「穂」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
穂もあた  穂が出揃うて  穂のちるばかり  穂の散りてはとぶ  穂をそろへ  穂が出てゐないから  穂に出で  穂のやうにみだれてくる  穂があった  穂を喰い取られた  穂はそよぐ  穂に咲けど  穂を細めながら尋ねた  穂のように自然と細くなる  穂を出し  穂は立派な実になって  穂尖ぞさびたる  穂が引きずりました  穂をま壺に蔵す  穂の真直に立っている  穂は白銀のごとくひかり  穂を戦がして  穂を召した  穂が出てしまった  穂を以て解決出来た  穂にさく  穂に出て  穂がくるより  穂を立てたりして  穂も茅の穂ももう枯れた  穂は衣へだてて  穂を翳しながら  穂が垂れ  穂をいぶかしそうに見詰めながら  穂をむしり取ってやった  穂をふるわせた  穂のような手が動いた  穂を教材とする  穂に桐の梢に秋は更けた  穂尖を投げる  穂敷きつめた暖き寝所つくって下さいね  穂の上に連っていた  穂の中で輝き出した  穂のみのらない  穂をつくろって  穂は黄色くなる  穂を折って  穂をしごく  穂が出て  穂を石でみがいて  穂を出しているかと思うと  穂まだ若ければ紅ふふみたり  穂に出ぬ  穂が見えた  穂で揺れていた  穂はニヒリストのやうな白々しさしか感じさせない  穂といふ穂を打つて見たくなる  穂をもぎ  穂ふるへる  穂が雨と突いてくる  穂のスレスレに隠れて  穂が伸びて  穂の人の丈よりも高かるべきを思い  穂に攀じて  穂でしゅうと言いながら  穂は細いたくさんの手をいっぱいのばして  穂を出した  穂を波立てていた  穂の勘定でもしてりゃ  穂の出初めた粟畑がある  穂がフイと飛んで来て  穂が干してある  穂を踏み散らしつつ  穂のそよぎも  穂を巡りながら  穂の中から二十日近くの月を遠く沖合の空に眺めて  穂に西風のそよいでいた  穂に射しかけて来る  穂や桑の葉にこびりついてゐる  穂がなびき  穂をこいていた  穂をこきだした  穂の芒は切口の方を先にして  穂の縞目がはっきり見える  穂も大して実りますまい  穂をこき  穂をキラキラと夜空に噴き上げている  穂をキラキラと夜空に噴き上げる  穂がなくて困りきっていた  穂や何か足らない  穂の伸びやう旅はゆふかげの電信棒のつくつくぼうしつきあたれば秋めく  穂産んだまま死んでゐるかよ  穂が出ていました  穂がまばらに突き立ってる  穂を振って  穂を出して烟って  穂が夕風になびいていた  穂の水を含んだ  穂は色の変る  穂の重なる  穂の抜けた  穂にとまる  穂で造った  穂の上にはつきりと噴火山を露し出した  穂だけが蘆のように雨脚に揺れた  穂が腐って  穂を取りに行った  穂を二三十本ぐらい一束ねにした  穂をそっと持ってござった  穂が少し黄ばんで  穂が果てしもなく連なっていた  穂に穂もなびけ  穂に咲く  穂が出てゐました  穂までが鹿にまじって  穂までが鹿にまぢつて一しよに  穂漸く色づいて  穂の黄色なのと段々になって  穂がへし折れる  穂のうねりを見る  穂と穂の擦れる  穂は復た白く光った  穂などが繩にしばられ  穂で作った  穂が出た  穂の出る  穂のあぎた芒が朝風にがさがさと葉を鳴らしていた  穂がある  穂でかこつた図柄だつたと思ひだす  穂が出揃ふ  穂は悉く靡き  穂が揺れ  穂で貫いた  穂が夕闇のなかに仄白くみえた  穂をそよそよと吹いていた  穂が女の子の手のように見える  穂を散らして逆巻いている  穂を奉る  穂をそろえ  穂は止まりよ  穂を渡ってくる  穂に大きな雷が落ちて  穂が飛んで  穂に気をこめて  穂を出していっ  穂が出ない  穂も風が畳をふきぬける  穂の散りくる  穂が出てゐる  穂の四五本はある  穂を渡った  穂や草の葉を掴んでまごついている  穂に奇縁の蝶々がとまった  穂の上へかぶせ  穂だけを取りはずして  穂を懐中に入れておき  穂は実の重さで垂れた  穂はつけてないから  穂が蔵ってある  穂をつけて  穂をつけてから  穂を左の掌で握って  穂を二三本手でなびけて  穂をすげる  穂を頭へつける  穂をすげれば  穂がなければ単に敵を懲らすだけで済む  穂をすげなければならない  穂のようにぴんと立って  穂を墨つぼに  穂が草鞋に蹴られて  穂を硯にひたして  穂を口にくわえて  穂の列を吹き抜けて行く  穂をい  穂が揺れてゐて  穂をしごいて  穂が立ち  穂をひらひら空にうごかしてゐました  穂がキンラキラして  穂に穂が咲いた  穂につつまれた  穂はすでに静秋の気をほのめかす  穂を附けて来たといふが  穂が挿してある  穂が針のようにちかちかと光っていた  穂を踏んで渡られた  穂に現われたというだけの  穂を出しかけていました  穂を出す  穂にからまっている  穂が風になびいた  穂が銀のように日影に光る  穂あるものを芒と謂ふ  穂のような光のにぶい腫れぼったい眼で微かに加奈子を見た  穂も洗はれ  穂が原因ならばそれもなかばは嫉視であってわたくしはそれを作らなければ  穂のようにはねをのばして  穂のない粟の塔も消される  穂をかえ  穂が氷でとじられている  穂をかんだ  穂が雪の様に飛ぶ  穂がゆれた  穂をたたいて  穂にも生き生きと息吹いている  穂をそろえて突いて出た  穂の冴えをためす  穂をぬいて  穂で女を突き殺して  穂を買って来て  穂を舐めて  穂の先に墨のあとが薄黒くにじんでいるだけであった  穂を自分の鼻の先へあてて  穂の枯れた  穂が浮き出した  穂が白くそよいでいた  穂に来  穂が青空の下に遠くなびいていた  穂でじゃれて  穂をつまず  穂尖が白く風に散  穂をふっと吹いた  穂に似ているからだと  穂を取って  穂となる  穂が波うつ  穂のひとつだに残さじと  穂を見よ  穂がガサガサすれ合う  穂を真昼の風になびかせている  穂のようにきらりと光った  穂をわけて  穂が不器用に画布にたたきつけられて  穂になり  穂は飛沫になり  穂のような灰色の頭髪になり  穂だけが元のごとく光っている  穂が出そろうと  穂は海の波のように風になびき  穂からこぼれ易いものなので刈り  穂をゆたかにたれて  穂にも大きな粒や小さな粒があり  穂を揺る  穂があり  穂の出た  穂や雑木の枝に動いていた  穂しかできず  穂を出して  穂の一枝ごとに小さな白い花が咲き  穂に被るばかりに見えた  穂を垂れていた  穂は僕等の来た  穂も同じように狐色に変り  穂に出ながら  穂が黄ばむ  穂や紅花殻を買ったりしたが  穂尖を大熊の胸につきつけ  穂を立てている  穂も鼻ッ先に近くなって  穂を一寸と噛んだ  穂の間から上半身をあらわした  穂を揃えた  穂のひらひらと散って落つる  穂が低くなびく  穂に出た  穂の白く枯れた  穂が夕闇のなかにほの  穂を載せて  穂は乱れた  穂を出している  穂の大きい麦種をこっちの方へ流行らせたが  穂を眺めて  穂の白い花が盛りでした  穂の乱れた  穂をよりわけ締めつけるだけで  穂が五六本出初めてゐた  穂を挿して  穂のある  穂を出しました  穂を持たない  穂にいでぬ  穂が見える  穂をゆする  穂を飛ばし  穂の豊年らしく垂れてゐる  穂を五倍子箱の中の五倍子の粉の中に突っ込んで  穂が赤く垂れ  穂を刈つてゐる  穂をいじりながら  穂を田の中に投げると  穂を含んだ  穂のような花をさし出す  穂を垂れた  穂の波波うち  穂に重みが加わり  穂が路の両側へ伏しなびき  穂の垂れ曲った  穂を眺め  穂のついた  穂を脇に挟む  穂を咲かせて  穂を与えてくれよ  穂を走らせながら  穂の垂れた  穂の形を成せるは  穂を戦がす  穂がチクチク揺れて  穂がすぐに日に焼けた  穂にこほろぎ啼きぬ  穂をすいて  穂が出てるよ  穂が立ち並びつつ  穂にあらわれたとりなしが  穂を拾つたりして  穂が葉のうちに隠れて  穂でもそよいでいる  穂なども伸びて  穂は細い沢山の手を一ぱいのばして  穂がみのり  穂のそよぐや  穂が出る  穂が波打って  穂にとどめたり  穂だけ出している  穂と間違へさうに  穂を白くゆすっていた  穂をもたげたので  穂を野原にでも立っている  穂を打ちひしぐ  穂のやうに単なる悩みに富んだ  穂尖を揃えて  穂を一寸ばかりにちぎって  穂をこれぐらいの長さにちぎってくれ  穂をすっかりその辺に植えて  穂をこれ位の長さにちぎって呉れ  穂をすっかりその辺に植ゑて上にみんな蕈をつき刺しました  穂が二三本やけに頭を振り  穂を出したり  穂をあてがえば  穂が其処にも此処にもあった  穂の黄色くなりかけた  穂のやうにゆらめく  穂が目に入ると  穂は下から見れば  穂は下から頂上まで雪が少しも切れないでつづいていました  穂についている  穂へ辿っている  穂に似て  穂はふさふさと揺れてゐた  穂が風の去つた  穂の芒の議論が出た  穂もただ薄白く見えるばかりであった  穂を出していたので  穂の白く光る  穂は黄緑に熟しかけていて  穂と穂が擦れ合って  穂の色に見え  穂をこき落した  穂の擦れ落ちる  穂をこいては  穂が路傍に垂下っていた  穂を顧みないで  穂を苅って見つかった  穂にのせられて  穂にあらわれて  穂を口にくはへて  穂が握られてある  穂などを持つて来て  穂を垂れている  穂を垂る蓼の秋秋深けて  穂になって着き  穂のあり  穂のように揃え  穂に出て黄ばみかけた  穂から穂へわたっていた  穂を一面になびかせている  穂に幾粒つくか  穂の出ようがありませんです  穂に触れる  穂をこき落しはじめる  穂を力まかせに引き抜く  穂を掴んで見る  穂が無いかと調べながら  穂を指でむしり落しながら  穂のままになった  穂のままの麦を掻き集める  穂がでて居りますが  穂を上げた  穂が二本はいって居ました  穂が二本はひって居ました  穂がざわめく  穂で丹念に葉の間の埃りをはらっていたが  穂を折られて困っていると  穂が出ておりますけれど  穂も夕づく  穂の出揃うた  穂が見え緑の桑の葉が見え別荘の土手が見え土手の上の薔薇の花が見えた  穂が出ているが  穂を散らした  穂が出揃ってゐます  穂が白く燈に映る  穂が光ってるぞな  穂が豊かな実りを見せるに  穂が一杯に伸び  穂を見たとか  穂しか生じなかった  穂を生ずべしと  穂という穂もつかなかった  穂を出しかけた  穂は黄色く干乾び  穂の擦れる  穂の重みで一つらに中伏に伏している  穂のでかかつた麦のだんだん畑がうちつづき  穂を垂れる  穂が一杯に出ていました  穂をふんで  穂をふんで歩いて行きました  穂をはらんでいる  穂をはらんで伸びている  穂の限りもなく戦いでゐる  穂を出しかけている  穂は見える  穂を見せはじめている  穂をザっと突っこみ  穂が置いてあった  穂が白くみだれている  穂をつかんで  

~ 穂[名詞]1
萱の穂も  麦の穂が  萱の穂の  すゝき穂を  熱の穂に  たんぽぽの穂の  薄の穂が  麦の穂に  ばなは穂に  麦の穂  洋灯の穂を  筆の穂の  茶色の穂を  何の穂  蓼の穂を  二人は出揃うた穂の  萱の穂は  形が穂を  走りの穂を  秀や穂を以て  日向ぼこ物の穂なども  梧桐の穂に  稲が穂に  槍の穂が  がまの穂を  芒の穂も  麦の穂は  千種の穂が  歓喜に満ちた穂を  イラクサの穂を  筆の穂を  蘆の穂が  稲の穂を  浪の穂  蓼が穂を  薄の穂に  槍の穂  蒲の穂  芒の穂の  すり筆の穂を  小麦の穂は  はなしの穂を  麦の穂を  玉蜀黍の穂が  槍の穂を  ヒエが穂を  すすきの穂  すすきの穂が  灰白色の穂は  穂といふ穂を  薄の穂を  刈萱の穂の  稲の穂は  蘆の穂の  萱の穂で  すすきの穂は  稲の穂の  粟の穂が  粟の穂を  芒の穂  草の穂の  無数の穂が  光の穂を  朱筆の穂の  早稲の穂に  葭が穂に  芒の穂が  簪の穂に  麦の穂も  ように穂を  それを刈りとって穂を  水の穂を  萱の穂や  枯葦いちめん麦の穂の  すきの穂  風に吹かれて穂を  筆の穂は  すすきの穂に  すすきの穂で  麦の穂だけが  真黒に穂が  蒲の穂を  蒲の穂や  稲の穂が  芒の穂は  すすき尾花は穂に  波の穂が  大事五穀波うて穂に  櫛蓼の穂に  やうな穂が  銀いろの穂を  すすきの穂までが  粟の穂の  尾花の穂が  麦の穂の  麦の穂と  もろこしの穂などが  草の穂で  傍には穂の  麦の穂で  芝の穂が  浪の穂を  早稲の走穂を  穂芒が穂を  人間の穂は  銃剣の穂に  かたびらが穂を  種が死ななければ穂が  草の穂とな  茅花が穂に  早稲田には穂が  葦の穂の  麦の穂や  性の穂に  これを穂の  槍の穂だけを  場合には穂を  茅花の穂を  今は穂を  ヨシの穂の  ゆたかな穂の  大葉子の穂が  すすきの穂を  麦畑の穂の  あたり薄の穂が  素槍の穂を  穂に穂が  槍の穂の  芒の穂に  尾花に穂が  波の穂を  問題となって穂に  ような穂を  禾本科植物の穂  すすきの穂も  ヒアシンスの穂が  水路もゆらぎ穂の  話の穂を  草の穂  草の穂にも  不意に穂を  槍の穂で  萱の枯れ穂に  鷹は死すとも穂を  芒の穂を  花の穂を  草の穂を  稲の穂と  穂と穂の  黄金の穂が  歓楽の穂の  蒲の穂が  大麦の穂の  浪の穂の  筆の穂が  波の穂に  波の穂は  すすきの穂の  ヒエは穂から  黄いろの穂を  芒の穂や  みんなそろって穂を  蘆の穂を  水が穂に  上に穂を  槍の穂も  葦の穂が  芒が穂を  転して穂を  薄の穂の  灯の穂が  尾花の穂の  米の穂を  薄の穂は  すすきの萎えた穂と  尻尾が穂を  荻の穂を  草や穂の  穀物の穂を  草の穂が  つて稲の穂を  薄よりも穂の  稲田は穂を  そこから穂の  その間から見える穂を  後多くの穂を  田から穂を  早稲の穂の  足もとの穂を  神経の穂が  蜀黍の穂が  黍の穂に  とうもろこしの穂が  才が穂に  すすきの穂でも  芒の穂なども  麦が穂に  麦に穂が  枯芒が穂だけ  蒲の穂と  蘆の穂で  夏草の穂を  雑草の穂を  性格の穂を  小麦の穂を  タンポヽの穂の  萱の穂を  やうな穂を  茶いろやけむりの穂を  親玉号は穂を  槍の穂は  槍の穂に  青麦の穂は  為に穂の  莢や穂が  実や穂に  キビの穂を  巨濤の穂に  不満は穂に  稲の穂などを  水辺に穂を  岸に穂を  波濤は穂が  畑には穂に  燕麦の穂から  お話には継ぎ穂の  麦束の穂を  残りの穂が  残りの穂を  方は穂が  ころぐさはもうすっかり黄金いろの穂を  かもがやの穂が  筆の穂で  所に行って穂の  黍の穂も  左側は穂の  見え麦の穂が  麦には穂が  尾花の穂を  前に穂  二番草取りも果さず穂に  猫じゃらしの穂が  従来一本の穂しか  二本の穂を  粟にも穂という  なかや穂を  青麦の穂の  高原には穂の  稲ほど穂を  草には穂が  三尺ばかりに伸びて穂を  麦が穂を  芒も穂を  何か穂を  粒々だった穂を  鍬の穂を  芦の穂が  

~ 穂[名詞]2
まだ穂  たちまち穂  すっかり穂  ひょろ長い穂  青い穂  さては穂  白い穂  その穂  やっと穂  赤い穂  もう穂  根から穂  きつき穂  鋭い穂  やっぱり穂  そろそろ穂  小さな穂  どの穂  黒い穂  早く穂  ふたたび穂  長い穂  小さく穂  あの穂  高く穂  

複合名詞
足穂  穂すゝきが  みな穂  穂末  穴穂  穴穂天皇  芒ア穂  干乾らびた穂束  穂ガ  槍穂  香穂  穂祭り  粟穂  稗穂  草穂  つぎ穂  附穂  穂槍  穂山  穂里  穂吉ちゃん  穂吉  穂吉さん  みんな穂吉  穂吉穂吉  穂吉どの  うに穂吉  一穂  穂口  葦穂  穂上  果穂  継ぎ穂  穂高見  穂姫  穂彦  祖先穂日命以来  けた穂  銀穂  穂風  すすきツ穂  継穂  粟穂稗穂  穂延び  接ぎ穂  穂三尺  穂姫皇后  去来穂別  六月信州北穂  麦穂  穂蓼  穂さき  すゝきのいつ穂  穂すゝ  穂花  四五本穂  ツギ穂  すゝきの穂  笹穂  穂すすき  つぎ穂さ  俺ちの陸穂  稗穂等  苅穂  土穂  稲妻萱穂  草穂うしろへま  萱穂  一つ萱穂  髪草穂  平福百穂画伯  穂長  穂庵百穂評  土穂餅  尻穂  葦穂さん  白穂  垂穂  天忍穂耳尊天降り  十穂  穂彦ト申者発二謀叛一  母穂  忍穂耳命  白穂色  穂頭  穂束  忍穂井  粟穂違い  穂竹  穂庵翁  穂鞘  忍穂耳命同様日  夜九穂子来訪  九穂子来談  午後九穂子  晩間九穂子  九穂子  日暮九穂子  九穂致軒  夜九穂子  九穂子二十年来  風穂  平福百穂  三・三〇北穂側スキー  四・一〇北穂  五・五〇北穂  北穂  奥穂  奥穂頂上  北穂岳  穂午後十二時  穂岳  ます穂  女穂  男穂  穂ニ  穂軸  先穂  陸穂  百穂  穂庵  酒燈一穂  祭神天忍穂耳尊  忍穂耳尊  下巻穴穂  岩穂  



前後の言葉をピックアップ
      保太郎  保証書      帆足  保安  ホィテア


動詞をランダムでピックアップ
込み入るおけれ証せ商っ移り変わ顕せこする刈り込ま産気づい洩れる引っ掛っ絡ますみたせ諭せ誹っ昇ろ投じるせまろ取り掛か待ち合わせ
形容詞をランダムでピックアップ
穢らわしいあつかましき厚く熱っぽいいとわしかっ懐かしかっほの暗く呪わしきなかろくろから惜しけれ手あついおっかなくっ惜しかっ畏れ多きなまぬるい押しつけがましい口惜しく敢な気強い