「羅」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
羅と幡とを樹てるに  羅を着た  羅をほんとうの子供のようにして  羅は十四になって  羅はそれに惑溺して通っていたが  羅はそっと娼婦について逃げ出し  羅は困って  羅の瘡が臭いので遠くからそれをさけた  羅は山寺へいって  羅はほんとうのことを話した  羅は喜んで  羅にいいつけて  羅に寝よと勧めて  羅が寝ると  羅は寝ながら  羅は渓の水で洗ってから  羅は起きようとしたが  羅は気昧悪く思いながら  羅の痂は皆落ちてしまった  羅はいった  羅の方を見ていった  羅はそこで花城を精しく見た  羅は花城が好きになったので  羅はうっとりなって  羅はびっくりして  羅は二人の女がそれを見ていなかったので  羅は花城と酒のやりとりをする  羅はまた指で花城の掌を掻いた  羅はびくびくして  羅は恥かしくなって  羅は翩翩から責められる  羅は毎日洞穴の中でその子供を弄って  羅はそこで翩翩と一緒に返りたいといいだした  羅はいつも叔父が年を寄って困っているだろうと思って  羅はまた帰りたいといった  羅の叔父の大業はもう官を辞して  羅がきれいな孫夫婦を伴れて帰って来たので  羅は翩翩のことが忘れられないので  羅は涙を流して帰って来た  羅に攀登る  羅の袖へ抱え直して  羅を透くと聞きましただけでも  羅のようでもあるし  羅のショオルを落してやる  羅の海賊船が二艘やって来て  羅を伐つと共に  羅の圧迫より救援される  羅と並んでいた  羅は過ぎた  羅の細まった  羅の顔を見詰めている  羅の肩を叩きながら  羅の方へ差し延べた  羅は一人立ち上って  羅は立ち停って  羅は黙って  羅にいった  羅の腕を握ってひきとめた  羅の胸へ身を投げかけた  羅は突き立った  羅の傍へ近寄って来た  羅は血の滴る  羅は剣をひっ下げた  羅は君長の前を下ると  羅は唇を咬み締めて  羅の前から立ち去った  羅の馬の拡った  羅は彼に従って馬から降りた  羅は馬の手綱を握った  羅の馬の前へ静に置くと  羅は毒壺を足で蹴った  羅は直ちに出兵の準備を兵部の宿禰に促した  羅は沈黙した  羅は再び兵部の宿禰に出兵を迫っていった  羅は鹿の御席の毛皮を宿禰に投げつけて立ち去った  羅は無言のまま宿禰を睥んで突き立った  羅の唇と両手は慄えて来た  羅の剣は宿禰の上で閃いた  羅はひとり転がる  羅に向って投げつけた  羅は剣の尖で  羅に向って  羅の剣が刺さっていた  羅は卑弥呼の肩に手をかけた  羅は卑弥呼を抱き寄せようとした  羅は卑弥呼を床の上から抱き上げた  羅は卑弥呼を抱きかかえた  羅の胸の上に垂れていた  羅の顔から美女の顔へ眼を流した  羅は一人の兵士に命じて言った  羅の顔は刺青を浮かべて  羅を遣った  羅を突いた  羅は剣を抜くと  羅は宿禰を睥んで肉迫した  羅は蒸被の前へ追いつめた  羅のために殺された  羅の剣に殺された  羅の兵士に殺された  羅を殺す  羅の首は落ちるであろう  羅という  羅は童男の運ぶ  羅に飲ませる  羅はそれさえも飲もうとはしなかった  羅に殺された  羅の部屋の杉戸の方へ歩いていった  羅を呼んだ  羅の方へ進めて行った  羅の半身は起き上った  羅は若者の声を聞くと  羅は蹌踉めきながら  羅は激怒に圧伏されたかの  羅に与えると  羅の正しく突がった  羅の馬は耶馬台へ近か寄るに従って  羅の後に続く  羅は一人高く馬上に跨って  羅は彼らの疲労の状態に気がつくと  羅は全軍を森の傍まで退却させた  羅は自国の軍が敵軍に包まれた  羅は自分の後ろに一団を張って  羅の動かぬ  羅の一団は彼を捨てて崩れて来た  羅は一人馬上に踏みとまって  羅は彼の指差す  羅はひらりと馬首を敵軍の方へ振り向けた  羅の剣は馬の上で風車のように廻転した  羅の馬は突き立った  羅は輝いた  羅の腹へ突き刺さった  羅の長躯は反絵の上に躍り上った  羅の方へ肉迫した  羅は腹に反絵の剣を突き通した  羅は再び蹌踉めきながら  羅はなおも起き上ろうとした  羅の蒼ざめた額は地に垂れた  羅を撃った  羅と反絵と卑弥呼を残して  羅の裾ぞ杜鵑まつなる  羅のころもまとひて  羅をつけ瓔珞をかざり  羅の国からはるばる渡って来た  羅の国の阿  羅の青い蓋を張らせ  羅の王が献りし貢の宝を積みのせたる  羅が背後から使嗾する  羅を御征伐なさいます  羅御討伐の壮挙を御決行あそばす  羅御討伐は平和外交の形の変わった  羅に紅の襦袢を透して  羅の袂を煽いだ  羅の天日槍の後裔だと言われている  羅致した実例を見た  羅に似て透いて  羅を捌く  羅織の被風をお羽織りになられた  羅織に巧なる  羅の裾をひきずりながら出たが  羅が過ぎ  羅のようなもので眼隠しされた  羅を洗ふ  羅の坊主がヒダへ流された  羅があった  羅に亡ぼされたが  羅に亡ぼされて  羅の柳条目に見えた  羅両峰の鬼趣図とか云ふ  羅再三取  羅振玉氏が買ひ  羅は繊錦の頌を奏し  羅を着ていたから  羅の袖を開いて見せて  羅の直衣を素肌に着  羅の小帯から佩刀をぬいた  羅の白衣をまとうた  羅の白衣につつまれた  羅致せむとして慫慂頗る勉めたるは  羅するようになった  羅を著流して  羅は虹のようにひるがえりました  羅し去りて  羅がめらめらと動いている  羅を襲ねて  羅という国が滅びて  羅の石見に残居て  羅を京へ召上せて  羅をば娶り  羅も私聘なりしや  羅と同人かと思はれる  羅より出る  羅ともあって  羅の国から仏さまのお姿を刻んだ  羅の使者の中に日羅という貴い坊さんがおりましたが  羅に尚ほ  羅両峯の画がお芳にわかるとも思っていない  羅に支那の小模様のある  羅して余が筆にあり  羅とが転がった  羅の腕に身をまかせた  羅を着て  羅を敷たように仮の寝所を照して  羅を握る  羅の影の身に沁むと  羅致したりしてゐながら  羅の袖うすきはらからにたきものしたる  羅の勾玉に酷似してゐると見るは  羅に彫った  羅の葉で作った  羅に似た  羅や百済の使者が立てつづけに  羅の雪を敷く  羅に包まれた  羅に包んで  羅を織りなす  羅になって  羅の中を窓を開けて覗いた  羅の圓測といふ  羅の暦は甚だ不完全であつたと想像せらるるに  羅の政府は遂に之を採用せなかつた  羅を翼に縫い  羅の牛頭山に在ます素盞嗚尊を勧請して祭ったともいう  羅にもあるべきである  羅の王子天日槍の後だとあります  羅新羅の國新羅人白坂の活目子の郎女白玉白鳥の御陵白日の神白日別虱尻尻久米繩志理都紀斗賣  羅振玉氏がその序文を書いている  羅の妹が衣の裾ひるがへる  

~ 羅[名詞]1
人は羅の  女は羅に  朝になって羅は  四日して羅の  花城は羅の  それから羅は  不意に羅が  後になって羅は  士を羅  我無遮羅に  黄昏の羅は  花で織った羅の  派手な羅の  子の羅の  子供らは羅を  絽の羅に  姫が羅の  人を羅  目には羅に  輕い羅を  助の羅  夫婦は羅の  面を羅が  何か羅の  すべにや羅の  考古学者の羅  子持縞の羅を  泰文は羅の  前途を羅  内閣に羅  市中を巡羅  萌黄の羅を  碩学鴻儒を羅  梢には羅の  紫紺の羅に  無地の羅を  絹縮ふうの羅の  歌をば依羅の  後依羅を  妻が依羅と  お父さんも羅  軸に羅の  紫の羅の  先端と巡羅とが  秋蘭は巡羅の  色の染んだ羅の  蘆のそよぎ羅の  破戒僧を羅  湯の山夕かぜや羅の  柔らかな羅に  気分の羅を  ままの羅の  白銀の羅を  人材を羅  洲国にいる羅  水紅の羅  

~ 羅[名詞]2
その羅  長羅  煩羅  多羅  白い羅  なく羅  床しき羅  紅羅  

複合名詞
羅馬  羅馬市中百五つ  羅典民族  羅馬字  羅衣  羅と金  羅府  烏羅  洲人羅氏  羅摩  羅王  一帳羅  是亜羅比亜州  亜羅比亜  羅巾  香羅巾下玉  羅生  羅明神  羅曼派  欧羅巴  羅貫中水滸伝  羅甸並  欧羅巴亜米利加  蔓葛羅  銅羅  羅夫婦  羅針  羅綺叢中  羅甸字  弗羅曼  羅世伊止宇  六波羅  羅王風の  羅馬市民  欧羅巴的  羅馬王  森羅萬象  天婦羅丼  金刀比羅  金刀比羅天王  羅馬書二章十六節  羅馬書一章十八節  欧羅巴戦争後経済界  羅馬字採用  欧羅巴的伝統  羅馬公教會  羅馬法皇  水剪紅羅  東羅馬  紫羅欄花  羅三郎  六波羅密経  金ン比羅さん  金ン比羅  お茶羅化  羅臥雲  羅君  羅氏俳号  人羅庚齢  羅甸  羅甸語  波羅門舶  羅馬教  むかし羅馬教  日本国東夷東条安房国海辺旃陀羅  羅馬統一以前  羅馬帝國  羅馬一統以前  羅馬國教  羅馬統一以後  羅馬加特力教  羅布  羅布湖  西域羅布  羅馬型  羅布人  吾ら羅布人  全部欧羅巴人  欧羅巴人  全欧羅巴  欧羅巳  曼怛羅  陀那波羅柯  優尸羅  羅面琴  波羅葦僧  我武紗羅  羅馬鼻  羅山人筆  羅山人  羅山人画  欧羅巴ホテル  学士羅希  羅希  迦夷波羅夷  青羅  加羅国  羅征伐  六波羅探題  波羅門  羅媛善妙百済媛妙光中臣  羅百済  羅媛  長羅  加羅  王子長羅  お座敷天婦羅  ぶと羅蓋  羅口川  六波羅殿  南六波羅  日羅浮  欧羅巴最初  ホフマン以下獨乙羅曼派  森羅殿  君ハ羅侯子  羅侯子  黄羅  鬼羅錦織  欧羅巴的教養  加冠スル羅馬法王トシテ  諸侯國神聖皇帝羅馬法王ト符節  モ急進的ナル羅馬字採用  羅馬ヲモ亡ボシタル者  シテ終ニ羅馬  トヲ墨守スル者ハ革命論ニ於テ羅馬法皇  希臘文明ニ代リテ羅馬文明アリ  羅馬文明ニ代リテ近世  羅馬法王  天婦羅屋  天婦羅  天婦羅屋イ  一銭天婦羅  羅討伐  駄駄羅振り  日天羅国  時天羅国  羅物  広東人羅森  羅森  包羅  羅馬舊教  角羅馬舊教  金刀比羅街道  羅典語  登つて羅馬  羅馬人  銅羅声  金刀比羅通り  野菜天婦羅  葛羅  旃陀羅  自ら旃陀羅  羅城門  繪比羅  羅星  自ら施陀羅  銅羅等  羅馬市  赤羅鸚鵡我  赤羅裳鸚鵡ひたむき  遂命二工部督工官羅天爵一  紅羅  羅魚  羅典  羅馬風  羅馬時代  羅姫  保羅  保羅自身  波羅葦増  二羅サマ  二羅  二羅教  二羅教発祥  加州羅府  欧羅巴方面  葛羅禄部衆叛  恒羅斯城  駄々羅遊び  駄々羅太鼓  其頃欧羅巴  俄羅斯  昔羅馬皇帝  羅綾  出駄羅目  一銭天婦羅屋  劫羅  松羅玉液  胡僧摩羅  加州羅府警察署  羅府警察署  羅府警察  目下御地羅府  羅府ニュウ・ハンプシャア街八二六番地  羅府市内  羅浮  羅馬カトリツク教  羅三平  欧羅巴辺  羅三郎義光  つた羅馬人自身  智羅永壽  羅馬加特力  智羅永寿  羅葉  羅問罪  欧羅巴文学  六波羅滅亡後  當時羅馬  羅越  仏国羅曼的文学  波羅的艦隊  作つて銅羅声  欧羅巴虎列拉  羅馬綴り  羅馬綴  当時欧羅巴  欧羅巴くん  羅曼底  羅楽  羅滅亡後朝鮮  羅人  羅津あたり  羅僧三十二人  羅郡  羅語  兜羅綿  羅葉樹  比羅  玄宗召術士羅公  羅時時  羅曰借尊師如意  時方士羅思遠者  羅船  羅風  六波羅密  乘理趣六波羅密  羅馬軍  羅馬兵  古代羅馬  羅時代  保羅さん  欧羅巴ふう  羅本  東欧羅巴  東欧羅巴文化  京六波羅  沈婆羅  茶羅  金麩羅  羅面絃弾者  銅羅声擾  羅蓋蓮華  茶々苦茶羅  羅曼主義  隻手羅曼主義  自身欧羅巴  羅網  金麩羅屋  呉羅  羅馬末代  摩訶般若波羅密  波夷羅神将  僧鉢羅竜王  自ら風羅坊  六波羅探題以下  六波羅松  六波羅評定衆  六波羅勤め  六波羅泊り  六波羅衆  いちど六波羅の  六波羅並木  羅浮仙  先ごろ六波羅解番  六波羅飛脚  六波羅所属  羅甸派  六波羅武士  六波羅者  六波羅勤番  六波羅倉奉行  六波羅総門  六波羅大番  ここ六波羅  六波羅広場  六波羅当局  六波羅兵  六波羅検挙  六波羅相手  羅張り  六波羅根性  六波羅筋  六波羅蠅  六波羅放免  摩醯首羅  羅卒  羅袖  現代欧羅巴  六波羅検断所  六波羅的  六波羅風  先ごろ六波羅兵  六波羅番屋  六波羅武士ども  六波羅屯所  六波羅舟  六波羅舟数隻  六波羅役人  六波羅配下  府六波羅  六波羅牢  六波羅牢広場  六波羅常備  六波羅捕吏  六波羅部内  羅甸區  紫縮緬呉羅  耨多羅三藐三菩提  六波羅勢  六波羅がた  叡山六波羅相互  六波羅武者  六波羅方  たくさん六波羅  六波羅別院  六波羅松原  六波羅寄合  六波羅集会  倶奈羅太子  六波羅殿舎  六波羅中  六波羅発門  六波羅送り  六波羅向き  六波羅密偵  六波羅軍  はじめ六波羅  六波羅直属  六波羅評定  いつか六波羅近く  羅和尚  六波羅飛報  六波羅早馬  六波羅状  六波羅監視  六波羅全軍  ッきり六波羅  六波羅割符  六波羅放免組  羅裙都  欧羅巴種  欧羅巴夫人  自ら俄羅斯国  鎌倉六波羅共  ため六波羅  すべて六波羅  六波羅兵たち  みな六波羅  六波羅の  茶羅鉾  羅陵王  旃陀羅ガ子ナリ  者ト生レ旃陀羅ガ家ヨリ出タリ  通り旃陀羅  羅樹  哀歌羅綾  我無者羅  六波羅側  六波羅固め  六波羅攻め  自分たち六波羅  六波羅北殿  六波羅突入  六波羅入り  はじめ六波羅方  六波羅数万  六波羅北御所  六波羅北苑  六波羅一つ  ゆうべ限り六波羅方  六波羅陥落  六波羅落人  六波羅武士四百余名  花園六波羅  六波羅内  六波羅奉行所  六波羅政庁  六波羅落ち  六波羅監禁  六波羅滅亡  六波羅失陥  六波羅奉行  コレヲ以テ欧羅巴  六波羅攻略  六波羅一掃  おのれ六波羅奉行  六波羅一劃  六波羅一帯  六波羅密牒  六波羅飛牒  翌年羅馬  欧羅巴かぶれ  暫らく欧羅巴  波羅僧羯諦  緊那羅  欧羅巴文明  欧羅巴各国  欧羅巴事情  羅馬人処置  羅馬最高位  胴羅魔声  六波羅じゅう  六波羅探題攻め  羅女  羅馬法  羅馬政府  羅馬公庁ピラト  最近欧羅巴  バッテン天婦羅  羅典語学者  修羅苦羅  東羅馬皇帝  金刀比羅様  羅陵  羅燒  伊羅保  欧羅巴在来  欧羅巴辺の  大波羅  加藤判官六波羅  來掛つた羅  般若波羅蜜多  羅什三蔵  波羅掲諦  波羅僧掲諦  波羅  羅曼底時代  羅馬古城趾真景  森羅  欧羅巴式  羅もの  文羅  羅王書  緊那羅王  羅馬の  ぢめ羅馬  欧羅巴中  師僧般陀羅  おい事務長銅羅  インド迦毘羅国  迦毘羅城  六波羅時代  東南欧羅巴  数年間欧羅巴  銅羅聲  倶利加羅紋  羅馬字体  羅馬滯在中  欧羅巴ナイズ  希羅人傳神誌名彙卷一  西暦紀元前一一四年羅馬  羅娘子  羅娘子人麿  羅氏  羅宿禰  羅連  羅娘子観  羅娘子同人説  羅娘子者已為二後家一  羅娘子歟  羅娘子とい  羅蓮  羅石見国高角辺  羅娘子作歌二首  羅高麗  漫畫派的羅曼的  日羅  羅馬加特力教会  羅貫中  羅曼的  羅金鶏ら  志羅川夜船  欧羅巴風  京子目羅冥  羅馬字会  仮名羅馬字共  羅馬以来現在使  欧羅巴演劇  羅綺  紫羅傘  迦樓羅王  巡羅兵  羅官  緊那羅神  羅藍  精進波羅密  欧羅巴行き  欧羅巴全体  羅馬死  羅馬字綴り  羅針台  欧羅巴人同士  欧羅巴文明観  毘呵羅寺  羅国  波羅奈国  羅将軍吉備尾代  羅軍  却つて鶯帶蝉羅  婆羅気  天馬婆羅訶海  摩頭羅  羅摩兄弟  羅摩王物語  奇羅  六波羅一  羅斧  過去世婆羅尼斯国  婆羅尼斯  舳羅島等  舳羅島  彼舳羅島  鳩摩羅迦葉尊者  伽和羅  摩訶迦羅天  毘羯羅  羅半兵衛  血竭二羅度  欧羅巴スタイル  俳優羅馬皇帝  旋陀羅  羅馬史  羅字  英国ナドハ埃及ヤ羅馬  紅羅坊名丸  聖保羅  波羅葦僧垤利  陀婆羅  国家的羅曼主義者  羅馬数字  羅馬書六章二十三節  羅馬書  秋羅  女難陀婆羅  畢波羅樹下  末羅  矜羯羅  戦後欧羅巴  欧羅巴流  羅馬字訳  ツイ先頃欧羅巴  耆多翅舎欽婆羅  倶利加羅流  羅ひとつ  羅馬字綴  羅針船橋  羅任那伽羅秦韓慕韓六國  羅津  全体羅  羅尊  志多羅神  銅羅湾  欧羅巴あたり  希臘及羅馬時代  所謂羅馬  希臘人羅馬人  羅馬寺院  畢鉢羅樹  紫羅襴  羅馬風十字架  碧羅  其繩羅  羅世伊止宇ルイ・ベルトラン  北欧羅巴  羅典区  ところ羅馬  羅典的場面  羅馬皮  世紀来欧羅巴じゅう  羅馬私法  羅馬ボルゲエス家  欧羅巴最前線  羅馬行き急行  羅馬ゆき急行  目下欧羅巴じゅう  南欧羅巴  羅典系文明  羅馬入り  羅馬名所  羅馬停車場  昔羅馬武士  羅馬挨拶  羅馬進軍当時  ヴァンテミイユ羅馬間  馥柯羅摩訶秩多  唯物欧羅巴  三木羅風君  羅風君  羅風さん  品川伊佐羅子  羅拝  一年あまり欧羅巴地図  欧羅巴区域  崔羅什  鍛錬羅  博羅  羅馬字運動  矜羯羅童子  羅漫的  羅切  羅馬等  緊那羅面  胴羅聲  羅府行  羅府新報  羅府動物園  羅馬附近  つて羅馬以來繁昌  羅馬以前  羅馬征服後  羅馬皇帝  欧羅巴刊行  羅岐  波羅伊曾  羅馬加特里克  羅王中  羅岐焼酎  羅迦槃陀  羅災  天女羅綾  濃紫羅綺  優鉢羅  羅甸民族  羅馬帝国  本国羅馬  その後羅馬人  羅統一以前  吐火羅  以前欧羅巴  梅紅羅  天麸羅  摩期羅  皆一同羅拝  五王子羅拝  尼波羅国  羅馬治下  自ら旃多羅  欧羅巴人種  久羅下那州  日繼天津麻羅天  訶夫羅  臣輕箭かわら訶和羅  羅人白坂  縣主建豐波豆羅和氣  羅斯帶中津日子  羅木  玉手待酒貧鉤末羅縣政伏  幣羅坂山代  近代欧羅巴  西欧羅巴  羅陵王入陣楽  吐火羅男二人  波羅門教  それっきり欧羅巴  羅苦叉鬼  比羅三井天  羅馬人占住  羅馬街道  東羅馬帝国  金刀比羅社  羅馬金貨  羅馬帝アウレリウス  羅三郎義光以来連綿  羅殿以来楯無し  密羅繁網  菴摩羅菓  六波羅過去帳  六波羅平氏  ひとり六波羅平家一色  六波羅聚落  六波羅行幸  興亡欧羅巴  六波羅畑  箱登羅  伊太利羅馬  羅香  



前後の言葉をピックアップ
ヨーモ  ヨーヨー  ヨーロッパ  ヨーロッパ・ロシヤ    ラアゲヰッツ  ラアゲウィッツ  ラアトルカスト  ラアネフスカヤ  ラアブ


動詞をランダムでピックアップ
逸れれ捕らえんおぼれ取り締る賀する賄え諌めもりつぶしあからみぶっつかる曇らかたげさり叫ぼぬがさくわえしばたたく評すちらかれいいわたし
形容詞をランダムでピックアップ
勿体な悪う恐ろしかっ歯痒かっ弱々しきそこはかとなき勿体らしいかぐわしい極まりなしわりない青黒う黄いろかっ手酷口汚く古き空し広く女らしき