「甕」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
甕を取りおろし  甕のすがたをのこしてゆく  甕が蓄えられ  甕を備えてる  甕は破れ牛乳は流れ去  甕のごとくはれあがっている  甕の底のおりのように層積している  甕がある  甕に醸みし  甕に醸した  甕の中に匐隱れぬ  甕の中に人あり  甕が埋けてある  甕の山を築いたが  甕の山が爆発したら  甕の破片が空高くうちあげられ  甕をかついで  甕に一ぱいある  甕をよく見かけた  甕をいろいろに動かし  甕の中にはいりこみ  甕を伏せてしまいました  甕も取出されていました  甕を取り囲む  甕を奪って飲みはじめる  甕を廻して飲む  甕を抱きて走りしが  甕はわれぬと  甕の賦火の氣も絶えし  甕は碎けたり  甕の身にも感ずるや  甕がさかさにしておいてあるでしょう  甕を先に立てて  甕が作られた  甕の婦人来り  甕の中に貯えて置きます  甕の面を覗いた  甕は夕方から庭に持ち出して  甕の口を覆ひ  甕は土中に作り据えてあって  甕から出た  甕のふたならび  甕の底に俵や菰が敷いてある  甕の下にこぼれてゐる  甕を開ける  甕の底を打ち鳴らして  甕のように深く刻まれていた  甕の横に隠しておいた  甕からこぼれた  甕の水が夜間の放熱で表面から冷え  甕にも似たる  甕の中から汲み出す  甕の酒はもうなくなりかけたのに  甕へ落ちて  甕から這い上る  甕へ落ちる  甕へ落ちてから  甕がづらりとならんで  甕が幾つも並んでいて  甕にも緑の酒があふれ出し  甕に入れて  甕を下僕に負はせて  甕だけでも敵に渡すまいと  甕を埋めた  甕が今にも川へ落ち  甕のようなものを抱えていた  甕の水を手にすくって  甕をうけ取って  甕の水に何かの秘密がひそんでいた  甕から怪しい水を飲まされた  甕のようなものが据えてあった  甕の内には七分目ほどの水が汲み込んであるので  甕の水を幾たびか掬って飲んだ  甕の水を汲んで  甕のなかに入れて置いた  甕の中から出て  甕のなかをあらためると  甕のなかへ帰ろうにも帰られないので  甕が一つ二つは据えてあるので  甕を畑のなかへ持ち出して  甕から首を出して  甕のなかにかの魚を押し  甕のなかからしきりに哀れみを乞うと  甕であることが判った  甕のおもてへ  甕青き甕にはよくコレラ患者の死骸を入れたり  甕なるが我を睨みぬ  甕の首に繩をかけてみたり  甕は根が生えた  甕のふちに兩手をかけた  甕は苦もなく拔け出した  甕の中に溜めていましたが  甕が出て来ました  甕があるぞ  甕をタタキ割るから  甕の横腹を無茶苦茶にタタキ割りました  甕の中へ押し込んで  甕に移す  甕の蓋をとって  甕の蓋をかぶせ終ると  甕の栓をひねって  甕に突きこみ  甕だとかを焼きます  甕や皿や様々なものを作ります  甕を拵えます  甕が据えてあった  甕のことを人に云っちゃいけないよ  甕を見せまいとしていた  甕に入れ  甕が姿を消したり  甕へ落していたが  甕にさわやかな朝日の光を浴びて  甕を頭の上に載せながら  甕の中には木醋から採つた  

~ 甕[名詞]1
神酒を入れたる甕を  酒の甕が  コロリと落ちて甕は  顔は甕の  空気が甕の  件の甕に  一つの甕に  ような甕の  水飴が甕に  斜めにした甕の  上に甕を  老酒の甕も  死人の甕を  女の甕を  陶ものの甕には  肌寒を甕の  八鹽折美酒の甕の  底のぬけた甕が  素焼の甕だの  梅漬の甕を  鉢や甕が  床下に埋めて在る甕の  水が澱んで甕の  貯へた甕は  紗帛で甕の  桃太郎が甕からも  醋の甕の  彫刻を施した甕の  雪花石膏の甕の  ひびの入った甕の  二階のはんど甕の  昼間に暖まった甕の  ざけの破れし甕にも  老酒を甕の  ものは甕の  一ツの甕の  湯を甕に  黄金の甕を  黄金の甕だけでも  黄金の甕が  彼は古びた甕の  彼のすすめた甕の  新九郎もかの甕から  隅にある甕の  それを甕の  少女が甕の  家へはいって甕の  なかで甕から  のは甕の  五石入りの甕の  魚は甕の  それは毀れた甕の  眞青に甕  たまで甕の  売場の甕に  上酒の甕の  方の甕に  片口だとか甕  湯通だとか甕  主で甕や  壺や甕が  泡盛の甕を  私にまで甕を  金ピカの甕に  老酒の甕が  素焼の甕へ  素焼の甕に  素焼の甕を  途端に甕が  背中の甕の  

~ 甕[名詞]2
ふるい甕  その甕  大きな甕  浅甕  この甕  古き甕  古い甕  一旦甕  おいそれと甕  どの甕  大きい甕  まず甕  今さら甕  青き甕  次に甕  あの甕  

複合名詞
松岡甕谷先生  甕色  甕一つ  武甕槌命  搾取つた甕  漬物甕  甕甕  一日じゅう藍甕  藍甕  油甕  糞甕  あまり甕  吾家有二醤一甕  運命甕  藍甕転覆事件  とき甕  甕襲  婦人甕  岡松甕谷  気宇甕  武甕槌  瑞甕山根本寺  雇つて甕  下つた甕  甕蒼ざめし汝  醋甕  染甕  甕棺  一甕  甕中  甕みたい  一飲一甕  甕充満  先祖巌上甕猿  青甕  厨子甕  甕主  甕栗  神連甕  王甕主日子  君甕速日  神甕布都  甕の  皆甕  



前後の言葉をピックアップ
    卯月山        卯太郎      ウァッハッハ


動詞をランダムでピックアップ
埋もる卷いうかがえ据えつけるはせ戻り閃く黙ろ遇おほほえま組めおしだす積ん息巻い行きかかれ出せろ咳き掴めようぬぼれる擦り寄立ふさが
形容詞をランダムでピックアップ
恥ずかしき拙しけぶい胡散臭おそろしくかたくるしひどくうと根強いかわいらしなつかしかっ悪きゃ度し難しねむたかろ古めかしき見苦し温かき暑かっ