「緋」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
緋の袴を長くひきつつ  緋のきれの  緋の抹額を締めていたが  緋のビロードの帽子をかぶり  緋の衣の裏を半ば返して  緋のけだしやら  緋のはだかり  緋の紋羽二重の綿入の下着を着て  緋の袖で包みもせずに  緋の毛布を敷いてある  緋の袴をお穿きだよ  緋の袴でなぶられる  緋の友禅に寝顔をつけて  緋の蹴出しあらはにして頻に  緋の襦袢がチラとのぞいている  緋の袴と擦れ擦れに丈に余るって  緋よりも冴えた  緋の毛氈は似たりしが  緋の炎と見えた  緋の襠かけを纒うた尼さんの衣を滴る  緋の平ぐけが背の處に見えて  緋の天鵞絨に金糸の繍ある  緋の袴を穿いても居な  緋の裾を絹足袋のつま先にさばいて  緋の袴をはいて  緋の袴に白い衣をきて  緋のころも袖うち振て  緋の物とこもごも見えつ  緋の袖とやがて消し時残りし  緋の房長き燈籠も今かほのかに灯しする  緋の房の長き団扇にかくれ  緋の毛氈を敷いて  緋もうせんが敷いてあって  緋を欺く  緋になびき  緋となり  緋の菱田鹿の子の帯揚をし  緋の袴の連中が火の中から化けて来た  緋の袴を穿いた  緋に燃ゆる  緋の扱帯に挟んでいました  緋の扱帯を空に掴んで  緋の平ぐけが背の処に見えて  緋の絨緞が敷かれてある  緋のうす色が射しはじめる  緋のばれんをつけた  緋の鷄のとさかに似たので  緋の毛氈を敷いた  緋の長襦袢を着た  緋を流る  緋や赤を好む  緋の房の付いた  緋の絹縮みの  緋の毛氈を掛けた  緋の長襦袢のこぼるる  緋の衣のように広げかけていた  緋絞りのてがらの切れが幾つも溜つてゐた  緋を打ちまぜて縅した  緋の法衣をはおり  緋の袴でも穿いた  緋の僧衣を着た  緋の衣の坊さんを大喝して  緋の毛氈を敷いてあった  緋の長襦袢の上に黒ずんだ  緋の袴を召されて  緋の羽二重に花菱の定紋を抜いた  緋が散った  緋の外套に宝石の沢山ついた  緋が流れる  緋の毛氈の座を圧して  緋らしゃの胴羽織を纒っているので  緋の蒲団をかけた  緋の炬燵ぶとんが  緋の袴で踊る  緋の絨毯を敷き詰めた  緋の毛せんを敷いて  緋の毛氈がかかっていた  緋のもうせ  緋と限りもしないわね  緋の袴の紐を引解いた  緋の袴がかかった  緋に咲いて  緋い木の葉も動かない  緋総かざりの黒鹿毛に乗り  緋のマントをメロスに捧げた  緋の袍をまとうた  緋の袍の袖をひらいて  緋の袴をした  緋や紫がまた妖しい炎みたいに濡れ縁をあちこちしていた  緋の袴をはいた  緋の紋ちりめんの大きな帯上げだけをしょっている  緋の衣の色に似たり  緋の天鵝絨が張ってある  緋に咲きて  緋いろがもう黒ずんでしまつてゐるが  緋おどしのよろいを着  緋ぶさ飾りの月毛に乗って  緋の毛氈を敷き詰め  緋の大きな花の一輪附いた  緋のフランスチリメンで早速花のようなものを造って呉れた  緋の唐縮緬の新らしからぬ  緋の蹴出しに裾端折って  緋の長襦袢を着て  緋の袴を召させられた  緋の袴が目に見えたのでこさります  緋の色した  緋の二本しないの  緋の長襦袢に危く触ろうとするから  緋が乱れて  緋の紋縮緬の長襦袢が半身に流れました  緋の紐のように絡みついている  緋の房飾り  緋の袴を穿いていた  緋おどしの鎧に身を固めた  緋おどしの具足が再び返  緋の袴を穿いて  緋の扱帯した  緋の房の襖はかたく閉ざされて  緋の糸が下っていて  緋の布団のかかった  緋の腰布を捲いた  緋の衣に羽団扇などを持った  緋の絞り  緋の色の布がまとわれてありました  緋のはかまうちはきながら  緋のはかまをはいて  緋のはかまがふり向きながら  緋のもみじを一葉挿して  緋の襷して  緋に染めた  緋の帳深くたれこめて  緋の毛氈に肖つかわしい  緋の衣みたいな顔色をした  緋の魚を放とうという  緋縁どりが施してあった  緋の胸衣が同じく緋の長袖とともにむき出しに現われた  緋の帯のいくたりの  緋の袴の狂いが火焔のように飜った  緋の裳を映した  緋の旗を翻した  緋の裳に揺いだが  緋の映る  緋の毛氈が木の間にちらつきます  緋に染めさせて  緋の角絞りで  緋の袴まじりに  緋の紋縮緬の絎帯を吉弥に結んだ  緋の源氏車をあしらつたあれらのそろひの  緋の前垂を掛けて居たり  緋の袴の鈴ふり女もいるが  緋の袴着けたる  緋の絨氈の上でお化粧を始めていた  緋の長襦袢が雪のような脛にからみ付く  緋むくなでしこ底くれなゐ  緋の袴とを見せて  緋の真綿に包んだ  緋のじゅうたんの中央に座ぶとんを一枚置き  緋の衣を着て  緋もうせんと  緋の衣装をきた  緋を軽くなびかせて  緋の裏をつけた  緋の衣で埋まつた  緋の袴で燈台の下に何やら書を繙く  緋の長襦袢ばかりのもある  緋というよりも  緋を重ねた  緋の衣に包まれると  緋いろの袖裏がチラチラ袖口からは見える  緋の淡き地におなじいろの  緋のある  緋の紋羽二重に紅絹裏のついた  緋の長襦袢を産み落とした  緋の襲着がこぼれ  緋や黄の綾絹をもって  緋の着物の人が几に倚りかかって  緋の着物をきた  緋の着物に紅繻子の帯を締めた  緋の棧敷に白い顔のお酌も見られますよ  緋の紋縮緬の崩れた  緋の一輪椿の櫛をさした  緋の法衣を召そうと思えば  緋の毛氈の色も黒ずみて  緋の衣を見たという  緋の衣をつけ  緋の衣の裾をからげ  緋のきつけ  緋の僧衣を許されん  緋の衣をサツと蹴つたかと見ると  緋も紅も似合う  緋の袴がそのまま赤い衣となって  緋の色で稼げる  緋のチョッキを着  緋ともいうが  緋の鳥が一羽ずつ来る  緋であり  緋の袴の黒髪などが眼に見えてくる  緋の袴に白袖の神の仕え  緋に染色の大鯛小鯛を結付くるによ  

~ 緋[名詞]1
縹と緋とが  日光は緋の  肩に括る緋の  肩に纏わる緋の  裾を踏まれた緋の  下に緋の  申訳だけの緋の  いまに緋の  火消目付の緋  横町に集りて緋の  艶かしい緋の  隣桟敷の緋の  色の緋よりも  欄干の緋の  二階一面軒ごとの緋の  十一の緋の  支那ドンスの緋や  裾を引きずる緋の  上には緋の  やうな緋の  衣に緋の  度は緋の  物と緋の  袖と緋の  家の緋の  店には緋の  凌霄花の緋を  土間を透すと緋の  萌黄繻子と緋の  萌黄と緋の  まなこで緋の  十二一重を着て緋の  しげなり緋に  袖を緋の  扱帯の緋の  血だらけな緋の  紫に緋を  正面玄関の緋の  斑點のある緋の  夫人が緋の  高蒔絵の緋の  千鳥を飛ばした緋の  うえに緋の  油に染んだ緋  袴の緋の  黒糸に緋を  上に緋の  ような緋の  想像では緋の  向うから緋の  方に緋の  女は緋の  白脛に緋が  毛氈の緋が  十四になる緋の  小袖に緋の  一段ごとに緋の  そこにも緋の  大松蕈を抱いた緋の  給へる緋の  手まさぐりたまえる緋の  牡丹の緋に  路に落ちた緋  身にまとうた緋の  金糸に縫いたる緋の  奥からは緋の  腰の緋  長椅子には緋の  花の緋に  店のあきないを仕舞って緋の  片手で緋の  振袖に緋の  十二一重に緋の  鸚鵡の緋の  襟が開け緋が  博多に緋の  蔦が緋の  夜目にも燃え立つ緋の  蔭から緋  僕は緋の  坊様が緋の  一人は緋の  ほかりし緋の  垂れ下った緋の  三寸ばかりの緋の  中古には緋の  掛け布の緋の  さを増す緋の  行服に緋の  ように緋の  雲を緋に  二人して緋の  女肌には緋の  温気でうだって緋の  はげちょろけの緋の  赤や緋の  下に着た緋の  ともみぢの緋の  腰掛茶屋の緋の  おすべらかしに緋の  心祝いを兼ねて緋に  結綿に緋の  納戸地に緋の  お納戸色に緋の  仲居が緋の  白衣に緋の  水干に緋の  鄙には見なれぬ緋の  紅しぼり緋  なつた緋の  袴の緋を  空は緋の  天守に緋の  帯に緋の  獅子頭の緋の  ただの緋と  上に据えた緋の  白衣に緋を  谷が緋の  燃ゆる緋  燃ゆる緋の  胴抜きの緋の  紫や緋や  十二単衣に緋の  者どもが緋の  甃石と緋の  提灯のならんだ緋の  髪に緋の  裾を緋の  褄の緋の  手絡の緋  長襦袢は緋に  これよりも緋が  許にいたり緋の  脛に纏った緋の  長襦袢の緋の  印度猿が緋の  袴ならば緋で  可憐な緋の  

~ 緋[名詞]2
狭い緋  その緋  やはり緋  同じく緋  やがて緋  まるで緋  濃い緋  其の緋  暗緋  濃き緋  厚ぼったい緋  凄い緋  小さな緋  

複合名詞
緋緞帳  緋鹿の子  緋衣  緋羅紗  緋手絡  緋奈子  緋友禅  緋繻子  緋紅色  緋鶏頭  緋撫子  緋塩瀬  緋総  緋桜  緋桃  緋ぢ  緋無地  緋毛氈  緋袴  緋葉  緋鹿の子帶  緋勝  あれ緋  緋威  緋裏  緋チリメン  緋鸚鵡  鹿の子緋ぢ  緋天鳶絨  緋天絨鴦  緋手柄  緋目高  緋鮒  緋寒桜  緋カンザクラ  賜緋魚袋  緋もみ  緋メダカ  銀兜緋甲  緋い  緋袴白袍  緋羽織  緋文字  緋娑子さん  緋裟子さん  緋裟子  緋綸子  緋金巾  二廻り三廻り緋  緋裳  皆緋  緋天鵞絨  緋緞子揃い  緋ラシャ  緋ごろ  緋絹縮下  緋絹  ょうじょう緋  緋威し  緋メレンス  緋桃白桃  緋羽  緋褌  緋房  緋ざくら  緋錦紗  緋天鵞絨張  緋めだか緋鮒  緋金錦  隠し緋無垢  緋氈  緋布  緋芍藥  花緋木蓮  緋芍藥花  型のある緋  緋母衣  黒緋  緋紅梅  成緋衫色  緋モーセン  金札緋威  ろ緋  緋無垢  緋房ずくめ  緋繻子張り  通り緋  緋毛せん灯かげ  緋桜縮緬  緋の  緋等  中着緋紗綾  



前後の言葉をピックアップ
  非決定      干さ  緋牡丹    飛上り    緋縮緬


動詞をランダムでピックアップ
こわばっさしこむつかまえよつかみあっ待ちあぐみみひらかそえる掻い摘ま請け合っすぎされ作り出そ仰せつけよ歪みひたる主立っふるいつき恋い慕うむつま悖ら
形容詞をランダムでピックアップ
由無しひだるいくちおし重おもしく根づよいかび臭いえらい繁かっかゆくくろっぽいきつい明けれ小やかましくなめしみよせつなく奥深く深かろつまらな