「翁」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
翁はいいけり真なるかな  翁を走らせ  翁に面会する  翁は何ぴとの心にも生き生きとして  翁が支那料理の話をした  翁とてわびやは居ら  翁が死んだら  翁において生かされ  翁に對しては  翁に尾して  翁と同じ蚊帳の中に寢せられ  翁の思ひ  翁の全生涯は翁が自ら教育して  翁はただ自分で直讀する  翁は善いと思つたことは直ぐに言行に移し  翁は谷中村のある  翁と二人で枕を並べて  翁こそ實は非常な異色をなす  翁を強制的に幽閉して  翁によつて與へられた  翁に伴はれて  翁の意中に感謝しました  翁は人力車から降りる  翁をまごつかせた  翁に感激しました  翁は元日から若いものどもにかしづかれながら  翁の前に並べると  翁は大はしやぎにはしやいで三日に東京の方に行きました  翁の後姿はいかにも淋しさうに見えました  翁が去  翁にお別れしました  翁が如何に実事の追究に徹底的であつたかを示さんが  翁の関係を知るに足る  翁に過ぎたるは  翁の直訴前に出来た  翁は堪へる  翁は寝床の上に端坐して  翁の容子を見守  翁の唇頭を洩れた  翁は何か物に驚いた  翁も天主の御教を奉ずる  翁は火のやうに憤つて  翁は元より  翁を訪れて  翁は足ずりをして罵りわめく  翁と娘とが佇んだ  翁の声は再気づかは  翁が迹をとぶらひ  翁の面のような顔をした痩せた  翁の面のような顔を浮きあがらした  翁の面の為作の顔があった  翁が一人見える  翁が呼ぶと  翁が手庇して傾いた  翁が仰ぐと  翁は耳を傾け  翁阿家とはなれないと  翁と見  翁とを載せて去る  翁が立って出迎えた  翁の手に小銀貨をわたして  翁は答えた  翁は四月頃に先ず死し  翁ありけりの生活に身をおく  翁に出逢った  翁は決して怒りもせず  翁の街頭に佇立むのは約束した  翁が生前屡わたくしに示した  翁は銀座から駒込の家に帰る  翁は能く  翁はこれを知っていた  翁がわたくしを万茶亭に案内した  翁はわたくしと相対して  翁は薄鬚を生した  翁は鐘の音をきくと  翁は敢て驚く  翁の不遇なる生涯を思返して  翁は郷里の師範学校を出て  翁は深く悲しむ  翁とわたくしとは丁度三四人の女給が客らしい男と連立ち  翁の假面が秘藏し  翁の教を受け得たる  翁を見る  翁は男女の本務が物事の本性の中で予定されているといわれる  翁に注意せられて  翁の釣竿を担ぎ  翁のいふ  翁に前夜の話を聞かしたが  翁にこれから佐喜の浜へ廻る  翁が云った  翁は小さい煙管で雲井を吹かしながら  翁が特に愛していた  翁の微笑と共に味わって  翁の満足を贏ち得る  翁の医学はHufelandの内科を主とした  翁は新しい翻訳書を幾らか見る  翁は面倒がって  翁の新しい医学の上の智識には頗る不十分な処がある  翁は分っている  翁の及ぶべからざる  翁は病人を見ている  翁の及び難いところはここに存じていた  翁はにこにこした  翁に訴えた  翁は微笑みながら  翁は語を続いで  翁は聞いて  翁もやはり金春が古いと言はねばなるまいが  翁の伝授を受けてゐる  翁の神聖を裏書きする  翁の名を問うと  翁の救われぬ  翁が出て来て  翁が一所懸命になって云うので  翁は腹痛みて  翁の戯れ  翁は清服に着かえて  翁が戸前に佇みたる  翁の伝記及び随筆等を示さる  翁の小伝を掲げて  翁と嫗に扮装させて立たせ  翁が松島に入りたる  翁がある  翁は出て行く  翁の行者が擦  翁の家の庭といはず  翁と嫗は竈のまえに語る  翁はじっと頭を垂れている  翁はうつむきて  翁はうろうろする  翁は立寄って見る  翁は入口の門をしかとしめて  翁はあわてて  翁は再び奥よりいず  翁と嫗とは茫然としてそのあとを見送る  翁と嫗とはうろうろして  翁と嫗と娘はそのうしろ姿を拝む  翁にぞ蚊帳つり草を習ひける  翁にわかれ侍りし  翁の楽しみの鉢物が並べてある  翁は行き  翁に声をかけ  翁の不遇の原因をなした  翁と巡査とすれ違った  翁の著譯準綺語にそれも加へられ  翁の顔を見て笑った  翁は淋しそうに笑って  翁の指端の顫えを見ていた  翁を対手にしていた  翁は碁に夢中になっている  翁がはじめて気が注いた  翁はもう僧のことも忘れてしまった  翁のきょときょとした  翁はがっかりした  翁は右の耳際を軽く掻いてから  翁の出した  翁も己のことのようにして喜んだ  翁は気が注かなかったと云う  翁は何か思いだした  翁を対手にして  翁を呼んだ  翁は急に何か思いだした  翁は顔の色が変って  翁の云う  翁の詠んだ  翁の処へ私が行つて聞いた  翁が教へてくれた  翁の処へ行くと  翁の家を暇乞して  翁の宅を暇乞して  翁の話の通り祟つたのだなと思ひ当りました  翁は冷酷な男であったから初めは寝た  翁は返事をしなかった  翁はしかたなく慍り慍り起きて来た  翁は何もかまってやらなかった  翁は其のまま次の室へ往こうとした  翁は邪慳に云って  翁は恐れて  翁に跟いて来た  翁が小声で囁いた  翁は気にいった  翁は十五両で買ったが  翁の気色が常ならんので  翁は一号を見て  翁の好意に向って  翁の像が突っ立っていた  翁の立像を見る  翁の像が除かれて  翁の像のあった  翁を住吉明神とし  翁はすなわちこれをあらわした  翁はこれを知って  翁はその九百九十九足の草履と一匹の犬とに乗って  翁は一番の夜明け星となり  翁に化けて来て  翁と三番叟能楽で重要なものになつてゐる  翁を毎日演つたと言ふことは  翁は元来して  翁が神歌を謡ひながら舞うた  翁が入り  翁が毎日繰り返された  翁や姥の面はいうまでも  翁の家に着き  翁にちがひないとも考へた  翁が久兵衛に渡した  翁と直接話を交す  翁の大きな体が廊下の入口をふさいだ  翁の詩にいふ  翁の令息に有名な石本新六男があり  翁を見ても  翁は富裕の隠居なれば  翁も亦たねがへりの  翁はこれを何とか読み  翁未だ壮年の勇気を喪はざれど  翁の秀逸一二を挙ぐれば  翁の為に輯集の労を取らん  翁の請に応じて  翁になり  翁も葬儀に列すると  翁は大いに驚き  翁が語られた  翁の室となっている  翁も続いて  翁が致しまする  翁のいまださめ切らぬ  翁とも見るべき  翁も誘ふ  翁のような雅致のある  翁元圻注本によりて看るを  翁の九兵衛が空になった  翁より承  翁になっていたといいますが  翁もいはれしとほり  翁に從て犬を驅り兎を追ひ  翁などが隣の娘に何かいへば  翁の偉大なることが分る  翁の住居があった  翁に会し  翁は黙して語らざるべし  翁は拒む  翁に請いて  翁を出した  翁といふ氣分で居た  翁を招きたる  翁の側に侍りけるに  翁を外し  翁を落さうと  翁は遍身に汗を流いて  翁はこれを聞くと  翁に別れを告げて  翁と政変を語り  翁と政變を語り  翁の書を読みもて行けば  翁は真個に事実中に活くるの  翁はこれに答えて  翁はこの二十歳も年少な岡田先生を評して  翁が怪しむと  翁が同じく石の下に眠る  翁のとなりに猩々があり  翁の始て江戸に出  翁が虚脱した  翁をにらみつけて  翁は腰をついた  翁は涙をふいていた  翁や乙女の中には残っていたかと  翁に匿われている  翁の漁り舟も軍に取られてしまったとみえる  翁に送ってもらうが  翁の判断も動揺して居たに  翁の説を詮じつめれば  翁が如何に安武其人を尊重したるかを  翁に祭文を乞ひたる  翁の草したる  翁は壁といふ壁を皆棚にして  翁の翫んでゐる  翁が自然科学の記憶を呼び返す  翁はこの小家に来てからも  翁はそこで又こんな事を思ふ  翁は送つてゐる  翁という気分で居た  翁はそれがよろこびで  翁の行動には智力を用いた  翁の真面目が溢るるばかりに流露している  翁が十歳ばかりの年の冬に家人から十銭玉を一個握らせられて  翁は簡単にうなずいた  翁の前に持って来た  翁はやはりだまって  翁の部屋では天下のインチキ名士連が翁を取巻いて  翁へ持ちかける  翁はそんな連中に対して面会謝絶をしないのみか  翁を引っかけて行った  翁は何も云わずに  翁はニコニコと笑って  翁と同郷の福岡に的野半助という愉快な代議士君が居た  翁を掴まえ  翁は黙って  翁に問うて  翁の居間にチョコンと坐っている  翁はニコニコと笑顔を見せた  翁はマジマジと楽堂君の顔を見た  翁は一層ニコニコし出した  翁の自動車に同乗させてもらった  翁の生涯を誹謗し  翁の末路を見て  翁の生涯に対して送った  翁にして  翁に語らしめよ  翁は述懐した  翁は殆んど食うや喰わずの  翁の経歴は世間の感情から非常に遠ざかっていたし  翁の逸話を二三摘出して  翁の足下にひれ伏して  翁の侍従役を仰付けられて  翁は旧友から貰ったという  翁が眼早く青切符を見咎めて  翁にすすめると  翁が殺人狂じみた  翁は見向きもしなかった  翁が気の毒にもなった  翁に献上すると  翁の機嫌が上等になって来た  翁の地声がダンダン潤おいを帯びて来て  翁は悠々と足を伸ばした  翁は一服すると  翁から基督教と睾丸の講釈を聞くという  翁の逸話はまだイクラでもある  翁に抜刀で追かけられた  翁から拝領した  翁の性格を最適切にあらわしている  翁の書いた  翁の生涯を思ひ出す  翁と嫗のやうな二つの像が古人の想像に上つたのも謂れのある  翁が得意だと聞いてはいるが  翁寂びた事を言うわ  翁は自分の経験からこんなことをも考えている  翁はざっとこう考えた  翁の選択はとうとう手近い川添の娘に落ちた  翁の気に入っている  翁はこう思い定めたが  翁に何か言われると  翁がうかと言い出しては  翁はこれに意中を打ち明けた  翁を本所の宅に訪いしに  翁は非常に喜び  翁の許に留めて帰られしという  翁の死後に至り  翁をかたらい  翁が来て  翁はあわてて惑う  翁は当麻の酒人と云う  翁は豊雄に向って  翁となりける  翁さびて見られる  翁に笑顔を見せながら  翁は挨拶をした  翁は顔を見合せると  翁を伴れて  翁の方を見て云った  翁はちょっと困ったと云う  翁は己の家の客を恐ろしい処へやって  翁は何んのよまよいごとを云ってるだろうかと思った  翁の云った  翁が漁に往って歿くなったと云う  翁が出て来た  翁はフアウヌスを飾箱から撮み出して  翁の特徴は紙さえ見れば  翁が丸い鉄火鉢を膝子のように抱いて  翁が見つけた  翁の名はその姻戚故旧の死亡と共に遠からずこの地上から平々凡々と消え失せて行きはしまいか  翁の旧事を語ると  翁はその九十幾年の長生涯を一貫して  翁程の芸力と風格を持った  翁の事を追懐する  翁の真面目はそこに在る  翁は頑として能楽の守護神の如く子弟を鞭撻し続けていた  翁の如き一代の巨匠が中央に乗出していたならば  翁の臨終まで診察した  翁を健康な高齢者の標本として研究していたので  翁の容態を色々尋ねられた  翁は九州の土が生んだ  翁のその頃の苦心をあらわす  翁の苦心が多少に拘らず  翁の気象から推察して  翁の性格から推し考えてみると  翁が挺身して  翁のそこまでの苦心とこれに対する一般人士の翹望は非常なものがあったに  翁は藩公より藩の御装束預かりを仰  翁の双肩に落下した  翁の精進が如何に不退転なもので在ったかは  翁の声価も極めて小範囲に限って認められていた  翁の威望はどの範囲にまで及んでいたであろうか  翁に御用召があったので  翁の晩年に於ても親しく実見した  翁が頽齢に及んで  翁も例によって御供をして  翁の胸を打った  翁が恭しく訪問した  翁は非番の日には必ず能静氏を訪うて  翁を見込んで  翁は感泣して  翁が如何に師匠能静氏から見込まれていたか  翁を呼寄せて  翁の手記に在る  翁は二つの大きな悲痛事に遭遇した  翁を召されて  翁の相手をした  翁の芸風が漸く円熟期に入った  翁の修業時代と思う  翁はこの前後に重き習物の能を陸続と披露している  翁が芸道保存のために最惨澹たる苦楚を嘗めた  翁の真面目が最もよく発揮された  翁の恩師能静氏の如きは実に鶏群中の一鶴と称すべきであったろう  翁は九州に帰って  翁の縁家荒巻家からの扶助によって衣食していたとはいえ  翁の門を潜る  翁に捧ぐる  翁は一々額に高く押戴いて  翁の態度は誰一人として怪しむ  翁の耳と眼ばかりを恐れて  翁の前に礼拝して  翁の顔色ばかり心配していた  翁の精進によってこの九州の一角福岡地方だけは昔に変らぬ  翁の風格に感化されて  翁の無敵の感化力が如何に徹底した  翁の歿後一度上京して  翁は福岡の誇りとするに足る  翁が如何に酬いられぬ  翁は無上の名誉として上京したが  翁と同行にて霞が関へ出頭せよという  翁にとって非常な重責であったことは云う迄も  翁の立場から見ると  翁の本分を省み  翁は飯田町家元稽古場に出て  翁の一生の名誉ある  翁は能楽装束附の大家斎藤五郎蔵氏に就いて  翁は国許の門弟を見棄てるに  翁は自身に地頭をつとめたが  翁は小乗に謡った  翁に会釈したという  翁の八十八歳の祝賀があった  翁の苦心が首肯されるばかりでなく  翁の身体の不自由が甚だしくなって  翁の気象は衰えぬらしく  翁が突然にウームと云って  翁がムックリ頭を擡げて  翁の介抱に顔を見合わせて困り合ったが  翁の頑張りに負けて  翁は元の通り椅子に凭れて  翁の胴体を帯で椅子に縛り付け  翁の門下の人々は高齢で臥床中の翁に赤い頭巾と赤い胴衣を着せ  翁を横たえ  翁に共進会場を見物させた  翁の担架姿が写真入りで大きく芽出度く書き立てられた  翁の枕頭に集まって  翁の叱正を受けた  翁のお稽古が出来ない  翁の臨終の前年頃になると  翁の枕頭に駈け付けたが  翁の状態を知らぬ  翁に出演の勧誘状が来た  翁は直ぐに傍をかえりみて云った  翁の健康状態が許さぬ  翁を諫止してしまった  翁の所へ行って  翁の主治医寿三郎先生を引っぱって来た  翁の容態の急変は一時落付く  翁の逸話として何よりも先に挙げなければならない  翁の養子になっていた  翁の足踏の音が舞台の方向に聞こえるので  翁の終生を通じて変らなかった  翁の門下は絶滅していたであろう  翁のこうした稽古振の  翁は初心者が復習する  翁の表門を出ると  翁に聞こえぬ  翁の稽古日に翁の前で復習させられると  翁によく舞台の上で突飛ばされた  翁の晩年の弟子の中で最も嘱望されていた  翁の声と顔付の恐ろしかった事を想起すると  翁の後から舞台に行くので  翁が自分の芸の後継者と思っていた  翁が人に話していた  翁が教育している  翁が癇癪を起して  翁は自身で朗々と謡いながら舞い  翁の膝の下から起った  翁は筆者を振返った  翁に聴いてもらっていた  翁はアシライの手をピタリと止めて  翁はその小さい声の主をちゃんと知っていた  翁が発見した  翁は怫然として言葉を続けた  翁のお相手のワキ役を仰  翁の前に出ると  翁から何か云われると  翁の許に追い遣った  翁の処を訪うて  翁の門下の月並能の番組が決定すると  翁の稽古を肯んぜず  翁を誹謗したので  翁の処へ通っていた  翁もこの点では気付いていたと見えて  翁の門口を這入ると  翁の本来の地金をあらわして  翁の熱心さに釣込まれて  翁が笙歌を云いながら  翁は甚だしく憤ると  翁に亀の子のように吊り提げられながら  翁はその序に遺恨骨髄に徹している  翁は知っていたと見える  翁の門を潜ると  翁は虎が兎を掠める  翁の眼がギラリと光る  翁がコンナに残忍な拷問を筆者に試みたか  翁が細心の注意を払った  翁を恨む  翁が見て  翁の怒鳴り  翁と二人で台を正面へ抱え出す  翁が張盤を据えて  翁が自分で足袋を穿いて来て  翁は台の上からビックリする  翁は黙っていたのでわからなかった  翁は知らん顔をして  翁は聞き終ると  翁の前に出て  翁は言下に頭を振った  翁は単に稽古のみならず  翁の舞台で先代松本健三翁の追善能が催された  翁の顔色が見る見る変った  翁に取  翁の命令でその笑った  翁の顔を見た  翁が恐れられて  翁は眼を据えて  翁が物見窓から舞台を覗いている  翁が覗いて御座るナ  翁に塗り付ける  翁が覗いている  翁は意気組さえよければ型の出来栄えは第二第三と考えていたらしい  翁の稽古の時には全身に凝っていても  翁の最も嫌う  翁が稽古中に先輩や筆者を叱った  翁が途方もない力でシッカと獅噛み付いて離れないので困った  翁のような老人を本気に投げて  翁に悪印象を残したのに  翁は総義歯をしていた  翁の歿後は脇方専門のようになっていた  翁から叱られるので  翁から叱られて  翁が見ている  翁の門下の催能にワキをつとめた  翁の門下同様の指導を受けていた  翁が八釜しく云う  翁は事ある  翁の衣鉢を嗣いでいた  翁の門下には名物と云われていた  翁の能の地頭を拝命していた  翁に見えなかった  翁のために献身的に働く  翁がイクラ教えても  翁の前で行燈袴をまくって  翁は見ない  翁に謡のお稽古を願ったら  翁もその熱心に愛でた  翁が歿前かなりの重態に陥って  翁が腹を立てた  翁に白旗を上げさせた  翁は痩せた  翁は半紙を一帖出して  翁が机の横から這い出して来て  翁が書いてくれた  翁は別に咎めなかった  翁はニコニコと眺めていた  翁の処へ入門した  翁が本人の器量に応じて  翁の処へ稽古に行くと  翁の遺愛の本は現在神奈川県茅ヶ崎の野中家に保存して在る  翁は一番の謡を教えると  翁は舞台に立った  翁の処へ行かなくなった  翁は筆者が謡い終って  翁に乗り移っていた  翁に手伝って  翁はワキ座と地謡座のちょうど中間の位置に在る  翁に向って  翁はこっちをジロリと見て  翁がソッと横目でこっちを見る  翁がパチパチと張扇を叩いて  翁は普通の稽古を附ける  翁に似合わぬ  翁は張盤の前に正座した  翁の背後の脇桟敷から長い事凝視して  翁の声だけが耳に残っている  翁の上顎の義歯が外れ落ちて  翁の長寿に余程影響した  翁は筆者を机の前に招き寄せて云った  翁の御用をつとめる  翁も喜んだらしい  翁は自筆の短冊を二枚美濃紙に包んで  翁の門を出た  翁と識合いになったかは  翁は滅多に外へ出かけない  翁を見た  翁の家人以外の人々には意外と思われる  翁の半面に在る  翁は自身で畠イジリをする  翁の真情を端的に首肯したであろう  翁の逸話はまだまだ後に出て来る  翁の真情が一貫して  翁の謙徳と精進に対して愧死しても足りないであろう  翁の後に絶えたと云っても  翁の芸風を当時の一子方に過ぎない  翁の芸風を知り過ぎる  翁は毎夜のように侯爵黒田長知侯のお召を受けて  翁の技倆を御存じの藤堂伯も非常な興味をもって  翁の実力を直接に評価する  翁の生涯中の秀逸ではないかと思われる  翁の舞台姿を一度も見た  翁の八十八賀能の前日の申合わせの夜であったと思う  翁の舞台姿がどうやら眼前に彷彿される  翁の型を見た  翁は白い大きな足袋を静かに静かに運んでいた  翁の訓戒が記憶に残っている  翁は自分で剛力の棒を取って  翁は自身に桐山氏のバラバラの扇を奪って  翁の眼の光りの  翁には一度も見た  翁のその曲の謡声が耳に聞こえる  翁の謡は舞い  翁の声と聞き誤られた  翁の謡振りの或る一部分を伝えた  翁の楽々とした  翁の型についてこう語った  翁が云うと  翁の前に捧げる  翁の顔が小田原提灯を畳んだ  翁は一合入の透明な硝子燗瓶に酒を四分目ばかり入れて  翁は七五三に酒を飲んだというが  翁は真赤になった  翁から直筆の短冊を貰った  翁の雄渾豪壮な風格はミジンも認められないが  翁の本性をあらわした  翁はそれを短冊に自筆して  翁の和歌は誰かに師事した  翁の門下生に分与しようとされた  翁の歌風を知るには  翁にはなかったように思う  翁が茶杓の一枝を手に取りて  翁が博多北船の梅津朔造氏宅に出向いた  翁が立寄って  翁はナカナカ器用だったという話もある  翁が舞った  翁が或る時屏風の張り  翁は盃二三杯這入る  翁にこの事を願い出ると  翁は一も二もなく承諾して  翁は半紙十帖ばかりに自筆の謡曲を書いて与えた  翁の愛嬢で絶世の美人といわれた到  翁は家のまわりをよく掃除した  翁の家の門は槙の生垣の間に在る  翁はよく網打ちに行った  翁が目堰網で引っ被せてまわる  翁の楽みとし  翁の壮者を凌ぐ  翁の存在を誇りとして仰いでいた  翁は網打ちに行くと  翁の姪に当る  翁の顔がイヨイヨ海老色に染まる  翁の前に筆者は頭を下げて  翁の弟子で一番熱心な前記斎田惟成氏はよく翁の網打ちのお供をした  翁と雑談をしながら  翁は上機嫌なままに大事な口伝や秘伝を不用意に洩らす  翁から賞められた  翁の網打ちのお伴をしなければならなくなったが  翁が意地悪く口を緘して  翁のホテの魚の串を見て  翁の後までも生きていた  翁は度々山本氏等に云っていた  翁の言葉を真正面から信じて  翁の舞台に来て  翁から叱られる  翁の門下から途中で逃げ出した  翁の行き  翁の末期の一念であった事が今にして思い当られる  翁の像を仰いで  翁の遺訓は今以て他流の人士の間にも伝わり  翁の堂々たる芸風とは今も尚流  翁の後嗣梅津謙助氏の好意で薬院中庄の翁の旧宅跡に決定されたが  翁の歿後を飾る  翁から習ったに過ぎない  翁の遺徳の世道人心に入る  翁より相伝した  翁の霊前に叩頭して  翁の像を作り  翁の伝を物し  翁の逸話懐旧談に歓を尽し  翁が山寺にて作りたる  翁が開國論者たることの世に聞えたる  翁が返事をしないので  翁は大仰に首を振って  翁と呼ばれている  翁の是正を乞うておく  翁の芳兵衛と云う  翁の依頼に応じて  翁は物干に  翁に跟いて  翁は二人を廊下へ待たしておいて  翁はランプを差しあげる  翁はランプをテーブルの上に置いてから出て  翁が食事の準備をして持って来た  翁の並べる  翁の支那人は五六人の者を伴れて飛び込んで来た  翁の温藉なあの表情はそれまでの長い間の藝術的生活が刻んだ  翁の考へに含まれてゐるらしい  翁も年を取り  翁は隙があると  翁から承った  翁に語らせている  翁の夫人がたしか広足の娘であったように聞いていた  翁は万葉張りを揶揄していた  翁は右の歌を書き示した  翁を求めんには  翁を忘れえんや  翁を懐う時は遠き笛の音ききて  翁が上を委しく知れるにあらず  翁の事をかくも聞きたださるるか  翁が上に飛びぬ  翁の墓に霙降りつつありしを  翁が上にはさらに悲しきこと起こりつ  翁は知らず  翁の影太く壁に映りて  翁は耳そばだてて聴きぬ  翁を見て  翁の足のさがれるを見出さんもしれずという  翁が門にはもはや燈火見えざりき  翁は小走りに足跡向きし  翁は見向きもせで答えぬ  翁がかく滑らかに語りいでしを  翁は老夫婦が連れし  翁も久しくこの声を聞かざりき  翁は久しくこの応えをきかざりき  翁は狼狽てて  翁が懐に入りぬ  翁はゆるやかに見廻わしぬ  翁は呆れて  翁のいうが  翁のものまで食いつくしぬ  翁が顔を見て  翁は一人炉の前に坐り  翁は布団翻のけ  翁にはなんと言っても  翁と空穂の俊蔭の巻を左右にして  翁の一つの家を照らすだけの  翁の経歴をたずね  翁の牛込にいませし  翁の家に集まって  翁が名古屋の吉川義信という画工にえがかせ  翁かと思われるほどの  翁は自意匠よりなる  翁の長所からであったろうと彼には思われる  翁を想像し  翁が読みの深さを想像し  翁の意はやはり終止言の名詞法をゆるしてゐられた  翁の舞を神々しく舞ひ  翁を使いは伴って帰って来た  翁は言った  翁はこうした旅人を迎える  翁を呼ぼうとすると  翁は変な恰好をし  翁よりも貴重な発見をした  翁の氈店に往つたのを知らせなかつたら  翁から本所相生町二丁目の炭屋の怪談を聞かされた  翁の顔を眺めました  翁は人を張氏に遣わして  翁の相談に応じません  翁はそう心に期しながら  翁は主人に会わないにしろ  翁にその話をすると  翁を煩わせて  翁の書を袖にしたなり  翁は王氏に会釈をする  翁の見た  翁がこの図を眺める  翁へ声をかけました  翁を書いて居る  翁が進歩党を脱した  翁は今朝人から注意されて始めて読んだと  翁は間もなく議員までも止めて  翁が斯う言ひ捨てながら  翁が腕拱いた  翁が官吏侮辱罪に問はれた  翁が毎々残念がつて語られる  翁が政治運動に身を投じた  翁は二箇条の一家処分案を提出したと  翁は全く家を外の人になり  翁の本来性の所詮堪え得る  翁の熱血の承知し得る  翁の眼は直に活きて居る  翁の頭脳には一人の大きな戯曲家が住んで居る  翁と語る  翁の語る  翁は普通の人が見ない  翁の言ふたことが皆な正確な事実になつて現はれて来る  翁の眼中には極めて明確に区別がついて居た  翁の生涯に於ける  翁は筆を持つて打ち案じて居られたが  翁の生涯は実に此の五文字に描き尽くされて居る  翁は点頭きながら  翁は切りに文章を書いた  翁は直ぐと着て見て  翁はよく手紙を書く  翁の多忙を思ふた  翁の疲労の頂点であつたかも知れぬ  翁は椅子を離れて  翁は相変らず  翁は立つ  翁に対して数々不快の念を抱いた  翁も漸く気が晴れたか  翁の事業が日一日と世間的で無くして  翁はポカリと目を覚まして  翁は障子口に坐つ  翁も一寸考えて居られたが  翁は簑を巻いて  翁は始めて  翁も同じく足を留めて  翁があった  翁は手を翳して眺める  翁の擬して撫で来る  翁がそう感ずると  翁の指尖が  翁の指尖はこつに嵌った  翁は身体を撫でながら  翁は掌を裏返しに  翁は憂げな眼を伏せては  翁は眼が怠くなって  翁の眠っている  翁はみな自分の分身のように感じられた  翁がみる  翁は山を愛するが  翁は妻との間にたくさんこどもを生んだ  翁はこれを山に持って行って置いて来た  翁はこどもを山の方に捧げ  翁の腸は一ねじり捩れた  翁の腹にできたはらわた  翁の腹を縲の貝の形に張り膨らめた  翁はいつも胸から上をえび蔓のように撓めて歩いた  翁に似て  翁のこどもの棲付かぬ  翁は西国の山々へはほとんどこどもを間配り  翁に取って  翁はとうとう決心した  翁の上に幾たびかの春秋が過ぎた  翁の齢の老に老の重なる  翁は相変わらず螺の腹にえび蔓の背をしてこそ  翁の胸をときめかす  翁は手をその方へ掲げて  翁のこれほどの血の愛の合図をもってしても  翁は白い眉を憂げに潜め  翁は人並を欲した  翁は苦笑しながら  翁の心丹に一ひら  翁は意識にこれを認めると  翁は湿り気をふるって起上った  翁をどこでも泊めようとしなかった  翁は煩わしく雫を払いながら  翁は朝餉を食べ終ると冷えた  翁はとぼとぼと辿って行った  翁は島かとも見る  翁は垂れ雲を左手にした  翁はその幕の掠り除れた  翁をして寝付かれしめぬ  翁は興奮に駆られて  翁は一日歩いて  翁は次いで三日も歩んだ  翁は疑った  翁は呆れた  翁のふる  翁は東国へ来て生い立った  翁は娘の神が口にした  翁にはそれはできなかった  翁の娘の神に詰め寄りなじりかかろうとする  翁は庭のはずれの台のところに来て蹲りながら  翁は片唾を呑んだ  翁はそれを目度に移して  翁は息を胸に一ぱい吸い込み思い切り見上げた  翁の息の方が苦しくなった  翁は天宙から頭上へ目庇のように覆い  翁の用意していた  翁は身体を丘の芝に上から掴み押えられた  翁に僅に残っている  翁の心は一種の怯えを感ずるとぶ  翁の頭の働きはやや現実に蘇って来る  翁は人の世の言葉ではじめてこういった  翁は悟らせられた  翁はこうもいった  翁が西国の諸山に間配って  翁はいまにもそれを恐れる  翁が呆然眺め上げる  翁はわが子ながら神々しくも美しいと見て取る  翁の眼や鼻から餓えた  翁はから火を見ながら  翁にふる  翁は堪られなくなって  翁の声は小さかったが強訴の響は籠っていた  翁のいう  翁は負けん気の声を振り立てていった  翁はじっとしていられなくなって廻された  翁は眼を娘から外らしながら  翁は行き合う  翁を誰も親切には教えて呉れなかった  翁は身に疲れも出た  翁の上に人間の歳月の半年以上は早くも経ってしまった  翁の胸はしきりに傷んだ  翁はそういって  翁は掌の上に載せた  翁はすごすごと小石をまた懐へ入れた  翁は再び望多の峰ろの笹葉の露を分け進む  翁はまだ山に近付かない  翁は手を翳してほほ笑んだ  翁には女性的に感じられる  翁の嗅覚は感じた  翁は眼を細めて  翁が福慈神に近付く  翁はただ呟いただけで  翁はこの茂みの下にしばらく憩って  翁を疲らす  翁は今までの生涯に生きとし生ける  翁の胸に滴って  翁は呪いという逆手で娘の感情に自分を烙印した  翁はそれも摘まなかった  翁は寂しくなった  翁は娘の成長に伴う  翁は今は使い古るしになっている  翁は山に近付いて行った  翁は岳神を訪ねた  翁が福慈岳の女神を訪ねたと  翁を家の中へ導き入れ  翁のために設けて呉れた  翁にはすぐそれと知れた  翁は見ただけでも  翁には物足りないものがあった  翁に顔を合す  翁の方からは何もいい出せなかった  翁は思っていた  翁も弟の岳神に対してはどういうものかこの点は諦めが  翁はそれを聞いて  翁はここに於てはじめて姉娘に就いての  翁はこういって  翁は焦つ  翁の心を沸き立たした  翁の眼に悲しく附き纏う  翁は衣食住の幸福ということも考えないではいられなかった  翁の心に僅かに残っている若やぐ  翁の胸にこすりつけた  翁は螺の腹にえび蔓の背をした  翁は相撲場の中へ入り  翁は疲れ切って  翁の鼻に残った  翁はしばらく息を入れていた  翁が検めみると  翁の唇の端から血の色がうっすりにじんだ  翁にはもう何の心もなくなった  翁は保与  翁を本郷に訪ふて  翁は憲一の顔を見るなりとびだして来た  翁が首をかたむけた  翁がどうかしているだろうと思った  翁に就いて  翁の文は説蔽と共に絶えて  翁の文の方は心當りを搜索して  翁の文には國學に對して  翁は足を引かざりき  翁の心は感謝の情にみたされつ  翁は眼閉じて聴きぬ  翁はもはやこれを惜しとも思わざりき  翁のゆきし  翁が足跡も永久の波に消されぬ  翁といふ人がありました  翁といふ名で通つてゐました  翁はやはり竹を取つて  翁の家は次第に裕福になりました  翁にはこの子を見る  翁も少し安心して  翁はいひました  翁は仕方なしに姫の註文通りを傳へますと  翁も姫もその細工の立派なのに驚いてゐますと  翁の家に出向いて  翁はかしこまつて  翁に御命令を下して  翁に位をやらう  翁はびっくりして  翁の家にほど近い山邊に御狩りの行幸をする  翁に承知させて  翁にはそれが不思議でもあり  翁も氣違ひの  翁は委細をお話して  翁に同情されて  翁の家をまもらせられました  翁は土藏の戸を締めて  翁はりきみました  翁を呼び出して  翁が少し澁つてゐると  翁が留めようとあがく  翁に渡し  翁に臥猪の形容を詳しく聞き  翁が卓見を感じ  翁また来る  翁の面のようにも見える  翁の教授を受けて  翁を徳とす  翁が出来ますが  翁も純化はしましたが  翁の言ひ  翁の中に含まつて居たと見える  翁が最古式を保つてゐるとの  翁に拘泥せず  翁が参上する  翁が出たとは  翁の一節を存する  翁の原形の模型を作つて見ませう  翁の柔和な姿になつてゐます  翁の壻入りの話になる  翁或は其変形した  翁及び翁の分化した  翁の為事を分けて見ますと  翁の宣命宣命と名のつく  翁は御祭りから始ま  翁の一つの古い姿だつた事を示す  翁のもどき遠州や三州の北部山間に残つてゐる  翁に絡んで出る  翁と共に出て  翁の形式が幾通りにもくり返されます  翁の役を複演する  翁を演ずる  翁の為事を平俗化し  翁のもどき役である事が知れませう  翁は実に神聖な役の様に見えますし  翁の前講を無料で勉強させていただいたので  翁はいつも帰りには一杯飲ませて  翁まず口を開きて  翁が問いには答えず  翁はいよいよ驚ける  翁ははたと手を拍ち  翁の目は急に笑みをたたえ  翁にはひとまず父の家に帰りて  翁はただ微笑むのみ  翁は庭の中をかなたこなたと歩み  翁はほぼかれが  翁とまた牛乳屋の童と問わず  翁はたゆまふ  翁と婢が出て来て  翁が来た  翁に対して逢いたい  翁に渡した  翁はこう云いながら  翁が入りちがってはいって来た  翁が口を出した  翁や婢も店頭へ来た  翁の戒めも忘れていた  翁に話をすると  翁はまた山に精しい者を二人ばかりやって  翁も出て  翁はもしやと思う  翁は五十両の大金を客に盗まれた  翁は急に旅装束をして  翁は嘲笑って云った  翁は声を立てる  翁の額や頬からは血が流れていた  翁はしかたなく小八の家主の処へ往った  翁を上へあげ  翁と小八と顔をあわさして  翁は云った  翁は澄まして云った  翁に抱えられて  翁に顔を反けて云った  翁は冷やかに云った  翁は飽くまでも亡者のことは知らないと云いはった  翁はふと我家へ探索の手が廻ったので  翁の顔色はすこし変った  翁を見おろした  翁の心は顫えた  翁は思わず頭をさげた  翁の右側に坐っていた  翁もその席に連っていた  翁は厚くもてなして  翁は机に凭れ  翁のいったごとく  翁の私に話したいといふ  翁は語られた  翁もさう  翁は多年機會ある  翁の筆のある  翁が萎えな  翁は手をやすめて振り向いた  翁の手に持っている  翁にむかっては  翁はまた笑った  翁はさっきと同じところに屈んで  翁の笑う  翁も寝床から這い出して来た  翁を表へ引っ張り出した  翁は内へ引っ返して  翁は寒そうに肩をすくめながら言った  翁は口のまわりを拭きながらうなずいた  翁はさとす  翁はおぼつかなげに少年のあとを慕って行った  翁はまた引き止めた  翁は困った  翁がそっとささやくと  翁も思わず声をあげて  翁も声をそろえて呼んだ  翁は代るがわるにきいたが  翁はうなずいた  翁は自分の家の前で二人に別れた  翁も婆も眼を丸くしてす  翁は門に立って  翁は笑いながら言った  翁の顔を見つめた  翁は両手をうしろに組みあわせながら  翁は隣りの  翁は急に笑い出した  翁は又かというように笑いながらしずめた  翁に逢った  翁はゆがんだ  翁も不思議に思って  翁はふと過日の杉の森を思いついて  翁も顔をくもらせながら話した  翁はまた言った  翁はだんだんにふだんの笑顔にかえった  翁に別れて  翁は戻って来て  翁は思わず空をみあげた  翁の留守を知っているので  翁が肩を捻じ向けた  翁も摺り寄ってささやいた  翁はむかしとちっとも変わらない  翁と千枝太郎は別れ別れになってしまった  翁は笑いながら見返った  翁も白い眉に浪を打たせた  翁は再び首をかしげた  翁は心から打ち解けた  翁の寂びた  翁は日影がだんだん映しこんで来るのに  翁からそれを言い出されて  翁はすこし寂しそうな顔をして言った  翁に訊いた  翁はこう答えた  翁はおちつき  翁との話はここらで打ち切って  翁から聴かされた  翁をたずねた  翁はしばらく黙って  翁にも莫大の御褒美を貰うてやる  翁が俄に死んだよ  翁が死んだかよ  翁が日の高うなるまで  翁は紙衾から半身這い出して  翁も三浦の孫娘とおなじ夜に死んだ  翁の墓にひと束の草花をそなえて帰った  翁けふもひるいする  翁は脚がわるいと云うじゃないか  翁ばかりなり  翁は得意の青海波を語る  翁に似たる  翁の晩年における清福を羨む  翁は五つの石瓮を埋め  翁は更に樹木の類若干と草花の類若干とを雑へ植ゑたと云つてゐるが  翁の文など読んでゐると  翁はこう云って  翁はまだ思い出せない  翁は後から云った  翁は書生が帰ったので  翁はその音を聞きながら  翁はその後姿を見送っていたが  翁はその電燈の球をちょと見た  翁は軽い悪寒を感じながら  翁はやっと安心して  翁はまた左側へ眼をやった  翁の心は豆腐を持って  翁は怖ろし  翁の心がやっと静まって来た  翁の耳に蘇って来た  翁は活動で見る  翁を見つけると  翁は女房に悟られまいと思って  翁をおどして  翁は顔色を変えた  翁の引き剥いであった  翁は食卓へ縋りつく  翁は返事のかわりに溜呼吸をした  翁も女房のかついでいた  翁は両臂を張る  翁は枕頭に坐った  翁はしかたなしに起きて  翁は寒い風に当りたくなかった  翁は厭であったがそのうえぐずぐずしていると  翁は肩のあたりで呼吸をした  翁はすぐ曲り角の電柱が気になったが  翁は内の方をふり返って  翁は歩きながら  翁は何んと云っても  翁は書生の右側を雁行して歩いていた  翁は不安になって来た  翁の心は暗くなった  翁は恐  翁は呼吸を詰める  翁もそれに跟いて  翁はちょと立ち停った  翁は書生の方へ歩いて  翁はなんぼなんでも玄関からあがれないと思った  翁はしかたなくあがった  翁を伴れて来た  翁はしかたなしにその後から跟いて  翁は何時の間にか廊下を歩いていた  翁は入って見た  翁はこれが御病気だと云う  翁は書生と並んで立った  翁は己をこんな処へ伴れて来て  翁は怖れて  翁の眼に映った  翁はがたがたと震えた  翁の手に懸った  翁は震い  翁はしかたなく榻の方へ歩いて  翁は伯爵の傍へ往った  翁は小紐を出して  翁はこれは失敗ったと思って  翁は気を引き締めて  翁は小紐を持ったなりに  翁も引きずられる  翁は庭前を歩いていた  翁は一眼見て  翁は悪い処へ来た  翁は書生の顔を見た  翁はもう奇怪な書生に対する恐れもなくなっていた  翁は演戯でも見る  翁の耳に書生の声が聞えた  翁はこう云って聞いてみた  翁の肩を突いて  翁は榻の方を見た  翁の衣服を抓んで引っぱった  翁は云う  翁は障子の方へ注意していた  翁を突く  翁は足が進まなかった  翁はしかたなしに伯爵の方へ近寄って  翁は握りしめていた  翁は書生の側へ逃げて  翁を迎えて  翁はその詞を聞きながら  翁もすぐ後に引添うて  翁はただ書生に遅れまいと思って  翁もその後から耳門を出たが  翁は何人か見舞に来た  翁は書生の右の手に眼をやった  翁は倒れてしまった  翁は眼を開けた  翁は合点がいかなかった  翁は眼をはっきり開けて  翁はそれではあの書生とお邸へ往っていた  翁はそのとほうもない夢のことは話さなかった  翁はその時分から気が変になった  翁の頭脳の明確なのに驚くばかりであるが  翁が許にゆかば  翁が薬を得て  翁を訪れた  翁の前身であるような感じがした  翁と天人との話を研究してゐると  翁なども勉強ができぬと言って  翁からの手紙によれば  翁は角扣紐どめにせし  翁は角ボタンどめにせし  翁の家の縁側に上る  翁と署名し  翁の白頭に似ているから  翁はおどろき喜んで  翁のごときは自分等は道楽に数学を修めたので  翁から現に聞いた  翁があがってきた  翁は怒っていた  翁は小言を云いながら出て  翁を振りはなして  翁に背後から血刀を浴びせた  翁は廊下へ半身を出して倒れた  翁の死体に躓いて  翁を案内して  翁の徳行やその全生涯にうちこんで  翁の事業は萬朶の花を開いた  翁にいわすれば  翁をしてまたしても  翁が心の底から得心されるべく述べたてて  翁を相手に戦う  翁においても諒承されたい  翁の驚くべき  翁は志野の釉が意のごとくゆかない  翁をして  翁はその骨董の買入について商人中もっとも物議の多い評判の人ではあるが  翁のために同情もすれば  翁は仁清という大天才をなんと解していられる  翁の愛美心と勇猛心と時流を厭きたらずとする  翁の聡明と男性は災いを転じ  翁のために同情を繰り返し  翁がいかに苦心を払われたかには  翁が雇傭の瀬戸工人某なる  翁に忠告した  翁は最初志野陶土発見を某工人の口から知った  翁の使者の命ずる  翁は焦慮して  翁の稚気に外ならなかった  翁の目的をいかにしても  翁は近く疎開先から四谷の舊地へひきあげる  翁にも默つて建てたうへ贈つた  翁の方から先にお訪ねをうけてし  翁の宮廷三代に亙る思ひ  翁だのと自署してゐるし  翁の教へに従はうともしない  翁の次男建男さんに就いて  翁はどうも我家ではないなと思ったが  翁は明るい陽の光がさしてほかほかとしているとっつきの  翁が何か云おうとすると  翁は入口に立ったなりで  翁が帳場で帳面を直していると  翁は筆を持ったなりに  翁はすぐ思いあたった  翁は独りで頷いた  翁が汚いちゃぶ台に向って  翁よりも一まわりも年下に見える  翁が脂のぎらぎらした  翁をじつと見つめながら  翁という人は知っていた  翁の写真が一つかかっている  翁が出ていって  翁の年へし  翁も心安う見参に入り  翁の顔を一眄した  翁ゐたるをみたり  翁の心に從ひ  翁さけびていふ  翁を見たり  翁の聲をき  翁は不思議な男で嘗て物を言った  翁が二重になつて居るだけでなく  翁を神聖視して居るが  翁の出現して  翁となつたのであらう  翁は長者の大主とおなじ起りを持つた  翁を父親のように思いて  翁に逢う  翁をおもんじ  翁は紀州の夙部落の実際を調査して  翁は自分に向ふて  翁の考える  翁は忿怒の相をして  翁の寝  翁の白髪は逆立っている  翁の大膽なる論文とその大膽を敢てし得る  翁の説く  翁が露國を攻撃した  翁の言に眞面目に耳を傾くる  翁は我が日本を見て  翁の理想の直ちに實行する  翁のこの論に對して  翁にしてさえ  翁の一邸があり  翁しばし黙せよ  翁と自称したりしている  翁は帰った  翁を聘して  翁になつて歿するまで  

~ 翁[名詞]1
士班釵の翁は  爲永の翁を  主人の翁に  老いさらぼうた翁の  實に翁において  わたしは翁に  農家に翁と  スヤスヤ眠る翁が  記憶に遺つてゐる翁の  #生涯は翁が  説明にとりかかると翁は  隙もなかつた翁の  それすら翁にと  自然人としての翁こそ  ために翁を  喜びで翁を  對する翁の  お正月をしようといふ翁の  無一物の翁  眞心から翁に  せん紙を翁の  白髪の翁が  王維に対する放翁の  やうに翁の  爾後十年の翁の  傘張の翁も  傘張の翁は  傘張の翁を  傘張の翁の  もろ手をさしあげて立つた翁の  元より翁のみ  為作の翁の  何時も見なれている翁の  竹取翁の  髯の翁と  一個の翁とを  わたくしは翁の  四ツ角で翁に  理由をも説くに及ばずして翁は  名作の翁の  白髪の翁を  隣家の翁に  ような翁  煎茶とが翁の  花房は翁の  吉田神社から翁の  同などものされたる翁の  此好題目のがすべからずと翁の  太教徒の翁が  草廬を敲いて翁の  それは翁の  役者を翁と  ひとり杖を支いて立つた翁が  盲ひたる翁  汁にして翁に  竹取の翁の  童顔の翁  漆間の翁の  白髪の翁と  ふもとを翁にとも  丸岡にて翁に  ひとり者が翁の  日に及んだ翁の  取次の翁が  竹取の翁と  上に翁の  上の翁の  屋根は翁の  外部に翁の  三番叟の翁は  三番叟の翁の  父の翁は  白髪の翁に  能が翁の  ような翁や  のは翁で  姿の翁に  縦い翁と  陸放翁の  能の翁を  田遊びに出る翁と  簑笠を着て翁に  病死されたので翁も  のを見た翁は  のだと言うたと翁が  とき私が翁の  高砂の翁が  高砂の翁とも  打し翁も  折臂の翁の  能の翁の  能面の翁の  學紀聞は翁  和田の翁より  和田の翁  七十二歳の翁と  あら物ぐさの翁  歳旦びらきとて翁を  ほかは翁を  二百年まえの翁の  隠者の翁を  隠者の翁は  隠者の翁と  隠者の翁に  都筑馨六氏先づ在りて翁と  白頭の翁が  福島矢三太は翁が  十一月には翁は  ひとりの翁が  孤独な翁や  ここの翁に  どこへなと翁に  皺くちゃとなった翁の  主の翁は  主人の翁は  主人の翁の  これは翁が  階上の翁の  インチキ名士連が翁を  厚顔無恥に翁へ  インチキで翁を  徐ろに翁に  丸を附けて見せると翁は  折角の翁の  病院に通う翁の  奈良原到翁が  奈良原到翁は  奈良原到翁の  敗退して行った翁の  嘲罵を翁の  奈良原到翁に  まま到翁の  中央に立って待っている到翁が  席を翁に  程に苦しんだ翁が  一個買って翁に  流石に翁の  間へ翁が  奈良原到翁から  筆者自身が酔うた翁に  アトで翁から  興を催した翁の  小字岡にある翁の  それが翁の  懐にして翁を  稿本を翁の  隣の翁を  ような翁が  これは翁の  霜置く翁と  二人の翁の  二人の翁に  二人の翁は  竹取の翁が  況んや翁程の  当時の翁の  筆者も翁の  際にも翁は  係医として翁の  私は翁を  晩年といっても翁が  面会に来られて翁の  僅かに残っている翁の  話は翁の  晩年の翁の  披露能後に認められた翁の  その間に於ける翁の  芸術界に於ける翁の  藩公から翁に  筆者等が翁の  芸風は翁の  ところ長知公も翁の  藩公と共にしていた翁の  晩年の翁が  時に翁の  格式を持った翁が  一念から翁を  真似の出来る翁では  頂戴したので翁は  引続いた翁の  間に翁は  面目を施した翁は  前後として翁の  六十余年は翁の  能楽を捨てなかった翁の  謝礼として翁に  覚悟している翁の  楽屋に控えている翁の  真似をして翁の  人々までも翁の  吉村稱氏が翁の  於て翁が  依頼が翁にとって  時の翁の  隔日に翁は  時に翁は  因に翁の  一句を翁は  発起で翁の  主宰した翁の  指導監督していた翁の  明治四十一年頃から翁の  身体は弱っても翁の  途中で翁が  挨拶をすると翁が  非凡な翁の  ように翁の  臥床中の翁に  展べて翁を  新聞にも翁の  通りに謡って翁の  倉皇として翁の  金剛謹之介氏から翁に  手紙を見た翁は  下に翁を  のは翁の  朝から翁の  巻頭に掲げた翁の  手当で翁の  冒頭に掲げた翁の  刻苦精励が翁の  間に翁の  帰りがけに翁の  門を出ると翁に  次の翁の  #日に翁の  頑健な翁に  お盆を持って翁の  前後に見た翁の  ところを翁が  頃から翁は  飛上って座った翁の  謡合わせながら翁に  それを聞き咎めた翁は  敏感な翁が  旧藩時代から翁の  中庄の翁の  神事能や翁の  人が翁の  難癖を附けて翁を  不承不承に翁の  筆者が翁の  ツイ子供ながら翁の  うちに翁が  筆者と共に翁も  思いで翁の  時に限って翁が  タタキ散らしていたら翁が  上に翁が  序に翁は  註をしておくが翁は  神妙に謡ったが翁は  代表して翁の  アトで翁は  居間から見ていた翁の  風だったから翁が  端座している翁は  未熟を翁に  金内吉平氏は翁の  最中に翁が  のが翁の  型は翁の  子供ながら翁の  のが翁に  告白すると翁は  のに対し翁は  間から翁が  人で翁の  粟生弘氏は翁の  のに驚いていると翁は  地謡に座って謡いながら翁の  事があっても翁は  事は云いかねない翁  日が翁の  日に行くと翁は  机に向っている翁の  神様が翁に  雨戸を翁に  それから翁は  詞を云う翁に  前に引返して立っていると翁は  頭が来ると翁が  謹厳な翁に  二人で翁の  稽古が済んでから翁は  門下生は翁の  通りにすると翁は  因縁で翁と  舞台上の翁を  人は翁を  獅子王の如き翁の  筆者は翁の  平和を愛する翁の  一貫する翁の  どちらが翁の  世を捨て得ない翁の  例外を除き翁の  逸話は翁の  装束を着けた翁の  ような翁の  ジイッと見ている翁の  平生の翁には  先に翁の  いずれも翁の  催能が近付いて来ると翁の  稽古を離れると翁は  のを翁の  夕方になると翁は  談によると翁は  うちに翁は  舞台上の翁の  趣味は翁には  茶杓を取った翁の  一面に翁は  富樫に立ちかかって行く翁の  処へ翁が  敬神家の翁の  のを翁が  さが翁の  網を投げている翁の  日に焼けた翁の  硝子燗瓶が傾いて翁の  そうにしている翁の  ままに翁と  心持ちで謡ったり舞ったりして翁から  委託されて翁の  者は翁の  附合い過ぎるので翁から  次第であったから翁の  私は翁の  鼓を担いで翁の  ために翁の  清廉無慾と翁の  薬院中庄の翁の  これも翁の  茲に翁の  高助を得て翁の  蕪文を列ねて翁の  祝宴に移り翁の  ついでに翁の  七十の翁の  山住みの翁から  一人の翁  教師は翁が  夜は翁の  肱つつきあえど翁は  物音を翁は  門に立てる翁を  松が枝に翁の  身の毛のよだつを覚えて振向けば翁が  気床下より起こりて翁が  うちを翁は  嘆息もらすは翁  紀州は翁の  ままに翁の  眼にて翁が  砂書きの翁を  屋の翁には  氏は進んで翁の  物部の翁の  内弟子が翁の  それは翁が  六十一歳の翁かと  それこそ翁の  春にこもる翁の  物語に対する翁が  番人の翁を  番人の翁は  中に見つけた翁よりも  ダウウトの翁の  萇は翁の  何でも翁の  斜に翁の  先生は翁に  予が始めて翁を  予は翁が  のが翁が  かくて翁は  成程翁の  予は翁からの  予は翁の  頃の翁の  其時の翁は  予自身も翁に対して  六十の翁は  七十の翁は  祖神と呼ばるる翁が  人間の翁が  遠方から翁の  去来は翁の  山々を翁は  想いとで翁の  度びに翁の  引攣られ翁は  父親の翁に  山で翁の  祖神の翁は  山は翁に  月色に冴えまさり行く翁の  旅の翁を  夜は別けて翁を  日は翁は  のではないかと翁は  かさにかかって翁の  只事でないと感じ取った翁の  夢に痺れさせられかけていた翁の  ことを翁は  ことは翁が  心に還りつつある翁の  父の翁の  祖神の翁の  音を聞いていると翁の  他より抽んでているが翁には  匂いを翁の  以上に翁を  雫が翁の  眺め澄してから翁は  日は翁が  妻は翁の  部屋を翁の  中を見廻しただけでも翁には  祖神の翁には  祖神の翁に  義理合いではないと翁は  祖神の翁も  福慈岳が翁の  ものも翁には  鼻面を翁の  匂いが翁の  においがして翁の  顔面を翁は  十二月七日朝例の翁を  八十余の翁に  それに翁の  不幸にして翁の  音を翁は  旅の翁が  竹取りの翁といふ  竹取りの翁の  それならば翁の  ことを翁に  帝は翁に  つて竹取りの翁の  一人が翁を  文を書いて翁に  暁り翁に  十日ばかりして翁  九十九の翁  正風の翁の  浜主の翁とて  舞ふ翁の  在原の翁の  言ふ翁が  元は翁の  一芸能の翁に  劇舞踊などに現れた翁の  若宮祭りの翁の  此から翁が  猿楽の翁の  仮りに翁の  此は翁の  主とする翁の  白式の翁も  代わりに翁は  幾つか越えし翁  装衣はと翁  青年は翁が  これを聞きて翁の  水車場の翁は  水車場の翁と  孤独を慰む翁は  事を翁に  書齋に翁の  陶器師の翁が  千枝松は翁の  内では翁の  無理無体に翁を  陶器師の翁は  のを翁は  千枝松と翁は  陶器師の翁も  陶器師の翁に  一人の翁が  陶器師の翁  屈託しない翁は  日を浴びている翁の  今も翁から  陶器師の翁から  陶器師の翁を  彼は翁の  なりの翁け  千歳の翁に  心太賣る翁の  件の翁が  彼の翁  朱目の翁が  朱目の翁を  浦の翁と  白髯の翁  白髪の翁は  一度でも翁の  事を翁と  媼と翁の  馬鹿にしよると翁を  得心されるべく述べたてて翁の  ことだけは翁においても  それは翁を  これを知って翁の  場合の翁の  発奮した翁の  吾人は翁の  入手に翁が  話する翁が  これを翁に  端的な翁の  容易に翁の  んとする翁の  富士と翁の  叟だの翁  敢へて翁の  若者は翁を  扇折の翁が  王は翁が  ひとりの翁の  ほとりに住む翁  何の翁  ひとりの翁  ふたりの翁を  伏見の翁も  單に翁が  能樂師は翁を  保存した翁と  柴を苅る翁に  萱を苅る翁に  猿楽に翁を  天岡の翁の  謳はれて来てゐた翁の  両手で翁の  訪ふた時私は翁の  日本人にして翁の  自ら叟といったり翁と  七十二の翁にな  

~ 翁[名詞]2
心から翁  無い翁  丸翁  その翁  高い翁  強い翁  この翁  きたる翁  長い翁  一度翁  単に翁  こい翁  遠翁  もう一度翁  懶翁  且つ翁  益々翁  もう翁  恰も翁  彌翁  はったと翁  貧しい翁  同時に翁  よく翁  いつも翁  やや翁  大きな翁  深く翁  要するに翁  篤い翁  なく翁  勿論翁  苟も翁  毅然たる翁  親しく翁  間もなく翁  必ず翁  万一翁  まことに翁  とうとう翁  直ぐに翁  特に翁  代る代る翁  あんまり翁  たしかに翁  二度と翁  多分翁  はじめて翁  むろん翁  恐らく翁  こうした翁  唯翁  涙脆い翁  決して翁  既に翁  かかる翁  なき翁  ふと翁  早速翁  かつて翁  果然翁  おずおず翁  まだ翁  始めて翁  やがて翁  そのうち翁  もはや翁  直ちに翁  定めし翁  今や翁  更に翁  いよいよ翁  好い翁  あの翁  あたかも翁  もし翁  あえて翁  実に翁  鋭く翁  かの翁  けだかき翁  鋭き翁  大いなる翁  きびしい翁  

複合名詞
先輩高木孟旦翁  高木翁  野翁憐稚孫余  尊徳翁  白翁堂勇齋  白翁堂  白翁堂先生  人相墨色白翁堂勇齋  白翁堂勇齋先生  翁びし  黙阿弥翁  社長矢野翁心血  也有翁  山翁  師翁  車声轣轆仆家翁  鉄翁  玉堂鉄翁  花翁派  小菅翁  ルクリュ翁  翁自身  ポール翁  ルクリュ翁自身  カ翁  づまつてルクリュ翁  ルクリュ翁夫妻  田中正造翁  田中翁  翌朝翁  へん翁  田中翁自身  正造翁  馬場孤蝶翁  孤蝶翁  大町桂月翁  服部耕石翁  左衛門翁  翁経営  竹中翁  翁姑  馬翁  一人馬翁  翁詩話  翁六十九歳  翁四十二歳  翁六十三歳  翁六十歳  一禿翁  酔翁語  独語田中翁  時翁  翁さ  はじめ翁  夜半翁  芭蕉翁  松平碩寿翁  碩寿翁  松平碩寿翁様  頃松平碩寿翁  ア碩寿翁様  碩寿翁自身  碩寿翁様  時碩寿翁  碩寿翁一人  碩寿翁達  方義翁  著者鈴木牧之翁  牧之翁自身  牧之翁  ルノアール翁  何翁  鉄斎翁  勝海舟翁  海舟翁  翁さんみたい  翁一人  皺びた翁  翁様  伊作翁  狂歌師千種庵川口霜翁  翁媼  洒落翁  田舎翁  家近松翁  田中智学翁斡旋  名人小野五平翁  内藤鳴雪翁  渋沢栄一翁  近松翁  石川理紀之助翁  大橋為次郎翁  鳴雪翁  昔翁  沙翁  代り沙翁  神代帚葉翁  帚葉翁  一夜翁  五年前帚葉翁  翁さび  翁びた水松  祝鶏翁  名人荒木竹翁  竹翁  文学博士島田篁村翁  青軒翁  先づ青軒翁  隣翁  トルストイ翁  白翁堂勇斎  右詠南洲翁  大久保一翁  三平翁  春水翁  翁謡  鮎川義介翁  鮎川翁  所謂翁  翁猿楽  翁烏帽子狩衣  拿破烈翁  翁さん  楽翁コー  ト翁  芳崖翁  先づ鳴雪翁  翁病  翁曰く天下  露国社会党首領クロポトキン翁  家翁  一翁  学海翁  卜翁  卜翁様  志摩卜翁  卜翁め  飛石づたいに卜翁  テーラー翁  曙覧翁  曙覧翁眼前  一漁翁  仙翁  権藤成卿翁  翁格子  権藤翁  福沢翁  父翁  二宮尊徳翁  日々尊徳翁  紀伊国濱口梧陵翁  奈勃翁  桃青翁松島  桃青翁  ドングリ翁  どんびき翁  子規居士鳴雪翁  幸田露伴翁  敷田年治翁  衣翁  翁鬼  大原孫三郎翁  南方熊楠翁  信夫翁  黒澤翁麿あたり  翁嫗娘里  甲斐虎山翁  室村三次郎翁談  梨本政次郎翁  片山カシンデアシ翁  翁媼二人  白河楽翁侯  石井翁  老人河田翁  河田翁  河田翁持ち前  人々初め翁  福沢諭吉翁  ルノアル翁晩年  荒木竹翁  翁父子  藤野漸翁  藤野翁  頃鳴雪翁  高橋是清翁  高村翁  飛喜百翁  百翁  居翁  つた翁夫婦  岡村翁  江馬天江翁  天江翁  点燈後鳴雪翁  鳴雪翁曰く校正  先月鳴雪翁小家  鳴雪翁一番大得意也  小生鳴雪翁  下度鳴雪翁宛  宝生金五郎翁  申楽翁三番叟  翁云  ソクラテス翁さん  翁格子の  沙翁全集  翁歌  高村光雲翁  真澄翁  翁考  先輩高野斑山翁  小林翁  光雲翁  赤星朝暉翁  喜多村翁  媼翁  長谷川泰翁  長谷川翁  露伴翁  黒川真頼翁  真頼翁  わなさ翁  安田善次郎翁  來看野翁憐子孫  野翁  那破烈翁  依田学海翁  村田水産翁  詩人ウオーキン・ミラー翁  詩人ミラー翁  ミラー翁  詩翁  講師青戸波江翁  大倉喜七郎翁  翁主  ル大久保一翁  府知事大久保一翁  髭翁  刀剣翁  斎藤彦麿翁  彦麿翁  沙翁紀念劇場  師翁其儘  豐折レ臂翁  杉村義衛翁  云つた杜翁  小泉忠寛翁  鈍機翁冒険譚  霜頭翁  森田清翁  八十翁  臣竹田永翁  父眞咲翁  野辺知翁  燕翁  水産翁  浦上水産翁  南方翁  日頃南洲翁  野翁酒樽  泥舟翁  秦源祐翁  光雲翁昔ばなし  芭蕉翁発句集鑑賞  趙貴翁  笠翁  芭蕉翁桃青  翁曰  翁凡兆  翁遷化  翁去来  翁此返辞  清元延寿翁  英翁  翁肖像  つた市島春城翁  後年市島春城翁  雪嶺翁  服部誠一翁  鐵翁  翁ぢ  石黒忠悳翁偶  白河楽翁さん  楽翁公  明治廿四年依田学海翁  造化翁  仮名垣魯文翁  成島柳北翁  魯文翁  柳北翁  魯文柳北二翁  沙翁劇  先覚豊田翁  先覚豊田吉三郎翁  豊田翁  栃木鎮台田中正造翁  石黒忠悳翁  頭山満翁  頭山翁  南洲翁以下  南洲翁  橋本蓉塘翁  田島金次郎翁  中野碩翁  碩翁  碩翁様  碩翁殿  中野碩翁様  桜間左陣翁  一野翁老子  翁賀茂眞淵  翁二十八歳  翁四十七歳  翁同様  屋翁  柏翁ぢ  柏翁  速水翁  桑名楽翁公  楽翁  中島翁  斗丈翁  藤江翁  藤江正明翁  松平楽翁  沙翁以来  ヤレ沙翁  島吏土持政照善遇二南洲翁一  翁感激  翁感二其志一  南洲翁一生人  翁自ら靈前  翁私費  岸浪百艸居翁  タゴール翁  帰つた翁  蓮塘欲レ継梁翁集  翁一流  頭山翁お気に入り  豪傑頭山翁  翁曰く  翁傍  直接翁  杉山茂丸翁  奈良原翁  進藤喜平太翁  旧友頭山満翁  白河楽翁  月下翁  福澤諭吉翁  福澤翁  木村熊二翁  木村翁  婦翁  篁村翁  父滄洲翁  とき滄洲翁  滄洲翁  栗本鋤雲翁  木村芥舟翁  畔田翠山翁  安田宝丹翁  宝丹翁  瓢水翁  姥翁  菅江真澄翁  モールス翁  犬養木堂翁の  下岡蓮杖翁  上野彦馬翁  頃翁  角張つた翁  千葉胤明翁  菅茶山翁  羊軒入道砂翁木口勘兵衛源丁馬  翁まなこ  故人一翁君  杉妻栄翁  栄翁  松平楽翁公  翁町  七十八翁  飯田武郷翁  天野信景翁  道翁  平田翁  平田翁一派  白石翁  八田知紀翁  山中笑翁  阪本天山翁  關寛翁訪問  梅津只圓翁  圓翁  梅津只圓翁翁ハ  一藩人士翁  只圓翁  ため翁  翁生前  すべて翁  翁附  三日共翁附  掲ぐる翁  それ翁  翁五十二歳  矢張り翁独特  翁六十二歳  翁六十四歳  翁六十五歳  翁七十六歳  圓翁一人  友枝三郎翁  圓翁以外  初め翁  河原田平助翁  三年間翁  翁九十四歳  まま翁  翁門下  間翁  翁はやはり立  先代松本健三翁  圓翁門下  キット翁  矢張り只圓翁門下一統  咳入り咳入り翁  ナカナカ翁  モウ一人只圓翁  毎朝翁  内心翁  さま翁  圓翁の  ツクヅク翁  圓翁肉筆  能楽家只圓翁  圓翁崇拝家  翁百世  圓翁歿後  梅津只圓翁墓  席上梅津只圓翁  際翁  国粋芸術家梅津只圓翁  梅津只圓翁銅像除幕式  先覚者梅津只圓翁  福岡市中庄只圓翁旧宅庭前  圓翁銅像工事報告佐藤文次郎  鳴雪翁曰く十句  鳴雪翁曰く  とき前田正名翁筆者  福翁  本木翁  馬琴翁  山中翁  月翁  竹中庄右衛門翁  運八翁  沙翁字彙  翁ぶり  シッソン翁  主翁  翁屋  宣長翁  大倉喜八郎翁  翁倉  山住みの翁  国学者小倉博翁  芭蕉翁画像  白河楽翁公  蒼海翁  今井克復翁  玉翁亭  翁ただ何者  アメリカ沙翁  翁塚  小林清親翁  明治十年頃小林清親翁  翁以来  屋翁画詠  翁宗樹居士  徳翁了寿居士  居宣長翁  居大平翁  大平翁  篤胤翁  居翁あたり  宝生九郎翁  神代種亮翁  瀬戸半眠翁  白河楽翁時代  法諡梅翁日實居士  梅翁  里村昌億翁以本書  従来翁  翁面  坂田翁  知十翁  ビール翁  青山翁  鈍翁  久吉翁  小出翁  佐藤翁  応渠翁  応渠翁中風  福羽美静翁  賀古翁  増田龍雨翁  田村成義翁  バルヂピエロ翁  権藤成卿翁達  煙客翁  昔一たび煙客翁  其時翁  凡そ翁  間何程翁  翁自ら帝王  言つて翁  笑つて翁  芭蕪翁  斎藤美澄翁  斎藤翁  沙翁学  其諺翁  楽翁どの  市川楽翁  楽翁自身  市川楽翁どの  父楽翁  楽翁さま  楽翁様  河竹黙阿弥翁  ちや翁  ミネカニエロ翁雄鶏  ミ翁  翁化  朱氏翁  翁家  翁たち  汝翁  翁夫婦  名人白翁堂勇齋  翁熟視  翁驚歎  一翁これ  二翁何人  橋本雅邦翁  田中翁直訴  外祖父三木正啓翁  酒徳院酔翁樽枕居士  石川鴻斎翁  鴻斎翁  一六翁  穂庵翁  翁双紙  中倉翁  巨頭ゾラ翁  木堂翁  貝原翁  角田竹冷翁  愛スル富家翁  翁舞  翁芸  翁成立  翁祖先考妣  翁・人長  翁松かげ  皆翁  翁一類  はじめ眞境名翁  眞境名翁  家令百名翁  鶯亭金升翁  大谷内越山翁  越山翁  邑井貞吉翁  大谷内越山翁  白翁  小沢蘆庵翁  蘆庵翁  子田中翁  レ識レ翁  有杼翁  岩野平三郎翁  尹翁  紺野小太郎翁  寸栗子翁  一茶翁遺蹟  芭蕉翁ら  塩翁斎柳家井月居士  塩翁院柳家井月居士  西村泊翁  ガンジー翁  渡邊翁  犬養木堂翁  翁町二丁目  沙翁時代  時沙翁劇  幻花翁  幻翁  余野間翁  開山福沢翁  翁東籬  鴎外先生及故人漱石翁  野間五造翁  野間翁  主人関口翁  桂月翁  佐久間長敬翁  呂翁  恩師川柳久良伎翁  長老花柳壽兵衛翁  翁以上  翁問答  大口屋暁翁  白河楽翁事松平越中守  益田翁  翁瓦  主人翁  森寛斎翁  大久保一翁氏  達士桃青翁  牧翁  沙翁近松  福翁百話  銭翁  沙翁舞台  沙翁記念劇場  沙翁劇俳優  つた外祖業隆翁  百姓石川理紀之助翁  澁澤翁  茶翁  前山久吉翁作  久吉翁指図  前山翁  前山久吉翁一人  富岡鉄斎翁  前山久吉翁  翁たる者  翁みずから  前山翁最初  みずから翁ら  がんばり翁  益田鈍翁  当時翁  前山翁一人  栖鳳翁  尾崎咢堂翁  川合玉堂翁  善臣翁  鹿持雅澄翁  鹿持翁  先考如苞翁  後年島田篁村翁  伊藤圭介翁  徳川家ニハ大久保一翁  印藤翁  五月七日龍茶翁先生左右EOS  茶翁先生机下EOS  二宮翁夜話  当主九郎左衛門翁  片平翁  其獣行翁  勝俣翁  賀茂真淵翁  現存六十翁  露伴翁  西村伯翁  翁なほ  フェロオヂイ翁  翁嫗姿  翁若  翁ただ一人  ころ福沢翁  観山翁  貝原益軒翁  益軒翁以下  岩谷松平翁  松平翁  女翁  晩翠翁なぞ新聞紙上  河合寸翁  翁媼図  宣長翁の  旧友エドワアド・カアペンタア翁  源翁禅師  佐吉翁  稀音家浄観翁  天知翁  化翁  累々しき盲翁  盲翁  宮地嚴夫翁  宮地翁門下  宮地翁  白箸翁  鈴木重胤翁  平田翁あたり  釣聖中島伍作翁  翁びたる声  コーナン・ドイル翁  ドイル翁  真珠翁  九十二翁  高島菊次郎翁  翁島  新井洞巌翁  錐翁  篤農家石川理紀之助翁  遠藤利貞翁  岡本則録翁  著者遠藤利貞翁  遠藤翁  遠藤翁病歿  老大家岡本則録翁  咢堂翁  翁ひとり  元田肇翁  



前後の言葉をピックアップ
    追う  オヴ  逐う  翁助  負う  王岳    オウイ


動詞をランダムでピックアップ
生きのびよとりわける抓めおしたおす心付き取りそろえ喩えれ吹っ掛ける蠢い消え入り飛び出し光っ結んゆだん逃げ帰れ死にかける始まりゃ捩る創ら出過ぎ
形容詞をランダムでピックアップ
くわしくっ暑く寂しかれ気軽う忙し薄ぎたなくこから本意無く寒しいとけなく恐ろしけれ喜ばしむつかしけれたくましいみすぼらしく毛頭なししつこかっ果敢なく血腥く醜くっ