「病む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 病む[動詞]
ぢつとしてゐられないといふ、病む  私も病む  眼を病む  私がもし病む  つるが病む  次の間に病む  気に病む  友は病む  父は病む  旅に病む  木の葉に病む  なかに病む  われもまた病む  眠覚めて、病む  ほとりして病む  早雲寺坂行きぬべし病む  われぞ病む  愛着目を病む  肺を病む  土地に病む  気を病む  楊梅瘡を病む  南洲胃を病む  あれ世の中を憂けく寂しく病む  苦に病む  こと気に病む  頭痛に病む  お姉さまには病む  末起は病む  こどもが病む  飯田にて病む  癩を病む  心に病む  以前に増して温く着、病む  胸を病む  熱を病む  東路に病む  あなたがたは、病む  慢性腹膜炎を病む  小屋に病む  胃腸を病む  肝臓を病む  旅で病む  我も病む  多病で、病む  傷が病む  わしの病む  嚢を病む  時局を思い病む  師直が病む  夫も病む  気に病めば病む  色のよごれに饐えて病む  なかに、饐えて病む  中で病む  前から気を病む  かいによって病む  村田という病む  人へ移そうとしても、少しも移らずにただじっと病む  ゆらゆらと、病む  ほうへは病む  痛手を病む  異境に病む  毒に病む  よみがへる病む  熱えて病む  顏は、さながら病む  顔を見合せば病む  小児が病む  今この、病む  費あり、病む  足下は病む  姉の病む  音なく暮れて病む  何が病む  驚風を病む  おんみの熱を病む  候、病む  種にまたなる忘れかねつも病む  しき熱を病む  いま月世界に病む  恋われあやぶみぬ病む  之を病む  人之を病む  もの之を病む  歯を病む  ひとり苦に病む  諱まざるを病む  神経に病む  祟を受け病む  ほかは、病む  やうに、病む  客舎に病む  郷里中津川に病む  愛子が病む  道理であるから、病む  人二氣あれば即ち病む  二氣になると病む  さまを病む  來て鳴け病む  訪ひて病む  人一倍苦に病む  結膜炎を病む  秋頼襄京都に病む  入院と聞いて、病む  氣に病む  栄を案じながら病む  重きに病む  人は病む  



前後の言葉をピックアップ
やみ屋  やみ市  ヤミ米  やむ  ヤム  止む  やむない  やむなき  やむなく  やむなく


動詞をランダムでピックアップ
引き揚げよひきわたすあたもぐり込めよりぬき打ちださ拡がら諾わ心づく受取り追い上げさしいれ引き付けつりあがっまたたくしまわひらき消すなで売りつくす
形容詞をランダムでピックアップ
蒼いほほえましく口惜しきかわいらしい清清しい易かろ冷っこく態とらしくかよわしかしこき冷たなまっちろいしんどはややかまし雄々しい恥しい目出度う歯がゆいやましかっ