「盗」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 盗[動詞]
何も盗  日本人から俗に盗  誰かに盗  物を盗  何だか私が盗  私は盗  ところに盗  奥義抄に盗  厭だ、渇しても盗  彼女に盗  つた時分にや、盗  おれと盗  もので盗  冥加な盗  おれも盗  さもしい了簡に成ってくれた、渇しても盗  彼は盗  屋敷へ盗  末寺へ盗  ことを盗  諸方から人が出て来たが盗  是れ盗  雲霧は盗  記事を盗  徳は盗  ように盗  片山氏なら、盗  其時は既に盗  財産は盗  団子で盗  弥三郎などはいつも盗  妊むところの子必ず盗  差額三千六百六十七円を盗  懐からそっと盗  戦争ではなくて、こそこそ盗  みんなほんのこそこそ盗  彼れは盗  一人も無いと云うたでは有りませんか、若し盗  間を盗  笊森と盗  家に盗  のは必ず其の盗  夫にしても其の盗  迚も盗  からあとは盗  鉄砲まで持ち出して、盗  三次郎が盗  はずれは盗  まっ黒な盗  黒な盗  お金を盗  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
盗をして  盗して獄に居る  盗見していたが  盗をしたいと思った  盗の命を取ったりした  盗取りました穢れた  盗を察すと  盗と為して  盗見したい  盗ねる奴も居  盗というなる  盗を見て  盗見している  盗出した事実は肯定したが  盗の屏息を促す  盗をして召し取られた  盗すともいう  盗なることを示すに過ぎずというたり  盗を一撃の下にくだし  盗はさかさまに歩行し  盗見するほどであった  盗見すると  盗をしない  盗を顕わす  盗ではなかった其不幸な青年は急遽其蜀黍の垣根を破って出た  盗を患うる  盗すまれてはと  盗でも騙でもして  

~ 盗[名詞]1
我等が盗を  君を盗  掬すれば盗  物を盗  念頭に浮かばざりし盗という  げに盗  会社から盗  百姓に盗を  フランスの盗  かすかに盗  本地毘沙門で盗を  前にあげた盗を  

~ 盗[名詞]2
善く盗  ちょっと盗  遂に盗  なく盗  そっと盗  果して盗  既に盗  ちらっと盗  

複合名詞
盗風  検非違使盗レ糸  幼児盗レ瓜  スーパーヲ盗マシメタリ  盗児  盗ッ人  貨幣盗財  盗ッ人猫  盗坊  盗尉部  野盗掠奪  野盗  公盗  一犬一鶏タリト盗ム者ハ  物盗  お雪盗びとはわからずじまい  お雪盗びと  氷盗びととそっくりそのまま  餌盗びとなどはこれなく  盗アリ  盗数名  顧ミテ盗ニ曰ク  女ヲ盗ムニハ姙婦ニ限ルトユウ話モアルカラ  盗業  小盗  ヘソクリ盗ン  秘法盗  長年馬盗坊  ぢやあ盗棒  船室小盗  盗読  生気盗  盗棒  郡盗  暗号盗読  盗取り逃  右盗  かな盗むてふことさへ  孔雀歯朶、盗棒萩  野盗山賊  牛盗者  盗講  酒盗  盗買  月給盗棒みたい  盗ッ人仲間  盗ッ人走り  盗棒酒  わたし盗坊  盗森  一体盗森  づれは盗森  盗跖  一俵盗  鼠、盗  康子盗  小盗市場  盗手  盗犬  防盗策  昨夜劫盗  盗森人  一盗二妾三婢四妻  の盗  監守盗罪  



前後の言葉をピックアップ
戸石川  取らせん  都田川  戸鹿野            


動詞をランダムでピックアップ
切り刻まみつくろっ競えゆずりうける受け合っ売る劃すはにかめ阻ま呼込まきりあげれもつれるいきすぎよ葬らつづき閉まるじめつい冷まし賣れる感じとっ
形容詞をランダムでピックアップ
のろくてっとりばやくまぶしゅう真白い目出度から気恥しい険しく蒸し暑いまるしうすぐろい脆く無ううとう欲しけりゃ狂わしいやかましきやかましくっやむなし清から恥しから