「素足」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

素足[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
素足で踏みながら  素足にスリッパを穿いて  素足にならなかつたから  素足の跡も見  素足で來たに違ひない  素足にならなかったから  素足の跡も見当たらない  素足で来たに  素足でここへ来たか  素足の脛を幾分寒さうに伸しながら  素足の脛を平気で伊曾の眼の前で組んで見せた  素足では歩かない  素足の親指に来た  素足で街道のぬかるみを駆けるので  素足は鹿の如く怪奇な形相を呈し  素足の土人を見たが  素足を美しいと誇る  素足の形にして  素足で踏み  素足で渡って  素足に草鞋ばきで  素足が並んでいた  素足をのぞかせた  素足を投げ出して  素足の露西亜人をよく掴まえては吹っかけて  素足がちらりとすると  素足にはいている  素足を闇に見せて  素足で砂の上を歩く  素足のまま墓場の道へ走って出た  素足になって  素足に手拭をふきながしに被った  素足に穿き馴れぬ  素足に古下駄を引摺り帽子もかぶらず  素足もかまはず踏み込んで  素足でゐるが  素足に草鞋を穿いた  素足の草鞋をとる  素足に藁草履で歩いてゐる  素足が砂の上を走り出した  素足の上にじかにオーバーシューズをはいている  素足が見えるって言います  素足が冷たさうに涼しく見えます  素足を見せない  素足で式台に上りこみ  素足の美しい踊姿となって  素足の踊子達が誇らしげにテーブルのうえに美しく化粧された  素足の上にそれをはいて  素足のまま引っ立てて  素足のままではいって行った  素足ではし  素足でその上をはしつて行つたものにそよ風は何をささやいたか  素足でその上をはしつて行つたものがあると  素足に穿いた  素足がてらされている  素足に八つ割草履をはいた  素足に後歯の下駄をはいて  素足のまま帯しろ  素足で庭へ飛び出していた  素足の儘ですから熊笹の根に足を引掛けて  素足で前へ立って  素足に草履を穿いている  素足に下駄をひっかけて  素足に踏む  素足では踏み堪へられなかつた  素足に小町下駄を穿いて  素足にて徒歩まう  素足に痙攣する  素足は砂にまみれ  素足に供養し  素足のままですたすたと歩く  素足にエナメル草履の古いのをつっかけて  素足を濡らした  素足にかかった  素足に眼をやりながら  素足にて寄席なぞへ行きたり  素足に靴をつつかけた  素足に草鞋を穿いて  素足で畳を踏みながら  素足を音田にならべて  素足に穿いてゐた  素足に草鞋をはいて  素足に片方だけ下駄をはき  素足を見てゐた  素足をひやかしたり咎めたりすると  素足を脛のあたりまであらわしながら  素足で歩く  素足のまま飛び下りて  素足のまんま下りて  素足から血のにじんで居る  素足で居られる  素足にひえびえと感じられる  素足に古藤の目が鋭くちらっと宿った  素足でつつ走る  素足に薄手の駒下駄ひっかけた  素足の伊達は競わずもあれ  素足につっかけ  素足を伊達の時好として客もゆるし  素足に下駄を突っかけて  素足を小さい波に洗わせている  素足を濡らす  素足の音がした  素足に足駄を穿いて  素足を出している  素足で庭へ飛び出した  素足を包んだ  素足で平気で往来を歩いてゐる  素足の子供たちも沢山いた  素足に庭下駄を穿きながら  素足のまま拔け出し  素足を浸して見る  素足を見るとも  素足で立って居りました  素足にその泥だらけのをはいている  素足を爪皮のなかへさし込んで立った  素足で寝台の上を歩いて見て  素足の指の爪は真くろに垢がたまっていた  素足にサンダルを履いた  素足に下駄をはいて  素足に女物の下駄を履いていた  素足でその上に立った  素足でフロアに立ち  素足で立って  素足に染まって  素足に竹の皮の草履をはいていた  素足に藁草履をはき  素足で客を款待したという  素足真白き女の神の引照比喩頗る精彩あり  素足を揃えて  素足が出てゐる  素足で歩かなければならなかった  素足に麻裏穿き  素足にわれと泣かし  素足で廊下の奥へ引つ込んで  素足に下駄をはいてゐた  素足でどこからか帰って来たる  素足に下駄穿きで  素足に藁草履をはいていた  素足にはいていた  素足を石畳の上に載せた  素足に雪駄を突っかけている  素足をして  素足の踵が裾をはねて  素足がある  素足をつついた  素足になる  素足でベットの靴をさぐって  素足を見ました  素足で坂を登りきった  素足にワラジをはいており  素足の表面にくッついた  素足は全く汚れていなかったし  素足でワラジをはいたなら  素足に一個所繃帯し  素足で静かにどこかへ消えて行った  素足を雪のなかへ踏み入れる  素足へ草履をはいて  素足につっかけた  素足に草鞋をはいている  素足にも血泥が黒く乾いていた  素足の女半ば青きシラガミススキの蔭にゆきて  素足で廊下を駈け出した  素足で庭へ飛び降りた  素足がふるえていたり  素足を見せる  素足になっていたが  素足になった  素足で何とも云われないほど  素足で土を踏んでいる  素足でぶらぶらと迷い歩いている  素足に履いた  素足とも言わない  素足に落ちちれる  素足に砕けて  素足の足に苦悶の力が籠もって  素足にかちんかちんに凍った  素足で無器用に床石をたどりながら  素足で歩いていた  素足の娘がまた眼の前に現われた  素足で踏みつけたら  素足をつけ  素足に蹈臺を俯着けて居る  素足にいきな雪駄を鳴らし  素足をのせながら  素足に日傘をもった  素足のままのフランシスの爪先きに  素足に雪駄の男まえは  素足の雪駄に運ばせると  素足で足の指を赤くして  素足の踊姿を認めた  素足を法として断じて寒中も足袋は履かなかつたといふ  素足のまま板の間へ出て  素足で雪の中を舞い踊りながら吹きまわる  素足に草鞋穿の裾を端折った  素足で歩いても  素足のまま歩き回り  素足の乳しぼりの  素足にして  素足をこころよくあてた  素足が床板を小早く掠めて遠ざかってゆく  素足のまま逃げ出してきて  素足で捏ね返して  素足に草鞋をつけ  素足の群れが乱れて来た  素足の音を立てながら走っていった  素足に草履をつっかける  素足で歩き  素足でぴちゃぴちゃ附いて来るので  素足に草履をはいている  素足の爪紅に比べると  素足のまま寝床を降りると  素足にはいても  素足のままではいていた  素足を露わにだした  素足に下駄を突つかけた  素足の先につっかけて  素足で火鉢もない部屋で小説を書くという  素足で庭へ飛び出して  素足の泥を拭きながら  素足がニョッキリと出て  素足に海松ぶさ寄せぬ  素足でサギのように片足で立ち  素足にさわって  素足に草履をつっかけて  素足でうたって歩くおきぬを見ました  素足に長靴を穿いた  素足が戸外の照り返しを受けて  素足に草鞋をはいていた  素足で青草を踏み  素足がしっかりと踏みしめている  素足にうつとりし  素足に薄いきたない藁草履をはいていた  素足に藁草履をはいていたというだけを  素足が交る交る月の光りを  素足に白いサンダルをはき  素足の上へ草鞋を穿いた  素足に冷めし  素足で石の盤の上に立っていた  素足にまで辿り着く  素足の表情ほどまた夏の夜の生氣をよく發揮する  素足で石の盤の上に立つて居た  素足のたたみ  素足でこっちへ来て坐りながら  素足を隠すからだ  素足で豆蒔は出来かねる  素足のまま土を踏んでいる  素足を顕して  素足に重たげな  素足に麻裏草履をはきました  素足で野の花の香を踏んで行く  素足を停めた  素足へちらと眼をやって  素足の残す  素足に駒下駄を穿いた  素足に大きな木靴をはいて  素足を柔かそうな土の上に踏みつけて  素足光らし風に砥がれて光る  素足を運ばせ  素足の裏が白く白く飜った  素足の窺える  素足に半長の古靴を穿いていたが  素足で踏んで  素足をつけて  素足にて踏む  素足を寒さのためにふるわせ  素足に快くふれます  素足でふむ  素足のままその上を歩いてみたい  素足と真紅のスリッパにゴチック式の豪華を極めた  素足が載っている  素足を内輪に運ぶ  素足に赤い鼻緒の剥げ  素足にぢかにはいた  素足でバタついて  素足痛々しげに荒莚を踏みて  素足の上を水は豊かに流れる  素足で歩いている  素足に草履を穿き  素足を見せ  素足でじき黒くなってしまうしね  素足の貧者の中にありき  素足の貧者といへり  素足の先につまんで  素足に庭下駄を突掛けた  素足に靴を突つかけた  素足で河原を踏んでゆく  素足がならんでいた  素足を見た  素足の者は一人もいない  素足を運びつ  素足を運びつつ泣く  素足へ草履をはいた  素足の足の裏をさす  素足の指先に突掛けた  素足の指を布団の上で海老にした  

~ 素足[名詞]1
縁を素足で  百合絵は素足  容易に素足に  跡も素足の  處を見ると素足で  ところを見ると素足で  少女は素足の  自分の素足の  さへ素足では  彼女の素足の  西洋婦人の素足は  顔で歩いてる素足の  前者は素足の  雪駄を素足で  のが素足に  下から素足を  泥だらけの素足を  ような素足の  彼女は素足には  私は素足に  わたくしは素足に  群星は素足で  來たといひながら素足の  頭からかぶつて素足に  巨人の素足が  すの素足から  天人の素足が  露顕な素足  二本の素足が  足袋を穿いて素足を  金羊毛酒場の素足の  シンミイダンスが終って素足の  病室へ素足の  上を素足では  ものがある素足で  女の素足が  腕も素足も  元より素足の  草鞋一人は素足で  浴衣がけで素足に  彼を素足の  耶蘇の素足は  足は素足で  女の素足を  多くは素足  羽織を着て素足にて  お前は素足か  長靴ばかりを素足に  しなやかな素足の  私の素足を  色した素足を  上草履や素足で  土間へ素足の  袷で素足で  風が素足に  水を踏んで素足  素袷に素足の  それを素足に  後には素足を  しずかな素足の  様な素足を  襯衣一枚になって素足で  彼の素足を  やうな素足で  寢臺から素足の  それに素足  水に素足を  羽織つた靴下もはかぬ素足の  二人とも素足  ぞうりをつっかけた素足の  下駄を脱いだ素足で  腰衣の素足で  いずれも素足に  譬へて素足  和服を着て素足の  健康そうな素足を  草鞋を穿いた素足が  片ぞ素足に  姿で素足に  髪の素足で  女が素足には  ような素足を  菊の素足が  天女の素足を  米友だけは素足  米友の素足を  草鞋ばきの素足に  雪降りに素足に  一太は素足  公卿どもの素足にも  なかの素足の  省作は素足で  役者の素足が  少量の素足を  兼は素足に  それは素足で  杖を持って素足で  上に素足の  左足は素足  積りで素足に  女の素足に  君は素足に  彼女は素足の  床石に素足を  華奢な素足を  シャツ一つの素足の  タルタンの素足の  伊達の素足といふ  風情が忍ぶとなれば素足を  靴で踏んでも素足で  置炬燵より素足に  草に素足を  彼女の素足が  中を素足に  黄包車の素足の  廊下を素足で  小僧が素足で  前記の素足の  渋塗りの素足を  スカートに素足に  雑作に素足の  瀬田は素足で  四つの素足に  真白な素足で  須永の素足に  裸の素足の  増も素足に  素顔に素足が  土に素足にな  彼は素足に  自分は素足の  ような素足で  節の素足の  節の素足にまで  薄手な素足で  中には素足の  少年は素足に  女神達は素足で  もとから素足の  きえさんの素足を  きえさんの素足へ  柔い素足の  足袋も穿かずに素足を  づるげ街のをとめの素足  婦人の素足の  毛だらけの素足に  泥土を素足で  黴のうへに素足を  足袋ぬぎて素足にて  ももひきに素足に  畳は素足に  日焦けのした素足に  拇指のはらが素足で  人の素足の  木履を素足に  日本服を着て素足で  少数の素足の  最初の素足の  泥の素足に  民子さんの素足を  スカートで素足へ  道子の素足に  起きぬけの素足の  

~ 素足[名詞]2
柔かい素足  どうして素足  その素足  白い素足  もはや素足  いっそ素足  大きい素足  痛々しい素足  可愛い素足  もう素足  到底素足  ともに素足  はかない素足  無論素足  ぺたぺた素足  美しい素足  いつも素足  殆ど素足  はじめて素足  小さな素足  つくづく素足  全く素足  たしかに素足  この素足  軽く素足  好い素足  長く素足  あまり素足  黒い素足  やはり素足  真白い素足  可愛らしい素足  大きな素足  小さき素足  つつましい素足  ない素足  おぼつかない素足  

複合名詞
畳ざはりが素足  ひとり素足  素足さ  其癖素足  一本刀素足草鞋  つた素足  島素足  それらみな素足  素足しらしら  つけ素足  時素足  前夜素足  三里素足  素足あし  素足草履穿  われ素足  なんぴとも素足  浴衣素足  しめ素足  



前後の言葉をピックアップ
      酢のもの    すあま  スアリ  スアレス  スアレー  素袷


動詞をランダムでピックアップ
もとづかしきろ見やんむくいよよみするせしめん進ずるとおりすぎ有ら玩ばはずんいきかえら嘶か嫌わ引入れるえがき取り掛から打抜かうちくだいけずれ
形容詞をランダムでピックアップ
こわかっ由由しいするどいち早い愚かしくまっくろ遠いいかつし忙しかっいたましい渋かっものすごいおもしろかっ緩きあつかましい浅いほしおめでたかっ印象深い