「祈」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 祈[動詞]
やうに祈  けが子供に祈  健鬪を一心に祈  武運長久を祈  つたに、御祈  声で祈  朝夕の祈  さまざまの御祈  為に進んで祈  法然から三宝に祈  忍耐ト奮闘トヲ祈  ナースチャは祈  主のお祈  約束をしてかかった祈  験のある祈  奥様はその祈  終戦の日を祈  家は焼けないで欲しいといつも祈  口をひらくとこんな祈  中に祈  願に、祈  爲に祈  夜中に必ずかう祈  成功のほど祈  よう遥かに祈  バツカスを祈  ことを祈  事を祈  斯う祈  幸福を祈  時に、同じ祈  ひそかに祈  そればかりを祈  それに祈  安泰を、陰ながら、祈  ことを心から祈  乞ひ、祈  やうにと、内々祈  皇大神宮に祈  蒙古調伏を祈  私は祈  寂寥と祈  求メ幸福ヲ祈  ことを切に祈  婆さんは祈  方に向って祈  天神に祈  目をとめないで欲しいと祈  ものに向って祈  冥福を祈  ために祈  隱れて祈  前に祈  神に祈  祈りに祈  如くにして久しく祈  合掌して祈  それを心から祈  三祠を斎き祈  晩のお祈  底から、お祈  お礼のお祈  なかでお祈  ごとをつづけながらお祈  神様にお祈  干天に祈  やうにと祈  ナムアミダブツと祈  折も祈  給へと祈  心から彼女に幸あれと祈  妻あれと祈  僕は心から祈  君ガ自重ト自愛トヲ祈  越年、祈  私はむしろ祈  そつちに祈  跪ずいてお祈  アンナの祈  平癒を祈  天妙様に祈  繁栄ヲ祈  末永く夫ともども祈  復興を祈  今日を祈  主の祈  最後の祈  む事を祈  あたし達が祈  候樣、相祈  成功を祈  熟考を祈  一人モ、祈  彼等ハ皆、祈  ルコトヲ知リタレドモ、祈  涙に暮れて祈  給はんことを祈  友達になりたいと祈  聖書を読んだり、お祈  呼ンデ祈  一切の祈  御告の祈  記憶によき祈  ものと祈  山水仙を祈  神さまにお祈  ようにと祈  菩薩に祈  ここに祈  つまり染物屋式の祈  方針で祈  勝手な祈  万福を祈  我知らず祈  村民が集まって祈  これは祈  一生懸命に祈  為に祈  沈黙の祈  大将の祈  基督に祈  発展を祈  人に関するお祈  快晴を祈  皆の考へたり祈  自愛専一に祈  毎年七月七日護法の祈  此僧を祈殺し祈  申訳けがなくなると祈  蔭ながら切に祈  幸多かれと祈  幸福であれと祈  神父さま、祈つて下され、祈  神仏へ祈  そればかり祈  日を焦り祈  何を祈  歌島稲荷に祈  救はれよと祈  彼は死なず、祈  星に祈  彼女は祈  づつのどかに解きほぐして行きたいと祈  私は祈るともなく祈  仍つて将軍家、祈  地震に依りて、御祈  連日雨乞の御祈  数ヶの祈  何事の祈  福を祈  幸ひを祈  ベアトリーチェの祈  さきのいわゆる祈  神を祈  毎晩神に祈  一心をこめて祈  神眞實の祈  平重盛が祈  手を摺りて祈  たまへと祈  ことを、心から祈  仏に祈  伊豆山専光房に仰せて祈  蹲つて切りに御祈  風凪ぎを祈  静かに祈  前で祈  安息日の祈  世間から消滅してくれればよいと祈  付猥に祈  專念に祈  爲めに祈  



前後の言葉をピックアップ
いの  井野  猪三郎  往の  伊野  伊能  井の上  井上  いのうえ  イノカシラ


動詞をランダムでピックアップ
のせろ居残ろ語り継がひくめ了すふみわけ持直し立直す見開くうすめれこうむれかつぎこみ取壊すふるまおつぼむたたこ寵せ綯う壊そ引け
形容詞をランダムでピックアップ
うらやましきかよわき涙ぐましい繁から濃い馬鹿らしく遠けりゃ毒毒しくかび臭い浅ぐろい固い腹ぎたない面倒くさし物すご奥ゆかしき思しいものがなしいきしょう重たかろ新しけれ