「穗」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
穗に出で  穗の出そろつた  穗でもこき下ろす  穗を吹いてゐる  穗を拔いて  穗を蓙ですつて行く  穗が時々ひやりと頬へあたる  穗の上に海洋が表はれて  穗を分けながら  穗の茂りが  穗の出初めた粟畑がある  穗がフイと飛んで  穗の花にうまれし  穗の若いのに眼をやつてゐると  穗は夢のやうに白い幻にして  穗が靡き  穗を見て聳えてゐる  穗のやうに映り  穗も出る  穗の搖ぎも底に隱ろひ  穗が靡いて  穗が出て  穗を抽きそめる  穗を抽いて  穗が光る  穗に輝く  穗が一杯に出揃つて快げに戰いて居る  穗の上にふわ  穗がゆれた  穗は風に吹かれて  穗は重く垂れて  穗からちぎつて  穗だけが暖く  穗はすく  穗がでそろつたひ  穗の上にあらはれてゐた  穗を一寸噛んだ  穗が五六本出初めてゐた  穗に隱れては  穗がゆるかに搖れて  穗の招く  穗たで露草みだれ伏す  穗が出る  穗を我れでも着て遣らうかと  穗を孕み  穗にとまりて啼くよ  穗や音に出でつつ  穗は淺間かくすに  穗を口にくはへて  穗などを持つて  穗を以て何處までも掩はれてある  穗は乾いた  穗のみは悲しい色を浮べつ  穗は焦げた  穗に其俤をほのかに浮べる  穗の限りもなく戰いでいる  穗を眺めながら  穗に光る  穗の毛を踏みゆきぬ  穗づらにさす  穗だけで圓い  穗のゆらゆらとうごいてゐて  穗を噛む  穗の重さうに垂れて  穗を思ひみよ  穗かく豐かなるに  穗は頒つによりて減ずる  穗碎かれ  穗を打たしむ  穗をばその熟せざる  穗の狹別の島阿  穗にさね似たる  穗の上霧合へりしかすがに月夜さやけみ  穗みえそむ  穗の上に見ゆる  穗ぬれ吹き越す  穗わたる秋風に蜑が家居に網干せり見  穗ぬれに見ゆる  穗のしづく  穗かもアイヌ等は皮の衣きて  穗の秀でも秀でずも  穗に去りて  穗に立ちて  穗に淋しき谷をすぎくればおり居る  穗の粟の畑に墾りのこる  穗に湖靜かなり遠山は見えず  穗を採  

~ 穗[名詞]1
熱の穗に  草の穗でも  芒の穗を  博勞の跳ね返した穗が  芒の穗の  葦の穗の  粟の穗が  波の穗の  薄の穗の  芒の穗が  岩の穗を  麥の穗の  麥の穗も  波の穗が  薄の穗を  みぎむきや穗が  ひだりむきや穗が  浪の穗に  麥の穗が  すすきの穗が  蘆の穗だけが  麥の穗がで  草の穗の  筆の穗を  友信は穗の  稻の穗が  彼の穗に  頃稻の穗が  芒の穗は  麥は穗を  村草の穗に  浪の穗や  音づれのたそがれの頃稻の穗は  稻の穗を  稻の穗などを  麥の穗を以て  麥の穗は  つて麥の穗のみは  麥の穗に  麥の穗を  翅燈心草の穗に  たんぽぽの穗の  圓い穗の  5麥の穗  #つた夕日は穗から  草の穗だけで  化猫草の穗の  張り稻の穗を  稻の穗  稻の穗の  我を信ぜずば穗を  二本の穗が  一の穗  殘の穗を  畑にある穗をば  道の穗の  命火の穗の  骨三川の穗の  波の穗に  田の穗の  芒の穗  もろこしの穗の  もろこしの穗  はる山の穗の  ら荻あしの穗  蜀黍の穗  白雲稻の穗の  蓼の穗に  水引草の穗に  國唐黍の穗に  途上稗の穗に  ぐしだり穗の  葦の穗に  花の穗を  

~ 穗[名詞]2
柔かい穗  白い穗  長く穗  重い穗  白き穗  白く穗  さ穗  

複合名詞
陸穗  足穗  刈穗の  麥穗  苗穗  黒穗草  穗首  繼ぎ穗  粟野秀穗君  穗波  穗並  舒びて穗  岡穗  穗薄  窪田空穗氏  穗ばら  ひとり赤丹穗  菜穗子  葦穗山雨雲  葦穗ろ  穗末  平福百穗畫伯  天穗日命  穗頭  穗苗藁其外柔  穗先きが此處  一穗  お初穗  穗草  走り穗  槍嶽穗高嶽  穴穗  穗先  赤穗義士  赤穗浪士  百穗  穗利祭  水穗  千穗  長穗  臣穴穗  御子穴穗  命穴穗箭粟淡島粟田  日高日子穗穗出  忍穗耳  玉穗  巓高千穗  宮高千穗  千穗竺紫  穗浪速  命日子穗穗手  命穗積  命水穗  五百依比賣水穗  赤穗義人録  赤穗四十七士  接穗  千穗男聲  千五百秋瑞穗  高千穗  高穗  さし穗  垂穗  穗立柳  忍穗井  芒穗  左千夫君百穗君  穗芒  韮崎走り穗  北畠八穗さん  



前後の言葉をピックアップ
  稔る  みのる    実る        みのる  ミノルカ


動詞をランダムでピックアップ
取らせる迷い込ん淀みなくなろふるう踏め白ま寝返れ定めろ燃えつい入れん滞ら駆立て絞り出す浮べ及びととのわ愚図り落ち着こ被さる
形容詞をランダムでピックアップ
いじきたなよきゃねつきおさないくかろ訝しくすくないにがかっうら若けれ継しい穢くすい麗しい古う痛ましきおいしかっやむなき佳くっ