「聞こえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 聞こえ[動詞]
ところに聞こえ  声も聞こえ  音が聞こえ  のが聞こえ  音が重く聞こえ  声が聞こえ  音量で聞こえ  浴室あたりから物音が聞こえ  足音が聞こえ  理が聞こえ  琵琶歌が聞こえ  陰から声が聞こえ  音響が聞こえ  滑稽に聞こえ  そこここに聞こえ  枕元に聞こえ  返事が聞こえ  声はおぼつかなく聞こえ  のですが聞こえ  耳も聞こえ  そうなうなり声が聞こえ  声でまだ泣かないと聞こえ  音は聞こえ  声もときどきほとんど聞こえ  やうに聞こえ  トントントンが聞こえ  人声が聞こえ  方から沈黙を破って聞こえ  物音も聞こえ  声がまた聞こえ  調子に聞こえ  グーングーン、グーンと聞こえ  私にはよく聞こえ  上まで聞こえ  どこからか聞こえ  建築として聞こえ  伝声管をつたわって聞こえ  音も聞こえ  悲鳴が聞こえ  声は聞こえ  耳そこにハッキリと聞こえ  爆音が聞こえ  それが聞こえ  なにも聞こえ  響きをたてて聞こえ  突飛に聞こえ  博士には、あのさわぎが聞こえ  声とが、入りまじって聞こえ  声が次第に聞こえ  だれも見ていないし、聞こえ  耳に聞こえ  足音もほとんど聞こえ  しろで聞こえ  物音が聞こえ  隣室に聞こえ  何も聞こえ  此二三日夫がぴたりと聞こえ  交錯して、聞こえ  奏楽が聞こえ  水中電話器にのって、聞こえ  怪音が聞こえ  ぎゃアぎゃアとばかり聞こえ  僕に聞こえ  一めんに聞こえ  声がことさら際立って聞こえ  上に聞こえ  冴え冴えと聞こえ  後ろに聞こえ  声ははっきりと聞こえ  声が落ち着いていくので、かすれかすれにしか聞こえ  それは聞こえ  川音が聞こえ  静かに聞こえ  教室じゅうに聞こえ  跫音がうるさく聞こえ  ように聞こえ  主人には聞こえ  声がゆがんで聞こえ  耳許に聞こえ  急にはっきりと聞こえ  幽かに聞こえ  こだまさせながら聞こえ  私らのさざめきは聞こえ  産声が聞こえ  音が遠く聞こえ  耳には聞こえ  音まで、聞こえ  靴音が聞こえ  警察へ聞こえ  音色が聞こえ  ここまで聞こえ  方から聞こえ  悲しみを帯びて聞こえ  音色は聞こえ  明くる日もやはり聞こえ  声さえ聞こえ  門扉を通して聞こえ  近くで聞こえ  泣き声が聞こえ  声の聞こえ  さそうに聞こえ  父様妾には聞こえ  声々が聞こえ  反響して聞こえ  歌声が聞こえ  怒声が聞こえ  今まで聞こえ  木精を起こして聞こえ  音の聞こえ  背後で聞こえ  どこからともなく聞こえ  碩寿翁へ聞こえ  一所から声々が聞こえ  讃歌が聞こえ  音が鈍く聞こえ  音が、聞こえ  さをもって聞こえ  賛美歌が続いたり絶えたり聞こえ  響きはもう聞こえ  つぶやくのが聞こえ  寝息が聞こえ  内部に聞こえ  声が常に聞こえ  しろから風に乗って、聞こえ  なかから、聞こえ  音楽が聞こえ  かすかに聞こえ  さかんに聞こえ  日本語放送が聞こえ  ところからも聞こえ  音だけが聞こえ  相談が、聞こえ  さむざむと聞こえ  物音は聞こえ  いやに聞こえ  ドッと聞こえ  人生相談に聞こえ  字も聞こえ  裏から悲鳴が聞こえ  舌打ちが聞こえ  一節切が聞こえ  ざまに聞こえ  物狂わしくまた聞こえ  絶叫が聞こえ  一つ一つ皮肉に聞こえ  音でも聞こえ  聲が聞こえ  応答は聞こえ  隣家へ聞こえ  方で聞こえ  御殿にも聞こえ  入り混じって聞こえ  風の音と聞こえ  音と聞こえ  日と聞こえ  一匹ぶんぶんいってやがって、いっこう聞こえ  安らかに聞こえ  尾を曳いて聞こえ  廊下にあたって聞こえ  長閑に聞こえ  のが、聞こえ  絃歌が聞こえ  叫び声が聞こえ  合唱が洩れ聞こえ  鼾が聞こえ  役人にも聞こえ  歯ぎれのいい音がすぐ聞こえ  笑いが聞こえ  高笑が聞こえ  音になって、高く低く聞こえ  声さえも聞こえ  たしかにそれがありありと聞こえ  半鐘も、聞こえ  水音が聞こえ  音がゆかしくもれて聞こえ  あごを埋めて、聞こえ  高笑いが聞こえ  街道に聞こえ  何も見えたのではなし、聞こえ  ことが聞こえ  言葉がよく聞こえ  言葉がまったく聞こえ  敵を見、聞こえ  場合であるから、或いは、聞こえ  声は絶えず聞こえ  おれたちに聞こえ  女として聞こえ  私には聞こえ  窓までも聞こえ  附近に聞こえ  声がはっきりと聞こえ  そばに聞こえ  下にでも聞こえ  響きとしか聞こえ  足音がまったく聞こえ  口から聞こえるか聞こえ  人に聞こえ  人には聞こえ  彼女に聞こえ  絶え間なく聞こえ  松籟が聞こえ  言葉が聞こえ  さまに聞こえ  ほかは聞こえ  音がしばらく聞こえ  声が、途絶えてはつづき途切れてはまた聞こえ  世上へ聞こえ  日本へ少しも聞こえ  父には聞こえ  ちょっとふりかえったが、聞こえ  銃声が聞こえ  夢のように微妙に聞こえ  鉦に混じって騒々しいまでに聞こえ  唄声なども聞こえ  唄声は聞こえ  先々で聞こえ  どこからも聞こえ  唄声が聞こえ  耳へまで聞こえ  鳴き声が聞こえ  時間に聞こえ  耳もとで聞こえ  のどやかに聞こえ  音さえ聞こえ  明瞭り聞こえ  あざやかに聞こえ  そうに聞こえ  声とは聞こえ  真理に聞こえ  これが聞こえだすと、聞くまいと思うほど、かえって高く聞こえ  悪神として聞こえ  遠くに聞こえ  音が、凄まじく聞こえ  呶声が聞こえ  岸まで聞こえ  それがハッキリ聞こえ  合唱が聞こえ  サラサラサラサラと聞こえ  ように、物凄じく聞こえ  泣声が聞こえ  二十年來礑と聞こえ  二十年来礑と聞こえ  沙汰も聞こえ  富豪の聞こえ  声がいさましく聞こえ  声ももう聞こえ  世界に行ったらしく聞こえ  ほえる声が聞こえ  昼間でなければ聞こえ  ざわめきが聞こえ  鳴き声もよく聞こえ  鳴き声も聞こえ  音ばかりが聞こえ  気勢が聞こえ  足音が乱れて聞こえ  空からも聞こえ  微かにしか聞こえ  二三町も離れていて、呼んでも聞こえ  見え方や聞こえ  歌まで聞こえ  似顔絵などで聞こえ  メロディアスに聞こえ  音楽も聞こえ  話し声が聞こえ  ジャズが聞こえ  笑い声なぞは聞こえ  音などが聞こえ  船中にあっても聞こえ  誰にも聞こえ  話と見えて、ちっとも聞こえ  得意気に聞こえ  ものが聞こえ  何となく得意気に聞こえ  明瞭さで聞こえ  併しはっきりと聞こえ  見えもしなければ聞こえ  声ばかりが聞こえ  羽音が聞こえ  容易に聞こえ  時また聞こえ  叫びが聞こえ  中にまじって聞こえ  庭ごしに聞こえ  耳にも聞こえ  歔欷が聞こえ  ものに聞こえ  こっちにも忙しく聞こえ  話が聞こえ  返事も聞こえ  ポタリポタリと聞こえ  空気に包まれて聞こえ  声が途切れ途切れに聞こえ  おごそかに聞こえ  かなり名の聞こえ  桟橋からデッキまでどよみ渡って聞こえ  ほうに聞こえ  船じゅうに聞こえ  断続して聞こえ  笑い声が聞こえ  笑い声がまた聞こえ  響きが聞こえ  快活らしく聞こえ  時鐘の音が聞こえ  瞬間からまた聞こえ  高笑いさえ聞こえ  ほうから聞こえ  ように恐ろしく聞こえ  ようにさえ聞こえ  ようにも聞こえ  日ねもす聞こえ  からやかましく冴え返って聞こえ  確かに聞こえ  木村木村と聞こえ  方へも聞こえ  慵く聞こえ  部屋へも聞こえ  間近に聞こえ  様に聞こえ  景気よく聞こえ  啼声が聞こえ  耳へ聞こえ  泣き声は聞こえ  返事は聞こえ  空咳が聞こえ  羽搏きとが聞こえ  狼狽したらしく聞こえ  中に震えて聞こえ  水音なんか聞こえ  間断なく聞こえ  戸口から屋内を覗きながら、聞こえ  悲鳴などが、いよいよ烈しく聞こえ  歌の聞こえ  悲痛に聞こえ  音が、けたたましく聞こえ  皮とあっては聞こえ  敏腕の聞こえ  きれぎれに聞こえ  五畿内中国に聞こえ  声がこう聞こえ  風に吹きちぎられながら聞こえ  声が疳高く聞こえ  声もはっきり聞こえ  からんでも聞こえ  何が聞こえ  倉地は聞こえ  声だけが聞こえ  雑音が聞こえ  心持ちが目立って聞こえ  激して聞こえ  哀れにもまざまざと聞こえ  廊下まで響いて聞こえ  あく音が聞こえ  ましく聞こえ  戸口に聞こえ  路に聞こえ  なかでは聞こえ  独白と聞こえ  連中にはまったく聞こえ  非常にうれしく聞こえ  響らしく聞こえ  ため息が聞こえ  りっぱに聞こえ  杳として聞こえ  調子はおっとり聞こえ  こっちからも聞こえ  一語も聞こえ  云つた言葉とはどうしても聞こえ  鐘の音が聞こえ  空にして聞こえ  唄が聞こえ  騒ぎ声に交じって聞こえ  室まで聞こえ  笑い声も聞こえ  明らかに聞こえ  つぎの言いつけが聞こえ  中から唄が聞こえ  当人達にも聞こえ  音がたえず聞こえ  祝砲が聞こえ  めんちょうにまで、聞こえ  金平ちゃんに聞こえ  聞こえるか聞こえ  ゑが聞こえ  こゑがよく聞こえ  何か聞こえ  小さなもの音でも遠くまで聞こえ  どよめきから、突然にはっきりと聞こえ  声などが聞こえ  何にも聞こえ  空気に高く響けて聞こえ  音はまるで聞こえ  そこからよく聞こえ  不思議に聞こえ  一つも聞こえ  方方で聞こえ  鈴の音が聞こえ  三味線が聞こえ  陰にこもって聞こえ  響きさえ聞こえ  ひっきりなしに聞こえ  返辞は聞こえ  泣き声でも聞こえ  呼び声が聞こえ  歌声は次第にハッキリ聞こえ  人声も聞こえ  邸中に聞こえ  シグナルまで聞こえ  電柱に聞こえ  風でいっこう聞こえ  んですか、聞こえ  んですよ、どうです聞こえ  レスにはすぐ聞こえ  中でがんがん聞こえ  だいじょうぶなにを言っても聞こえ  音が交じって聞こえ  カピもやはりくたびれていたので、呼んでも聞こえ  声でも聞こえ  ことばはもう聞こえ  いく度となく聞こえ  馬のいななきも聞こえ  牛のうなりも聞こえ  中庭までよく聞こえ  声、などが聞こえ  言葉にまじって聞こえ  ためとぎれてよく聞こえ  耳が聞こえ  言説ももう聞こえ  注釈ももう聞こえ  話はまるで聞こえ  たかわたしには聞こえ  こだまも聞こえ  わたしには聞こえ  かすかに、しかしひじょうにはっきりと聞こえ  女はほとんど聞こえ  ノックが聞こえ  甲板に聞こえ  間斷なく聞こえ  ふうに聞こえ  小玉だと聞こえ  こゑも聞こえ  昆虫も聞こえ  ところへは聞こえ  画面外から聞こえ  ときから静かに聞こえ  いまも聞こえ  さきほどまで聞こえ  音楽が、聞こえ  声だけは聞こえ  それぎり声は聞こえ  調子よく聞こえ  馬の嘶きが聞こえ  それはもう、聞こえ  跫音が聞こえ  声は、聞こえ  音のみ聞こえ  妾なぞと聞こえ  耳へは、大きく聞こえ  さらさらと聞こえ  ラジオから番組が聞こえ  音がいろいろ聞こえ  声はちっとも聞こえ  声は決して聞こえ  音なんかいくら聞こえ  一ツも聞こえ  キャラコさんは、聞こえ  冷やかに聞こえ  方からまた聞こえ  節を帯びて聞こえ  車馬の轟きはめったに聞こえ  音さへ聞こえ  微かに聞こえ  掛声などがチラチラと聞こえ  明け六つの太鼓が聞こえ  のが、かどを通ると聞こえ  ぴゅんぴゅんと微かに聞こえ  見えもすれば聞こえ  しまつて、聞こえ  お話なんかしたって聞こえ  ようには聞こえ  江戸市中に聞こえ  夢のように流れて聞こえ  騒ぎが聞こえ  先で怒鳴っても聞こえ  世間に聞こえ  馬鹿と言ったが聞こえ  俺が聞こえ  砲音が聞こえ  辺まで追込まれたなと思っていたが、また聞こえ  げに聞こえ  私に聞こえ  ふしが聞こえ  いままでたびたび聞こえ  運転手は聞こえ  哀れに聞こえ  近くになったりして聞こえ  鈴が聞こえ  いつ迄もいつ迄も聞こえ  警笛が聞こえ  喚声も聞こえ  辺に聞こえ  音楽の聞こえ  耳だけがハッキリ聞こえ  ガヤガヤと聞こえ  ところへ聞こえ  声が、いらだたしく聞こえ  名の聞こえ  しろに聞こえ  声などは聞こえ  鈴の音に交って、聞こえ  声が、聞こえ  いままで聞こえ  がらがらと聞こえ  それはよく聞こえ  それがはっきり聞こえ  中に聞こえ  底からでも聞こえ  跫音も聞こえ  双方ともに聞こえ  口早にね、それだけは聞こえ  藤吉は、聞こえ  足踏みが聞こえ  笑いさざめいて聞こえ  拍手が聞こえ  賑やかに聞こえ  騒音が、聞こえ  何んにも聞こえ  物音は再び聞こえ  血汐となって、聞こえ  言葉がはたして聞こえ  まりたびたび聞こえ  からよく聞こえ  心ここにあらざれば、見れども見えず、聞けども聞こえ  初音も聞こえ  ことになれて、ただ、聞こえ  方から聞こえるか聞こえ  咳払いすら聞こえ  のも聞こえ  町からも聞こえ  内陣から合唱が聞こえ  ようなささやきがこう聞こえ  暫らくいたましく聞こえ  騒ぎも聞こえ  江戸へ聞こえ  ものすさまじく聞こえ  のがはっきり聞こえ  奇怪に高まって聞こえ  動悸が聞こえ  旋律が聞こえ  クリストフは聞こえ  鳴動が聞こえ  声が、たえず聞こえ  かすかにしか聞こえ  曲調が聞こえ  後に聞こえ  鼓動さえ聞こえ  声の絶えて聞こえ  ハツキリと聞こえ  判然として聞こえ  から耳に聞こえ  情も籠って聞こえ  衣摺れが聞こえ  泣声の聞こえ  足音も聞こえ  夜明けに、聞こえ  馬車の軋りが聞こえ  見えも聞こえ  近く梅ヶ香と相聞こえ  聴衆には聞こえ  若い女声が、聞こえ  向こうまで聞こえ  人たちに聞こえ  方に聞こえ  往来までも聞こえ  果たして笑い声が聞こえ  音しか、もはや聞こえ  外へは少しも聞こえ  小麦の戦ぎが聞こえ  壁を通して聞こえ  ザロメへ聞こえ  ゴットフリートは聞こえ  歌が聞こえ  人々は聞こえ  名前が聞こえ  歌が、聞こえ  楽句が次々に聞こえ  力溢れて聞こえ  掛声が聞こえ  それに続いて聞こえ  邸内から聞こえ  主君への聞こえ  歌声は聞こえ  所で聞こえ  今は聞こえ  ビリとして聞こえ  音がしげく聞こえ  幽かながらも聞こえ  話などが聞こえ  律動が聞こえ  のが、間もなく聞こえ  のかは聞こえ  源氏にもよく聞こえ  どこで啼くとなしに多く聞こえ  内へは聞こえ  音楽もことに冴えて聞こえ  問題が聞こえ  噂の聞こえ  ほのかではあるが聞こえ  優雅に聞こえ  ほのかに聞こえ  音に混じって聞こえ  非常に美しく聞こえ  世間の聞こえ  さえずりが聞こえ  会話が聞こえ  田舎にまで聞こえ  さに聞こえ  大納言家への聞こえ  肥後に聞こえ  支那にまで聞こえ  のが感じよく聞こえ  言葉は聞こえ  中将に聞こえ  嫉妬騒ぎが聞こえ  世間へ聞こえ  前に聞こえ  あちらこちらに聞こえ  足音などが、ごく弱く聞こえ  オリヴィエにも聞こえ  ほうを好んではいたけれども、聞こえ  毎日朝から晩まで聞こえ  演奏はもうまったく聞こえ  口をつぐんで、聞こえ  息が聞こえ  外へ聞こえ  愛嬌があると聞こえ  うららかに聞こえ  宮中へも聞こえ  艶に聞こえ  響きでも澄み通って聞こえ  点がなく、よく澄んで聞こえ  泣き声が多く聞こえ  太政大臣家へも聞こえ  左大将へも聞こえ  賢がって聞こえ  声ではあるがおもしろく聞こえ  いっしょに聞こえ  かすかにすごく聞こえ  気配には聞こえ  所へは聞こえ  世の中へ聞こえ  足音の聞こえ  山荘へよく聞こえ  相当に遠ざかるまで聞こえ  さから、聞こえ  経声が尊く聞こえ  人声が多く聞こえ  室に聞こえ  息づかいが聞こえ  糸杉のやさしいそよぎが聞こえ  鉛筆で、聞こえ  言葉も聞こえ  笑声が聞こえ  上を聞こえ  君へ聞こえ  薫へ聞こえ  友情とより聞こえ  品よく聞こえ  所へ聞こえ  悪口かとも聞こえ  ほうへ聞こえ  川風に混じって聞こえ  幾いろにも聞こえ  絶え間もなく聞こえ  それに混じって聞こえ  声にまじって聞こえ  つてに、なんにも聞こえ  どこへも聞こえ  彼は聞こえ  エマニュエルは聞こえ  段取で聞こえ  彼らは聞こえ  口を結んで、聞こえ  動悸も聞こえ  他へ聞こえ  から鐘の音が聞こえ  声のみ聞こえ  かなたより聞こえ  二声三声、引続きて聞こえ  幸福は、聞こえ  のがもう聞こえ  音までも聞こえ  笛が聞こえ  ことばは、聞こえていて聞こえ  大声が聞こえ  ところまでは、かろうじて聞こえ  話し声もよく聞こえ  風に送られて聞こえ  音さえよくは聞こえ  自分のものがよく見え、聞こえ  家々からラジオが聞こえ  から鐘の音なぞが聞こえ  伴奏が聞こえ  作曲をもって聞こえ  温厚篤実をもって聞こえ  声はよく聞こえ  それだけが聞こえ  のは、聞こえ  夜分のみ聞こえ  また下に聞こえ  左に聞こえ  体内より発するがごとくにも聞こえ  ものにあらざるがごとく聞こえ  旋律も聞こえ  底に聞こえ  鼾の聞こえ  すゞ一つまだ聞こえ  音がどうどうと聞こえ  人情から溢れ出たらしく聞こえ  意味が含まれているらしく聞こえ  それぎりで聞こえ  こころよく聞こえ  ここにも聞こえ  雲の上までも聞こえ  世の聞こえ  当時天下に聞こえ  名人として天下に聞こえ  整理とは、聞こえ  てめえたちには聞こえ  源三郎にも聞こえ  耳の聞こえ  晴れやかに聞こえ  朗らかに聞こえ  悲惨にも聞こえ  相当名の聞こえ  織物で聞こえ  声がしきりに聞こえ  近くに聞こえ  音とが、しばらく入りまじって聞こえ  のどかに聞こえ  声とが、もつれ合って聞こえ  せい様に聞こえ  ものすごく聞こえ  何をいわれても聞こえ  やみに漂って聞こえ  物音が、さわがしく聞こえ  奉行所へ聞こえ  皆に聞こえ  ことばが、聞こえ  声でおっしゃると聞こえ  ようにあわただしく聞こえ  高には聞こえ  高に聞こえ  道筋立って聞こえ  左だったが、聞こえ  松屋惣七には聞こえ  ちょっと甲だかに聞こえ  涙にのまれて、聞こえたり、聞こえ  声で聞こえ  それと同時に聞こえた、あるいは聞こえ  自然話が聞こえ  二人には聞こえ  ように、気味悪く聞こえ  玄関に聞こえ  玄関で聞こえ  跫音は聞こえ  それさえ聞こえ  場所まで聞こえ  あはは、もう聞こえ  噂がまた聞こえ  浪にひびいて聞こえ  二発つづけて聞こえ  とぎれとぎれに聞こえ  小屋までよく聞こえ  富寿にもはっきりと聞こえ  学友達に聞こえ  驍勇をもって聞こえ  声が少しも聞こえ  轟音が聞こえ  諸々方々で聞こえ  部屋に聞こえ  それもやがて聞こえ  者がなく、聞こえ  悪魔の羽ばたきが聞こえ  筒抜けに聞こえ  部分はほとんど聞こえ  ホミに聞こえ  あとから耳許へ聞こえ  鳴物も聞こえ  釣りと聞こえ  声ばかりが大きくなつかしく聞こえ  葉摺れが寂しく聞こえ  葉越しに聞こえ  チョチョンチョチョンと聞こえ  絶え絶えに聞こえ  表で聞こえ  紙一重隔てているがごとく聞こえ  音声に聞こえ  艪声も聞こえ  面白可笑しく聞こえ  声音が聞こえ  喝采が聞こえ  声が大きく聞こえ  囃子が聞こえ  ムカッとしたが、強いて聞こえ  身近に大きく聞こえ  乱れ打ちに聞こえ  厳かに聞こえ  腕ききの聞こえ  すように聞こえ  声はるかに聞こえ  笑い声、かわるがわる聞こえ  名は世に聞こえ  捷報は聞こえ  才子の聞こえ  のでよくは聞こえ  声幽に聞こえ  ときに聞こえ  にわかに聞こえ  奴には聞こえ  これもけたたましく聞こえ  居間から幽かに聞こえ  いくつか聞こえ  一声けたたましく聞こえ  悲鳴は聞こえ  紅には聞こえ  人声などが聞こえ  叫び声の聞こえ  後は聞こえ  人声らしいものの、聞こえ  声とが聞こえ  岩を貫いて聞こえ  喊声が聞こえ  人声は聞こえ  土地柄では聞かされても聞こえ  端に聞こえ  それで聞こえ  連続音が聞こえ  んだから、聞こえ  間遠になり、やがてばったり聞こえ  上品に聞こえ  だんだん高く聞こえ  耳にまで聞こえ  盛んに聞こえ  声が、はっきり聞こえ  お婆さんと言えば、まだしおらしく聞こえ  敏腕を以て聞こえ  向うでは聞こえ  泣聲が聞こえ  それは光ると同時に聞こえ  むがっているしゃがれ声が聞こえ  院長は、聞こえても、聞こえ  博士に聞こえ  人ありと聞こえ  ことばが聞こえ  ぜんぜん何も聞こえ  樣にみのるに聞こえ  ミシリミシリと聞こえ  たましい叫び声が聞こえ  年生き延びた、聞こえ  今声の聞こえ  見え耳も聞こえ  見えもしなけれあ聞こえ  見えたか、聞こえ  高らかに聞こえ  サラサラと聞こえ  鼻息も聞こえ  響が聞こえ  真中あたりから聞こえ  流れも聞こえ  音にしか聞こえ  音がよく聞こえ  子供にはよく聞こえ  巡査に聞こえ  音に聞こえ  声が続いて聞こえ  のに聞こえ  何かいうのも聞こえ  何も見えないし、聞こえ  三十七年と云えば大して長くも聞こえ  下から泣声が聞こえ  鈴音はもう聞こえ  滑稽としては聞こえ  その間に聞こえ  窓を通して聞こえ  寝息も聞こえ  鬨の声が聞こえ  唸り声が聞こえ  掛け声が聞こえ  雑って聞こえ  時足音が聞こえ  クーンと聞こえ  部落中から聞こえ  雨戸を通して聞こえ  たる声が聞こえ  ヒと聞こえ  鮮かに聞こえ  今日に限って聞こえ  内藤家へも聞こえ  音なども聞こえ  コチンコチンと聞こえ  話し声も聞こえ  子守唄が聞こえ  そっちから人声が聞こえ  子守唄に聞こえ  間が遠くて聞こえ  音が、鈍く聞こえ  かすかに、まったく聞こえ  ところまで聞こえ  クラムには聞こえ  台所にまる聞こえ  歌さえ、聞こえ  連中にも何一つ聞こえ  校内に聞こえ  調子で聞こえ  文壇には聞こえ  声が寂しく聞こえ  音が騒がしく聞こえ  教場からはっきりと聞こえ  教室にひろがって聞こえ  音が高く聞こえ  文壇にもかなり聞こえ  音などもおりおり聞こえ  にぎやかに聞こえ  声がたえず聞こえ  吟声が聞こえ  歌がたえず聞こえ  鳴き声が喧しく聞こえ  謡がいつも聞こえ  鋪石道に聞こえ  声などがたえず聞こえ  硝子をもれて聞こえ  夜更けまで聞こえ  声がもれて聞こえ  あたりにひびいて聞こえ  川にとどろきわたって聞こえ  ゆるやかに聞こえ  音がやがて聞こえ  オルガンが聞こえ  音が時々聞こえ  通りに聞こえ  一孤島にも聞こえ  奥まで聞こえ  高いびきが聞こえ  本村まで聞こえ  子守女たちに聞こえ  時声が聞こえ  声が、すぐに続いて聞こえ  はたで聞こえ  ラップして聞こえ  ベースに聞こえ  声は可愛く聞こえ  何となく弱く聞こえ  一番あとまで聞こえ  書斎まで聞こえ  弾奏が聞こえ  鑑賞家として聞こえ  俊敏の聞こえ  音楽などが聞こえ  山の音楽が聞こえ  足音などが入り乱れて聞こえ  喚声が聞こえ  足音がこつこつと聞こえ  耳へはっきり聞こえ  中からでも聞こえ  声がはっきり聞こえ  こともなく聞こえ  歔欷きがまた聞こえ  山一面に聞こえ  高士のみとぞ聞こえ  茜染で聞こえ  茶人たちにも聞こえ  響きが寂しく聞こえ  中まで聞こえ  外に聞こえ  抗議が聞こえ  皮肉に聞こえ  それならば聞こえ  人声が騒がしく聞こえ  耳には面白くも聞こえ  様にも聞こえ  時更に聞こえ  貴女には聞こえ  陪審員に聞こえ  遠近へ聞こえ  意味にも聞こえ  何だか話し声が聞こえ  爽やかに聞こえ  ことも聞こえ  世に聞こえ  鳴り音が聞こえ  私は狡く聞こえ  稽古囃しが聞こえ  啼音が聞こえ  空で聞こえ  園内ではほとんど聞こえ  だんだんはっきり聞こえ  ように騒々しく聞こえ  跫音はほとんど聞こえ  内福の聞こえ  ヒュウと幽に聞こえ  間遠に聞こえ  中から一際高く聞こえ  声が、高く低く聞こえ  ホール夫人に聞こえ  声が、猛々しくひとしきり聞こえ  歯音の聞こえ  時呼び声が聞こえ  声がハッキリと聞こえ  悲壮に聞こえ  声ばかりは、なおしばらくは聞こえ  うた声が聞こえ  太刀音が聞こえ  夕に聞こえ  溜息が聞こえ  音がつづいて聞こえ  化物屋敷めいて聞こえ  にわかにせわしく乱れて聞こえ  音を貫いて、すさまじいまでに聞こえ  薩藩への聞こえ  大袈裟に聞こえ  薩藩にも聞こえ  声が勇ましく聞こえ  声がひとしきり聞こえ  声は少しも聞こえ  船まで聞こえ  爆声が聞こえ  のびやかに聞こえ  つっけんどんに聞こえ  三重にも聞こえ  日によってよく聞こえ  音のみが聞こえ  昔気質で聞こえ  街道へがんがん聞こえ  候おもむき相聞こえ  態度で聞こえ  響で聞こえ  問答するこえが聞こえ  話し声がよく聞こえ  音もなんにも聞こえ  いくら名まえの聞こえ  方へ聞こえ  僧侶仲間からも聞こえ  からも聞こえ  響きも聞こえ  険阻で聞こえ  いつのまにか国もとへも聞こえ  諧謔とで聞こえ  陽に聞こえ  エンヤヨイヤ、と聞こえ  あとは聞こえ  足踏みとが聞こえ  耳近に聞こえ  人語となりて聞こえ  禽音となりて聞こえ  法華経となりて聞こえ  特に雨気でもありますと、はっきりと聞こえ  医業を以て聞こえ  喘鳴が聞こえ  藩公へ聞こえ  翁に聞こえ  心敬には聞こえ  お上の聞こえ  ワッショッワッショッとは聞こえ  近所にもしばしば聞こえ  足音すらも聞こえ  のなら聞こえ  声がつつぬけに聞こえ  局群から、突如として聞こえ  襖越しに聞こえ  うちに聞こえ  音がカラカラと聞こえ  呼び声も、聞こえ  方にまで聞こえ  お客へまで聞こえ  屋敷で聞こえ  なき声が聞こえ  責め音が聞こえ  女房には聞こえ  それも聞こえ  声を出さねえでも聞こえ  ちょっと、聞こえ  えことはちっとも聞こえ  ばくちをやるといっちゃ聞こえ  つぼ音が聞こえ  手近に聞こえ  追分が聞こえ  音締めも聞こえ  追分は聞こえ  異って聞こえ  掛け声も聞こえ  息使いさえ聞こえ  あなたにも聞こえ  音ばかりが高く聞こえ  幽かではあったけれど聞こえ  反対側から、ハッキリ聞こえ  場面でどことなく聞こえ  ピアノが聞こえ  太鼓が聞こえ  劇中の人には見えない聞こえ  不自然に聞こえ  朗らかには聞こえ  浮説が聞こえ  それはやっと聞こえ  女には、すこしも聞こえ  響も案外聞こえ  隅々で聞こえ  温厚を以て聞こえ  着実温厚を以て聞こえ  ゾロゾロッと聞こえ  英主と聞こえ  ように相聞こえ  全国に聞こえ  関県令には聞こえ  保養地として聞こえ  隔って、聞こえ  瀬がさっと聞こえ  虚空を渡って聞こえ  尊げに聞こえ  トコトコと聞こえ  声がさも弱々しく聞こえ  錯雑して聞こえ  声も遠く離れて聞こえ  それ足音が聞こえ  人声などは聞こえ  音が、ゆくりなく聞こえ  音ばかりが、ただシンシンと聞こえ  声ばかりは聞こえ  声が、ひときわ高く聞こえ  寄席噺子が洩れ聞こえ  時あり聞こえ  音かすかに聞こえ  声のみ高く聞こえ  王宮にまで、はっきり聞こえ  露骨に聞こえ  答えが聞こえ  名が聞こえ  話声が聞こえ  両国近くに、聞こえ  声が、突然に聞こえ  云うたて聞こえ  近くから疎に聞こえ  それが必ずしも態とらしく聞こえ  ッとしたがしいて聞こえ  濁声が聞こえ  夜風に聞こえ  声みたいに聞こえ  足音すら聞こえ  風の音が聞こえ  ときも聞こえ  円滑に聞こえ  ニュッと食み出したが、つづいて聞こえ  声だけ聞こえ  方が、一層繁く聞こえ  音色の聞こえ  ただ声ばかりが聞こえ  戸口を通して聞こえ  のか、高く聞こえ  四方八方で聞こえ  悲鳴とが聞こえ  笛の聞こえ  背後にあたって聞こえ  パカパカと聞こえ  話し声は聞こえ  鈴音が聞こえ  妾も聞こえ  向こう側で聞こえ  鈴の音は聞こえ  音ばかりは聞こえ  底から鐘の聞こえ  私には優しく聞こえ  風に聞こえ  ごろごろと聞こえ  父に聞こえ  悲酸にも聞こえ  不調和に聞こえ  世の中が眠ると聞こえ  声がひょいと聞こえ  大変簡単に聞こえ  注意するごとくにも聞こえ  方へは聞こえ  庄太郎には聞こえ  ひそひそ話が聞こえ  そこから口笛が聞こえ  音が、なお幽に聞こえ  最初口笛が聞こえ  口笛が聞こえ  唄声がはっきり聞こえ  天道様も聞こえ  先程から微かに聞こえ  ズッと聞こえ  音がしきりに聞こえ  ように大きくうねって聞こえ  声でほそぼそと聞こえ  鳥博士と称えられる、聞こえ  騷ぎも聞こえ  方に当って聞こえ  独白まで聞こえ  矢たけびも聞こえ  風説が聞こえ  音がすれば聞こえ  近くで時々聞こえ  噺以外後方へ聞こえ  笛が烈しく聞こえ  レコードがせわしなく聞こえ  雑音の聞こえ  笑い声に聞こえ  異国への聞こえ  国への聞こえ  軒をゆすって聞こえ  編輯長として聞こえ  ボンには聞こえ  囁きが聞こえ  理窟が聞こえ  うつ音が更けてまで聞こえ  兄に聞こえ  声がうるさい程聞こえ  貝十郎へは聞こえ  彼へ聞こえ  耳へさえ聞こえ  隼二郎にも聞こえ  逼迫して聞こえ  辺で止まったが、またすぐに聞こえ  音重々しく聞こえ  私どもにさえも聞こえ  単調に聞こえ  ザクリザクリと聞こえ  殆んど聞こえ  音で聞こえ  ほかに聞こえ  ガチャガチャと聞こえ  何処からか聞こえ  ジャーンと聞こえ  忍びやかに聞こえ  音ぞ聞こえ  げえと聞こえ  声が、はっきりと聞こえ  耳は聞こえ  



前後の言葉をピックアップ
聴こえ  聞え  聞えよ  聞えれ  聞えん  聞こえよ  聞こえれ  きこえよ  聞えよがし  きこえる


動詞をランダムでピックアップ
尽くせ為り脱すれきっ堪へる向き合え切り上げれはりつめつくねねむれ走りゃ折重なろたぎらときめかしどなりつけるあてはめ漁ら在さ書換え抜きゃ
形容詞をランダムでピックアップ
がめつから心もとなけれうら若けれ陰気臭く疑い深く親しい押しつけがましくくし粘い相応しくだるくっええ温くっうるわしかっ福々しく遠く貧し穢らしけばけばしひさしい