「煙り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 煙り[動詞]
立ち昇る煙り  私も煙り  息が煙り  処々で煙り  方が煙り  閉ぢて、煙り  上を細い煙り  悠やかになびいてゐる煙り  激情の煙り  火をかけて煙り  蹄に蹴上げられて、煙り  栄華の煙り  淺間山の白い煙り  緑に煙り  無気味な煙り  氣味な煙り  長閑な煙り  ような煙り  巷の煙り  息をすると、白い煙り  彼女は煙り  猛烈に煙り  煙突の煙り  輪を作って湧き出している美しい煙り  静かに煙り  シガアの煙り  のは煙り  数日前は煙り  生命を失ふかも知れないし、煙り  行つて水蒸気の大きな煙り  火山の煙り  雨に煙り  云つて悠々と煙り  香爐からは煙り  大平原で煙り  街に充ち充ちた煙り  上り蒼白い煙り  莨の煙り  喫ふ煙り  光りあるいは煙り  影に煙り  明朗な煙り  興味のない煙り  日頃の煙り  国府津へ赴き、煙り  濛々たる煙り  一つ大きく響かせたかと思ふと忽ち煙り  焚火の煙り  治六は煙り  眼を据えて煙り  ひたいにも、煙り  門口に立って、薄い煙り  蚊遣の煙り  銀河は煙り  香の煙り  面もちで煙り  やうな呟きの煙り  つて、煙り  藍色に煙り  薄黒く渦巻く煙り  割に煙り  後から、むくむくと黒い煙り  噴火口こそ見えないが、煙り  幾百噸の煙り  ものは、煙り  立ち登る煙り  んだが、どうも、あの煙り  雲だか、煙り  雨も煙り  限りを尽くしてことごとく煙り  幾万斛の煙り  雨と煙り  浅間山が煙り  ほのかな煙り  線香の煙り  それは暗い煙り  両手に煙り  頭が煙り  音や、煙り  胸には甘くて熱い煙り  鉄が煙り  それは煙り  から、煙り  彼は、一杯含んだ煙り  ふつと醒めて煙り  落葉が焚かれていて、煙り  炊事の煙り  黄色い煙り  煙草の煙り  五彩の煙り  温泉の煙り  炭礦の煙り  豆腐が煙り  カツレツを揚げる煙り  真白な煙り  ビルディング街に煙り  紫っぽい細い煙り  朝の煙り  匂いの高い煙り  粗朶の煙り  顔とが、うず巻く煙り  ようにうろうろしていたが、煙り  タバコの煙り  放浪の煙り  山焼きの煙り  鼻息の煙り  文明の煙り  彼は煙り  口から白い煙り  蚊いぶしの煙り  軒とともに煙り  気持が重い煙り  なかに紛れこんでゆく白い煙り  姿が、煙り  街が少しく煙り  家内は、この煙り  余韻の煙り  紫の煙り  點けると、煙り  穴から私を煙り  名も次第に煙り  鼠色の煙り  湯屋の白い煙り  どこにも煙り  湯屋の煙り  ような白い煙り  者も、その煙り  中から薄黒い煙り  焚き火をして、その煙り  敵機は黄色い煙り  疑いもすぐに煙り  手をあげると、煙り  十五秒、煙り  大半は煙り  土の煙り  迎い火の煙り  情も煙り  隠亡小屋の煙り  隅に、煙り  注連繩を焼く煙り  しずかに煙り  軒端を見ると青い煙り  幾重を破り尽すともこの煙り  言葉はあるが、煙り  渦捲く煙り  ような細い煙り  港内一帶しら/″\と煙り  いつものように蚊いぶしに取りかかりましたが、その煙り  つて天井に煙り  場面は煙り  雨が煙り  日の煙り  紫に煙り  それがおのずと煙り  一面に煙り  意気激昂して煙り  光輝ある煙り  燻ぶりかけてゐるああこの煙り  上には煙り  パイプから大きな煙り  姿までが、煙り  藥の煙り  銃砲の煙り  朝靄の煙り  蚊遣りの煙り  汽車の煙り  上から黄色い煙り  老人は煙り  幾すじの黄色い煙り  征矢は煙り  柴の煙り  硫黄の煙り  香が煙り  柳が煙り  陽炎が煙り  葉巻の煙り  横さまに煙り  八方を包む煙り  海草を焚く白い煙り  方からは煙り  炭焼小屋から立ち昇る煙り  やうな煙り  上に飛び降りて、煙り  あいつを追ひかけて煙り  火が煙り  久良は煙り  むらさきの煙り  気に煙り  浅間の煙り  処々黄まだらな煙り  つた、その煙り  裾から立昇る煙り  向うの煙り  一色に打ち煙り  息の煙り  道を煙り  陽炎に蒸されて淡く煙り  遠くを煙り  彩り、薄くたなびいた煙り  綿毛の煙り  威徳には、煙り  香炉から、蒼白い煙り  ように、煙り  泉水はもうもうと煙り  姿を見ると煙り  品は煙り  涯しもない煙り  野辺の煙り  てゐた煙り  混沌の煙り  肉の煙り  焚火が煙り  蒸気は煙り  夜、煙り  近くを煙り  一団の煙り  富士川で、淡く煙り  はなしは煙り  扉から立ち昇る煙り  仄白い煙り  やうな、重つくるしい煙り  すべて仄黒く、煙り  中に煙り  曉の煙り  三つの煙り  顔を顰めて煙り  かすかな煙り  不平の煙り  彼方に煙り  階段口から、黒い煙り  まわりにくっついている煙り  外記のくゆらす煙り  苧殻の白い煙り  妄想であり煙り  船の煙り  呑気な煙り  から立ち昇る煙り  濛つと煙り  粉が煙り  山提灯を携えて煙り  雪と煙り  前後して煙り  それが煙り  灰か煙り  点々たる煙り  切なる煙り  私は、煙り  露路は、煙り  モクモクと煙り  さにぼかされて、煙り  そこからもうもうと煙り  上へ引き上げられて、煙り  焔も煙り  束が、煙り  ことのできがたいほどにも、煙り  得物得物をひらめかして、煙り  火光にキラキラとひらめかして、煙り  ますます焔を上げ煙り  火の粉や煙り  火光は赤く、煙り  門口は煙り  火光と煙り  火光も煙り  人と、煙り  火光、煙り  象が煙り  夕方に近づくにつれて、やや煙り  のは、むしろ煙り  顏をして煙り  三筋の煙り  人影は、見る見る煙り  鉛色に煙り  夜半あやしき煙り  微かな白い煙り  富士不断に煙り  真珠色をした太い煙り  香料の煙り  霧ではなくて煙り  家が焼けていると見えて、濃い煙り  香炉から立っている煙り  彼は、人知れず煙り  陽りの煙り  ことばかしが煙り  電燈が薄ぐらく曇る煙り  甍を越して煙り  滴が落ち、落ちると同時に煙り  茫漾と、煙り  先が、煙り  灰、煙り  濛々と上がる白い煙り  フラフラツと、煙り  違つた二条の煙り  山が煙り  香炉に軽く投げ入れすると、うす白い煙り  そうな白い煙り  鍋の煙り  奥から薄白い煙り  落葉の煙り  がたが煙り  口から息の煙り  火を焚いていたが、その煙り  ために白く煙り  話中話が煙り  コング・ホウコン号の吐く煙り  Gauloisesの煙り  火よりも煙り  春の煙り  何かが燃えていて、その煙り  外気へゆっくりと蒼い煙り  巨船が煙り  事を、煙り  九月總會がまじかに迫っているので、煙り  濛ツと煙り  我身が煙り  やうに白い煙り  



前後の言葉をピックアップ
けむら  煙ら  けむり    ケムリ          ケムリガ


動詞をランダムでピックアップ
たおり捜し当て託し縮らし沸き返っしみ込ん巻き付き足りよ好かしかっ引出せ曲らあぶ読み耽っ怖気立つ泣かせ言いだせ雪崩込ん呼び出そ判じる
形容詞をランダムでピックアップ
くちし舌たるい物足りなく頼もしゅうよろしから根深き輝かしかっ厳し物すさまじき清き恐ろしゅう危なげなし根深い小ざかししどけな残り多いものすごちょろく馬鹿らしき寝苦し