「申し上げ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 申し上げ[動詞]
お礼を申し上げ  今は申し上げ  職業を存じていますので、やっぱり申し上げ  私の申し上げ  それは申し上げ  露様と申し上げ  から、それならお止し遊ばせと申し上げ  見舞を申し上げ  兄さまに申し上げ  意見を申し上げ  貴方に申し上げ  お礼の申し上げ  ために、およろこび申し上げ  から繰り返して申し上げ  それをいえるだけ申し上げ  私が申し上げ  ことを申し上げ  陛下、申し上げ  当にして居らぬと申し上げ  一例を申し上げ  拙者貴殿に対しては、いろいろ申し上げ  物語などを申し上げ  だんだん詳しく申し上げ  ために申し上げ  お礼が申し上げ  まことに申し上げ  出迎へ申し上げ  所で申し上げ  扨たくんだり、こしらえたりと申し上げ  さっきも申し上げ  只今も申し上げ  失礼な申し上げ  先程も申し上げ  さき程も申し上げ  死ぬ覚悟を致しましたかを申し上げ  事を申し上げ  恨みを申し上げ  事やらよくは判りませぬが、左様申し上げ  所労と申し上げ  名裁判と申し上げ  今更事新しく申し上げ  有様を申し上げ  苦しみ遊ばしたと申し上げ  から、申し上げ  件について、いささか申し上げ  王さまに申し上げ  こと融川お断わり申し上げ  豊後守様まで申し上げ  宗皇帝に申し上げ  出来事を、申し上げ  前に、何と申し上げ  つた事を申し上げ  はつきり、負けたと申し上げ  一節を申し上げ  書面で申し上げ  ことだけを申し上げ  今も申し上げ  ことについて、くどくどと申し上げ  わたしが申し上げ  ことは申し上げ  いま私が申し上げ  ことをよく申し上げ  今からお礼を申し上げ  不明になったと申し上げ  ありのままに申し上げ  わたくしが申し上げ  それならば申し上げ  名を申し上げ  それを申し上げ  ことを、どうしても申し上げ  ように、何もかも申し上げ  ところそれを申し上げ  口から申し上げ  原因をはっきりと申し上げ  何もかも申し上げ  前にも申し上げ  それは、申し上げ  最後に申し上げ  考えを申し上げ  眼八が申し上げ  ッ、申し上げ  ことは、洗いざらい申し上げ  明らさまに申し上げ  ことを悉皆申し上げ  先に申し上げ  方で実は申し上げ  何も申し上げ  素性を申し上げ  ため今まで申し上げ  一寸お嬢様には申し上げ  把り兼ねませぬと申し上げ  全部、申し上げ  とおり訴え申し上げ  嘘ばかり申し上げ  ただいま先生にも申し上げ  お話し申し上げ  あんた方に申し上げ  事も少し申し上げ  殿様に申し上げ  兄様には、まだ申し上げ  ところを申し上げ  事までいろいろ申し上げ  事は申し上げ  ほんとうに大奥様に申し上げ  時からと申し上げ  私もいろいろ申し上げ  んでございますか、何とか申し上げ  心配なのでつい申し上げ  たけを申し上げ  ことばかり申し上げ  旦那様に申し上げ  迎へ申し上げ  事実のみを申し上げ  私、申し上げ  先刻も申し上げ  私は誓って申し上げ  前に申し上げ  ここで申し上げ  誰も申し上げ  母あさまにも申し上げ  人の申し上げ  外記が申し上げ  たしかに承ったと申し上げ  忠利に申し上げ  事情を申し上げ  何しろ今も申し上げ  命を賭けてしまったと申し上げ  もちよつと申し上げ  殿からお贈り申し上げ  のでございますが、と申し上げ  のか、申し上げ  ここでは申し上げ  しましょうと申し上げ  のです、と申し上げ  名前を申し上げ  馬鹿げた空想だと申し上げ  御免を蒙りまして申し上げ  お祝いを申し上げ  わたくしとしては申し上げ  おむこさんなのでございます、と申し上げ  そばへ行って、こうこうしてくださいませ、と申し上げ  君をお慕い申し上げ  作家だ、と申し上げ  復讐心から申し上げ  理由は、申し上げ  遠慮をせずに申し上げ  作品に就いてだけ申し上げ  もっとくわしく申し上げ  私は申し上げ  具体的には申し上げ  事だけを申し上げ  事ばかり申し上げ  事から、まず申し上げ  鮎があると申し上げ  ア一ペイお上がんなさいと申し上げ  旦那様だと申し上げ  挨拶を申し上げ  絶して、申し上げ  顔して申し上げ  叔父さんにも申し上げ  遠慮して申し上げ  上からお話を申し上げ  一息つきまして申し上げ  私どもは申し上げ  さき程申し上げ  これ以上到底なんとも申し上げ  貴殿に申し上げ  言伝を頼まれて参りました宜しく申し上げ  碌々お礼も申し上げ  礼を申し上げ  条に申し上げ  身の上は、予て申し上げ  一息吐きまして申し上げ  息つきまして又申し上げ  ことが申し上げ  神に申し上げ  女が気どらずに申し上げ  大夫様に申し上げ  事ならと申し上げ  田島先生に申し上げ  わたしどなたにでも申し上げ  何を申し上げ  愛子さんに申し上げ  わたしあなたにどうしても申し上げ  名前までは申し上げ  から何も申し上げ  ヒラメに向って申し上げ  簡単に申し上げ  市川氏に申し上げ  老婆心までに申し上げ  二応もお断わり申し上げ  わたし、すっかり申し上げ  妾は何もかもすっかり申し上げ  ことはなさるまいと信じて申し上げ  今日妾が申し上げ  お出で願いたいと申し上げ  旦那に申し上げ  それははっきりとは申し上げ  閣下には申し上げ  僕がいつぞや申し上げ  あなたを恋していると申し上げ  失礼ですが申し上げ  のを申し上げ  最初に申し上げ  先輩にこう申し上げ  から、くわしくは申し上げ  私は何とも申し上げ  性分だけはハッキリ申し上げ  友情からも偽らずに申し上げ  ことを一寸申し上げ  家族について申し上げ  なかったなんぞとは、ちっとも未だ申し上げ  上でなければ何とも申し上げ  私にはどうも申し上げ  のみことと申し上げ  みことと申し上げ  寿詞を申し上げ  物語を申し上げ  なつて、御育て申し上げ  あなたを信じて、それなら、申し上げ  いただきたいように申し上げ  両家の、など申し上げ  皇帝に申し上げ  陛下に申し上げ  挨拶も申し上げ  私はこう申し上げ  話を申し上げ  王妃に申し上げ  返事を申し上げ  国王陛下に申し上げ  私はきっぱり申し上げ  王にこう申し上げ  御大将に申し上げ  推移を申し上げ  から奥様にそう申し上げ  ように、そう申し上げ  ところで申し上げ  わたしがお預かり申し上げ  時も申し上げ  コンサートって申し上げ  何事も申し上げ  おくさまがたに申し上げ  ように申し上げ  眼にかかって申し上げ  心配をかけまして、なんとも申し上げ  藤堂様でございますか、申し上げ  直接に申し上げ  告白を書いて差出しますと申し上げ  陰影から申し上げ  檀那に申し上げ  ゆっくりお話し申し上げ  方にこう申し上げ  ちょっとお話し申し上げ  今日は伺えませんと申し上げ  お話しにくいと申し上げ  名前は申し上げ  涼しい聲で申し上げ  事を、申し上げ  答へ申し上げ  臆面もなく申し上げ  禮を申し上げ  涼しい声で申し上げ  御礼を申し上げ  こと、申し上げ  さいぜんお話し申し上げ  御名をなんと申し上げ  四十六代孝謙天皇と申し上げ  声と、荒っぽく責める申し上げ  泣面かかずと潔く申し上げ  逸話を申し上げ  皆々様へ申し上げ  皆々様にお断わりも申し上げ  殿様によく申し上げ  悪口を申し上げ  先にも申し上げ  みんなお断わり申し上げ  お伴を申し上げ  お世話を申し上げ  お話が申し上げ  こっちから何か申し上げ  無礼を申し上げ  噂を申し上げ  わたし風情が知っていると申し上げ  から私は申し上げ  訳を申し上げ  から館長様へ申し上げ  ことを逐一申し上げ  お願いを申し上げ  お話は申し上げ  目通りを致さねば申し上げ  暇をいただきたいと申し上げ  理由を申し上げ  それについて申し上げ  大急ぎで申し上げ  お方には、かれこれうるさく申し上げ  確かにお預かり申し上げ  気の毒ともなんとも申し上げ  悪いことは申し上げ  今ここで申し上げ  そればっかりは申し上げ  お話を申し上げ  お前様に限って申し上げ  老女様には申し上げ  案内を申し上げ  これほどに申し上げ  おわびを申し上げ  わけを申し上げ  殿様と申し上げ  上手とは申し上げ  ヘエ、申し上げ  考え丈を申し上げ  結婚のおよろこびを申し上げ  今まで申し上げ  私の今申し上げ  わけで、かねがね申し上げ  一つ皆さんへ申し上げ  主意は申し上げ  ことも申し上げ  説明を申し上げ  ことをも申し上げ  お答えを申し上げ  父の申し上げ  方角違いでございます、と申し上げ  断わりを申し上げ  おわびも申し上げ  それも、申し上げ  注意までに申し上げ  さっきも、申し上げ  ことも、威張って申し上げ  皆様に申し上げ  あなたにおわびを申し上げ  正確には申し上げ  それは、いつぞやも申し上げ  昨晩も申し上げ  しかし、申し上げ  のでございます、そう申し上げ  殿様へよろしく申し上げ  お便りを申し上げ  記録を残すべきであると申し上げ  そればっかりはいけません、いくら申し上げ  方へ申し上げ  要領が申し上げ  太夫に申し上げ  ただいまも申し上げ  忠勤をぬきんでて、そっと申し上げ  お嬢様にそっと申し上げ  うちにおたずね申し上げ  一言を申し上げ  機会に申し上げ  破れとは申しませぬ、むしろ従えと申し上げ  ただ今も申し上げ  何とも申し上げ  布片については何とも申し上げ  それを残らず申し上げ  いっさい御返事を申し上げ  あなた様に申し上げ  陽城公が申し上げ  ここまで申し上げ  伝次、お曳き申し上げ  天子さまにお仕え申し上げ  続きを申し上げ  馬鹿野郎は申し上げ  ワザともうしばらく申し上げ  ほうを申し上げ  口の酸っぱくなるほど申し上げ  前、申し上げ  から、見るだけ見ておやり下さいと申し上げ  ここでうちあけて申し上げ  よう老婆心までに申し上げ  お母様に申し上げ  以前にも申し上げ  気の毒とも何とも申し上げ  理屈と申し上げ  武士一存では、お計らい申し上げ  それはもう、くりかえし、申し上げ  奥様にも申し上げ  事を、はっきり申し上げ  本気で、申し上げ  真面目に申し上げ  意見などは申し上げ  愚痴なんて、申し上げ  悪気で申し上げ  同情も申し上げ  おわびごとも申し上げ  日頃さように申し上げ  願ひ申し上げ  時に申し上げ  あとから手紙で申し上げ  一刻も早く申し上げ  愚痴ばかり申し上げ  哥、なにもかも申し上げ  正直に申し上げ  あとにして快く出て来たなんぞと申し上げ  前では申し上げ  角はずいぶんお恨み申し上げ  ばっかりではなく、そう申し上げ  いつか、申し上げ  のでござるが、申し上げ  まいったと申し上げ  奥方に申し上げ  から詳しく申し上げ  なんでも申し上げ  あいだも申し上げ  わたくしから何もかも申し上げ  詐りも申し上げ  おまえさんですから申し上げ  白川郷までまいりますと申し上げ  代官に向って申し上げ  身許もくわしく申し上げ  恥を申し上げ  はい、申し上げます、申し上げ  わたくしから直々に申し上げ  ありていに申し上げ  からよう申し上げ  内々で申し上げ  こればかりは申し上げ  前ですから申し上げ  これだけ申し上げ  旦那方に申し上げ  有体に申し上げ  番屋へ呼ばれまして、何もかも申し上げ  ついでに申し上げ  もう一度、くりかえして申し上げ  方とは思いますけれども、もしやと思って、何とも申し上げ  事も申し上げ  ように、よろしく申し上げ  それをまず申し上げ  話も申し上げ  証拠もございませんので、なんとも申し上げ  たびは何とも申し上げ  ますから、詳しくは申し上げ  から、詳しくは申し上げ  確かには申し上げ  崇徳院と申し上げ  嘘を申し上げ  先日も申し上げ  一端を申し上げ  何事も包まず隠さず申し上げ  知ってるこたあ残らず申し上げ  ゃあならねえが、思い切って申し上げ  ほうでたびたび申し上げ  大国主神に申し上げ  昨夜も申し上げ  何からお話を申し上げ  あなた方へ申し上げ  充分に休みたいなんぞとは申し上げ  暇乞いを申し上げ  委細を申し上げ  拝診申し上げ  相談を申し上げ  顛末を申し上げ  人々について申し上げ  筋を申し上げ  とおり占いを立てて申し上げ  何はともあれ、申し上げ  美人と申し上げ  先方は、思いきや前申し上げ  わたくしは申し上げ  意味であるかというに、すでに申し上げ  ことは、すでにたびたび申し上げ  これまでたびたび申し上げ  のは、ただ今申し上げ  ここでぜひとも申し上げ  最前も申し上げ  由来を申し上げ  神寂ているとでも申し上げ  前にもちょいと申し上げ  ここにはとり立てて申し上げ  左大弁などと申し上げ  若殿様にも申し上げ  振舞を逐一御話し申し上げ  小声で申し上げ  お詫びを申し上げ  いちど私が、およしなさいと申し上げ  こと等を申し上げ  どなたにも申し上げ  旨があつて申し上げ  真剣に申し上げ  考えだけを申し上げ  上は、なお包まずに申し上げ  愚痴を申し上げ  出立を申し上げ  勧進を申し上げ  辞退なしに申し上げ  一切隠さず申し上げ  御返事を申し上げ  御用立てを申し上げ  秘密を申し上げ  何かあらんと、申し上げ  ことですから、申し上げ  気をつけて申し上げ  計算法だけ申し上げ  失礼を申し上げ  様子を申し上げ  ちょっと口頭で申し上げ  徳大寺様と申し上げ  お詫びも申し上げ  人が、すっかり申し上げ  暇を申し上げ  念の為に申し上げ  井上嘉門様に申し上げ  拙者貴殿へ申し上げ  即座には申し上げ  逸見先生に申し上げ  陛下へ申し上げ  訪問が恨めしいと申し上げ  はばかりながら申し上げ  穢れにあいましたと申し上げ  時である、折りがよろしくないと思いながら申し上げ  返辞を申し上げ  話をいろいろと申し上げ  自分で申し上げ  これまで申し上げ  節、何とも申し上げ  相談に上がって申し上げ  思いで、わなわなふるえ、申し上げ  様子でも申し上げ  一口に申し上げ  様子をよく申し上げ  不浄を申し上げ  私がどんなに御慕い申し上げ  あなたを御慕い申し上げ  ほかにもまだ、申し上げ  心を申し上げ  陛下にも申し上げ  それも申し上げ  宮へ申し上げ  宮様へは申し上げ  おん悲しみに何とも申し上げ  乳母が申し上げ  ことで申し上げ  私はまた取り出して申し上げ  源氏は畏まって申し上げ  宮に申し上げ  体裁よく申し上げ  顔と申し上げ  これは今更申し上げ  お祝い申して上げますと申し上げ  一案を申し上げ  のでございますが、申し上げ  前に、おたずね申し上げ  情合いで申し上げ  うえ何も申し上げ  未練は申し上げ  ところが何とも言えません、と申し上げ  隙見をしてお知り申し上げ  一寸皆様に申し上げ  参上して申し上げ  拝見するから、きっと申し上げ  過去に申し上げ  忖度して申し上げ  源氏は申し上げ  院へ申し上げ  あなたに御礼を申し上げ  性質をお慕い申し上げ  批評の申し上げ  訪問も申し上げ  御無沙汰を申し上げ  中納言は申し上げ  一人が申し上げ  機会がありましたら申し上げ  私がどんなにお愛し申し上げ  朱雀院へ申し上げ  直接お話も申し上げ  機会にでもお見せ申し上げ  とおりに申し上げ  返事をどう聞き違えて申し上げ  思召していただきたいと申し上げ  上しいて申し上げ  手もとへお置きしてお育て申し上げ  言葉などは申し上げ  耳へ申し上げ  まれであると申し上げ  心配を申し上げ  賛成は申し上げ  ものとしてお置き申し上げ  院に申し上げ  相談が申し上げ  病室へはお近づけ申し上げ  代わりをいたしましてお逢い申し上げ  ふうに申し上げ  皆が申し上げ  相談事などは申し上げ  ますお礼も申し上げ  ことをお報じ申し上げ  調子で申し上げ  大臣は申し上げ  弁解は申し上げ  ようにお愛し申し上げ  奥へ申し上げ  ただいま藤大納言と申し上げ  取り次ぎをもって申し上げ  姫君がたにもお逢いにならぬがよろしいと申し上げ  私だけは細かくお知り申し上げ  何から何まで申し上げ  敷衍して申し上げ  ことはあるまいかとあやぶんで、お聞き入れ申し上げ  道理を申し上げ  美貌は何と申し上げ  饗応を申し上げ  自分から中宮に申し上げ  中宮へ申し上げ  期を申し上げ  不平は申し上げ  自身で申し上げ  いつものようによく申し上げ  何と申し上げ  薫は申し上げ  話はまたまいって申し上げ  意を得ないなどとお譏り申し上げ  帝へ申し上げ  お尋ねも申し上げ  親王と申し上げ  ことが時々申し上げ  忠告の申し上げ  気の毒でも申し上げ  奥様へ、こうこうでございますとそっと申し上げ  手取早く申し上げ  わたくしが代って申し上げ  から、唄わねえとは申し上げ  宮へそう申し上げ  あなたがたからまた申し上げ  ようにと思って申し上げ  ことをくわしく申し上げ  おいでをお断わり申し上げ  皆呆然としておりますとだけ申し上げ  いつでも申し上げ  お話も申し上げ  侍従はこう申し上げ  皆でいろいろ申し上げ  抗議を申し上げ  ことまでは決して申し上げ  僧都は申し上げ  細かに申し上げ  修法を申し上げ  事実は申し上げ  姫君に申し上げ  私自身がまいって申し上げ  自身でまいって申し上げ  事をいたしまして、なんとも申し上げ  旦那様にさう申し上げ  仕方がないのよ、いくら申し上げ  名前は少し申し上げ  今私が申し上げ  詫を申し上げ  立腹を蒙っても、はっきり申し上げ  それは何とも申し上げ  姫は申し上げ  一部始終を申し上げ  社員も、かならず、そう申し上げ  拝借して申し上げ  片隅を借り、申し上げ  必死になって申し上げ  非難を申し上げ  かくのごとく申し上げ  さきにも申し上げ  ザムライどもが申し上げ  やうに、さう申し上げ  昨日も申し上げ  殿下に申し上げ  小生は長々しく申し上げ  海蛇めが宜しく申し上げ  あからさまに申し上げ  憚りなく申し上げ  偽りは申し上げ  泰親は申し上げ  芹川さんは、まえにも申し上げ  うらみを申し上げ  いま、何もかも、申し上げ  失礼でございますが、お断わり申し上げ  お礼も申し上げ  女だと申し上げ  妹ではないと、はっきり申し上げ  わたくしは、ただ、申し上げ  わたくしから、すっかり申し上げ  中です、と申し上げ  先週わたしの申し上げ  期日は申し上げ  口から御返事は申し上げ  俺からもよろしくと申し上げ  挨拶もまだ申し上げ  何のと申し上げ  名前も、はっきりとは申し上げ  今度はまあなんにも申し上げ  節も申し上げ  これは申し上げ  仏様に、こう申し上げ  誰人様にも申し上げ  方に申し上げ  一言お礼を申し上げ  目ざめではないと申し上げ  お前から臼杵先生によろしく申し上げ  ようにと申し上げ  天朝様へお還し申し上げ  それぞれ御礼を申し上げ  目通り致し申し上げ  あした寿江子様子を申し上げ  ばあやがお育て申し上げ  香港より申し上げ  先便すでに申し上げ  はい、よろしく申し上げ  実もって申し上げ  事は誠に申し上げ  時あれほど申し上げ  骨を御送り申し上げ  ももも申し上げ  ことですから、何もかも申し上げ  どさくさまぎれに申し上げ  不信任一、こっそり申し上げ  夢中で申し上げ  王に申し上げ  から正直に申し上げ  話を選んで申し上げ  洪邁一人について少々申し上げ  たまに申し上げ  お話を少々申し上げ  事は委しく申し上げ  これを申し上げ  返事は申し上げ  残りなく申し上げ  ことまで申し上げ  発見したか、まだ申し上げ  先ほど申し上げ  請求がなくとも申し上げ  状態については、すでに度々申し上げ  出掛になられますので、ハッキリ申し上げ  お前様に申し上げ  どなたもいらっしゃらないと思って、申し上げ  來て頂きたいなんて申し上げ  十分の御礼を申し上げ  父に洗いざらい申し上げ  誰か申し上げ  難儀をお救い下さいと申し上げ  間違いだからといって、よく申し上げ  お断りを申し上げ  お話しを申し上げ  事で、是非申し上げ  王様をお慕い申し上げ  御祝いを申し上げ  卑見を申し上げ  驚異と申し上げ  手紙で申し上げ  子供でも、と申し上げ  から今も申し上げ  お越しを願いたいと申し上げ  用件だと申し上げ  秀林院様へ申し上げ  同音に申し上げ  候と申し上げ  今更委しく申し上げ  身分について申し上げ  ことわりを申し上げ  さたを申し上げ  どなたに申し上げ  ことをあえて申し上げ  さらに申し上げ  誇張したくないので申し上げ  らしってと、申し上げ  昨夜、申し上げ  大丈夫だと申し上げ  安心したと申し上げ  何か申し上げ  誠しやかに申し上げ  君には申し上げ  目的は申し上げ  一言も申し上げ  君に申し上げ  何丁程とも申し上げ  時には、申し上げ  好きになったと申し上げ  次第をくわしく申し上げ  多くを申し上げ  お詫びの申し上げ  ままを申し上げ  天皇さまに申し上げ  顔付で申し上げ  ところですと申し上げ  ただいま少し申し上げ  苦情は申し上げ  結果となり、申し上げ  父上父上と申し上げ  奥さんに申し上げ  おわびの申し上げ  何も包みかくし無く洗いざらい申し上げ  ほうからお伺い致します、と申し上げ  冒険から、申し上げ  初めっから申し上げ  いまも申し上げ  出来事を、逐一申し上げ  代弁で申し上げ  それがどうも、申し上げ  証拠を申し上げ  考えとして、申し上げ  作り事を申し上げ  失敬を申し上げ  事なども申し上げ  住居を申し上げ  積りですから、必ず申し上げ  奥様へ申し上げ  母ア様へさう申し上げ  ネー君子さん、ただ今申し上げ  酌を申し上げ  真心を申し上げ  済度して参りました、がかう申し上げ  笑ひながらお伺ひ申し上げ  幾度となく繰返して申し上げ  将軍家へ申し上げ  損失と申し上げ  訴へ申し上げ  声をふるはせて申し上げ  口で何と申し上げ  さらさらと申し上げ  命にかけても申し上げ  事ばかり、ついながながと申し上げ  のちほども申し上げ  救ひ申し上げ  ここに繰り返して申し上げ  これ以上は申し上げ  くどいくらゐ申し上げ  残つて居りました、と申し上げ  仕打をお憎み申し上げ  心酔と申し上げ  事はまへにも申し上げ  耽溺と申し上げ  やうに拝せられますが、と申し上げ  手本とも申し上げ  私から将軍家に申し上げ  気持さへ抱いてお伺ひ申し上げ  用明天皇と申し上げ  厩戸皇子と申し上げ  あいさつを申し上げ  日羅の申し上げ  返歌を申し上げ  例を申し上げ  毎度うるさく申し上げ  慎しみふかく申し上げ  口上を申し上げ  妾は申し上げ  これだけは申し上げ  ものと、こう申し上げ  ひとつ率直に申し上げ  ほうから、申し上げ  あなた様に、申し上げ  あなたに対して、申し上げ  口では申し上げ  詫びを申し上げ  奥さん、こいだけは申し上げ  だってはっきりとは申し上げ  さま申し上げ  心をいたすにほかならないと申し上げ  ただいまさらにくわしく申し上げ  大統領じきじきに申し上げ  腹蔵なく申し上げ  心得までに申し上げ  次第を申し上げ  意向、ならびにかねて申し上げ  内々に申し上げ  特に先生にはっきり申し上げ  今、申し上げ  南殿村へ対しなんとも申し上げ  これはよいと申し上げ  これ以上何を申し上げ  さきに申し上げ  郵便をもって申し上げ  御礼も申し上げ  理由は申し上げ  とおり、なにもかも包まずに申し上げ  今までもしばしば申し上げ  内聞に申し上げ  まことご存じよりがござりませねば、詳しゅう申し上げ  もっとも、繰り返して申し上げ  んも申し上げ  ですよ。かたきならば、隠すどころか、何もかも申し上げ  先刻から、申し上げ  何んでも申し上げ  先生へ申し上げ  考へを申し上げ  ことは、申し上げ  ことを委しく申し上げ  原理について申し上げ  お母様に宜しく申し上げ  風俗画をやると申し上げ  お礼もろくろく申し上げ  いや味を申し上げ  いまは包まず申し上げ  はつきりとは申し上げ  手水にも申し上げ  ありのままを申し上げ  せりふを申し上げ  一席を申し上げ  悲劇が起こらないとも限らぬと申し上げ  無理を申し上げ  書を呈して申し上げ  確信すると申し上げ  ことを、申し上げ  告白を申し上げ  のについて申し上げ  経験について申し上げ  一つを申し上げ  間の手紙で申し上げ  一ここに根ざしていたと申し上げ  仕方なしに申し上げ  もっと詳しく申し上げ  大事を申し上げ  もう一度、申し上げ  そんなら申し上げ  んだったら申し上げ  全部、打ち明けて申し上げ  かた、ああなんと申し上げ  あたしの申し上げ  のですが、申し上げ  神さまに誓って申し上げ  断片的に申し上げ  全部を申し上げ  事は、まえにも申し上げ  まじめに申し上げ  王妃さまから教えられて申し上げ  精一ぱいに申し上げ  次第、申し上げ  先程ちよつと申し上げ  あなた様にお近づけ申し上げ  それは、わざと申し上げ  一寸おたずね申し上げ  おこたえ申し上げ  仔細を申し上げ  王様にこう申し上げ  奉行様にでなくては申し上げ  山にお葬り申し上げ  手を取つて引き出し申し上げ  樣を申し上げ  御前に立つてお仕え申し上げ  顯し申し上げ  わたくしは何とも申し上げ  参考までに申し上げ  王様に申し上げ  議長へ申し上げ  趣意をつつまず申し上げ  父上兄上にもそう申し上げ  強盗に申し上げ  からくわしく申し上げ  のは、申し上げ  あなた様にだけは、どうしてもお打ち明け申し上げ  何から先に申し上げ  ようだと申し上げ  公然に申し上げ  想像に従って申し上げ  藤兵衛は申し上げ  国王に申し上げ  先刻私が申し上げ  本家にかうかう申し上げ  ことを残らず申し上げ  スイッチを入れると申し上げ  はい、何もかも申し上げ  



前後の言葉をピックアップ
もうし  孟子  申しあげ  申しあげよ  申しあげれ  申し上げよ  申し上げれ  もうしあげ  申しあげる  申し上げる


動詞をランダムでピックアップ
扮し捩じ切かきくらしおくりこんいきり立て薄らげ攫む投げかけれとばそ立ち上るめだた見直すおうじ罹ろ揺るが秋めく蹴倒しひっこしひきこも操れれ
形容詞をランダムでピックアップ
おしくっみすぼらしきうっとうしいいとしき険しい美味しい愛らしきしがなきいみ手痛くかわいらしきけわしき寂しい苦々しかっづらう草深かっ怖ううまけれ呪わしかっ