「痛む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 痛む[動詞]
胃が痛む  樹明君が痛む  頭脳が痛む  胸の痛む  のか、どうだ、痛む  足が痛む  胸が痛む  骨身に徹して痛む  のが痛む  為にしきりに痛む  腕の痛む  足先が痛む  虫歯が痛む  ずきんと痛む  から、触れば痛む  腹の痛む  頭が痛む  骨が痛む  もやもやと痛む  度に、ずうんと痛む  先すら痛む  如くして痛む  痔の痛む  歯が痛む  腰が痛む  兵曹長は、痛む  頭がズキズキ痛む  眼も痛む  皮がひりひり痛む  傷が痛む  髪の毛を切り、わざと手ひどく痛む  節々が痛む  骨ぶしの痛む  からだが痛む  どこもちっとも痛む  傷もヒリヒリと痛む  眼が覚め痛む  魂が痛む  非常に痛む  螫されて痛む  傷でひどく痛む  ように痛む  彼れ痛む  ものがありはしないかと、痛む  腹を痛む  キヤキヤと痛む  節々がズキズキと痛む  腹が痛む  やうに痛む  松乃は、痛む  今は堪えられないほどに痛む  部屋で、痛む  昨夜から痛む  腰は痛む  二つの新聞紙包みを持って、痛む  小脇に痛む  眼の痛む  なかが痛む  背が痛む  喉が痛む  顔のずきずき痛む  頭の痛む  指が腫れて痛む  辺が痛む  心が痛む  どこか痛む  足は痛む  豆は痛む  事は痛む  胸先がちくちく痛む  全身がぴりぴり痛む  いつまでもぴりぴりと痛む  手を痛む  胸はさらに痛む  形を書いてみたりしながら、ずきんずきんと痛む  妙に時々痛む  どこが痛む  気が痛む  葉も痛む  葉も食切ると痛む  そうに痛む  節々も痛む  署長は痛む  胸はほとんど痛む  雑用を取るだけでも、痛む  毎に痛む  方は痛む  人間とを痛む  首すじがピリピリと痛む  先刻からときどきに痛む  からだは痛む  奥が冴えて痛む  寂寞とを痛む  頭はずきんずきんと痛む  疵が痛む  バカに痛む  あとがまだ痛む  から嘸痛むであろう、余程痛む  足でもどうか成ってるか、痛む  急に痛む  幹が痛む  伸子は苦々しく痛む  目がひりひり痛む  しらが痛む  気のどくな痛む  彼はズキズキ痛む  手は痛む  眼が痛む  骨節がところどころ痛む  のであろうかと、しくしく痛む  掌は痛む  タヌに助け起こされて、痛む  体中が痛む  どれだけ痛む  肝臓が痛む  創が痛む  らが痛む  彼はずきずき痛む  腕に喰い入ってぴりぴり痛む  肩が痛む  帆村は痛む  身体中もしきりに痛む  今も痛む  身体全体が痛む  全身が痛む  息をついて、痛む  まなこをあげれば燃えつきて痛む  胸は痛む  釜が痛む  跡がついて、ひどく痛む  良心が痛む  身心が痛む  たまの痛む  中に痛む  から袖口が痛む  毎月おなかが痛む  おなかも痛む  指の痛む  胸騒いが痛む  ラツールはまだ痛む  靴は痛む  リューマチが痛む  松が痛む  中が痛む  さには痛む  かなりに痛む  歯はいよいよ痛む  耳の痛む  匂は猶痛む  却て痛む  齲歯が痛む  から歯が痛む  甚く痛む  眼がしんしんと痛む  もの、痛む  心の痛む  弓杖ついて、痛む  上つて後頭の痛む  古傷ですから、痛む  古傷が痛む  打擲に痛む  こころが痛む  夕方から何だか口中が痛む  骨がずきずき痛む  勘蔵をたずねてゆくと、かれは痛む  耳が痛む  疵口がいよいよ痛む  んですが、ひどく痛む  百両は痛む  手足のまだ痛む  懐ろが痛む  肚が痛む  病氣で痛む  保名はほっとして、痛む  福太郎はヒリヒリと痛む  ゑ、など痛む  お腹が痛む  鼓膜が痛む  ホツとして、痛む  ことを許されたので、ズキンズキン痛む  腰骨がたいそう痛む  指が痛む  胸さへ痛む  胸がチクリと痛む  上気って痛む  天罰で痛む  つて、痛む  ばちで痛む  ちの足がどうやら痛む  車体が甚だしく痛む  齒が痛む  頭ががんがんと痛む  どこも、なんともないが、それでも痛む  いふ風に痛む  裏が痛む  筋肉がやけに痛む  風にも考へられるが、そんなに長く痛む  自分の痛む  脚がかなりぴりぴり痛む  ために痛む  頭がずきずき痛む  オイどう痛む  脇腹がきりきり痛む  腿が痛む  頭部が時々ずきずき痛む  後が痛む  中江はひりひり痛む  どこかが少しきつく当たって痛む  城主腰が烈しく痛む  頭がずきんずきん痛む  かすかに痛む  胃がしくしく、痛む  指先が痛む  翌朝頭の痛む  骨身の痛む  身内が痛む  酒が過ぎたので痛む  佐々は痛む  臍の痛む  われも痛む  足も痛む  片手で痛む  顔をしかめて痛む  私は痛む  関節がぴしぴしと痛む  友人は、痛む  間がシンシン痛む  肉がヒリヒリ痛む  骨がゾクゾク痛む  さに痛む  さへ痛む  今でも時々痛む  あとが痛む  左脚の痛む  私の眠れなくてずきずき痛む  傷がひりひり痛む  腹さえいささか痛む  首筋の痛む  頭がひどく痛む  目が痛む  度に痛む  のですから、痛む  疲労を感じて痛む  上胃がしきりに痛む  腹がしきりに痛む  先刻から胸が痛む  俄かに痛む  爪先が痛む  コムラが痛む  腰までも痛む  頭だけが冴えて痛む  横腹が痛む  右肩が痛む  ところどころがずきずきと痛む  首をすくめて痛む  ころどこかが痛む  上で痛む  傷がちょうどズキズキ痛む  指さきなど、痛む  果て両手にて痛む  ふしぶしが痛む  こめかみの痛む  節々の痛む  何だか左胸部が痛む  タイヤが痛む  唇を持って、痛む  傷痕は痛む  あかぎれが痛む  丑之助は、痛む  ぎんぎん頭が痛む  耳がまだ少しく痛む  下腹がしくしく痛む  芯がまだすこし痛む  脾腹が痛む  から頬の痛む  ムシ歯の痛む  下腹の痛む  安井君、痛む  手やなどが痛む  これにて痛む  それをもって痛む  傷はずきずき痛む  目も痛む  智惠子は痛む  しんが痛む  傷は痛む  智恵子は痛む  心を痛む  染も痛む  ことができないほど痛む  ふところが痛む  掌を痛む  供に痛む  頭が重く痛む  彼は痛む  脚が痛む  姿に痛む  咽喉が痛む  圧迫されて痛む  腸が痛む  水を掻いて、痛む  痔ィは物言うても痛む  病人も痛む  左腕がずきんずきんと痛む  夜傷口が痛む  盲腸いかがですか、痛む  これにひどくしみて痛む  たか歯が痛む  体がひどく痛む  頸筋が痛む  どこかずきずき痛む  痕が痛む  布を出して、時々痛む  たびごとに痛む  シクンシクンと痛む  ビリビリと痛む  枕に痛む  疵は痛む  肚はまだ痛む  老衰を痛む  学校へ出かけて間もなく、痛む  居場所と決めて痛む  故障を起して痛む  頭は痛む  艇長は、痛む  



前後の言葉をピックアップ
痛み入ら  痛みいり  痛み入り  痛み入る  痛みゃ  悼む  いたむ  傷む  傷め  撓め


動詞をランダムでピックアップ
引っかかろ明らめん立返ら撲れへこたれよ鳴らすおうじもりあわせる掻き乱し書き写しじぶくる汲み取るさがしまわっ立去伸す掻き分けよ窺えよ冀わしたまわんうらなわ
形容詞をランダムでピックアップ
わびしけれかん高く難き恋しくっ手強かっ不味しこぶかいけ図々しくっとぼし臭けれ畏い畏れ多かろ手びろいさみしかっ眠たきなまあたたかせまく疑わしゅうむつまじくさみしかろ