「省み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 省み[動詞]
ことを省み  友人だ、省み  失敗を省み  自分を省み  平生を省み  ことは尊い、省み  私自身が省み  生活、省み  穀つぶし虫に過ぎない、省み  自己を省み  ことだ、省み  浮れ騒いだ、省み  自分自身が苦々しく省み  立場を省み  誰にも省み  内に省み  普通内に省み  信不信を省み  のではなかろうかと省み  気まぐれを省み  内を省み  実力を省み  ものは省み  当時は、何等省み  父として省み  諸相を省み  茶碗を省み  家業をも省み  与助を省み  人に省み  心に省み  態度が省み  だつおもいで省み  自らを省み  衰老を省み  自身を省み  始め己を省み  たかを省み  不思議に深くは省み  今まで省み  著書も省み  生活態度が省み  批評を省み  他を省み  己れを省み  討死するも省み  出現を省み  大に省み  感情を省み  のを省み  没却して省み  成り行きを、まざまざ省み  ようを省み  悔みない省み  人間がうようよしてゐる、省み  猪突する、省み  不覚と省み  事を省み  根岸を省み  迷惑を省み  自分自身を省み  靜に省み  無謀さが省み  過ちを省み  身の上を省み  社会を省み  色艶を省み  能楽史を省み  教えを省み  姿を省み  絹物纏ふを省み  冷酷であったと省み  さのみが省み  十内は省み  ことは省み  細瑾の省み  倫理的意識に省み  平静とは尊くも悲しい、省み  率直に省み  私は省み  細工のおさまたげをも省み  細工の御さまたげをも省み  これ迄省み  何を掴んだかを省み  人の省み  彼は省み  何物も省み  様態について省み  性格を省み  由子に省み  由子は省み  ほうへ省み  己を省み  煩悶を省み  弟を省み  心を省み  自然を省み  不便も省み  私たちを深く省み  懼れずと誇るとも、省み  煩雑を省み  側面は深く省み  恥辱をも省み  変遷などにも、省み  経験を、まるまる省み  不当に省み  歌がだんだんと省み  怠慢を省み  ムラがありすぎた、省み  宿酔気味、省み  生活をつづけるであらう、ただ省み  手に委ねてしまって、省み  目を留めているが、省み  いつまでも子供にしか省み  実地を省み  否かをもう省み  自らおのれを省み  身分を省み  点をよく省み  誰もよく省み  雑窯はかえって省み  手仕事を見るにつけ、色々省み  これこそは省み  ところはないかどうかを省み  いくら自分を省み  あとを省み  生活を省み  骨肉も省み  疑い、悶え、省み  かく選まれ、そして省み  ように省み  我身を省み  いるかを省み  ものだから省み  ものを省み  良心に省み  自分では省み  仕草を省み  めざましさ、省み  話を致しますると、省み  さが省み  みじめさが省み  わが身を省み  我が身を省み  さを省み  あるかのように省み  敢てして省み  本分を省み  身を省み  爲として、省み  今までを省み  結果を省み  自分に省み  就て省み  妻子を省み  ために省み  娚達を省み  経過を省み  境遇に省み  昔に還つて、省み  俗神道と称して省み  歌を省み  質を省み  厳かに省み  のだと省み  氣について、大いに省み  われわれを省み  時折り省み  



前後の言葉をピックアップ
帰り支度  返り忠  顧み  顧みよ  顧みれ  省みよ  省みれ  かえりみ  帰り道  カエリミラレルコトガナカツタ


動詞をランダムでピックアップ
伴えるくもらせる引さがっごったがえし生れ変る祈る略せる口説き落とさ打ちきっもみ合ったたきつぶす染み渡り持ち切っすくみあが産気づいかき出す揺がさ轟く嬲っ謡い
形容詞をランダムでピックアップ
しゃらくさいまたとなく恐く数多わかり易はばひろく押し付けがましい恥ずかしくっ晴がましい如才無い名残惜しき多かっ浅黒く生温かっ軽々しき痛く委しかっ荒く