「老い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 老い[動詞]
今なお老い  時しも老い  ゑ、老い  侘び住居では老い  若い夫人は老い  私も老い  思いを互に経て、益々その老い  若い男女、老い  若い女のかげにも老い  人は老い  お蔭で、老い  顕在的に、老い  年が老い  春ごとに老い  食慾で、そして老い  肉体は老い  一人の老い  暮しに老い  いたずらに老い  楽しみは老い  若い心を老い  ここかしこに立つ老い  雨を聞きしに、はしなくも老い  自分をあまりに早く老い  厩の老い  のは老い  花と老い  哀れですが、ことに老い  私は始めて、老い  のは、老い  さそうな老い  どこともなく老い  寐入らせたり、また老い  自分では老い  五十になって老い  小柄な、老い  カウンターに、老い  はるかに老い  ワラスも老い  ソファにすわっている老い  何時にかぎらず老い  赤格子九郎右衛門は老い  髯の白い老い  樹木が老い  心は老い  愛着目を病むも老い  ここまで連れて来たあの老い  上に老い  秋やや老い  徐ろに老い  彼女は、老い  我が身も老い  齡熟し空しく老い  コラムは老い  毛嫌ひする老い  庵室に老い  錯覚で、老い  さに老い  自分の老い  事を、老い  さは早く老い  夫に従い、老い  母は老い  娘も老い  あたりで、老い  キリンも老い  睦じい様ほどかれの老い  故郷があり、老い  彼は老い  わりよりもずつと老い  人相のやわらかな老い  旅をせねば、老い  旅をせねば老い  ために、老い  興味があるが、老い  給料で老い  木谷は老い  日本棋院も老い  意味でなしに、老い  成長とともにすっかり老い  ベンチが、老い  成長と共にすっかり老い  間に老い  一瞬に老い  彼の老い  さで老い  それに対して、老い  人をして早く老い  五十格好のやや老い  ほうが次第に老い  こともなく空しく老い  一列をなして老い  処を歩めども、老い  有様を見ていた老い  気は老い  文化は、決してまだ老い  秋既に老い  名将厳顔は、老い  壮図なお老い  挙動が老い  われ未だ老い  お方も、老い  朕も老い  帷幕みな多くは老い  余らも老い  あんたは、老い  ぼくは老い  手入れをしていると、老い  頼母は老い  自分も、老い  いつまでも青年性を失はないであれ、老い  心が老い  如水も老い  利家は老い  運命に陥りはせまいか、老い  妙にいじけて老い  安らかに老い  のも老い  年齡に老い  象は老い  みじめな老い  代へ難く愛する老い  勘次郎は老い  愛情にあふれ、いかにも老い  牡クジラが老い  言い伝えを比べ、老い  晩年の老い  文さんは老い  板前漸く老い  精力は老い  これもまた老い  尾崎氏は、老い  一ツ年を取って老い  夫の老い  年は老い  うちに老い  可なりに太く老い  人間を老い  小野川の老い  先達の老い  眼をあけ、閃きのない老い  少年と老い  絶望しているだろうと思った老い  人が老い  麒麟も、老い  秋は既に老い  十も老い  祖父は、老い  やうに老い  それらのかへしにはいつも老い  麒麟も老い  猫背の老い  田代芳輔は、老い  明りそこに重重しくも老い  木の間に老い  それを観ると、やや老い  主人が老い  秋も老い  樫樹は、もう老い  かくて老い  夫婦は、より老い  年もようやく老い  落葉樹は、さながら老い  傍より老い  日には、老い  腰をかけ老い  油売、老い  私は老い  ことはわるくない、老い  さまでは老い  彼が老い  彼はかつて老い  父も老い  母も老い  それからすっかり老い  婆となって死ぬと、共に老い  中に老い  二階堂道蘊、老い  ことを悲しんでかくして置いた老い  柳は老い  私は、老い  ことが出来ると同時に、この老い  明治と共に老い  学士は老い  加入申込がないので老い  づみいろしてねむたくうかびふたたび老い  身土があると老い  雲と見る老い  蘇小老い  威嚇を用いてみても、老い  自分がすっかり老い  台所となり、老い  花形がようやく老い  異彩を放って、未だ老い  年始まわりに行くと、老い  午下りも老い  夏も老い  文久と老い  そうな、老い  自分たちの老い  下旬に、老い  女も、若きも老い  官爵を誇って老い  心配して老い  親切は老い  今度は老い  なかに住みはじめると、老い  母一人子一人と語るその老い  様子をその老い  呼、老い  落胆それ自身が老い  ものに老い  父の老い  少年は老い  秋草の老い  順当であるけれども、そうかといって、かけるほど、細くなるほど、老い  満月が老い  二人あるが、まだ老い  年も老い  人のよかった老い  昔時は知らずやや老い  損傷はれずに老い  其家族中の最も老い  家屋で、老い  ルイザはしだいに老い  目付けようと老い  顔だちなどに老い  父親の老い  綿、老い  不つりあいな老い  源氏は老い  さへ老い  声が老い  ような老い  非常に老い  私を老い  猫背加減の老い  痴漢、老い  ことですから、老い  のを、老い  未来の少ない老い  ほかの老い  のを仰いで、この老い  ほうへも老い  所へ来て、まず老い  駿馬も老い  山荘の老い  のが、老い  夢中になっていたり、老い  のかと老い  昔から宇治にいた老い  場所ではこんな老い  いちずになって言う老い  尼が言うと、老い  神尾もすでに老い  年もはなはだ老い  さのみ老い  雌蝶と、老い  のであったが、老い  夜ごとに老い  ように光った、老い  択り急いでゐる老い  夢の中で成長し、老い  年月は老い  それができないならば、あまりに老い  さ、老い  母はやや老い  言ひ終ると老い  乙松と呼ぶ老い  登山すべく、あまりに老い  里ずみに老い  櫪間に老い  姉も老い  兄も老い  小林の老い  馬あったが、老い  長尾猴万余あり、老い  和漢とも後には老い  声も既に老い  人を老い  一生それを押し通し、老い  気を帯び、老い  夫に従い老い  此を老い  ことや老い  火鉢を擁して老い  青年は老い  六十をこえると老い  うしろ姿が老い  中から、果然老い  細君の老い  雲雀は、老い  さに、老い  ジイドは老い  有様にて老い  夏以来やもめ暮しの老い  武男もさすがに老い  たかおつきで、じっと思い沈んでいるこの老い  パトラッシュは、この老い  生れ秩父に老い  泣銀杏、老い  男も、老い  現代的になった、すなわち老い  年すでに老い  張はすでに老い  草が老い  彼もまた空しく老い  死者の老い  乱暴な、老い  一体に老い  造の老い  宗十郎などが漸く老い  車上の老い  田舎へ走り、老い  馬力車に老い  如く一緒に老い  私は常に、老い  松の木の靡き伏すばかり、老い  命のみ長くて老い  今は老い  旅に老い  私達は老い  親父も老い  言つたのは老い  まきも老い  結構でも、老い  生活に老い  村に老い  平地に出て老い  アカデミズムは熟しそして老い  彼はこうして老い  達者ではあるが、もう老い  閉ぢこめられていつの間にか老い  間にいたくも老い  老婆は老い  われながら老い  ところに出かけて行く老い  らは老い  志をいだき、老い  母の老い  親が老い  私の老い  耕土に親しんでいる老い  親の老い  臣国法を破りて老い  令を下して老い  師が老い  彼等は老い  樹も老い  これらの老い  そのまま飼養してその老い  わしは老い  姉夫婦は、次第に老い  芸術家として老い  官能を老い  それだけに老い  鶴見は老い  彼らは老い  他に老い  冬は老い  生気が充ち溢れて、老い  木犀が、その老い  ほかに老い  つの翼を失ったけれども、その老い  旧師も老い  父は老い  思いなしにやいたく老い  掃除夫が居たので、その老い  先生も老い  師も老い  時分はもうすつかり老い  蒔は老い  哀れな、老い  理なるに、老い  時から女道楽で、老い  大隈侯夫人綾子も老い  殘すは老い  われわれくろうと目には老い  黄玉が漸く老い  それに反して老い  松樹にして漸く老い  而して漸く長じ、漸く老い  規道を廻りて、そして漸く長じ、漸く老い  健二は老い  彼は、老い  名人紀昌は次第に老い  鶯もともに老い  未亡人、働きてを失った老い  から、老い  春は老い  渡つた日に老い  部分は老い  家では老い  花は老い  主人は老い  胸もつぶれんばかりの老い  僕も老い  老人の老い  婦人は早く老い  麒麟未だ老い  動因は、老い  そうで、老い  子を奪い去って、老い  素直な老い  限り、老い  ような初々しい、老い  私は初めて老い  ひとの老い  身にて、老い  蟻の這い廻る老い  其他は余りに老い  大陸は老い  大陸は既に老い  島として、老い  ものに求めてゆく、老い  彼女も老い  のはよいが老い  うちには、老い  相国清盛もようやく老い  洋服にめっきり老い  仙台で老い  自ら成長し、太り、熟し、老い  年頃の老い  異教徒のとし老い  らはもう老い  声はとし老い  二人は老い  死が老い  気やすく老い  ように、老い  弟妹、また老い  心と、老い  朝、老い  惨めな老い  ことにもなるまい、こうして段々老い  影を失った、老い  

名詞

老い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
老いの屠  老いにけらしな爛漫と咲きほこる  老いたるディレツタントの前に最も美しい敬意を表した  老いたる父母と古ぼけた  老いさらばひ  老いたる私にさえも蘇ってくる  老い候えば新進気鋭の徒を待って  老いたる修道女もいる  老いたるかひ  老いたる母はうろうろしているでしょう  老い朽ちた土まんじゅうギロギロした  老いたる母親は何のことかわからぬ  老いたる恩人の殺害者である男の盲目的玩具にほかならなかった  老いたる乳母と勘違いをして  老いたるリザベッタ婦人は答えた  老いたる鴉が徒労の森の上を飛ぶ  老いたる胸に熔岩がドロドロと燃えただれているね  老いかかった姿を見られる  老いしゃがれた声などどうしてお聞かせ出来よう  老いたる両親は可愛い末の娘を男に渡す  老いたる行者は又かんがへてゐた  老いの眼に当てた  老いの手が痺れるほど  老いの繰り  老いを養っております  老いたる両親がある  老いを見せていない  老いの感傷と怒りをふるわせて  老いを感ぜざるをえない  老いはてた身体のやうに思ったりした  老い行く鷹の羽ばたきもせず  老いたる尼がいた  老いたる尼が邪魔をしたので  老いたる師の博士をつきのけてまでも  老いの眼もつぶれんばかり泣き濡れて  老いを養うほどな  老いたる聖者は疲れ  老いたるコラムは霊を持たぬ  老いたる僕は歓びに満ちてささやいた  老いと皺とではや人の世からは打ち  老いたる館長は非常な篤学者ときいていたから  老い朽ちて薪となる  老いたる親に思いもよらぬ  老いぼけた坊主が十字架もって出て来る  老いぼけてひょろひょろな坊主見つけて来た  老いたる駄馬の如くに衰へる  老いほうけた久米一の指から生れて  老いを感じすぎている  老い朽ちる有様を眼のあたり見る  老いつかれた女にかはつてゐる  老いの顔が苦痛にひきゆがんで  老い衰えた両親や妻子はどうなる  老いつかれた深い皺が幾きれも刻まれてあった  老いさらばつてゐた  老いの気分に固着する  老い衰えてゆく  老いを示していたが  老いが此度の手紙には察せられるではないか  老いたるがんに向かって  老いのあきらめをつけていた  老い窶れた淋しい顔に視線を据えていたが  老いの目に涙をうかべて喜ぶ  老いの目に涙をたたえて  老いの目に涙をうかべさせてしもう  老いにけるかな  老いな藤によりたる  老い行く生命を噛む  老いの徴候をも見せる  老い痩せた手でそこにあった  老い干乾びてしまった  老いを楽しむ  老いたる役員は佇めり  老いのきわみをすごし  老いしたがってかえって多くの書を投げすて  老いたる花くるくると空中に遊ぶ  老いも若きもウットリしたらしいな  老いたる枝と若き枝とを択ばずに  老いたるかれ  老いたる眼に映る  老い寂びて高く聳える  老いたる父母を養ふ  老いたる父母の世話をする  老い朽ちては居なかった  老いを覚えた  老いのない道が剣の道でなければならぬ  老いの兆しを現し  老いの眼に涙をうかべて口説いた  老いの愛情に輝く  老いたれど高慢を挫く  老いも近い両親への贈り物でもあった  老いと共に彼も先代の容貌に甚だ酷似して来たが  老いの一徹をカンカンに火照らせていた  老いたる劇作家の昔話に過ぎない  老いの繰り言じみるから  老いの眼に涙をみたので  老いの坂に杖突く  老いたる人を慰めたる  老いの中に異常な熱をふと持った  老いたるかなと苦笑する  老いの筋骨亀縮して  老いの痩腕に八郎にも劣らぬ  老いの愚痴もつい出て  老いたる母を見出して  老いの来た  老いたる母の如くに憐まれてゐるらしい  老い疲れたる小説を発表する  老いの眼に心痛の色が溢れる  老いの眼はもう涙に潤ってる  老いの寝覚めをやる  老いを感じさせては  老いを慰めてくれた  老いを人目に見られる  老いを感じる  老いさらばへるまで  老いが表情に現れ出した  老いにければ  老いたるものとて侮るべからず  老いの目をキラと赤くうるませてしまった  老いが蝕んでゐて  老いにして  老いを忘れる  老いも知らない  老いの腰をのばしていた  老いの白髪を見ると  老いの愚痴みたいな調子で眉をひそめて  老いの眼に涙を浮べて  老いの面目これに過ぎたるは  老いの一徹から短慮の真似をしでかす  老いまたは老いんとする  老いたる撰十の思い出す  老いの佗し  老いは一そう胸に来る  老いたる人の如くなる  老い朽ちた老孃達の間では伊達者で通り  老いのしずくを払い落としました  老いたる顔つきを凍らせ  老いたる秋草の中に立つ  老いということは衰を意味するけれども  老いが即ち粋となり  老いたる母親は涙にしゃくりあげ  老いの身の尚ほ働きつ  老いたる母が不憫でなりませぬ  老いの僻みも添って  老いぼけたようなところもありながら  老いも忘れ  老いは忘れていたい  老いが急に来た  老いの波かひある  老いぼけてなどいない  老いの迫ったという  老いはのがれられない  老い衰えた者でも出家をしてしまいますと  老いの胸の内を焼きこがして  老いづく身にして  老いたるバルヂピエロは恐らくは今晩最終の一杯を傾けた  老いの身体は後の丘の芝にいまや倒れるばかりに仰向いて  老いの足でも登れた  老いの残れる  老いの既に至れるを知らず  老い果てた猿はこの穴に入りて出ざる  老いたる妻に聞きて  老いたる母への気兼ねから此の篁へ隠れ去る  老いたる友を埋めてし  老いたる母は何時の間にやら駄夫のために階下の六畳へ食膳の支度を調へておいた  老いたる貴婦人の一人の如く思ひ  老い朽ちてしまえば  老いなまぼろしに得たる  老い朽ちかけた  老いにけらしな旅人よ心の春の燭火に若き命を照らし  老いの将に至らんとするを知らざる  老いの情熱を籠めていられるばかりでした  老いぬる松は低く茂れり  老いの衰えが今さらのように彼の眼についた  老いたる法師首を獄門にかけられた  老いたる父の世話に成つた  老いの五体はわなわなと震え  老いの寝  老いたる父母を養ひかねて  老いたる父母の貧しうくらすを  老い疲れている  老い行く身を革命運動の中に投じて  老いも若きも差別はござりますまい  老いもせずに  老い硬ばつた一葉を摘み取りつ  老いを見せないで  老いたる父に反いた  老いの迫るを忘れようと努めているであろうか  老いの心の姿をまさしく私は見た  老いの身になってしまった  老いつつある  老いの身は君の恵の勿体なくして  老いのしわがたくさん刻まれてはいるが  老いすがれて見えながら  老い疲れてゐて  老いたる舟子一人にて舟を漕ぐ  老いがあらわに見えて  老いたる小使は苦笑いをしながら答えた  老いたる小使は繰り返して言った  老いすがれた美人の衰えを見る  老いたる桃の木が立っています  老いたまへる  老いたる武士の帷子姿という感じがその家に漂っています  老いたる人の常に語る  老いも知りません  老い萎えてゆく  老い萎えている  老いたる女は同じ血液と性格を伝承し  老いたる父の敬ひ  老いも若きも楽しめる  老いたる漁師はその蟹の由来を説明した  老いの歩みの見る  老いの繰  老いたる蝦の精は曲がった  老いを覚え  老いの見えぬ  老いの細い骨は木っ  老いのかんしゃく玉を誰かれの  老い朽ちて行く  老いを嘆じている  老いを嘆ずるには  老いのわが贔屓役者の代になって  

~ 老い[名詞]1
秋雨を聴きつつ老い  私は老いの  吉田の老い  中を駆けめぐる老い  市民は老いも  少年少女が老い  元老とともに老い  おむつを洗っている老い  今は老い  彼女の老い  芸術家としての老いの  自分の老い  先生の老い  認定が言わせた老いの  彼の老い  頭から老いの  自分の老いを  一人の老い  ように老い  洛陽に老いを  神の老い  日本の老いも  自信と共に老い  球場に埋まる老い  心身共に老いを  ルピツク夫人の老い  自分は老い  わたくしの老い  事があったら老い  なつて老い  自分の老いの  耳がたれさがって老いを  不自然な老いが  弥平の老い  ために老いの  社員は老いの  みつはくむまで老いに  君春よ老い  そこから老い  皆な老い  友であった老い  私の老い  んと思った老い  胸が老い  馬車会社の老い  松永弾正という老い  服装の老い  ダンナ方は老いも  船に乗って老いの  やうにつけた老い  噴火に老いも  婆と老い  これらの老い  らの老い  雨風に打たれながら老い  其所の老い  些しも老い  剣の老いを  伯父は老いの  二人を見下ろして老いの  年は老い  父皇の老いの  高倉利吉の老い  定房の老いの  灰みたいな老いの  低俗の老いの  浴せる老い  母に老いの  不幸な老い  きんの老いを  顔に老いを  ぼろぼろに老い  父やうやく老いに  うちから老いが  目当は老いの  但馬守の老いの  左衛門尉義盛さまは老いの  和田氏あたりが老いの  花屋の老い  うしろ姿の老いは  年配の老い  夫人や老い  上に老いの  入道は老いを  別れ路にたへぬは老いの  尼君は老いも  目もとにも老いの  あなたがたでも老いは  ように老いの  背をした老いの  祖神の老いの  微力を以て老いの  与里の老い  漁色家の老い  斯る老い  智恵に老いに  わが身の老い  曲に老いの  叔母の老いの  私の老いの  姿に老いの  顏をする老い  年の老いつつ  のが老い  一本の老い  死も老いも  三人の老い  肉体の老いと  わが子をおもう老いの  あどを要する老いを  万葉人が老いの  山崎は老いの  安心して老い  自身の老いを  

~ 老い[名詞]2
この老い  あの老い  なく老い  我が老い  そろそろ老い  その老い  まだ老い  余りに老い  きっと老い  つい老い  こう老い  高く老い  既に老い  ふっと老い  もう少し老い  もう老い  其の老い  おのずから老い  ちっとも老い  なき老い  少し老い  いかにも老い  

複合名詞
老いさらぼう  老い給  老い耄  老いたる者  老い女房  ため老い  針持つて遊女老いけり雨  老い社務  まま老い  老いさら  Planck老いEinstein衰  老い増  少年老い  老いさらばい  われ老い  老い皺  辻老いたる  老い痩  老いたる  十二老いたる者  全面老い  束の間老い  老い凋びた顔  老い武士  ゑと老いたる  老い憔悴一般楊柳在  老いかけ  老い柳  老い骨  老い黯  秋老い  老い鳥  老い呆け  老い衰  大分老い  老いさらばった年寄り  老い衰え  さし老い  下草老い  戦前老い  老い人  老い冷えがち  梢老い  終焉老い  上人老い  老い胸  木村老い  老い枯  老いぎりす紳士  老い耄けたよう  老いさらばつた鴉  老い皺ばった教主  老い耄けたやう  老いさらぼつ  つて老い  



前後の言葉をピックアップ
小穴  オアフ  小天  オアーズ  追い  老い  老いよ  おい  追いまくり  おい


動詞をランダムでピックアップ
割りあてよ踏んばら込み入り捕るはずせよしまふたまれ噛みころし命じよおこなわ目論みとめはやっ頬張っ涼み殺気立っにぎわせ干よ入り替っこき下ろす
形容詞をランダムでピックアップ
草深いうら淋しき尊かっあつかましくっ清すがしいあわただしかっ初々し宜しかっずるう遍う悪いあかるく物々しくうっとうしゅう気づようのぞましからひらたいくから軟らか