「給え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 給え[動詞]
記録してくれ給え  婦人をひきうけて呉れ給え  から附いて来給え  こっちへ来給え  知ってる話だけでもしてくれ給え  それ見給え  涙にむせび給え  ようにやってみ給え  遊びに来たので、ひいてみ給え  ままになし給え  判然云い給え  から打明け給え  君、こうしてくれ給え  家へやって来てくれ給え  僕などを見給え  尽力してくれ給え  中を見せ給え  から見給え  金に換え給え  グラスを使い給え  女を見給え  僕を追い返してくれ給え  風呂敷を開けてくれ給え  もっと明瞭と言い給え  あちらへ行き給え  自白させてくれ給え  後生を助け給え  照罰あらせ給え  仏たすけ給え  我をたすけ給え  兎に角庁まで来給え  罪をも赦し給え  成就せしめ給え  私をあずからしめ給え  今日も与え給え  ことを知り給え  事でへこたれるな、しっかりし給え  喧嘩は止し給え  用件を早く言ってくれ給え  挨拶して来給え  用心し給え  帳面から引いといてくれ給え  免し給え  足取りを洗って見て呉れ給え  情念を察して呉れ給え  遊びに来給え  練習し給え  了い給え  試合に行き給え  病癒えぬと申し給え  晴し給え  人々を驚かし給え  ここを過ぎるまで守り給え  文を握らせ給え  われを着飾り給え  われを載せ給え  舟に投げ入れ給え  マントルを取ってくれ給え  ちょっと聞き給え  説明書を売ってくれ給え  綱も嫌うだろう、よし給え  二三日待ち給え  山県公にでも知れて見給え  それからまず考えて見給え  勘忍し給え  一つ飲み給え  風呂敷へ包んでくれ給え  肴にして、一杯やり給え  一箸やって見給え  あそこを見給え  願わくば王女を助け給え  ちょっと待って呉れ給え  卒直にぶちまけて見給え  読破して見給え  もっと急ぎ給え  明日邸へ来てくれ給え  気を附けて見給え  大事にし給え  これを見給え  暗室にして呉れ給え  こっちに立っていて呉れ給え  運動場を見せ給え  妾を固く信じ給え  みんな充分やってくれ給え  今少し減じ給え  宿を貸し給え  みんな、はげまし合ってやってくれ給え  開封してくれ給え  ところに訴えに行き給え  憂愁を思い給え  ことをあきらめ給え  遠慮して呉れ給え  静かに動かして呉れ給え  一緒に担いで呉れ給え  指紋を見て呉れ給え  家へかけてくれ給え  停車場へ来ていてくれ給え  鄭君にそう云ってくれ給え  里見君に、よろしく云ってくれ給え  行て見給え  庭を抜けて行き給え  卑劣漢とでもなんとでも呼び給え  増援してくれ給え  ボックスへ入ってくれ給え  成就させ給え  心のままにし給え  加勢してやり給え  無謀はやめて、引っ返し給え  仁慈を垂れ給え  賢慮し給え  ばかをいい給え  なんでも言いつけてくれ給え  加減にし給え  から、待ってくれ給え  ちょっと聴いて見給え  ロマンを信じ給え  先を聞き給え  シッカリし給え  ユックリし給え  これを説き給え  至心に聴き給え  もののみごとにだまされ給え  果実山盛り、だまって受けとり、たのしみ給え  坊さんが来ないか見ていて呉れ給え  ッと云って呉れ給え  事は好し給え  マア聞き給え  花道を行ったとし給え  幕をあけ給え  軍に入れて引具し給え  それがしに命じ給え  席を与え給え  罰をただし給え  軍をすすめ給え  胸をなでてくれ給え  鬱憤をなぐさめてくれ給え  追撃にかかり給え  だって、考えて見給え  のならやって見給え  そこへ突放し給え  忠言を聞かせ給え  父業を継いで起ち給え  力をかしてくれ給え  幕僚に加え給え  君よ、見給え  血けむりを見給え  これへ来給え  命を受け給え  笑いも、止し給え  ように仕給え  魂に与え給え  身になって見給え  質であったと思い給え  価値あらせ給え  日常に悦びあらせ給え  歓喜を恵み給え  壇上にとぼし給え  縄目をゆるめ給え  安心して話し給え  首を打ち給え  いかようともなし給え  問いはもう止め給え  所望させ給え  しずかにし給え  いるか、論じ給え  んじ給え  府に伝え給え  餌となし給え  これに来給え  変化を待ち給え  死罪になし給え  曹操を討ちとり給え  自己嘲笑はよし給え  ウィリイを守り給え  そこへ行ってみ給え  博士に会ってみ給え  歩調を見給え  のだ、見給え  注意し給え  顔を見てみ給え  者、つづけ給え  ように壊してくれ給え  恵みを与え給え  魚に出逢って見給え  術を使って見せてくれ給え  手にとって見給え  まま僕たちへ渡し給え  骨牌をやり給え  君から引き給え  君も書いて見給え  奴を出し給え  ここを落ち給え  先へ立ち給え  地を立ち給え  それに備え給え  儀礼はやめ給え  早々に還り給え  大を期し給え  降伏し給え  旧誼を思い出し給え  一人を得給え  心算で来給え  マア疲れ直しに大いに飲んでくれ給え  ほかに求め給え  四方に備えてい給え  心をやすんじ給え  ここより入り給え  尊名を聞かせ給え  ために聴かせ給え  末裔とはいい給え  先生、ゆるし給え  休息し給え  彼をつれて来給え  今日は帰り給え  一吟し給え  酌し給え  良計を示し給え  通りだから、見て居給え  運転手を寄越して呉れ給え  ジュッドさんを眠らして置き給え  うえを守らせ給え  釈明してくれ給え  神よ、護り給え  静にしてい給え  君、しっかりしてくれ給え  想像し給え  一度に喚きかかり給え  羽将軍、疾くゆき給え  賢察し給え  大策をめぐらし給え  気の毒ではあるが、引っ返し給え  荊州へ行き給え  心をしずめてよく聞き給え  御意をうごかし給え  荊州を討ち懲らし給え  それがしにこそ与え給え  それがしに渡し給え  荊州へ行って来給え  他所をさがし給え  荊州へやって来給え  ことはよし給え  話は止し給え  賢慮をたれ給え  貴公ひとりで訪ね給え  こちらへ来給え  身命をつつしみ給え  きょうは退き給え  ときは、こうこうし給え  舟まで送って来給え  蜀に入り給え  議論してい給え  此方へ来給え  加護をたれ給え  静かに云い給え  諸事安心し給え  謁し給え  みなごろしになし給え  朱然を呼んでくれ給え  圧力を加え給え  名を名乗り給え  成都から内応し給え  これへ持って来給え  さらば、見給え  龍体を守らせ給え  見物して居給え  三日待ち給え  禍いを避け給え  日光にはるばる出かけて行ったと思い給え  夜に逢ったと思い給え  誰にでもそう云ってくれ給え  一所に来給え  から君も遣ってくれ給え  反射しているから見給え  話をして見給え  料理人を見給え  もう少し待ってくれ給え  義務を果さしてくれ給え  机だよ、どいてくれ給え  安心し給え  首をも挙げ給え  擒って降り給え  城門を開き給え  軍を衝き給え  孔明を追い崩し給え  魏を攻めさせ給え  顔でも洗って来給え  師を召し還し給え  足下も見てい給え  働きをして来給え  梶君にきき給え  君教えてあげ給え  ア、どうぞ、敷き給え  ちょっと待ってくれ給え  訓誡してやってくれ給え  注意を与えてくれ給え  奥さんにも宜しく云ってくれ給え  つもりで、聞いてくれ給え  引擦り出し給え  案内し給え  男、ゆるし給え  意志を与え給え  本質を知らしめ給え  マスクを与え給え  何時でもやって来給え  今すぐだから、一寸待っててくれ給え  交り給え  退治されて来給え  鼻を明かしてやり給え  ちょっと笑わずにいてくれ給え  銀行員から聞き出してくれ給え  通知を出してくれ給え  ように頼んでくれ給え  注意しておき給え  手を廻してくれ給え  電話をかけ給え  健康を祝してくれ給え  電話に出してくれ給え  所でだけはよしてくれ給え  ように沢山入れないでくれ給え  一寸待ってくれ給え  一つ言って見給え  窓から外を眺めて見給え  兵営につないでくれ給え  いま一度陸にうけて、ともかくもなさせ給え  気を鎮めてよく聞いてくれ給え  自動車で来給え  御主守らせ給え  御主、守らせ給え  金額を言い給え  うち明けてくれ給え  男自身に訊いてくれ給え  ゆっくりしていってくれ給え  後生だから帰ってくれ給え  散歩し給え  ことを考えてみ給え  神はかく装い給え  吟味してみ給え  速度を見給え  ときを読み給え  時に行ってみ給え  こっちに来給え  一緒に来給え  もんだから、見給え  御機嫌の取るだけ取ったと思い給え  床の間を見給え  もっと年をとってみ給え  交らんことを許し給え  外套を着給え  廃してみ給え  鳥だって、み給え  ユックリして行ってくれ給え  一本くれ給え  爺を見給え  ことも聞いてみ給え  逢着してみ給え  一人居ると思ってくれ給え  心を出してみ給え  姉さんにそう言ってくれ給え  方面を探り給え  十五章を見給え  それを言ってみ給え  遊びに行って見給え  創作はあきらめ給え  手を入れて見給え  通訳してくれ給え  組を合せ給え  気の毒な、いざ一皮むき給え  これに待ち給え  へんでよし給え  勝負を見届けておいてくれ給え  両所、まあまあ待ち給え  拙者に任せ給え  宇津木君に言ってしまい給え  積りで、暫くのんびりし給え  家へ来てくれ給え  思い出に書き給え  馬鹿を言い給え  話はもうよしてくれ給え  君達も少し手伝ってくれ給え  ことを聴いてくれ給え  往って来給え  ホラ見給え  アレを見給え  ところを見給え  ところを読んで見給え  から帰ってくれ給え  擦過傷を思い出し給え  所でも見ながら暫く待っていて呉れ給え  ひとつ、潔く言って呉れ給え  一つ測って見給え  これをやり給え  一寸息を止めてみ給え  ように思うだろうがまあ聞いてくれ給え  槍を引いてくれ給え  煙草でも呑み給え  ゆっくりやって呉れ給え  生活を立て直し給え  白状し給え  蒐けて見給え  名前を知らしめ給え  こっちへ入り給え  向うへ来給え  明日からでも、どしどし使い給え  ここへ来て温まり給え  おいでで甚だ嬉しい、ゆっくりと寛いで行ってくれ給え  男と突き合せて見給え  一瀉千里で下って来て見給え  誰じゃ、言って見給え  手に取って見給え  肌を見給え  地鉄を見給え  力を考えて見給え  吉凶を示し給え  貼紙を見給え  から寝て居給え  安心して寝て居給え  一室である、見給え  申上げますッて、そう言ってくれ給え  嘘をつき給え  話を聞いてくれ給え  腹を召し給え  行つてしまつてくれ給え  相手がつとまるべき、許させ給え  候や、名乗らせ給え  想像して見給え  復職したかったら、やって来給え  気でもまぎらし給え  跡を見給え  上を見給え  一つ試しに詳しく聞かして呉れ給え  例を見給え  訳を話してやり給え  結構、ちとやって来給え  ドレドレ見せ給え  鴨緑江節を聞き給え  一杯受けてくれ給え  三つを見給え  これ見給え  一つ此処を見給え  翻訳にかかってくれ給え  竜の鬚とでも、呼んでくれ給え  先へ帰り給え  調書を残してやってくれ給え  自重してくれ給え  君、やり給え  ようにし給え  番をして居給え  気の毒だ、まあ待ち給え  病気癒させ給え  唇を合わして見給え  一寸見に来給え  そのままでいてくれ給え  注意してくれ給え  石を持ってくれ給え  足跡を見給え  君も手伝ってくれ給え  独言を思い出し給え  誰だか、当ててくれ給え  見事に当ててくれ給え  ひとつ交換局を呼び出してくれ給え  問い合して見てくれ給え  案内してくれ給え  辺はよく心得ておいてくれ給え  警察へ掛けてくれ給え  電話してくれ給え  彫刻にしたって、見給え  向うにいて見給え  我を罰し給え  唇を見給え  これへ掛け給え  説を終え給え  先をやり給え  勝手にやり給え  音楽を聴き給え  明日にしてくれ給え  辛棒し給え  なんだ、しっかりし給え  んだ、あがり給え、あがり給え  あれで待っていてくれ給え  そこへ掛け給え  者を斬ってしまったな、よく考えて見給え  ここをよく考えてくれ給え  拙者を見のがしてくれ給え  ところへやって来給え  遊びにやって来給え  のだ、ぜひつき合ってくれ給え  時間をさいてくれ給え  輪郭だけを取らしてくれ給え  辺へ坐り給え  勘弁し給え  そこへ坐り給え  ことをやり給え  一人にて持ち給え  真意をもらし給え  せがれに会わせて給え  罪に代わらせて給え  母御へ手渡して給え  俊基朝臣にぜひ会い給え  から出てくれ給え  方は書き上げ給え  久野君時計を見ていてくれ給え  見張りをしていて呉れ給え  様子を見に来て呉れ給え  勝手口とを見張っているから、しっかりやって来給え  そっちへ廻って呉れ給え  名前を云って呉れ給え  辺をうろついていたら、早速捕まえて呉れ給え  ように云って呉れ給え  気を悪くしないで呉れ給え  先を教えて呉れ給え  逮捕して来給え  辺を片付けて置いて呉れ給え  訳を云って見給え  もう少し落着いて委しく話して見給え  篠を連れて来て呉れ給え  篠を呼び給え  事を云って呉れ給え  返辞を書いて呉れ給え  之を見て呉れ給え  鳥渡待っていて呉れ給え  鳥渡降りて来て呉れ給え  所へ行って呉れ給え  もう一度厳重にやって呉れ給え  医者を呼んで呉れ給え  会いたいと云い給え  それを云い給え  事があるなら遠慮なく云い給え  そいつはいけないと云って呉れ給え  地点から見て見給え  道化を見せ給え  世に残り給え  伝手を計らわせ給え  ものを出し給え  ようにしてくれ給え  三分間待っていてくれ給え  ことを書き給え  どこへでも、連れ給え  世に生き給え  資朝卿へ告げて給え  位置でとまってくれ給え  宇津木、どうだ、わかるか、わかったら打込んで見給え  から仏頂寺を斬ってしまい給え  止せったら、止し給え  一幕辛抱し給え  僕に訴えて見給え  利用し給え  僕に話して見給え  マ、待ってくれ給え  君はやく喋って、帰って呉れ給え  四五本、置いていってくれ給え  代理をやり給え  時なればと、ゆるさせ給え  仲時へも、まあ覗いて見給え  君、遠慮なくやり給え  気をつけて帰り給え  ものなら、やめてくれ給え  彼女を救い給え  お通しし給え  而も、思い出し給え  手提蓄音器を開けて見給え  から勉強し給え  宿に入り給え  様に斬り給え  廃し給え  心を静め給え  物を与えて見給え  風に考えて見給え  なかったとして見給え  ものが懸っているとして見給え  大望を取りあげ給え  君一寸風呂に這入り給え  からやってくれ給え  矢代君やり給え  しろ君そんなによくば沢山やってくれ給え  盛にやってくれ給え  君疲れたろう、寝んでくれ給え  君二三点見せ給え  返しを吹いて見給え  同行したと思い給え  浅間へ来給え  有野村へ来給え  手元不如意だったら、遠慮なく言ってくれ給え  感じ味い考え給え  屹度問いただして来給え  見当をつけてくれ給え  盛んに飲み給え  腸を洗って来給え  君一つ抱いてみ給え  身も飲み給え  ウンと頑張り給え  コンナ話がある聞き給え  時節を待ち給え  今日もあたえ給え  悪より救い出し給え  選に当ったと思い給え  これを見てみ給え  なのは止し給え  横田さんにでも聞いてみ給え  誰が来ても知らせないでくれ給え  からしっかりやり給え  ここを治め給え  もう少し深くつきあって見給え  眼鏡をのぞいて見給え  静かに見ていてくれ給え  それを歌って見給え  文句だけを覚えておき給え  退散し給え  それを考えて見給え  海さんによろしくそういってくれ給え  一つ二つ食べて行き給え  一つ遣ってみ給え  菓物を取り給え  方を取り給え  肉を買ってみ給え  から試してみ給え  一つ試してみ給え  肉を試してみ給え  遊びに遣って来給え  往ってみ給え  注意して見給え  一つ遣てみ給え  稽古によこし給え  一切僕に任せ給え  事を言わないで早く遣り給え  僕らに任せ給え  ウム、そうし給え  筆を貸し給え  手筈を極めて来給え  一緒に往き給え  制限を許してくれ給え  政治家を見給え  観察を見給え  酒なと酌み給え  また明日にでも来給え  これへ加わり給え  武運を守らせ給え  用意をして呉れ給え  用意をし給え  もう一度、云って見給え  から、脱ぎ給え  手筈どおり全国アナウンスをして呉れ給え  胸に畳んで置いてくれ給え  こっちへ、寄越し給え  屏風を見て見給え  葉を見て見給え  自然なるかを見て見給え  警戒し給え  天国へ往かしめ給え  一番面白かろうよ、じゃ連れて来給え  者になし給え  者となさしめ給え  世を創らせ給え  免しあらせ給え  署でやってくれ給え  誰か行って起して来給え  弁信君を起して来給え  みな弟直義に与えて給え  把り給え  計算して見給え  から君、かけ合ってくれ給え  ことをかけ合ってくれ給え  だって考えて見給え  顔色を見給え  事をして過してい給え  一点を、どうか忘れずにいてくれ給え  肩書を見給え  一緒に来てくれ給え  箇所をさしながら、読み給え  君はただ常に笑われてい給え  欣快とし給え  心を忘れ給え  消費果して、見給え  二三日見て居給え  アグネスをも召し給え  軒しばし恵ませ給え  力を出して押しふせ給え  祝福し給え  ここへ寝給え  西城川に流し給え  注釈を少し加えて見給え  才気をつつしみ給え  メタフィジシャンになり給え  もっと吹いて見せ給え  質問を呈して見給え  答を求めて見給え  選挙し給え  ように使い給え  思い留まってくれ給え  それから、なおよく見給え  注意して調べて見給え  話でもして居給え  雪を見給え  成功してくれ給え  上におき給え  こともやめ給え  のも廃し給え  食塩だけ呑み給え  森のだけ吸い給え  苗字を名乗らせ給え  煙草は、よし給え  君帰って呉れ給え  念入りに探し給え  話だ、まあ聞いて置き給え  気をつけて行き給え  君、見給え  形をよく見給え  ひとつこれで乗切ってくれ給え  ひとつたずねて見給え  ものだよ、そう思って聞いて見給え  知恵なしを見給え  かまわず引き立てて行ってくれ給え  舟でやってくれ給え  石巻までやってくれ給え  舟で下ってくれ給え  なかへ入り給え  戸を押して入ってくれ給え  なかに居給え  なかへ入ってくれ給え  山ほどある、入ってくれ給え  ことは聞かせてやろう、遠慮なくたずね給え  こっちへ入って来給え  物を言い給え  んだぜ、しっかりし給え  ひとつ明かして行ってくれ給え  在所を教えてくれ給え  暗示だけでも与えてくれ給え  心持で探し給え  話をし給え  話をしてくれ給え  面白い世間話をし給え  結構だね、大いにやり給え  盛んに並べて見給え  何でも話してくれ給え  山岡を見てい給え  輩だから見てい給え  ところへ寄り給え  君、少し待ち給え  君も働き給え  歯並みを見給え  ことを見給え  ゆっくりして行き給え  日が暮れたら、泊って行き給え  胆吹へ帰るなら帰り給え  大事にして行き給え  外に出てみ給え  ここに出し給え  寄りするって言っといてくれ給え  何なりとし給え  ひとつ君考えてくれ給え  観察して見給え  街を歩いて見給え  手品を見て見給え  事だけは忘れずにい給え  家へ来給え  天より垂れ給え  葡萄園を見守らせ給え、訪い給え  諸君、早くしてくれ給え  天地へ放して見給え  ことを言うか聞いて見給え  ところを聞いて見給え  お願いだ、借りてくれ給え  仲直りをし給え  お願いだ、泊めてくれ給え  カンカンにならずに、少しは考えて見給え  トルコ人を助けてやり給え  百ルーブリをやり給え  匿さずに言い給え  ひとつ訊いて見給え  いいかげんにし給え  しまい給え  泥んこから身を引き給え  やめにし給え  百ルーブリをくれ給え  とき条件をつけ給え  安心してい給え  奴を頼んで見給え  尊重し給え  僕にかまわないでくれ給え  今は帰ってくれ給え  悪魔であるとそう言い給え  偽善はよし給え  のはやめ給え  距離を測り給え  好きにし給え  丈夫でい給え  ことは考えて置き給え  逝せ給え  こっちを見給え  これを持って行き給え  今晩、話しに来給え  時習室へ話しに来給え  英学だったかね、見せ給え  偵察して来てくれ給え  諸君、少し待ち給え  持場へ戻ってくれ給え  待機していてくれ給え  飯でも食い給え  たきだしをしてくれ給え  積下ろしてくれ給え  庭へ積んでくれ給え  留守を守ってくれ給え  なんでもいいや、くつろぎ給え  たよりをくれ給え  便りをくれ給え  から安心し給え  情けを以て、つき合ってくれ給え  一覧し給え  面ぶれを見給え  あれ見給え  ところへ来給え  ところへでも行って聞き給え  正直に話して見給え  から読んで見給え  こと信仰し給え  あっちに行き給え  君たち手盛りで遠慮なく食い給え  給仕をして上げてな、食い給え、食い給え  母屋へ行き給え  ゆっくり見給え  天下将相になって見給え  志士仁人になって見給え  近藤に会って見給え  から聞いて居給え  から、よく聞いて居給え  手紙を読んで見給え  近藤勇に会って見給え  艶なるを見給え  のがあったと思い給え  逐条審議から出直して見給え  一筋ずつを言って見給え  一条を言い給え  志だ、しっかりやり給え  心持がするか考えて見給え  どうぞどうぞ聖名を崇めさせ給え  地上にあらわし給え  委細順序を立ててやってみてくれ給え  一つやってみてくれ給え  小山を見給え  これへ出して見せ給え  行動を採り給え  如く地にもならせ給え  寝台に寝てくれ給え  から鰒でも奢り給え  からキチンと掛けておき給え  ブチ込んでおき給え  椅子に掛け給え  鉄椅子に掛け給え  から見て行き給え  珈琲を一杯飲み給え  シッカリ遣り給え  カステラを遣り給え  モウ一度腰を卸し給え  君、しっかりし給え  後に乗せてあげ給え  名を言い給え  話でも聞いてくれ給え  安らかならしめ給え  僕について来給え  船長と思っていてくれ給え  もう一歩でも上ってみ給え  問ひ給え  閲者見ゆるし給え  知恵を授け給え  胡瓜を見給え  取捨よろしきに従い給え  後廻しにし給え  なんでも云って見給え  医者として答えてくれ給え  ように話し給え  世辞はやめ給え  内捜して置いてくれ給え  静かに聞き給え  ゆっくり話していってくれ給え  病院にはいってみ給え  一日二日待っていてくれ給え  ために、納めといてくれ給え  参木君はもう帰ってくれ給え  自由にやり給え  君一文くれ給え  一文恵んでくれ給え  仕事を見つけておいてくれ給え  いつでも来給え  これだけで、赦してくれ給え  定っているから、見ておき給え  手をかけていてくれ給え  から、見て置き給え  ことも聞いといてくれ給え  シンガポールへ逃げてくれ給え  今夜だけは、赦してくれ給え  つもりでいてくれ給え  試みに思い給え  地図を検し給え  それから僕に聞かしてくれ給え  ことだから、まあ会って見給え  郊外に出て見給え  朝日をくれ給え  秘密にそれとなく調べてくれ給え  以後気を附けておいてくれ給え  事務をとってくれ給え  ために働いてくれ給え  おのこ袖をひかえていざ給え  情を垂れ給え  風呂に入り給え  これを読んで見給え  習慣を無くして見給え  好きだと云い給え  日本人らしくしとり給え  気を附け給え  卑怯を許して呉れ給え  知らないふりをしていて呉れ給え  処理して呉れ給え  哀れに思って、許して呉れ給え  印刷物を読んで呉れ給え  順序を狂わせないで、読んで呉れ給え  続きを読んで呉れ給え  なかった罪を許して呉れ給え  通りにして呉れ給え  考慮に入れて置いて呉れ給え  蟻を見給え  哲学はやめにし給え  ウイスキイを傾け給え  ためしにやって見給え  から見せてくれ給え  お母さんを呼んできてあげるから、待っていてくれ給え  木下君、はいり給え  世辞は止し給え  声で云ってくれ給え  所を答え給え  入院し給え  繻珍に換え給え  セレナードでも聴いて見給え  そこを少し読んで聞かせ給え  意味を言って聞かせ給え  ふりをしててくれ給え  こにましますか、御褒め讃え給え  住居推し量り給え  眦を垂れさせ給え  黒潮権現も守らせ給え  今一度考え直して見給え  手紙を見せ給え  ものとして、考えて見給え  君、登って見給え  十四ページを見給え  材木を出し給え  笑わずに、まあ聞き給え  はじまらない、止し給え、止し給え  ここであろう、見給え  靴を壊して見給え  絵を画いて見給え  あれを見給え  報告してくれ給え  われらに廻らせ給え  出動したと考えて見給え  ここを見給え  静かに考えておき給え  ことを考えて見給え  から掛けといてくれ給え  ウン是非来てくれ給え  んだから、そう言っといてくれ給え  一つ諸君連れてってくれ給え  霜が来て見給え  芸上達なさしめ給え  真打たらしめ給え  七年は書き給え  恋人があったらためしてみ給え  ことなどは忘れてしまい給え  通りを話してきかせ給え  出づるを待ち給え  鞏固にもち給え  大学生諸君にすまないが少しこらえてくれ給え  肥育器にかけて呉れ給え  こいつは縛って置き給え  ように走らせてくれ給え  此傷を見給え  永劫に忘れて呉れ給え  力を与え給え  強き力を与へ給え  反省してみ給え  おしまいまで読み給え  君もやり給え  ゆっくりし給え  月末まで待って呉れ給え  同情してくれ給え  訊問して見給え  からやり給え  発覚して見給え  知識を詰め込んでやってくれ給え  慎重にやってくれ給え  んだ、早くいい給え  六人をすぐ引き上げてくれ給え  のでなかったら何とか言い給え  から粉々になるまでやれといってくれ給え  先生を何とか宥めてくれ給え  ひとつ説明して見給え  地中に葬ってみ給え  あはれみ給え  おとうさんに会ってかないからよろしくって、いっといて呉れ給え  はじめからいってくれ給え  女と名乗り給え  吾許に送り届け給え  面を見給え  健かにましまし給え  シッカリ奮闘してくれ給え  心を温め給え  議論をよく読んで見給え  吉田雄太郎君を呼んで呉れ給え  から正直に云って呉れ給え  晩まで待って呉れ給え  二三日待って呉れ給え  蔓を見てやり給え  始末をして来給え  かい、ささ、帰り給え  次にしてくれ給え  元気になり給え  汁に入れて煮て見給え  公孫樹を見に来給え  寝台で寝給え  君、何もかも言い給え  ところに来給え  主になさしめ給え  主にならせ給え  三度目になったと思い給え  電話をかけて見給え  玉虫を送り給え  評を仰いで見給え  布でも被せてみ給え  話だって、まあ待ち給え  一服さしてくれ給え  風に思ってくれ給え  時を与え給え  レディ篠原をこしらえ給え  ちょっと聴き給え  眠りを授け給え  邪推はやめ給え  よしみに、飲みにいってやり給え  時節到来せり、よくせさせ給え  相談に来給え  勉強し給え  そっちでとってくれ給え  一ぺん読み返して見給え  頸部を思い出し給え  敏活に働かせねばいかんよ、まあ掛け給え  此紙包を見給え  一しょに寝給え  勘弁して、書いてくれ給え  一刻も早くぶつかって来給え  平安を与え給え  ように書き加えて置いて呉れ給え  手配をして見張って呉れ給え  捜索して呉れ給え  ちょっと僕にだけ見せて呉れ給え  始末か、まず退き給え  それでよいかどうか、考えてみ給え  男を探し出して来給え  引取ってくれ給え  言ッて見給え  山口を見給え  明後日午後に来給え  咄し給え  ッて来給え  此方を向いてのろけ給え  モウ降りてくれ給え  マア考えて見給え  ッとこうしてい給え  先あ掛けさせて呉れ給え  安心して行って来給え  着物を着て来給え  覚悟してみ給え  聴取しといてくれ給え  もっと、はっきり云って呉れ給え  ものを見給え  後で待っていて呉れ給え  からにし給え  ことも思いだしてくれ給え  避難をいってくれ給え  君教えてやり給え  活動ぶりを見てくれ給え  遠慮しないでどしどし送ってくれ給え  ちょっと脚だけ持って来給え  馬の脚だけはよしてくれ給え  跡も端折らないで話し給え  丈夫にしてい給え  のは止し給え  時にやって来給え  機嫌好くし給え  家を出てしまい給え  まり気にしないで呉れ給え  宿へ取寄せて貰って沢山食べ給え  辞わで納め給え  町まで行ってくれ給え  島婆さんに見て貰い給え  勇気を養って行き給え  吉報を待ってい給え  一日辛抱し給え  僕を離してくれ給え  散歩したと思い給え  仮定してみ給え  観察してみ給え  大金を授け給え  から、そう思い給え  謹聴し給え  折をくれたと思い給え  ここにかけ給え  案内してあげてくれ給え  エヴァンス君を起こしてみ給え  ために祈り給え  訪問し給え  哩数に当てて見給え  いねきっと渡してくれ給え  ために注いでくれ給え  君から船長にそう云い給え  民を助け給え  僕から奪い去らないでくれ給え  カーテンを除け給え  下でしらべて見給え  家へ帰り給え  家に立ち戻らせ給え  がれさせ給え、たすけ給え  発心やめ給え  うちに廃し給え  父君にも勝らせ給え  ビイルにし給え  ように伝え給え  報告し給え  航海を導き給え  最少を流さしめ給え  彼女を正しくし給え  事故にて葬り去り給え  有効目標とを見分け給え  主人にてあらせ給え  罰を受け給え  うちに終わらしめ給え  うちに楽しく生かしめ給え  場所にじっとしていてくれ給え  仲だちにてあらせ給え  罪を許し給え  魂を和し給え  合図と知り給え  女王を恵み給え  通り陳君に言ってみ給え  詩を書き給え  堪忍してくれ給え  勝手にし給え  膝下に侍せしめ給え  ことを許し給え  面目を立てしめ給え  実を挙げ給え  せんようなきを察し給え  病気を救わせ給え  ために、枉げて来り給え  杖を持ち給え  彼等に言い給え  手帖に書いて置いてくれ給え  海渡さえ給え  マア空想だと笑わないで呉れ給え  訊問してみ給え  顕微鏡検査をして呉れ給え  僕によく考えさせて呉れ給え  此れで帰ってくれ給え  注意していてくれ給え  墨汁をなすりつけ給え  アンデルゼンでも読み給え  何か書いて来給え  自覚し給え  特権を誇り給え  鼻でもかんで、しゃんとし給え  生活に帰り給え  成功し給え  木村武雄と呼んでくれ給え  靴とを買い戻し給え  辛抱して行き給え  から文句をいい給え  色沢を見給え  ことにし給え  おん眼をめぐらさせ給え  そいつを教えて呉れ給え  から、待っていてくれ給え  君は黙って居給え  今日からやり給え  円タクで駈けつけ給え  会談を聞いていて呉れ給え  病院へ連れてってくれ給え  のも控えてくれ給え  僕を見給え  尻を持ち上げて呉れ給え  床下を照らしてくれ給え  協力してくれ給え  からこれを吸い給え  から心配しないでくれ給え  若僧にもらっても、見給え  君が飲ましてくれ給え  細君に上げ給え  方へ来給え  看過し給え  石仏を見給え  のを見給え  名古屋を見給え  もっと堂々と言ってくれ給え  所まで来てくれ給え  それじゃ、来てくれ給え  シッカリしてくれ給え  充分に休んでくれ給え  ところへ連れて来給え  力を入れてくれ給え  ほかへ行ってくれ給え  正直に話してくれ給え  保護していてくれ給え  人間を考えてみ給え  兎に角安心し給え  回転してくれ給え  おれを死なせないで呉れ給え  ここへ懸け給え  続きを聞いてくれ給え  大体創道を見給え  マア、聴き給え  置洋燈を持って寄越させてくれ給え  壁燈をつけてくれ給え  ホルヘ、まあ聞き給え  王様を助け給え  遠くから感心して居給え  立往生をしていて見給え  円柱を見給え  ちょっと、取ってみてくれ給え  電話をかけてくれ給え  ように早くなり給え  から帰り給え  京都にやって来給え  話を取次いでくれ給え  君自身で考えてみ給え  創造し給え  僕に代って宜しく言ってくれ給え  自由にできたらやって見給え  海へ飛込んで見給え  アメリカを見給え  



前後の言葉をピックアップ
給う  たまう  玉枝  賜え  玉江  珠枝  珠江  たまえ  たまえ  玉英


動詞をランダムでピックアップ
這わ作れれあたけ澱めゆき過ぎかけこみ従えんもちきっ憤っ画こ突っこみ笑いとばさやぶれあらしめよ有余る侮る勝ち得る添えろ致し
形容詞をランダムでピックアップ
手早い細長くせま重くっていたういういしく木深きわろはかなけれひろき薄暗き涙ぐましくかしこかっ明るうわびしい生っちろい厚ぼったいきみがわるいもどかしくっあらあらしい