「熟し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 熟し[動詞]
ひそかに熟し  因縁が熟し  十月五日機縁が熟し  枇杷の実は熟し  眞黄色に熟し  劃策は熟し  私はどうもまだ熟し  太陽はまるで熟し  眼は赤く熟し  ように熟し  残集って熟し  青年が熟し  淡紅に熟し  決心も熟し  拍子に、熟し  タネリは云いながら黒く熟し  充分に熟し  期が熟し  蛹は熟し  さくらんぼはまだ熟し  つて、熟し  これが熟し  花が咲いて、熟し  機縁が熟し  新年に入りて漸く熟し  内部に熟し  方が熟し  時は熟し  障子には熟し  幾度か熟し  智力の熟し  底に熟し  其が熟し  書體に熟し  さきと熟し  実が熟し  りんごが赤く熟し  枝にあたりながら、熟し  これらすべては、美しく熟し  ふつくりと熟し  小梅の熟し  話をきいていると、熟し  果実が熟し  五穀よく熟し  善光は熟し  真赤に熟し  苺もやがて紅く熟し  柑子が熟し  心に熟し  両側に熟し  どこか熟し  果実もすでに熟し  顔といったらまるで熟し  顔と云ったら、まるで熟し  奈良朝に熟し  機は熟し  様に思はれるまで熟し  位頭が熟し  麦は熟し  地方がよく熟し  下に集まつて、まだろくに熟し  気運も熟し  間に、漸く熟し  日本語として、相当熟し  東洋的言辞として熟し  のはどうも未だ熟し  其処には熟し  當に熟し  イヨイヨ機会が熟し  獨創が熟し  黄に熟し  麥は既に熟し  紫色に熟し  燈火に映って、熟し  これは熟し  寛かに着こなし、いささか熟し  バナナも出してくれたが、熟し  解決が熟し  怨恨がようやくに熟し  女らしさが熟し  拍子がおもむろに熟し  客観的条件が熟し  間柄の、よく熟し  機は、既に熟し  気運既に熟し  色よく熟し  真っ赤に熟し  眼をつけないが、熟し  季が熟し  黄色に熟し  法曹間に熟し  猪股氏は熟し  忠孝と熟し  太陽に熟し  苺は熟し  相談も漸く熟し  から耳に熟し  人に熟し  気が熟し  果実がよりよく熟し  耳にも熟し  時機が熟し  金太郎よりも熟し  店とは熟し  苺が熟し  頬は、まるで熟し  枝には熟し  機運も熟し  遊びかたはあのよく熟し  中から、熟し  耳目に熟し   ┃ 秋には熟し  はりは熟し  いふに熟し  日が熟し  すももが熟し  機までに熟し  中にも熟し  誰もまだ熟し  冬籠りをして熟し  たまが赤く熟し  作戦が熟し  機が熟し  如何に熟し  気分が熟し  思想として、受け容れるほどには熟し  膝にもたれながら、熟し  機会が熟し  策動が熟し  知らないうちに熟し  技に熟し  方が先ず熟し  方は熟し  方がよく熟し  部分は極めて熟し  一面に熟し  下りながら赤く熟し  我も熟し  色、熟し  すさみに熟し  ものは熟し  白雲を呼びかけるほどに熟し  双方ともに熟し  体も熟し  機縁がもう熟し  たしかに相当熟し  思慮も熟し  犬に熟し  計画が熟し  一つであり、かつまた熟し  香りは、熟し  これを熟し  黴や、熟し  胎内に熟し  協同精神が熟し  鉄は熟し  林檎樹からは熟し  僕に、よく熟し  構想がいよいよ熟し  日光に熟し  麦の穂の、熟し  竹が熟し  機も熟し  唐蜀黍もよく熟し  耳に熟し  光景には一方ならず熟し  鹿島さんの如く、熟し  謀議が熟し  雫に熟し  紅にただれて熟し  所々に熟し  頭に熟し  木の実が熟し  空気は全く熟し  文人生涯に熟し  外国思想に熟し  梢へするすると登って行って、熟し  うちに、熟し  機運、まさに熟し  いちじくが熟し  秋に熟し  用意十分に熟し  野葡萄はよく熟し  真っ黒に光って熟し  私はすっかり、熟し  蜜柑と熟し  柑橘類の少し熟し  午後になると、熟し  こどもは熟し  柿の木に登って、熟し  大男に熟し  黄緑に熟し  にきびが熟し  十五の熟し  生理的に熟し  香、また熟し  眞ツ黄色に熟し  実が赤く熟し  現実にもう熟し  刺激に基づいて、熟し  実の熟し  もので、熟し  先に熟し  後に熟し  果実ができ、熟し  考へが熟し  社会的にまだ熟し  枇杷が熟し  実がすっかり熟し  わたしは、熟し  其機運が熟し  実も赤く熟し  それが熟し  一つ、どうやら熟し  程に熟し  伎倆も略熟し  畑にはもう熟し  たしかによく熟し  木の実の熟し  アカデミズムは熟し  そこへ美しく熟し  つて來た熟し  豊かに熟し  葉は熟し  事がまだ熟し  みごとに熟し  車がきしって、黄いろく熟し  野の黄いろく熟し  店に熟し  やまなしだよ、よく熟し  やつぱりやまなしだよ、よく熟し  柿なども、すっかり熟し  柿は、もうやわらかく熟し  プランも熟し  計略が熟し  頬なども熟し  詩藻全く熟し  其企も既に熟し  亀卜に熟し  それが見る見るふくらんで、熟し  気配が熟し  観察のなお熟し  実の赤く熟し  斜陽に、熟し  早稲まさに熟し  状態が既に熟し  尤も熟し  徳川氏以後世運の漸く熟し  考え方が次第に熟し  工芸に熟し  弓馬に熟し  訓練に熟し  法機漸く熟し  枝は熟し  目のあたり飴色に熟し  色なぞはつやつやと熟し  ちょっとさわってみると、もう熟し  日が、熟し  加持渉入と熟し  茄子は熟し  果樹の、熟し  ものであるか既に熟し  ことに熟し  願ひも備はり、熟し  戦機いよいよ熟し  銃隊に熟し  夕方には、もうあまく熟し  柿はすでに熟し  音楽に熟し  戦機は熟し  葡萄も、熟し  もう少しで熟し  ようで、熟し  團體生活が熟し  道に熟し  時がまだ熟し  気運が熟し  頬と熟し  明星を生み得たとは、随分熟し  内に熟し  實が生り、熟し  明かに熟し  自ら成長し、太り、熟し  ように丸々と肥って、熟し  庭に熟し  三四本ほど、熟し  機能の段々と熟し  木の実が紅く熟し  いま黄いろく熟し  



前後の言葉をピックアップ
  熟議  熟語  熟視  じゅくし  熟思  熟柿  塾し  熟柿臭い  熟柿臭き


動詞をランダムでピックアップ
みあたり笑め施せ忍び寄かけよっかどだついらだた追い越す掘りださでき額づいくり抜くほせよすねる表立て言いつける思いだし噤む差し出す撓り
形容詞をランダムでピックアップ
妬ましかっ青臭いあかるくいぶかしかっ白くっ気遣わしゅう生温うるわしかっただしく手強く美味き醜う悪く自慢たらしく片腹痛根ぶかい思い出深い細しやわしさむく