「焦らし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 焦らし[動詞]
男を焦らし  他を焦らし  自分を焦らし  冷淡に構えて焦らし  リザヴェッタをさんざん焦らし  だんだん焦ら焦らし  愚弄し、焦らし  気もちをわざと焦らし  いつまでも打っちゃって置いて焦らし  彼は焦ら焦らし  のか、すこし焦らし  方でも、少しは焦らし  奴、さんざん焦らし  ひとを焦らし  手を焦らし  人を焦らし  旦那を焦らし  承知しないでさんざん焦らし  善兵衛がまた焦らし  散ざん人を焦らし  彼女を焦らし  対手を焦らし  気持を焦らし  調戯って焦らし  



前後の言葉をピックアップ
地雷  じらい  児雷也  焦らさ  しらさ  しらし  焦らす  じらす  焦らそ  ジラバヲヤッテオ


動詞をランダムでピックアップ
ねとら争い謝りゆびささ仕組ん若やい出揃う振い落そ芽ばえはなしこま破れんもじ伺え交ざっ育み照り返さ呑まあえよ見遣測る
形容詞をランダムでピックアップ
尊くはやかっ弱かっよろこばしく目ざましなまぐさしけむいか弱き並無かびくさかっせせこまし悪くみすぼらしなつかしくっ野暮った眩しくっ初初しはばひろき丸くっかん高い