這廻れば  背の如き濃藍色をした  背の如き濃藍色の山膚をくつきりと浮出してゐる  背を歩いてゆくと  背を九十九折りの  背を渡る  背に聳えてゐる  背を打つと  背の小さい男が竿を振り廻していた  背に受け  背でまいりました  背よりもまどろし  背にうつり  背に見せつつ  背を支えている  背を屈ませて進み出た  背へむしゃ  背をなでては  背に似つ  背から食み出さしていた  背にして坐る  背を割られる  背を叩いて呼んでみて  背のような岩の上へのぼる  背には郁太郎が温和しく眠っています  背に腹は換えられないから  背に波を打たせるばかりである  背に背負っている  背に男の子を負うた  背と言い  背に引きかけていた  背の低い方が答える  背の高いのが急に紙と筆を下へ投げ捨てる  背が低いことは申すまでもありませんが  背の直い  背に腹は代えられぬ  背に背負った  背を向けるだけの  背に落ちたが  背は低くっても泳ぎが出来る  背を向けてしまいました  背にも似て  背に挿して  背を向けました  背を向けたにかかわらず  背が低いからいちいち床几を下へ置いて  背向けている  背高く咲いてる  背にかける  背よりも高い笹藪がつづいていて  背の高い古い石垣が聳えていた  背の高い古ぼけた  背を向けると  背へ移された  背へお移りあって  背へ呼びかけて来た  背へ跳びかかった  背になって  背をむけ  背の荷をおろした  背によって彼らのサッポロに送り届けられる  背を掻きわけた  背も見つからなかった  背の荷にしょい込んだ  背を凭せて  背が曲るほどの  背にまで刺し込んでいた  背に腹はかへられぬので  背をちぢめてかたまり合っているかの  背はどんなに遠くにいても  背にしばりつけた  背よりも高くしげっていて  背にサーベルがぐさりとささっている  背に腹は代えられません  背くらべをしたり  背くらべをしたりしまして  背くらべをしてみなされ  背の上に立ちます  背へ飛び上がりました  背を撫でている  背のほ  背を越しました  背をぶっつけた  背のあまり高くないのが来ると  背から胸へ神の朱の矢で射ぬかれてことぎれていた  背にかついだ  背をまるめ  背の高いのもあれば  背が低くって可愛いところがあるけれど  背が低いから子供に見誤った  背を露はしてゐる  背に匍ひ  背から腹にかけて一本の木綿帯をく  背でたえず路の前方の或る一点を見つめ  背が高いので一種の優しみが現れてゐた  背をぐつと伸した  背は恐しく  背をつかんで  背をたえ  背の高い男は黄く汚れた  背の高い男とつれ立つて  背の低い痩せた  背を打つ喘ぎが  背になるやいな  背を抱える  背へ手のとどく  背を一つどんと突いて  背の高い一人が女官をとらえて  背より腹に巻き  背に奇麗な膿の流れ居るが如く思ふこそ  背を向けながら話し  背の低き角行燈をともし置き  背の痛み堪へ  背に痛みを感じる  背に負うてあやしながら  背から胸の方へ抱え直して  背をつけるくらいにして  背を睨んでいたが  背に斜めに負うている  背に引っかけられている  背の低い人をわざと人中へ引張り出して  背には袋へ入れた  背がスラリとして  背を向けてはゐるけれども  背の低いずんぐり肥った  背の低い肥った  背の低い運送人についても考えて呉れたが  背の低いがっしりした  背向けようとした  背向けずにはいられなかった  背が高いとも云い  背を撫でていた  背屈みして  背をなでた  背からすべらせた  背はこれ以上には伏せられぬほど低まった  背に守っていた  背をむけかえて  背をかがめて  背に掛けならべると  背に掛け並べた  背に掛けて乾かしている  背にして歩んで来る  背の低い網代笠をいただいた  背にぞ虹かかる  背を向けて立ち去る  背に男の子を一人背負うて  背に負うている  背に負わせている  背なども骨露わに拝されまする  背を脱がせにかかる  背へ押し上げて  背に腹はかえられん  背も埋  背を凝視していた  背には一人子の照子を背負っていた  背といい  背を向けて立ちどまつて  背をこずく者があるので  背に飛びかかった  背を丸め  背から腹にかけて砂まみれになった  背には学者のように色の褪めた  背を初めて客と対等にして  背へ道誉を乗せ  背から振り落され  背を寒くしていた  背に負われていたが  背などを借らなかった  背をすすめた  背を小突くと  背の波は一せいにまたしいんと沈んだ  背に負われた  背に荒菰を巻いていたので  背を見送  背を向けて坐っていた  背の高い青年に向って言った  背の高い水仙の花が叢を成して咲いて居ます  背に触つたら  背を二つ見せている  背も少し前屈みになっていた  背の高い紳士が立ちどまって  背ぼねをたたき  背に取った  背のいと痩せたるが  背がのびません  背を打ち出して  背になれ  背が一尺のび  背で世間を見物顔していた  背へ言った  背のそばへ来て  背に乗せて  背から降りていた  背を拭わせた  背でそれを感じていた  背をなでる  背をさすらずにいられない  背を後ろからかかえこんだ  背に腹はかへられないで  背に一間の大床がどさりと  背にしてうつ  背の低い灌木の群を横えた  背も高いタイプが適し  背を榊で打つと  背の低い人が出る  背の低い人間を天朝様へ上げるの  背の低い人が見つからなかった  背の低い人を朝廷へ奉らなかった  背から湯槽の縁へ載せ  背にみだれる  背を温めている  背や胸に泥を塗っては  背の低い男の外国人がひろってくれた  背のえびらから上差の鏑矢一トすじ抜きとって  背へお手をかけて  背にお姿をさらしている  背に諸国をあるく  背を拭うてくれ  背を大樹にもたせて  背にピッタリと坐  背に負われ  背に負われていて  背と肩とを使って  背に負うか  背をやすめ  背や肩を使う  背と額とでささえていた  背で物をはこぶ  背を使う  背を借りた  背に物を負う  背に負うてゆく  背の高いひ  背の高い頬骨の出た  背の高い男とが庫裡の入り口に車をつけて  背の高いかみさんと田舎の寺に埋めておく  背の高い後ろ姿のいいところが気に入る  背の高いお嫌ひな人が君でなくってはならなかったら  背のすらりとしたやせぎすな  背を後ろに日和ぼっこをして  背をたたいてやりながら  背を離した  背に新しい鞍をおけ  背にまたがっていた  背を目がけて突いて来た  背をかがめた  背に西洋髪の頭を靠せた  背に着る  背を流したり  背の低い某氏が号令を聞き誤って  背の高い女がいて  背と一枚になっている  背の高い京子を持てあまして居る  背に跨がりながら  背のようになって  背の高いやつを射よ  背を鎚にして  背にのせて行くと  背にまで出てしまった  背にまでぐさりと銃剣を突き  背にあたった  背が見える  背の高い柊の垣根に沿って歩いて行った  背に胡座を組み  背を欄干にもたせ変えた  背の低い顔の丸い中太りの  背を見ると  背はまろい  背に平たくしていた  背へ向けながら  背には一面の桜と花札が散らしてあった  背を向けては  背にしわがよっていて  背を見せると  背に負い通して行く  背のかがんだ  背のひくい男の白い爪先を見ながら  背の高い男だつたらうと想像してゐた  背が三尺もあつたやうに思へた  背の高さだけの大きなかめに酒をなみなみ盛って  背に移る  背が見えて来た  背ののめった  背にもたせながら  背に負わされていても  背の低いのがよく縁日の見世物に出る  背を暖い  背へ頭をもたせて  背のひょろ長い黒い衣服を着た  背のひょろ長いものが前に来て立っていた  背を向けてる  背に重い鉱石を背負っていた  背をうしろへ強く引きつけられた  背には一枚の古ゴザが敷かれて  背や腋を拭きまわった  背を見まもっていた  背に巻を負わせ  背に移させ  背から頼  背はふとしてゐると  背に額を押しつけながら歩いて行く  背の高いやせこけた  背に緑の筋を持っている  背を蜒らしていた  背に強く笞をあてた  背を円くして  背に身をもたして  背に頭を反らした  背へ手を廻して  背を丸くしながら  背の高い奴はきょうも来ませんよ  背の高い一人の若い武士が刀を持って  背の高い男に出逢った  背をぬすむ  背は革で作ってあり  背をなでていた  背の高い男がいて  背に腹は換えられないと存じまして  背は彼女のひとみの中にかすんでいた  背を見送った  背は恐懼のうちに感じている  背と子のあいだをみる  背を見た  背をつたい  背にお目をとじて  背の高い患者運搬車にのせられたので  背にもたれている  背で峰打をくわせた  背のたかい男がうす暗い表から覗いた  背の毛の発育を不必要ならしめ  背に引かけて  背は朝宵に袖を連ね  背の高い若い男が自然の愛嬌のこもつた  背に向ッて荐りに礼拝していた  背も立ちゃしないけれども  背を丸くして坐つて  背負わされました  背の繰越しの  背を曝し居り  背を見るだけでも  背が見えるぐらいな  背から乳下まで突き抜かれていた  背に聞えている  背へ廻して  背に居る  背から降ろさないで  背おってあるきまわっている  背の高い腰かけが一つおいてある  背の高い大きな小屋がけをし  背をとびこえて  背でも見る  背を高くしたら  背を向けて坐っていたに  背高き白髪の人左手より出て来る  背に夕日をあびて  背が焦げ  背の所まで来ていて  背の浮ぶ  背にもたれて  背を蔽うて  背からおろされました  背が高くなければいけません  背を圧迫して来る  背が詰って  背を支えた  背を貸せ  背はぎらぎらと光って見えた  背に何物かを背負うて  背の高い女だっていう  背が一寸ずつも伸びているので  背に濡布巾をあてがって  背を壁に持たして  背に載せて  背へ廻った  背の肉を薄く切っておきます  背に負いて  背から庖丁を入れて  背に似てゐる  背へ雫が流れて  背が高くて若木のようにほっそりして  背を向けて立つ  背へ手をかけて  背につけた  背をかかえる  背のぐっと高いキャバレーの主人のやせた  背の肉がサラエンロースの三番同じく二番同じく一番と三つ並でいます  背の皮の下にありますが  背の赤兒は手をのばす  背ものび  背を馳せた  背ほどの大きさの爆弾になると  背を縮めながら  背がすらりとしているから  背を真白にしてやる  背のように盛り上った  背を向けて寝て  背の低い男ぶりを見ては  背の高い壁にとりかこまれ  背の高い白壁づくりの塔が天空を摩してそびえていた  背には籠を背負っていた  背を向けきって  背を馬場に向けきった  背に負って帰って来た  背に子を負うているから  背の高い帆村の顔を下から見上げる  背にして並べ  背も臀も皆痛む  背してしまった  背の低い西洋人が立っていて  背に斜にく  背の高い五十格好の人と立話している  背の高い煙突があったが  背をつけた  背のような上甲板を海上に現わしながら勇しく  背の幼な児は死んでいたという  背の子が死んでいた  背の馬が思う  背っている  背に書いてある  背に高き龕をになひ  背から一尺ばかりの小蛇が這いだして来た  背に衣鉢を負い  背を撫でてやった  背が低いので演壇から首がかろうじて出るばかりである  背は高いが身が入っておらない  背にランドセルのような酸素発生器を担い  背を丸く曲げると  背の高い半球状の天井がある  背の高い若い外国婦人が乳母車を押しながら  背ぐらいある  背に腹は換えられませんや  背が高いくらいに見えた  背にしようとした  背の高い色の白い大柄な一目に芸者と見える  背を向けて寝た  背を向けたと思うと  背へ廻る  背に受けた  背にして坐った  背をもたせかけて立っている  背に諏訪因幡守様の屋敷前を馬場へかかると  背を合わせて  背も円く前にかがみ  背をすべり下った  背に乗っても  背に負ったり  背が見えた  背に頤をのせる  背を向けていた  背にかついでる  背に乗っかったり  背を抑えてくれる  背が右手に見える  背へこすりつけて  背へ薪を載せて  背にして去る  背ごしに  背に浴びていた  背にしがみついて  背から心臓のところをグッサリ突き刺す  背を軽く叩く  背の高いのから順よく並んで  背屈み通る  背へ飛縋った  背を斜にした  背を反らして  背をちぢかめて  背をもたしていた  背をやかれる  背の汗をおぼえた  背に色彩りあざやかな紋のある  背のあたりにふっと老いの佗し  背を引け目にするどころか  背が高くなくっちゃ困るの  背が弾んでみえるほどの  背に飛びついたり  背に乗りたがる  背を得意気にゆすぶってみせたりする  背をみせる  背を寄せた  背を壁に沿うたなり  背を振った  背にしていたので  背へかけた  背も通れと突き  背がまるで零れた  背は立っている  背に燈火を負う  背を叩くもあり  背をやさしく撫でて言いました  背よりもずっと高くて手がとどきません  背へ凭れて  背が高くてデップリふとっていて  背に貼りつけて  背を擦って  背へ頭をつけながら  背の高い肥った  背を埋め得るだけの  背を優しく叩いてやりました  背を叩きながら  背よりも高いあしやかやがびっしりと生え茂っているばかりで  背の高い男が飛んできて  背の高い女が三人横の方から出て  背は高く眼は円くして  背の高い眼の怖ろしい  背の高い人が入って来た  背に乗った  背に黄色い斑点のあるゆう  背に敷いて  背と腹部とに幾筋もの金線をめぐらして  背と腹の金筋を朝日に輝かしている  背と腹の金筋が美しく輝き出す  背と腹との間のくびれた  背と腹との間の急所に喰いつく  背に負って行く  背をとおし  背おつたりした  背ぼねを突きぬけて行った  背に子を負って  背につかまれ  背を並べている  背へ斬りつけた  背を撫でつ  背を通り拔け牛伴のうしろより進まんとし  背のような尾根が蜿蜒と匍っている  背をたたく  背でも撫でているけ  背の高くくねつた松が空に自分の影を摸樣の如くに押して居る  背なる壁の掛時計が懶うげなる悲鳴をあげて  背から現はれ  背が高いだけに音吐朗々たるものがあった  背にあるとか申すなら  背にも湯がこぼれた  背におぶさって  背高く生えた  背に斜めに負うた  背をうしろに向けながら  背が伸びねえ  背のちっち  背に産んでくれるに  背にかけて一面あけに染まりながら  背をうしろから袈裟掛けにやられているではござりませぬか  背に頭を凭せかけた  背に男の子達を乗せて  背が高く堂々としている  背に水をでも浴びせかけられた  背に立てられた  背を横えた  背のすツきりした  背を見せてゐた  背を向けて寝そべると  背にのせておくと  背がさらに高く見えた  背を向けて欺き  背の曲がった  背の高い強健なすらりとした  背を向けてしまった  背は曲がり  背が低くでっぷりして  背に飛びかかり  背に見える  背を丸めながら  背を返しました  背には箔捺しで  背のたかいロシヤ人で何か祷りを捧げてゐるらしい  背にどッかとアグラをかいてみると  背をむけました  背に横乗りをしていながら言った  背にゆられて行く  背から突然にころげ落ちた  背に漢竹の節を詰めた  背に乗つて  背に沈めてゐるので  背をまるめて坐つて  背をかかえて  背の低い婦人が来て  背へ廻す  背を撫でる  背が低くて丸々と肥え太って居る  背の鱗を動かして居るかと疑われる  背屈んで居る  背に腹は替えれぬから  背の高い紳士で小脇に方一尺ほどの箱の様な物を挾み  背を向けて立った  背を凭せかけた  背に負われたり  背にうすずく  背の高い元帥の後姿を見かけたといふ  背を下にして  背の闇に溶け去つてゐるが  背の闇をぬすみみた  背らしてそ知らぬ顔をつくり  背は後の砂山に靠れ  背に風呂敷包を負うて  背に沁み伝わり  背の小供はめそ  背に掴まった  背かがみになった  背より低くなって  背を跨ぎ  背まで達し  背でそれを押えながら  背を向けてしまう  背を向けて歩きだした  背の矮い  背の低い黒部杉や栂などの生えている  背の高い偃松が姿を顕わしたと思ったら  背の真中ごろに少し突出した  背に躍り上った  背を登って行くと  背の高い人が追い被さる  背の高い人がいた  背の高い群集に押されて  背の高い黒い顔をした  背の高い男は藁の縄で酔払いを荷車の上へしっかり縛りつけた  背から腰の下まで三角に垂れて  背の高い花にむかってたずねました  背の低い太った  背を向けたがっていた  背の高い太った  背にして立っていると  背をやさしくなでながら  背のすらした  背へ下げて  背を持たした  背を溢れ  背をお雪に差向ける  背をあてた  背を干して  背が高くすらっとしている  背のあぶを追いながら  背を撥でついた  背の低い唇の厚い女が火を持ってきた  背から受ける  背をなでながら  背ほどもある  背の低い奴と見えて  背に縋つて  背に頭をもたせ  背が低くでっぷりしていて  背をピアノの方に向け  背が曲がっていた  背の高い肩幅の広い細君の顔が見えて来る  背のように出っ張って来ている  背に飛び飛びに生えていた  背ともいわず  背の高い女が入って来た  背に一つ大きい家の紋がついていた  背にまたがれば  背を握りしめて  背を掴まれた  背を靠せた  背にひらりと飛び乗った  背の高い立派な男が立って  背を振ってあやそうとする  背の二倍程もある  背へもたせかけて  背につかまつた  背へ乗るが  背は低いが胴の太いがつちりとした  背を向けるであらうし  背に反り返っていった  背の方に廻った  背の高さは五尺ばかりあらうかな  背おつた昔の軍人のやうに袷着物の背中に風をはらんで  背へ来て  背の低い頭の禿げた  背飛び遊戯の相手をさせ  背をひどくたたきつけてやった  背が高く痩せた  背の高い髪の毛の大変良い人だけれ共色の黒いのが欠点だと皆知ってる  背にして立ちながら  背の瘤のような枝葉の集団が幾つかもくもくと盛りあがっている  背に負うていたという  背に組んで  背に向けて身構えた  背のたつ  背向けて急ぎ橋を渡りつ  背が小っちゃくって  背にして立つてゐるからです  背に腹はかえられぬ  背が低くむっくりしていて  背の高い人の肩によじ登って  背とを砕かれました  背に記してある  背にしてよりかかったので  背を越え  背にまで鏃が衝き抜かれて  背を向けえない  背を者どもに向けると  背を靠せて坐り  背押されて  背を撫でながら云った  背を向け走り出した  背を此方に向けて  背に迫るので  背のいたみが出て来て  背にして坐  背の高い大柄な肥満した  背をかがめなければ立っておれなかった  背を壁のほうに向け  背の高い男の友だちといっしょになって  背をかがめうなだれて  背にしていて  背に火がついた  背の低い菜種の花を引き抜いて来て  背の高いもののように思われてならない  背伐りの厳禁を犯した  背伐りの吟味と言えば  背伐りしたと言って  背で街道を運搬されていたので  背伐りをしたりしたという  背をくれたいなあ  背の高い半蔵に寿平次を見比べて  背にかかっていて  背に腹はかえられぬからぶちまける  背の高さに相応して肥った  背を少しかがめて  背にして立ち止まっていた  背からすでに細そりしていた  背が高く強壮でやや肥満していて  背に負いながら  背に頭をもたせて  背を向けてゐなければならない  背も高く体格も立派な多吉は首を振って  背高く繁茂してる  背もずらして居る  背がひ  背の高くない身体を少し伸ばす  背が高くりっぱに見えた  背が三寸ほどひと晩のうちにスクスクと伸びた  背に手をかけながら  背に負んぶをして  背を抱くと  背に文あり  背に何かものが負われた  背に負うて渡るとは  背に腹はかえられぬので  背を両手でしっかり抱いて  背にちょっと手をかけながら立っている  背を起すと  背を縮めて歩いていった  背を揺っていた  背の延びた  背に子供を負った  背までくっついていて離れられない  背が低すぎたり  背の低い小ちゃな冷い  背にかかっていた  背にして置かれていた  背かざらんとする  背すぢがぞくぞくとし  背の高い方は田舎者に似合はぬ才をも有つて居るし  背の低い方は自分と同じく漢詩を作る  背の低い洋装の少女があった  背の丸々しい  背に食いついている  背わが兄ことさらに兄ゆきまして  背の高い中年の太った  背こそすらりとしていますが  背に汗が流れます  背の上を面白がって歩く  背は木の皮でこすられて  背は低いが体躯のがっしりした  背の低い数本の青木と八手をかこんだ  背を凭たせて  背高く黍が色づき  背にして坐ってしまった  背に感じた  背が冷たく太股の皮膚に触つた  背をむけていたが  背の低い男でも手がとどく  背に白き粉のある  背を戸棚にこすりつけた  背が粟立つほど  背をあらわした  背の出張った  背がゾッとする  背せず唯々と御小言を聞いて居りますれば  背に腹は換えられんさかい  背のあたりと思う  背が立たぬ  背を見せて走る  背をしてこそ  背があれば  背及び腹に鰭のようなものが附いている  背の形をした  背の高い怪人があらわれて  背にしばりつける  背がのびていったので  背が屈んだとか  背の高い鶴石と並ぶと  背がひくく見えた  背に映しながら  背へちょっと鶴が気付かぬ  背を離れ  背に留まり  背のそれへと変ってゆく  背に至って  背に印を付けたので  背におひ  背に載せられたという  背は箭は立たじと  背は箭は立たじ  背に替えられぬ  背を凭せかけ  背の高い美男子の一人が云った  背を半ばもっこり  背のある  背に封じ手を使ってみて  背を丸めた  背におい  背をよせる  背に冷え込む  背を低くす  背を偃くし居るという  背に朝章を加え  背に載せて走らせ  背をそばめて  背をつけて坐った  背にうねりを打たせてかけて行く  背に跨がり  背をとび降りて  背にお燕を負い  背を見て  背に同情していた  背のお燕を降ろさせて  背に浴びせられた  背に負って行こう  背へ手をまわし  背をたたいて  背をさすってやりながら  背をたたくと  背にとまらしていました  背でねむっている  背にかけはじめた  背の高い女が来て立っていた  背の高い女はこう言って  背の高い女は若い女の方を見た  背の高い女はこう言ってから  背高く立っている  背へ這い上った  背にして立たせてるた  背に手を懸けながら繰返した  背へもたれてしまいました  背も反らん  背に見たる  背を向けたるが  背になし  背の小包を下ろし  背が痛んでならぬ  背と尾に長き鰭あり  背は曲り  背に布嚢と書簡を付け水門を潜らせ出すと  背の低いダンサアと踊っている  背のたかい大人のやうな面をして居る  背が高ければお手が屆きましよ  背の低い人が角袖外套に雪駄ばき  背より冷水をかけられるが如く  背の低い小肥りした  背に笞をうけなければならなかった  背には小木生じて  背を冷やす  背へ抜けた  背を望んで  背に食物を負うを  背より落ち  背へ移されると  背と背を向け合っている  背を押し  背を薄黒く染めて  背を湿す  背が低く痩せている  背の低い女がつと出て来て  背を見せて坐っていた  背を流れる  背に腹は換えられぬ  背の小草のかずに  背をむけはしないだろう  背を波のように蜒らせながら  背を蜒らして走り廻っていた  背のきわめてひくい若い男がひっそり立っていた  背をもたせ  背にふれてゐなかつた  背へ手を当てて  背のきはめて  背をや高めし  背に立つてる  背にしよつて出かけます  背の丈を二寸くらい低くして歩いていなければいけない  背を柱に寄せて考えるとも  背を抱き  背がバネ仕掛けでうしろへそる  背の高い男の姿を見出した  背を抱いて  背を流さしておいた  背を擦っていた  背のとどかない  背高く肉やせたり  背を借す  背よりは湯気立ちのぼり  背低き楓をところどころに植えたる  背にしてうずくまり  背の高い男がありました  背の高い男は答えました  背の高い男はほ  背の高い朱文が張家に仕える  背が高いのと腕が長そうだという感じを与えるだけで  背の高い眼の大きな何処かに男好きのする  背のすっきりした  背の高い女の姿が窪地のむこうの  背を凹ます  背の如くに再びゆらりと姿を顕わすと  背をガンと打ちのめしたなら  背の高い一寸見られる  背に手をかける  背が波を打っている  背を見守っている  背向けていたが  背の高い男も晴ればれとしてくる  背の低い松が小杜を作っているばかりで  背にしていたから  背高いキビが野趣にみちて色づき  背をつまんで  背を殴  背を小突かれた  背を板壁に寄らせた  背を支える  背とを支えていた  背に地図を画いた  背にむかって  背に背負われて  背でむずかる  背のように黒ずんで  背が低いので見えません  背が低いので登る  背を低くしてやる  背を高くしてやる  背の高い女と低い男の三人が昨夜から泊まっているだろう  背の高いインド人の巡査がいて  背の低いくらゐな  背から下して  背に降る  背は低く横に広く好い形に育った  背は冷たく輝いて  背や喉をこすりながら  背と車台の羽目板の間に置いた  背に手紙が結いつけられてある  背を向けさせ  背に分けて  背にくりいむは  背の高い青年はギクシヤクする  背の高さぐらいのところに掛けてありまして  背が高いと言った  背のヒョロ高い顔の真黒い鬚だらけの泥棒がによつ  背から幼児を抱き取る  背へ当てた  背の低い軍曹の御母さんを見て  背に當つてゐる  背をなす  背をふろで流す  背をみせて  背には冷汗がにじんだ  背にして立っているので  背に負いながら並び合っていた  背に枯草に座った  背の肌に生温かく感じた  背やらでうけた  背であることを信じる  背を平手で打つた  背の軽い骨とを歯に感じた  背の高い警官が立つてゐて  背の高い女が立つてゐて  背の高い服装も化粧も万艦飾の若い女が坐  背を見せて拝んでいた  背の高い女が出て来た  背のほうから右の肩へ廻すなり  背に当った  背の方にまわして持っていた  背に汗のにじむ  背を湿  背なる小供は母の背に屈まりたるに  背にかかった  背の皇子のあまりに歎かせらるる  背で彼女を支え  背にもたれ  背の高いやせたからだに  背の高い姿を眺めた  背の高くやせた  背へもたれこんだ  背だけが似ていた  背にもたれこんで  背のように冷めたく光っている  背を襲った  背を黒く踏んで来る  背の高い姿を現した  背に日を照り返す  背の低い私にかがみ込んで  背を高く持ちあげては  背が高く足が長く見える  背に腹は変えられぬ  背がのびる  背に負いもしません  背をまるくうずくまって  背の高い青年を取りかこんで  背の高い青年が子供達のまん中に立っていたと  背にしっかりと跨がれば  背に跨がる  背に冷汗を流す  背を縦走する  背をしかと掴んで叫びました  背の高さをはかつてみたり  背の高い大学生は立止つて少し微笑して  背の低いその青年にあまり注意しないで  背は低かつたであらう  背の高い伯爵の後から投げかけた  背の高い素敵な西洋美人が伯爵の恋人と囁きかわす  背の高い人で一見頑丈なつくりであるが  背には獲物の牡鹿が乗っていた  背を押しはじめた  背がのびたわ  背を壁につけて  背を丸く蹲踞っていた  背の重みを梯子に託する  背にずり辷って  背に負した  背も半身の膚あらわにおわする  背に騎して  背をなでてやります  背に打ちこみましたので  背にかけて縛りつける  背をぬるぬるとすべるという  背の高い体と熱い様な光りの有る  背をぬる  背を流す  背に子供を背負い  背の低い看護婦達が顔を出して  背の上に飛び乗って  背の高い大きな老人が顔を出した  背の高い老婆が茶を持ってきた  背の方へ落ちて  背に積んで戻る  背の低い私にはちょっと手の届きかねる  背の高い音曲師がヌーッと上がっていった  背に片手かけて  背立ち割られ  背が高いのにせんだ  背はひたと汗になりぬ  背とケシの花とを越えて  背に感じながら  背すぢを伝うて離れなかつた  背の半分を埋めてしまふ  背もすらりとして  背を向けたい  背の高い頑丈な鉄の檻を発見したが  背から身体を起すと  背の高い司法主任が入って来た  背にもたれてかけていたばかりだ  背より浮かび  背をおもむろになでおろしつ  背かを打って  背の高い岩佐に聞える  背の高いそして口から煙草を放した  背に乗って下さい  背に水戸は深海軟泥につまづきながら  背の高い頭をぶつけ  背の高い雑草で埋ま  背の高い竹材置場が見えてくる  背の高いはうで  背が高かったというかと思うと  背の勾配も加減できる  背に何となく明るい雰囲気をもって居ます  背に乗せて歩きました  背ほどの高さの小梨を見つけた  背の高い人物が交っていた  背に頭をもたせかけ  背におしつけていろ  背におしつけた  背の低い熊笹のおい茂った  背すりあわせて寝る  背すりあわせて  背をすりぬける  背に閉ぢられた  背に両手をかけ  背に軽く頭をもたせかけて  背から漸く降りた  背をまいて  背の中ほどまでも截りあけてみせたる  背の隆い  背の中ほどまでもきりあけてみせたる  背の青い小魚がむれて  背から開いて  背にあかあかと落日にじめり  背はむしろ低い方かも知れない  背にジェルサレムへ入られた  背にになう  背に乗らんとしたが  背を光らして  背を高くしなくたって  背の子等は必要で有効な道具立てでなければならない  背を向けて立っている  背を撫でてやりながら  背に負はれたる  背が高いかもしれないと  背に坐つた  背の後へ隠れ  背の子に守り  背の子も眼をさまして  背をみた  背をむけて坐って  背の高い男をふりかえり  背の高いのをふりかえり  背の波を踏み越え  背が高く見えた  背にして戦う  背が現れて  背の上に置いた  背の手紙を見つめていたが  背をもたせて立っている  背をもたせていた  背の高い方の米子がぽっと頬を染めて  背が高くすんなりと伸びて  背の低い髭を生やした  背の低い髭の長い体操の教師は威勢よく誰よりも先に登校した  背の高い瘠せた  背をたたいた  背をさする  背の高い男が来た  背の方へついついと肺臓をぬけてゆく  背を流されたりしていた  背をみせると  背をこごめ  背に廻っていた  背が品よくみえたが  背の順に並んだ  背を向けていると  背は雲つく  背高い女がゐた  背の荷物は段々持ち重りがして来るし  背から荷物を取り下してくれた  背のすらつとした  背だけは梅雨時の筍のやうに伸びて  背に乗  背に生える  背に這わす  背に綿屑かしら喰っついていますよ  背にもたれかかりました  背にして逃げ惑う  背にして立てば  背に腕を掛けて  背低くして  背高く一方は肥て背低し斯も似寄たる  背に従えて  背を高めた  背を向けたなり  背ひ去るに至らしめたる  背の届く  背の高い若い人が思い浮ぶ  背の高い従業員が来た  背の真中のたつた  背ばかり伸びる  背と峰に貼付けただけのもある  背が一つの重要な働きをもって来る  背に箔など入れてある  背が平面なのでフラットバックと云われるが  背まで続いた  背の高い年とった  背へ赤く大きく菊水が彫られて  背に生垣と鉄鎖の柵をめぐらした  背の辺りに負い  背の鞘へ差してやった  背を抱いていた  背を高く円く持ち上げ  背を低めて  背が高く盛り上がった  背も撓み  背に懸け  背をあて  背を光らせた  背を突こうとしていた  背を軽くゆすぶって  背にとまりかけては  背を光らせて飛んでいる  背を壁にもたせて  背に二つの穴をあけて  背は曲りかけていた  背へ担わせた  背の低い狸のようなレデーのあとから降りて来た  背の低い小さい小さい実直そうなお爺さんの頭にのっけた  背をば乗り上げ  背を凭した  背のすらりとして  背を打ち割ると  背に重い竹籠を載せて  背ぼねには陸奥山脈が横になり  背を打たせる  背に跨つてゐるといふだけである  背に登る  背を寄せて  背の菩薩の如く群青と白の絵の具の古び行く  背に乗つて居る  背を向けながら入る如き  背を向けて遺る  背をもたして  背の高い人が通りかかった  背と背と合された  背を山に冷やさせ  背を照らす  背に托して  背の汗を想像するならば  背を託して  背にものらずに  背を見ただけでも  背を鷹揚にうねらしながら  背をそびやかして  背に擬している  背を危うく向こうへとび越えると  背に飛びのる  背から苦もなくすらりと被せたので  背に負はれてゐた  背にわれねむりつつ  背よりふと見れば  背をもみ  背のすらりとした痩せ  背に腹はかえられない  背が高い帯の形をコンモリと浮き出させて  背の高い体をして居た  背の高くて髪の綺麗ではっきりした  背の方を向けた  背は僕の背負つてゐる  背負わされていた  背は僕の背負っている  背を擦りつつ  背の高さが七尺もあって  背の高さのある  背にして立つた  背を向けはじめる  背の高い肘掛椅子に疲れはてて  背を向けて這い  背の赤んぼと  背にくんで  背の白浴衣地がまむかいにきて  背に黄麻の単衣をきちんときている  背の妹をゆすりあげていった  背の高い人たちがさかんに逍遙してゐるのに  背の高い人達が泊るに  背の高い人が自分の腕にとまつてゐる  背をそろへて  背を円くしながら  背から受けてゐるので  背には感ぜず  背も青いでせう  背のあまり高くない男が立って  背が馬鹿に高くて腕力がある  背と腰で二箇所に曲つてゐる  背も反る  背が高く口髭を蓄え  背へつめるだけの  背に二貫三貫の自然薯を背負っている  背へ投げて  背を八十ばかり打った  背を斜に反らせて  背に庇う  背をのばして  背の高い痩ぎすな  背の高い痩せぎすな男の姿はすぐ後にあった  背へ振り向けた  背へ浴びせた  背の高い人物が現われる  背の高い白い袋がゆうゆうと進み出た  背のあたりから金をめくって  背の高い武士が歩いて来るとか  背のすんなりした  背のひよろ長い神経質らしい顔をして  背のひよろ長い連の男がそれを見て  背に顔を向けて  背に幼児を負うて  背からおろす  背のあたりが連りに息を吐くと見えて  背を蹴った  背のすらっとした  背にのせた  背を伸ばしながら答えました  背が低いのだから鐵棒へ飛びつくにも  背に乘せて  背がかくれるほどの  背のひよろ長い相棒の百姓に声をかけた  背には一人の人夫が負われて  背のばかに低い体の幅の広い人に往き会った  背に跨がつて  背に跨がつた  背を向けようとした  背にもたれていたが  背の高い踵鉄をうつた  背の高い哥薩克帽をかぶり  背の高い男が言葉をついだ  背を向けて後ずさりをしながら  背や腰を自分でどうにもできない  背のみ眺められて  背を妹に向けて  背に昨夜のままかかっている  背をハタハタと煽いでやりながら  背に身体をもたせて  背はあなたとおつかつよ  背にもたれる  背には土色した  背にもたせて  背にしてすわっていた  背を流してもらっていたが  背を向けて寝ていました  背の附くまで  背屈まった和尚がござる  背がほてった  背に敷かせ  背にかけてを白い紙縒糸で編み  背に置かれた  背を抱きて蔽いながら  背に長く結びて懸けつ  背ゆるぎさして  背のうるおいしぞ  背をすくめて  背を貸して渡してくれた  背に腹は代へられぬ  背を二重にして  背には無限の天を負ひ  背にはうつくしい羽が生えてゐました  背に日光がさすと  背の高いやせぎすの  背のひょろっとして  背を出し  背を高めたる  背はいかなる路にある  背くることあたかも空しき象をみ  背に附きて進めり  背に負ふべし  背をダーミアータにむけ  背を之にむけし  背にめづらしき荷あるを  背より拂はれし  背にむかひ  背を胸に代ふ  背の弓をもて  背をあらはし  背に負へる  背を之にむけ  背に捲き  背を幸なき大溪にむけ  背を敵にみせし  背を卷きし  背に托し  背をくだりて  背に跨がりて  背を脂の外にあらはし  背を水上にあらはして  背を脂にむけし  背を蛇となれる  背を出して  背を暖めながら  背にぢつと首をもたれて  背にして立ちつくしつ  背をなしたれば  背の方で打つ  背に幾多の宝玉ありや  背を丸くして行く  背に近寄せぬ  背にめぐらして舐りつ  背に負ふ  背を上にむくるや  背を天が己にむけし  背の方にゆく  背なる生くる  背にして登るが  背に跨りて  背に赤い糸を縫いとめて  背高く繁っている  背をむけると  背にかくした  背を凭せ  背に手の触るるばかりになりし  背が低く左右に形よく拡がった  背の低い女の肩に手を掛けて  背で倒れる  背の高さが二米突ぐらいあって  背の高い彼は自然と私の前に萎縮して  背の高い男を見附けた  背には矢が千本も入る  背を見せ  背をむくる如くなるべし  背をむくるは  背に載せて去る  背を円くして居  背の禿ち  背に痩せこけた  背と胸とを共に見る  背を曲げ  背につけて  背に笞して  背をも屈げねば肩をも歪めず  背に座った  背の高い先生の後姿を見て居る  背の低い子安君は群集の中を分けて来て  背にき  背の高いのがそのあたり一帯にあって  背が高いように見えた  背へ回って見上げ見おろしたが  背では届かぬ  背を向けたという  背はこの夕陽をあびて  背の高い骨格の逞ましい  背との間を越えて  背を焼かれて  背をこごめて這入った  背が人並外れて  背に手を置いた  背へ虎斑のような影を付けた  背まで刺し貫いてな  背を縮め  背を持ち上げ  背の高い紳士は云った  背の低い驛夫が叫んだので  背の鞄を搖り上げた  背の高い割に肉が削けて  背を平手で擲しつけた  背に豐かになびかせた  背に波打たせて  背の低い真赤なけしの花が一輪可憐に咲いていました  背の低い駅夫が叫んだので  背の鞄を揺り上げた  背の高い割に肉が削げて  背高い信吾が歩いた  背に豊かになびかせた  背に一撃を吃して  背のように光っていた  背にくくりつけた  背のうを取  背に寝入つた  背を今でも覚えてゐる  背や頭の細かい脂肪がほどよく乗って  背の高い土工が佇んでゐる  背の高い土工が佇んでいる  背にないじやくり山の岬をまはる  背の高い彼を思わずよろめかした  背の高い姿を見かけた  背の高い姿は人波の中に消えていた  背に浴びた  背をこごめた  背をこごめながら立ち止っていた  背にして置かれた  背を掴んで腰かける  背にどしんとぶつかった  背とを当てて  背をだにも呼ぶ  背を念ふ  背にかけていた  背のクッションの上へ身体を曲げ  背にこうやって  背につき  背にささえた  背をかがめていた  背と横のもたれとに押しつけ  背の真ん中にある  背にして立っており  背に腕をかけ  背が高くてアッパクを感じる  背の高いその人の顔を見ていた  背の高い吉田さんの影が門から消えて行くと  背の高い吉田さんを見ていると  背をはげしく突き飛ばすと閉ざした  背の高い男はすぐひざを組んで  背の高い姿を見た  背の高い男が私の前を通って  背の高いひとが出て来た  背くらべの身すぎ世すぎでいて  背の高い娘になっていた  背が低まって  背にして走っている  背に悪寒を覚えた  背の高い花道のような卓子との間に挟まって  背の高い卓子の蔭に極く狭い隙間があって  背のスラリと高い立派な毛皮の外套を着た  背の高い屏風が立て廻してあった  背に手を置くのに  背にして走った  背をこっちへ見せて坐っていたが  背を此方へ見せて坐  背を囘らさうとした  背に囲まれ  背で二日も三日もかかって  背をみなまるくして  背をのぞくと  背を見ていると  背を見つつ  背を丸くし出すと  背ぼねが痛くならない  背があった  背は六尺あったというが  背はうしろの壁につき  背の高い学生が出て往く  背に手をおいて  背からさっき擡げた  背を圧されて  背の模様が違う  背に白い筋があって  背をよせかけながら  背を大股で歩き  背から負担をとりのぞいて  背を向けてやるぞ  背をのせて横たわっていた  背高い姿が影のように静かに林間の路の際に立っている  背のたかい美しいうす青い生命がうごいている  

~ 背[名詞]1
深夜を背に  伸一郎を抱いて背を  それが背の  床を背に  着物の背を  のは背の  籐椅子に背を  シートの背に  尾を背に  みんなどん栗の背  柱に背を  きれいに背を  美人で背が  羞明しがって背を  履物は背が  子供を背に  左に背の  首一つだけ背の  夕景を背に  父の背に  父の背を  わたしの背に  へた馬の背に  おとなの背ぐらいも  犬に背を  母親の背に  後へ背を  死骸を背に  飼猫の背を  苦患に背を  一寸ほど背が  前へは背を  云へば背の  地上に背を  海面に背の  方を背に  波に背を  山脈を背に  聲は立て得ないから背を  声は立て得ないから背を  和智君は痩せて背の  そちらに背を  一台の背の  例の背の  遊びは背の  舶来本の背などにも  焔に背を  腹だか背  頭と言わず背と  それは背も  身につけた背の  はるかに背が  慚汗の背に  柱を背に  目をおとす背に  本の背の  土に背を  漁師には背を  神に背を  ランドセルを背に  空を背に  下で背の  金庫を開けるべく背を  小舟に背の  圓い背を  時父の背に  僕たちに背を  丸みをおびた背が  海底から背を  波は背を  生き物が背を  海を背に  ヘイアウを背に  こちらに背を  座席の背に  背もたれに背を  壁に背が  壁に背を  化粧ダンスに背を  タイアに背を  私に背を  舞台に背を  方へ背を  帷子に背  太平の背に  商人風の背の  者よりは背の  擬宝珠を背に  髪の背に  地につくくらい背が  息子の背に  さかなの背と  自分の背に  鰡の背が  肢も背も  一番向うの背の  姪を背に  本立てで挾まれた背を  窓を背に  はずみに背の  溜息をして背の  囲炉裡火に背を  妻も背に  まま仁右衛門の背に  俊ちゃんの背に  今朝二寸程背が  竹籔を背に  私の背を  片手は背に  非常に背が  急に背が  塀を背に  河野と云って背の  物を詰めて背に  指の背を  日に向けて背を  婆さんは背を  それは背が  みんなが背の  屋敷作りなので背が  刀の背から  猫の背の  手摺を背に  ゾロリとした背の  札を背に  顔を背  非常に背  息を吐いて背  俄かに背が  包みを背に  明りを背に  ドルフの背の  人買の背に  男の背へ  彼の背には  手風琴を背に  眼を背  愛着の背を  女人柱の張切つた背の  猫の背に  区域の背の  山の背の  帶封をして背に  自分の背から  山の背が  体系に背を  順二郎の背の  一人の背の  椅子の背に  扉を背に  ひとりの背の  なつた背が  後向きになった背が  陰性を帯びた背の  脇から背が  一人別な背の  ゲートルを巻いた背の  日焼けのした背の  山の背に  牛の背を  婦の背を  肩から背が  灯を背に  貴婦人の背の  男の背に  艫を背に  此方を背に  立合の背に  女房の背を  肩なり背  黒被布の背を  庖丁の背で  それには背の  峰の背を  石山の背を  少女の背に  切紙が背の  石壁に背を  街路樹に背を  私を背に  三十二三の背の  側に背の  男は背を  鯡鯉の背は  肩に掛けて背に  亀の背に  美津の背に  しどろになって背に  灯に背を  十字架を背に  北六の背と  光を背に  壺をば背に  木立へ背を  蟇の背に  後悔の背を  娘の背に  おれより背が  方が背は  女が背に  各自の背に  子供を背  方に背を  板壁に背を  斑な背が  一人彼に背を  斜に背を  鰐の背を  男は背に  布子の背を  鱗の背を  子守は背の  柔な背を  中に背の  椅子の背へ  床の間を背に  小生よりも背の  ぐけが背の  こちらへ背を  大亀の背に  亀の背から  太郎の背を  杉木立を背に  方は背に  ちょうの背から  光君の背を  自分より背の  手を背に  女の背に  体を直して背を  狼の背を  上に背の  そこの背の  半ば見物に背を  つて逆立ちし背や  白馬の背へ  驢の背に  酒瓶を背に  中に背を  三国ヶ嶽を背に  肩から背へ  四曲屏風を背に  ほうへ背を  良人大次の背へ  うちに背の  女の背を  木の背の  誰よりも背の  桂木の背を  駒の背へ  董卓の背を  瓦器を背に  伏徳が背に  ざま太史慈が背に  壮丁の背に  トボトボ驢の背に  四人の背を  木津田さんの背を  一様に背を  二人の背の  口を開いて背を  死体の背を  死体の背から  死体を背に  油の背の  殿には背に  箪笥を背に  侯成の背に  呂布の背を  鹿の背に  彼は背に  彼が背を  ような背の  庭へ出ると背に  彼は背が  象の背に  ところに背を  赤兎馬の背から  五花馬の背から  沮授の背から  牛の背に  我手の背に  年にあわせては背の  俺の背を  椅子の背を  椅子の背から  人の背に  冬宮を背に  砂摺りと背に  黄祖の背を  襟を打ったり背を  駒の背に  死骸の背から  駒の背から  日本電気の背を  量産効果に背を  標準候補に背を  標準に背を  ミップスに背を  ちょうの背に  肱掛椅子の背に  周囲には背の  赧くして背を  三十前後の背の  五十前後の背の  焼明を持って背の  焼明を持った背の  焼明を持っていた背の  それは背の  馬の背へ  旗を背に  伴れ立つた背の  女の背の  髪を背に  夫に背を  頭といはず背と  鹿の背を  監督に背を  いま彼の背を  鼇の背に  壁を背に  登山袋を背  落下傘を背  ように背の  魏延の背を  周泰の背を  妙の背を  根に背を  夜光を背に  戸を背に  兵隊の背の  メリンス羽織の背が  亀の背にでも  人の背で  掻巻を背の  法師の背に  其は背  先生の背を  立木を背に  千二の背の  馬鹿に背の  彼の背を  峰の背さえ  型で背が  張飛の背を  白馬百頭の背に  自分の背を  無気味なくらい背の  畸形的な背の  すてきに背の  朱鷺色を背に  エレヴェーターを背に  ピースを着た背の  室内にあった背の  そこには背の  いやに背が  鯨の背に  胸や背に  青黝い背を  人も肥った背の  ものに背を  東南アジア諸国に背を  不意に背から  自慢にしている背の  獣の背の  山が背に  膃肭獣の背を  小肥りで背が  ヤエ子の背を  記代子の背に  ものを背  箱を背  奴が背に  細面に背の  人間の背の  巨人の如く背の  ばッと背を  ばツと背を  小夜の背が  波頭を背に  児を背に  内儀さんは背の  男の背を  庄は背や  六の背の  手の届かぬ背の  すれすれに行き違った背の  ぱいと思はれる背の  屋根の背を  やうに背を  平次らに背を  座席の背へ  凡てを背に  目を背  面を背  骨が背を  人の背より  普通よりは背が  三四郎は背の  頭と背を  中の背の  主税へ背を  藪を背に  葉の背へ  こっちへ背を  目くぼみの背  刀の背を以て  南の背の  鮎でも背を  一切に背  裝布の背に  月光を背に  光弾の光りを背に  前に背の  煙突が立って背に  ささえ背を  ささへ背を  青空とを背に  僕の背の  真一の背に  山の背  富士と背  大山と背  山が背  荒島山と背  みんなが背  山々の背  山と背  山との背  韓山の背  彼等に背を  傘を背に  右源太の背を  スルト中村は背を  童子の背は  盲目馬の背に  玉子は背が  私は背の  人の背よりも  身を動かす背に  乗務員室で背を  ひじめにして背の  曲つた毛むくじやらな背を  母鶏の背に  光起に背を  左の背を  蔵の背が  蔵人の背を  蔵人の背に  床柱を背に  雨戸を背に  月を背に  孫を背に  情夫の背を  作衛の背に  岬の背が  チムニーの背を  公卿は背に  こっちに背を  波の背に  袋を背に  彼に背を  煖炉を背に  綾小路は背を  人影は背に  海の背を  竜の背を  どっちが背  魚の背に  ドングリの背  虫の背に  腰かけの背に  自然とへ背を  闖入したる背の  釣り刀をした背の  外光を背に  わたしも背が  彼女の背を  風呂敷包を背に  包を背から  自然を背に  前にしながら背を  鑑賞家が背の  わたしに背を  満月を背に  クッションに背を  動物の背を  方から背の  人の背を以て  荷を背で  羽織の背を  昇口に立った背の  病身らしい背の  姉に似ず背が  労働者風の背の  欄干に背を  一人は背も  水島の背を  わたしの背を  字崎の背の  崎の背を通して  山の背を  窓ぎはにからだをすくめてゐる藤岡の背に  皮ばかりに瘠せた背の  それに背を  誰か背を  花の背を  花の背から  ソファの背に  鮎は背の  従来の背  深谷が背を  草色の背を  自分の背で  ままに背を  おまけに背が  驢馬の背に  雑草の背を  太陽を背に  所々には背の  群れの背が  細そりと背  黄牛の背に  石地藏の背を  石地蔵の背を  肩を攫み裂かれ背を  翡翠の背  両手を背に  装飾をもった背の  男も背が  どっちが背が  彼女の背に  世間へ背を  継ぎはぎのチャンチャンの背を  皆の背の  頭と背が  四寸に育って背の  泣顔を背  鼻と背が  囁きを背に  黒板を背に  次郎の背の  ほうが背は  末子の背は  ランプを点けてから背が  権力に背を  火影に背を  非常に背の  アマタルは背を  十五サンチメートルも背が  胸と背とに  ように背が  東京ビルを背に  私の背  彼女等は背を  夏の背に  入口を背に  扉が背を  外向けて背を  川を背に  そこへ背の  兵舎の背は  日に背を  主人は背の  徘徊していた背の  腕で背を  向う向きになって背を  老人の背に  義一の背を  友吉の背に  一つ場所に漂っている背  屋敷へ背を  人の背ほど  子より背が  あとは背が  方が背も  下に背を  扉に背を  私の背に  ほうに背を  一本圖拔けて背の  顏を背  仕事に背  心に背  圖拔けて背の  比較的に背の  早朝に背の  裸になって背に  先生が背に  紋太夫は背の  彼を殺すべく背まで  歓楽に背を  頭から背へ  方と背の  私の背について  銀の背が  太陽に背を  荷馬の背に  食卓に背を  胸から背に  孫女の背に  隅に背の  ショーウインドーに背を  曲つてきますし背も  シャツ一枚の背の  人々の背を  無名指の背の  彼は背の  あとから背の  姉さまに劣らず背の  手を背の  寒気が背  とく子は背が  貞子は背も  台に背を  百の背  頭から背から  戸口を背に  項から背へ  山を背に  野原刈田を背に  細目に背に  あちらに背を  煉瓦建の背  人魚が背を  面長の背の  君勇に背を  扉口に背の  虎の背で  日本橋を背に  やうな背の  神の背に  やうに背の  其処には背の  結つた欄干に背を  鞍置かぬ背に  ように背に  まま葉子に背を  貞世の背を  文化から背を  竹薮を背に  書架を背に  顔かたちから背の  竹藪を背に  刃物で背を  剛力の背に  中に坐りて背を  建物を背に  森を背に  さが背から  天幕を背に  御者の背を  籐椅子の背を  そつちに背を  猫の背を  ブラウズを着た背を  後にある背の  外套を着た背の  椅子の背にも  皆に背を  伸子に背を  伸子を抱いて背を  方にこごんでいた背を  伸子は背に  ように見える背を  伸子は背の  所々に背の  綽名をつけられた背の  杓子の背で  彼の背は  仙人の背は  柔に背にか  婦人の背を  男に背を  沼を背に  言ひながら背の  板壁を背に  扉を背で  南さんは背が  女として背の  掌で背を  頭と背と  嘲罵を背に  主人公の背の  椅子に背を  花を背に  花に背を  断面図を背に  わが子の背に  騾馬の背に  色をした背の  その後を背の  早や背に  微光を背に  仏像の背には  小柄で背が  腰と背とを  私は背が  彼女は思ったより背が  人なみはずれて背の  者の背が  武蔵は背が  裸馬の背に  甲は背を  野馬の背に  籠を背に  死人の背に  通の背を  峠づたいに山の背を  中国山脈の背を  それを背に  夫婦づれらしい背の  來た背の  像に背を  顔と背を  手も背も  魚の背とともに  此方に背を  先生と呼ばれている背の  清十郎は背が  僧の背は  袂を背で  たもとを背に  幼児を背に  所にある背の  クルリと背を  彼の背に  痩形で背の  左の背から  熊の背に  四つ隅と背に  パルドンといって背の  鉄兜をかぶった背の  巌を背に  案内役らしい背の  水牛の背に  下に背の  武者修行風呂敷をしばりつけた背の  水に背を  鎌の背が  鯖の背の  彼の背へ  そうな背が  毛皮の背を  幹に背を  正太に似て背の  私よりも背が  霊木の背の  夏草の背に  西瓜売りの背を  河原の背を  伊織の背を  海に背を  大棟で背を  數を背に  八千歳靈木の背の  猛犬の背が  丸顔の背の  わたしには背の  綿貫という背の  真白な背を  首引をしていた背の  露路を背に  ところを背に  ように背を  のを背に  花笠を背に  人は背の  貝殻の背  牛の背で  跛者で背が  帯の背に  牛の背へ  山の背や  牛の背から  丑之助の背を  それへ背を  荷駄の背には  西陽を背に  もぐらの背を  ブロンドの背の  烏帽子を背に  フロックコートの背に  上側から背に  フロツクコートの背に  彼よりも背の  権太の背につき  書割りを背に  項も背も  海へ背を  青龍の背を  ニコライ堂を背に  女の背には  松の木に背を  妻の背を  彼女は背が  先に背の  富士の背に  打傷あり背などは  留たまえ傷は背に  後より背の  玄関へ背を  山脈がゑんゑんと背を  青空を背に  ヒタと背を  膝は背の  胸も背も  陽を背に  乳房の背に  首筋から背へ  六尺帯を背に  曾呂利本馬という背の  ななめに背  糸楯を背に  長椅子の背に  三番を漕いでいる背の  腹より背に  肩や背の  眞鯉の背の  鷹巣山の背を  駒ヶ岳の背を  肩井を揉んで背を  リユツク・サツクを背に  こちらには背を  おれの背  丘を背に  陽光を背に  牛の背の  牛の背よりも  赤裸な背を  黒髪を背に  自分の痩せた背を  高氏の背を  虎の背に  後ろを見せれば背を  蔵太郎を背に  与八の背には  君を背に  幹へ背を  のが背と  上に背が  おじさんは背が  男は背の  行李包を背に  そのものへ背を  火粉は背に  お前は背が  獣の背にも  三郎様へ背を  親切に背を  それに背が  花などが背  人間の背よりも  見附跡らしい背の  拍手を背に  木造の背の  裸馬の背へ  駒の背の  二人の背へ  相手の背へ  城が背に  総高塀を背に  人々に背を  ばさりと背の  駄馬の背によって  駄馬の背も  この間を背に  雪に背を  男たちは背が  椅子の背にまで  鮮かな背は  ダビットの背に  前へ立って背  私と背  ファットマンの背の  左近の背の  ぼくの背を  踏台の背が  鞭を背に  七ツまとめて背に  米友の背が  樹木の間に背を  滑めらかな背を  岩の背に  裸馬の背から  裸馬の背で  彼は背だけ  んでゐた背を  印袢纏の背の  堂本と背の  卯木が背に  駒の背は  覚一の背を  繃帯は背より  奇麗な背に  母に背を  枕元に背の  後には背の  ソッと背から  仙太の背を  刀を背に  上手へ廻った背の  幾島に背を  周囲に背を  素子に背を  運送店で背の  貞子は背が  乳母の背を  希望に背  子の背を  兼好は背を  前のは背の  樹の背にぞ  月に背を  人には背を  衆人の背の  宮の背の  命松丸の背に  中国山脈の背は  伝馬の背やら  荷馬の背へ  ここは背も  道誉の背を  待乳山を背に  月見草よりも背が  十徳を着た背の  ところへ背を  國友は背を  ぶとりで背が  蜥蜴の背に  怪物は背には  奔馬の背から  武士の背などを  自分の背へ  女王は背が  名物である背の  骨ばつた胸や背に  島の背を  服装をした背の  廃墟を背に  相手の背  小荷駄を背に  帆柱を背に  あたり前の背に  牛の背からの  荒駒の背  あるじの背を  部屋を背に  処々に背の  金庫を背に  狂女の背を  人並より背の  いいかげんに背から  肩や背に  自分に背を  丸裸の背や  蝙蝠傘を背の  皇后の背へ  笈を背に  子の背に  頭にのせて行くか背に  最初には背を  手と背との  女も背や  手から背へ  人の背を  連雀は背に  直接に背に  馬に乗せないで背に  若鮎の背の  書棚を背に  水を背に  助役は肥った背の  夏外套をはおった背の  帽子をかぶった背の  稚児を背に  角に背を  木槿垣を背に  柱から背を  月毛の背に  黒鹿毛の背に  遺臣の背に  獣じみた背を  安楽椅子の背に  ものを背に  世子の背を  指物を背に  コップを拭いてる背の  椅子の背と  自分よりも背の  黒犬の背に  そばの背の  盾を背に  時柳吉が背に  肺臓を突き通し背にまで  胸から背にまで  わたしの背が  白馬の背が  川に臨んだ背の  亀寿さまを背に  三昧一念な背を  ぶとは背に  正成の背へ  見物人が背を  舞台へ背を  女中の背に  フロックの背に  横椅子に背を  寒子の背を  ガラス戸に背を  風に背を  どんぐりの背  割に背の  彦九郎は背の  彦九郎の背が  わたしの背の  鰯の背の  肩から背に  魚の背が  籐椅子の背に  一人の背に  制服の背を  倉庫が背を  ために背を  チュガ公の背には  朝日を背に  義貞の背や  義貞の背を  一童子の背に  馬五頭の背に  夕陽を背に  斜めに背は  馬方の背に  蜥蜴は背に  彼は背を  丘阜を背に  オランのうな垂れた背に  橋本という背の  片方よりは背の  物は背を  丸みを帯びた背は  ストゥールを背に  そうな背を  良人の背を  父の背と  正成の背を  群臣の背に  曲者は背の  そうにして背の  人相や背の  刀の背で  胸毛や背の  一枚革を背に  妹と背は  着物をきた背の  洋装紳士の背に  此方へ背を  腹も背も  海亀の背の  お前を背に  わたくしが背  雨具を背に  今日は背を  尊氏の背が  蕭々と背に  手を背へ  顔を振向けて背に  顔の背の  自分を背から  本堂そこのけの背の  いすの背を  縁に背を  十二神将の背でも  我の背の  憤怒に背が  人の背ほどに  壁虎の背の  緋鯉の背の  鹿の背から  うちの背の  濠端に進み過ぎた背の  三重の背を  隅に背を  不恰好な背の  地面を背に  みんなの背が  冷かな背を  庖丁の背に  宗助は背を  筆墨を背に  十兵衛に背を  マットンチャプといって背の  風呂敷包みを背に  味噌焼と申して背から  臥牛の背に  麥束を背に  婆は背が  黒駒の背へ  彼は立ち上がったが背が  平三に背を  夏の背へ  リュックを背に  ひろ子の背を  三つは背の  嫁入も背も  白鱗青蛇の背を  人間の背ほどの  ヒョロヒョロと痩せて背の  彼等の背を  鮪の背の  手拭をかぶって背には  馬場へ背を  郁太郎を背に  母の背に  わりに背の  やうに背に  洋服を着けた背の  鉄筋コンクリートで出来た背の  鯨の背の  つやのある背の  グーセフの背の  うちに背って  稻の背は  件と背に  屏風の背から  法海禅師が背に  恋人の背を  太閤さんは背が  乳児嬰児を背に  彼らは背に  そこには恐しく背の  とき二人が背に  落葉松を背に  中から背の  私の背ぐらいしか  山毛欅を背に  私の背ぐらい  父よりも背が  例によって背に  寝間の背に  床柱に背を  風を背に  屑籠を背に  一寸くらい背が  藤吉は背を  戸外を背に  玄関に背の  勘が背へ  多四郎へ背を  羽目板を背に  竹籠を背に  親指の背を  波の背を  与八の背に  髪と背が  獅子の背に  後ろから背を  トウルゲネフへ背を  蜘蛛の背へ  薪を背に  方がほつそりとして背が  画家たちの背  そっちへ背を  二男の背に  二男の背から  悪寒が背を  頭や背を  前を背  僧に背を  明の背へ  背高ぼうやは背を  彼女に背を  母が背を  同様に背が  陽射しにも背を  急に背の  うしろから眺める背の  寿女の背に  盛り上った背を  前では背を  ざま壁に背を  岩壁へ背を  岩壁の背が  松林を背に  窓には背に  子を背に  楠を背に  日楠を背に  私の背よりも  紋つきの背に  父は立ちながら背を  些と背  これは背の  黒ちやんの背を  坊やの背を  チャラピタの背を  ろしい背の  繋ぎ合せて背に  ために背に  目の届かぬほどに背が  衣物で背の  裸の背の  岳を背に  乳母の背に  藤次郎の背に  揚幕を背に  枯草を背に  妹を背に  上着の背を  斜に背  わしの背に  雲霧の背へ  手に背を  碧梧桐の背を  爬虫の背の  明るみを背に  さるも背に  芭蕉の背を  障子に背を  傍に坐って背でも  上には背の  女教師の背  忠太の背から  方が背が  腕にあるとか背に  鷄の背にも  雑草が背  銃を背に  いつまでたっても背が  人並みの背に  肩から背にかけて  いずれも背を  精霊の背が  わら人形の背に  駄賃馬の背に  日本海を背に  夫婦に背を  岩路の背に  本当の背は  音楽長は背の  帽をぬぎ背を  彼女は背を  暖炉を背に  割合に背も  三人の背から  必死に背を  ろの背を  革表紙の背には  一きは背の  大金を背に  顔をそむけて背を  牛の背は  扱帯の背に  茄子の背に  畳敷に背を  アサの背を  余に背を  美人は背の  年頃五十位の背の  秀子の背を  巨蛇が背の  旅行服を着けた背の  所へ背を  かんで貰ったり背に  西の背に  船長は背の  彼等よりも背の  のは痩せた背の  腰や背や  リュックサックを背に  急に背を  頸をめぐらして背の  縁側に背を  婦人の背が  一人の背  覚悟が背に  やうで背の  観客を背に  私の立った背より  衣の背に  山の背まで  割りを背に  現実に背を  彼女は背の  峰を背に  親鱒は背が  磐石の背に  後から背の  右にも背の  印袢天を着た背の  先生は背の  十燭の光りを背に  四十年配の背の  学者たちに背を  足を運んだ背の  いすの背にも  あたりからずばぬけて背の  本の背を  扮装をした背の  財物を背に  髪を背へ  滝太郎は背を  岩に背を  衣の背を  壁にひたりと背を  拓を背に  夕立の背を  例外無しに背が  人に背  尻尾で背の  女の子の背を  別な背の  犬の背を  大人の背ほども  塀に背を  皆な背を  び畑が背  古城を背に  父に似て背は  腰掛の背に  駱駝の背の  松が出っぱなの背に  外套の背を  傍に背の  私の背の  いすの背へ  市ノ瀬牧人の背に  いを背に  王子が背へ  皆一人一人象の背に  影を背に  つたのは背は  給仕人に背を  劇場に背を  演劇興行者に背を  自分の背の  円筒を背に  矢避を背  祭壇を背に  ピアノに背を  無理に背  大柄な背の  ストーブを背に  須藤は背は  人嫌いの背の  キリーリンは背の  腕を背に  むきに背を  斜光を背に  何処でも背の  近く此方に背を  門燈を背に  日向に背を  人の背の  見かけほど背は  彼女の背が  頭と背とを  金文字で背に  水鳥の背を  遙かに背が  女王に背を  サア・クリストファ・ブラウントの背の  後ろ姿の背の  座布団に背を  座敷に背を  一看守に背  陣十郎へ背を  源女の背を  澄江の背を  立木に背を  水へ背を  腰板を背に  目板を背に  さが背に  腰や背の  中では背を  髪の背の  たびに背を  入り口を背に  ブラウンは背が  首だけ背の  山腹を背に  自分から背を  郊外から背の  檜木を背  吉左衛門に似て背も  木を盗んだり背  色の背を  隠居は背の  面をかぶった背の  髪が背に  左腕を背へ  高欄に背を  登山嚢を背に  重味を背に  父に似ず背が  石棺を背に  垣根を背に  見物に背を  叔母の背をば  上に背を  猫背の背を  足も背も  上を背に  前屈みで背が  のを痩せた背に  須世理姫に背を  亀の背の  簷下で背に  放線状に束ねて背に  どちらかというと背の  前の背の  前なる背の  欄干を背に  切先デ背ヲ  蛇目傘ながら細りした背を  蓮池を背に  私はかれの背を  私よりか背の  彼はいって背を  杉は背を  群れに背を  校長は背の  籠をまたぎかけている背の  痩せぎすで背の  安全型に背  門を背に  検札に来た背の  彼処には背の  白壁を背に  こっちを覗きこんでいる背の  車夫は背が  ことでも背に  裸脱ぎの背に  スーツと背の  ほうが背が  あれよりも背も  己の背は  立ち姿の背が  長椅子に背を  傍には背  痩せぎすの背の  襖を背に  蟹の背かの  剪刀の背が  子供が背に  頂には背の  徐と背を  道路は背が  舞姿を背から  永遠に背を  えび蔓の背を  ような背を  山には背が  えび蔓の背の  水無瀬女は背を  やうに背が  ドーアを背に  二人を背に  鶴の背に  彼大蛇の背の  白衣の背に  鼈の背に  箭は立つとも背は  事と思うても背に  鯉が背を  鳥海山を背に  相手の背の  苦力の背に  猫が背を  柴を背に  なだれが背に  理想に背を  袋に満ててしまうを見て背を  王これは背に  馬赤将軍の背に  山羊の背に  窓に背を  犬は背に  味噌久の背を  裸馬の背を  わしが背に  市十郎の背を  白鳥を背に  巨男の背で  猟袋を背に  二十七八に見える背の  六フィート以上もある背の  洲の背へ  同志に背を  椅子の背へも  世を背に  北風を背に  火を背に  それより背が  罪を背に  汝の背は  犬の背に  間拔に背の  横ぶとりして背  信さんは背が  足音は背より  頭した背の  上から背へ  養父の背を  マオリ人は背に  鼠の背より  黒革胴を着込んだ背の  背と背を  此處へと呼んで背を  汗が背を  洋装の背の  紋太郎へ背を  君が背の  娘に背を  頼みに背を  安房守は背を  往来を背に  学生服を着た背の  谷村の痩せた背に  谷村の背の  ちょッと背へ  服を着た背  かくと見るより堪へかねて背をや  築山の背に  桃子の背を  なんぜ背が  椅子の背が  焔を背に  体は光りを背に  女学生に囲まれた背の  背広の背に  画工の背を  浅井の背を  水際には背  藪叢を背に  女は背の  頭髪をふり乱した背の  魚の背の  物で背を  三好の背に  三好の背を  傍に立つた背の  かしこここに背の  こっちには背を  佐伯の背を  後から背を  ソッと背を  油汗が背に  父親の背に  父親の背で  ポーリン探偵より背が  豚吉は背の  背骨を入れて背を  二倍も背が  女と背の  五十歳ぐらいの背の  私たちよりも背の  小児を背から  小雨がうるおして背は  子牛の背や  自分の背と  浴衣がけの背の  松岡と背の  進歩に背を  石塊を背に  晶結し背に  眼鏡をかけた背の  彼は驚くほど背が  長男の背から  幼少女を背に  やうに背へ  中肉ではあるが背は  ように背は  島の背に  りょうさんの背を  西日を背に  儘相手へ背を  肌の背には  こちらを背に  日影を背に  煉瓦校舎を背に  麗さんらしい背を  額やら背やらで  青丸の背を  泥鰌の背の  其処に背の  主婦に背を  足を背の  松山の背に  今も背に  冷汗の背を  あいだ獣の背  足に背を  戯曲がまじって背を  図ぬけて背の  マントを羽織った背の  夏服をつけた背の  蛇の背の  燈を背に  龍の背を  夕日を背に  彼自身よりも背の  自分の背ほども  馬鹿に背が  虫が背を  幼女を背に  巨人の背の  天馬の背に  憶出せば背に  ちょの背の  制服を着けた背の  ぶつた背の  北は背の  木立を背に  活動では背の  頭がかくれてしまうほど背の  珍らしい背の  顔をした背の  臣の背には  銃を背から  ハチミの背を  幾分か背の  顔は背の  外套の背に  中には背に  肩も背も  大白象の背に  狐の背に  蛭の背を  度外れに背の  窓からは背の  塀際には背の  ぼんを穿いてゐる背の  襖に背を  三十前後かと思われる背の  癇癪持らしい背の  歌六という背の  萬朝の背に  裾に背  馬の背と  肩に背に  さが背  ペンペン草で背の  金モールをつけた背の  赤城の背より  騒ぎを背に  俗に背かを  野田は背の  三十歳ばかりの背の  僕の背に  博士を背に  天井へ背の  車が背を  棚を背に  部分が背の  息子である背の  俺は背が  長椅子にして寝られ背の  山々を背に  君は背の  随いて来た背の  人の背ほどの  いやに背の  椅子車の背に  人物は背が  三人は背  妾を背に  木村重吉の背を  澄江の背から  文子の背を  夫といふは背の  馬車馬の背に  炉に背を  神父に背を  だちょうの背に  銀鱗の背を  不精ひげに背の  往還に背を  上よりは背が  人々の背の  つれの背の  豚の背の  七星を背に  木馬の背の  少女が背を  鮮やかな背の  入日を背に  学生らしい背の  永井の背を  深井の背を  三の背の  袷をきた背の  胸から背の  老人の背を  老人から背を  腹部に背を  弟を背から  京一郎の背の  壁へ背を  柱へ背を  珠太郎の背に  縫紋の背が  花路から背の  マルセルの背を  私の背から  撫で肩の背を  流れを背に  石亀の背に  墻の背に  塀の背に  私の背にも  一方は瘠せて背  肥て背  余を背に  茶の間へ背を  伏姫を背  料理教師に背を  人だったかと背の  椅子の背も  物資欠乏の背の  矢は立つとも背に  くらゐ背の  のは背と  ものは背に  本装になると背が  平から背まで  二人は背の  俥の背へ  疎林を背に  蜘蛛を背の  老人の背の  豊かな背の  立ち木に背を  紙帳を背に  頼母の背を  緑りの背を  冷え冷えと背を  母の背は  わしの背へ  毛皮にくるまって降りて来た背の  ピアノを背に  層を背に  さんは背の  虫の息でへたばる背をば  下には背の  十五ばかりの背の  石の背を  半島の背  あちらを背に  後光を背  いろいろな背の  西村伊作氏が背を  象の背の  一切に背を  物に背を  基本的方向から背を  マントを着た背の  コートを着た背の  身を背  背と背と  日を背に  宗平の背に  前方に背を  築地のくずれを背に  東山を背に  良を背に  鶴の背にも  刊行物の背を  毛の逆立った背を  君が背に  見かけを持って背の  千世子の背に  様に着て背が  黒猫の背に  社會を背に  僕の背は  たちの背  乍ら私に背を  為朝は背の  一丈も背の  岩壁を背に  動物の背に  本質に背を  教師に背を  かたたちは背を  閨の背  光に背を  一つは背の  泥棒は背が  蝶々と背の  蝶々連れの背の  ポカンとみてゐた背の  机に背を  父に背を  光を背から  競争用の背の  温かみを背には  手をかけて背を  白熊の背も  そうに走りまわっていた背の  燈火を背に  次郎の背を  刺客に背を  背景にして背と  山へ行けば背へ  自慢げに背を  良人を背に  柿沼は背が  お祖父さんも背が  向うにいる背の  人が背を  棒の背へ  袖無着の背を  王子の背の  壁蔀を背に  晴れやかな背の  杉板に背を  一人は背の  子を背から  眠つた子を背へ  弟より背が  武道者の背を  紳士は背の  王子を背に  僕は背が  人を背に  少年の背が  登山袋を背に  サックを背に  板戸を背に  一人後より背を  男の背には  黒馬の背に  どれより背が  渡り廊下に背を  馬田に背を  廊下に背を  くだんの背の  祖父を背に  肩や背や  ハイロよりも背の  獅子の背のみ  美沢に背を  子を背  若者の背には  一人に背を  亜鉛塀に背の  鳥居にも背を  中にも背が  田舎武士の背に  城山を背に  胸と背と  薬を背に  ドドの背に  尾根を背に  人夫の背に  高台の背を  元結かけて背に  国麿は背  向う屈みに背を  庭には背の  きみの背に  そうに背を  往来へ背を  時私は背の  男の子の背には  聳かしてくんと吠えながら背を  水の上へ背を  父親に似て背が  裾にのぼりつつ背を  僕の背を  一八ジェーリオンの背より  顏は背に  囚の背にも  六我等は背を  士卒と共に背を  おのが背を  注意に背  ジェーリオネの背に  兩詩人ジェーリオネの背を  罪人が背を  二一海豚が背を  新に得たる背を  三百坪もあって背の  春光に背を  岩壁に背を  お父さんの背に  眞野のはうへ背を  石段を背に  方にたたずみて背を  甲田は背を  頭を背に  我等の背を  汝等の背の  イタリアの背  東を背に  淨むる者の背に  ジェーリオンの背に  采女の背に  陽向に背を  姿で背  おかみさんに背を  ピストルを背に  ドアを背に  前肢に背を  お客に背を  草履穿の背の  大石に背を  椅子の背で  五寸ぐらい背が  私より背の  左手一歩前を行く背の  視力これに勝たれで背を  汝に背  これを誘ひ背に  なかを背の  幹を抱いてゐる背の  淡色の背を  陽光に背を  私よりもずつと背が  まっ黒に背を  私に背  母は背を  巨鼇の背に  顔も背も  人並すぐれて背の  喚声を背に  声を背に  川柳の背の  省作の背へ  人の背では  吉兵衛の背を  舷を背に  借金取りに背を  二人の背は  光明に背を  腹と背との  嫉妬に背を  軽薄な背の  入口から背を  男は背が  富子の背に  君が背を  俺に背を  ばかに背が  肩や背へ  棹は背に  胸から背まで  一つの背の  色白の背の  年頃六十以上の背の  女にして背の  昌作の背を  相手に背を  シタタカ昌作の背を  渠の背に  後へ廻って背を  マリ子を背に  儂の背のうを  能芸人の背に  皆の背から  ように佇んでいた背の  彼女よりも背の  明の背の  近かと背に  それから背を  彼女が背を  清木先生の背に  肩と背とを  自動車の背の  中で背を  椅子の背の  夫婦とも背が  そうに背の  君さんは背の  位の背の  チラとやせた背の  夏羽織を着た背の  二人とも背の  大岩へ背を  かすと背を  築山を背に  人間を背に  八郎は背に  壜棚と背の  中央に背の  誓を背に  女が背を  家々の背に  人間の背で  どてらの背を  てんの背を  マ氏の背を  六尺近くも背が  武蔵の背は  袴を穿いた背の  カンバス椅子の背に  相手の背から  大岩に背を  若者に背を  足を運ぶやせていて背は  支木に背を  丘の背を  ものの背から  校舎なんぞには背を  一方は背の  一つの背  らじゅうに背の  

~ 背[名詞]2
その背  おなじ背  ひょろっと背  ずっと背  大きな背  やさしい背  広い背  いやに背  よく背  なぜ背  互いに背  小さな背  すこし背  よく背  ひときわ背  滅法背  必ず背  思わず背  円い背  まるで背  美しい背  素早く背  黒い背  少し背  円く背  一段と背  かなり背  若い背  又背  可愛い背  わが背  穢い背  余程背  ひょいと背  実に背  ひどく背  もっと背  丸い背  端然と背  この背  だんだん背  あの背  一寸背  頗る背  遠い背  なんだか背  高い背  さっそく背  なまじ背  厳つい背  さほど背  恐ろしく背  深く背  丸く背  近い背  まったく背  そんな背  いつのまにか背  おそろしく背  そう背  余り背  何だか背  こい背  とても背  みずみずしい背  度度背  ひくい背  低い背  平たい背  女らしい背  小高い背  軽々と背  かえって背  きまって背  たちまち背  つんと背  程よく背  大きい背  まあ背  ひょろりと背  ますます背  ぞっと背  丁度背  ながく背  もう背  軽く背  其の背  あまり背  たいへん背  すぐ背  再び背  直ぐ背  どんと背  やや背  薄い背  中でも背  きびしく背  いきなり背  やはり背  一体背  まだ背  いい背  極めて背  こうした背  やがて背  人一倍背  殊に背  恐ろしく背  やけに背  ちょっと背  とにかく背  分厚い背  すばらしく背  よほど背  こう背  誠に背  赤い背  めっきり背  ぷいと背  わざと背  随分背  深い背  いつも背  大して背  柔かい背  強い背  ちゃんと背  いくぶん背  優しく背  逞しき背  ごく背  さだめし背  フラフラ背  全く背  ことに背  どんどん背  別に背  可也背  いそがしく背  しばらく背  真白い背  力一杯背  むしろ背  ちょうど背  同時に背  寧ろ背  余りに背  ずいぶん背  細い背  か弱い背  わりに背  いかにも背  間もなく背  長い背  幅広い背  こんなに背  なく背  鋭い背  同じ背  たかい背  少しく背  くるり背  新しき背  堅き背  頼もしき背  何ぞ背  今にも背  割に背  長く背  暫く背  夜もすがら背  じっと背  てんでに背  たいそう背  

複合名詞
時背  一番背  背越し  背びら  なかば背  麦田うつ背  背真為日本民  背旗  背ぐらゐある雜草  屋背  背戸山  背向け山  一日背  背ろ  下ノ天末線鉄ノヤウニソレハ背  劈イテ刀背ノヤウナ眩暈ガメグリソノ煌ク探究  馬背  山背王等  背西方  赤背  背表紙  刀背  背肉  背鏡  背恰好  背延びをしてやうやく一人前  背向けたま  背虫  背高  背みたい  背姿  半分背  背腹  背延び  一背  背延  背上  さうに背延び  背つて  背ろ柳瀬山続き  通り背  背布  背むしッ子  山背大兄王  背向き  背鞍  背比べ  いちばん背  二寸位背  背影  背割羽織  背がかり  鯔背  真ン中背高  背むし  いつか背むし  陛下ニ背カザル也  背向  かな背  背高椅子  母ニ背カシメンガ爲メニ來レリト云ヘル者アリ  二十世紀ニ命ジテ十九世紀ニ背クヲ禁ズル革命論  背ニシテ小猿  面背  背倫  背向け  焼け焦げ背  背打  背競べ  山背  ぎねふ山背女  山背川  側背  左側背  背合せ  まま背向  背伸  びったりと背  背板  沙乙背同  背廣  背廣千五百圓  背ろ手  背撃  背全体  背高のっぽ  背凭  レ背二本寺一云云  背文字  一等背  背羽根  とつぷりと背  伸び背  揃つて背  一ばん背  背腰  明日背  クロース背  背うち  背盟  まま背  背廣以下  背墨堤花  市背  背レ花四月  山背大兄  背延びをするようにしてのろりのろりと  背奈氏  ぐこつちに背  心持背延  謂レ謀二背レ國從一レ僞  謂レ謀下背二本國一僭從中他國上  背抜  山背根子  日背  瑠璃色背  肌背  背伝い  背梁  びと背  背椎  背向けよう  背甲  背くら  一ヶ所背  肩背  背自然  背四尺一寸  一ぺん背延び  まま背戸山  背かっこう  なほつた背  背命  背何尺何寸  背イ足らず  背ぐくまつて  背高ノッポ  十五ぐらゐの背  背の  一寸背  きり背  背後指  ほど背  背光  ズット背  背野  背被い  背三縫  背簑  背美鯨  背肌  みんな背  みな背  曲め背  背ごと  ひとつ退屈さうに背延  背長  大変背  背戸山狐ヤ背戸山さ  狐ヤ背戸山さ  つて背  代り背  背印  亜麻色背  背位  裸背  背め  背手  背高ぼう  丸背  背拒  山背画師  後ろ背  うしろ背  背後見ら  背一ぱい  五寸背  背裏  背汗  背のち  背柄  背つた家  繍帳縫著亀背上  亀背上  据ゑてある背  一頭背  現代思想的背光  背地  背髄  離背  山背國造  蒼ざめた背  背高女  背戸田  背身  汗背  背つき  背中の間  背膚  背幅  背あかり  背二頼朝一了  いふ側背  殆ど側背  背残り  背廣姿  件妻背二同気  背恩  背毛  右四箇条相背  背傴  並背  背上木  矢背  簾背  背廣服  減法背  エ背  碑背  顏つき背さ  みんな背延び  背縫  背優美味  背むき  背ひれ  背ろ幕派手やか  とき背ろ幕  背亀  藍背  背ほのか  一人背  ラヴィニア背  リ周辺細鋸歯アリ面ハ青ク背ハ  春燈火ニ背ムイテ共ニ憐ム深夜  狗背  背尾  大分背  一つ背  硬直背  角背  又丸背  背ろ姿  曲つた背  円理弧背術  背片手  背がち  背廣はいちやう  背道  十二哩背ろ  山背風ア七日  背ヨリ吹ケバイフ  山背風  背柱  背違  紺背廣  背ら  ぐらゐづぬけて背  背縞  山背王  背胸  四五背  背しば  者背  九九二人背  程背  民手背  背梁骨  背進  背一杯  兜背形  我背児  結局離背  塞つた背廣  背許  冠つた背  背廣扮裝  乍ら背  モウ背許  惱む吾背  背ビロ  背本意  留つて背  ひとり背  肥つて背  



前後の言葉をピックアップ
ズーム  ズーメ  ズールー  スーン  ず漏        背か  セアアル


動詞をランダムでピックアップ
埋めよ居っうてよ乗り合わす顰めふみわけるがっつい静めろきまる突き詰め光り輝き尽くせ計り任すかわけまねけかすめ取ろ使いこなす偏る阿り
形容詞をランダムでピックアップ
宜しき由々しはやかっ快う心安かっ脂っこくみよく興味深かっ手厳しほしくっ恋しかろ人なつこい弛いかんばしいほど近痛きいさぎよにくたらしく好ましかっ息苦しかっ