「立ち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 立ち[動詞]
気兼をして立ち  前世代人より、立ち  外に立ち  側に立ち  赤葉に立ち  山によきによきと、立ち  競ひ立ち  の子一人りんと立ち  一週間内に立ち  そこに立ち  前に立ち  ほのかに立ち  傍らに立ち  胸を抱いて、立ち  利巧に立ち  いくつも立ち  事態に立ち  巌頭に立ち  上に立ち  日を立ち  松の木かげに立ち  門に立ち  先に立ち  あんまりなと又立ち  一斉に伸び立ち  今漸くよちよち立ち  つま先で立ち  席を立ち  頂上に立ち  両国を立ち  中止にして、立ち  役にも立ち  両人は打連れ立ち  腹が立ち  先へ立ち  暮し方が立ち  評が立ち  種々心配をしながら打ち連れ立ち  家を立ち  義理が立ち  お家も立ち  対象には立ち  入江にけぶり立ち  矢表に立ち  人々が立ち  段階に立ち  間に立ち  林のごとく立ち  打者は依然として立ち  後に立ち  秋風が立ち  庭へ立ち  そこを立ち  事態にまで立ち  人々に立ち  婚礼に立ち  一分が立ち  本道に立ち  そこで立ち  道に立ち  さまををとめは立ち  頭をひくくして立ち  市街に立ち  埃が舞い立ち  苦痛にも立ち  ピアノ彈奏を立ち  野へ立ち  下に立ち  真中に立ち  法廷に立ち  文を書かうと思ひ立ち  船橋に立ち  点からいうと、あるいは少し立ち  ために立ち  ときなどにちょいと立ち  二組に立ち  居城を立ち  庭に立ち  ゲーレスは烈しく立ち  粟粒が立ち  袖をひいて立ち  まま上野まで立ち  座を立ち  それを立ち  空に向けて立ち  立ち停り、また少し歩いては立ち  次は時々立ち  造作は立ち  ちょっとどぎまぎしたが、すぐ立ち  心配らしく、立ち  彼はもう立ち  合理主義に立ち  ぼんをはいて立ち  玄関に立ち  丘に立ち  守衛は空しく立ち  我が家へと立ち  ここで立ち  ところ迄立ち  絶対上位に立ち  絶對上位に立ち  ものがいくら入りかわり立ち  俗人に立ち  陽炎が立ち  話を立ち  絶対孤独に立ち  覚悟して立ち  両方へ立ち  南北に立ち  北に立ち  一端を持って立ち  中に、立ち  人々も、唯、あれよあれよと立ち  為か、立ち  最初に立ち  其端に立ち  世の中うき立ち  影にして立ち  傍に来て立ち  評判が立ち  源吉が立ち  烟突が立ち  黍畑に立ち  日本橋に立ち  グイと立ち  前に、突っ立ち  旅に立ち  邸を立ち  丘の頂きに立ち  お母さんと称えて立ち  煙草の煙を立ち  前を立ち  義理に立ち  叡山を立ち  時草庵を立ち  公民に立ち  岸に立ち  説もなり立ち  高原に立ち  場合に立ち  焔が立ち  時庖丁振り舞して立ち  註文があって目出度い目出度いと立ち  なかに立ち  近くに立ち  波が立ち  頂に立ち  天に向かって立ち  砂浜に立ち  なかに突っ立ち  用には立ち  たてにして立ち  つて先に立ち  十歩行つては立ち  眼に立ち  夕闇が立ち  われ衢に立ち  女と並んで立ち  信仰に立ち  知恵をもって立ち  海を見て立ち  友情に立ち  壁はつっ立ち  垂直に立ち  席から立ち  中に立ち  プロジェクトを立ち  前にかろうじて立ち  市場を立ち  コンピューターを立ち  森凡はのろのろと立ち  彼等浪人者は立ち  ように忙しく立ち  心は胸苦しく立ち  想いで、じたばたと立ち  枕元から立ち  人目に立ち  歯は立ち  ここを立ち  女中が立ち  侍が立ち  底浪が立ち  奴らが立ち  お詫びなどは、いずれ立ち  お腹が立ち  奴が立ち  役目が立ち  江戸表へ立ち  軒下に立ち  便所へ立ち  先頭に立ち  ボイジャーを立ち  kompassが立ち  戸口に立ち  羽織つて、立ち  役に多少でも立ち  道ばたに立ち  聖言に遵いて立ち  蔭に、つと立ち  世に立ち  君樣に立ち  思つて有明月に立ち  暗夜に立ち  石槍の立ち  石鏃の立ち  月ゆゑに光は立ち  気持に立ち  影が深く立ち  彼奴が立ち  明るみが立ち  歩哨に立ち  月日が立ち  室に立ち  手にもって立ち  心持になり、立ち  腰にかって立ち  清造はさびしくなると立ち  湯気が立ち  煙がどことなく立ち  煙が立ち  茫んやり立ち  申譯は立ち  かたわらに立ち  椅子を立ち  手すりのまえに立ち  中央に立ち  わきに立ち  しろに立ち  ここに立ち  ほこりが立ち  信念に立ち  世間に立ち  娘たちは余り立ち  ものに立ち  世界を立ち  顔を見合わせて、立ち  何時までも立ち  厠に立ち  白煙が立ち  六波羅殿よりすぐに打ち立ち  燎原に立ち  名誉戦死者某々殿と立ち  秋風も立ち  皆がそろそろ立ち  ことに立ち  瑛子はすぐ立ち  ところに立ち  組が立ち  心理に立ち  育い立ち  ゆらゆらと立ち  二人は立ち  街に立ち  界に立ち  まわりに立ち  腕にもたれて立ち  さまがえるも、急いでしゃんと立ち  勇敢に立ち  蒸気が立ち  空へ立ち  御前に立ち  俳句編纂を思ひ立ち  川糸遊が立ち  つて先頭に立ち  先登に立ち  火中に立ち  橋に立ち  中に突っ立ち  暇を告げて立ち  幾度も立ち  姿が立ち  しろにしゃんと立ち  系統に立ち  濛々と立ち  間から湯気が立ち  噂が立ち  これに立ち  そばに立ち  現実に立ち  左右に立ち  主人は立ち  窓から立ち  一隅に立ち  三越前に立ち  路傍に立ち  西東に立ち  安否に騒ぎ立ち  いくら悪党づきあいで狡く立ち  浦に立ち  焼け跡に立ち  純情へ立ち  役には立ち  辺へ立ち  大黒天のは黒く立ち  扉が聳え立ち  やうに立ち  趾に立ち  傍に立ち  森陰に直立ち  末黒に立ち  不動に立ち  世界が立ち  期間宮廷に立ち  ような煙りが立ち  姿に立ち  いちはおとなしく立ち  後ろに立ち  心に立ち  穂波も立ち  星先に立ち  ヘルマンは立ち  彼は立ち  大阪表を立ち  岩石に立ち  一転して立ち  平地へ立ち  場に立ち  何時間も立ち  畔に立ち  型に立ち  彼女と向かい合って立ち  人間に立ち  性質に立ち  前へ突っ立ち  突つ立ち  霧が立ち  ように立ち  かすかに立ち  ように冷たくなって立ち  ところへ立ち  今まで立ち  残虐に立ち  正気に立ち  のを立ち  日に立ち  立派に立ち  ジュジュまでが立ち  女は立ち  ちょぼんと立ち  歩みをゆるめて立ち  臭いにむせながら、しばらく立ち  一角に立ち  客観的になり立ち  情熱によって振い立ち  身振りをして立ち  そのままにして立ち  形体に立ち  状態に立ち  さきに立ち  腹も立ち  藪蚊が立ち  風説が立ち  ツヤが立ち  胸が、どきんどきんと騒ぎ立ち  可決に立ち  本心に立ち  狩場に立ち  御船手が立ち  端に立ち  理解に立ち  そうになっては、立ち  入口に突っ立ち  それがまた立ち  道で立ち  場につっ立ち  顔はして立ち  三つの影が立ち  部屋へ立ち  原士が立ち  三名が、躍り立ち  側へわかれて立ち  傍らに来て立ち  タオルをもって立ち  急には立ち  隅に立ち  女浅瀬に立ち  演壇に立ち  認識に立ち  彼らが立ち  段を昇らうとして見ると立ち  浴衣にきかえて、立ち  長屋の立ち  根柢に立ち  太陽の光線も立ち  地盤に立ち  立場に立ち  出席簿を持つて、立ち  子と打連れ立ち  岐路に立ち  旅を思ひ立ち  高所に立ち  土に立ち  足を開いて立ち  殊勲をかがやかせて立ち  阿波へ立ち  家名が立ち  悄然と立ち  匂の立ち  方に立ち  月照船頭に立ち  前へ立ち  家へ立ち  自家へ立ち  鉞なんどで立ち  新津を立ち  あとに立ち  給仕が立ち  請人に立ち  病体で、到底立ち  捌を附けなけりゃ立ち  殊に血から立ち  廃殿を立ち  舞台に立ち  鎌倉を立ち  身に立ち  身延を立ち  ものが立ち  校内に立ち  船ばたに立ち  途に立ち  父親が立ち  門口に立ち  庄は立ち  舟ばたに立ち  さで立ち  水になりて流れて、けぶり立ち  其昔宇治橋上に立ち  用にも立ち  辻に立ち  玄関へ立ち  屋敷を立ち  腹を立ち  軽快敏捷に立ち  上田を立ち  関頭に立ち  耳を取られて、立ち  基本も立ち  立てと言えば立ち  先鋒に立ち  名分も立ち  節くれ立ち  地位に立ち  さざ波が立ち  場面に立ち  関係に立ち  目に立ち  わが家へ立ち  房子はしばらく立ち  靜かに立ち  そこらに立ち  金剛杖では、立ち  縁に立ち  其場を立ち  往来に立ち  席を蹴って立ち  前に突っ立ち  普通に立ち  のは立ち  波紋が立ち  ようにつっ立ち  ちゃんと両足で立ち  中途に立ち  千浪の立ち  爽かに立ち  評判も立ち  文珠屋を立ち  敷居際に立ち  手帖をもって立ち  ッと立ち  茫然と立ち  歯も立ち  結びあへでいそぎ都を立ち  こに立ち  きりきはに立ち  須原を立ち  人河原に立ち  前につっ立ち  お金をはらつて立ち  磔刑に立ち  茶店まで立ち  中間に立ち  目白屋敷に立ち  プルウストは立ち  度思ひ立ち  者も立ち  一しょに立ち  生活をも立ち  店先へ立ち  者が立ち  御用聞に立ち  茶屋へ立ち  腹ばかり立ち  顏が立ち  地面から立ち  便所が立ち  心となりて立ち  部屋を立ち  問題に立ち  それよりもまだ立ち  廊下に立ち  一角で少々立ち  光の雨に打たれて立ち  まり気が立ち  顔つきになったので、そっと立ち  村の家に立ち  店頭に立ち  板子に立ち  公孫樹下に立ち  さもひときわ立ち  百姓に立ち  百姓生活に立ち  角まで来てまた立ち  課題が立ち  徒が立ち  前から立ち  群馬をひいて立ち  いたずらに立ち  お腹も立ち  前で立ち  のを見ると、ふと立ち  真っ先に立ち  復シユウに立ち  形にまで立ち  気に立ち  足で立ち  戸にくっついて立ち  羽目板にもたれて立ち  利口に立ち  枝からとび立ち  一疋もとび立ち  庭さきに立ち  日が立ち  枯草、伏し、且つ立ち  方向に立ち  あとからあとへと立ち  侵入部隊に立ち  前をも立ち  呂布は、帰るといって立ち  湯げの立ち  海は湧き立ち  沖波が立ち  ほうへ立ち  濡縁に立ち  身辺に立ち  アーチが立ち  岐阜を立ち  旗本大いに崩れ立ち  私自身に立ち  往復には必ず立ち  面目が立ち  闘争に立ち  傍まで来ると立ち  羅は立ち  入口に立ち  国境に立ち  前まで来ると立ち  ように持って立ち  火に立ち  死に立ち  望楼に立ち  徐州へ立ち  前につくねんと立ち  我れに立ち  馬だけひいて、ひとまず立ち  席を突っ立ち  一同そこに立ち  杖として立ち  明日安積へ立ち  頭から湯気が立ち  将来舞台に立ち  古典に立ち  域へまで立ち  事に立ち  そこから焔が立ち  ゃっきゃっと鳴いて立ち  まん中に立ち  人影が立ち  傍輩に立ち  六歩ごとに立ち  ほのぼのとさせるばかりに立ち  大学の立ち  故郷を立ち  余が立ち  汝らは、みだりに立ち  上を立ち  山陰をかすめて立ち  山岳をかすめて、すさまじく立ち  むげにも座を立ち  霧のまだきに立ち  はや国へ立ち  下においてぬっくと立ち  能もなく立ち  荊州へ立ち  學の立ち  腹の立ち  彼ははたと立ち  事を立ち  棒立ちに立ち  いくらでも立ち  玄関番をして立ち  巌上に立ち  原稿用紙に立ち  涼風が立ち  鬼気が立ち  あちこちと立ち  芸者の立ち  温顔に立ち  三度も立ち  一緒に立ち  分岐点に立ち  圭さんは立ち  顔をして、同じく立ち  から、立ち  君、早く立ち  もとへ立ち  廻廊へおどり立ち  地を立ち  陣外に立ち  着物を着て、今にも立ち  女が立ち  涼気の立ち  かまきりは立ち  善光は、ふと立ち  上におり立ち  身軽に立ち  蟹は時々立ち  図思ひ立ち  角に立ち  一日を立ち  ロマンチックな生ひ立ち  一斉に立ち  暮風に立ち  ぐるりに集めて、立ち  何をかわれに思へとや軽く立ち  自席を立ち  波は立ち  孔明は立ち  卓を打って突っ立ち  使いに立ち  案内に立ち  四名は喜んで立ち  あいだに立ち  首すじに突っ立ち  先駆者として立ち  捜査本部を立ち  便所に立ち  店先に立ち  根もとに立ち  つぼに立ち  そのままそこに立ち  いまそこに立ち  いっさいを立ち  戦車に立ち  一分が相立ち  助が立ち  男だけにきりっとしていて立ち  一伍一什を立ち  声が、立ち  店を立ち  葉から宵やみが立ち  耳を傾けながら立ち  くらゐで、立ち  昨日家を立ち  経験論に立ち  積極的に立ち  圧倒されて立ち  彼女は立ち  一ぺんに立ち  下にさげて立ち  教壇に立ち  木の下に立ち  木影に、しよんぼりと立ち  ただ中に立ち  濠端に立ち  風が吹くとともに、物々しく色めき立ち  陣地を立ち  沸え立ち  舳に立ち  肩に立ち  部下は立ち  全面的に崩れ立ち  君を立ち  大将と迎えに立ち  騒然一団になって立ち  竹力を握って立ち  いっしょになって立ち  方へ立ち  カガトをそろえて立ち  呉へ立ち  みずから迎え立ち  門前に立ち  面目も立ち  あれよと立ち  府へ立ち  突忽として立ち  水は、満々とそよぎ立ち  きさくに立ち  空を立ち  物狂わしく立ち  akimboをして突っ立ち  斜面に沿うて、高く低く立ち  煤煙が立ち  掲示が立ち  中へ立ち  軍令に立ち  百官すべて見送りに立ち  洛陽へ立ち  光芒が立ち  うな重大事に立ち  風波が立ち  しずかに立ち  人柱に立ち  水口に立ち  幟が立ち  ルミ子が立ち  オイハギに立ち  フチに立ち  ために、フッと立ち  社へ立ち  記代子が立ち  無性に腹が立ち  列に立ち  数人が立ち  生活に立ち  小夜子はふと立ち  どこかに立ち  昨夜静岡へ立ち  外へ立ち  藤川庄三郎門口へ立ち  容易に立ち  台所に立ち  屋臺へ立ち  写真帖を取り上げて、立ち  助は立ち  事と思って、立ち  足は立ち  所に立ち  たびに立ち  下へ来て立ち  使命に立ち  ソフィヤに気がつくと立ち  研究の立ち  男歌人に立ち  女房が立ち  人に立ち  側に突っ立ち  その間に立ち  関興は、やがて立ち  なすのやむなきに立ち  プツリと立ち  操が立ち  道も立ち  供に立ち  声は立ち  君勇は立ち  急に立ち  鶴雄はふと立ち  ところから新らたに生ひ立ち  八方に立ち  焼香に立ち  目算の立ち  崖に立ち  お前に立ち  樹が立ち  砂ほこりが立ち  余り目に立ち  石田は立ち  僕も知っていたので、しばらく立ち  入れ物に飼おうとして立ち  辺を立ち  人買いが立ち  うわさが立ち  靄深く立ち  おやまさんお腹も立ち  此方を遅く立ち  足腰が立ち  表に立ち  漆よりも色濃くむらむらと立ち  本能に立ち  どれよりも立ち  所まばらに立ち  どの人にも立ち  背を向けて立ち  心を立ち  背景にして突っ立ち  真正面から立ち  翻訳を思ひ立ち  出発点まで立ち  音たてて立ち  そこから細くまっすぐに立ち  静かに立ち  ぐるりに立ち  両方に立ち  惚面で承るとむっくと立ち  両手で結んで立ち  何かが立ち  煙がひとしきり渦巻いて立ち  あたりに立ち  靄が立ち  八と立ち  袴をはいて立ち  創作に立ち  絞首台上に立ち  上に突っ立ち  あたり一面に立ち  歯が立ち  面と向って立ち  方もなり立ち  人が入りかわり立ち  影が立ち  気が立ち  医者は立ち  側からは立ち  理由が立ち  下宿を立ち  糶市が立ち  胸いっぱいにひろげて、立ち  三四郎は立ち  ようですから、とにかく立ち  角で立ち  まん中へ立ち  自分は立ち  腰を上げて、立ち  挨拶をして、立ち  団扇を、立ち  両足を開いて立ち  代表が立ち  世の中を立ち  小利口に立ち  小屋に立ち  腰掛を立ち  短かい陽炎が立ち  俄かに色めき立ち  事情に立ち  児に立ち  から引っ立ち  常識に立ち  仄かに立ち  好紳士に立ち  紳士に立ち  態度に立ち  警視庁内何となく色めき立ち  あれあれと立ち  まつすぐに立ち  背後に立ち  前屈みになって立ち  直にして立ち  鵜は立ち  海に向ひて立ち  そりと立ち  四周を立ち  身動きもせずに立ち  真中へ並んで立ち  更めて、新しく立ち  前にじっと立ち  夜の進むに従って薄らいだとはいえ、時々立ち  方から立ち  給仕に立ち  それで立ち  地へ立ち  ますます遠くなったので、やっと立ち  殺気の立ち  硝煙が、薄く立ち  顔をして、立ち  隅ッこで立ち  結末をつけると、感じ入って立ち  休刊のやむなきに立ち  雑誌も立ち  予想でも立ち  地に立ち  静けさが立ち  處に立ち  先導に立ち  ヤチマタに立ち  戸を立ち  窓辺に立ち  四辺に立ち  時用に立ち  御用にゃ立ち  御用に立ち  十月二十五日モスクワを立ち  あなたにも立ち  学士はその坐を立ち  蒼ざめた女が立ち  一人の立ち  田鶴こそは立ち  面影に立ち  腕まくりして立ち  家内にわかにさわぎ立ち  立札が立ち  此家を立ち  見合ひに立ち  親交とに立ち  頭に突っ立ち  国が立ち  本題に立ち  彼を入れすぐ立ち  明日は早く立ち  道傍に立ち  手術に立ち  因習に立ち  隙間から突如として立ち  若旦那に立ち  群に立ち  浮名の立ち  幹がまっすぐにつき立ち  この間に立ち  もとに立ち  ほとりに立ち  微風に立ち  玄関のそとに立ち  小田原養生館を立ち  皆気が立ち  門は曲って立ち  身ほそく立ち  八時間も立ち  歩哨が立ち  早見博士を立ち  馬市が立ち  八方へと、蹴とばして、おどり立ち  跡からこづいて、立ち  島をぱっととび立ち  香りが、ぷんぷん立ち  混り合って、もうもうと立ち  若さで背負って立ち  猫へ立ち  童心へ立ち  すすきの中から立ち  姿勢において立ち  凱旋門は黒く大きく聳え立ち  口から寒空へ立ち  上で立ち  空に立ち  此処にして立ち  からすっと立ち  卒塔婆が立ち  太股へ立ち  ゃればお腹も立ち  家が立ち  申開きが相立ち  お腹の立ち  人が立ち  三吉は立ち  文界に立ち  類想家に立ち  盡未來益に立ち  願ひて立ち  むとして立ち  文學界に立ち  文壇に立ち  背が立ち  ために、立ち  儼然と立ち  岩の上へ突っ立ち  虹が立ち  何ヵ月か立ち  焔になって立ち  噂も立ち  風評が立ち  岡に立ち  輪形に突っ立ち  確信に立ち  八千代とぞ鳴くと立ち  胸から頭まで湧き立ち  女房は立ち  襟を扱いて立ち  床几をすっと立ち  体で、立ち  処に立ち  力を落として青白く立ち  後足で立ち  わたしに立ち  うつらうつらまだ立ち  河靄が立ち  線が立ち騰っては消え、また立ち  城下を立ち  用に立ち  八本、あるいは立ち  甲府を立ち  備を廻って立ち  大軍を立ち  曲者に立ち  方に向いて立ち  背にもたれて立ち  佃が立ち  ものがなくたって立ち  煙が、揺がず立ち  自分も立ち  和一郎は黙って立ち  壁に向って立ち  来月早々立ち  テーブルを立ち  一時に立ち  そばにつっ立ち  敷石から屋根に至るまでどっとわき立ち  社交場裡に立ち  我物顔に立ち  びっくりして立ち  僕は折々立ち  機械的に立ち  従姉たちに立ち  明朝にでも、立ち  お玉は立ち  蓑を鳴らして湧き立ち  武士道とやらが立ち  ようにうまく立ち  壇前に立ち  壁が聳え立ち  仰山に立ち  逆さに立ち  はじに立ち  証人に立ち  臨終に立ち  客は立ち  凭たせて、立ち  手を立ち  腹は立ち  主意も立ち  醫者は立ち  眼前を立ち  感心して、立ち  噂の立ち  空までも立ち  三年程立ち  一しよに立ち  から三年ほど立ち  身共役目が立ち  のやむなきに立ち  位に立ち  亭々と聳え立ち  汚辱に立ち  面目は立ち  三味線を投げ出して立ち  腹の中に立ち  店のまえに立ち  記念碑のまえに立ち  棚のまえに立ち  波が、そろそろ立ち  方に来て立ち  共ならでは立ち  事務所に立ち  銀床を立ち  気がいよいよ焦立ち  人心地に立ち  湯気でも立ち  手洗ひへ立ち  舞ひ立ち  俗に立ち  歌ふて立ち  南岸に立ち  遽かに思ひ立ち  大帝其前に立ち  見地に立ち  猿橋駅を立ち  私は立ち  真黒に立ち  噂が、立ち  君が立ち  板目が立ち  見込みは立ち  根本精神にまで立ち  いまにもとび立ち  眞黒に立ち  候補に立ち  使が立ち  際、立ち  勅使が立ち  公家女房に立ち  挨拶もなくて立ち  声が立ち  君はあわてて立ち  拡大するに立ち  夕暮海邊に立ち  境に立ち  確かに立ち  逆境に立ち  説教机に似て立ち  自ら陣頭に立ち  味方は崩れ立ち  丁度使に出ていたので、立ち  渠はいとど慌てつ、悶えつ、辛くも立ち  組織自体が立ち  最高段階に立ち  遽かに色めき立ち  筋道が立ち  面が立ち  手を控えて立ち  学生組織に再び立ち  四方に立ち  殺気が立ち  噂が、またパッと立ち  得物を取って立ち  ように、立ち  宿を立ち  この声を聞くと、さすがに狼狽えて立ち  舟小屋を立ち  思想が必ずしもそれ程立ち  寺を立ち  刑事が立ち  近江に立ち  紀伊に立ち  伊豆に立ち  如く応じて立ち  しか席を立ち  枕邊に立ち  此処に立ち  記者本能に立ち  條理が立ち  後宮に立ち  北側に立ち  スックと立ち  道路に立ち  一方にもくもくと立ち  十五年前に立ち  ハゲ天へ立ち  ことが飲み込めなくて、立ち  勝手口へ立ち  屏風のごとくに立ち  約束が立ち  交誼も立ち  しかしわたくしは焦立ち  そこへ置いて立ち  ひとり長禅寺を立ち  三十にして立ち  急にそわそわと焦き立ち  廊下で立ち  音が立ち  刀を揺り上げて立ち  薄り立ち  カウンターによりかかって立ち  背にして立ち  ソファを立ち  フロアに立ち  彼と向き合って立ち  がたに立ち  案内者も立ち  波に向き合って立ち  私はしばらく立ち  其処に立ち  軒先に立ち  中ほどで立ち  番所を立ち  遠く三方に分れて立ち  路次を立ち  ミネ子は立ち  飯櫃を置いて、すぐに立ち  烟らしいものの立ち  軽井沢に立ち  全体主義に立ち  直吉が立ち  目から、立ち  脚を開いて突っ立ち  薹が立ち  座席から立ち  来世に立ち  基礎が立ち  前では特に立ち  偉人とは立ち  腰を放して立ち  小屋を立ち  軒下へ立ち  お客が立ち  叔母が立ち  理論が立ち  無遠慮に立ち  ようすで突っ立ち  コスツからく立ち  子ら遊園地ちかくに立ち  密林に立ち  軒に立ち  原を立ち  林を立ち  用心門を立ち  町が立ち  童子が立ち  今後うまく立ち  楽屋を立ち  壁がつっ立ち  小諸を負って御立ち  浮名が立ち  旦那様は御立ち  爪先で立ち  相手は立ち  沸返りて、ぱっと立ち  土間に立ち  線路にまっすぐに立ち  無二無三に哮立ち  圧へて立ち  頁をあわせて立ち  曙山さんは立ち  方針が立ち  エルサレムを立ち  二度は帰るまいと立ち  泡が立ち  何度も立ち  社会に立ち  法会に立ち  階級として立ち  ちょっと議論が立ち  議論が立ち  歌舞伎劇を一度観てやらうと思ひ立ち  乞食が立ち  身代りに立ち  縁先に立ち  寒気が立ち  学寮を立ち  其例外に立ち  景気が立ち  先生此逆境に立ち  此晩街路に立ち  板の間に立ち  青空に立ち  もとへは立ち  心の立ち  みんな二列に立ち  ひとが立ち  ように狡く立ち  江戸を立ち  わが家を立ち  らいを持って立ち  道具市が立ち  都へ、立ち  庄を立ち  身を立ち  経家も立ち  河原に立ち  衆臣が立ち  府を立ち  來て立ち  料理を入りかわり立ち  二歩歩いては立ち  三歩歩いては立ち  手に引かれていたにもかかわらず、立ち  腰掛より立ち  穂が立ち  ように振い立ち  江戸湾内を立ち  画嚢に入れて立ち  松本をゆっくりと立ち  方をながめて立ち  立ち給うな、立ち  門櫓に立ち  花吹雪さえ立ち  角まで立ち  みかどのお側を立ち  一せいに応えて躍り立ち  彼がよろめきを立ち  往還に立ち  一色村へ立ち  片手にして立ち  自分が立ち  階級的立場に立ち  本格的に立ち  縁側に立ち  加減にして出て戻ろうとして、まだ立ち  そこに突っ立ち  その男は、忙しいといって立ち  思つたトタンに、スラリと立ち  自分に立ち  シンミリと立ち  尖端に立ち  下にはさんで立ち  タミ子がフッと立ち  涯に立ち  世界に立ち  前にひょいと立ち  竪半分に立ち  木かげに立ち  一人とて立ち  戦場へ立ち  今日、立ち  案内をして立ち  いに立ち  男女が立ち  武士が立ち  住吉へ立ち  都へ立ち  前に、立ち  心持ちふんばり加減につっ立ち  人里を立ち  ために供えて立ち  限り、立ち  善光寺本堂を立ち  白雲は、立ち  善光寺を立ち  騒めき立ち  展覧会を立ち  都を立ち  こなたへ立ち  さに立ち  如才なく立ち  男に立ち  大同石仏に立ち  内匠頭を見て、立ち  姿が、スッキリと立ち  我が家へ立ち  奈良を立ち  嚮導に立ち  久子はすぐ立ち  伺いに立ち  中にでも立ち  苦境に立ち  陰とて立ち  経唐櫃のまえに立ち  ひとつに立ち  一刻も早く立ち  それを取りに立ち  彼に立ち  名が立ち  無益に立ち  当分市場に立ち  自信が立ち  茂みを立ち  駒井甚三郎は、立ち  炉辺を立ち  彼はまた立ち  柊を立ち  辞儀をして立ち  チョイと立ち  十字街頭に立ち  香を立ち  頭をそうそうに立ち  大安寺を立ち  今宿を立ち  書斎を立ち  物を立ち  村へ立ち  啾々と啼き立ち  吾もさは思へども、思ひ立ち  事を思ひ立ち  げて立ち  石廊崎に立ち  名に立ち  蘆邊に立ち  われ露原に立ち  浦にわが立ち  岳に立ち  私のまえに立ち  雪道からほやほや湯気が立ち  そこにつっ立ち  六斎市の立ち  顔が立ち  冗費が立ち  足利へ立ち  却って腹が立ち  片手に立ち  俄に色めき立ち  手術には立ち  二三尺離れて立ち  手を入れて立ち  人がすぐ出て来て立ち  これで立ち  彼が立ち  気の立ち  上にすっくと立ち  こころもち先に立ち  宿駅を立ち  両手に捧げて、立ち  車掌はまつすぐに立ち  星雲をのぞんで立ち  蔭に、立ち  交替して立ち  善心に立ち  幾らでも立ち  のを、立ち  領事館が立ち  上につつ立ち  耳に立ち  場を立ち  温泉を立ち  稽古に立ち  菱波が立ち  水煙がほの白く立ち  愕然として突っ立ち  姿勢は立ち  数日後に再び立ち  ところもなく立ち  反対に立ち  位地に立ち  関係をもって立ち  方面に立ち  信教の自由すでに立ち  却って人目に立ち  机を立ち  大事に立ち  野望に立ち  まり器用に立ち  敵に立ち  流石に立ち  宙に立ち  ポプラのこつちに立ち  農夫が立ち  成算の立ち  格別腹も立ち  何かなし立ち  漆喰に立ち  仏頂体が立ち  らに立ち  さをかけて立ち  横に立ち  やうに色めき立ち  色に立ち  田園、何もかもほんのり立ち  天竺牡丹がある、立ち  霧島が咲いてる、立ち  西洋草花がある、また立ち  花などを立ち  一樣に立ち  自ら調理場に立ち  ひとり居間に立ち  清吉が立ち  状勢に立ち  観客席から、やにわに立ち  そばに突っ立ち  むつと立ち  自由に立ち  わしに立ち  ほこりは黒く舞い立ち  社頭に立ち  新田勢は立ち  世界に再び立ち  ためになお立ち  端につかまって立ち  夜が立ち  位置に立ち  七は立ち  法印邸へ立ち  見通しが立ち  新政府が立ち  縁を立ち  出征を命ぜられて立ち  どこにも見えぬと、立ち  侍臣は立ち  国元へも立ち  何だかおどおどしながら立ち  周囲に立ち  二人が重なり合って立ち  欄に立ち  白骨を立ち  お寺を立ち  セカセカと立ち  首をかしげて立ち  寅松は黙って立ち  若い女は立ち  平助は時々に立ち  女房もおなじく立ち  七はしばらく立ち  厨人土間に立ち  登和嬢も続いて立ち  鬆が立ち  湯を立ち  兵馬が疲れないで、入りかわり立ち  道場を立ち  友達へ立ち  から、また立ち  女はだまって立ち  長平に立ち  源右衛門は立ち  モヤモヤと立ち  勃然として立ち  問屋を立ち  俄かに立ち  首まで拾って来て立ち  たび窮地に立ち  皆あれあれと立ち  形式に立ち  どこへも立ち  若旦那はもう立ち  七もおもわず立ち  なぶり殺しにしようと立ち  色をかえて立ち  濶に立ち  なにを立ち  間へ立ち  みちに立ち  出迎えにも立ち  雲の立ち  これより立ち  自分で呼びに立ち  浦へ立ち  みよしに立ち  うちに立ち  馬上都を立ち  中程を行きつ戻りつしていたが、やがて立ち  野暮に立ち  空襲に立ち  老爺が立ち  神前に立ち  ことかと、立ち  女がもし立ち  探索に立ち  方角へ立ち  最初からここらに立ち  三人がかりで立ち  青山辺へ立ち  奉公人らが立ち  自然に立ち  屋敷は早く立ち  抜け目なく立ち  伝蔵召し捕りに立ち  ひと月も立ち  伝蔵が立ち  根井はすぐに立ち  そこへも立ち  女たちが立ち  別当には会えずに立ち  津は立ち  一せいに立ち  それへ立ち  総力をあげてふせぎに立ち  濡れ縁に立ち  魚見堂を立ち  ここらに立ち  朝、立ち  頃ここらに立ち  辺に立ち  植新へ立ち  眼には立ち  迂闊に立ち  ますます腹が立ち  朝靄が立ち  樒が立ち  彦兵衛が立ち  あとを追って行くと云って立ち  一人が立ち  物の怪の立ち  内外に立ち  役にゃあ立ち  そのまま合点小路を立ち  仮定説も立ち  長三郎はぎょっとして立ち  姉にでも立ち  吉五郎も立ち  思案して、立ち  まさかと思っていると、入りかわり立ち  有野村を立ち  それを見て立ち  間を立ち  流言も立ち  蓮葉に立ち  両君が立ち  籬下に立ち  二三日うちに立ち  男は時々立ち  評価に立ち  格子へ立ち  それに立ち  対立に立ち  外とで立ち  中を立ち  身が立ち  真心を立ち  霧となって立ち  爪も立ち  法衣で立ち  繁吹が立ち  向う岸へ立ち  香が立ち  仲働が立ち  氣が留まつて、一寸立ち  ひとりで立ち  別に眼にも立ち  我を促し立ち  和子様にては、生ひ立ち  枕辺に立ち  のかと思って思わず立ち  口もとまで行くと、突然立ち  白河城下を立ち  肉眼で見て、またわき立ち  ひとり船室を立ち  男に聞えて、かれは、立ち  父は立ち  かげで立ち  千枝子はときどき立ち  馳けて来たが、またすぐ立ち  そうに立ち  冷静に立ち  冷えびえと曇り立ち  地点に立ち  ランプをひろい、立ち  札幌を立ち  運命に立ち  客観的情勢に立ち  山々の数多く連なり立ち  秩序が立ち  跛が立ち  明りが立ち  秋風の立ち  此職員室に立ち  家に立ち  気勢は素早く感じ、振向いて立ち  破損しながらも立ち  上につっ立ち  市民に立ち  顔でつつ立ち  所で立ち  ことを聴いて立ち  吃驚して恐れて立ち  門も立ち  踊りに立ち  ように、一寸立ち  いつでも立ち  精霊は立ち  前に、一寸立ち  否定者として立ち  虎を立ち  化粧も濃く匂うばかりに立ち  蔭から女がぬっと立ち  夜霧が立ち  山吹の立ち  棒はまっすぐに高くそらに立ち  立派になって立ち  前方へつっ立ち  壁にもたれて立ち  持論に立ち  片手をのべると、いきなり、苛立って立ち  お雪ちゃんが、まだ立ち  どこからも立ち  明石元和を降して、立ち  留守を知らせに立ち  面影を立ち  ッとして立ち  その後を追って走り、立ち  行手に立ち  如くに暫く立ち  水面を立ち  尾根が間近く聳え立ち  岩が乱れ立ち  掃除に立ち  百瀬秀人にすこし立ち  態度で立ち  生活自体にまで立ち  日々に立ち  古巣へ立ち  身づくろいして立ち  ただちにきりきりとおっ立ち  云はずに立ち  洒落半分に思ひ立ち  なかったけれども、立ち  ようになって立ち  波の立ち  矢たばさみ立ち  後に退いたり、と思うと立ち  自分が行ったり戻ったり立ち  愁然として立ち  念入に立ち  のであるが、更に立ち  旗を立てられた、さうして立ち  口上があつて立ち  拾ひ上げて更に立ち  活溌に立ち  わけに行きませんな、もつと離れて立ち  二つ持つて立ち  祭司長にならんで立ち  男が立ち  壇に立ち  頭を垂れて立ち  会釈してまだ立ち  歩廊に立ち  つて腹も立ち  香気の立ち  やうで、すつと立ち  使者が立ち  的にも立ち  暮色が立ち  人間が立ち  ようで、すっと立ち  彦七に立ち  燃料を持って立ち  川中島に立ち  地びたにつけて、ひょいと立ち  四つ足で立ち  さへ到底立ち  茶店を立ち  教場を立ち  思いをして呆然と立ち  義理は立ち  当面に立ち  銀座通りに立ち  挾って立ち  滝の下に立ち  遥に立ち  崖っぷちで、もうもうと立ち  二つ持って立ち  挨拶に立ち  いちめんもまれて立ち  四つならんで立ち  はじめて真実に立ち  観念はいつも、躍り立ち  皇帝は、立ち  前に来てつっ立ち  若い娘が、立ち  戸口にもたれて立ち  磯に立ち  目見あわして立ち  無造作に立ち  部屋に立ち  本陣を立ち  手紙を、立ち  道庵先生は立ち  清水を立ち  ひとまず隊へ立ち  源泉に立ち  市場に立ち  ロスタンに立ち  母さんに立ち  独り此間に立ち  記者の立ち  燈火に照らしつ、立ち  雪に立ち  淵に立ち  窃と立ち  殺人者が立ち  明朝宿を立ち  間に、立ち  辺りを立ち  頃あたりを立ち  右内とが立ち  分をよく立ち  夜行で立ち  他人を立ち  テーブルで立ち  ほとりは立ち  ともこは立ち  ものみたいに立ち  物思ふに立ち  正作は立ち  秋霧に立ち  浦島に立ち  河から夜霧が淡々立ち  使者に立ち  今日京を立ち  姿で立ち  常世を立ち  人々は立ち  寸前まで立ち  堂の前に立ち  今晩、立ち  のやむを得ざるに立ち  誰がどう言っても立ち  介山居士が背負って立ち  それから煙が立ち  徒歩で立ち  柳が立ち  あたりを立ち  粗忽に立ち  篝火に立ち  にわかに立ち  煙ぞいとど立ち  一番で立ち  仲間に立ち  廊下に来て、暫く立ち  夢にては立ち  大路はもう立ち  悪名も立ち  夕霧に立ち  煙に立ち  煙になって間もなく立ち  喬木が立ち  墓標は立ち  風が立ち  間にまたひときわ立ち  さげに立ち  謙三郎の立ち  椽側に立ち  芸術へ立ち  習慣に、ふたたび立ち  落ち着きに立ち  評判でも立ち  下から上へ、見上げ見おろしてじっと立ち  蝶というには少しとうが立ち  庵を立ち  天地と共に立ち  パリを立ち  爰に立ち  常陸守が来て立ち  責任に立ち  其前に立ち  殆ど條理が立ち  条理が立ち  政論壇上に立ち  大義名分は立ち  店さきに立ち  民衆に立ち  隠れ家に立ち  アプリオリに立ち  夫婦に立ち  光が立ち  ふちに立ち  ひとにだけ立ち  己は只即坐に立ち  本質に立ち  運動に較べてさえ、多少立ち  のを跳び立ち  門を立ち  一夜を立ち  岐巷に立ち  年上の子いきまきて立ち  火を取りまきて立ち  葦間よりや立ち  火の子舞い立ち  涼しい風が立ち  ぱらつた威勢で立ち  大路に立ち  しきを立ち  宮中に立ち  使ひが立ち  空中に、ずらりと立ち  とつて立ち  若者がハッと立ち  今日は立ち  正道に立ち  競争におくれて立ち  人中に立ち  草廬に立ち  ブラームスに立ち  場所に立ち  人生に立ち  独自性に立ち  群れに立ち  私はいつも立ち  対象に立ち  方で立ち  欠伸を放つて立ち  二階へ立ち  樹間を立ち  足をすぼめて立ち  正面に立ち  大勢が立ち  小波が立ち  月はじめに立ち  九月とに立ち  油煙の細く立ち  秋が立ち  自分達より少し立ち  それからここを立ち  雲煙が立ち  両方が立ち  もう一度舞台に立ち  街頭に立ち  真似を立ち  誰よりも立ち  真槍をもって立ち  真槍で立ち  秘術を尽くして立ち  主君に立ち  仕舞いに立ち  横へ立ち  線上に立ち  舳にな立ち  窓に立ち  一瞥せばやと思ひ立ち  いっぱいに立ち  和尚は立ち  上をゆき過ぎようとして、また立ち  急に思い立つと、立ち  ひとり立ち昇っては消え、立ち  甲谷はいって立ち  音の立ち  遥かに立ち  フォームに立ち  身の毛は彌立ち  りき師すでに立ち  主催者粛として立ち  われまた畏れて立ち  膨くれ立ち  職分を有して立ち  南面して立ち  年に至っても立ち  真中にて立ち  無法漢に立ち  霜柱が立ち  廃墟が立ち  頭をブルブル振りながら立ち  通りで立ち  腰を立ち  弟は立ち  わきに来て立ち  われわれは立ち  一義的聖線に立ち  飯が終って立ち  謙一はすぐ立ち  匂が立ち  其水に立ち  一足先に立ち  恪好で、こっそり立ち  胴顫いをして立ち  立て前に立ち  女らしさに立ち  まま今日に立ち  キリスト教信者が立ち  真人間に立ち  手摺にもたれて立ち  噴煙が立ち  中天に立ち  見合いに立ち  喫驚して立ち  枝に懸けて立ち  くら責めてぞ立ち  宮本武蔵と立ち  学者が立ち  方にも生え立ち  主人を立ち  上帝来り立ち  猴ども前に立ち  犬に立ち  強敵と立ち  笠を持つて立ち  様になって、立ち  神の立ち  人鏡を持ちて立ち  女性に立ち  無用と立ち  無茶先生も立ち  泰親は立ち  心をはかりかねて、黙って立ち  ようにうつむいて立ち  俄に立ち  彼はまだ行きもやらじに立ち  烏帽子折りに立ち  宿所へ立ち  のでは立ち  足に立ち  耳短く立ち  手を引いて立ち  人々見るよりアッといいて立ち  とこやつ小賢しく立ち  脚地に立ち  湯をとりに立ち  銃器屋のまへに立ち  ゾロゾロ庭先へ立ち  均平は思わず立ち  銀子も立ち  稼業が立ち  一同はわいわい立ち  せい様からお金をしぼって、うまく立ち  皆が立ち  容貌も立ち  人柄が立ち  崖上に立ち  下で立ち  蒐集棚が立ち  伸子が立ち  方へ向いて立ち  題材に立ち  なにごとにも焦ら立ち  幻が立ち  針頭の立ち  キヨ子は立ち  やつと立ち  ちょと立ち  先生と立ち  此の間に立ち  奮ひ立ち  野辺に立ち  から少し立ち  ご用には立ち  仄白く立ち  ガチャガチャ言わせて、立ち  眼前に立ち  がやがやと立ち  珍らしそうに立ち  わたくしは思わず立ち  ときに、かれはまた立ち  僕は呼ばれて立ち  なにかわやわやと立ち  尼はやがて立ち  ままで立ち  頭に立ち  集つて坐りつ立ち  谷を埋めて立ち  這ひながら立ち  葉を長々と垂れて立ち  半ば散りかけて立ち  先から先に立ち  朴の木が立ち  愛鷹山が立ち  傾斜に立ち  亂れて立ち  言い分は立ち  岸辺に立ち  土人と比べてさえ、一際立ち  香ばしい匂いが立ち  後方に立ち  壇上に立ち  苦労に立ち  戦場に立ち  夫婦愛に立ち  姿勢で立ち  それから入りかわり立ち  巳に立ち  双子も立ち  気品に押されて立ち  木像が立ち  ば先に立ち  さっき裏で、立ち  長蔵さんがなぜ立ち  神経が弛んで、立ち  中で立ち  大丈夫だから、うんと踏ん張って立ち  否や、思わずぴたりと立ち  真中まで来て立ち  んだろうと、しばらく立ち  いっこう役には立ち  午後三時、頂きに立ち  今日小田原へ立ち  断崖が削り立ち  柱が立ち  習癖はふるひ立ち  今朝も立ち  きりが立ち  両足が立ち  てつッと立ち  椅子を除けてぞ立ち  芝生におり立ち  掻巻刎ねのけて立ち  科学性において立ち  湯気の立ち  身内に立ち  周囲に深く立ち  衝と立ち  声で立ち  笑声が立ち  舞台では立ち  候はんとて、つゐ立ち  手摺にぴったりよって立ち  代り秋風が立ち  木根に立ち  まま室を立ち  危機に立ち  蕎麦屋を立ち  フラフラと立ち  バアロウ氏は立ち  身をよせて立ち  櫓が立ち  ように騒ぎ立ち  あとからあとへと、入りかわり立ち  結果に立ち  看守が立ち  キョロキョロとして立ち  プラットフォームに立ち  一眼見まわしながら立ち  ギクンとして立ち  思い出に立ち  つけ根に立ち  煙を立ち  少女は、細く立ち  窓辺にならんで立ち  奥にむかって立ち  まんなかに立ち  内部から立ち  夕靄が立ち  男姿は又一段と立ち  特使に立ち  歯の立ち  男か、立ち  会談に立ち  窮地に立ち  役にすら立ち  あやに、立ち  姫たちに立ち  時わが立ち  姫つと立ち  顔に立ち  一間に立ち  ときわが立ち  かたへ立ち  いただきに立ち  狡猾に立ち  さだけで立ち  姿を立ち  午後三時に立ち  后様なしでは立ち  朝ここを立ち  十五日に立ち  東京を立ち  パリへ立ち  フランスへ立ち  威厳をあらわして来、しんしんと立ち並び、立ち  彼を立ち  そのまま廊下に立ち  お辞儀をした、立ち  お客がバラバラバラバラ立ち  次の間へ立ち  落語家稼業が立ち  挺して立ち  波よ、湧き立ち  そこから湧き立ち  上手に立ち  足なえは立ち  因縁に立ち  様子にて立ち  右手に立ち  為に立ち  軽やかに立ち  文学で立ち  午前九時五十二分で立ち  国旗が立ち  広島を立ち  役に些かは立ち  矢面に立ち  アルハンゲリスクへ向って立ち  衝動からすっかり立ち  ところにちょうど向いあって立ち  さからとても立ち  スイスを立ち  行きも帰りも立ち  無言に立ち  千々岩は立ち  かに座を立ち  湯をかうるとて次に立ち  地曳すと立ち  かなたに立ち  一少尉入り口に立ち  欄干を握りて立ち  箸をからりと投げて立ち  倒に立ち  艦隊はくずれ立ち  庭などに立ち  箱をさげて立ち  庭におり立ち  幾は次に立ち  二十日ばかり立ち  街燈の立ち  石のごとく突っ立ち  墓門に立ち  事務所へ立ち  数奇な生ひ立ち  情を感じ、その生ひ立ち  口が立ち  提灯さびしく立ち  これに依って立ち  埃が立ち  冷静さに立ち  論理もなり立ち  贄川を立ち  今、帰ろうと立ち  配役を立ち  汽車で立ち  申さで立ち  血潮が騒ぎ立ち  夕方、迎えに立ち  ところで立ち  山岸自身先に立ち  時代に雄々しく立ち  真直に立ち  ほとばしりここに立ち  物が立ち  香炉から、蒼白い煙りが立ち  ように舞い立ち  海とし、立ち  晒らして立ち  裏側に立ち  乾児たちと離れて立ち  そうにも立ち  老人が突然立ち  老人が立ち  私はまた立ち  頬かぶりで思わず立ち  後ろを振り向いて立ち  流れに沿って、また立ち  鞄を見るとたちまち立ち  強盗に立ち  云つた男が立ち  朝から夜まで立ち  戦線に立ち  一時間以上も立ち  富士男は立ち  片すみに立ち  見張りが立ち  初めから出発しなければならないと思ひ立ち  床几を立ち  堤に立ち  自分一人で立ち  時に立ち  野原に立ち  圏外に立ち  中心に立ち  文学が立ち  女も立ち  ルノアルを立ち  僧は立ち  分野に立ち  破壊力としてだけ立ち  煙がむくむくとわき立ち  武装して立ち  浪は立ち  げに立ち  けふ往来に立ち  川口に立ち  光代は立ち  独り中に立ち  店へ立ち  四つ角に立ち  申訳が立ち  むやみにむくむく立ち  前段に立ち  役にはそう立ち  仏様も立ち  幹は立ち  茎は立ち  茎種で高く立ち  目当てに立ち  瀬戸に立ち  従順に立ち  目的地に立ち  労苦に立ち  オダルに立ち  イシカリ役所に立ち  計が立ち  招ぎから立ち  ものを立ち  趣きに立ち  底で轟々と湧き立ち  生活が犇めき合い、滾り立ち  有明荘を立ち  江東附近に立ち  扉を開けようと焦立ち  後はなかなかに立ち  知性において立ち  永遠に先に立ち  六〇センチメートル内外で立ち  葉よりは高く立ち  成長して立ち  センチメートルに立ち  株から花茎が立ち  手を離して、立ち  風光をまのあたり見たいと思ひ立ち  炎え立ち  三四間離れて立ち  戸口へ立ち  十郎は、立ち  ものは立ち  へんに立ち  現場に立ち  雫して、立ち  榎津に立ち  下風に立ち  霧が低く立ち  ぐもつた空にそびえて立ち  筋も立ち  波の、立ち  戰げば立ち  婦人公民権承認に立ち  ドアに向かって立ち  キチンへ立ち  ままそこに立ち  妻女は立ち  孤独に立ち  天罰は立ち  のが枯れて立ち  振り金網に立ち  検屍に立ち  声を上げて立ち  大工と並んで立ち  火でも見ようと立ち  折目はぴんと立ち  事件に立ち  氣が立ち  人間たちを立ち  最前までゆうゆうと立ち  前足で立ち  死刑に立ち  死刑執行に立ち  火柱が立ち  怪物どもを立ち  宿屋じゃないよと立ち  真中で立ち  震へながら立ち  二十日過ぎリオンに立ち  邦語に移すべく思ひ立ち  人ごみに立ち  籬に立ち  事を云って立ち  ミルト広場へ立ち  飛鳥に到り、立ち  名人便所へ立ち  僕に立ち  ちょっと衣紋を直して、さて立ち  水に向うて立ち  行く手を立ち  袖に立ち  夜霧に立ち  雪舞ひ立ち  舞へといへば立ち  停車場に入り立ち  クッキリと聳え立ち  鴉が、立ち  扉前に立ち  ひとり豪傑連に立ち  紅矢からこう尋ねられると、立ち  位腹が立ち  烟が立ち  力一パイ踏み締めて立ち  雲がぬうっと立ち  谷から、しきりに立ち  許に立ち  紫に立ち  新庄を立ち  臆病風が立ち  津軽氏が立ち  工夫もつかずに、立ち  時夫婦も立ち  宗助は立ち  道は立ち  一割方も立ち  案が立ち  現代の科学的立場に立ち  なつて立ち  中空に立ち  火口一杯に立ち  日暮しに立ち  比較にならないほど立ち  頃は立ち  つては立ち  百年の誓いをして立ち  十郎に立ち  外まで立ち  刺客に立ち  刀を抜き合せて立ち  爪先き立ち  石畳に立ち  勢よく立ち  長塚君はただ立ち  川へ立ち  木立ちが立ち  渦を巻いて立ち  ように突っ立ち  活計が立ち  身体はきっとして立ち  路傍にすくすくと立ち  木像のごとく突っ立ち  上につと立ち  浴衣をかかへて立ち  五郎がそろそろ立ち  水面低く立ち  臭が立ち  仕儀に立ち  豹吉は立ち  針助は立ち  時、立ち  小雨ふる里おとに立ち  一再ならず立ち  佐伯はふと立ち  これといって立ち  膝節手ふしもふしくれ立ち  ほうが捻られて、もうもうと立ち  羽左衛門は立ち  同所へならび立ち  耳に入ったので、立ち  身顫ひを感じながら立ち  方来居を立ち  袋とも語らず、黙々として立ち  スーと立ち  あした朝九時で立ち  らは立ち  科学が立ち  六平太いきなり立ち  一点に立ち  二つの立場へ立ち  マランダンと立ち  道端に立ち  解決に立ち  書生生活に立ち  上にはたりと立ち  女中はすぐさま立ち  折革包とを持ち、立ち  清岡は立ち  夏外套とを持って立ち  時期に立ち  精神が立ち  大廈高楼がによきによきと聳え立ち  中から魔法使が立ち  遊塲に立ち  瀑にうたれて世に立ち  左側に立ち  何とはなし立ち  テンゼンとして立ち  私はふと立ち  必然に立ち  二派に立ち  ここにこうして立ち  侍に立ち  木蔭を立ち  奇怪とは存じながら、せんすべなければ立ち  前に見出でて立ち  顏をして立ち  其處を立ち  其處に立ち  葭葦の茂るがごとくに立ち  身は立ち  なつて湧き立ち  それぞれが立ち  内庭に立ち  身体をかがめて立ち  教師が立ち  ほうに立ち  面と向かい合って立ち  絶望して立ち  フィンクは始めて立ち  すなはち立ち  列をなして立ち  生活問題に及ばずながら立ち  血が立ち  指をくわえて立ち  はず指をくはへて立ち  四五人バラバラと立ち  真下に立ち  外輪に添うて立ち  不承知だと、立ち  らへにて立ち  庭さきから直ぐ立ち  林を出はずれないので立ち  三階建が立ち  座席を立ち  考えから善心に立ち  彼女はまた立ち  それを貰って歩きだしたが、間もなくまた立ち  老婆はまた立ち  お家から東京へ立ち  村の子たちに立ち  身は、立ち  中に並んで立ち  朝に立ち  病床に立ち  好みをして、立ち  そこへ立ち  運びに立ち  緑が坐を立ち  此糸も立ち  紫も立ち  商売が立ち  毛穴は、そそけ立ち  市日さえ立ち  市日が立ち  窯が立ち  物音がしてゐるので立ち  分別に立ち  衝っ立ち  夜中に立ち  未明に立ち  さまにて、立ち  自分がいつも立ち  かげろうが立ち  書物は立ち  対岸へ立ち  中では一際立ち  解剖に立ち  呑気な煙りが立ち  海の白く立ち  流し元へ立ち  水際に立ち  匂いが立ち  それを眺めて立ち  衝立となって立ち  源吉はよろよろっとよろめいたが、すぐ立ち  から先に蹴っ飛ばすか、うまく立ち  土煙が立ち  彼は、ふと立ち  険悪になって、今にも立ち  路端に立ち  両側に立ち  門弟たちに立ち  無言をやぶって、立ち  清十郎へ立ち  遠巻きに立ち  血しぶきが立ち  僕はふいと立ち  上框に立ち  沓脱に立ち  女一人おり立ち  われも立ち  親われを庇うて立ち  むとせず、固く立ち  槍を拾うて立ち  片肌脱ぎて立ち  店に立ち  歩行して、立ち  むとする時、慌しく立ち  此方を見てなお立ち  机にとびついて、やっと立ち  像が立ち  処どころに立ち  今日限りで立ち  他に立ち  十日限りで立ち  屋上に立ち  水蒸気も立ち  甚しく焦立ち  本署へ立ち  香りが、むらむらと立ち  場所に突っ立ち  旅へ立ち  時から先生旺に立ち  ことだつたが、やにはに立ち  大沢が立ち  欄干に、あるいは立ち  撫子、立ち  姿は替へで立ち  臥帳掲げて立ち  大門が立ち  一分も立ち  相手に立ち  炊煙が立ち  最終に立ち  立前に立ち  雑用に立ち  上り框に突っ立ち  掩われて、凝っと立ち  澤山に立ち  後向きに立ち  牛に立ち  二人先頭に立ち  ピカドルに立ち  ベルモンテが立ち  国分寺が立ち  国分尼寺が立ち  顔をして立ち  幽霊塔同様に立ち  身も立ち  余に立ち  浦は忽ちに怒って立ち  力を得て立ち  養蟲園を立ち  有様に立ち  四抱へもありて、高く立ち  目顔ばかり見ながら、スラスラと立ち  変煙草の煙を立ち  真後ろに立ち  此所を立ち  者は立ち  腰を叩いて立ち  気短に立ち  稜が立ち  かなりはげしく立ち  瀬に立ち  逆波が立ち  上まで立ち  上にならんで立ち  方へと立ち  度に立ち  上へ続々立ち  それが又立ち  一つとして立ち  一人、のっそり立ち  鴎がぱっと立ち  幾秒も立ち  天に向かつて立ち  率先して立ち  階級闘争に立ち  何となく心急き立ち  頂戴して立ち  鐘楼聳え立ち  片隅に立ち  眼一杯に立ち  麦刈が立ち  区別の立ち  役にでも立ち  泰文に立ち  さよと、涙ぐみて立ち  豊が立ち  採りに行こうかと立ち  事と思ひながらも、立ち  我れ立ち  飛去るごとくさとむらがり立ち  一帯早くも立ち  婦人に立ち  胸が立ち  狼煙が立ち  愁歎が立ち  所々に立ち  我から立ち  腕の立ち  中空へ立ち  怪しげに立ち  葬式にさえ立ち  廟堂に立ち  宵から雪に吹かれて立ち  散文家として立ち  ぜんと聳え立ち  足でつっ立ち  前には立ち  日本は立ち  入口を睨み立ち  十度十五たび來たらんとも、おもひ立ち  此瀬に立ち  東京を思ひ立ち  沢山かたまつて立ち  枕頭へ立ち  ッくと立ち  柏屋を立ち  東京へ立ち  音は高く立ち  瀬は立ち  故郷に立ち  ドレスデンを立ち  半ば椅子より立ち  少女はつと立ち  盜み寂しく立ち  香りがぷんぷん立ち  香りが立ち  においが立ち  目を瞑って立ち  遙に立ち  ぼくが立ち  海面に白く立ち  上座に立ち  本論に立ち  ところから噂が立ち  変に立ち  天幕が立ち  まま席を立ち  念仏を唱え立ち  暫時そこに立ち  居より立ち  男と女とが立ち  人の立ち  道中に立ち  中にふと立ち  魚戸は立ち  上方へ立ち  危きに立ち  仏像が立ち  七八本すっくと立ち  上に濃く立ち  しらが立ち  工場が立ち  女の子が立ち  児は、時どき立ち  戸を開けて、立ち  關係に立ち  聯關において立ち  聯關に立ち  以下短歌長歌こと/″\く立ち  源頭に立ち  筋道の立ち  研究に立ち  菊様に、立ち  家がゴチャゴチャと立ち  足を止めたがすぐにバラバラと崩れ立ち  翌朝、いざ立ち  野性に立ち  姿であるいは立ち  様に立ち  縁に並んで立ち  池頭に立ち  座敷に突っ立ち  室内に立ち  体をやっと支えて立ち  森のへりに立ち  カトリック主義に立ち  社会的企画を立ち  所有に立ち  混迷に立ち  家群に立ち  車を降りて立ち  暁闇を、物々しく立ち  ただあてもなく立ち  丘陵に立ち  無二無三に乱れ立ち  上にうずくまってしまった、立ち  二十万年もころんでは立ち  両足で立ち  ッとと立ち  あたりへ立ち  一言いつたかと思ふと、ついと立ち  ちやと立ち  蚊柱が立ち  行手を立ち  市が立ち  家族に立ち  風も立ち  限りし立ち  京に入り立ち  アレトに立ち  にわかにどよめき立ち  英国兵が立ち  膳が下げられて立ち  密着して立ち  ヒョッと立ち  手燭を持って立ち  小さな寺に立ち  亮助もつっ立ち  日七宝寺へ立ち  仙台を立ち  ぷっと座を立ち  こっちをにらんで立ち  忠実らしく立ち  さまにて立ち  力によりて立ち  われ心をとめて見んとて立ち  首を垂れて立ち  まり相謀りて立ち  急流へ立ち  水へ立ち  あとにも立ち  藤原は立ち  自身に立ち  珪次は案外に立ち  其処で、立ち  半ばで、立ち  口に立ち  指端に立ち  骨の立ち  火の何より早く立ち  三つの処に分れて立ち  富樫に立ち  時は立ち  幾度もぐるぐると廻ったり、ばさばさと立ち  雨に晒されて立ち  母は立ち  右往左往と立ち  毛が立ち  ただ一人ぎりで立ち  皆そわそわ立ち  玄関を出て行ったが、ふと立ち  姿を見て、おやっと立ち  義によって立ち  彼女は一寸立ち  一杯もやもやと立ち  ものが見透しのつかないほど深く立ち  まわりには脱すべくもない惑わしが立ち  時からずっと立ち  面目が相立ち  ぼんやりと立ち  幹に立ち  親方と向かひあつて立ち  一同が立ち  お湯が立ち  女犯にまで立ち  八丁堀を立ち  氣早に立ち  臭いがしたので立ち  魂の立ち  艫に立ち  ぎ耳を傾けて立ち  淨火の海濱に立ち  ところへ、騒がずに立ち  あごをなでなで立ち  枕頭に立ち  活発に立ち  脚本を取り返して立ち  時屹然と立ち  場所で立ち  幾度か立ち  上へ立ち  努力と、湧き立ち  於て立ち  ギョッと、立ち  存外とすばしっこく立ち  意地わるく立ち  庭先に立ち  拙者方へ参るというて立ち  目の配り、ひときわ立ち  そと白い烟りが立ち  そと立ち  しずかになって立ち  くつくつ笑いながら立ち  鳥がとび立ち  煖炉のまえに立ち  流れに立ち  胸あたりまで立ち  慣習になって、立ち  稽古にずつと立ち  心が騒ぎ立ち  追分を立ち  不承不承に立ち  破門、立ち  船首に立ち  黒雲湧き立ち  座敷で立ち  お先き立ち  掩いながら立ち  圭介と並んで立ち  どれにも立ち  農家が相変らず立ち  桃に立ち  岸より立ち  心をとめて立ち  際に立ち  上から湯気が立ち  気配が立ち  ことを惜しがって、立ち  私は帰ろうとして立ち  清江がひとりきりりと立ち  家内らも立ち  久左衛門はぴたりと立ち  自ら舞台に立ち  元来、生ひ立ち  不幸引退のやむなきに立ち  悲鳴をあげて立ち  隣室で立ち  路上に立ち  虎の如く再び立ち  表情で立ち  細部にまで立ち  すゞめとび立ち  下り居立ち  かも春霞い立ち  一本柳木根高に立ち  徒にもえぞ立ち  嶺ろは聳え立ち  しりへに立ち  日までと思ひ立ち  峰ほのかに立ち  夜見れば、ふとく立ち  日に見れば、うすく立ち  杉苔がうへを立ち  穗に立ち  大木聳え立ち  心持ではあるまいかと、立ち  町を立ち  鏡台を、立ち  大波が立ち  ちょっとよろめいて立ち  両手を広げてつっ立ち  両手をひろげてつっ立ち  東京表へ立ち  助がちょくちょく立ち  朝から晩まで、のべつ立ち  許へ立ち  これらに立ち  札木合はつと立ち  その後ろに立ち  倹約のいましめも忘れて、いさみ立ち  掛川を立ち  武士の一分が立ち  探偵小説家として立ち  義兵を挙げんと打ち立ち  社殿前に立ち  お松は覚えず一寸立ち  お松が又立ち  答に、いよいよ騒ぎ立ち  首尾に立ち  微かな白い煙りが立ち  そばへ立ち  表情をしてつっ立ち  ことには立ち  日から彼は黙々として立ち  こちらに向けて立ち  大名どもまで騒ぎ立ち  雲となってむらがり立ち  剣を取りて立ち  のだと立ち  心そぞろにうき立ち  筋が立ち  船首へ立ち  上へと立ち  気が急き立ち  裾野へ立ち  ご用に立ち  霞が立ち  天に立ち  今なおなつかしく立ち  右手へ聳え立ち  罎を受け取りて立ち  水車場を立ち  これをもって世に立ち  雲は立ち  渓に直立ち  溪に直立ち  年は立ち  一側に立ち  表現として立ち  クワを握って立ち  猛鳥であるから、ぎょうぎょうしく立ち  左にしようかと、立ち  又次郎は立ち  煙がうすく立ち  茲に立ち  日向に立ち  試合に立ち  消防士においたてられて立ち  爆破してやろうと立ち  留守中、うまく立ち  矢おもてに立ち  様子で立ち  趣好をこらして入りかわり立ち  気持になりかけると入りかわり立ち  縦に立ち  さが立ち  四五日に立ち  夜こちらを立ち  駅を立ち  下にのびのびと生ひ立ち  監房を立ち  女性が立ち  喧騒が立ち  小店は立ち  それよりも立ち  桃に較べて、かえって立ち  目下協定なり立ち  本国へ立ち  ことですが、生ひ立ち  旗ざをが立ち  なんの役にも立ち  乱雲が、もくもく湧き立ち  わたしが立ち  艶めかしうそうどき立ち  真夜中宿を立ち  演技よりもむしろ立ち  自己に立ち  協同生活に立ち  舞台稽古に立ち  本水で立ち  吹貫亭を立ち  爭うて立ち  有栖川宮殿下と立ち  場内のわあつと騒ぎ立ち  率直明白に立ち  予定が立ち  香に立ち  開成山へ立ち  純粋に立ち  モラルに立てこもって、謂わば立ち  全身に湧き立ち  真ん中に立ち  回廊に向って突っ立ち  紳士が立ち  そばにしっかと立ち  只中に立ち  職人が立ち  エプロン姿で立ち  身体をこわばらせてきちっと立ち  音もさっぱり立ち  植木市が立ち  何年か立ち  時が立ち  モウ今朝早く立ち  明日一しょに立ち  城を立ち  民間に立ち  隣接して立ち  悠長に立ち  自分よりよほど立ち  二十日までに立ち  燦き立ち  朝八時四十分で立ち  方法が立ち  連日台所に立ち  散々要領で立ち  要領よく立ち  目前で細かく立ち  三人づれで立ち  三日に立ち  こちらを立ち  機会で立ち  あくたいぶりや、立ち  功利的見地に立ち  中腰に立ち  人なかに立ち  木戸に立ち  やれやれと立ち  無意識に、すぐ立ち  義平太が、立ち  市川楽翁が立ち  貴様が、召捕りに立ち  つけを果たさず、立ち  書を思ひ立ち  基次自ら先頭に立ち  顔をして突っ立ち  屋敷中に立ち  内生活に立ち  一本足で立ち  深夜になると立ち  滴が落ち、落ちると同時に煙りが立ち  床から煙りが立ち  むやみと騒がしく立ち  先生は突然立ち  ために振り向いて立ち  心臓を立ち  一年と立ち  からわざわざ立ち  我に立ち  奥へ立ち  成算に立ち  旗差物が濡れて立ち  受けに立ち  三人が立ち  噂にも立ち  留守中に立ち  医師をとまでは思ひ立ち  塀際に立ち  身の上に立ち  何うかして立ち  小さな自覚のみでは立ち  一度は立ち  花はしばらく立ち  方法に立ち  道徳的立場などには到底立ち  片足で立ち  そうに、立ち  そうにするが、又立ち  支柱にかじりついて立ち  私宅を立ち  物より立ち  農家に立ち  大道に接して立ち  僧が立ち  モティーヴに立ち  今は立ち  賛成して立ち  二十たび以上も立ち  気が付くと立ち  上にすくすくと立ち  薄紫に立ち  器械に向って、立ち  意を含めて立ち  左足を引いて立ち  敷台までも下りず突っ立ち  巌上に突っ立ち  食ふか食はれるかに立ち  ものと思ふけれども、立ち  槌を置いて立ち  あとでは立ち  日々朝鞋をはいて立ち  女方とに立ち  日々朝草鞋をはいて立ち  心もうき立ち  炎中に立ち  白楊が立ち  処で立ち  傍まで立ち  花園に立ち  一構想に立ち  密林は立ち  伊東深水氏の生ひ立ち  変へて立ち  加減善心に立ち  ばつと立ち  倶利伽羅に立ち  熱意に立ち  旅館の立ち  時子も、立ち  一端に立ち  御所坊を立ち  鵯越えに立ち  脛も立ち  賑やかにしながら立ち  花月を立ち  武のみでは立ち  あれを立ち  雲が立ち  周囲を立ち  湖も立ち  コンナ処に立ち  飽和状態に立ち  ツイこの間まで立ち  ギックリと立ち  ハタと立ち  太平に立ち  身は早う立ち  供たちが立ち  これも立ち  拷問のと仰々しく立ち  厳重に立ち  手をかけて立ち  小坂部は立ち  役目が相立ち  小坂部は決して戻りませぬと、立ち  男は初めて立ち  采女の立ち  異国へ立ち  枝ぶりを見せて立ち  蘆に立ち  貴女に書き送らうと思ひ立ち  頃まで、心細く立ち  女におぼれて立ち  入日をうけて立ち  板橋に立ち  顔をそむけて立ち  瞬間、ぴんと立ち  男賊は、時々立ち  子供心に立ち  私は何故ともなくハッとして立ち  一番初めに立ち  薬よと立ち  私は、更に立ち  個性に立ち  私に立ち  お前自身に立ち  形に立ち  狭霧が立ち  渡し場に立ち  あいだここに立ち  僕はあきらめて立ち  前にして突っ立ち  館内に立ち  もやもやとして熱りを立ち  一人で立ち  具足をつけ、立ち  山上に立ち  楽屋廊下に立ち  樂屋廊下に立ち  人達に立ち  スッと立ち  はめに立ち  竜巻が立ち  龍卷が立ち  娘軒先に立ち  片目をみはりて立ち  手を堅く握りて立ち  入り口に立ち  時舷に立ち  自ら給仕長として立ち  青年ブリグスがこすく立ち  入り代り立ち  伴れ立ち  角が立ち  素走っこく立ち  WCへ立ち  村落へ立ち  町角に立ち  黄砂が立ち  利用して立ち  哀愁にまで立ち  おばあさんは立ち  伊代を慰めるまでにはどうしても立ち  幾通りにも立ち  朝から立ち  あたりまで立ち  何氣なささうに立ち  人さはに立ち  邊に立ち  陣頭に立ち  株だけが立ち  空にゆるく立ち  合つて家を立ち  國難に立ち  朝家を立ち  神庭に立ち  ぼくら小學生も立ち  本を立ち  ようにして立ち  絶壁上に立ち  ただちに洞窟へ立ち  枕元に立ち  天井近くまで聳え立ち  横手につっ立ち  計画が立ち  ほうへ折れて少し歩いたが、すぐ立ち  女房は突然立ち  徐ろに立ち  屠蘇を汲み乾すと、立ち  手に立ち  今余が立ち  急にぬいと立ち  芝生に立ち  紫藤花下に立ち  寂かに立ち  拳を振り上げて立ち  毎日毎日店頭に立ち  道を立ち  自殺を思ひ立ち  下に置いて立ち  榊が立ち  後が立ち  壁ぎわに立ち  何のやくにも立ち  突差に立ち  

名詞

立ち[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
立ち昇る煙りの  立ち騰るのや崖下の渡廊下を溜塗りの重ね箱をかついだ  立ち聞いていた  立ちかへらせる  立ちかへらなければならない  立ちはだかつてゐて冷かす  立ち渦巻くあわただしさと変った  立ち出でて  立ち淀んでいる  立ちかかるのを見ると  立ちはしませんからね  立ち聴きした  立ちおくれているという  立ちなほるべきかと思ふに  立ち優れて見えた  立ち昇る夕餉の煙を見ては  立ちになって騒ぎました  立ち出でた  立ち込んだ中庭は狹いながらに  立ちのぼつてゐた  立ちのき先を四分板へ大書しておく  立ち出でて来ると  立ち現れている  立ちをして  立ちかへり  立ちの棕梠春光にかがやく  立ち優り咲き揃ひたる  立ちにけり  立ちではありますまいか  立ちもした  立ちに学ぶ  立ちのいてしまった  立ち現われて来ている  立ち汚れている  立ち昇る巷の煙りが  立ち現われて来る  立ちしびれてしまった  立ちもならず  立ちのいて  立ちよつて見  立ちはしないが  立ち帰りたいと存じますので  立ち帰ることを感じます  立ちかへる  立ちよりてお六櫛を求む  立ち現れて娘の逃げて来た  立ち列んだやうな町に出て  立ち登る煙もその間に見えて  立ち留りてモデルを見る  立ち現れてし  立ち騒ぐ侍臣たちを制して  立ちはだかつてゐる  立ち出でると  立ち昇る煙を見詰めながら  立ち昇る篠屋からは木を打つ  立ち昇る噴火の柱は再び煙の柱に変って来た  立ち昇る白煙に隠れて  立ち停ると剣を上げて身構えた  立ち勝れりと思いあがっておるこそ  立ち現れて来ている  立ち登る煙りを  立ち騒ぐ敵味方のあいだを駆けぬけ  立ち迎えに出てきた  立ち上げていた  立ち昇っている  立ち留りて窺い  立ち聴きしていて  立ち出でたので  立ち聴きしている  立ち騒ぐ門弟どもの声が手に取る  立ち帰ってそう告げられよ  立ち現われることが極めて容易になる  立ち昇る紅茶のコップを置かせてあったが  立ち現れて来ます  立ちゆかんと思うが  立ちさわぐ波の中から一人一人の死が船によじのぼって  立ち昇るのが見えた  立ち停るようにしては  立ちあらわれている  立ち出て見送った  立ちおくれがあると  立ち初めている  立ちもせず  立ちとまつて  立ち優れた人の言説を考えてみても  立ちおくれについての面に批判を集め  立ちおくれを示し  立ちやアがった  立ちは立った  立ちの過程のある  立ちの語りを忘却した  立ち昇るおもむきを  立ち留まること百回にも及びたり  立ちかけていた  立ち勝った量見からばかりで  立ち荒々しく奥へ消えた  立ち現われてさえくれなかったならば  立ち現れたと聞くに及んで  立ち廻ったと思ったが  立ちおくれた認識にひきずられた  立ち悩むままに顔を蔽わずに  立ち現われて来た  立ち騒ぐ人の気配ぐらいはし  立ち登る柱廊下の上にそびえた  立ちもどつてくる  立ちでもした  立ちのかせ  立ち騒いでいた  立ちおくれがいかにも残念に思われて  立ちおくれをしていたといえよう  立ちのぼつて逃げ去らうとする  立ちをもつてゐた  立ちのロマンスもありませんな  立ちもしません  立ちおくれの克服にふれて  立ちにゃ立ったが  立ちはしりせ  立ちの心の末になる  立ち向って来て  立ちすぐれた眉目形は花柳の人たちさえうらやましがらせた  立ちは上がったが  立ちよって一ト皿を奮発すれば  立ちにかかった  立ち留まっていると  立ち長く靡いて  立ち昇る青い光りの  立ちはたらいて居る  立ちかわり来る  立ち直つて来た  立ちもやらずに  立ちをやるという  立ちのきを  立ちさえすれば  立ちになる  立ちも寄り  立ち熱したように低い早口で呟いた  立ちはだかつてゐた  立ち騰る蒸発気が直ちに雲となって  立ち昇る中にただ唸り声を立てるだけだった  立ちの後悔せらる  立ち昇る香煙のなかに佇みながら  立ち聴き致しておりましたらしく  立ち留っていると  立ちのくだろうって  立ち現れる瞬間にたちまち否定さるべき  立ちはたかる  立ちとおしていた  立ちをした  立ちを夏目先生に報告したら  立ちかへつたといふから  立ち登りつつある  立ち喰いをしながら話し合った  立ち向ってみた  立ちのこっています  立ちのいたと言われています  立ちこそあがれ  立ちはだかつてゐるが  立ちのいてくれと言うと  立ち燃え上る  立ちはしないぞ  立ちおくれが感じられる  立ちの茶室を見て  立ちの方を主にやった  立ちかへつても困るので  立ちかへつてゐた  立ちも上らず  立ちのぼつてくる  立ちかかるのを敢て止めなかったから  立ちおくれをして  立ち舞う現在に芸術に入って居る  立ち出でて見ると  立ちおくれについてまくし立てたりします  立ちのかす  立ち兼ねて参りまする  立ち騒ぐ声が聞えた  立ちかけている  立ちなおり立ちなおり  立ちさわぐ波はせせら笑っていた  立ちはたらかせていた  立ち騰る隣り  立ち廻っていない  立ちのかねばならぬ  立ち帰って兄へ申せ  立ちにしが  立ちて舞ひ  立ち行けない者が多いからである遅れ馳せに出た  立ちもやって  立ち替り同じような挨拶を述べる  立ちはしない  立ち阻んだ廉子の眼に射られて  立ち舞っているなど  立ちかかるのを藤堂が止めた  立ちかけてゐる  立ち出でる  立ちを招いた  立ちになったの  立ちにふれぬ  立ちささえている  立ち靡く里の向つ丘にすら住んで居た  立ち騒いで逆に笑われるな  立ちをその全姿に見せはしたが  立ちはとても出来ない  立ち出て来た  立ち乱れています  立ち呑みしながら  立ちわかれて下る  立ちんぼの  立ちのぼつてゐる  立ち向っていた  立ち現れて背延びをせずにゐられなかつた  立ちと労りで真佐子をかたく抱きしめたい  立ちのぼつて居る  立ち騒ぐような声が遠くひびいた  立ちかへりても  立ち聴きをしていると  立ち廻る場所がどの方面とも限られていないので  立ち昇る中に遥か下の谷川へ落ちた  立ち聴きをしていた  立ち聴きでもしたか  立ち聴きをしていて  立ちかへつてやり直してやれ  立ちのいた方がよかろうと思います  立ちのいた  立ち聴きなぞする  立ち聴きでもしようとした  立ち廻ったらしい形跡のないことを説明すると  立ちしかある  立ち出でて来た  立ち帰るを待ち兼ねて  立ちはせぬ  立ちになってしまいました  立ち登るのを見た  立ち現れて金剛力を藉したという  立ちなおって気をつけてみると  立ちもする  立ちいでて恭しく式礼した  立ち黒い大地をひきゐながら  立ちよりて聞かんとすれば  立ちまさりたる浜子なれば  立ち現れて来る呪うべき  立ち靡いてゐる  立ち停ったはずみに古い古い小さな門を見つけた  立ちあらわれそうな気がしたり  立ちもとおった  立ちあらわれてくる  立ちあらわれた一かたまりの  立ち乱れていた  立ち交ってるかが  立ち向った大柄な武士があって  立ち現れた階級が持っている  立ち騒いでいる  立ち昇る煙りが  立ち煩っている  立ち薫っている  立ち聞かれる  立ちませい  立ち聴きして  立ちから申しまして  立ち向うことさえもしなかった  立ちくらして居る  立ちかへるだらうと思はれる  立ちおくれてゐる  立ち留ると草鞋まで熱くなって来る  立ち込んだ屋並みから突き出ていた  立ち乱れた雲霧を引き裂き  立ちも上らず坐った  立ちおくれのした  立ちかけて彼はまたよろめいた  立ちくされた芝居小屋の前に出た  立ち騒ぐ音がしはじめた  立ちのぼつていた  立ちのかれてしまった  立ちもし  立ちもやらず  立ち昇る青い煙を眺めた  立ち離れて茫然と立ちすくんでゐると  立ちよどんでいると  立ち出でるかと思うと  立ち現れて来ているとさえ思える  立ちぞわづらふ  立ちとまり霧の籬の過ぎうくば草の戸ざしに  立ち重ね引きて帰りし  立ちは離れじ  立ちのまま全身を硬ばらせ  立ちのまま言いながら  立ちをしようとする  立ち出でたが  立ちまふ  立ちの危かし  立ちまよっている  立ちつづいている  立ちもすれば射取られう  立ちを知る  立ち通してしまった  立ち動くのを見る  立ち迎えて見ると  立ち歩くのを叱る  立ち現われていよう  立ちを如何ほど心待って居る  立ちもしないのに  立ち廻ることだけが人生の味になり  立ちになり  立ちかへるべき  立ちかへつて睡つてゐる  立ち留まりやがて片手で妻を取り上げ  立ち留まりもするを訝り  立ちやむものなりとあるを引き居る  立ちよろめくのを久助があわてて抱き支えると  立ちしびれて来ると  立ち昇るうら  立ち聴いている  立ち聴きすると磨ぐ  立ち下りて戸外を窺ふ  立ちあるいは坐りあるいはキリキリと片足で廻りあるいは手を突いて  立ち昇る煙のたよたよし  立ちかけては躊躇した  立ち向われた  立ち騒ぐ坑夫たちを尻目にかけ  立ちおくれている  立ちの形があらわされている  立ちがあったよ  立ちの物語りと  立ちよれるを引きと  立ち帰ることになった  立ち騒ぐ袖や裾にあおられて  立ちそびえている  立ち向うこととなった  立ちになった  立ちも得さらず  立ちくらみする  立ちについて記せといふ  立ち居りむら立てる  立ち昇るにも似た  立ちを危ぶんで  立ちを飜へさせようと  立ちを矢張り無謀なものと見る  立ち昇る白煙を草鞋の下に踏んだ  立ち現われた艶女の姿をじっと見つめていると  立ちさわぐ侍どもを玉藻は簾のなかから制して  立ち騒ぐのを聴いた  立ち縮んだようになった  立ちもせんので  立ちむかおうとなされなかった  立ちん棒もいたしました  立ちはだかつて草箒をふり廻して  立ちを感じさせる  立ち上れるかどうかわからないくらい  立ち昇る煙りまでが見るからに  立ち帰ろうかとも思われた  立ち据わる力がなくなって  立ち聴きするなどは  立ち聴きしたと  立ち騰る火の気の裏に追いつ追われつ  立ちより五色滝を過ぎ  立ちのまま両手でお膳を持って  立ちのまま鯉かんさんは振り返った  立ちそめてきたが  立ち騒ぐ声が表や裏から聞こえてきます  立ち現われてきた  立ちかけてるのよ  立ちおくれを急速にとりかえし  立ち留まりては新しき墓標を読みつつ  立ち暮れていた  立ち帰って父上兄上にもそう申し上げい  立ち留ると誰も彼を追っかけて来る  立ちはだかつて居る  立ちよみして来た  立ち昇る一すじの煙を見守った  立ち廻りそうな極めて少数の家々と停車場とへ問い合せてみたが  立ち現れて来た  立ち続く峰々は市ある  立ち昇る湯気に包まれて  立ち向ったりはしませんから  立ちや身の上の概略を知るに  立ちや境遇に加ふるに  立ち昇らせ  立ち昇る煙それ自体で救はれてゐる  立ちかえり時移る  立ちあるいは横斜した  立ち昇る煙それ自體で救はれてゐる  立ちが底に流れていた  立ち得ているという  立ち縮んでいる  立ちなおりたいと願っていた  立ち高い声を放つて  立ちおくれを責めなければならぬ  立ち現われてきました  立ちあるいは伏し  立ちになるでしょうが  立ちいりがはげしくないところをうまく利用した  立ちはしなかったろう  立ち讀みしながら  立ち昇る煙りは  立ち聴きをしてゐたな  立ち聴きしてゐたらう  立ち聴きをしてゐた  立ち聴きしていた  立ち昇る吸殻の烟が見える  立ちを描いた  立ちの記が必要だつたのかわからなく  立ちの記も無用の贅物に過ぎない  立ちより色街に痛飮して  立ちむかつて来る  立ち現われてくる  立ち出でて聞く  立ちつづいていて  立ちも出でけむ  立ちを二本とも盗まれた  立ちよみした  立ちおくれがいわれました  立ちとまり不審するほどに  立ちいって聞いてみたって  立ちくたびれて堪らなくなったという  立ちのいたとやら  立ちのくにしても  立ち続いているが  立ち昇る香料の煙りが  立ち縮んでいた  立ちも滅ぶと  立ちに茄子はさかえ  立ちは休らふ  立ち掃く庭に散りしける  立ちぬれて聽かなともへど身をいた  立ちはたらくところ服裝のためなればか年齢の相違のごときも俄にはわかち  立ちなばとおもひても  立ちのきを言わなくちゃならないでしょう  立ち喰いの屋台寿司に限る  立ちしか間に此一區劃内に湛へて終ふ  立ちしか間にこの一区劃内に湛えてしまう  立ちにし  立ちも這いもできない  立ちも這ひも出来ない  立ちあらわれて来ている  

~ 立ち[名詞]1
湯気の立ち  急には立ちは  まじめに立ちか  飾つた花婿正吉が立ち  煙が立ちの  紋付袴で立ち  人々も立ち  私に立ちか  本然に立ちか  道の入り立ちが  子供たちが立ちは  地上に舞い立ち  含芳の立ち  役にも立ちは  お母さんが立ち  下の立ち  能力が立ち  意識の立ち  朝鳥と共に立ち  年は立ち  暴漢は立ち  神像から立ち  階級のいづれもが立ち  五歩行つては立ち  莊から立ち  それを受けて立ち  老木の立ち  樹木の立ち  ところで立ち  さかんに立ちの  火事にあって立ち  いつか秋風が立ち  骨格を具えて立ち  人物として立ち  爪尖立ちを  わして立ち  一月寺へ立ち  大事を成し遂げて立ち  屏風なす立ち  幼稚さひたはづかしし立ち  外には立ちに  日の思ひ立ちでは  奮ひ立ちも  なつて立ち  家々から立ち  課題が立ち  軌範の立ち  三日目に立ちの  要素として立ち  毛ば立ち  苦手として立ち  ワナワナとすくみ立ちに  啓之助は立ちも  土地を立ちの  長屋の立ち  阿波へ立ち  炎々と立ち  心の立ち  家に立ちよりて  店の立ち  工事小屋から立ち  女の立ち  中へ立ち  前まで来て立ち  ものが立ちは  爆弾から立ち  煙の立ち  真直ぐに立ち  ように立ち  国境から立ち  彼女は立ち  剣を扼して立ち  南門へ立ち  発展的タイプとして立ち  代表として立ち  それへ立ち  玄徳の立ち  プロジェクトも立ち  仲間と立ち  炊煙の立ち  暇乞いに立ちより  彼は立ち  裏口で立ち  厠へ立ちは  男が立ち  ソッと立ち  屍体を取りかこんで立ち  そりと立ち  夢を破られて立ち  ブラリと立ち  セクト主義者として立ち  包含して立ち  乙姫さまが立ち  パイプから立ち  黒煙の立ち  宮崎が叫んで立ち  前に立ちは  両人は立ち  意味をふくんで立ち  夜中にも立ち  入口に立ちは  門前で立ち  香煙の立ち  二足ばかり立ちの  ここにも立ち  埃が立ち  蚊柱の立ち  前に立ちと  やうに立ちは  ような立ち  理解の立ち  脊負って立ちや  脊負って立ちは  私は立ち  らば立ち  秋風の立ち  プイと立ち  椋鳥は立ち  前へ立ち  玄関へ立ち  巧く立ち  火の手が立ち  文壇ギルドへの立ちが  姿をやつして立ち  面持で立ち  ヌッと立ち  火の立ち  急に立ちも  願ひて立ちしもの  湯元から立ち  名で立ち  家を立ちの  人々と共に立ち  世界から立ち  やうに立ちの  損ひさうな焦立ちを  爺いさんだけは立ちも  煙突から立ち  専門家の立ち  白鳥を持って立ちにゃ  善は急げで立ち  壁へ立ち  白布を引いて立ち  木の萌え立ちの  井見れば立ち  方へ立ち  仙台に立ちの  彼女の立ち  そこを立ちの  波の立ち  身の立ち  助は立ち  応と立ち  底から立ち  芸者たちも立ち  警官が立ち  中で立ち  彌生の立ち  なんの役にも立ちは  対立をもって立ち  腹が立ちさえ  白波の立ちも  急に焦立ち  常識家として立ち  シュポルクが立ちは  鍋から立ち  ボーイが立ち  美人が立ち  返答と共に立ち  電燈をひねって立ち  人として立ち  飄々と立ち  ところへ立ち  司令塔から立ち  前へ立ちは  自分の立ち  いで立ちを  前に立ちさえ  残つた金を渡しに立ちかへ  煙も立ち  豌豆を買って立ち  家々をたおしておいて立ちの  もの狂いで立ち  上に立ちは  日置正次と立ち  巡査が立ちの  甲板へ立ちさえ  九月に入ると湧き立ち  世の中は立ちは  一種の立ち  我々から立ち  地には立ち  家へ立ち  やうに立ち  範囲で立ち  姫に立ちかへ  長州人に立ちかへ  水蒸氣が立ちの  領家へ立ち  高氏は立ち  連中の立ち  娑婆気が立ち  江戸を立ちの  瓦斯の立ち  劇作家たちの立ち  住家を立ちの  算盤が立ち  人の立ち  下位に立ちさえ  そこで立ち  立ちなおり立ち  双手をひろげて立ち  従順に立ち  約束して立ち  場所に立ちは  国もとへ立ち  うしては居られずと思ひ立ちに  我に来れる立ちて  自衛上全集物を出さねば立ち  欄干に立ちも  主膳は立ち  三階から立ち  中に立ちは  カラダから立ち  学校に立ちかへ  鎌倉より立ち  見舞い申しあげて立ち  木立から立ち  黄塵が立ち  陽炎の立ち  暇乞いをして立ち  引汐に沈むとすれど立ちか  墓地から立ち  左右に飛んで立ち  道場へ立ち  生命のそそけ立ちを  茫と立ち  本性に立ちか  美術骨董店へ立ち  顔が立ちさえ  一陣屋から立ち  いくつも立ち  ロロは立ち  煙がすつと立ちの  決意をもって立ち  下へ立ち  距離をとって立ち  ここは立ち  噴煙が立ちの  祭壇から煙りが立ち  榎のかげに隠れて立ち  雲霧の立ち  ところに隠れて立ち  何か立ち  かげで立ち  京都を立ちの  自分に立ちかへ  影は立ち  矩斥けて立ち  ここを立ちの  方へ立ちの  お前は立ち  何かの立ち  姉の立ち  屋敷を立ちの  花嫁が立ち  渠は立ち  楯を振り翳して立ち  奮ひ立ちしか  自分たちが立ち  春の立ち  字は立ちは  前進へ立ち  距離に立ちの  美少年は立ち  陽炎と立ち  女が立ち  姿が立ち  お出でと立ち  手に翳してぞ立ち  山王が立ち  人並みには立ち  がらくたを引っくり返して立ち  水煙が立ち  様子をして立ち  気もちになって立ちも  急に立ち  忍びやかに立ち  われに立ちか  面影が立ち  足音が立ち  自分が立ち  人々の立ち  酔歩蹣跚と立ち  細工場に立ちも  新たな担いてとして立ち  右往左往と立ち  突兀として立ち  香気の立ち  しゃっきりと立ち  女より立ち  柄だけを以て立ち  外で立ち  岐阜から立ち  閃光が立ち  其処へ立ち  一人うつすらと立ちは  正面から立ち  善心に立ちか  常さんの立ち  非常に立ち  濛々と立ち  作して立ち  電車通りへ立ち  鼠の立ち  ワイトマンは立ち  筋が立ちさえ  無造作に立ちの  権作老人と立ち  皆の立ち  屋敷から立ち  立ちな立ち  課題として立ち  霞の立ちぞわ  何により立ち  あたりを立ちは  圓太郎は立ちの  後ろから這いかかって来てつかまり立ちを  庫裡を忍んで立ち  川霧の立ち  声の立ち  まばらに立ち  杉は立ち  幾つも立ち  麓には立ち  店先へ立ち  倉庫の立ち  育い立ちを  そこから立ち  濛々と立ちの  湯気も立ちも  垣根を立ちの  これに代って立ち  心に立ちかへ  枝に懸けて立ち  暮しが立ち  顔を揃えて立ち  ことで立ち  腹は立ちや  否や立ち  呆然自失から立ち  序盤で立ち  烟と立ち  二足三足ゆかんとして立ち  江戸へ立ち  ひそかに立ち  人が立ち  沓脱へ立ち  井戸端へ立ち  幾度か立ち  恟々として立ち  勇気凜然として立ち  それにしては立ち  微妙なさか立ちの  藁家から立ち  問題には触れないで立ち  兀然と立ち  強敵と立ち  強大さを印象づけながら立ち  恍惚として立ちも  わたくしは立ち  香のけむりの立ち  青年の思ひ立ちを  西風が立ち  鉞をもって立ち  今ここへ立ち  精根をつかって立ち  埒を越えて立ち  腹掛は立ち  巳は立ち  指に嵌めて立ち  ままで立ちも  縁側へ立ち  若衆は立ち  種の焦立ちを  直面し立ち  炭焼小屋から立ち  まま何も言わないで立ち  途中小屋に立ちより  次郎吉は立ちの  人気も立ち  方衆の立ち  用に立ちしも  批評家として立ち  市電が立ち  脳天から立ち  中央に立ちは  遑しく立ち  幸子の立ち  人家の立ち  鳥取へ立ち  顔をしかめて立ちの  擁護者として立ち  名が立ち  一特徴を具えて立ち  ざわざわと立ち  凝視て立ち  歴史性をもって立ち  危険に立ち  蜃気楼が立ち  煙が立ち  病父に引かれて立ちか  蜃氣樓が立ち  微妙な焦立ちが  ストに立ちさえ  平和に立ち  某が立ち  手桶を提げて立ち  提唱をもって立ち  自己の立ち  あまり人の立ち  まち子は立ち  扉から立ち  噴煙が立ち  お前が立ち  部屋から立ち  火鉢から立ち  千代乃が立ち  嘉坡に立ちより  暢気さに立ちかへ  猫は立ち  合法政党として立ち  梢に立ちを  静かに立ち  蔭から立ち  二階家が立ち  姉上の立ち  マルクス主義者として立ち  目にとまって立ち  人の如く立ち  我等にむかひて立ち  指導の立ち  ざる人のごとく立ち  そこに立ちと  前で立ち  夫は立ち  先刻正子が立ち  役人は立ち  田舎へ立ちの  地に立ち  わやわやと立ち  一町余も立ち  香炉から立ち  光明優婆塞は立ち  ヨロヨロと立ち  蒸氣の立ちの  らず立ち  とき扁蒲畑に立ち  私に立ちの  ッと立ち  像をつくらむと思ひ立ちに  うえ生活に追われて立ちも  会下山に来て立ち  精神的にみだしてから立ち  木剣を持って立ち  夢枕にも立ちや  身軽に立ち  二人は立ち  高田は立ち  

~ 立ち[名詞]2
多く立ち  つと立ち  そう立ち  いつの間に立ち  ちょっと立ち  どことなく立ち  新しく立ち  いい加減立ち  暫く立ち  そんな立ち  ひょいと立ち  この立ち  まだき立ち  いざ立ち  次に立ち  またもや立ち  ふるい立ち  なく立ち  暗に立ち  いかめしく立ち  すぐ立ち  共に立ち  うれしく立ち  再び立ち  ふと立ち  ぬっと立ち  はっと立ち  悠然と立ち  やおら立ち  次ぎ次ぎに立ち  わが立ち  いささか立ち  ぼんやり立ち  すでに立ち  小さな立ち  なき立ち  雄々しく立ち  烈しく立ち  時々立ち  敢然と立ち  白く立ち  大きく立ち  しばしば立ち  まだ立ち  ちゃんと立ち  重く立ち  あやしく立ち  切々立ち  ゆくりなく立ち  深く立ち  さっそく立ち  

複合名詞
腹立ち  立ちぎく人  川波立ち  立ち際  ゃちほこ立ち  立ちづめ  立ち食い  立ち処  立ち腐れ  樺の木立ち  立ち竝ん  樹立ち  はり立ち  立ち上つて  立ちっ放し  立ち帰つた  一人立ち  なり立ち  立ち罩め  顏立ち  立ち上  立ちうち  立ち留つて  立ち番  立ち廻り  立ち腹  雉子立ち  立ち舞はず  今日立ち  波立ち  前髪立ち  代り立ち  木立ち  立ちうり  立ちしな  風立ち  此時立ち上  人立ち  立ち食  立ち籠め  立ち止つてぢ  立ち乍ら云  立ち場  磯浪立ち  立ち升つて  片足立ち  立ちの  立ち交  立ちかた  立ち止つた所  立ち思案  立ち用  かわり立ち  あれ佐渡立ち  眼鼻立ち  立ち袁討伐  鼻立ち  鯱鉾立ち  だまつて立ち上つて  灯立ち  立ちばなし  徒歩立ち  竿立ち  立ち通し  立ち帰り  立ち上げ  骨立ち  立ち出  思い立ち  ほかお腹立ち  立ち帰り右近  思立ち  棒杭立ち  立ちあい  お腹立ち  立ち舞  突立ち工事  木立ち木立ち  二人立ち  立ち騷ぐ人達  木立ち際  立ち替り  立ち樹  ア立ち  兄貴め腹ア立ち  立ちがけ  股立ち  モモ立ち  立ち候  立ちば  家伝生れ立ち  其生れ立ち  生れ立ち  立ち籠む中  其立ち場  立ち淫売  町家立ち  立ち対  惣立ち  立ち留まつ  矢張立ち上  痩立ち  いま立ちしな  突立ち上つて冠  立ちよう  紫立ち潮風  上野出立ち  立ち換  立ち上つて蕗子  幸い三疋立ち  立ち相  只今打立ち候  立ちまわり  女ども立ち  立ち上つた時  立ち上つた席  立ち会つた上  つて立ち上  苛ら立ち  立ち売り  立ち会つて話  茎立ち  此立ち場  海原はかまめ立ち  立ち小便  立ち仕度  むら立ち  刹那木立ち  立ち帰りこ  儘御立ち  村木立ち  五人立ち  立ち働ら  独立ち  立ち通り此処  袴立ち  立ち朽  立ち處さ  立ち處  立ち処さ  立ち植民地  木立ち山陰  立ち盡  ぱつと立ち上つて言  立ち歯  鬱蒼たる木立ち  立ち会  立ち上つて裁判長  装立ち  立ち迷  ヤヲラ立ち上つて  總立ち  せき立ち  立ち騎  立ち出づ  立ち出づる山かげ  ぎつしりと立ち  立ち混つて  立ち渡つた沼  立ち籠むる霞  蝶けさ立ち  松の木立ち  立ちぎわ  功立ち名  襷股立ち  湧立ち揉  立ちン坊  立ちン坊君  ちょこ立ち  脚立ち  立ち飲み屋  眸鼻立ち  立ちかけ  年立ち  眼立ち  萬一立ち合  立ち上つた巡査部長  立ち別  立ち其上  立ち葉  ゃっとこ立ち  河原立ち  鎌倉立ち  立ちたる  店立ち  四時立ち  立ち廻わり  君立ち川  辻立ち  立ち武者ども  思し召し立ち  腿立ち  膝立ち  江戸立ち  際立ち  立ち登つて  立ちたま  陣立ち  立ち支度  輿立ち  立ち上ッ  立ち廻つて  引立ち  巻立ち  浪立ち  馬立ち  軍立ち  薹立ち  葉立ち  立ち次第秀林院様  伽羅立ち  立ち腹切  お座立ち  門立ち  七ツ立ち  二三歩立ち  一軒立ち  立ち上つてしまつて  サア阿古屋立ち  立ち上つて天  立ち替り地面  立ち身  都立ち  圖立ち  是非立ち會  立ち上り立ち  立ち上つて最敬礼  ただ船立ち  立ち上つて覚束  戦立ち  やをら立ち上つて正面  朝霧立ち  立ち歩き  どよめき立ち  立ち騒ぎ  立ち上つて両足  立ち住  立ちたまえ  立ちびな  貌立ち  こと立ち  夫婦立ち  叢立ち  お先立ち  旅行立ち  躁立ち  宵立ち  とつまさき立ち  立ちまわり先  入れ替わり立ち替わり陸続  立ち人形  入れ替わり立ち  匂ひも立ち昇つて  全体立ち  立ち昇つて來  二頭立ち  雲立ち  終つて立ち上つて  立ち給  立ち寄り  立ち出づる妖術  騒立ち候節  立ち上つて心持顏  やをら立ち上つて  ほこ立ち  立ち並ら  立ち襟  立ち狙い  立ち濡  立ちぎわにこんなことを源氏  立ちぎわではあったが源氏  練塀立ち  立ち候日  立ち辣ん  立ち添  数人立ち  地面立ち  立ち上つてモヂモヂ  立ち連  変り立ち  立ち違い  冬木立ち  肚ア立ち割り  蕊立ち  つて立ち  人立ち駐  立ち外  なよやかさ立ち  佩びて立ち出づる  立ちッきり  立ち待ち  立ち体  香煙立ち  立ち出づれば  半身立ち  ツト立ち上つて一寸女  立ち上つて着物  三時立ち  場立ち  立ち勢一杯  立ち上つて抹香  夏木立ち  杉木立ち  入れ替わり立ち替わり間断  立ち詰め  立ち初め  立ち会つて人  十本あまり立ち籠つて  立ち上つて漁師共  立ち渡つて  立ち上つて來  立ち續  立ち竝  登つて立ち小便  立ち惑  立ち方  爪さき立ち気味  いつお立ち  まばら木立ち  一同立ち  ノッソリ立ち  むつくり立ち上  さば立ち  秋立ち  突立ち  めんくらつて立ち  立ち上つて帽子  一般的立ち  立ち使  立ち氷  つて立ち昇つて  生まれ立ち  むざと立ち  湧立ち  立ち上つて窓  乍ら立ち処  一晩中立ち  一人立ち番  立ち通しぢ  立ち上つて矢鱈  度立ち  一二景立ち  風木立ち  立ち亘つて  さき立ち  立ち上つて言  観音立ち  群ら立ち  おでん立ち  立ち博物館  立ち机  立ち上つたの  立ち工合  さっき立ちがけ  魂限り立ち  立ち天  立ち上つて隣室  立ち上つて出口  鶏冠立ち  立ちぎく忍び泣き  一二三立ちたる者顏  立ちずくめ  立ち腫れ  六六立ち  立ち帰り人  経立ち  立ち帰りたる  立ち帰  立ち噺  獨立ち  脇立ち  三度立ち  もも立ち  立ち栄ゆ  立ち乍ら母  黒雲神立ち  立ち上つて雀躍  かも立ち  毳立ち  くも八棟立ちなみ  ねつ春霞立ち  木根立ち  霧立ち  げ立ち  じき立ち  立ち微動  立ち雑  立ち廻われ  肚立ち  立ち水  立ち籠むる湖面  旅籠立ち  時立ち  立ち上つて足  



前後の言葉をピックアップ
截ち  立ち  経ち  建ち  起ち  立ち会い  立会い  立会  立ち会い  立合い


動詞をランダムでピックアップ
うちかち見放す換えるふるいたち有り余りとおそねぼける頌える見送れねじむけ響かせよ買い漁りもっしだす逸らせる語っ彌次り漉か踏み入り落ちれ
形容詞をランダムでピックアップ
低うつまらなくっ果敢ないどぎつい穢らしいかしこかれ面倒臭かったくましい待ち遠しかっめんどくさく美々しき口喧しいおぞましき青っぽう赤けれ心苦し空々しくあやしけれ物珍しき旨かろ