「申さ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 申さ[動詞]
いちばん念仏が申さ  ように申さ  念仏を申さ  念仏が申さ  勞苦と申さ  今は申さ  芽出度いとも申さ  様ですけれ共又、申さ  米も引続き亡くなったと申さ  事を申さ  から私が申さ  幸福に過ごしたと申さ  典獄と申さ  控へ申さ  御言葉には及び申さ  救ひ申さ  父がよろしくと申さ  出席であるから、一応申さ  訴へ申さ  むげに受け取らぬとも申さ  何も申さ  やうであつたとも申さ  ひであつたとも申さ  さへ、あらうとは思はれ申さ  おごそかに申さ  ここまで申さ  からざる時には、出し申さ  反対とも申さ  どっちがどうとも申さ  弦四郎様は申さ  後に申さ  阿闍梨に向って申さ  仔細に及ばないと申さ  念仏一万五千を申さ  法印が申さ  印であると申さ  心で申さ  用意して申さ  智者たちのさたし申さ  宅などは焼き払うがよいとまで申さ  理由を申さ  媚は賣り申さ  來てあると申さ  結構と申さ  天香師は申さ  ことを頼もしく感じると申さ  しかとは申さ  平賀殿と申さ  格別、何とも申さ  お礼を申さ  厭と申さ  事情は申さ  上でなければ申さ  無理とは申さ  不義とは申さ  名を申さ  誰とも知らずに申さ  確かには申さ  損害をお掛け申さ  アテがないと申さ  正直に申さ  はい、申さ  ことじゃ、と申さ  潮に濡れて気味が悪いなぞと、申さ  無責任と申さ  ことは出来申さ  ことが出来申さ  何とも申さ  何もお聞き申さ  恥を申さ  白痴とは申さ  ことは申さ  方を申さ  參に入り申さ  暫時相待ち申さ  無理にとは申さ  声じゃ申さ  拝顔を得たいと申さ  お礼も申さ  ことを申さ  ために失い申さ  奇蹟と申さ  宰相某とか申さ  大阪城、と申さ  私は申さ  ものも申さ  挨拶を申さ  最勝寺様が申さ  国とか申さ  態度だと申さ  不自由はしていないと申さ  闍利さまは申さ  おねがいいたしましても、笑ってはこう申さ  寺を見廻り下さいと申さ  ひと言、こう申さ  ひと言そう申さ  ものはござらぬが、強いて申さ  嘘いつわりと申さ  ころ四十五歳だと申さ  歌沢に申さ  傷も痛まなければ、活きているとは申さ  怙がなかったとは申さ  見事だったとは申さ  アッパレと申さ  鳥飼八太夫とは申さ  われらを討ち申さ  何を申さ  私達はいじにも御なおし申さ  妖怪と申さ  それへ参って申さ  悪いことは申さ  直かに申さ  今宵とて又拝み申さ  疾翔と申さ  鵄などに対して申さ  ひと当り当て申さ  階下にひきすえてお見せ申さ  楊彪の申さ  かぶり候者にては出来申さ  一種なのだと申さ  小遣なんかやるナと申さ  替りとや申さ  野獣と申さ  一心同体とは申さ  実体かを試み申さ  なにを申さ  ことは、申さ  嘘を申さ  情操もないとは申さ  事が申さ  経験とも申さ  主観的とも申さ  不愉快だとか申さ  価値もないと申さ  人とは申さ  因果を離れるとは申さ  口調で申さ  姓名なんと申さ  冗長魯鈍とか何とか申さ  のは、と申さ  名字を申さ  主人王植が申さ  水鏡先生と申さ  玄徳を通し申さ  上機嫌で申さ  重臣魯粛と申さ  呉主孫権からも、くれぐれよろしく申さ  国と申さ  一分が相立ち申さ  生々世々忘れ申さ  時はああ申さ  実を申さ  異議を申さ  愚痴は申さ  お姫さまは申さ  礼無しとも申さ  曹操はよく戦ったと申さ  手助けを申さ  骨折りと申さ  一般にとは申さ  傑作と申さ  水を飲ませてくれと申さ  禮を申さ  譬へで申さ  是非とも申さ  此所では申さ  詫を申さ  思いもより申さ  人の力はいり申さ  かお洩し申さ  用にも立ち申さ  征伐だにも思ひも寄り申さ  登城に及び申さ  いかんなどと申さ  それだから申さ  添へて申さ  幸運と申さ  病名は申さ  確かとは申さ  覚えがないとは申さ  弟子たちに申さ  私は、しかしながらお従い申さ  夫婦とは申さ  町人共は、よく申さ  朋輩共でさえ、よく申さ  気の毒と申さ  向上とは申さ  美談とは申さ  立派であったと申さ  見事であると申さ  顔でもなさると悪いで申さ  この世を宜しく申さ  舞台とは申さ  顔で申さ  間違つて居ると申さ  想像以上と申さ  次第と申さ  智證大師の申さ  攘夷とは申さ  一人も居り申さ  様子を存じ得申さ  それには及び申さ  それはまるきり知らなかったとは申さ  弟ぎみが申さ  のだと申さ  為に飽くまでも申さ  のは、寧ろ悲しむべき当然と申さ  鞭撻されるからだと申さ  所有者と申さ  意見を伺ひたいと申さ  事であるが、申さ  祝詞を申さ  天子様が申さ  地方神に申さ  言葉づかひで申さ  大神に申さ  子孫等の申さ  元旦此三つの場合に申さ  水は、如何致したらよろしうございますか、と申さ  ものと申さ  鐵案と申さ  因縁と申さ  ことだけは申さ  しかただと申さ  芸術価値についていろいろ申さ  須利耶さまは、馳せ寄って申さ  須利耶さまが申さ  従弟さまの申さ  みんなに申さ  斯う申さ  童子が申さ  気兼ねしながら申さ  童子を連れて歩きたいと申さ  私種々申すに申さ  神は助けよと申さ  我儘を申さ  訳にはなり申さ  勝負は分けと申さ  相手を出すに及び申さ  試合なり申さ  太刀筋は衰え申さ  直ちに清川に向い申さ  二階にはお寝かし申さ  どちらとも申さ  一緒につれて行けと申さ  吉田竜太郎と申さ  師とお頼みなされしは何と申さ  見山と申さ  何にも申さ  此世には遺り申さ  これは強いては申さ  酒井氏の申さ  身の上もお聞き申さ  貴公らのお骨折りには及び申さ  何も吹け申さ  お礼には及び申さ  下をお借り申さ  乗物をと申さ  願ひますなど決して申さ  加持祈祷は思ひもより申さ  成仏なり申さ  ことはひらに要り申さ  一人もあるまいと申さ  左樣とは申さ  ものに申さ  事も、全くないとは申さ  樣も知らぬと申さ  左様とは申さ  様も知らぬと申さ  身共役目が立ち申さ  事無しと申さ  萬一立ち合へと申さ  悠然として申さ  保養に往けと申さ  何をもって左様申さ  家中と申さ  油断はなり申さ  ナゼ最初から知ってると申さ  まりお縋り申さ  ものは決してお借り申さ  者を一向に見かけ申さ  ものに出逢い申さ  家名の申さ  冗談にも申さ  家名を申さ  ここへお泊め申さ  ように尋ねてみるが、ついぞ出会し申さ  皆無とは申さ  句とも申さ  礼事を申さ  礼も申さ  敵一人も近付け申さ  念には及び申さ  出まかせを申さ  ことと申さ  武器を取りたいとも思い申さ  確めておいておもらい申さ  和田静馬殿と申さ  御念には及び申さ  方だと申さ  なかに無いとは申さ  事は申さ  一様には申さ  それ本物とは申さ  何からお礼を申さ  摸型は行き申さ  私も、お怨み申さ  請けの申さ  苦労とは申さ  不自由をおさせ申さ  合ひ申さ  駒井甚三郎を見かけたと申さ  神様をお鎮め申さ  査公が申さ  怯かすように申さ  研究に就いて申さ  一言も申さ  支那文であると申さ  師匠の申さ  私に向って申さ  師匠なども後で申さ  不心得千萬と申さ  慘事と申さ  當然と申さ  不思議と申さ  供養ともなるであろうと申さ  不都合千萬と申さ  滑稽至極と申さ  遺憾と申さ  ことではないと申さ  妄と申さ  わたくしは、なんにも申さ  残たりと申さ  杵屋新次と申さ  弟子さまがたも申さ  師匠が申さ  新次師匠が申さ  二たこと申さ  二たこと、こう申さ  節に申さ  私に向ってさえ、はっきりと申さ  言葉を申さ  からぜひがないと申さ  伯父上も、くどいほど申さ  高氏ちがいと申さ  私へ申さ  筈なれど一々申さ  植ゆるなりと申さ  落度がないとは申さ  腹痛とか申さ  後見参に入れ申さ  楠木多聞兵衛正成どのと申さ  のと申さ  縁じゃと申さ  それも申さ  延期させたがいいと、申さ  草心尼と申さ  ナゼ助けておやり申さ  ことがあるかと申さ  一閑殿と申さ  以後は云い申さ  一沙弥になり申さ  儀ばかりは相成り申さ  証人が申さ  堀江時子さんと申さ  最中なので、はっきりは申さ  進上納共地代二十両、持って来いと申さ  ようにと申さ  手足十分に伸び申さ  事があって、申すにも申さ  から何んでもと申さ  祝儀も貰えるし、そうしたが宜かろうと申さ  ぢやとも申さ  忍び出で申さ  断食は出来申さ  渡し守になり申さ  水を授け申さ  のも、申さ  茂時どのが申さ  陰気なと申さ  ほかに存じ申さ  ことはなり申さ  秀吉が申さ  鈴木千七郎殿それに答えて申さ  何事も存じ申さ  ロジタ・フェレスと申さ  しかたがない、申さ  戦場へ共に出よとは決して申さ  一城一国のあるじとは申さ  念仏一ついまは申さ  衆ともお見うけ申さ  いま、できぬと申さ  竹若君と申さ  それも詳しく申さ  分り易く申さ  受合ひ申さ  果たして奇特の有る無しはお受け合い申さ  殿の申さ  名は申さ  川があって渡れ申さ  輪をはめてどうしてもお引留め申さ  一口に申さ  こちらからも申さ  不承知と申さ  ここでは申さ  天罰と申さ  声では申さ  恥辱と申さ  上手下手で一概にそうは申さ  一度拝見したいと申さ  日において、申さ  味方と申さ  新田殿と申さ  ありのままにそう申さ  すべは知り申さ  道謙と申さ  謙遜されて申さ  結果であると申さ  お話をお聴き申さ  聖人も申さ  方がよかろうと申さ  相とは申さ  尊氏へ申さ  斟酌にはおよび申さ  罪を待てと申さ  うらみを申さ  見当がつき申さ  党類であったと申さ  口からは申さ  手は見せ申さ  仏性一如とは申さ  期がないとは申さ  騷がしいぞ、と申さ  得心のなり申さ  全部とは申さ  油断がなり申さ  時とも申さ  いやとは申さ  神妙とも申さ  果なくないとも申さ  恋とは申さ  智慧で、ないと申さ  校歌とは申さ  相談すれば無論いけないと申さ  ことでもしていると申さ  弾正と申さ  公平無私とのみは申さ  連続であると申さ  段どりが実になんとも申さ  藤原邦武と申さ  言を申さ  ものだと申さ  宝生山知善院と申さ  道庵先生と申さ  ことばかりも申さ  言葉も申さ  一概に行きたいとも申さ  旦那からお頼み申さ  お話し申さ  餘寒未だ相去り申さ  前に、申さ  合はないとは申さ  先づ其事を申さ  返事を口ずから申さ  ために申さ  ことが申さ  母君は申さ  もう一歩も退き申さ  難題を申さ  帝へ申さ  儀にも及び申さ  世間でたいそうに申さ  父が申さ  説明的に申さ  機会がなかったと申さ  人をもって申さ  男宮をお生み申さ  こととは申さ  ことも申さ  返しを申さ  公然に申さ  関心を持つとは申さ  一だと申さ  一番心にかかるべしと申さ  日まで申さ  同宿あそばすなどとは申さ  思召しを伺って来いと申さ  鼠に非ず、と申さ  利己的だと申さ  邸で申さ  ようには申さ  これまでは申さ  隙間と申さ  おかまい申さ  文明開化は進み申さ  高等船員とは申さ  候が、如何計らひ申さ  分割払いと申さ  あなたに小言を申さ  ものはないかと申さ  今私が申さ  先生が申さ  ちょっと掃除しておけばよいと申さ  相手がなり申さ  爲には少しく申さ  お礼は申さ  泣きごとを申さ  賛成だと申さ  御返事を申さ  氣が着いたら申さ  お母さんは、こんなにも申さ  ひざ付き、と申さ  声で申さ  隠居さまが申さ  隠居さまは、かように申さ  お伝えして呉れと申さ  上は申さ  信西入道が申さ  者と申さ  牛車と申さ  塚を発けと申さ  日本人とや申さ  如何にやと申さ  神様と申さ  山たち姫に、知らせ申さ  奇特を申さ  ドッペルゲンゲルと申さ  口輕に申さ  蔭言を申さ  整へ申さ  眼を薫ずるに困ると申さ  拙者水火もいとい申さ  あなた様とのみ申さ  口からお礼を申さ  せい様を、お恨み申さ  言語道断と申さ  趣に富んでいると申さ  趣に富んでゐると申さ  プレゼントするとも申さ  至境に達したとは申さ  墓とは申さ  口にも、つくされ申さ  進上は申さ  のじゃと申さ  チト何か申さ  余事ゆえに申さ  上に、たとえて申さ  何か申さ  歴史を申さ  様子を語り申さ  学校の誇と申さ  わたし叱られると知っても申さ  おれと申さ  簡単に申さ  言葉だけでも申さ  関係に就いても申さ  処に在ると申さ  島田へは申さ  私共に申さ  道心では分り申さ  仕草と申さ  厄介に相成り申さ  目もとめ申さ  心に任せ申さ  不運と存じたれも恨み申さ  鴎硯と申さ  のだと、申さ  伝七殿と申さ  目にかかれようと、かように申さ  紅殿とやら申さ  ニコリと笑って申さ  恩にも着せ申さ  目通りもし申さ  直々でなければ申さ  お詫びを申さ  名前はなんと申さ  演説はやらんでもいいと申さ  事も申さ  描写したとは申さ  互様と申さ  全般をつくしたとは申さ  から、何とも申さ  のぞみが無いと申さ  ちがいないと、かよう申さ  玉目三郎を死におもむかせたとは申さ  詰腹切らせてやったとは申さ  ますます悪いと申さ  医家へお伴い申さ  挨拶も申さ  跟け申さ  ほんとうに何とも申さ  罰もあたれ、そう申さ  気恥ずかしくて申さ  女に申さ  理窟は申さ  浅薄低俗と申さ  ことですから、なんとも申さ  お方と申さ  認識不足と申さ  私に申さ  六〇〇万カロリーと申さ  働きと申さ  職工気分だと申さ  代筆文とも申さ  ことわりは申さ  八年間働かねばならぬと申さ  阿弥陀様にお縋り申さ  はいたさじ、何とも申さ  そうにいたして申さ  佐代さんでは悪いとは申さ  皮肉ば申さ  女房を召し出され、こまごまと申さ  霜に申さ  候べきと申さ  侍とは申さ  落し奉らんとも申さ  覚悟なされたくと申さ  一度も覚え申さ  のをなんとも申さ  所為だとは申さ  笑止千万と申さ  不面目病とも申さ  病とも申さ  先賢も申さ  そこを指しては申さ  わたしにあいたいと申さ  里方に預けるとか申さ  人の申さ  知らない事は申さ  なにも申さ  金田一先生も申さ  候よふ申さ  らいに申さ  処に歩いて行って申さ  平田さんに済み申さ  西宮さんにも済み申さ  利仁がお飽かせ申さ  中に、御誘ひ申さ  言づけを申さ  上出来とは申さ  恨みであると申さ  特に豊だとは申さ  云々と申さ  仏教と申さ  泉鏡花君は申さ  歯をちらと覗かせて笑いながら申さ  暴論と申さ  通どのと申さ  宮本武蔵と申さ  口調そっくりで申さ  国民であつたと申さ  私に与えたいと申さ  法螺ふきと申さ  ように売り歩くほど落ちぶれてはおり申さ  惰だとは申さ  幸と申さ  咄し申さ  ちょっと、来て欲しいと申さ  厄介になってくれと申さ  愚堂和尚が申さ  罪悪であると申さ  ことであったと申さ  災難であったと申さ  冷やかすぎると申さ  傾向であると申さ  絶対にないとは申さ  でたらめだとのみは申さ  非人とは申さ  正確には申さ  ものを申さ  為にもなり申さ  動きが取れ申さ  網にかかったと申さ  文句は申さ  それそれ私の申さ  私も申さ  願阿弥陀仏と申さ  其名前は申さ  身近うまいる事もかない申さ  笑ひながら申さ  之を望み申さ  おだやかにお聞かせ申さ  お方とは申さ  もののお役に立ち申さ  之を申さ  旨之を申さ  遠慮を申さ  人であるとは申さ  御礼の申さ  一つと申さ  縫子さんと言うんで、申さ  古今以後殆ど新しい歌がないと申さ  事は分り申さ  不尽に副ひ申さ  古今以後殆ど新しい歌が無いと申さ  盡に副ひ申さ  懲せと申さ  おのれも手伝い申さ  お構いも申さ  心地を申さ  お礼かたがたお訪ね申さ  生国相知れ申さ  いまさらわたくしが申さ  これはだいたいいつぞや申さ  沿革も詳しく申さ  御上について申さ  私が、申さ  動物的であるとは申さ  進歩したとは申さ  奥さんが申さ  逢ひしのみにて何とも申さ  ムツゴトをきいてしまったと申さ  狼も及び申さ  作りごとが申さ  一同掛念やみ申さ  候儀は願い申さ  御国と格別かけ離れおり申さ  願いを申さ  候ようには相成り申さ  自己の製し申さ  殿さまはよろしいと申さ  足尾銅山鑛毒とは申さ  役人は申さ  役人さまも申さ  殿さまは申さ  口に出して申さ  様子は見せ申さ  浴湯にも至り申さ  宅に置いてくれと申さ  これには及び申さ  霊魂のと申さ  言とは申さ  奇夢と申さ  骨休みじゃとか申さ  殿さまがかようにお申さ  から、それとのう出迎えいたせと、かようにお申さ  ようにお申さ  名まえはなんと申さ  弓様と申さ  度に寝惚けたとも申さ  ほうがよいと申さ  欣一郎様と申さ  旨も忘れずに申さ  もっとはっきり申さ  覚えがないのに、討たれたと申さ  そのまま立ち去ったと申さ  偽りは申さ  真人間だったと申さ  八つ化け仙次が救ってでもくれたと申さ  空言を申さ  師匠さまが申さ  用があると申さ  適材とは申さ  なんでも申さ  ぶんにおもひ申さ  名はなんと申さ  下手人ではないと申さ  知恵比べすると申さ  みなさま一様に申さ  だれがなんと申さ  一概には申さ  言葉を換えて申さ  一話を申さ  不思議とは申さ  言を換えて申さ  ふたりして切り結んでいたと申さ  多根どのとやら申さ  どこここと申さ  なにごとも隠さずに申さ  ろへはまっておったと申さ  身もとも知れ申さ  十日ばかりじゃと申さ  雪で死んだと申さ  ふたりで申さ  三郎がさらって逃げたと申さ  ちょっとそいつは申さ  こればっかりは申さ  家出をしたと申さ  身をおとしたと申さ  杵屋花吉と申さ  様に申さ  さ様に申さ  充分とは申さ  絶望だと申さ  練習を始めたしと申さ  解釈とは申さ  貴殿はよもや知らぬとは申さ  ほうびを与えると申さ  皆様、恐らしいと申さ  可能だと申さ  極楽とも申さ  城主様、そう申さ  婦人とも申さ  ひとの申さ  宝と申さ  理解して頂きたいと申さ  禄相受け申さ  設計図をお譲り願ってこいと申さ  おかげさまと申さ  遺憾千万であると申さ  開国だと申さ  如くに申さ  力を借りなければ何とも申さ  貰ひ申さ  注意までに申さ  願ひ申さ  御供を御させ申さ  破談を申さ  松波資之氏へ伺って見よと申さ  様にと申さ  神さまは申さ  講師の申さ  西と申さ  さまざま賢く申さ  さま/″\賢く申さ  和魂漢才と申さ  和へ申さ  あなたに知らせ申さ  拷問もいとい申さ  直ぐに申さ  俗物と申さ  節父が申さ  女丈夫とは申さ  無心を聞かぬとは申さ  何事もお聞かせ申さ  命の申さ  命が申さ  神が申さ  神たちの申さ  神の申さ  わけで申さ  時に答え申さ  峰にお降り申さ  商談なり申さ  批評絶え申さ  候も、聞き入れ申さ  癒し呉れよと申さ  確と聞き取れ申さ  叶ひ申さ  事はせぬと申さ  次第なりと申さ  念仏の申さ  ひじりで申さ  妻をまうけて申さ  住所にて申さ  流行して申さ  衣食にて申さ  他人にたすけられて申さ  一人して申さ  共同して申さ  身の上からお話し申さ  鳥博士が申さ  窮して通じたと申さ  奥様が申さ  苗字は申さ  病気とはお見受け申さ  表向きには申さ  父上はなんと申さ  棲家は申さ  ゆくえは遂に相分り申さ  それが当然だと申さ  損とは申さ  罪ばかりとも申さ  まり何度も申さ  身分と申さ  常談など申さ  ところは見えません、と申さ  お願いは、長くとは申さ  御免あそばせ、と申さ  利益を有しているとは申さ  山から出て附いて行くと申さ  芬とな、何とも申さ  通りすがりが、何とも申さ  者があったかも知れ申さ  のでは御座るまいか、ヒリヒリ致してどうも成り申さ  



前後の言葉をピックアップ
もうこ  猛虎  猛攻  毛根  妄語  もうさ  毛細管  申し  母子  母子草


動詞をランダムでピックアップ
ふれあえ揉む押し返そのめそ衒っ立ち代り手向かう結びつけよ突き抜か入れ替らしりぞい適する屈す追い散らす切抜けひかれる転がしヤジる感極まり折っ
形容詞をランダムでピックアップ
痛々しい凛々し熱っぽ由無きちいさし物珍しい残り惜しい高い手早眩しきひ弱くか弱い歯痒う望ましくうすぐらいのどけき得難かっめめしくなるけれむつかしゅう