「経」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 経[動詞]
自分たちの経  日々で経  数年を経  二三日を経  生活を経  かくのみにあり経  訓練を経  辛酸を経  修業を経  時を経  前後いくつもの世紀を経  陸路琴平高松を経  思いを互に経  千世も経  年を経  八月二十四日出獄後一年を経  認定を経  階段は経  日々に経  脱皮とを経  入団二箇月を経  最長期間を経  幾星霜を経  手を経  日数を経  第二次大戦を経  悲惨を経  アラハバードを経  修練を経  歴史を経  努力とを経  三日を経  小学校中学校高等学校を経  阪府を経  三年を経  開城を経  半年を経  年月を経  過程を経  今日スーザンが経  女の経  三室戸伯爵を経  から八千万年を経  それが経  苦行を経  何事を経  脊髄を経  足からそこを経  一年を経  推移を経  時代と経  心階を踏み経  協賛を経  歳月を経  歳を経  五年以上を経  解釈を経  十五年を経  体験を経  境遇ばかり経  日本海沿岸を経  根室海峡野付水道を経  ニュートンを経  陰陽道を経  大阪から神戸兵庫を経  修養を経  峯を経  奏聞を経  それから数カ月を経  転化は経  商売を経  年数を経  職業を経  発生を経  苦痛を経  二時間を経  承認を経  それから十日余りを経  時期を経  闘病を経  星霜を経  波瀾を経  十日ほど経  やりとりを経  時代も経  室町を経  上奏を経  彼是十年も経  それから幾程を経  その後数ヶ月を経  一ヶ月を経  兇行後一ヶ月を経  一月を経  神戸門司を経  今迄経  半時間程を経  試煉を経  月日を経  二日を経  二年を経  日を経  二三分も経  段階を経  正式手続を経  摩擦を経  市民社会を経  政治的訓練を経  ブルジョア革命を経  青年が経  手続きを経  一昼夜を経  これを経  幾百年を経  沼田を経  進化を経  文学が経  鬱屈とを経  略一ヵ年を経  何日も経  批判を経  苦難を経  時代を経  月日も経  情景をも経  墓場を経  五分も経  常識として経  世を経  此貞操試験を経  貞操試験を経  多年を経  十四五分時を経  雲南を経  幾世紀を経  かなりに経  洗練を経  間に経  わずかに二年を経  人生に生き経  倫理的試練を経  から十日も経  代々を経  唯物論時代を経  幾変転を経  いきさつを経  底を経  年代を経  境遇を経  五六百年も経  つては、その経  沿岸からベーリング海峡を経  ベーリング海峡を経  一年二年をどうやら経  始め物理的構成を経  加工を経  方法的省察を経  ホッブズを経  二分も経  添刪を経  半月あまりを経  時日を経  情報部を経  実験を経  フランス大革命からナポレオン帝政を経  会津を経  モデイフイカチヨンを経  何番目ものモデイフイカチヨンを経  変遷を経  ブラッセルを経  話を経  その後八十六年を経  五十余年を経  像法千年を経  十八日を経  甲州路を経  変化を経  時に、若くは経  神代を経  百年以上を経  一週間を経  釧路を経  数十年を経  発育期を経  チフリスと経  専門的修練を経  治乱を経  新年を経  四日を経  女性たちが経  山の頂きに行かんとして、当然経  経験を経  劫の経  血戦を経  信濃を経  江戸時代を経  時代に経  長篇小説として経  二百余年を経  何百年を経  冬を経  苦心を経  苦労を経  闘争を経  飢饉時代を経  甲羅を経  藪蚊を経  其内五週間も経  採用を経  手直しを経  それから十か月を経  五分ほど経  アルメンテラ山を経  径路を経  私の経  転義を経  喪葬行事を経  重言過程を経  混淆状態を経  それ自身時代を経  行つた言語情調を経  ルーデンドルフを経  直接侍従武官を経  十年余を経  捷路を経  錯雑地を経  苦しみを経  その後数ヵ月を経  手順を経  航程を経  明治大正を経  階級的作家団体として経  世の中で経  徳川三氏を経  二十日あまりを経  淵を経  皆撰択を経  順序を経  道を経  十一年を経  デイプを経  今日まで経  一年も経  感情交錯を経  十分の醇化を経  宮廷とを経  二年位い経  その後幾日か経  古代から中世を経  ドイツからギリシャからインドを経  のであらうけど遠く経  死後十五年を経  三世を経  脱化とを経  自然法から功利主義を経  皇道主義を経  その後五六日を経  期限後数日を経  伝写を経  時代的陣痛を経  山路を経  社会的過程を経  科学的研究を経  試練を経  百戦を経  しかしほど経  舞台的訓練を経  今日まで歩み経  七日を経  ちゃんと手続を経  悲しい人生を経  一部分固定化を経  後半世紀を経  合理化を経  訂正を経  これまで経  特に社会的訓練を経  研究を経  奏覧まで経  大阪時代を経  から幾年を経  十日を経  駱口を経  女房を経  裁可を経  一次ヨーロッパ大戦を経  第一次大戦から二十五年を経  回転扉を経  玄関から次の間を経  春日を経  風呂場を経  三段階を経  曲折を経  功を経  それから幾日か経  昭和と経  病気を経  一年をも経  四月を経  私たち女の経  幾日を経  年功を経  幾変形を経  時代として経  了解を経  演技訓練を経  許諾も経  練習を経  何年かを経  死後一年あまりを経  一周忌を経  十数年を経  劫羅を経  数千年を経  時間を経  ものを経  マトモに経  木賊甲武信を経  地を経  二上山を経  白浜を経  山形から上山を経  ヴェネチアを経  ウィーンを経  ベルリンを経  プラークを経  幾変化を経  日増しのお経  藤原京を経  戦国時代を経  幾年月を経  聖天町を経  ボオマルシェを経  道程を経  年や経  理知的批判を経  幾代かを経  歴史的過程を経  努力を経  眼を経  田端を経  ベリを経  六十年を経  期間を経  梅田から堺筋を経  四日五日と経  苦を経  呂宋を経  熟議を経  それから一寸経  友田を経  数日を経  それから二週間程経  東京を経  功労を経  三年も経  門を経  自分達の経  生活し経  高野領を経  奴は、余程経  暫らく時を経  それから少し経  一次第二次大戦を経  それからのち程経  程を経  鍛錬を経  その後四十年以上を経  煉熟を経  許可を経  支那を経  変転を経  かぶりつつ経  曲り角を経  政変を経  道ゆきを経  大西洋からインド洋を経  貞門談林を経  時が経  十津川から浪華を経  劇的高潮を経  冶を経  十分の推敲を経  宝暦を経  日清戦争から十年後に経  松本を経  秀吉津島から長松を経  黒田村を経  二十年を経  公式的分析を経  検証を経  媒介を経  南海を経  私立学校を経  線を経  交換台を経  それから幾日と経  千余年を経  千年を経  一年位を経  大野木村を経  一世紀余を経  敦煌から蘭州を経  小田原を経  二時間も経  成つて拾年以上も経  この世にてわが経  日から十二日を経  革命を経  竜泉寺方面から下谷を経  後ウィッテンベルクを経  三月革命を経  反省とを経  手続を経  政治思想を経  スミス等を経  幾日かを経  考案を経  幾千年をも経  入間川を経  楽しい時代を経  紆曲を経  艱難を経  丹沢から焼山を経  臼杵、経  七年を経  何十年を経  一ヵ年間留置場生活を経  象徴派を経  貞享を経  サマリヤを経  八年を経  五十年も経  教養訓練を経  成年式を経  それから本山を経  ざっと千年も経  本堂を経  同町小学校を経  直方を経  山を経  島田を経  月を経  死後百数十年を経  五年を経  腰越口から極楽寺坂を経  数時間を経  滄海を経  吟味を経  五科を経  三一神学校を経  死後六ヵ月を経  かけ引きと、騙し合いと、を経  上高地を経  かなり日を経  日は経  それからほど経  日が経  主張を経  上方路を経  領も経  清澄を経  東海道を経  独占的仲介を経  白耳義を経  金胎寺を経  六千年を経  しみを経  我孫子を経  から数日を経  斑鳩を経  津山を経  郷を経  その間に経  渡つたが、ほど経  海岸を経  生活などを、経  森を経  変革を経  挫折を経  復古時代から七月革命を経  幼時を経  苦闘を経  それから幾年か経  辛苦艱難を経  二千年を経  須賀谷を経  伝奏も経  実戦も経  逢坂山を経  たびも経  五日を経  人が経  変容を経  訓錬を経  北海道を経  京大阪から中国を経  地蔵堂を経  防空監視隊本部を経  無線局を経  古川を経  月ほど経  出立を経  淀橋を経  京都を経  一週りを経  朝鮮を経  天王寺などを経  世々を経  思いを経  前線で経  入念に力いっぱいに経  凡十代を経  死後百年程経  戦争を経  それから十年も経  自己革命を経  十年を経  一夜を経  福島を経  一刻も経  甲羅は経  その後モスコーを経  サンベイッケ等を経  それからシベリアを経  モスコーを経  大西洋を経  結婚を経  十何年を経  困難を経  間を経  今までに経  五年も経  二十余年を経  石上を経  九年を経  右近衛権中将を経  実隆を経  宗祇を経  それがほど経  試錬を経  大学を経  甲山を経  士官学校を経  神保町どおりを経  波を経  マルケサス・パウモツ・タヒティ・ハワイ・ギルバァトを経  校閲を経  都を経  海路を経  十日も経  淡河を経  都会生活を経  高野長英を経  針木峠から五色ヶ原を経  黒岳を経  数十百年を経  有峰を経  室堂を経  二週間を経  多く年月を経  五分を経  越後を経  熟練を経  葛藤を経  歴史的研究を経  インドを経  ラインハルトを経  理論を経  観念化を経  フランスを経  世代を経  迂回を経  その後九年を経  校長を経  是認を経  から数年を経  正二として、経  洗錬を経  矢張り伝統を経  兵士として経  起伏を経  支那朝鮮を経  中興を経  幾年もの時日を経  かなり間を経  道すじを経  半島を経  幾年もの困難を経  及第してもしなくてもとにかく経  人と経  アレグロを経  白山を経  相当に経  鉄兵などを経  検査を経  大難を経  ように思われて、消え留まるほどやは経  かぎり市ヶ谷から牛込を経  数寄屋橋から幸橋を経  信濃町権田原を経  板橋を経  薬師堂を経  上覧を経  峠から小倉山を経  身に経  それらを経  十分を経  岩倉村を経  ケルンを経  から数週を経  数代を経  一年は経  数百年を経  辛苦を経  心境を経  運動を経  社会学的概念分析を経  飛躍を経  内発的に経  苦悩は、経  協議を経  可決を経  左翼から中間自由主義者を経  澎湖島を経  西に入りてよりほど経  一時間も経  教養を経  生き方を望もうとも経  ルネサンスを経  労作を経  質的変化を経  反省を経  的陶冶を経  村山を経  仏坂を経  承諾を経  四十数年を経  婦人作家として経  作品を経  年ごろに経  第一高等学校を経  顔真卿を経  五七年を経  幾日も経  淘汰を経  南岳を経  喰岳を経  中尾を経  島々を経  手入れを経  伊倉を経  食後相当時間を経  桃水に対して経  婦人作家たちが経  少年時代を経  ときから十年余を経  路を経  過程を、経  目ざめを経  作家の経  感情世界をも経  婦人作家たちの経  思いも経  時の経  芝宇田川町を経  道光武廟を経  契を経  国司を経  劫を経  旬を経  ローマを経  十年も経  丁度十年を経  純化を経  模倣を経  衆議制を経  形を経  長目を経  決心までも経  成績で経  検定を経  工程を経  余り程経  旅順から営口を経  大連を経  徳川幕府以来明治維新を経  ひとが経  試験を経  その後一ヶ月を経  西部から中西部を経  久に経  テストを経  女を、ほど経  マリヴォオを経  洗煉を経  推理を経  プロセスを経  大天井岳西岳小屋を経  下り小黒部を経  戸台を経  大泉村から権現岳を経  有明温泉を経  槍肩を経  中岳等を経  中岳を経  塩尻を経  五日平湯を経  乗鞍頂上を経  継子岳を経  高遠を経  大河原を経  小河内を経  塩見を経  俣を経  小屋を経  百戦功を経  翌日河内を経  大通峠を経  旅路を経  ときを経  紆余曲折を経  通りから六本木を経  赤坂を経  年ごろで経  苦悩を経  普魯西から波蘭を経  から岩魚止を経  ヤネワを経  起居舎人知制誥を経  中で、どうしても経  国内戦を経  時から遥か年を経  音変化を経  遭難から二週間を経  モメントを経  半年も経  二年半あまりを経  艱難も経  付近派出所を経  最近に経  時間のへだたりを経  一世紀を経  彼の経  芸術家が経  論究を経  さを一度経  政治的変転を経  彼女が経  幼年から少年を経  時をも経  から年を経  数刻を経  中で経  精神的過程を常に経  悲喜とをいかに経  マニラを経  フィジー諸島を経  ハワイを経  二月を経  不幸を経  五六日を経  渋谷を経  五六日も経  遺伝的修養を経  禁欲生活を経  旅程を経  寄居を経  児玉町を経  小野原を経  猪の鼻を経  武蔵上野を経  京橋から日本橋を経  名古屋松竹座出演を経  殆ど十年を経  爾後幾年を経  五分間と経  僅か三十分と経  半時間と経  二十年もの年月を経  鍛練も経  から岡山を経  忍耐づよい社会的実践を経  文学の経  方法的変遷を経  統一を経  批評を経  年々に経  社会で経  中に経  満州事変以来四年を経  調査を経  後二三日を経  歿後数十年を経  時期をも経  アリストテレスからホラティウスを経  太政大臣まで経  心を経  年処を経  赤坂見附を経  田村町を経  日本橋を経  虎の門を経  呉服橋を経  銀座四丁目を経  一個月を経  四世紀を経  部門を経  地獄篇を経  階級を経  調査研究を経  遍歴とを経  人間的摂取を経  家庭婦人の経  浦和から志木野火止を経  人工を経  意を経  粡搗から精白を経  安東県を経  ソヴェト同盟が経  手記を経  成女戒を経  死を経  舞妓時代を経  宍道を経  わらひすこし経  事件後一年半を経  幾日幾夜かを経  純化作用を経  甲府を経  何年も経  部落を経  下柳渡戸を経  延沢を経  正厳を経  清川を経  関谷を経  天童を経  上飯田を経  室町時代を経  二時ばかり程経  その後十余年を経  函館を経  時間は経  天恵何万年を経  判事を経  古賀十郎を経  三津五郎を経  啓蒙時代を経  美濃路を経  須賀町地先を経  鑑定を経  旅を経  変改を経  出雲に来経  禁欲生活を長く経  吾妻橋の下を経  竹町仲徒士町等を経  下を経  橋の下を経  神田橋一ツ橋雉子橋下を経  和泉橋下を経  豊海橋湊橋の下を経  荒布橋中橋下を経  比丘尼橋紺屋橋を経  弾正橋下を経  君まどひなくて経  窓ふり袖ふれて経  波瀾とを経  それから三日とは経  数旬を経  修繕を経  長崎を経  霜を経  歴史的に経  立場を経  立場を経、又は経  立場を経るか経  一日二夜を経  死後十八年を経  実生活を経  チェルカースイを経  死後凡そ十六時間を経  半歳を経  幻滅を経  季節を経  幾週を経  その後二世紀を経  その後二百年を経  幾分の過程を経  ふところから階段を経  六年を経  征伐を経  戦乱を経  薩摩を経  年期奉公を経  十八年を経  四五年を経  それから幾日かを経  ものにて有り経  転換を経  道筋を経  否定を経  論理的反省を経  直弟子秀吉を経  幾時も経  七時間を経  死後数時間を経  時節を経  不自由を経  建設期を経  百歳を経  過去に経  騒ぎを経  銚子局を経  的訓練を経  松の木は節くれだって、経  一時間程を経  十分ばかりを経  十分も経  一週間と経  幾月をか経  後十年を経  三十分ほどを経  一週間ほど経  一時間と経  百年も経  から三十分と経  手続きも経  事情を経  宣告を経  一年と経  二週間も経  三日と経  裁判を経  二時間程経  漂泊を経  戦を経  同省を経  非人階級を経  沿革を経  数世紀を経  長期間を経  京都所司代を経  知らず年を経  のが、ほど経  苦患を経  若松から喜多方を経  内蔵頭を経  それから凡三十年を経  凡十年を経  経歴を経  二三日がほどを経  一年余も経  此後一年を経  年月も経  技芸化を経  幾波瀾を経  自分の経  明治を経  屈曲を経  十星霜を経  下に経  スケールで経  今まで経  駅を経  フェニシアを経  一〇〇年を経  その後ほどを経  中央アジアを経  六高を経  高等学校生活を経  位置まで経  死後三日も経  日露戦争を経  経済パニックも経  ルネサンスからフランス唯物論を経  六週を経  修練も経  何十年も経  許しを経  地下を経  大津を経  中仙道を経  木曾路を経  宿を経  大井を経  番所を経  宿場宿場を経  屈折を経  山村を経  二十日ばかり経  シンガポオルを経  それから一ヶ月ほど経  四年を経  一週日を経  何年を経  三十里余りを経  Augsburg,Ulmを経  萩原を経  綱場を経  六時間を経  それから数日を経  その後十余日を経  その後数カ月を経  京橋諸区を経  其経路必ぬを経  のを経  三十余年を経  改刪を経  改革を経  千年は経  よう命じていましたが、ほど経  消長を経  卒業後一年を経  ギリシヤから中世を経  二十分も経  越ヶ谷を経  松戸を経  様子でしたが、ほど経  御先手組頭三宅弥次兵衛を経  地底耐乏生活百年を経  大戦を経  海底を経  修羅場を経  その男だけは経  不浄を経  それから前原港を経  津田沼から幕張を経  横芝を経  死後四日を経  素質考査を経  周期を経  三月も経  夜を経  一文字山から網張山を経  討議を経  混乱期を経  三百年否二千年を経  口試を経  ん洗練を経  人類が経  階梯を経  世界大戦を経  処を経  千百年を経  精査を経  徳大寺家を経  幾日か経  それから廊下を経  伊賀を経  その後数代を経  その後一年ばかり経  その後廿七年を経  早数年を経  諸家を経  後四年を経  停滞時代を経  現実に経  若きウェルテルの悩みを経  二つの戦争を経  処女ぞ経  幾歳を経  路において、経  客観的段階を経  母胎を経  殊に熱帯を経  幾代を経  往還一日一夜を経  北条氏を経  女優を経  三十年を経  余り年を経  印度洋を経  なにしろ年数を経  鶴巻町通りから矢来神楽坂を経  豊臣秀吉を経  等を経  混乱を経  勅許を経  誕生日を経  予科を経  調べを経  場面を経  合理解を経  千代と経  さを経  変化を徐々に経  三年と経  年月が経  自分が又ころんだりおきたりして経  散々人手を経  診断を経  幾変遷を経  一時間ばかりを経  数十日を経  二カ月を経  ため阪地を経  一カ月を経  甲らを経  悦びしつつ経  牴触を経  明治維新を経  段取りを経  四十五年を経  素面で経  生活波瀾を経  から、経  まま歳月を経  何年か経  幾百年も経  幾十年を経  二十三年を経  こと奏聞を経  人々の経  体を経  そこを生き経  シベリアを経  義を経  千秋万歳を経  奉仕を経  改作を経  幸若を経  一時間を経  大和を経  三日ばかり経  八王子を経  佐屋を経  それから関を経  兵庫を経  岡山を経  鶴崎を経  室積を経  それから備前国岡山を経  陸軍総裁を経  洞穴を経  御嶽精進を経  後五六年を経  その後数年を経  風俗変遷を経  貞観以後百年二百年を経  混血時代を経  青年期を経  将監峠を経  順路大宮を経  五百余歳を経  人生を経  長雨斎みを経  浦を経  諸山を経  宇治川合戦を経  宇治川戦を経  校正は経  松島を経  人生踏破も経  九重を経  鬼怒川上流を経  圓太を経  苦患を少しでも経  一生を経  物忌みを経  今村を経  発見されず、ほど経  自然的屈曲を経  中学から高等学校を経  二十年以上も経  津を経  自分等の経  ボルドオから聖セバスチャンを経  横浜からマルセイユを経  手数を経  から一年六カ月を経  女が経  境涯を経  五分時を経  死後二十年余を経  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
経をそらんじて  経の最中にするかもしれない  経をあげたという  経をあげてゐると  経をあげて  経をやるから  経は宝を雨ふらすと云う  経を読みなさい  経の書いてある  経を読んでばかりいらっしゃる  経としてゐるから  経申すがこれほど凄じい弓勢にはかつて逢った  経が済んで  経をとりにでかけた  経もろくに知らない  経の話以外はみんなした  経を唱えた  経は仏教経典の中では王座を占めている  経には宗教的な神秘性が附与され  経の功徳の広大を説いて  経は何を指している  経を誦せられる  経の声がやんだ  経していた  経を見ている  経を読んでも  経などを人に頒ち与えてしまい  経でも開いて見たならば  経も読まず  経を読みながら  経とを思って  経を誦し  経を読む  経をあげる  経を読みはじめた  経を知っている  経の七部門からえらばれた  経来って見ると  経には更にその最初の二千五百年の詳細な予言がある  経に述べてある  経が巧く  経をあげてやらう  経をあげていた  経をあげた  経をきいていた  経をきいていると  経をとりに行った  経をよんでいた  経をあげましょう  経をあげてくれて  経めぐりつつ生活を験めすという  経を聞き  経を読みだした  経の声がしている  経をやめた  経によるべきである  経にして  経を引いて  経に符合する  経めぐらんとの望みを起して  経を繙ける  経めぐったりしましたが  経を手にしていない  経などが置かれてある  経を幾万遍読んでも  経をよませたり  経の文句も若君の心はなぐさめる  経をよんで居た  経をよみながら  経をよんだりいのり  経をくりかえしながら  経の声がきこえる  経をあげて居る  経は紅の口からまだほとばしって出る  経の切れ目になった  経に通じ  経に鶯なくも初秋や朝顔さける  経をあげていると  経をよむ  経を艶に読む  経を聴いたりしてゐる  経すくいの織  経の文句を講釈して  経を読んでいた  経が終わって  経を読みました  経がすむと  経廻って来た  経を読んでくれましたか  経を読んでいる  経を上げずに  経も上げず  経をよんでくれる  経廻ろうと思うから  経を唱えながら  経を読むは  経を誦んで御膳をお盖に取分けて  経もお読みなさいますが  経を読まぬてえ  経の一遍位は上げてくれるかと思って  経を教えて居る  経を教えて  経を上げて下さいと云う  経の間待って居りますると  経を上げて帰って来る  経を読もうとして行って見ると  経とし  経をみんなで読みます  経とすべきが  経の文句を覚えていた  経が終ると  経は知らない  経でもって  経を前の晩の漁夫に読んでもらってから  経をあげてもらいました  経を聞かされたって  経に反するが  経を聞いた  経がすんで  経のコーラスを始めても  経に入れる  経ったらしくもあるし  経でも読まして  経をあげてくれた  経を誦して  経を読むと  経は保ち  経を誦したまえ  経を聞いていると  経ばかりよまされた  経をよんでゐる  経を読んだりして  経の名を唱えるだけで  経の名を呼ばるる  経に説いてある  経はにがし  経にゆらぎのそぞろ髪をとめ  経のいのちうつつをかしき  経の名を唱へるだけで  経の名を呼ばはる  経めぐって来たらしい  経を読んで呉れな  経を忘れなかつたが  経を読んで  経はよまねえ  経を上げてゐる  経を読んでゐるだ  経べい読んで御座らつしやる  経を誦した  経を読んでゐる  経の声がぢつとその人の胸にこたへる  経を聞いて  経を聞くと  経ばかりを読んでゐる  経を読んでゐるばかりです  経べい読んでゐる  経の一節を誦したいと思ふほどで  経を読むでも  経を誦しつつ  経を誦んでお蝋を上げたは  経来りし人生を回想するという  経によく似ているな  経を誦しているかとあやしむ  経の文句を書きつけた  経をよみ出した  経を拝見せしに  経の図解を描く  経を視るに  経を読んでいられたであろうか  経を読み  経を出鱈目によむ  経も沢山誦んで下さるし  経の一部をさし出した  経の行を積んでいる  経をもって説かれているが  経と木魚の音が新秋の私を教育してくれた  経を上げている  経も覚えようとしなかった  経を上げて迷っている  経にし  経の文句を引き  経も今度の法令によって八幡の境内には置く  経は今浅草の浅草寺の所有になっております  経あげてお米もらうて  経あげてゐる  経とこんがらが  経をあげながら流して歩く  経をあげつ  経をくり返していた  経を講じ  経なんぞあげない  経もあげてやらなかったな  経を読誦し奉  経に眼を曝しながら  経の力にすがり奉つて  経の文句を心得られたか  経にも記いた如く  経を書いていました  経を書きません  経は反古にしてしまいます  経を書いた  経をやめて  経をやめてしまえば  経を書く  経を書いても  経を写す  経を書いていなければならない  経を写しておりました  経に和して  経しにわが胸はにはかに重く病葉と髪は散りにき  経をくり返している  経だてている  経を流れている  経めぐって江戸に着いた  経ぐらい読む  経を読まなくっちゃ  経などのす  経の森という魔所があって  経を読み終えて  経を上げられていました  経を熱心に聞いていた  経のあげられる  経の声を聞いていました  経をはじめた  経を教えられて  経はわからないで読んでこそ  経だと思って  経がわかると  経の声を聞くと  経を聞く  経はわからない  経をよんで  経をあげて貰った  経程を有せざるはない  経もどんな供養もそれ以外に我への回向はないとせよ  経を教えて貰う  経を読んでいたが  経を聞きながら  経の読み方や木魚の叩き  経なんぞを上げる  経なんかよんで  経を読ませて  経を聞きつつ  経をお読みなさいますから  経をお読み遊ばすくらい  経を取って  経を据えて  経来ったあらゆる女と同じ運命の目を見せてやる  経をあげてあげましょう  経と申しましても  経があります  経の題号をお話ししてゆこうと存じます  経は仏陀になられた  経だということを表わしている  経では断じてありません  経のみにかぎった  経に出ておりますが  経の中に書いてあります  経にはかように菩薩の道として四つの方法が説かれていますが  経に書かれていますが  経を上げて貰わねばならぬ  経の用意も出来たので  経の終る  経の早く縮ることばかりを願ってやまなかった  経と茎をつなぎあわせて  経にぞ主よ永久に恵みあれ  経に嫁し  経に嫁した  経の方に責を帰し  経の勅勘ゆるされて  経を転じさせ  経としてしまった  経を長々読んだ  経を上げてやれよ  経のように厳かに唱えながら現れた  経読んでる  経歌いはじめたわ  経を上げてると  経の御本かと思いましたら  経廻っていた  経を取出す  経ときいたが  経をあげてゐる  経のおはるのを待ちました  経をあげてしまつて  経も覚えさせられた  経廻っていたと語った  経を読まっし  経を読むが如く  経をまくらにかりて  経に一礼してから  経の中にいる  経をおつむにいただいて寝るほど  経めぐってようやくこの近江の国の胆吹山の麓まで旅を重ねて参りました  経でも唸り出した  経めぐって来る  経にある  経をあげてゐます  経の文句を輸入して  経でも取出す  経を色々と読む  経を諷誦する  経を読んでいるらしく  経を読んでいるらしかった  経をたくさん献上してまいりました  経がまいった  経が分かるだろう  経を読んでみたいと思います  経を太子に下さいました  経の講釈をおはじめになって  経の本があら  経を読み出した  経ばかり読み返してゐた  経の方は仕方なしに覚えたけれども  経を読まされてもだ  経を読まされる  経にける  経を読んだ  経をお読ませになったりした  経を小声で読んで  経を読んだり  経にけり  経の中にも方便ということがあって  経を読ませた  経をあげるのよ  経の箱がお席の脇へ積まれた  経をお読みになる  経もたくさんある  経の末に六方の段というところあり  経とする  経めぐって来たか  経などをお教え申し上げる  経を誦するに当たり  経とは別の用事で出掛けるとか  経を覚える  経を読むだけ  経をたくさん読んだ  経を読め  経を読んで祈っていた  経を習って  経なども多く読んだ  経となり  経を習はせ  経を聴く  経だろうと思われる  経とさとって  経は何のお経だかわからないが  経を読み上げているとのみ聞える  経を繰返す  経上る平山図書さん浅野の御隠居川勝先生これらもやっぱり学者の生酔い漢語交りの言葉を用いて  経めぐって来た  経を教うるに  経の文句のように筆写して  経に向い祷るに  経の太い線になっている  経を食い  経に見ゆるからとて  経なばいかにかならむこの  経を四半分ぐらいに縮めてしまうので  経を切りすてるから  経をつぎたしてあげるから  経をケンヤクしやがるから  経をあげなければいけない  経をケンヤクするから  経はよんでやらなかった  経をすすめる  経を稽古して  経が間に合うかも知れないから  経の稽古をはじめる  経を読みやがるか  経のように唱えながら  経めぐった事がござる  経を読んでいるらしい  経上ったところからつまりはそろ  経のようにしか聞こえないよ  経はこういうやり方をします  経にここのところをこう書いてあります  経をよみ始めた  経の文句が並べてあった  経の文句を浪花節に唄って  経に節をつけて  経をあげていただいて  経は上の空になった  経の声がひとしお耳許でグワッと波打って高まってきて  経へかかった  経を求めにゆく  経たりけん  経を知らないと  経で育って来た  経を読んでやりました  経のようにとなえては暮らした  経の一つも読んで下さい  経だけ読んでやって下さい  経を読んでいました  経にでもかかろうという  経が始まり  経を読んでもらった  経を読み奉り  経つつある  経を習っていました  経の偈文を謄写して  経を宮中に講じ  経はきれいに失念して  経を知らないのみか  経もオナラもあげていただく  経の声も消されるかも知れませんが  経もオナラもあげていただきますよ  経を呼んでいると  経と緯との錯雑した  経を読んでいると  経をあげてもらった  経なばいや待ちがてのわがいのちぞも今一度旅にいでまく思へども  経を読みに行って貰って来た  経を読んで暮らしました  経をあげるか  経をよみました  経をあげました  経を二通りよみました  経来ったところを見て  経を読んだり踊ったりして  経の文句を聞くが如く  経がありますね  経は読まぬ  経や念仏が一斉に僕を呪って追い廻しやがるぞと叫びつつ  経や念仏のただよう海風にあおられて  経を承  経の声がもれて来る  経の中に見当らない  経の中を見ても出て来る  経もあるが  経といっております  経もあり  経は四恩のことを書いてある  経と両大蔵を得た  経を担ぎ  経は慥に版になっております  経となるだけの  経を弾いた  経の衍儀でもあり  経や偽経を弾く  経があり  経か何かのように聞えて居た  経なることならん  経の書を流行せしめたるは  経をも咎めず  経の名を度々彼の口から聞いた  経を読むという  経を発明した  経を負い  経は一切経三部三万三千巻にのぼり  経に現われた  経をとって帰った  経などはろくに読まず  経ばかり読んでいる  経やら論やらを黙々と読み続けられけるが  経を解きほぐして  経をとらんとて赴く  経をあげてみても  経を読ませ  経のやうな文句をわめく  経を手前えにあげろ  経の住滅を弁ぜば  経ことごとく滅せん  経をとどめて  経に就き  経ことごとく滅びるであろうが  経は教を伝える  経を留めて  経にあふ  経において与えられている  経の言葉という超越的なものに関係している  経は釈尊の説いた  経の言葉とはそれ自身として絶対性を有しない  経の宗致とす  経の体とするなり  経は本願を説く  経によれば  経読ます  経の代わりに二十五座の馬鹿囃子をやってくれと頼んで死んだ  経のすんだ  経の代わりにやってくださいよ  経のように思われるかもしれない  経を読みに来ても  

~ 経[名詞]1
此の経は  加へて経として  十年を経  数日間一心不乱に経を  王座を占めている経で  日数を経  下で観経の  行者となって経も  狂いを経に  幾夜か経  衣て経  自分が経  世界を経  静かに経を  秀蓮尼は経を  考慮を経ていう  一切の経は  七分の一を経  温泉を経  数珠をさげ経を  数珠や経などが  声で経を  声と経の  朝暮の経に  僧が経を  手を経  庄は経を  旦那坊主も付いていたが経も  諸国を経  本堂へ坐って経を  小僧習わぬ経を  旅へ出ると経を  早口に経を  念を経と  草鞋の経と  糸を経に  時が経  家門に経を  録した経を  家々を経  祭に読む経は  声に出して誦する経の  法華経法華経と経の  仏説離睡経に  額に消えぬ経は  肩おちて経に  春を逐って経  流石にかれは経を  遠くで経を  玉軸金泥の経を  一行銀書の経  無念無想で経を  朝夕に経を  千万の経を  慈明上人は経を  朗々と経を  あな幾夜か経に  小僧は習わぬ経を  境涯を経  うちの経を  ためには経を  激浪を経  かに四年を経  念誦の経を  眼を経  西洋文明の経を  道場を経  秘密な経  山には経の  法師が経を  月に経  進化の経程を  陀羅尼の経も  納所とが経を  祥慶が経を  京大阪と経  俯向いて経を  方一尺なるに経を  幾歳をか経に  ものが経  本堂で経を  一同は黙って経の  秘封の経と  島々を経  山谷を経  国々を経  日本国中を経  仏前で経を  一を経と  頃も経に  寺で経を  年は経に  ように経を  友よはひ経  刀とともに経の  請じて経を  観察を経と  院へ経などを  様子で経を  書を読み経を  姫君は経を  ために経を  僧たちに経を  意味で経を  他の経なども  これが経と  高らかに経を  小僧が習わぬ経を  縫ちゃん下から経  四竜に経を  正直者ながら経を  語りものの経の  一時間許り経  日を経  記憶が経と  羅に彫った経を  諸処を経  本堂にあつまって経を  味噌汁をすすって経を  辛苦して経  維摩は経の  華厳経という経の  天竺に経を  幾星霜をや経たり  関白職に経  人間精神の経つつ  曰く趣味此四つを経と  食事を経と  毎日怠らずに経を  地球を経  年を経に  ように経と  春ぞ経に  護摩を焚き経を  事件が経と  作物中に経と  一遍の経を  集月蔵という経が  小僧習はぬ経を  専念に経を  今は経と  のは経ばかり  大切な経  私は経を  読誦した経の  平易な経や  三日ばかり経  何の経やら  招致し経を  間延びに経を  ここでは経に  七高僧が経  客観性は経において  とくを経の  名号をもて経の  国母三十にして経  おん国母三十にして経  

~ 経[名詞]2
この経  一段と経  小さな経  ひたすら経  良経  その経  長い経  わが経  余程経  なく経  ようやく経  尚経  短い経  あまた経  同じく経  どう経  やっぱり経  かの経  決して経  よく経  

複合名詞
仏説四十二章経  浄土三部経  経盛  守忠教但馬守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人  雨宝陀羅尼経  経囘  阿弥陀経  白馬駄経  四国霊場奉納経  四書六経史漢文選等  金剛経  納経  大日経  首楞厳経  修経  経衆  経奉納  三部経  如法経  経宗  無量寿経上巻  経釈  無量寿経  経説  経行  宗府生久経  国経  観経  観経往生  観経前後  大乗経  毎日阿弥陀経四十八巻  阿弥陀経転読  毎日阿弥陀経三巻  経則来申云云  左府生大江経弘  過般三経院  大分経  アホダラ経みたい  時経  集経  涅槃経  経タラ  訳経師  槃若経  経中  経二三囲祠一稍成二彎状一  経川  経川槇雄作  六波羅密経  二十日経  経筥  聖経  蔵経  権経  大集経  弘経  妙法蓮華経  経めぐらんとその国  経伊近東特急  経伊特急  阿房陀羅経  毘沙門経読誦  仁王法華心経  弘経寺  三経義疏  書経  弐貞経  易経  近藤経一氏  経策  般若経  蒼生心経術  聖詠経一冊  経本  同年一二月産経  普賢経  経魁五人  観音経  般若経転読  観音経読誦会  経師  年経  経ずし  法文経  法文経大学  永代経  永代経料  法経大学村  琴経  老子経  経かたびら  明経博士等  勤行経  妙ウ法蓮華経  文珠経  経声  経帷布  小折本孝経  工藤祐経  念経  仏説地蔵菩薩発心因縁十王経  十王経  経廻つたの  妙法蓮華経如来寿量品  所経  自我得仏来所経  法句経  妙法蓮華経観世音菩薩普門品  経上りどちら  毘沙門経  良経はじめ  良経  経信以後  経信  経信以来  経札  法華三部経  経目  みんな聖経  糸経  経師七反  経料  祐経  弟子経範集記  経読誦  経覚私  勝王経夢見金鼓懺悔品  大和経迴  錦所経  孝経  経也  孝経楼漫筆  時何トナク気ニナリマシタノデ暫ク経テカラ私モ便所ニ行ッテクルカラト申シテ室外ニ出マシタ  棚経  経ッ  阿弥陀経一巻  称讃浄土経  経手写  易筋経  つた称讃浄土経  なほ水経  経たま  花船経  つて経  集つて経  一子工藤祐経  誦レ経  雲緯経  経ヶ島  経棒  法これ妙法蓮華経  帰命妙法蓮華経  宝積経  三字経  経ヶ峯  荒木田氏経  氏経様  経史  仁王経  道徳経  経一寸五分  貧乏儒家藤原経成  清経  陀羅尼経  自我経  心経晩食後  観音経読誦  心経読誦  心経  心経講話  山水経  松永経家  経家  代官経家  地蔵経一巻  地蔵経  孔雀経  経正  近衛経忠  地蔵菩薩本願経  経誦  毛利経光  経光  経津主神  経石  経浅草  経たる  経唐櫃  経ビツ  茶経ひとつ  梵網経  アホダラ経  朝臣経正殿  皇后宮亮経正  通経前  岩松経家  長兄経家  当主岩松経家  海賊岩松経家  兄経家  筑後守貞経  能登守教経  工藤祐経様  経帳子  愛経  経ルニアラザレバ刑  勧修寺中納言経顕  中納言経顕ら  大井田経隆  天野経顕  夜経  民部卿光経どの  九条光経  そのかみ太政大臣公経  詩経書経  経義  経義質問係  県人門田正経氏  処々経  経帷衣  経つれ  為文学者経  基経  首藤通経ら  碁経  経津主  経箱  秘経  貞経  妙恵貞経  経テモ損セズ  江田貞経  経王寺  経師職  経脚  経ヶ島附近  左大臣近衛経忠  経筒  尾張守高経  経季  千種顕経  一条経通  妙法蓮華経薬草諭品  経ら  摂政左大臣良経さま  経朝  法花経  経訖ん  藤兵衛佐頼経  伊賀少将隆経朝臣  相模権守経定  経世論  経題  絵心経  契経  転法輪経  二ヶ月余り経  無常経  経一人  別当大僧正経尋  一品経  性経  経みたい  伯楽相馬経等  経ちまた幾年  観経曼陀羅  観無量寿経  ナム妙法蓮華経  勝鬘経  経政  勤行観経怠り  経陀羅尼  る説経  地神経  一条経通  経教  一条家経  経嗣  経湯  瑜伽大日経秘密一乗  吉義神呪経  聖経風  経十九世紀仏蘭西ロマンチズム  十三経注疏なんど本箱  山海経  基経自身  基経氏  基経殿  経一節  信経  比喩経  将軍頼経  らめ年経  方等経  不断経  小字経太郎  レ経二院奏一  父経清  月十日附権中納言経房  経房  回読経  素人経師  因果経  経ぐり  経邦  経基  伊和員経  員経  治経明等  経種々無限  経信大納言  経信白川院  訳経  経清  支那訳経  経王  五年経ッ  七年経ッ  経業  経月  二経  大納言経信卿  宝陀羅尼経  橋本経亮  孝経彙註  十一月孝経彙註  四月孝経彙註  出羽守藤原経邦  藤原経邦  近藤経一  那先比丘経  経律  経律蔵  つて心経一巻諷誦  成経様  行経七巻  少将成経  八万法蔵十二部経中  成経  人法勝寺執行俊寛丹波少将成経  成経浜辺  成経殿  経信集  頼経  経ば調金  経代り  経実感  経みな一致  墓経  年経つて  瑜伽経  蓮華経  経来  経喪髪  千部経  経わなさ彦  数十年経つて後  武経  左衛門英経  恩田経介理学士  恩田経介君  夾冊子内経歳  経画  経二尺  茶経  付茶経外集  陸羽茶経詳説  著作茶経  方便経  北経五度五十二分  司道経  後京極良経  摂政良経  良経邸  西園寺太政大臣公経  季経  季経ら  左大臣良経  六条季経  藤原良経  宮内卿季経  家の子経家  経家たち  京極摂政良経  みな良経側  万事良経  その後左経記  俊寛成経康頼等三人  成経康頼等  毎日経  納経所納経所  納経所  雲ハ経紙  経かた  経ザル事件ハ金百五十円トス  経タル事件ハ  武経七書  チベット蔵経  孔雀王経  孔雀王経中  苔経  経輪  光明経  妙経  経律論  日本国内供奉翻経大徳霊仙元和十五年九月十五日到此蘭若  心地観経  洲経  涅槃経一軸  版経  小乗涅槃経  大乗涅槃経  経めぐつて  経立  経立ち  経立四五  典経  大方等陀羅尼経  経廻つて  転経唱礼  仏花厳経八十巻  大仏名経十六巻  金字大品経一部  金字大集経一部  南本涅槃経一部四十巻  経疏  金光明経  経窟  文珠問経  経本屋  蔵経家  経部  それぞれ経題  長安醴泉寺僧内供奉翻経大徳  経盛時代  年経ヌレバ卓子ハ摧ケテ石ノミ存セリ  真言孔雀経  為替経紀  幾万、年経  暫時経つて  六孫王経基  大集月蔵経  賢劫経  涅槃経等  術経  経道滅尽せん  無量寿経これ  平家納経  藤原経房  父経盛  長男経正  経俊  次子能登守教経  教経  飛騨景経  左中将清経  孤父経盛  安達清経  経ヶ島港  納経三十余巻  結縁経  井芹経平氏  井芹経平  井芹経  算経十書  



前後の言葉をピックアップ
                  


動詞をランダムでピックアップ
寄せかけるたばさま巻き返しあわれみひえ即け甘やかすおりこま配ら置きかえるほふっについつぶだつ立ち働きとどけでもたれかから力づけるやってこよ相成り回り込む
形容詞をランダムでピックアップ
手がる新しけれ鋭く羨しおそく歯痒かっ貴くさわがし大きからつまらなけれ言うまでもなき気はずかしくむずかしい危なく薄暗かっ青っぽい人間らし妖しいこそばゆき事新し