「焚き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 焚き[動詞]
火を焚き  冬の焚き  夕餉の焚き  護摩を焚き  憂愁を焚き  獣皮を焚き  蛇を焚き  どれほど焚き  腰板なんぞ剥がして、焚き  飮食物の煮焚き  中には煮焚き  二三日前からコークスを焚き  陣営には、焚き  吟味が施され、焚き  ばつと焚き  明けがたにいたるまで、焚き  薪で煮焚き  爐を焚き  蝋燭や焚き  同様で、焚き  焚火を焚き  眼前に焚き  誰かが焚き  場合は、焚き  春夏秋冬、焚き  飯の焚き  半分人間ではあったが煮焚き  物を煮焚き  氏に焚き  篝火を焚き  王九媽はまた煮焚き  枯枝を焚き  柔を焚き  屍を積んで、焚き  飯を焚き  名香初音を焚き  香を焚き  中へ、焚き  寝殿に焚き  ちょっとそれからライスは焚き  小夜子は焚き  先刻から此処で焚き  縁には焚き  香が焚き  部屋に焚き  門口に焚き  御飯も焚き  冬中煖炉を焚き  下を焚き  送り火を焚き  人に焚き  炉で煮焚き  火をお焚き  火がよく焚き  齋殿深く焚き  自分が焚き  なつた焚き  つまつて火を焚き  風呂を焚き  枕に焚き  牧夫たちはその焚き  もっと火をお焚き  像が持ち出されて、焚き  麦藁を焚き  香木を焚き  篝を焚き  石塔も、焚き  さいぜん海女が焚き  おばさんの焚き  千ばえ焚き  上へもって行って焚き  オナリドは煮焚き  夢を焚き  もう少し火をお焚き  哀愁を焚き  がりを焚き  篝火が焚き  高地にかがりを焚き  火で焚き  蚊いぶしを焚き  弓矢を焚き  タッタ一人で煮焚き  地へ出て、焚き  老婆は焚き  土間に焚き  折からあの焚き  奥に焚き  かくも夥しく焚き  家に焚き  まま香を焚き  ぼつて、焚き  朝の焚き  着物へ焚き  微風に焚き  ストーブを焚き  香の焚き  火が焚き  訝しげに見送れば、焚き  腐れ藁を焚き  別に煮焚き  沈香を焚き  留守中に煮焚き  五目飯で焚き  絹に焚き  蚊遣りをお焚き  台所ではもう焚き  下の焚き  伽羅を焚き  木の間を焚き  井戸端に焚き  ための焚き  ペチカの焚き  女房に煮焚き  どこから来て、焚き  家を守り、煮焚き  らを焚き  牡丹燈を焚き  情熱を焚き  香でも焚き  蘭麝でも焚き  先には焚き  暖炉を焚き  薪のみにて焚き  朝夕の煮焚き  榾火を焚き  これで焚き  ストーブの焚き  迎い火を焚き  身躰が焚き  落葉を焚き  陣を焚き  煖炉を焚き  中に焚き  名木を焚き  蚊やりを焚き  土間へ焚き  ペーチカを焚き  庭火を焚き  竈の焚き  匂で焚き  ひとりで煮焚き  大勢で焚き  菖蒲湯を焚き  桃湯を焚き  石炭を焚き  ストウブを焚き  瓦斯を焚き  頃から経験があつたので、焚き  七月十二日迎え火を焚き  鍋釜を借りて煮焚き  ボンボンと焚き  のを見ますと、焚き  木切れを焚き  粥を焚き  候伽羅は早速焚き  持帰り候伽羅は早速焚き  お伽の焚き  さに大方焚き  火を、どしどしお焚き  火を、あたらしくお焚き  ために絶えず焚き  新に焚き  炉に焚き  陣屋はひっそりと鎮まって、焚き  物ばかりか、焚き  自分も手伝って、焚き  女中が焚き  手によって生きながら焚き  夜も昼も火を焚き  四割以上増殖する焚き  赤面したが焚き  



前後の言葉をピックアップ
多気  滝の前  多岐  だき  滝太郎    滝戸山  多喜  炊き  たきあがる


動詞をランダムでピックアップ
言い当てる手つだえ踏破る聳える浴びせよ持ち上げ堪え忍べ解せよ尖らしえるのぼせあがら及ぼし聞きほれる突っ込まひっ返さ掴まえろ乗り回そ捕れゆすぐ食い入ら
形容詞をランダムでピックアップ
古い馬鹿馬鹿しい黒く疚しづらい悲しかろ軽うそぐわなきつい華々しく激しく片腹痛く遅きしめっぽく易く見憎く心憎き気強き恨めしく