「留め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 留め[動詞]
面影を留め  筆を留め  樹明君を留め  痕を留め  事ばかりは留め  足を留め  遺跡を留め  痕跡を留め  納戸に留め  苦痛を受け留め  氣にも留め  痕跡さへも留め  残形を留め  気にも留め  目を留め  十一娘は泣いて留め  繊雲一ツだも留め  位置に留め  相を写し留め  のを留め  心に留め  坂を登って行くと、呼び留め  家内總がかりで留め  のを、遮って留め  殘を留め  庭師に留め  公開を留め  別に氣にも留め  上に留め  塵も留め  成は固く留め  気を留め  事実をつき留め  ここに留め  手を留め  記憶に留め  所在を突き留め  郵便函があったら留め  影だに留め  友達に留め  友達が留め  彼をひき留め  それに留め  ことだけでは留め  余燼を留め  心を留め  指尖を留め  部屋に長く留め  別に気にも留め  一滴を留め  音を留め  形を留め  其形を留め  無理やりに留め  的確に突き留め  櫛で留め  余地を留め  ボタンで留め  難を知って、留め  方を留め  掉って、戻れ、と留め  胸に留め  目に留め  魔所には留め  一夜冥土へ留め  喬生を留め  頭を留め  蝶番をしっかりと留め  名残を留め  堂を留め  視線を受け留め  ちょっと受け留め  正面からは受け留め  ロシヤ婦人は慌てて留め  警察に留め  此處に留め  船を留め  若衆一人を留め  目にも留め  哀を留め  跡を留め  法華経を留め  家へ留め  楼まで行って突き留め  手で受け留め  少年でも呼び留め  上へ留め  唐花屋がどうといふ、突き留め  宙に留め  女を留め  嫁を留め  騾を留め  われを留め  影を留め  ト松崎が留め  詞を尽して抑留め  響を留め  つて八五郎を留め  格子を留め  千生は又よび留め  ゲジゲジが留め  無理にひき留め  體がよく突き留め  仲間へ留め  其形容を留め  気に留め  そして今は警察に留め  語頭に留め  ヤラれると留め  耳を留め  大将もあらかた留め  人質として留め  ば報告書に作りて送り、さらぬをば寫し留め  意に留め  注意だけに留め  何処を突き留め  眼を留め  庫内に封じて留め  都へ留め  ことを突き留め  工事でせき留め  香を留め  兵を留め  自動車が突き留め  別に気に留め  家に留め  名残りを留め  俤を留め  名を留め  鬼小鬼其影を留め  印象を留め  姓名を突き留め  今なおはっきり突き留め  濁りを留め  棹を留め  楚水さんに留め  何物をも留め  様に留め  程度に留め  それを留め  位気にも留め  父は呼び留め  医者を突き留め  フト目を留め  人を留め  四人を留め  大夫は留め  人は留め  無理に留め  行掛つた私を留め  表現するに留め  その時まで気にも留め  目で留め  ピンで留め  読経をはたと留め  皆は留め  連枷を留め  頭に留め  足をぴたりと留め  耳にも留め  三四郎も留め  心にも留め  発奮みかかって、ちょいと留め  一ヶ所だけしっかり留め  餘影を留め  汚れも留め  破片を留め  のを、じっと押えて留め  屹と留め  うちに留め  トランクを受け留め  あれはぜひ突き留め  素性についてまだ突き留め  ちょっと筆を留め  帯を、ぐいと留め  対手になる、留め  コヤコヤと叱り留め  足跡を留め  駒込署に留め  雨は留め  気持を強いて突き留め  弁護士をひき留め  余白を留め  様子を御見留め  涙が留め  吾知らず足を留め  悌だけでも留め  フッツリ影を留め  其儀を留め  しか気に留め  程気に留め  痕跡をも留め  それを呼び留め  ゆき影だに留め  賊を打留め  ようとして打留め  三日まで留め  親類で留め  ようとして、留め  別に稿本をも留め  方に留め  璧を留め  餘地を留め  ねじで留め  歩みを留め  吾妻下駄を軽く留め  心も留め  影も留め  なごりも留め  袖で留め  鞐で留め  手真似で留め  石に留め  のを呼び留め  声を留め  本を留め  武士に呼び留め  から、呼び留め  七兵衛を呼び留め  痕も留め  脱走を留め  名をのみ留め  のを突き留め  末造がおとなしく留め  それを突き留め  そうだと突き留め  石をすかさずパッと受け留め  一字づゝ心を留め  気には留め  辻駕籠を呼び留め  別に意にも留め  閭が呼び留め  斑紋を留め  其迹を留め  詩人を留め  塊を突き留め  氣に留め  雨漏りも留め  荷馬車が留め  ままで打ち留め  ゴム紐で留め  米友は留め  男が留め  ここへ留め  總がかりで留め  守りに留め  犬が追いかけて来て留め  故に留め  石塊で留め  家に突き留め  ところもまだ突き留め  銀様を呼び留め  もっと米友を留め  そこで食い留め  花鋏を受け留め  異状をも留め  角を呼び留め  垣根越しに呼び留め  二度呼び留め  後から呼び留め  百姓男を呼び留め  皆が留め  犬殺しを呼び留め  女に呼び留め  美女に呼び留め  鹿子は留め  道を留め  裾に堰き留め  兵馬が強いて突き留め  不意に呼び留め  駕籠屋から呼び留め  読売りを呼び留め  辻番に留め  按摩を呼び留め  杖を留め  提灯を留め  唄を留め  通行を留め  眼にも留め  形骸をなまじいに留め  ペンを留め  家人に留め  関所役人に食い留め  声で呼び留め  お前さんに留め  草鞋を留め  痕迹を留め  家を食い留め  意を留め  形骸のみを留め  串に刺して留め  髮を留め  前頭に留め  兩側頭に留め  該犯罪者を留め  足掻きを留め  耳に留め  土に留め  角に呼び留め  米友を呼び留め  作つて寫本は留め  お松を呼び留め  お松を、わざわざ呼び留め  流れが堰き留め  人に留め  其俤を留め  角が呼び留め  物があらば必ず突き留め  やつと行き留め  相手を射留め  のを、留め  ワザと留め  下知あるまで待てと留め  同署へ留め  渡辺を呼び留め  僕も随分留め  支倉に呼び留め  誰が留め  道庵が呼び留め  若衆が呼び留め  勢いで、留め  眼に留め  内へ、留め  後ろから呼び留め  人にことわると留め  其魂を留め  らん、いざ留め  落人をば留め  姿を突き留め  先に受け留め  刀を留め  体よく食い留め  これへ留め  瞽女を留め  鷭撃を留め  木曾川の、で、留め  流は留め  人たちに留め  さらけ留め  居どこを突き留め  針金で留め  最後まで突き留め  ゆくえをも突き留め  もう一度よく突き留め  たしかに突き留め  軍勢を分けて留め  彼を抑留め  好都合をよろこんで、抑留め  自身番に留め  そこに留め  場合、留め  声を聞いたかどうだか突き留め  表情を留め  それを又ひき留め  ちゃんと突き留め  屋敷かまだ突き留め  知らないで、あわてて留め  そこまでは突き留め  実証を突き留め  真相を突き留め  空駕籠をよび留め  足三足追いかけて呼び留め  居どころを突き留め  伝蔵のありかを突き留め  姉夫婦にひき留め  正体を突き留め  怪我でもするといけないから留め  頭から気に留め  船だ、突き留め  上布屋を突き留め  一に突き留め  私を呼び留め  志に任せて強いては留め  探題として留め  息をぴたりと留め  技巧を留め  のは、呼び留め  手帳に留め  居処を突き留め  ところを突き留め  言を云って留め  それで留め  私は留め  酒も留め  足痕を留め  自動車を留め  輪を留め  而して又しても起る淋しい思ひをせき留め  方様の固く留め  野辺に朽ちぬとも留め  手首で留め  敷居で留め  まり気にも留め  大鷲を射留め  温泉場から遠望しておくだけに留め  影を猶留め  偈を留め  彼を呼び留め  戸敲きを留め  目釘で留め  自分を喰い留め  藏允に留め  姿を留め  程度で食い留め  神尾が危うく聞き留め  駒を留め  私が留め  意にも留め  半年長崎に留め  軍艦五十隻は留め  喰ひ留め  急に呼び留め  ちょっと手を挙げて、軽く押し留め  パチリと受け留め  痕跡さえ留め  顱巻で留め  息を留め  鎹で留め  銃で、射留め  迷惑を考えねばならぬと堅く留め  土農工商がせき留め  音は聞き留め  近藤勇を呼び留め  要領をうつし留め  注意を留め  舟を留め  留守師団長として留め  背後から呼び留め  危険千万だ、と言って留め  者を留め  気も留め  彼等を呼び留め  洞あわてて押し留め  塵だも留め  舌を留め  役の出て来るまで留め  所へ留め  手で留め  ふうにだけ言って留め  車の留め  皆目を留め  格別心に留め  上につなぎ留め  針で留め  揮ツて留め  名を挙げるに留め  漆で留め  羽音を留め  小耳に留め  船室に留め  別に心に留め  髪を留め  汚泥をも留め  まり気を留め  程度で留め  親子してしきりに留め  祉を留め  己を留め  隅に留め  哀れを留め  錨を留め  巓に留め  数々を射留め  此方から手出しをしてはならないと留め  朱を留め  駄夫は決して留め  濁りも留め  対手に縋って留め  移り香を留め  警視庁に留め  是で留め  水道自動車に喰い留め  電車を喰い留め  からッて、留め  なごりを留め  菩提所に留め  幾度足を留め  青波を、喰い留め  跡かたを留め  心には留め  これを打ち留め  口外に留め  これを留め  水の手を留め  従者これを留め  螺旋三つまで重ねて留め  一嫗を留め  父を呼び留め  小木上に留め  上総とに射留め  面影が留め  自分を留め  息の根を留め  人影をも留め  影をも留め  片影を留め  紹介に留め  時に、留め  後から初さんを呼び留め  芳子はたって留め  皆が危ながって留め  十分にして、留め  太鼓を打留め  上方に留め  簪で留め  ため却って気に留め  馬車を留め  笄で留め  気勢も留め  歩調をはたと留め  断片に留め  清淨塵埃を留め  お前に留め  から気にも留め  記憶に深く留め  手垢を留め  骸も留め  駐在所に留め  さり気なく留め  あとに留め  巡査に一度呼び留め  影をだも留め  潮のながれを留め  こころならずもひき留め  説明だけに留め  それをみだりに留め  所に留め  世に留め  足跡も留め  不可えと固く留め  お前、疾く行って留め  興味を持つだけに留め  風に喰い留め  ストラップを留め  鋲で留め  こと別に気に留め  水口を留め  民謡に留め  証跡を留め  車を留め  どこかに留め  姿は留め  中に留め  宙で受け留め  不義者ふたりを射留め  諸星源十と突き留め  叔母が留め  痛みだけを留め  からいいと留め  そこを突き留め  出がけを喰い留め  主人からまあ緩くりなさいと云って留め  禅寺へ留め  危険だからと留め  久吉をかう留め  原級に留め  袂に留め  背後から始めて呼び留め  緊乎と留め  穏でない、と留め  儘気に留め  情夫を突き留め  荒物屋を突き留め  言行は記し留め  殘りを留め  許に留め  死を留め  いつまでもこの世に留め  勝迹を留め  二もなく留め  一点で喰い留め  逢瀬をたのしむくらいに留め  形も留め  飛脚を留め  私は呼び留め  玄關まで出て呼び留め  張り呼び留め  變だらうからと留め  教坊に留め  寺に留め  碁盤で受け留め  隠れ家を突き留め  原形を留め  ところまで、突き留め  清らさを留め  若い骸を留め  土地に留め  のを打留め  鉄砲で打ち留め  相撲を取ろうと言うて留め  リボンで結いて留め  材料帳に留め  往って留め  五分前に出ようとして留め  人力車を留め  もの近寄らしむべきとて留め  あとも留め  歩を留め  腰も留め  そつと留め  笑いを留め  様に追っ掛けて来て呼び留め  お気に留め  根を留め  達ってお留め  虎を射留め  一発で射留め  松谷嬢が射留め  見附け忍び寄って射留め  余に走り出させて留め  口を留め  之を留め  事を突き留め  本人を突き留め  数日足を留め  脚を留め  身をせき留め  足は留め  のを、慌しく捻平に留め  ものにならぬと言って、すぐにお留め  のを見留め  花子は少しも留め  そのまま気にも留め  娘を留め  灸は留め  犯跡を留め  汚れは留め  お嬢さんが縋りついて留め  種子を留め  手を挙げて留め  不明瞭を留め  表現性を飽くまでも留め  しろから呼び留め  竹を呼び留め  六平を呼び留め  関所関所で食い留め  扇子を留め  母も泣いて留め  亡霊出でて留め  首を切られただけに留め  白妙は泣いて留め  後日に留め  格言を留め  残骸を留め  ッて留め  子爵が留め  家僕として留め  其儘内地に留め  腕を抑えて留め  位置を留め  一斑を留め  辻次官は頗る留め  婦人がよび留め  仲間で留め  手を開いて留め  竹帛に留め  皆して留め  与力池田貞五郎に撃ち留め  誰か来て留め  知事が留め  彼女を留め  所を留め  玉島に組み留め  膝下に留め  結び方にして留め  マットに留め  全然気に留め  それをおし留め  点まで留め  原義を多く留め  匂ひを留め  文献を留め  末頃近くまで留め  同心一人を留め  只二人を留め  推測を突き留め  親父様に知らせずに留め  姫だけを留め  一切気に留め  すべて名をさえ留め  此一本に残し留め  邪魔になるからと留め  円タクを呼び留め  心臓を射留め  教を留め  経を留め  人も留め  孫八が慌しく留め  あとを留め  成人まで留め  自分に留め  胸の喘ぎだけでは受け留め  鼻先を、なんとかして喰い留め  友田は早くも呼び留め  住処を突き留め  痕跡も留め  涙を噛み留め  貴下が来て、お留め  女房は飽くまで留め  軍夫らも、鳴を留め  権兵衛が留め  

名詞

留め[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
留めにして置いて  留めはしなかった  留めの銅線が切れて  留め申すが私年効ではありますが  留めをはずした  留めしも小春ある  留めにならぬらしかった  留めはいたしませんけれど  留めもせず  留めをこの御宮に献納するという  留めさえすれば  留め申しては居りますが  留めやくにまわった  留めをさしておいて  留めもしなかつた  留めもしない  留めにきてくれた  留めにしては言いおおせ  留めは致さぬが  留めはしませんから  留めはしないから  留め申すのもお聞入れない  留めもつき  留めにしましょう  留めに出る  留めを刺して  留めもしなかったが  留め申さないと手前の手落になります  留めもせぬだろう  留めはいたしませんが  留めの方がとれかか  留めをさす  留めを刺した  留めなどした  留めはしない  

~ 留め[名詞]1
あれで打ち留めに  気に留めは  サックの留めを  気を留めしも  心に留めも  若者の留めや  のが留めに  のを留めは  無理に留めは  方を呼び留め  一反だけ織った織留めの  料簡の見留めも  ここらで打ち留めに  ここらで打ち留め  者も留めに  一つに留めを  気に留めも  心を留めなど  事ぐらいで留めは  

~ 留め[名詞]2
この留め  早く留め  別に留め  ぐいと留め  

複合名詞
さし留め  留め釘  留め針金  煽り留め  口留め  留め具  留めら  留め男  矢留め  留め置  留め役  晩留め  留めむとする者  川留め  留め湯  月留め  血留め  お呼び留め  留めむ  差留め  留め手  客留め  口留め金  口留め料  主人留め  呼留め  パチン留め  沓下留め  留め金  襟留め  留め針  遣り口留め  突留めよう  食留め  留め様  差し留め  留めおき  貴下お呼び留め  留め親子丼  靴下留め  人留め  



前後の言葉をピックアップ
停め  停めよ  停めん  停めれ      登米    止まら  留まら


動詞をランダムでピックアップ
靡か酔い堰き過る執り漕いもぐり込ん追いはらおもたげよ立寄ろ知らせんうちあける推さ降込んよみこままとまっ限ろねすごし見定めよ媚びる
形容詞をランダムでピックアップ
不味けれ嬉しく忘れっぽこのましい虚し白っぽい小ぎたなきやさしかっせんなく青白く優しかっ眩い不甲斐ないいたわしく分厚いわびしゅうむつかしくっはれがましく愉しかっありがた