「田」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
田をあてがった  田があり  田の中へ入った  田の畦にどの子も寝かされて育って来た  田を手放さねばならぬ破  田を耕やしたり  田の草をとる  田の草をとつてゐる  田の草をとるせ  田があれば  田は黄金海と連なりて  田の麥は足穗うなだれ  田に降らす  田へ落ちると  田の麦は足穂うなだれ  田を取上げると  田のなかへ遡り込み  田もいらぬ  田の土などの中に打込んで  田へ行くだけでなく  田へ出て遊ぶ  田へおりてなどと歌ってきかせている  田の草を取っている  田に水を落す  田を作ろうとすると  田の畔もある  田の水に絡んでゐる  田の行事は秋きりとした  田を控えて  田の一方へ父と兄貴が浚い上げる  田へ入るや  田など全くどうにもならなかった  田へ下りて  田の体温でも計って  田を植えている  田へ行くには行ったが  田の草も掻き  田が一枚減り  田で作った  田が青々して  田から流れて来たと  田の中を通った  田から流れて来たと云えば  田をかへす  田がある  田が形つてある  田の向うには周圍が皆燒山で只一つ芝も燒けず  田の中に草をむしつて居た  田も深深と雪に埋もれて  田の中に吹いてる忘れてる  田は枯れて  田は地主へ返  田の傍を走る  田に添うて  田が湖なのはしよつち  田の灌漑にも用ひられる  田の中といわず  田の向に見える  田の草でも取れ  田の水を見に来て  田作れば小作料が高えくって  田を耕したり  田を作つて居られます  田は一夜のうちに青々とした  田をどうする  田は今年だけ畑にして  田に差して置くと  田に挿す  田の中央に竿を立て  田に稲虫が出ると  田を質に入れて  田には鶴が下りた  田を渡る  田の上を雁が啼いて通った  田もとめて行けば  田に降りてか行き  田のなかにいる  田がすき返され  田のへりを  田がすきかえされ  田があった  田の人影も水牛の影も戻って行く  田や畠になっていて  田へ出かけてしまった  田の売買には必ず銭貨を用ゐしめられ  田も畑も亀裂している  田を荒らし  田を耕すが  田とバッタリ会った  田の背中に声をかけると  田はこれにかなり失望しながらも  田は鼻を膨らませて  田の嫁は泣き崩れた  田は一太郎を乗せた  田は力なくほざく  田はサードパーティのアクセラレーターと大型モニターを買った  田は広島弁丸出しでそうわめきたてた  田の曖昧な薄笑いにマック日本語事始めの栄光と悲惨を思い起こした  田のような連中の涙を絞りながら  田をもった  田を作っていました  田のあちこちが黒いおもてを現して来た  田の畔には葉鶏頭の真紅なのが眼に立った  田の稲は殆んど刈られてしまっていて  田を旦暮に耕し  田を耕す  田の畦の枯れた  田の中春になり  田を耕しつつあった  田もすっかり売り払った  田は雪が消えた  田のなかに村芝居の立つ  田の仕事に取掛る  田の中を流れている  田をかえす  田を呉れる  田の中にも立木という風にあり  田を持っている  田を作らしたりしておいて  田の中へ仰  田の中に十坪ほどの沼があり  田に開いてしまって  田に虫がついた  田も海も埋まった  田が出来てから  田になり  田の水の足りない  田だけに水を引き  田に使うという  田の水を引き  田からあがって  田の泥がついていたという  田で働いたという  田の草もとる  田の畔を一まわりあるいていられる  田に水を入れている  田の泥が足についていた  田へ夜になると  田の水口に立ち  田にはいりました  田を寄進して  田の畔に落ちていたという  田の泥を一面に塗ります  田を耕しながら  田には黄金の稲が一杯に実っていました  田を耕している  田や畠も兵器の製造場になった  田と畠とがつづきはじめる  田の中を歩いている  田と畠との間を流れる  田のなり物の為にせられると  田にのみ水を引かうとする  田の成り  田も作らねば  田も畑もいつしか町にまでなってしまいましたが  田のここかしこにまきました  田のへりへ  田からも飛込んで  田となったが  田という名で魔女はよんでいました  田もとおって  田も畑もとうとう借金の形にとられてしまった  田へ出かけて行っては  田の畔を浸すまでに満ち溢れてゐました  田の稲が枯れ  田を見に行っていらっしゃる  田の処に行って見ると  田も水が一パイで皆大喜びをしていると  田の水を見に回っていますと  田を耕しつつ  田をかさね  田が一面の湖となる  田の畔のようでもあるし  田はあっても  田へ被る  田の白いのは被ったらしい  田が溝染めに暮れかかると  田も畦も構わない  田までは落ちず  田を耕すべしと  田を十俵に就き  田の乾からびた  田の間に散らばっている  田を踏んで暮す  田を借りて返さず  田の中に立っている  田の中の一点を凝視めてその点のまわりを小股に走りながらまわっている  田は草を敷くには及ばぬ  田の中からはい上がると  田を荒す  田に出て来る  田の中にいて  田の中には幅半間ぐらいの道がある  田の仕事も一通り片づいて  田から迎えて来て  田の番をしてくれた  田から引揚げたまう  田を守り  田から上って来られた  田の中におられて  田の話という長い講演をした  田の中の祭にわざわざ祭壇を築くという  田打ち行事との連絡を考えさせる  田の行事はこれだけですんだかの如き  田の畔の一部に移り  田の中に立てるから  田の神さまの腰掛ともとまり木ともいう  田ではどういう神を祭ったか  田に下りたまうという  田に降りたまう  田の祭をする  田に降りてござるとすると  田のほとりに樹枝を插す慣行として残っているが  田をまちがえられぬ  田の稔りを豊かにする  田の虫追いである  田の番をしてくれない  田から迎えて来た  田から迎えて  田に引くと  田は稲の穂が少し黄ばんで  田の例をあげる  田では去年の三ケ一ほか上らなかったとか  田はいい  田を作る  田を働いて  田を一人では仕限れないから  田や畑に見える  田の中を通ると云う  田の水に不自由をしないといふ  田に啼く  田についている  田が涸れ  田が涸れた涸れて  田も一夜で涸れる  田が涸れた  田の鳥鴫ア田が恋し鴫は涸れ  田は枯れた  田に居る  田にゐる  田は赤く枯れ  田をみめぐりの  田の草をとつたりする  田と定め  田が遠く傾いて行くにつれ  田には稲虫のつかぬ  田の稲虫と共に村人に来る  田の作物を中心とする  田の稲虫とともに村人に来る  田はやがて畑になり  田になつてゐて  田の原が続いてた  田はもう黄ばんでゐるだらうか  田の畔に緑の草が萌える  田や畑でほんとうの反別になっている  田をみんな一枚ずつ測って  田のなかにはきっとひばりの巣が三つ四つある  田に行ってみたら  田の畦を切っていた  田のなかへはまだ入られないし  田の机を眺めた  田のいう  田はすぐ座敷から声を掛けた  田の家でそんな女に会った  田も黙っていた  田の所へ来た  田の家を出た  田が島田に会いに行って  田の様子を想い浮べた  田も将棋盤を前に置けば  田かも知れないよ  田の振下げている  田について不愉快な昔まで思い出させられた  田から取れた  田に畠に鋤や鎌を持つて出かけて  田の草を取って  田が少しばかりある  田の鎮魂術を行ふ  田の出来栄えを見せて置く  田の精霊を鎮める  田の持ち主と解釈する  田の精霊を象形つたものだと思ふ  田の泥にまみれさす  田の害物が除かれて  田の原の宿を出た  田に水を引いておいた  田と田の間をまがりくねつて続いてをります  田や畑に草を生やすまいぞよ  田のあちこちに見えだした  田の方に人声が頻りであった  田も色には出たが  田を浸すので  田の方に人声が頻りで  田に田螺を掘っている  田の上に家を建て  田つくらんとぞ思ふ  田に引く  田だの森だのがありました  田をお作りになり  田のなり物を邪魔する  田を植ゑて居ると  田を囃してくれる  田も固定して  田といふ名も出て来て居る  田の畔蹈みきて草に伏しぬ  田に米蒔きて  田を斉藤に引き取  田でも殖やし  田之とかなんとか書いてあったほどだから  田之はそれは美しい女に描いてあるが  田や畑の作物はすつかり萎びて  田を用意し  田から上つて山の神と祭られるといふなども  田の縁に並んだが  田の水が茫と映ります  田を作らせて取る  田が埋められて  田と低い林とに連接する  田を作つて居ると  田の草をとれば  田から聞えて来る  田の畷を伝って  田の中が急に賑わい盛るので  田を実らすと申し伝えられてあります  田をかこんで咲きつ  田を植ゑる孫も泥をふむ  田の草取を見ると  田に植ゑた時其一株を踏まれても怒るだらう  田の水を切ったり  田の中へ投げつけた  田の中を逃げて行きます  田を作らしてやっているのに  田へ出る  田からあがる  田の中に白く光ってゐました  田の中へ入って  田を河の如くに渡るとか  田や畑の大部分を一人占めにしているほどの  田は現に色づきて  田の中には真黒に光った  田の向側には一列に青い竹藪が連つてゐる  田の豊凶を早く物に顕して見たい  田の植わり  田のものにも畑のものにも夜露がどっ  田の中へ踏み込んで  田の水にさか  田は段あたり何斗米がとれるかも  田は干  田の百姓衆を励まされるやら  田涸れを検見にまいったなどと申しながら  田の虫と言われておりまする  田を作るは  田の中へ這いずり廻ろうとしてもできる  田の中で倒れでもしたらしい  田の中に手を突いただけな  田に水を与へよつて  田の中に黒緑の四角なものが点々としてゐて  田の水が光ったりする  田とした  田の畝を少し力を入れて踏むと  田や畑へ出て働く  田や畑の中を行きます  田の方へ利用する  田の中に立ちつくしてゐた  田の畔でこの先生に出あう  田あらしめば  田やら行くに行かれぬ  田の草を取ったり  田に白鷺あり  田の草取などは思ひも寄らない  田の稲の花が散ると困ると  田に蝗が出ると  田の行事をする  田を植ゑる五月処女を選定する  田に立てる  田の実りの前兆を見る  田の畔に躑躅の花を樹てる  田の中へ柳をさす  田やお米をもらっても困りますが  田を作らせて  田は大そうよくみのりました  田の縁に小みぞが流れているが  田に落つる  田とはすでに持てり  田や畑が限りもなく続いていた  田では早稲は刈り終られ  田の中で鎌の刃を白くきらきらと光らしている  田の中に挟まれた  田の中だけを廻って  田が植えられなくて苦しむ  田の苅穂のいほも  田の苅穂のいほなども  田の畔にこしかけて  田におりて  田にむかえて  田を栽えおわろうとしていた  田のへりで食べるという  田にも麦を作る  田の氷がとける  田にかかる  田の畔を塗りかためて  田の草取りがはじまって  田か畑か判らぬ  田の畦に蛙の声がして  田の泥濘の中にうつむいた  田の中を蝙蝠傘をさした  田の中に腰までつかって  田の畔にたたずんで  田の間の細い路をぞろぞろと通る  田ももうたいてい収穫がすんで  田の刈った  田に蓮華草が敷いた  田から一面に広場を照らして  田があったり  田の中の細い道をあちらにたどり  田には大根の葉がひたと捨てられてあった  田のところどころに掘  田に出ていた  田を鋤いている  田の中の水たまりに寒天樣の古鎖とも見えるぬる  田にしを  田へ水を引く  田の畔の稲塚に樹てた  田にはひり  田にまいて  田の収穫が遥かに勝っていたという  田はもうみんな沼になり  田の熟した  田を鋤く  田からは相当な収穫があがるが  田を続けて作る  田は荒廃して  田を耕して  田を作っていた  田などもやっぱり段になったりしてゐる  田のなかにでこぼこ影をなげますといた  田を犁く  田に水を引く  田のくろをじっとうごかず座ってゐて  田へ出てしまう  田の水口を一杯あけ放っておけば  田にも満々と湛えている  田にはたくさんの魚がのぼってい  田と櫟林と鬼怒川の土手とで圍まれて他の一方は村から村へ通ふ  田は岡に添うて  田に添うて延びて居る  田にはもう掛稻は稀で稻を掛けた  田と鬼怒川との間をつないで  田も遙かのさきは櫟林に隱れて  田の中で稻扱をする  田坐天照御魂神社といふのがあります  田を作れという  田の畔を流れる  田の草を取っていた  田や池では雨をよぶ  田や畑が広くつづいていて  田の草を取る  田の畔に立てる  田を売り  田のなかに転げ込んでしまいました  田のなかへ引っ込まれた  田に棲む  田の畔から平野の湿地帯にまですき  田を書く  田のあいだに小さい農家が見いだされた  田や畑のあいだをぐるぐると逃げまわって  田の向うに当って  田の中へ叩き込み  田になったのに  田の稲は黄色に実りて  田の中へ浸って  田をこねかへした  田の畦三つばかり横に切れると  田を埋め  田の中の森にある  田の中を持ち  田へ落ちる  田の中の路でもあるくから  田の畔に幼児を寝させて置いて  田に行って  田の畔に出て行って  田の苅跡まで行くと見られぬ  田の稻は程よく色づき  田は灌漑のわるい一部のみであらうと  田を指して  田の稲を一夜の中に蝗が食ってしまった  田にはまた足穂垂れ  田の中で鳴いている  田へ引いてしまった  田に蠢めいていた  田に添うた  田の畦を渡りつくして  田の畔のやうな足元のわるいところがあつたりして  田を耕さず  田に水を注ぐの  田を耕すにも  田のくろから小犬を拾って来て育てた  田の畦などを廻らぬ  田の交錯して居る  田の草をとりに出かけたっけ  田の水の中で草とりをしたっけ  田へ流れて行きます  田へ石油ながすんだ  田の畦へと落ちて行く  田の中ながらそこだけは草も生えない  田を打ったか  田の畔に置けという  田はよく打ってあったが  田の境もなく一面に打ちのめしてあった  田や畑の其處此處に燒け殘りの黒い木の株が立つて居る  田のへりには  田に澤山見えて  田の事を心配している  田を作れといふ  田に溺れず  田と家屋敷が殘つて居た  田は乾き  田となり  田を持ち  田を耕作する  田を耕し  田に出て働くか  田なども少しはあるが  田が尽きて  田から瞰下ろした  田なども作ってあり  田の中をうねうねと延びて行く  田の中にたった二人淋しく立った  田に水はあるか  田が出来ていて  田に水はございます  田を班けられる  田が作られないからではない  田はわられなかつた  田の畔をたどりたどり  田を作ろうかと思います  田など無くなっても  田をよこぎって  田もかくれぬ  田の中へとびこんでひっくりかえった  田の中を見た  田の中にめりこんでいた  田の中をわたり  田を開き  田とかいうものが注意して  田の畔をいい気持になって  田の中の路が不規則にうねって  田では蛙がそうぞうしく啼いていた  田の中においでなさる  田の畔を通る  田を起している  田は荒され  田へ水が引きたいといって  田の蛙の鳴き交す  田を作つて居る  田の上に下りて来ぬ  田の中に埋まっていました  田や畑の中で朗々と易経を唸りながら  田の畔や生垣の間の道を歩いて  田をこそ作れ  田も造り  田の草取りの季節らしい稲妻のひらめきが  田を十町作れる見て帰りこんや  田の畔に植ゑる豆を自分の私得に貰つてるので  田の字も知つてゐたから  田の刈穂も実のりよしと知るへし  田でこれから百姓をすると  田が数十頃あるが  田は稲を刈る  田でも打って助けろ  田はずんずん潰れて  田の畔を越えて  田の十町も所有して  田にはよく稲が育って  田を植うる  田に立つ  田の中にいた  田は実のつてゐる  田や畑で働いていると  田になった  田に働いている  田へ出て  田から上った  田の中に腐った  田の仕事を忘れて  田を見渡すと  田の中へ突きのめされはしないか  田の中に投げると  田の向うに一かたまりにかたまって見ていた  田を踏みにじられた隣りの  田の中に入って行って  田を見せて頼んでも  田のことより知らない  田を見に出た  田ば見てきました  田の引水をせきとめて  田に旧い餅の様な亀裂が出来初める  田へ水引く阿  田などもたくさん持って  田に水をよこさない  田に流れ込む  田が滅茶滅茶に踏み荒されてしまう  田作るべき所多ければ妻子を伴れて  田から田へと落ちる  田の植附をしたり  田を植附ける  田を植附けたり  田を持つ  田の線からなる  田を眺めて洩す  田を共同で借り  田の稲刈までの食い  田の出来の悪さを吹聴し合う  田へは殆ど出ない  田を全部刈り上げた  田ばかしじゃありませんか  田も水底に見えず  田の進行も遅遅としている  田の中でまだ稲刈をしている  田はまだ刈り上らない  田の稲を刈っても  田の稲も刈られている  田の中へ複雑な線で入り浸っている  田を見ていた  田かも知れない  田もあった  田を暴らす  田を持ってるさ  田から穂を咲かせて  田に埋めた  田の植付けをしている  田を作り  田を借る  田に水入れその経に向い祷るに  田を作らず  田に瓢一本生じ  田と地名を生じたと出るなども  田の畔道を踏んで行くに  田を害する  田を荒すと  田をかへす  田賣つて金にして  田なら田賣  田もあの青六に取られ  田から畑から家屋敷道具まで吸ひ込まれて  田が落ち込んで  田も家も流れるし  田を二十頃買って  田の畦に蟋蟀が唄う  田なりの片隅に土山を築いて  田の草を取つて  田を作れば  田や畑をかりているので  田を見ても  田のみのりの悪い兆と見  田のそばまで出しての  田の畔をたどり  田が幾町山がこれほどある  田の中にざらにたくさんいる  田を持って  田を借りて  田をたがやして  田のなかで草をとっていた  田から田へとさがしてまわりました  田を作れって  田か畑にするらしい  田の稲の刈り取られた  田に又は牧場にひろびろと咲き満ちて居る  田ぶしんの石垣つめば  田の中に小さな雑木林があつてその中に拙宅が建つてゐる  田に鳴く  田につづく  田を二百畝も作る  田の草をとっていて  田の中に浮く  田の水があふれ  田を作れか  田には大な鰌もある  田かりける童に襖をかりて  田の麦が腰をたてない  田の草は私たちの人間性をさします  田に植えて  田に蒔かれて  田の上に釣り下げ  田を何町歩持っている  田が二段歩あるだけだった  田と畠を買い集めた  田を買った  田を買うて  田じゃなけりゃどうならん  田を持っていた  田の中へ脚をずりこまして  田ばかり買って  田と畠を頼母子講の抵当に書きこみ  田を売って  田も畠もない持たない  田を荒らして  田を入れるとて  田も畑もすべて借金の抵当に這入っていた  田の間を歩きながら  田もある  田の用水は保たず  田や畑の畝歩へは入っていめ  田と畑の持つ  田のある  田のなかを貫いて  田の小径を渡り  田の方で笛の音がする  田の泥を塗られる  田の畦を逃げ廻る  田の代掻きをする  田に関係がある  田も見えた  田の数がずっと殖えた  田の水もウルミが多くなってねえ  田の草を取って働いていた  田と田の境は例の石垣に成っている  田の土をすこしナラし始めた  田へ両足を投出しながら  田だの未だ刈取らない  田の中には黄な籾の山を成した  田の中に居る  田の中を探し歩いた  田と田を区別する  田からあがってくる  田で啼く  田をつくつている  田となりたれど  田に囲まれた  田へと灑がれていた  田の中へ踏み込もうとする  田を隔てて  田の一反でも持って  田のかりほの  田の境の溝には藺がツンツン出て  田の畦などへ摘みに出でて採り来り  田に往々低い茎のあるいは立ちあるいは横斜した  田の中に残れるを  田には浜荻が生活している  田があるから  田のところにいくつも滝が出来ている  田をつくった  田の中をこいでも  田をこね  田の畔から見れば  田をこねて  田へ這入つて  田の畔での農夫と農婦との野合からはいった  田も畑も街道も見えなかった  田を埋めて  田を耕していると  田や畑へ出て行って  田を耕しに出た  田や畑を合わせたほどの  田を焼く  田は敗れました  田を耕させた  田と田のあいだに陥穽を設けて  田が在る  田に水を引くといふ  田を眺め  田があきるまで見渡たせるほど  田もなければ畠もありません  田の中に埋まったり  田の水う引っかきまわしながら  田や畑を開墾してゐる  田あり畑あり  田を打ちかへす  田の草取りをしましたよ  田のふちへ立つてゐた  田に出て  田のへりへ出ると  田を見渡す  田で稲を植えて見た  田と云ふ  田や畑はもう少し余計に貸して  田も同じに差別なしに税をとる  田といつて居た  田に淀む  田や畑や竹藪の中ではなかなか用が足りない  田から道へ出る  田はちっとも水をうけない  田の虫と言われて居りまする  田を抵当にするって  田の畦にも大根が一ぱい干されている  田に引かる  田に出  田から上がってくると  田も遣らう  田をはしりぬけて  田の中に見えた  田との間にさしかかり  田にして  田でも畑でもないものになってしまって  田から水を引くと云って  田を作っていたという  田をはむ  田の行事のはじまる  田の精靈に祈るよりは  田の中に竪てた  田を続けて  田を植え残す  田の泥にまみれていませし  田の浜へ婿に行きたるが  田となれり  田の中に家鴨の子が田螺を拾つて喰つてゐると  田うなひに出て  田の稲を眺めながら  田に稲がなくなると  田の中から跳ねて来て  田の中が自分の家だと思つて居たら  田も売らう  田を売  田の稲が黄ばんでも  田の畦の横を犬のように四つ匐いになった  田を作れ  田の中に住んでいる  田を作ってもいた  田を作つておられた  田の畔を毀し  田が見え  田も畠も余るほど  田の稲は伸び伸びと育っていた  田の畔同樣の一の荒い浪が來れば倒れる  田の畔に疫病除けの  田の中に投げてしまおうとしましたが  田の行事なる鎮花祭の悪霊逐ひの  田の祝福の田楽とを混淆して  田ん中へ這ったって  田に一草の晩稲を作ってある  田に水を与へる  田を荒した  田に関した  田の行事や作がらを祝福する  田を元の如くする  田を耕すとか  田や畑は砂にうまつてし  田が續いた  田に往き返りの  田の中の畦道に立つて  田の稲と照りうつる  田に往返りの  田の中の畔路に立つて  田に水を引き  田には萱し靡けば  田の穗の上霧合へりしかすがに月夜さやけみ  田に鳥網張り待ちこのよひの  田に少女子据ゑて刈る  田をこえてにげて行くや  田刈る子や沖榜ぐ蜑が妹にしあるらし  田も蒔かねばならず  田にまかぬに  田の晩稻刈るべくなりしかば  田に水はたまれり  田の霜のふれ  田に霞わたれり  田のくろにふとしくさける  田のゆたかにめぐる  田の稻を刈ら  田が青々していて  田や畑の方を働き  田に用ゐるらしい  田にも川にも沢にも湯がにじみ出ているという  田を寺からかりて  田の畦でもピクニツクをはじめる  

~ 田[名詞]1
二反七畝ほどの田を  一反九畝九歩ほどの田を  山奥にも田が  裾をからげて田の  畑と田を  百姓は田を  さへつけては田の  子を負うて田の  家があれば田が  麥の田は  音立てて田へ  麦の田は  つた者の田を  細流や田の  蝸虫よ田も  畠で遊ぶと叱られるから田へ  稲刈後の田へ  泥をあげて田を  畑や田や  八反歩ばかりの田を  母親が切りかえしている田の  方の田など  気を取り直して田へ  今後は田の  年毎に田が  自分の田で  地方には田が  家の田の  春の田をか  僅かばかりの田が  高低を成して田が  畑も田も  どれが田  風が田の  イとしてゐた田は  此の田の  窓から見える田は  なり洗濯塲ともなれば田の  前の田の  田圃に散らばって田の  野良に出て田を  長者の田は  龜裂を生じた田も  數へても田といふ  それを田に  時に田に  二成は田を  裏の田には  暴れで田も  真っ暗な枯れ田の  げんげん田も  蓮華の田に  蓮華草の田の  蓮華草の田が  一里あまりの田の  田と田との  近所には田が  谷間は田や  ように区切った田の  町や田の  地の田を  畑や田を  間に田を  一畝の田を  はつきり見える田の  春の田の  田螺は田の  家屋敷も田も  小作は田を  奴隷にも田を  五段歩ほど田を  東南に離れた田の  街道をへだてて田の  前に田に  村では田に  埋め立ての田が  沼が田に  水引き地蔵は田の  こちらの田だけに  牛馬を使って田を  牛馬を田に  子供に化けて田の  足に田の  社の田で  病気で田の  男の田に  米を作る田へ  杖をもって田の  手が田の  石に田の  今では田を  卑湿となるにつれて田と  処女が田の  此方の田や  年の田の  人民一般は田とも  周囲の田も  それが田や  こっちの田からも  池は田と  ばは田  ものとなった田へ  自分の田の  そうだから田を  表に飛び出して田の  池も田も  百姓は田の  師弟ともに田を  片方に田は  水が田へ  目の下の田までは  男は田を  十三俵上りの田を  絶望された田の  麦畑や田の  うちに田が  汝の田は  かなたの田の  命は田を  村の田に  案山子を田から  田の神の田から  山から降りて田を  病い田の  正月十一日の田  のが田の  後々水口から田の  これを田の  田の神が始めて田に  社日に田の  自分から進んで田に  今でも田の  子孫の田より  のは田の  日までしか田の  日に田から  これを田から  畑や田の  水を田に  一面の田は  畑とか田が  小作人の田では  己の田は  他人の田を  すほどの田を  提灯が田の  一帯の田や  そこらの田に  両側の田に  僅の田が  鴫が来て啼く田が  くりや田も  間に田が  鴫は田の  鴫は涸れ田  瑠璃鳴く田は  外を田に  夕立や田を  人の田と  程鳴く田の  右側の田は  形をした田にな  沢山に鳴く田の  雁の鳴く田は  ぜんたいここらの田や  うちの田を  学校の田の  今日学校から帰って田に  そうにして田の  落し口は切ったし田の  所属した田から  みんな兄さんの田  松江に田を  物と田の  一緒に田に  田舎で田の  小村で田が  其は田  一年中の田の  此を田の  一本道が田と  山々も田も  ルイキユウの田が  麓から田の  渺々として田を  向こうの田に  水背戸に田  水も田に  六区は田  家來の田  此国の田の  方の田の  神が来て田を  稲を作る田を  麓に田  秋は田から  麦の刈込みや田の  路筋を田の  人に田を  平らな田と  時自分の田を  あたりの田から  平生寂寥の田の  家をめぐり田を  山あり田  子も田を  此を田に  百姓たちが田の  土地をかしてやって田を  稲の田の  川に添った田や  草地へ田を  植ゑ残した田を  村の田の  足を田の  川下数十ヵ村の田や  枯色の田の  ふだん村でも田の  一緒に田の  われわれの田に  くらゐの田  足許に田の  ものを埋め立てて田と  郭二頃の田  沼やら田やら  炎天の田の  明るみを映す田の  人を使って田を  三町の田の  方の田は  道ばたの田の  道を横切って田に  一人耕すべき田とは  左には田や  虫送りは田の  秋の田の  早天から田に  みな田の神を田に  お昼を田の  二毛作といって田にも  春になりやっと田の  ように田の  行く先には田が  まわりの田に  地方で田に  上流は田へ  右の田の  ために田には  石油を田に  文次郎の田の  古川あとの田は  おのおのの田の  位牌田と云う田が  隣の田を  式で田なども  らに立ち田を  のか田に  植ゑたばかりの田の  肩にして田へ  そこの田の  川にも田にも  岡は田と  林が田に  連つて居る田と  ものに田を  そこらの田や  あたりには田や  裏へまわれば田や  ままで田の  誰が化かされて田の  蝸牛よ田も  先鋒はすすんで田の  島に田を  冬がれの田の  ものの田  帝に奪われた田  陸が田に  下は田の  道は田を  収公の田の  花盛りの田の  湿りがちな田の  遠くの田へ  幼児を寝させて置いて田の  今年苗代にしようと思う田に  時に作る田の  つてゐる田の  畑作で田は  一段歩ほどの田を  ヴイヴイと田の  自分の田へ  山の下の田という  らの田に  時に田の  左右の田の  同前の田へ  私は田の  畠や田の  大の田より  二人で田の  暑中休暇の田の  となりの田へ  ひとの田へ  址という田の  三升ほど搗いて田の  餅はなくなり田は  大小の田の  詩をつくるより田を  農夫は田に  これは田と  詩と田では  詩の田では  詩が田では  詩も田では  田の田  許の田と  田部とは田を  自己の田を  自分の借りた田に  所謂餓鬼の田  餓鬼の田から  前には田なども  四方の田にあたる  裏の田に  ところにある田を  でたらめに田を  それから乾いた田を  車からとびおりて田の  上にして田の  相手をかついで田の  水草などが生え繁って田などは  辺に田を  裏の田とかいう  雨上りの田の  そこらの田では  四人目に田を  自分の田を  二頃の田  常陸には田をこそ  島つ田を  田といふ田には  二三年前から田の  字も田の  六段の田で  門前の田は  畑や田は  代までは田の  天気つづきで田には  われは田に  途中の田の  畑か田に  それが田に  三時半頃から田へ  不意に田の  穂を田の  実りかけている田の  畑か田の  近所の田を  兄弟が田の  大井子の田に  自分の田に  島に田  田から田へと  田から田へ  女子が田の  落ち消えた田の  早米の田を  空を見上げ田を  自家の田の  自分らの田を  山と田ばかしじゃ  久左衛門は田の  あなたの田は  山裾の入り組みが田の  自宅の田  ここの田かも  よう見えた田も  慈悲の田  善心の田  自分自分の田から  之を田に  男がわりに田の  一町の田を  一町ずつの田を  光勝自前の田に  法蓮は田を  法蓮の田に  田なら田  村はずれに肥えた田を  路すがらの田の  畑なり田なりの  前に田を  土用に田の  向こう側なる田の  往来を外れ田の  先方は田が  長者の田を  そこらの田の  ことで田の  詩を作るより田を  ここらは田や  停車場とて田の  許り田を  桜井君は田の  門さきの田に  其處に田が  豪雨に田の  前の田に  これが田に  因を田の  方に田が  七畝の田を  額ほどの田を  自分の田じゃ  近くに田を  畠や田ばかり  家の田と  敷地となる田も  伊三郎の田を  跡の田の  稲の田も  あすこは田や  二十町くらい遡って田の  此の田  後の田は  彼女達につかまって田の  跣足で田の  云ふ田が  牛を遣って田を  稲の黄ばんだ田も  日蔭に成る田には  昔と違って田の  糯を作った田  田と田の  鍬を執って田の  近くにある田の  辰さんは田の  刈乾した田だの  向うの田の  向うの田に  田と田を  草をとっている田から  声鴫は田で  余計に田を  一半は田と  四方を田に  前の田へと  右側の田を  ものが田の  苗を田の  水に湿った田に  僅ばかり田の  一畝歩ばかりの田には  まわりに田が  石垣や田の  昔裏の田を  晝間まで田を  そから田の  彼處の田の  中で田を  ノツシノツシと田へ  城下の田や  自分所有の田を  息子兄弟が田を  頃に田を  村中の田や  冬期に田を  土手に添うて田が  沢を渡り田の  ところに田が  汚れ果てた田や  やうに田を  沿線の田といふ  斜面に田や  馬に挽かせて田を  後退りして田の  畑や田に  森から田を  どこかの田で  沢山の田と  青山隠田の  藺の田に  畑や田から  用水として田に  時は田も  平野や田を  畑と田との  天候不順で田も  畑をつぶして田に  そこは田でも  今までの田から  荘園を貰って田を  バラモンの作った田を  三つ四つ五つの田を  一家に属する田に  海岸の田の  方今は田と  家鴨うしろの田の  留さんが田  前に立つて田の  幾日も続いた田に  親蛙は田の  蛙は生れた田の  穀倉は田を  詩をつくるよりは田を  森や田の  大神が田を  葉がしげっている田が  横の田の  それを引っこ抜いて田の  三十俵つけ一まちにまとまった田に  天上の田を  山や田に  青萱と田の  秋の田に  二十八日秋の田に  づ田くが田の  秋田に田  むぽゝの花春の田を  秋の田も  紅葉せり秋の田の  此ごろ冬の田の  冬の田に  繩手をくれば田の  われわれ百姓は田を  達三は田や  川へ陥り田へ  前の田を  裏の田の  どこの田の  

~ 田[名詞]2
柔かい田  この田  再び田  その田  我が田  ところどころ田  あの田  一心に田  ようやく田  ちょうど田  久しく田  始めて田  もう田  折々田  段段田  狭田  青い田  ない田  おし田  ことに田  かえって田  どの田  広い田  平常田  しばらく田  狭い田  一度田  ほどなく田  時には田  丁度田  やはり田  段々田  深い田  もはや田  少し田  冷たい田  いくら田  わが田  早い田  常に田  細長い田  いかにも田  まあ田  一気に田  まだ田  そのまま田  くさい田  近い田  多分田  小さな田  やがて田  たとい田  更に田  遠い田  いくらか田  おなじ田  よし田  

複合名詞
十一田  田舍  田舍町  田伍作  田草  植ゑた田  つて田  田舍暮らし  田甫烏  田甫  田市  槍田氏  槍田さん  田舍もの  寺井田  田疇  田船  田舍藝者  田舍婆さん  田舍婆さんたち  田舍道  田舍相撲  田為事  腰折れ田  田起し  桐木田  作り田  素田  田舍坊主  田畝  與田さん  與田先生  田蓑橋  世田ヶ谷  田畝道  田舟  一田福次  世田三郎  田襄子  田数帳  田舍者  田甫道  兵田弥介  兵田  田稲  鴫田  新開田今朝  荷田大人  ぴつかりこ田甫  ちの田甫  案山子夕やけ小やけ田甫  泥だらけ田甫  田さ行ん  田さ真っすぐ  田舍家  田行燈  田舍育ち  田舞  田五作  田花  田みたい  草田  田万  田鴫山鳩  田豊  大将田豊  班田収授  つた功田  荷田  一田舍娘  田猟  田官  田母澤  土木農田  田吏  田畦  農田  田横  椛田敏彦さん  田甫路  田宅  いま田宅  蟻田博士  ぎゃんぎゃんやかましいことをいった蟻田博士  蟻田さん  旧師蟻田博士  蟻田博士以外  蟻田博士邸  蟻田博士邸内  蟻田先生  研究家蟻田博士  蟻田博士発見  みんな蟻田博士  蟻田博士たち  蟻田艇  蟻田博士隊  蟻田艇ただ一台  蟻田  蟻田め  蟻田隊  美事田舍もの  蓑田胸喜氏  蓑田氏  錆田  中田甫  好き田甫  泥遊び田甫  家田甫  ガラン田甫  田さん  早苗田  田霧姫  田火有レ時拾二  世田ヶ谷中學前  田甫畦道  田ごと  田臭  田苑五十万頃  田ンボ道  先高田  田月  頃田月堂  田月堂  樫田  云つた樫田  諏訪田  田君  田栄  私田  田二段  班田  鳶田  田溝  田氏  豪族田氏  かな田甫道  田毎美津江  夜田毎美津江來  松林田疇  みんな田  田舍みち  田何  千枝田  田舍口  御子田  彦屋主田心命  皮田  田毎  田鴫十三  田畔  田八  姨捨田毎  田舍訛り  田舍丸出し  冬田  田舍シュウリン家  田郡  田舍紳士  田舍武士  六里ぐらゐの田舍路  作つた田舍  結果田  田社考  田嶺炬燵話  自身田  朝一遍田  旗田邸  今朝旗田邸  旗田  旗田亀  旗田さん  旗田氏  旗田先生  旗田邸内  一びやう一びやうとうつりゆく田螺田甫  水がれ田田  鳥鴫ア田  鳥田  田舍路  千町田  伴田  伴田さん  お伴田さん  青年伴田氏  伴田氏  皆伴田氏  伴田氏同様  田産  段段田  訳語田  田阪  きのう田阪  譯語田  田舍語部  淳葉田瓊入媛  渟葉田瓊入媛  田舍人  田舍娘  タロ芋田  歸つた田舍  田根小學校  田打ち  比田  比田さん  なに比田  比田さん比田さん  つまり比田  親類取扱人比田寅八  大方比田さん  比田自身  間比田  時分比田  比田たち  山木田様  田舍言葉  田舍新聞  やつぱり田舍  つて田舍  杢十田五作  桐田  一田家  田里  旗田警部  警部旗田  田ンボ  冬田さん  田主  さ田舍  田舍景色  蓑田先生  田舍ぢ  昔田舍  田ども  田福  田三反等  學田  田單  田一頃  祭田  田延年謂  葦田さん  張爾田  蜻蛉田  龜田鵬齋  田庄  此木田訓導  此木田  此木田さん  與田  此木田父爺  言つて此木田父爺  荷田春滿  世田ヶ谷東北澤  世田ヶ谷代田  殆ど田舍  蟇田素藤  樫田さん  實田舍  田舍暮  田芹  一度田舍  田単  世田ヶ谷街道  谷間田  此頃谷間田  散々谷間田  ハイ谷間田  テ谷間田  谷間田貴公  谷間田探偵入来  なほ田草  畑いつか田  田草取り  裏田  田草取  一貫田  荷田重吉  田一枚  田さ  一田  田隴  草田花子  みな田  払つて田甫道  田苑  当時田ンボ  祖田祐子氏宛  祖田祐子氏  五段田  川田  世田  二年田舍さ來  いくら田舍  敬田院  田財  田舍出  蟇田素藤南面孤  佐伯田博士  佐伯田さん  田あれ  代わり田  墾小田  年々田  夜行田  田ン中  田樂  田毎哉子雲雀  須婆田車六  須婆田弓子  須婆田さん  本名須婆田ウノ子  須婆田  籍田  つてアンドレ籠手田  位牌田  田鴫  田舍びと  田鼠化為鶉  自ら田  棉田  田鼠  田物  たこ田  処々田  世田ヶ谷自動車隊  試驗田  田全部  世田ヶ谷近く  田簑橋  田毎大尉  長久田  心田  田舍迄行き渡つて  田池  志保田  一たん田  田又兵衛  童子田  田舍風  イギリス田舍紳士  於加田  家來藤田  赤色田鶏  浅草田甫  輪田  老女輪田  輪田夏子  主婦輪田  殺人女輪田夏子  先刻殺人女輪田  高輪田さん  高輪田  サア高輪田さん  一寸高輪田  時高輪田  サア高輪田さん秀子さん  ハイ高輪田さん  ナニ高輪田さん  オヤ高輪田さん貴方  高輪田氏  高輪田さん千円  殺人女輪田  牢死人輪田夏子  老婆殺し輪田夏子  且殺人女輪田夏子  輪田夏子さん綽名松谷秀子嬢  件イヤ輪田夏子  まんま田畝  尾張田  大雪田  此雪田  応桑田  班田制度  昆田  田何而上  田鼠化  田舍宿  備後国福山皮田三吉村三八九郎  皮田役  躬ら田  田舍大盡  濁り田  冬田様  田畝あたり  田水郷  田心姫  冬田一面  田蓑島  旅衣田蓑  わせ田  宛然田舍  田廻り  荷田大人以来国学  田綿  行つた田舍  對巖田洞雲二山  所謂田威  所謂田池  毎日田舍  検田  ことろ田甫  木田甫  二つ三つ田  跳ね跳ね田  田邑  三人田  一田アキ  田九郎  田ン圃  田ン圃道  龜田次郎  福井貂田思想  福井貂田  田舍者いなか者  此濱田  太夫樫田阿波守  樫田氏  百姓茨田郡次  茨田  比田小伝次  茨田軍次  二十八日茨田  茨田郡次  河内茨田郡門真三番村百姓  田舍者みたい  田ア何處  田ア  唯今布気田  田宅將  此良田  田畝路  簑田  田舍村  おくて田  このごろ田  ろ田  時分田  田近く  田清  田三百畝  日頃田草  草田杜太郎  樫田喜惣次  樫田喜惣治  田舍版  尾上田  二ツ田  田齊  連田萌子  なんぼ田  小才田  丘田さん  丘田医師  丘田氏  丘田  府下世田ヶ谷  田甫ぢ  土蜘蛛田油津媛  所謂土蜘蛛田油津媛  昭和十年四月世田ヶ谷  妹田農場  田芥子  その他田  田舍行き  一體鹿田  つて田舍風  死田化  今原田  麥田  部分田舍  儘森田  田舍菓子  先づ田舍家  此辺り田  須賀田  伴田五郎  さつき田舍者  田アちゃん  田甫なか  津輕青女子田舍唄  田舍唄  田舍びた滿枝  ところ田打ち  田ア忙  田掻廻  それガラ田畔サ  田畔ガラ  田サ  昭和三年六月・世田ヶ谷西山EOS  槇田  今井田  田水  頃一田アキ  甫田  任士田  部落奈良田  田徳荘  ヌルメ田  田用水  堺田  籠手田さん  かぎり旱割れ田  わさび田ここ  それわさび田  づしき田舍  一九三五年四月世田ヶ谷  田門武雄  田舍酌婦  木村對升田  田普請  田傍  田傍地蔵  膏田沃野  ため田舍暮し  通り世田ヶ谷行  田舍びた  我田  博田  胆田  二段田  田舍訛  田蜘蛛土手蜘蛛  田一面  國府田  國府田志願兵  國府田さん  田召理事長  たくさん田  樫田武平  複写業樫田武平  田七郎  本寺田  世田ヶ谷北沢  こと世田ヶ谷  田舍屋  田樂師  田樂法師  毎日田  つて了つた田  尾田吾田節  やす田物語  所謂班田  田潤古事記評釋  坂下葦田  菟田  郎女茨田  連茨田  堤茨田  王茨田  三宅茨田  島佐那葛漁田  田夏草  神八田八咫烏八咫  輕骨田  一等田  田舍芝居  班田法  田祭り  蘆田下野守  田舍女ぢ  田潤さん  彼此田舍初段近く  霞田菜  水不足あか田  吾田  づ田  歌五首おくて田  田雀  やつ田  耳菜草あら鋤田  田の  竪田  虎御前こと丘田  田畝畷  草田惣兵衛氏  草田静子  草田氏  草田さん  いつか草田  草田サンガ  田ン  田染行き  田染  村嬢田婦  輪田岬  田舍酒  溜つた田  江戸浪人榊田六左衛門重能  田舍物  



前後の言葉をピックアップ
ゾーポリチコン  ゾーラ  ゾール  ゾーン    田の上    タァヴァン  他愛  たあい


動詞をランダムでピックアップ
うちかえすすわる謀り撰べ染め抜きやり直せるひあがっ吹きまく縮みあがら討ち果そ喘ぎ弄する俯せ泣きつい香る恵む見惚れれ済む売りこむ匂わし
形容詞をランダムでピックアップ
歯がゆかっまだるっこ潔う遠慮な面倒臭くっ細長くけだる心もとなき宜しかろおそろしかっゆかしつらから厚かましゅうあらう気忙し多かれあほらしくあらあらしくよんどころな