「留」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 留[動詞]
目を留  ところに留  眼に留  十歩行つては立ち留  からに毒々しく、あまれるは残して留  音が来て留  歸り留  中に留  私は立ち留  息が留  目に留  所を突き留  者は断らず留  血も留  自動車はぴたりと留  身顫ひを感じながら立ち留  やうにぴたりと留  其處に立ち留  別に気にも留  眼を留  是だけで先ず留  矢に留  つて髮に留  螢が留  つて髪に留  心に留  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
留を打つ  留は古着物を背負って  留は云った  留は周章てて  留は無理に紙幣を握らせた  留は口を入れた  留は安次に渡した  留のとこに一寸した  留が奥の間へ立っていった  留は叱った  留は云って  留は丸帯の汚点をランプの下に晒してみた  留に呼び醒まされて  留は安次を覗いて訊いた  留の仕打ちに微かな嫉妬を感じて来た  留が出て来た  留が云った  留は秋三をたしなめた  留のない空想が一図に湧いた  留によってその価値に狂いが出てくる  留ても留らぬから  留という紺屋の職人が居る  留のない物足りなさに掻乱されていた  留のことばが終ると  留のない話をしていた  留のない処に帰着してしまった  留がそつとついて  留がそつと見てゐると  留の奴に惚れてる  留の奴の組で稼ぐなあ  留をやや左に寄せ  留を真中にするは  留みもなく降頻る  留むらしい  留すれば変意外に生ず  留むべきなり  留の援助金とともに貰う  留て置く  留が鬼魅をわるがって  留は気が注いて  留に替えた  留が店の商いをしている  留であるらしいことを半七はすぐに看て取った  留は茶を持って来て  留はしみじみ云った  留は答えた  留やほかの人達の挨拶ぶりを見ても  留に引きあわされて  留がなにか小声で亭主と話していたが  留は罵る  留は門送りだけで家に残っていた  留は町内の自身番へ呼び出された  留はなかなか帰って来なかった  留が吉原にいた  留という女は勤めあがりで  留と関係していましたが  留に絞り取られていたんだ  留がなぜ亭主を殺したかというと  留の変った  留は一旦自分の手につかんだ  留は素直に白状した  留の指とぴったり合っている  留は手に持っている  留も無い事が続々胸に浮んで  留という女髪結の二階に隠れていました  留の二階にころがっている  留をした  留を刺したほどの  留が今来たが  留の野郎から聞いた  留に云いつけて  留の話によると  留がいると  留という野郎を識っているだろう  留がどうした  留が少し怪我をしたので  留がいろいろおめえの御厄介になっている  留滞を避けしめ  留やが喜ぶじゃないか  留や留やと云って  留の地蔵様つんぼで  留もなき思ひに  留を刺されて  留もなく考へて居た  留の無い影が透く  留を刺し  留むれば福を齎すというは  留のところへいっている  留は富子の座敷の受持ちで  留はふだんから心安いお春に頼まれて  留は正直そうに答えた  留は少し口ごもっていた  留は黙っていた  留はまた黙ってしまった  留はしくしく泣き出した  留の様子を見ていますと  留がぬけ出して行った  留は何かささやいていたかと思うと  留が息を切って帰って来て  留をなにか調べているらしかった  留とが一緒につながって  留にたのんで  留を取り調べようとする  留もうつむいて  留という女中がその使いをしていたらしい  留がお春さんのあとを追っかけて行って  留も困ったに  留もなく家に居ながら  留するものとし  留という人が曾て西蔵に駐在している  留は山へ登る  留なさると存じます  留もなく気がソワついてる  

~ 留[名詞]1
シヤギリの留を  垂木の留を  先生の去留によって  鉢巻の留を  ハタと留  練吉の留  勝手に留て  女房の留が  米貨を留に  種々の取留も  宗山の留を  一件は留の  三河町の留という  内の留が  裁判の留  留や留やと  往來する取留も  往来する取留も  乞食僧は留を  事を取留も  家に留  尚書を勤める留という  云ふ取留の  此条漠然として取留  

~ 留[名詞]2
あの留  遅留  その留  

複合名詞
遣唐使留學生  留學  何留鬧市嘆清貧  留古  立留まつ  留飲  留魂録  堀留あたり  駅留便  留声  留影  川留  留仙  留むる者  留南奇  立ち留つて  遺愛留書劍  留つて  雇つた留さん  國留萠郡留萠  留むと云  留むる物  留むる  留まつ  和蘭陀加留多  加留多  花加留多  往来留  時留女  留八  留爺  留紅草  留つて母  立留つた  留むと  脂留  これ南洲留魂祠  留魂碑  留魂祠  留木の下  留木  シメオン伊留  シメオン伊留満  伊留  留つた  留學生  留學者  堀留  留南木  陳留  留恋  給料月二留  一年六留  月七留  五留  一留ごと  留居  留メ窓戸ハ玲瓏トシテ紫烟  車留  留女  留日学生  留日学生たち  清國留學生  留學生々活  留學生たち  日本留學  留主中  八十留  五十万留  二十五万留  八万留  凡そ九十六万留  留さん  立留つて  留むるがあり  留連  留つたの  留つて難儀  ぱつと留つて  毛布二十四留  十六留  十留位足駄  二十七留  百五十留  二百五十留  月給四十留  四十二留五十哥  月六百留  二十五留  其頃留學生  伯父板倉留二郎  留二郎  伯父留二郎  留度  留みさえ  伊留滿たち  立ち留まつ  立留  留辺志部  留辺志部平原  阿久留王首  二留半  留奇  丸留  留學獨逸  見留印  一留罰金  留むべ  途留  二三度口留  口留  留ども  聴経遂請留門下  江戸堀留町  留坊  立留つて一つ一つ  立留つて読経  留つてさ  行クモ留ルモ國  行クモ留ルモ国  イロハ加留多  留つた彼  留むるのみで  留むるやと問  外国特ニ東方諸国留日学生  伊加留加宮ニ於テ山代大兄及其  靴下留  支那留學生  恰度留學生  支那留學中  北支那留學中  留二臚後髮一  留髮  歐米留學  留求  留學期  願レ留二日本一  留七人  留學中  留つた別  留公  留さ  日本橋区堀留  堀留町  堀留江  歐洲留學  留たまえ傷  呼留たる  呼留  同所堀留大伝  局留  下津留附  下津留  三十留  留間  留書き奉書  三十五留貰いобед  夏秋中留つて  留むると  堀留署  留満  留むるものなり  留マルトモ  留む  留む枯髑髏  北京留學  海外留學  留行  落去伊吹山太平護国寺ニ幸シ留マルコト十八日京師ニ帰ル  ケリコリ伊留満  ヤリイス伊留満  時時立留つて汗  留つた驛  願クハ留テ二魂魄  つて留さん  岩魚留  八百留  留つてアキリュウス  三億八百万留  汐留駅  留川  留川のむらさき鯉  留ッ  立留ッ  行つた留學生  御用留控  留紐  留萠築港  留釘  潮留橋あたり  留途  留むる米友  つて立留まつ  比留君  志留粉  留源八郎  蘭留  高原神留  留立  駕籠留増屋弥五右衛門殿  留有  筆留  留むる外  猿留  猿留村  留つた報  其儘立留つて  貴方川留  留ちゃん  月二留  留書  一寸立留つて  守留  留むるやうなれば  風留むで肅殺  留主  彼等ニシテ久シク留ラントセバ  つて留學費  留むるばかり  留むる力争的  真之掛留  パチン留  寿留女  家内喜多留  者ヘヨクヨク口留メヲシナサイ  イロイロミンナガ留メタガ  精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラ  ぱちん留  立留つてそれ  笑留  留流儀  夫留  留むるにたちまち地  留むなる  留むる呪  留むるアンモナイツ  毛留  柿本朝臣佐留  留むとか  堀留河岸  堀留川  堀留界隈  堀留事件  堀留以来  堀留五人組強盗  留具  留むる刹那  留むるがよいと  石井留女  襟留  將來留學  留學以前  當時留學生  留學中埃及考古學  留學中牛津  留爾  米留  伊留満  云つて立留つた  留存  心留むべ  駒留橋  留つた影燈籠  留つて薄  寸留  文盲撲滅費二億四千六百三十万留  留むる場所  留つた魂  留むるが上  留むるのみ  襟留なぞ  心留むべくも  留じいさん  一天秋当年戦跡留余憤  巻煙草箱一留五十哥  靴下留巾一吋半以内  室代八留  靴最低四十留  六十万留  一留  二留三留  十留  十八留  三百留  九百留  留士  留花形役  ひとり留つて  美留楼公爵  末娘美留女姫  美留女姫二人  美留女姫  公爵美留楼  美留矢  最前美留女姫  美留女  ば美留女  美留楼公爵様  美留藻  矢張り美留女姫  最前美留藻  悪魔美留藻  美留藻自身  矢張美留藻  留むようだ  留加里  都加留  二十留  十五留  五留札  五留紙幣  血留  留むる墓  前髪留  留むるあり  歸つた留學生  留さん東京  近く留つて  しがらみ留むべきもの  留飲疝通  いろは加留多  留河  和阿戸留樓  治部良留多留  世留久  立留つて後  思切り惡さうに立留つた  加留多会  留つて了つて  三十四億七千六百留  佛國留學  留つて背  



前後の言葉をピックアップ
留五郎  停め  停めよ  停めん  停めれ  留め    登米    止まら


動詞をランダムでピックアップ
ひきず濁らふきすさび出し抜こ扮せ取り締知らさ蹴返すたどりつき潤せ反り返ら祝すむかえうち搾れるとがめる伴う聞きだすにげださ拗ねん蹴躓く
形容詞をランダムでピックアップ
華々しゅう涙脆い忙しなし詳しかろおっかなかっ白々しくくら野暮臭く若若しいふさわしけれはれがましく悦ばしき痛う自慢たらしいいたうねばし憎々しき心苦し馬鹿らしき