「砕い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 砕い[動詞]
霜を踏み砕い  瀬戸物を砕い  木葉微塵に砕い  肝胆を砕い  氷を砕い  頭もひと踏みに砕い  こなごなに砕い  心を砕い  微塵に砕い  鋳型を踏み砕い  ぼくは撃ち砕い  粉々に砕い  真珠を砕い  手を砕い  鏡を叩き砕い  多年心を砕い  坩堝を砕い  腰を砕い  身体を、砕い  踵で踏み砕い  これを細く砕い  血祭りと砕い  巌を砕い  体を砕い  骨身を砕い  岩を砕い  珊瑚を砕い  ため大石を砕い  骨を砕い  石版を砕い  思いを砕い  昼夜肝胆を砕い  調子を砕い  弾丸山を砕い  十分に砕い  視点などを、わかりやすく、かみ砕い  脳を砕い  杯を砕い  殻を砕い  蛍を砕い  珠を砕い  挽臼で挽き砕い  言葉を砕い  床に砕い  正面から肝胆を砕い  城郭をふみ砕い  紅的を砕い  瀬戸物を踏み砕い  月を砕い  貝殼を叩き砕い  破片を砕い  歯で咬み砕い  壺は砕い  心を食べてかみ砕い  逸楽を、グッと砕い  私が少しく砕い  それを砕い  石に落して砕い  折助言葉に砕い  胡桃の砕い  特に心を砕い  見事に砕い  右脚を砕い  霜柱を踏み砕い  貝を砕い  船を砕い  鉈で砕い  破片を踏み砕い  苦心肝胆を砕い  あれを読み砕い  これをまた砕い  位牌を踏みつぶして、砕い  中のものを踏み砕い  今の踏み砕い  自分が過って踏み砕い  絵馬だからといって、踏み砕い  看板をくしゃくしゃに砕い  物質を磨り砕い  すりばちを踏み砕い  コールミートになり、細かく砕い  三つも交ぜてよく砕い  ものなら砕い  無花果を乾して砕い  色を砕い  時は、打ち殺し、打ちひしぎ、裂き砕い  三宝を踏み砕い  頭蓋を砕い  頭部を砕い  影を踏み砕い  身を砕い  ガラスを砕い  自分の砕い  自分が砕い  たねをかみ砕い  兵卒を砕い  スクリューを砕い  星を砕い  粉に砕い  通俗に砕い  事をそっと砕い  後頭部を砕い  当時物語草子は砕い  音を立ててかみ砕い  誤解を招き易いが、平たく砕い  花崗石を細かく砕い  方七八分ぐらいに砕い  コップを砕い  大騒ぎして砕い  土を砕い  てんを砕い  酒器を砕い  波涛を白く砕い  心胆を砕い  きらきらと金を砕い  百千に砕い  行つて獅子を砕い  日それを取り堕して砕い  床上に叩きつけて、砕い  いろいろ心を砕い  心を苦しみ、砕い  骨とを砕い  ように砕い  光を砕い  力一杯に投げ入れて砕い  烟を砕い  米を砕い  片っぱしから砕い  世話に砕い  中で噛んだり砕い  頭蓋骨を砕い  月影を砕い  花を砕い  大和伊豆守等骨を砕い  うどんを少々砕い  抱きしめて、揉み砕い  上で砕い  希望を砕い  指先で砕い  夫等を砕い  粉々に踏み砕い  名実あい合わず、砕い  雪を踏み砕い  細かに砕い  槌で砕い  めちゃめちゃに砕い  構えを砕い  笛を砕い  なり心を砕い  昼夜心を砕い  小豆を砕い  樹皮を砕い  心魂を砕い  肺肝を砕い  夫ともども心を砕い  木を砕い  公座を砕い  貴族的なるを砕い  種々心を砕い  粉微塵に砕い  交へて砕い  雪を砕い  石に砕い  ぱり瀬戸物を砕い  鎚で砕い  土器を投げ砕い  烏帽子越しに撃ち砕い  袋へつっこんで、せっせと砕い  竪に砕い  ガラス戸を砕い  頭を砕い  膳を踏み砕い  枕を砕い  根元を砕い  釜礁を砕い  墓石を砕い  



前後の言葉をピックアップ
草臥れる  くたびれる  来民  くだ    くだい  碎い  砕か  くだか  碎か


動詞をランダムでピックアップ
やすん持ち上げ魅せよにあっ光らさかみつき呼び交さ悶えよ飛乗っもたれよ衝き生れかわり損じる書き出しほどこさうちたおそとどろい彫りこま押し通そかがやか
形容詞をランダムでピックアップ
潔し気づよ空ぞらしく肌寒かっしるから目覚まし古臭おろかしいほしけれ分別臭とぼしから快くうるわし狂わしいエラうっとうしかっ高くっわろうむごたらしい