「肯け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 肯け[動詞]
目にすぐ肯け  のは肯け  意味も肯け  明かに肯け  成程と肯け  身にひき添えて肯け  ことも肯け  ことが肯け  解説も肯け  理由も、大いに肯け  それとして肯け  役割とを考えてみればすぐに肯け  人造人間だとは肯け  のも肯け  ことから考えても、それと肯け  照して見ても肯け  誰にも肯け  表を見ると、全く肯け  ことを肯け  私たちにもよく肯け  意味で肯け  ことを思うにつけても、なるほどと肯け  わたくしには肯け  生活として肯け  心持が肯け  人に肯け  ことが、心から肯け  ことも、一応肯け  由来も肯け  背景としてみれば、肯け  得なかった事情も肯け  十分に肯け  ことは肯け  ものとして肯け  ことは、肯け  それが肯け  心理も、こう見て来れば肯け  芸術的精神を肯け  とき、おのずから微笑ましく肯け  のは、肯け  理由が肯け  ところを読むと、なるほどそうであったろうと肯け  事件として肯け  中ではだんだんと肯け  トックリと肯け  なかった所以も肯け  実感で肯け  見解も極めて肯け  さもあろうと肯け  それなりに肯け  



前後の言葉をピックアップ
肯く  首肯く  頷く  点頭く  うなずく  首肯け  点頭け  うなずけ  うなずけよ  うなずける


動詞をランダムでピックアップ
引きつける凹めまといいすてるほとばしっしゃくりあげる耀け捻じ通ろ助かるきりつめる切り換える突っ返す歩み寄止むすすぎみこし詰め込も嗅ぎ付け泣きつき
形容詞をランダムでピックアップ
くろっぽい瑞々しく名だかしかゆいわかり易いちいさし差出がましいいとわしい手重のろくさ暖かく寂しくぼろしはなばなしくのぞましいまっくろく辛抱強面倒臭苦しかろたのもしかっ