「聴か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 聴か[動詞]
筋などを話して聴か  助言を聴か  話を長々と聴か  種々と説き聴か  ものだ、とか聴か  宝となる、とか聴か  真髄が動く、とか聴か  其他まだ種々聴か  雑作もないといって聴か  私に聴か  外にまでも聴か  呼びかけが聴か  声を聴か  おとを聴か  ことだとさえいってとめて聴か  ことを聴か  教えに行けといって聴か  皆まで聴か  変調して聴か  云ひ聴か  者から聴か  深奥を説き聴か  お前は聴か  ことを語り聴か  勧化などを聴か  ことを云い聴か  肩身が広いと聴か  前例も余り聴か  デイヴィスに聴か  ことを言い聴か  肩身が広いと言い聴か  公共的精神が無いと云われても聴か  気もないし聴か  豹一に聴か  君に聴か  自分に言い聴か  自分に言って聴か  講義を聴か  自分にもそう言い聴か  相手は聴か  窃み聴か  周はそれでも聴か  人達に聴か  専門に聴か  かいにといい聴か  火の如く叫んで聴か  ところを聴か  現在北京で聴か  放送局からニユースを聴か  話を聴か  予想なりを聴か  耳もて聴か  のも聴か  話をどうしても聴か  うそよ、聴か  前置きだけ聴か  物理学者に聴か  紫玉は聴か  意見を聴か  わけを聴か  便りを聴か  事を聴か  みんなに語って聴か  部屋に聴か  何度も繰り返して話して聴か  怪談を聴か  奴にすっかり聴か  詩を読み聴か  楽しい音楽が聴か  不幸にして聴か  大衆に聴か  事なら聴か  ように聴か  さにもかかわらず聴か  舌速に言って聴か  寝所でしみじみ言って聴か  庄に言って聴か  場合などを話して聴か  話などをして聴か  いろいろに言って聴か  うまいことを言って聴か  説教を聴か  から肉声も聴か  五右衛門は、さては聴か  小僧に聴か  指図を聴か  動声を聴か  噂も聴か  方の悪狡い企みをお聴か  冒険談などを聴か  庄吉の聴か  顔をそむけて聴か  こっちでももう聴か  継子だぞと言って聴か  私が言って聴か  から以下を聴か  駄々を捏ねて聴か  兄弟三人分一人で聴か  老父は聴か  お前に聴か  説明して聴か  院政を聴か  別れを聴か  注意をこまごま聴か  諫めたが聴か  僕からあなたに、お聴か  音を聴か  自分に従えよとすすめたが聴か  梗概ばかり聴か  訓練とについて屡々語り聴か  五助はどうしても聴か  忠利は聴か  何度も聴か  エと、たしなめたが、聴か  雨滴でも聴か  むとせしに、泣き叫びて聴か  君花に聴か  ニュースを聴か  何か聴か  経歴談を聴か  挨拶をするといって、聴か  ために聴か  主君にお聴か  よう、つぶさにお聴か  俳句などにもかなり明るく、読んで聴か  対話を聴か  見物に聴か  祖母はもう聴か  それについて聴か  これを聴か  それをよく覚えていて、話して聴か  万事、聴か  音の高くして清きを聴か  詞を覚え、或は、聴か  物語を読んで聴か  それを言い聴か  弁解も聴か  庸三は聴か  ホテルで聴か  繰りかえし言い聴か  返辞を聴か  琴を聴か  彼がして聴か  教師のえろきゅうしょんなどを聴か  言は聴か  泣き声を聴か  物音も聴か  何も最早聴か  父様が聴か  親父に聴か  事は聴か  朗読して聴か  学生時代に聴か  ハイといって聴か  白黒しながら聴か  のとに呑まれて、聴か  此儘で聴か  皆な聴か  子供に言って聴か  使者だからと、言って聴か  殺人的演説を聴か  演説を聴か  己が聴か  聴くでもなく聴か  ものを聴か  下手な囀りを聴か  ことなんか聴か  胸も、焦げつつ聴か  総意として、聴か  のを聴か  晴代も聴か  のは、聴か  子守歌でも聴か  諫も聴か  だんだんに、聴か  懇請したれども、聴か  説明を聴か  殊にあの聴か  言ひ聴か  之を聴か  咄して聴か  一時に纏めて聴か  LPを聴か  清元を聴か  鐘を聴か  私たちに聴か  意見は一応聴か  図私達に聴か  擬神妄想を聴か  からざる話を聴か  それを聴か  購入して聴か  学生さんに聴か  ひとに聴か  誰に聴か  何と云っても聴か  意を聴か  移つたと聴か  面白い恋愛談を聴か  昔噺をして聴か  祈祷が聴か  それぞれ他人に聴か  私にも聴か  訴訟も親しく聴か  母に聴か  言葉を聴か  ことをいって聴か  ことを打ち融けて聴か  私からよう言うて聴か  姐さんから、あんじょう言うて聴か  機をお見やしてよういうて聴か  繁婆さんが話して聴か  惚気を聴か  時折笛を吹いて聴か  魚は聴か  話は聴か  さつき病院で聴か  話をして聴か  私の最も聴か  手柄話を聴か  自分も聴か  帰らないうちに早く聴か  考えを聴か  かわいい孫たちにして聴か  話をただ笑ってばかりは聴か  講釈までして聴か  喉を聴か  説を聴か  御託宣を聴か  手柄話をして聴か  噂を聴か  それからそれへと聴か  面白い昔話を聴か  足音を聴か  口説き文句を聴か  一件を聴か  むかし話を聴か  地唄にでも聴か  酒井三十郎を遣って止めるが聴か  母子に聴か  それに聴か  人に話して聴か  それは聴か  返事もまだ聴か  自分で話して聴か  災難を聴か  相手に聴か  のだといって、どうしても聴か  歌を聴か  彼等に言って聴か  旦郷衆にお聴か  上、それで聴か  一通り談義めいた事を説いて聴か  様々断つて見ましたが、どうしても聴か  桂介が取りつけてやったが、少しも聴か  間も聴か  それを言って聴か  中継なども聴か  音は正しく聴か  ニュースも聴か  手前どもにお聴か  それは次第に依っては申し聴か  一大事を申し聴か  そこまでは聴か  者には聴か  辞語を聴か  一大活劇を語り聴か  唄を聴か  咽喉から直接に聴か  私事を聴か  夢を聴か  想念を盗み聴か  昔話を聴か  櫓こぎつつ歌うを聴か  四重奏曲が聴か  嬢から直接に聴か  梅子さん、何卒聴か  天楽と聴か  不祥を聴か  警官力を極めて制すれ共聴か  若い者等に言うて聴か  御座つたと言うて聴か  参考に聴か  厭でも聴か  作品を聴か  一度も聴か  みんなに聴か  僕は聴か  云ふことも聴か  ひとつふたつ、聴か  枕をかりて寝転びながら聴か  七斤ねえさんはしまいまで聴か  ためには、遠く離れて聴か  気配が聴か  ことは聴か  京二にも話して聴か  ように言って聴か  虫が多く聴か  人に語りたく、聴か  唄でもうたって聴か  しかども聴か  つくばひをりて聴か  西に当たれば、ついに聴か  怪声を聴か  潜つた話などして聴か  数曲を聴か  文学の、若く、愛すべき息づきが聴か  扶くべしと議せしも聴か  話をだしぬけに聴か  真面目に聴か  十分に聴か  卯吉にして聴か  夫に聴か  歌をもつと聴か  余の久しく聴か  作曲が、どうも気に入らないといって、どうしても聴か  音をよく聴か  忠告を聴か  一曲を奏でて聴か  友人に聴か  私しが思いきり言うから、それで聴か  今夜は聴か  苦情を聴か  ここらで聴か  半分も聴か  いふ議論を聴か  僕に言って聴か  においが聴か  ッて聴か  小言を聴か  私に話して聴か  最後まで聴か  脚本朗読を聴か  仏法僧鳥を聴か  講釈をとくと聴か  からも、聴か  声だけを聴か  姉妹たちによって聴か  注意したが聴か  久し振りでしみじみと聴か  幾度となく聴か  みんなこっちへ来て聴か  私の誓いが聴か  娘は聴か  声色を聴か  若い僧たちに話して聴か  何だと聴か  音楽でも聴か  猿は聴か  主人によっていろいろ話して聴か  椅子では語られず、聴か  いつでも語って聴か  それが旨く行けば聴か  人だけに説いて聴か  甲から乙に話して聴か  何かを聴か  情話を聴か  講釈をして聴か  私がいくらなだめても聴か  楽屋噺をして聴か  付け講釈をして聴か  あはれ長く聴か  児は聴か  お話を聴か  等にも聴か  浄瑠璃を聴か  新五郎は聴か  ときに聴か  なかった連中ばかりですから、初めて聴か  癖で、是非なにか聴か  剛情な聴か  続きを聴か  上田が聴か  上で聴か  真弓は聴か  ことをちっとも聴か  音曲家に望んで常に聴か  者に聴か  ホーホを聴か  今一度子供たちに話して聴か  人に聴か  声は聴か  お手本通りの啼きを聴か  はいかようにも聴か  半ばも聴か  姉は聴か  健三は聴か  弁舌を聴か  合ひをもつとよく聴か  筋を聴か  物語をして聴か  手綱さばきも聴か  預言者に聴か  経験を、お聴か  心安めを云い聴か  十四郎に云い聴か  今晩御聴か  霊公に聴か  福音を説き聴か  由来として聴か  ラヂオを聴か  お話をして聴か  それを度々聴か  物語を聴か  子に聴か  用心せよとたびたび言って聴か  常は聴か  息子は聴か  ことは、聴か  説法を聴か  琴をひいて聴か  今一度運を試して聴か  通り、若し聴か  余は最早ぬすみ聴か  探偵に頼み、漸くに聴か  議論をよく聴か  何を聴か  想出話を聴か  其願が聴か  本心を、聴か  歌を唱って聴か  中味を説き聴か  声で言い聴か  自分にも言い聴か  ものだと聴か  吟遊詩人の旅物語を聴か  攻撃論を聴か  今夜も、これから聴か  らむといへど、聴か  願をかけたら、よもや聴か  細評を聴か  誰かに聴か  耳を引張って聴か  子供達に聴か  詫びたれども少しも聴か  主人が制せしをも聴か  これだけは聴か  言症を聴か  葉ずれを聴か  ぶんにいい聴か  止むるを聴か  ことなら聴か  音楽を聴か  諫止をも聴か  お稽古を聴か  はなしを聴か  妹頻りに止めて聴か  一日中電話を聴か  銃声とは聴か  呂昇を久しく聴か  白妙は泣いて留めたが、聴か  要求し、若し聴か  両手を突かないじゃ聴か  差し向かいで聴か  高坐で聴か  上にも聴か  彼は聴か  放送で聴か  返事などを聴か  一緒に聴か  何卒か悉皆聴か  勝頼は聴か  面白い事実を聴か  舌をとおして聴か  容易に聴か  君侯も来て聴か  三絃を聴か  自身にも言い聴か  娘に言い聴か  言を聴か  落語を聴か  君枝に語って聴か  人たちに聴か  吾は聴か  もう少し落着いて聴か  講義をよく聴か  興味があつたので、よく聴か  止むるをも聴か  ものでもなく、聴か  お客が聴か  ところではかけて聴か  一くさりを弾いてお聴か  たづねて聴か  一曲宛吹いてお聴か  公民を呼びかけて聴か  物語類は、読み聴か  唱へ聴か  命をも聴か  事情を聴か  叫び声は一向に聴か  物蔭で、聴か  御寮人さんを呼寄せて、いろいろ言い聴か  首領が聴か  声も聴か  若い細君に聴か  ロマンスを聴か  訃音を聴か  典拠があるなら聴か  本筋に聴か  はいまだ聴か  たびか聴か  都々逸も聴か  諫を聴か  信長は聴か  お座敷でも聴か  云つても、聴か  あとを聴か  差支えがなくばお聴か  因縁話を聴か  報告を聴か  読者諸君は聴か  女に云って聴か  消息さえ一向に聴か  沈着さとしてばかりは聴か  春に代って聴か  聴く可きを聴か  是非、聴か  聴くか聴か  非常に面白く聴か  話なぞをかつて聴か  話はかつて聴か  



前後の言葉をピックアップ
木下  気負わ  気温  基音  麾下  貴家  奇禍  訊か  貴下  奇貨


動詞をランダムでピックアップ
起ち産み落とそかきけしすれちがお取り立てよ刃向かっながめんはべれ乗っけよ掘り出せこと足るとびはねる飲み込んはくす変ずる供せなで上げ乗っ取る思いなおしつくばう
形容詞をランダムでピックアップ
軟かきちっちゃく生々しかっ喧し麗々しいさしでがましむずかしけれあやしい等しけれくど疎きまばゆかっあらあらしいひ弱い暖かき親しく気強く気持ちよいはれぼったかっ幼かっ