「縫」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
縫込んでくれ  縫ひ歩き  縫ふこゑがします  縫ひ紋のある  縫をした  縫ふて進んで居たが  縫つてくれる  縫ひ上げたりしながら  縫ひ方のつつましさなどを凝然と見つめた  縫ひ合せて  縫ひかけの  縫ひ合はせし  縫ひ目の如き凹みの  縫ひ合はする  縫ひ合はせ  縫ひ付けられし  縫ふやうにして  縫を置いて  縫ひ合はせてある  縫留められた  縫ひ込みの稽古着に黒袴を着けて  縫ふ螺旋状の径道にさしか  縫ひ上つてない場合は千登世に代つて巧く執成してくれ  縫の薄紅梅に白く映る  縫はせないでは置かない  縫ふ傍に立つてゐる  縫ひ乍らフラついて  縫の感情生活が脈々として流れてゐる  縫ひあげた  縫ひてあれば  縫には自分がまた出かけてきて  縫ひかけた  縫にも知れたり  縫ひながらだんだん雨が強くなるので播いた  縫入墨絵で河原撫子を描いた  縫といって  縫をして  縫付けて人に知れぬ  縫付けて金を持ってる  縫になっても  縫とが居ない振でかつぐ  縫は縞物の不断着に帯をお太鼓にちゃんと結んで  縫は出窓の処に立っている  縫は莞爾して  縫は上框の敷居の処でちょっと屈み  縫は少しも怪しむ  縫は箪笥に凭懸った  縫は大事を取る  縫は自らおのが身を待たして  縫は裾を打って  縫は額さきに洋燈を捧げ  縫は屋根裏を仰ぐと  縫は胸のあたりへ颯と月を浴びて  縫が許の上框の内に脱いだ  縫は葛籠の中を探して驚いた  縫の手で焚いてもらい  縫が尋ねると  縫は死骸の身に絡った  縫は見た  縫が謂えば  縫はさすがに心着いて  縫が附添い  縫ひ直しの  縫ひ入れのある  縫ひ物をしたり  縫ひ直せる  縫ひ直したい  縫ひ直さうと  縫を配した  縫ふてゐる  縫ひ物をしつづけてゐた  縫ふときいつも出てくる  縫ひこんで女房よ笑顔で送れなどと  縫のところから斜向いの畳の上につくばっている  縫にいつも気の毒さと同時に若い娘らしい軽い皮肉を感じさせた  縫が伯母の手伝いに来ていて貰う  縫に向っても  縫にわたした  縫が思わず注意をひかれたほど  縫の耳をひく  縫は胸苦しいような気がした  縫はトウトトとよびながら  縫は胸のなかをしぼられる  縫も育って来た  縫の耳に入った  縫の頬を涙がころがり落ちた  縫にゆすがせる  縫はおかしくなって  縫の目にとまった  縫は潤いのかけた  縫はゆっくりと丁寧に重い黒い洗濯ものを竿にひろげて行った  縫に声をかけた  縫が店先へ見に出た  縫に湯に入れという  縫が後片づけに  縫の洗いものをしている  縫から見ると  縫には分らない  縫はいい心持がした  縫のまだ知らない  縫は東京暮しをする  縫にとってただ心持よいだけのものとして感じられる  縫はひそかに正一にすまない  縫はずっと只頑固なのかと思ってもいたし  縫の耳にきき  縫が中の間に来た  縫は現在目の前のボール箱の中に入れられている  縫あがった毛布にホックや釦をつけたり  縫ふてゆく  縫ひ流した  縫ひゐたる  縫込んだのを出してきて  縫はれて五年になん  縫ひ直してくれたりした  縫ひ畳んだ  縫つたりした  縫もとうとう亡くなってね  縫が死んだんで  縫ひ目もところどころ綻びそめ  縫という嬢様を生んだが  縫がいつもの通りに愛想よくもてなしてはくれたが  縫も初めはなんにも言わなかったが  縫の声は陰って来た  縫の話によると  縫も意見した  縫は涙がさきに立った  縫に泣いて別れた  縫と三左衛門との口上を一緒に列べ立てた  縫や三左衛門の胸を冷やした  縫がはいって来て  縫が運んで来た  縫に相当の婿を取れば  縫や三左衛門を追い払ってしまった  縫を呼んで  縫は驚いて  縫や三左衛門にも外記の料簡は理解し得られなかった  縫と三左衛門とに送られて出た  縫も三左衛門も陰った  縫はうなづきて  縫はあたりを眺めてゐる  縫と顏を見あはせる  縫に會釋して  縫の顏を見て  縫ふやうな間に合せな稚拙なカリヌヒであるにしても  縫取のある  縫ふことは出来  縫にした  縫ひつけてゐた  縫ふほどにしぐれる  縫ふ糸がなかなか針の穴に通らない  縫の帯を投げかけて  縫ふことにした  縫ふやうに進んで  縫とを勉めて  縫之助秀正がいま見た  縫之助は振りむいたが  縫ひける衣を纏ひたり  縫ふやうに縁に並んで生えてゐる  縫取物をとりに行った  縫の形を成した  縫をするから  縫ならば汚くて見られぬ  縫ひとらせて  縫の入ッた水浅黄縮緬の半襟をかけた  縫てやるから  縫合わせていた  縫ひつけて居りまして  縫はれてしまふ  縫はせ  縫のその袖を返して頂きたいと存じ  縫もよくこの意を体して  縫がものさしを取って  縫ふて上げまする  縫がしてある  縫ふて忙しく明滅し  縫ひぐるみを冠つて居るので分らない  縫はこの年生れたばかりで  縫は昌太郎の次に安政四年小太郎を産んで  縫に先だつてゐるが  縫が長男昌太郎を産んで  縫ひ転がりながら  縫つけてあった  縫取をして  縫とてもまだ年わかなる  縫はうつくしい眉に皺を寄せて  縫が袂をひかえ  縫なれば何と思ひしかは知らねども  縫へ向けて  縫も笑くぼを  縫あげするさ  縫取つてゐる  縫ひ附けて  縫ひ附けた  縫ふにふさはしい  縫開けから手で外へかき出した  縫ふやうに通じて居る  縫をすると  縫のある  縫ふことと太白の糸で口をく  縫ひ置くので  縫ひ方を教へられた  縫取を着た  縫はひとりで話しかけていた  縫にめあわせて  縫との婚礼をはやく実現したいなら  縫も来て  縫はあまり物事にくよくよしない  縫は泣く泣く嘉平に伴われ  縫の心根を察してみたり  縫とつれ添う  縫もおいて  縫にもすまないと思い  縫が乗っていた  縫のすがたを見ると  縫との結婚の届けを幕府へ出した  縫の給仕で夜食の膳につきながら  縫つてくれるの  縫はれぬ牡丹しら菊女さそひし  縫へなにくき人に柑子まゐりてぬり  縫ひながら私の岸に辿りつくよ  縫ふて悲しく打ち  縫はうと思ふの  縫じ合わされたり熨されたりして行くとしか思えなかった  縫ひこめられた  縫ひぐるみの綿のなかから主張する  縫ひ取りされた  縫ふなり色赤くあらはれやがて浪に消ゆる  縫ひ合せた  縫取の施してある  縫ふとは切れ  縫はせ玉ひぬ  縫ひあげをしてもらつて  縫ひつけた  縫ひのちりめんに下着を赤のゑぼしちりめんといふので重ねてありました  縫ひ直しではあらうけれど  縫ひ直して仕立てた  縫ひめ縫ひめを  縫ひかけてから  縫つけてある  縫ひ通し  縫ひつけて  縫ふて刻む  縫ひたるもあり  縫ふこと恰もしづかならざる  縫はれて岩石の邊に坐せる  縫ひふさぎて  縫ひ合はす習ひありきといふ  縫ひしたものか知らないが  縫ひ綴くつた草庵のなかに隠  縫ふて現実よりも真実に踊りだす  縫込んだ揚がある  縫はねばならぬほどの  縫ひて垂れけむ桃のとばりか  縫つたりして  縫ひ物をする  

~ 縫[名詞]1
雨を縫  ほころびを縫  襦袢へ縫  人込を縫  お召と縫  銀糸の縫を  間を縫  下宿に縫  つてゐたつて縫  裏から縫へ  皮を縫  着物を縫  下に縫  之を縫  紐を縫  糸にて縫  周縁に縫  物を縫  粗布を縫  如くにして縫  リユツクサツクを縫  その間を縫  三葉形の縫を  釘でしつかりと縫  襟裏へ縫  着物を脱いで縫  中腹を縫  谷を縫  半襟の縫の  兄に縫は  兄の縫  暗闇ばかり縫  闇を縫  謹慎をして縫  口は縫  細君の縫  得も縫  被布の縫にも  きものを縫  細模様の縫  衣を縫  木立を縫  沢山の縫を  腹帯肌襦袢に縫  肌襦袢に縫  それも縫  補布で縫  巾に縫  葛袴我こそは縫  やうに縫  ものに縫  孔雀の縫を  中を縫  ことがほころび縫  腹巻に縫  寄せ集めて縫  着もの縫  妹は縫と  守札の縫  陰間を縫  靜かに縫  洗つたり縫  雲の縫  嚢を縫  きれいな縫  物に縫  みんな竪に縫  みんな堅に縫  菊に縫  マークを縫  祖母の縫  これは綻びを縫  手で縫  立派に縫  賃仕事の縫  草山を縫  憂人の縫  柱を縫  何か縫  バックに縫を  縦横に縫  椅子を縫  間あたりを縫  もち物に縫  パラリと縫の  金糸で縫の  綻を縫て  綻を縫  切れを縫  口を縫  金紗で縫は  袖に縫  お召も縫  吾妻屋の縫が  其間を縫  軌道を縫  馬は縫  ことは縫が  漢字が縫  わたしが縫  袋を縫  張つたり縫  顔を縫  切を縫  袱紗を縫  垂帛の縫  間へと縫  二針三針返し縫を  定紋の縫の  十字形に縫  亀甲形のなどの縫  金糸銀糸の縫  松竹梅の縫の  花衣に縫  袋に縫へな  なかを縫  決心で縫は  綺麗に縫  ころも縫  づして袋を縫  頂点を縫  お節は縫  皮に縫  なつて縫  金絲銀絲で縫  浪を縫  千鳥に縫  ぎれを縫  東洋風に縫  歌舞伎の縫  人間が縫  玉にて縫  軒下を縫  医師して縫  着物に縫  木の葉を縫  布を拾って来て縫  形見を縫  通りに縫  處を縫  縫ひめ縫  番号札を縫  方に縫  霞たちきりて縫  目じるしを縫  生絹を縫  間一杯に縫  金糸にて縫  これを縫  瞼を縫  目を縫  絶間を縫  形に裁ち縫  葉を縫  葉で縫  錦を縫  翁媼図の縫  衣服を縫  其處に縫  其処に縫  五針も縫は  針に貫き縫  細工ものに縫  盗品をほどいたり縫  

~ 縫[名詞]2
その縫  まだ縫  うまく縫  とお縫  もし縫  低く縫  辛うじて縫  何一つ縫  細かく縫  この縫  丸く縫  

複合名詞
弥縫  縫ひつ  縫ふた  雑巾縫はず  縫つて蒼馬  わたし縫つて  縫つた  縫つて  縫ひもの  縫ぐるみ  縫工場  縫つて星  縫賃  縫ちゃん  縫つた衣物  縫もの  靴下縫つて  使つて縫  ほころび縫  あたし縫つて  兄さん縫つて  縫め  縫つた服  縫女  縫とり  縫つて栗山  襁褓縫  縫つて蜩  縫かけ  縫ひも  總縫  縫模樣  縫立て  縫つぶし  縫つたチヤンチヤンコ  縫付け  縫張り  弥縫暗躍  松野縫殿助  縫つて廻り灯籠  縫ひとり  縫つて稲妻型  縫さ  縫様  縫様憂鬱  縫様屋敷  縫つて砂利道  縫掛け  手縫  縫つて來  何縫つて  お爺さん僕縫つて  縫さん  縫つた時  縫つた着物  縫吉田五郎三郎用人堀部三左衞門中間角  縫つて抗弁  縫つて袋  胸縫  縫方  縫殿介  縫殿介ひとり召  白縫姫  裾縫  縫ふたり  ほころび縫つて  縫はり仕事よみ書  縫着紋  縫わし  縫塔  皮縫工  縫紐  長井縫  縫殿  使長井縫  上使長井縫  着物縫  ホコロビ縫  鴛鴦縫  縫つて無限  物縫  背三縫  縫工  つて縫つて  群うち縫  縫工員  姑息弥縫  女の童物縫ふけ  癒つて縫  手縫足袋  俗称白縫  心縫ひと  小河縫殿助  後藤縫  妻縫  妻女縫  縫十三四歳  縫ひとつ  縫打  繍帳縫著亀背上  縫裁  縫刺し  縫付袋  刺縫  弥縫策  縫ッタガ  縫ッテ仕舞ウタカラ  縫台  縫仕事  ら縫つた袱紗  縫つて島  縫つた更紗縮緬  縫薄  脇縫  端縫  着物位縫  縫ちゃん下  芯縫  縫工臆  縫工すべて木の本  縫工夜間寝床  縫工恙  縫工恐々往  縫工幸い  縫どの  縫以上  松高縫蔵  小野木縫殿助  縫つたもの  縫つたの  小野木縫殿介  縫つた式  縫つて身  背縫  縫はる  弥縫せん  洗つて張つて縫  やつぱり弥縫  縫線  默つて縫  縫ふん  縫績緝  飾り縫  明日縫  弥縫以  番号札縫ひつ  縫ひと  縫つてやつ  縫つて貰つて  等一時弥縫  



前後の言葉をピックアップ
ニーロ  ニーン      脱い  ぬい  縫い  縫いぐるみ  抜い  縫い


動詞をランダムでピックアップ
見ほれる引裂か捨て置けはねろ有ら掻い込み存ずれくだせ脱せる立こもっ持てれ織込まつまされるもくし突き止めるすべる入り込めようろつき押し切り睡っ
形容詞をランダムでピックアップ
恐ろしい自慢たらしいさうなうすけれ暑苦しくだだっ広くっ乏しきうう義理堅く図太き淡いふてぶてしいちいさすばらしい弱々しく待ち遠しかっわかり易かっ淡し間近しいわけなけれ