「聴い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 聴い[動詞]
説明を聴い  静かに聴い  話を聴い  しんぼうなすってしまいまで聴い  しんぼうして聴い  ろぎを聴い  中で聴い  しぐれを聴い  蝉声も聴い  トーキーを聴い  風を聴い  後は聴い  奥様は聴い  話で、聴い  斯うして聴い  其を聴い  さは、聴い  のを聴い  下女の聴い  用を聴い  演説を聴い  説を聴い  ラヂオを聴い  それを聴い  どよめきを聴い  笹鳴を聴い  蜩を聴い  音楽祭Musikfestを聴い  講義を聴い  音を聴い  作をたびたび聴い  歌を聴い  ことまですっかり聴い  言葉を聴い  流れを聴い  演奏を聴い  しろに聴い  鞘から払って、聴い  事情を聴い  言葉はてんで聴い  注意して聴い  ここで聴い  二学年を通じて聴い  のを実際聴い  形になって世に遺ると聴い  ことを聴い  首を垂れて聴い  ラジオを聴い  犬だまつて聴い  もの、聴い  転移を聴い  声を聴い  身にしみては聴い  鐘を聴い  鐘声を聴い  鮮かに聴い  学者に聴い  彼の聴い  ギヨツとして聴い  総て物を云わないで聴い  みんな最早聴い  説教を聴い  何を聴い  お談義を聴い  道を聴い  教えを聴い  いびきを聴い  噂を聴い  一年三ヵ月と聴い  全員が聴い  人たちに聴い  ラリーは黙って聴い  いっしょに聴い  送別パーティで聴い  テープを聴い  ルームで聴い  これを聴い  一年三ヶ月と聴い  斜めに見上げて聴い  あっちこっちで見たり聴い  記者の見たり聴い  方々で聴い  所感でも聴い  おかめなんぞよく売れると聴い  若い衆に聴い  顔をして聴い  価格を聴い  皮だと聴い  何だと聴い  身の上相談を聴い  紋切形をば一々聴い  ままふんふんと聴い  叱られていると聴い  のをしんみり聴い  紀代子がもし聴い  沼井と聴い  超過していると聴い  豹一はろくろく聴い  不良と聴い  一しょに聴い  熱心に聴い  応答があるだろうと聴い  無言で聴い  うそだといって、なかなか聴い  ふたりでよく聴い  のを、きっと聴い  夢中になって聴い  ぼくたちは聴い  モーツアルトを聴い  顰面して聴い  順一は聴い  傍で聴い  先刻から傍に坐って聴い  清二がやって来て黙って聴い  本気で聴い  天井を眺めながら聴い  私は聴い  云ふところを聴い  音を、ときどき聴い  鈴虫が鳴いたら聴い  議論を聴い  側で聴い  どなたかが聴い  忠さん、まあ、聴い  言に聴い  沢山講義を聴い  ところそれを聴い  気持で聴い  時そばに聴い  節だけ聴い  一節を聴い  耳を澄まして聴い  主人にさえ聴い  本気になって聴い  世間が聴い  胡弓を聴い  玉さん、聴い  生前に聴い  ところを聴い  唄を聴い  声は聴い  真面目に聴い  ネクタイを結び直しながら聴い  先程説明を聴い  者も聴い  きれぎれのものがたりを聴い  一語一什の物語りを聴い  講義はよく聴い  あれを聴い  詩吟を聴い  蔭ではつきりと聴い  ふたりでいろいろ考えながら、だまって聴い  香木を聴い  心持で聴い  女中が聴い  言分を聴い  薄笑いをしながら聴い  耳が聴い  手をおいて聴い  折入って聴い  道すじだけでも聴い  彼は聴い  メロディを聴い  浅野長晟之を聴い  語を聴い  以て聴い  無邪気に聴い  お前達の聴い  横から聴い  お喋りを聴い  深みもあり聴い  間楽しみながら聴い  午前十時と聴い  剛力に聴い  二里と聴い  一等だと聴い  一緒に坐って聴い  母さんに聴い  磯野に聴い  ものであったと聴い  こと、聴い  石川五右衛門と聴い  顔でしばらく聴い  笛など聴い  相談だが、聴い  訳でもなく、聴い  背中に聴い  川音を聴い  流布していると聴い  電話を聴い  みな藷ばかり食べていると聴い  人に聴い  風の音を聴い  訳を聴い  水音を聴い  今は聴い  戦地で聴い  調子外れに高いので、初めて聴い  音楽を聴い  烟にまかれて聴い  附合いに聴い  音でも聴い  ぢつと聴い  ことを詳しく聴い  耳で聴い  響きをきくともなく聴い  講演を聴い  唾を呑んで聴い  延津弥は黙って聴い  押問答をぬすみ聴い  彼は黙っておとなしく聴い  興味をもって聴い  白状を聴い  返事を聴い  八橋も聴い  俯向いて聴い  眼を拭きながらおとなしく聴い  蚊に食われながら聴い  紹介を聴い  ゲラゲラ笑いながら聴い  ポロポロ涙を落して聴い  聴くともなく聴い  独唱を聴い  教理を聴い  願をかけて聴い  首を垂れてだまって聴い  ものを聴い  風を黙然と聴い  隣室に聴い  忠告を聴い  噂に聴い  一を聴い  録音放送を聴い  土産話を聴い  僧これを聴い  笑ひながら聴い  負傷したとは聴い  音を初めて聴い  うわさに聴い  様子を聴い  戦話を聴い  うちに、よいに聴い  悲鳴を聴い  ラルゴを聴い  相談があるが、聴い  遠くで聴い  論文朗読を聴い  もの、会ったり、聴い  廊下で聴い  曲を聴い  君子これを聴い  耳をすまして聴い  母親から、聴い  なかで聴い  嘘なら聴い  振りをして聴い  愚論でもおとがめなく、聴い  ようを聴い  ジュッド医師の話しを聴い  みんな陰で聴い  ように立って聴い  光子が聴い  一切を聴い  ことなども聴い  経を聴い  それらを聴い  うそと思ったら聴い  ここまで聴い  顔付で聴い  なんでも聴い  わけを聴い  日などに、じっと聴い  事を聴い  から、来たらよく聴い  旋律を聴い  浮世床を聴い  レコオドを聴い  いつまでもラジオを聴い  庸三は黙って聴い  オペラなど聴い  エルマンを聴い  口を通して聴い  御飯食べながら聴い  藤川さんだろう、聴い  脈を聴い  態度で、聴い  所を聴い  自分が聴い  娘に聴い  ことなんか聴い  ちやんと聴い  聴くともなしに聴い  想いで聴い  口から聴い  是から見たり聴い  愚談を聴い  先生、聴い  台詞までも、聴い  台詞を聴い  声を、聴い  折角ひとが聴い  偶然それを聴い  瞑想しながら聴い  慾ばつた要求を聴い  うつつに聴い  人のを聴い  さを、聴い  陰翳のある、聴い  ことと、聴い  虚心に聴い  お話を聴い  何でも聴い  浪花節を聴い  君に聴い  物音を聴い  神経をそばだてて聴い  静に聴い  頭を下げて聴い  上妾は黙って聴い  講義など聴い  故郷ではついに聴い  私などの聴い  そちこちの村で聴い  私はまだ聴い  たかどうかはまだ聴い  説明はまだ聴い  一つを聴い  母が聴い  近江ではかえってまだ聴い  これを何というかを、聴い  かげで聴い  部屋でかけて聴い  様子で聴い  弁護士によく聴い  北京では、未だかつて聴い  告白は聴い  人から聴い  声まですっかり聴い  すつかり聴い  少量は聴い  私の聴い  山松風も聴い  山中で聴い  名前を聴い  命令を聴い  しゃることをよく聴い  ざわめきを聴い  無心に聴い  寝息をじっと聴い  寝息を聴い  感じもあつたが、聴い  悩みを聴い  心持を聴い  仙波氏は、にやにやしながら聴い  昔自分の聴い  のだったが、それでもやっぱり聴い  笑みを浮かべて聴い  おしまいまで聴い  んです、どうしても聴い  そばで聴い  ぢやどうして聴い  そこで聴い  先生に聴い  ものも聴い  報告を聴い  自分だけ這入って聴い  楽を聴い  偸み聴い  高柳君はうつらうつらと聴い  場所で聴い  美学などを聴い  高砂を聴い  高柳君はなるほどと聴い  訴を聴い  口利いていたが、聴い  パレードを聴い  WHKレイディオを聴い  註文を聴い  落着いて聴い  びっくりしないで聴い  からびっくりしないで聴い  もう少し辛抱して聴い  真実を感じて、聴い  政を聴い  私が聴い  ものと感じて聴い  朗読を聴い  言を聴い  お湯を持つて来て呉れたら、聴い  みんな歌なぞ聴いてはゐない聴い  のだそれなのに聴い  感動して聴い  仮感として、聴い  神妙に聴い  それにいちいち頷きながら聴い  米友、聴い  弟から聴い  どこかで聴い  ナット・キング・コールを好いているとか、いつも聴い  ラウンジで、くつろいで聴い  あなたはかつて聴い  曲を弾いてもらい、じっと聴い  ピアノを、まだ聴い  自分は聴い  たびに送って聴い  LPを聴い  雰囲気で聴い  彼奴なら聴い  清元を聴い  わたしは黙って聴い  雨を聴い  相談をぬすみ聴い  各局を聴い  繁から俺は聴い  はじめ面白そうに聴い  つきあいで聴い  慰問で聴い  放送を聴い  それをかけては聴い  そのまま膝において猶暫く聴い  しかし黙って聴い  凡て声は聴い  レコードを聴い  娘さんに聴い  んと聴い  ことをとにかく一応は聴い  東雲師は、黙って話しを聴い  他からも聴い  謂ふと聴い  のか聴い  ことになってね、まア聴い  先を聴い  首をかしげて、じっと聴い  主観的立場で聴い  つて虫を聴い  私は有難く聴い  今年はじめて蜩を聴い  たびも聴い  一度も聴い  幻覚から聴い  人も、悦んで聴い  あとを、聴い  イヤ熱心に聴い  とおりに聴い  愚痴まじりに聴い  小路とか聴い  その男にも聴い  不快に思いながら聴い  哀韻を聴い  搬びこんでいるらしい騒ぎを聴い  楽屋で聴い  お客に聴い  芸を聴い  横浜で聴い  俺が聴い  有年はだまって聴い  男から聴い  女房は黙って聴い  外でじつと聴い  辞を聴い  んも聴い  これだけを聴い  ほうが、色々と取りはやし、または少なくとも聴い  ハブに咬まれるかと聴い  山村だけで聴い  一度、大きくなるまでにはかならず聴い  ようで、よく聴い  昔話を聴い  声を出して歌ったので、じっと聴い  おかしい昔話を聴い  ことも聴い  女の子は聴い  興味をもって見たり聴い  ただ名を聴い  どこへ行って聴い  ヂツと聴い  やうに聴い  父から聴い  懺悔を聴い  いつかどこかで誰かに聴い  赧らめながら聴い  つもりで聴い  仕事をしながら聴い  立止って聴い  ピアニストを聴い  ピアノを聴い  役者なら、聴い  住職は黙って聴い  昔語りをいろいろ聴い  七は黙って聴い  から、まあ聴い  ようがないので、ただ黙って聴い  嚥んで聴い  七はただ笑って聴い  おれ一人が聴い  んだが、まるで聴い  七はやはり笑って聴い  なんですよ。まあ、聴い  先刻から気の毒そうに聴い  お話でね、まあ、聴い  息をつめて聴い  七は一々うなずきながら聴い  説法を聴い  答えを聴い  俺も聴い  捫著を聴い  久次郎は黙っておとなしく聴い  豊は黙って聴い  船を配して聴い  事をしばしば聴い  南京玉に聴い  俺はかねて聴い  密談を一々ぬすみ聴い  それは初めて聴い  惣八から聴い  材料をいろいろ聴い  方から聴い  積りで聴い  徳はただ黙って聴い  ように聴い  気無しに聴い  眼をとじて黙って聴い  眼をひからせながら、黙って聴い  噂はかねて聴い  講話も聴い  感心して聴い  物静かに聴い  舌打ちしながら聴い  私も聴い  グーセフは聴い  お前さんも聴い  一件を聴い  話などを聴い  なかで笑いながら聴い  小山健三さんに聴い  高等刑事に聴い  興に入って聴い  知らない人が聴い  お前さん、まあ聴い  達が聴い  口から、詳しく聴い  釘抜藤吉、起きて聴い  一件を、聴い  噂話を聴い  幸之助もおとなしく聴い  外で聴い  わたくしも聴い  長三郎も黙って聴い  僕は聴い  非人情で聴い  寄手耳を傾けて聴い  鼓を聴い  貝を聴い  ようにして聴い  観賞どころか、聴い  胸にも、聴い  神様にでも聴い  がんりきが黙って聴い  一遍お話を聴い  姉さんから話を聴い  あんたにとくと聴い  迷惑そうに黙って聴い  耳を引立てて聴い  息もしないでじっと聴い  眼を据えて聴い  播磨はやはり黙って聴い  話声を聴い  ふうで聴い  詞を聴い  前に垂れて聴い  父が聴い  呶鳴り声を聴い  芸事を、それほどに聴い  之を聴い  説をまだ聴い  みんなが聴い  考えなんて聴い  講義だけは欠かさずに聴い  奴ですよ、まあ聴い  声明を聴い  二時間にても聴い  ように眺めまた聴い  耳をそばだて、じっと聴い  耳に聴い  頤をのせ、じっと眺めまた聴い  いずれも、黙つて、聴い  そうに聴い  さで鳴らして聴い  私は折々聴い  細君にしたと聴い  種もいいと聴い  満員らしいと聴い  のでは分らないで聴い  つて其時私が聴い  推返して聴い  時私が聴い  後を聴い  それだけでも聴い  聴くだけは聴い  女中殿から聴い  名家老も、こう聴い  面をして聴い  気になって聴い  から、聴い  のを盗み聴い  話は、聴い  親友としてすっかりぶちまけて聴い  みんな大人しく聴い  殆んど聴い  クリストフはながめまた聴い  ことを快く聴い  二人で聴い  何程に喜んで聴い  可いこと聴い  ような、また、話したり聴い  楽曲を聴い  小節を聴い  ことなら聴い  ちやんと、聴い  頼みを聴い  其耳に親しく聴い  祖母から聴い  人声を聴い  要求を聴い  口を挟まずに聴い  哲学に聴い  哲人たちに聴い  朝子は凝っと聴い  耳を貸さず、聴い  聲を聴い  後になって聴い  ファラデイの聴い  いふ話を聴い  僕が聴い  人間が聴い  セリフを読まなければならないのに、聴い  これはただ聴い  会つて話を聴い  天狗連の御浚えを聴い  誰も聴い  上に書いてあると聴い  何か聴い  狼とは聴い  人と聴い  かな説明を聴い  方もあるかも知れないが、まア聴い  端唄を聴い  兄は黙って聴い  障子を隔てて聴い  奥で聴い  誰が聴い  気持ちで聴い  お前さんがたの聴い  うわの空で聴い  今まで聴い  緊張して聴い  怪談らしく話さなかったが、聴い  梅はしばらく聴い  一口も入れないで黙って聴い  気をよく聴い  鳴き声を聴い  声さえも聴い  間、見たり聴い  それも聴い  桶に入れて聴い  講演などを聴い  俊伝兵衛を聴い  のか、よく聴い  さつきから聴い  講釈を聴い  気分で聴い  鳥を聴い  ことは未だに聴い  ものは、聴い  若い龍子はしみじみと聴い  話も聴い  六月頃に聴い  穴に当て聴い  何度も飛んでは聴き聴い  存せずというを聴い  陳述を聴い  寄席で聴い  長者これを聴い  ただ黙って聴い  藻はおとなしく聴い  名を聴い  そばに聴い  玉藻との語らいをぬすみ聴い  口上を聴い  半分に聴い  噂などを聴い  娘は始終つつましやかに黙って聴い  ことは、よそながら聴い  眼をみはりながら聴い  泰忠から聴い  それを黙って聴い  夏休みに行って、始めて聴い  従者に聴い  思想問題上君に聴い  意見を聴い  気がしましたけれど、聴い  歌でも聴い  靴音を聴い  時から、聴い  痺れを切らしながら、じっと聴い  のでしたら、聴い  居間で聴い  あたしは聴い  背中を丸くして聴い  正坐して聴い  挨拶をしながら聴い  彼女は、一度聴い  手を伏せて聴い  箏曲を聴い  三人で聴い  小唄を聴い  段を聴い  それをしばらく聴い  目をあいて聴い  先生なら黙って聴い  窃み聴い  二葉亭自身から聴い  セレナードでも聴い  言洩らさず聴い  固唾を呑んで聴い  ラジオで聴い  うなづきながら聴い  言ふことさへ聴い  やうな思ひで聴い  音のみを聴い  つて注意深く聴い  結局は聴い  何ですと聴い  わたくしも唯黙って聴い  それをじっと聴い  一原因だと聴い  僕も聴い  仕事だと聴い  のだと聴い  何にも聴い  妻の聴い  これはわざと聴い  友人もうすうす聴い  手に聴い  足に聴い  根本を聴い  浄瑠璃で聴い  満足に聴い  幽かであるけれども、聴い  こゑを聴い  木曾で聴い  運好くて聴い  高野山上で聴い  鳥のこえを聴い  ように思って聴い  さっきから少し美し過ぎると思って聴い  方角を聴い  コーラスを聴い  カンタータを聴い  名を、聴い  太鼓を聴い  慈悲太郎が聴い  調子さへ聴い  日本で初めて聴い  耳を傾けて聴い  鶯を聴い  音でないと思うて聴い  南方熊楠氏から親しく聴い  お母さんによく聴い  主に聴い  大阪で聴い  身を入れて聴い  敬意を払って聴い  シムフォニーを聴い  親爺に連れていって貰って聴い  講釈で聴い  噺も到底おちおち聴い  噺が聴い  からまだ聴い  むやみやたらと聴い  眉をしかめて聴い  高座を聴い  お前さんを聴い  文楽を聴い  前に聴い  仕方がない明日を聴い  襖を隔てて聴い  冬子さんからも聴い  話し声を聴い  歎息かなぞ聴い  耳には聴い  細かに聴い  からおしまいまで話して貰って、初めて聴い  裁判を聴い  ことだったら、聴い  ことばに、聴い  座敷から聴い  これをすっかり聴い  留五郎は、黙々と聴い  男女が聴い  激情をもって聴い  太棹も聴い  息づかいを聴い  セーニャに聴い  ハアプ弾奏を聴い  泣き声を聴い  隣の部屋で聴い  敏感に聴い  女中から様子を聴い  問答をぬすみ聴い  書物やらに聴い  友だちから聴い  口から直接に聴い  諸君がおとなしく聴い  辛抱して聴い  あなた方は笑って聴い  真中にいて聴い  話を洩れ聴い  尤様で聴い  旅びとの死体が聴い  王者は笑って聴い  安心して聴い  からよく聴い  嵐だと思って聴い  ことは聴い  背中で聴い  異見を聴い  セレナードを聴い  三分の一に聴い  私も少し驚いて聴い  とき私は聴い  復活祭前後に聴い  君が聴い  何を言ったって構いません、喜んで聴い  一つ一つとつくりと聴い  劃を聴い  考えを聴い  聴く人があらば聴い  セイス老教授から自分は聴い  一度はとくと聴い  すきかと聴い  脇で聴い  挨拶を聴い  婆さんは聴い  是を聴い  心を動かした、恐らく聴い  群よりは、離れて聴い  声ばかり聴い  モルガンは凝と聴い  どこで聴い  話は聴い  分を聴い  応酬を聴い  ひとつふたつ、聴い  きり説明を聴い  あなたには、いろいろ聴い  ことを、よく聴い  促進とは聴い  建築したとか聴い  好一対此駄洒落を聴い  債権者会もあったと聴い  皆済したとか聴い  羽叩きを聴い  ことなんぞ聴い  余計に聴い  一つ這入って聴い  浄瑠璃を聴い  仔細を聴い  押問答を聴い  膝もくずさないで聴い  さっきから黙って聴い  口をあいて聴い  市川さんは黙って聴い  源七から聴い  直接話を聴い  畑中氏からこれを聴い  みなよく聴い  講書を聴い  ひとに喋らせといてちっとも聴い  響音を聴い  声を、同時に聴い  経験し、じっさいに聴い  私は、聴い  候などとは、聴い  タンポポと聴い  一部で聴い  人には、聴い  キタカタゴンズを聴い  本名を聴い  物を知らなければ聴い  笑顔で聴い  それぞれにこれを聴い  衣を著よと聴い  オットコイシと聴い  啼声を聴い  声のみ聴い  私たちが聴い  鳥の囀りを聴い  何べん聴い  啼声をこう聴い  この声を聴い  いずれもよく聴い  自分はまだ一向に聴い  頃尾張で聴い  烏が啼くなと思って聴い  秋よく聴い  彼を見たり聴い  二人ともおとなしく聴い  告白を聴い  人々はかれの語るを聴い  弁解を聴い  会話を残らず聴い  ところを黙って聴い  其所はつい聴い  面白そうに聴い  蔭で聴い  変化を聴い  細君から聴い  笑談半分に聴い  根気よく聴い  傍で黙って聴い  最後の言葉を聴い  ちやんとして聴い  パパはやっぱり起きて聴い  歌曲を聴い  西洋音楽を聴い  フロラから聴い  決心を聴い  注意を聴い  お姉さま、聴い  準之助氏は、一々しみじみと肯いて聴い  あらましを聴い  小さな跫音を聴い  狂喚を聴い  のを、しみじみ聴い  本能寺の変を聴い  一心に聴い  ようで、じっと聴い  生年月日を聴い  綾衣は黙って聴い  彼女はおとなしく聴い  母さんから聴い  遠吠えを聴い  会話を聴い  琵琶を聴い  グーロフはもう聴い  裁判事件を聴い  明瞭りと聴い  わしは、聴い  笛を聴い  君から十数年前に聴い  ようになったが、聴い  隣人から聴い  いくつとなく聴い  足音を聴い  誰からか聴い  話はいかにも聴い  前年前田雄三君から聴い  一度に聴い  物音をともに聴い  小田内通敏君が聴い  一人が聴い  時また聴い  ものだろう、いや聴い  うまいな、と思って聴い  口論を聴い  三時間だけ聴い  感歎して聴い  真赤にして聴い  他人から聴い  耳許で聴い  誰に聴い  地べたばかり見て聴い  鳴りをしずめて聴い  悔に行った、そして段々聴い  方を重く聴い  言事を聴い  ものが殖えたと聴い  者に聴い  記者が見たり聴い  以下だと聴い  場所を聴い  その後談を聴い  ざっと三時間ほど、じっと聴い  わたしの申出を聴い  都上りを聴い  是非にも、聴い  死を聴い  まこと悪くば、聴い  なんべん聴い  談話を聴い  今日はぜひにも聴い  辺に聴い  音を、聴い  跫音を、聴い  葉ちゃんに聴い  話に聴い  よしを聴い  薬は何かと聴い  嵐だけを聴い  喉を聴い  気息を聴い  心動を聴い  間に聴い  貴女だけに聴い  真相を聴い  成るほど聴い  立山を聴い  位はうすうす聴い  対話をいと興味深く聴い  霹靂を聴い  長官からミネルバで聴い  伝説を聴い  咆吼を聴い  一同は、聴い  噂は聴い  大将は聴い  んだが聴い  大将に聴い  魔所といえば、それだけ聴い  馴育師から説明を聴い  回教国一と聴い  笑いもしないで聴い  秋山はだまって聴い  はいはいと聴い  教育が聴い  老母さんから聴い  口からよく聴い  側近くに居並んで聴い  ほりにさう聴い  蝉を聴い  はい、聴い  註訳入りで聴い  微笑で聴い  応答を聴い  首をさしのばし、聴い  愚痴を聴い  翁に聴い  方で、聴い  大変だと思って、いつもおとなしく聴い  かすかに聴い  冷静に聴い  話声をきくともなしに聴い  楽声を聴い  目をつぶって聴い  呂昇を聴い  此話を聴い  祖母から曾て聴い  ふりして聴い  諺があると聴い  感想を聴い  誰人に聴い  恢復をはかっていると聴い  羊を飼っているとも聴い  最後に聴い  夜に聴い  鈴本で聴い  円朝の高坐で聴い  私には高坐で聴い  心持ちで聴い  先ざきで鶯を聴い  高橋五郎氏に聴い  そいつを聴い  底に聴い  夜半に、計らず聴い  レヴュ放送を聴い  科白廻しを聴い  型を聴い  感心しながら聴い  泊れると聴い  飴を買いに来たと聴い  地蔵を祀ったと聴い  久々で聴い  講義で聴い  其積で聴い  雲雀を聴い  新内を聴い  有益でもあり、かつ面白く聴い  ひとつあなたには聴い  同職に聴い  小耳を引っ立てて聴い  叫喚をまのあたり聴い  時計を聴い  一節に聴い  事あ聴い  不平なぞを聴い  世帯を持ったと聴い  表情もなく聴い  聟養子を迎えると聴い  梅田へ行ったと聴い  関東煮屋をやると聴い  詰問を大人しく聴い  音響を聴い  俥をひいていると聴い  報らせを聴い  涙を流してありがたく聴い  あいあいと聴い  客から聴い  我慢して聴い  圓蔵を聴い  圓石を聴い  三代目小さんを聴い  先々代市馬を聴い  笑して聴い  牛込亭に聴い  目裏を熱くして聴い  大方は読ませて聴い  新口村を聴い  一番前列に聴い  文章を読んで貰って聴い  薬をよくよく眺めて、聴い  潮ざいを聴い  癖に、永く聴い  機械で聴い  講義などはほとんど聴い  春から十一月までも待って聴い  部分だからと思って聴い  品評を聴い  静粛に聴い  己が視たり、聴い  お客様に聴い  高座もついに聴い  旧居で聴い  私は始めて聴い  説明をも聴い  長唄を聴い  腕を拱いて聴い  態度で聴い  蔭から話を聴い  三尺といっちゃ、聴い  いきさつを聴い  直接に聴い  請求をさえすらりと聴い  源太が頼む、聴い  のは聴い  口を副えて聴い  源太ゆるりとは聴い  のか、定めしもう聴い  始末をつければよいさ、薄々聴い  用か、聴い  ことも、かねて聴い  今も聴い  神様は聴い  音そのものを聴い  音で聴い  仏法僧を聴い  身の上話を聴い  訃音を聴い  次第によっては聴い  どれを聴い  芸術談を聴い  碑が建っていると聴い  情報を聴い  人を聴い  独演会で、親しく聴い  私はちぢこまって聴い  なにを聴い  とっくりと聴い  割引きをもって聴い  歴史を聴い  頭を垂れて、おとなしく聴い  ほほえみながら聴い  半分本を読みながら聴い  耳をかたむけて聴い  カアルは聴い  倚って聴い  耳を押しつけて、ながく聴い  冷然として聴い  腕組をして聴い  後に聴い  ぎわに少し聴い  不思議そうに聴い  ことだと聴い  溜息をつかずには聴い  鐘の音を聴い  ジナイーダが聴い  何んでも聴い  私も泣いて話し、泣いて聴い  生死にかかわらず聴い  方ばかり聴い  新事実を聴い  話を黙って聴い  事実を聴い  駅路と聴い  終いまで聴い  初め六週間位は只聴い  六週間を聴い  講演もしばしば聴い  人から何か聴い  わたしが聴い  回顧談を聴い  



前後の言葉をピックアップ
きい  キイ  紀伊  効い  利い  奇異  キイキ  キイキイキイキイ  キイキイキイッ  キイキイキャアキャア


動詞をランダムでピックアップ
食える遊び歩き罷る馴染ん伴いおも送りだす逸らせ据え付けるだするもみけしはたす辞め嘶い為し遂げんおどかそ湧かし口説き落とさけせるずりおち
形容詞をランダムでピックアップ
まぢかいさうざうし寒かっ苦々し馬鹿らしきくちいそぐわな草深重々しはばひろく生生しくくきたのしけれ懈いくかろあぶなっかしくよろしい正しかろ面白い歯がゆく