「煮」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 煮[動詞]
哉、煮  何を煮  一返善く煮  のを買ってきて煮  白粥を煮  粥を煮  自分で煮  菜葉を煮  それを煮  夕飯は煮  蕗を煮  茗を煮  飯を煮  大根は煮  筍を煮  好きだから、煮  晴彦は煮  野菜の煮  グズリグズリと煮  いもを煮  宅へ参り煮  私は煮  松茸を焼いて食べ煮  午後は煮  おろしたり煮  馬を煮  なべ料理では、決して煮  文火で煮  んを煮  飮下しようとしたがうまく行かず、遂に煮  刻み野菜等を入れて煮  一寸した煮  うどんもぐつぐつ煮  狡るさうな煮  からねえ煮  大鍋で煮  楽であったが、煮  とろとろに煮  これを煮  ヒジキの煮  めの煮  竹輪の煮  血がついて、煮  醤油をたらし込みながら、煮  これは煮  臓腑を煮  仏地を穢して煮  味の甘きを獲て、煮  お茶を煮  蒟蒻の煮  食物を煮  飮食物の煮  後に煮  土器に入れて煮  中には煮  小商人、煮  あいだには、甘く煮  お菜を煮  上の煮  良人なんて、煮  のを煮  ミルクで煮  蝋で煮  コオフイイを一杯煮  三州味噌の煮  鰈を焼いて煮  柑類の煮  紅花を煮  汁を煮  親子で煮  肉を煮  そのまま高熱で煮  こんにゃく芋を擦りつぶして、一度煮  薩摩芋の煮  かつおぶしの煮  薪で煮  俗に言うあら煮  身を煮  これまた煮  とおりに、泥臭くて煮  早稲を煮  城内の煮  ッと煮  一しょに煮  一寸家まで行って、煮  鍋で煮  珈琲を煮  からからに煮  ゆつくり煮  コーヒーを煮  薬罐が煮  眼刺か煮  期に及んで、まだ煮  栄螺は煮  おでん屋へ入って、煮  老幼男女が、煮  昨晩のお煮  馬鈴薯を煮  卵を煮  砂糖をかり込んで、煮  材料を煮  人参のお煮  釜で煮  半分人間ではあったが煮  物を煮  素麪が煮  大根でも煮  用ゆるには、煮  喰し、或は煮  此れを煮  午後には煮  ヤマベを入れて煮  王九媽はまた煮  油で煮  松太郎の煮  牛肉が煮  穴子の煮  おからの煮  豆の煮  掻傷が煮  魚の煮  鍋に煮  まま一しょくたに煮  うまいところをグツグツ煮  焼魚、煮  カボチャの煮  いっしょに煮  業を煮  くたくたと煮  鮒を煮  薬品と共に煮  腕を煮  葉を煮  どれ粟でも煮  茶を煮  羹に煮  ざいといって野菜の煮  牛乳で煮  残物をぶち込んで煮  豆腐が煮  刻み昆布の煮  三週間キャベジの煮  生は煮  草を煮  草の根を煮  三日にわたつて煮  汁が煮  玉子の煮  なかで煮  何時間後に何分煮  酒ヲ煮  実を煮  ゴッチャに煮  醤油を煮  芋粥を煮  スープを煮  焼き魚、煮  ように煮  牛肉をじゃあじゃあ煮  鰹ぶしを濃かにかいて煮  鰹魚ぶしをその煮  終日そこで煮  そちらのも煮  山菜を煮  粥が煮  酒を煮  楮の煮  業を煮せば煮  鱸を煮  イモを煮  ポンプを持って来て煮  海を煮  様に煮  それをちやんと心得てゐるから、煮  方を吸い込んで煮  牛を煮  ジャガ芋の煮  脚も、やがてじめじめと降り続いて、煮  話に、煮  力で、一旦煮  休みなされると、煮  ようであれば、この煮  神主が煮  半斤ばかり煮  毎日毎日油揚げの煮  遠海ものの煮  芋の煮  店を覗くと煮  芋だったら、どんな煮  それこそ煮  水を注してしまったので、煮  急に煮  汗が少し煮  魚はまさに煮  それは旨いね、煮  生でも煮  肌に煮  ものもあるがね、煮  菜葉一株拾うた、煮  たか菜を煮  時間をかけて煮  二人、煮  味噌汁を煮  なべに入れて煮  魔法ののみぐすりを煮  芋を煮  牛蒡を煮  ガス焜炉へ掛けてグツグツと煮  私の煮  里芋をうまく煮  電気装置で煮  菟芽子採みて煮  そら豆を煮  拍子に煮  馬鈴薯の煮  三人が附いて来たが、煮  おじやを煮  ものを煮  から、煮  傍で、煮  あとは煮  味付けして煮  蟲が煮  お鍋へぶちこんで、ぐつぐつ煮  茄子を煮  粥に煮  一時に煮  肉ではなく、煮  人參とを煮  獨活を煮  塩味とで煮  その間に煮  箸で、煮  横で煮  ささうな煮  大根などと共に煮  からそれを煮  味噌で煮  ウマニに煮  薯の煮  それで煮  肉のただ煮  風味でもある煮  毎日の煮  もの者に、煮  穀物を煮  のが美味しい煮  昆布と煮  五目飯なぞを煮  そうな煮  蜜で煮  村の煮  何か煮  食いねえッて、煮  茶碗、煮  魚を煮  穴、生煮  文体を煮  瓦斯にかけて煮  ような煮  青魚の煮  人質にだし、煮  晩には煮  炉で煮  タヌにあっては煮  菜葉の煮  飯の煮  お粥を煮  まめ粥が煮  おかゆにまぜて煮  豆を煮  顔に煮  酒樽と煮  酒を飲み廻し、煮  君に煮  白汁で煮  松茸でいり煮  色に煮  お前様を、取って喰おうの煮  木の実を煮  部屋様を、煮  うどんにも入れ、ただとろりと煮  蟹を煮  老爺に煮  ワサビを附けて煮  刺身を煮  栗を入れて煮  栗を煮  隅には、さんざん煮  高の煮  山女の塩辛く煮  朝晩おかゆを煮  ももんじいを煮  それを買って来てくれといって煮  初茸の煮  たぬき汁に煮  日にや、煮  人に煮  あたしは煮  クタクタに煮  糊を煮  すいとんだの、煮  銅壺は煮  三角にきって煮  船上で煮  おしるこを熱くし、おぞう煮  お餅を煮  丸で煮  砂糖ばかりで煮  思つたが、煮  飯の生煮  御飯が生煮  筍を抜いて煮  茄子の煮  酢鮹、煮  諏訪湖の煮  小豆を煮  それを小さく切って煮  菜でも煮  人物を煮  ものは煮  総身に煮  汁粉であるか煮  猪を煮  もう一度洗って煮  殺生な煮  たいがいアルミかなんか煮  床几に煮  三角に切って、煮  今でも煮  蒲鉾や煮  鱗を煮  鱗ばかり煮  鱗ばかりを煮  鱈の煮  オナリドは煮  豆とを炒ってまぜて煮  飯を入れて煮  養母に、煮  鶏肉を煮  肴を煮  陰影で煮  たき火で煮  それ等の煮  鰯の煮  牛肉の煮  のを見て煮  其人蔘の煮  中で煮  云はうとして、甘く柔かく煮  黍を煮  掻廻して煮  肉とともに煮  四時間ばかり煮  塩胡椒を入れて長く煮  二時間ほど煮  火でグツグツ煮  強火に掛けて煮  野菜とともに長く煮  弱火にて長く煮  ゼラチンを入れて煮  砂糖を入れて煮  暫らく弱火に掛け煮  柔くなるまで煮  加て煮  気長に煮  砂糖とで煮  ことは煮  二時間ばかり煮  二時ほど煮  能く煮  攪き廻しながら煮  菓物の煮  葱を入れたければ細かく刻んで一度煮  料理するにしても煮  位に煮  中へ詰めてまたよく煮  唐辛を少し入れて煮  一緒に煮  好きほど加えて少し煮  水を加えてよく煮  からまた煮  鍋へ入れてよく煮  醤油とで煮  甘酢は煮  酢と煮  中へ入れ煮  柔く煮  牛蒡その他のお煮  柔になるまで煮  生肉を打ち込んで煮  毒があるといって決して直ぐ煮  生肉を直ぐ煮  それから二時間も煮  湯煮たり煮  翌日取出して煮  たるを煮  味をつけてよく長く煮  皮かあるいは煮  砂糖で煮  百合を煮  寒天を煮  砂糖等にてよく煮  章魚を煮  一所に煮  小豆を交ぜて煮  大豆を交ぜて煮  蒟蒻を交ぜて煮  普通の煮  味をつけて煮  砂糖ばかりで長く煮  底に煮  醤油を注して再び煮  柔に煮  干瓢を煮  お鍋へ入れて煮  三十分ほど煮  イイエ長く煮  味が抜けますし、煮  今夜よく煮  本式に煮  曹達で煮  ホンの少し入れないと長く煮  法にて煮  三日過ぎて再び煮  姫糊を煮  惣菜に煮  御飯を一旦煮  御飯を一度煮  二つ入れて少し煮  今日また一度煮  一時間ほど煮  葡萄豆を煮  栗を含ませ煮  栗の煮  のがあるけれども一度煮  塩胡椒して少し煮  醤油で美味しく煮  蓮根の煮  味淋で煮  汁へ入れて煮  無花果はただ煮  通りに煮  菓物を煮  梨ばかりは煮  風にお煮  葡萄酒で煮  のがありますがあんまり堅過ぎて煮  白ソースで煮  味をつけてよく煮  一緒に長く煮  底へ煮  砂糖を加えてよく煮  ジャムを煮  霜降を持って来れば煮  何ほど煮  何ほど長く煮  皆んな一所に煮  無花果等は煮  風に一旦煮  シチューに煮  砂糖の煮  のは煮  豆ヲ煮  ふたりで煮  誇りにして、煮  駕籠屋や煮  ことで、まだ煮  婆あ、煮  豆とは煮  タッタ一人で煮  お湯を煮  鵜を煮  籠を煮  豆腐汁、煮  吃驚して、煮  里芋の煮  菜を煮  鶏が煮  ひとりで煮  かぼちゃの煮  赤飯だの煮  花を煮  片っぱしから鍋に入れてぐらぐら煮  日には、煮  何かを煮  酒で煮  莢豌豆の煮  何物か煮  野菜など煮  お菜に煮  屋台店でも出してみよう、煮  おなかで煮  お前を煮  イモでも煮  責まれて、煮  何かグツグツと煮  肝を煮  鯔の煮  サシミにしたり、焼いたり煮  笞打たれ、絞め殺され、焙られ、焼かれ、煮  湯を煮  厭味と生煮  土鍋で煮  刺身、煮  肴、煮  絹ごしがいいが、煮  お雑煮を煮  肉、煮  土筆は勿論煮  それから、煮  薬物が煮  観察されながら煮  いもの煮  狼を煮  筒切りにし、生きながら煮  ものか、煮  そのまま直ぐに煮  よう中身は白く煮  唇からは煮  三日にわたって煮  米を煮  おかゆを煮  食べ物を煮  蕪村は煮  しろにあるので、煮  とき、煮  ところで、こうまで煮  ところ、かうまで煮  買つて来て煮  雷獣を捕へて煮  丁子を煮  蛇を煮  肉と煮  酢で煮  狗頭猴に煮  留守中に煮  初めに煮  言に従わず、打ち寄せて殺し、裂き煮  爺婆とともに煮  一掴み入れて煮  サテ、煮  ささげを煮  魚をいれて煮  旦那さん、煮  夜臙脂を煮  茶渋で煮  此日糊を煮  終日糊を煮  燈下臙脂を煮  ロシア風に煮  京都風な煮  カキまわして煮  返事をしながら、はなはだ、煮  色がむらむらと煮  うしほに、煮  來てるでせうよ、どつちもどつちで、煮  大根なども、煮  縄暖簾や、お煮  足へ煮  だんだん焼いたり、煮  切断し煮  薄味で煮  だしの煮  身体を煮  牛肉を煮  私達は生煮  豆腐や生煮  肉は半煮  魚スープを煮  ウズラ豆の煮  乳幼児むきに軟らかく煮  ときリンゴの煮  その後で熱い煮  野菜を入れて煮  呼び出し、殺して煮  上で煮  シッポでも煮  げんのしょうこを煮  誰が煮  玉葱の煮  切干大根の煮  お前に煮  私が煮  料理法によって煮  筍の煮  犢脚の煮  ローハムの煮  材料が、煮  味で煮  とろ火で気長に煮  果物にはあらかじめ煮  刺身に煮  海ひょうを煮  チキンの煮  のし餅十枚に煮  女房に煮  家を守り、煮  理想が生煮  菌デモ一度煮  上から甘藷の煮  いもをどんな煮  鰹節で煮  盛に煮  壺に差出したが、ついに煮  あんじょ、おいしゅう煮  巧に煮  とき母が煮  はんぺんの煮  火で煮  頭がやわらかで、焼いても煮  煮びたしに煮  鍋に掛けて、煮  寒いから、煮  狐とを混ぜ合して煮  灰を加えて暫く煮  それを持って還って、焼いたり煮  汁に入れて再び煮  中に投じて煮  小豆とともに煮  粉を煮  我々の煮  湯に入れて煮  川魚を煮  例外もなく良く煮  果物なども煮  駄目で、煮  魚などのよく煮  鰹節とで煮  薪材にして、煮  兎を煮  づつて入れて煮  汗が煮  薄墨の煮  道に煮  菜の煮  大根の煮  鰹節の煮  残りを集めて煮  朝霧を煮  おろしにして食おうと、煮  平行して、煮  汁に入れて煮  つて、そこで煮  砂糖に煮  物が煮  馬肉の煮  ところがあり、その煮  馬肉屋の煮  砂利を煮  砂利だけを煮  砂利の煮  雨脚も消え、煮  鰹節を煮  竹を煮  やつへ煮  程度にぐつぐつ煮  弟恋し、掘って煮  妹の掘って煮  シンコ溶かして煮  皮を煮  ひき肉を入れて煮  台所の煮  芝海老を煮  これ、煮  わしはこの煮  捏粉を煮  朝夕の煮  黄金いろの煮  うたひ、煮  自分自身で煮  昨日からたんせいして煮  試みに煮  二度目に煮  何日にも煮  鶏卵を引いて煮  それからゴーホを煮  菎蒻の煮  渋茶を煮  独りで煮  のは、煮  ままの煮  ふきの煮  何かゴチャゴチャ入れて煮  時間ぐつぐつ煮  野菜を煮  汁で煮  甘茶も煮  行つて粥でも煮  旅籠屋や煮  賢彌を煮  団子は煮  竹を切って煮  山牛蒡の煮  昆布の煮  吉右衛門は、煮  卵や煮  大勢集って煮  白つぽく煮  水を煮  襤褸にくるまって、煮  声、煮  一には煮  高野豆腐の煮  光が煮  雛を煮  中洲が煮  汁というよりは煮  鏡にうつすと、煮  上は、煮  御飯に煮  幾度も煮  肴は煮  爺さんは頬張った煮  石斑魚の煮  酢醤油とで煮  婆さんが煮  へへへ、煮  女たちにゃ、煮  八裂きにして煮  からちょっと失敬して煮  大どんぶりに煮  台所で煮  表面には、時々煮  真赤に煮  それからダシで煮  庭で煮  薬を煮  渋茶に煮  もので煮  中に煮  紅の煮  後チェンタウロは煮  こなたにては煮  リニエール・パッツオを煮  適ふ、されど、煮  彼等かくするは煮  みなまた煮  二ながら煮  下には煮  町端れの煮  小皿に何やら煮  蒟蒻を煮  性となり遂には煮  烏賊のわた煮  豆腐と煮  自然に開いて煮  タケノコの煮  タケノコメシと煮  ゆ、煮  清汁、煮  カラカラに煮  厨から珈琲を煮  子芋の煮  背負はせて、煮  かきは煮  程度の煮  お粥に煮  一人、煮  お供え物にきまっているから、おいしく煮  やきもちは煮  毒を入れて煮  薬湯で煮  南瓜を煮  底一面に煮  懐の煮  若鮎とて、あり余るほどあれば、煮  片に切って煮  山の芋の煮  一羽ひねりつぶして煮  鍋でぐつぐつ煮  猪豚などを煮  それらの煮  鍋釜を借りて煮  昼は煮  焼肴とか煮  寛大にして少しの煮  一家族が煮  竈で煮  三十分間も煮  弓で落して煮  日本ソースで赤く煮  ものを、煮  海は煮  洗面器で洗ったり、煮  カキを入れて煮  盛んに煮  茎じゃのうて煮  雑炊を煮  ジャガいもの柔かく煮  辛味に煮  薄目に煮  水蜜桃の煮  白蝋を煮  婆さんが、煮  にしんを煮  水に漬けられ、甘く辛くと煮  ところだけとって、一寸煮  たっぷりあって煮  味丈は美味しく煮  コンニャクの煮  女竹の煮  油揚げの煮  いかの煮  糞を煮  だしを煮  路傍の煮  こと、煮  肴を、煮  腸は煮  あんたが取ったら、煮  焚火で煮  今夜も煮  さかんに煮  烏賊の煮  南瓜豚肉ヲ煮  眼玉ではない、煮  竹の子の煮  すっぽんを煮  茶飯を煮  時などは、生煮  葉の煮  鍋に入れて煮  釜を、煮  ように、さっと煮  中まで通っていればいいので煮  藷を煮  時間に煮  砂糖で甘辛くどろりと煮  肉のいり煮  牛蒡の煮  醤油だけで煮  お菜に、煮  コマ切れにして、煮  棚に煮  



前後の言葉をピックアップ
二横山安容之後  二子  二筋道  二里  二重唱  二串  二狗古智卑狗一  二厳青始作一  二部  にあい


動詞をランダムでピックアップ
いらせられ爪繰っ信じろ陣取っ捕まえよ欠い入りまじっつぐない出迎えよ時雨れ擲つずり見詰める出しゃばる検めおえぶんどるたかれふくせせくっ
形容詞をランダムでピックアップ
つましい紅くいそがしくっ微笑ましういういしい辛気臭恥ずかしく欲しけれ粘ししわい永からみすぼらしい恨めしいたい仰々しい力強き小憎らしかっ真白う手早かっ際どき