「為」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 為[動詞]
子供は為  小遣銭を持っていなかったので、為  算段を為  嚔を為  事は為  何を為  一切自分を投出してしまうより為  遠慮を為  弁疏を為  充分有難く思ひますけれど、為  学生生活を為  其音信を為  あなた、どうか為  逆様に考へられても為  馬鹿顔を為  誇りも為  外に、為  ためなら、何でも為  壮太郎にも為  主人が為  ことは為  当惑そうに、しかしもう見つけられてしまっては為  お方にさげすまれても為  大変大廻りを為  音が為  覚悟は為  ところで、為  身請を為  抱えを為  妹分にも為  買物を為  返事も為  慣れっこに為  話をしきりに為  活計ていたって決して為  喰競べを為  支度を為  今結納を取替せを為  為てい放題を為  巨人は為  相談を為  事をしたと思ったがもう為  酒こなしを為  戸締を為  明後日に為  屹度調べを為  話を為  挙動を為  素気なく断わられたので、為  命令があるので、為  人は為  用意などを為  んじゃあ為  皆とられて、為  学問を為  仕方も為  仕事を為  新聞記者なぞを為  何事も為  私も為  外に為  上官は為  外、為  残念だが、為  ことを為  何事を為  俺が為  埋葬を為  思なされても為  んだが、もう為  凡てを為  釣をも為  運動を為  頭のうへに来て鳴るので、為  のを待つより為  饒わしく和らいで来て、為  饒はしく和らいで来て、為  商売を為  為さむと欲するを為  払ふことも為  身売を為  重きを為  労働を為  顔を為  同衾を為  芸者を為  事を為  芸妓だからちっとは為  芸妓を為  真似も為  他に為  夜業を為  馬鹿を為  礼を為  供を為  扮装を為  囃子を為  人だって奉公を為  仕分を為  から座敷を為  公然に為  ちょっと勘定を為  浮気を為  助太刀を為  逃げ隠れを為  顔をしても為  連絡をつけるより為  何事もないで、為  ことを言って、為  僕らはそう為  気に為  これは為  仁を為  隙間と申されても為  聟には為  何事かを為  泣を為  事に為  答は為  夜逃を為  生活を為  気が為  稽古を為  物音も為  為ようとも為  家から養子を為  家に帰らうとも為  返事を為  誰が為  事でも為  つて相手に為  世話を為  者これを為  道具に為  話でも為  ことでも為  ことも為  から一所に居たくても為  ことまでもは言われも為  噂でも為  仕度も為  のですから、取って下さい、そう為  体にして届け出よう、そう為  情話でも為  恋を為  意気地なしでは為  頃はどうか為  なんでも為  のに上っても為  勉強していなくては、為  勘当されても為  整理を為  生は為  限りは放つて置くより為  順序として見るより為  風を為  彼は為  面白い話しを為  真似でも為  最敬礼を為  香気も為  鼻から呼吸を為  夜夜通しまんじりとも為  思いを為  多吉も為  だって、為  自分の子なら、為  婦人でも、決して為  から、為  のは為  僕は為  働きは為  下宿を為  思ッたとて、なかなか為  己が為  帰国ろうと支度を為  長居を為  攻撃を為  思つたが、為  成るにまかせて置くより為  通が為  の状を為  為は為  殊に翻訳を為  加藤も為  信吾も為  頃に為  声を為  音も為  何にを為  秘密に為  私は為  贅沢が為  早晩何とか為  答弁をも為  自分の心から為  此は為  気乗りが為  己はどうも為  付合も為  輪を為  つて親方から療治手当も為  問わず語りを為  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
為か何の気にも懸らなかつたが  為になされた  為にこんな乱暴な言葉を吐きました  為に流る  為にさ  為に祭り歌ツルカヅルカを歌ひ  為に学究の徒は止むなく  為に命を終えた  為には今後日本内地からその方面の専門家を派遣して  為には地方文化が中央の文化に比較して  為に肉体及び精神の健康性が十分発揮されなければなりません  為に幾多の事件を争った  為に目がくらんで  為に云っておくが  為には勿論裁判所が有罪を証明しなければならん  為に今日はここに来た  為に今日わざわざ来てくれた  為にそんな事を云いに来た  為来りと考へられる  為であらうが  為に他ならなかった  為に何か適当な職業を探してやらうよ  為に新しい仮面をもう一つ拵へなければならない  為に中央郵便局の消印機が過熱して  為に如何なる目に逢うかも知れません  為に寝ないで  為になる  為に此の場にて切腹いたして  為を思うから云うので  為にあゝやっている  為に猶更義理ある  為にこの文を艸する  為には必死の努力が要るし  為の人間であることは許されていない  為には馬鹿になって呉れた  為に敢て耻を言うが  為という  為に学校へ通った  為にというより  為に勉強し  為をも思っていう  為には頗る都合の好い事があった  為なきゃならん  為た事には必ず非難を附けたがる  為に生きている  為には都合上門人とも称していた  為だったかとも思われる  為に良人と別居生活をしているとか  為であらう  為もあったでしょうが  為に癪起し夜昼かけて怒鳴りつ  為に受付の僧に名を通じた  為に此の一埒を明けて呉れませう  為に綴られた  為に来た  為と言ふ  為込んだ刀の両端を引きあうてゐる  為に哀詞を綴る  為に費せし  為のみにはあらず  為とあれば止むを得ざるには似たれども  為に百尺の枯龍斧鉞の災を蒙る  為に乾杯せんとするにあり  為に止むを得ずして  為に自獣樽を発し  為に一臂の力を仮す  為には模倣する  為と云はれぬ  為に翻弄される  為には屡々仮面を用ひた  為にのみ蒹葭堂主人を賛美する  為ばかりではなかつたであらう  為に戦利あらず退いた  為に擒にされ  為に欺かれた  為にはならず  為には偽証罪をふりかざし  為に只呆然と生きて来て  為の五ヵ年計画は一一〇パーセントの全生産拡張プランとともに生活全線を社会主義再建設に向って  為に何かする  為の本が棚わきに並べてある  為に深夜までも思い耽る  為でもある  為に会社を御休み下すっては  為に尽力してくれ給え  為に尽そうという  為に有益なる資料を供給せられて  為に止むを得ず  為に力を惜まず尽された  為に生れて来た  為であらうか  為と断定した  為に開くなり  為に私一人を慰める  為に筋が解らなくなるといふ  為に私はそんな事を云つてゐる  為にはやはり湖南の民自身の負けぬ  為に諸神諸仏に祈願して  為にしきりに痛む  為に掃いた  為のお願いではありません  為に滅多に死ぬ  為もあったが  為にちょっと解説すると  為にもその事が必要のように思われて来た  為に大層議論が忙がしい  為には当年政治界の外観を一瞥する  為に忙殺されて居りまして  為にこの被害民の不幸を蒙り  為に誠実真面目になつてこの国の倒れる  為に国家の経済を蹂躙されると  為かと思ふが  為と考へる  為に出来た  為に軍備縮少は考えものだなんて云う  為再び金庫を開いて調べてみると  為にか忍び込んでいたので  為に上られる  為もある  為の各部分を現在においてとりあげて行かなければならないという  為を思ふから  為を思はないなら  為にどんな悲しい事をも冒さなければならないかという  為にどれ程お痩れなさった  為にお奉行様の前に出ました  為に一室にこもって  為には運命を一時に決してしまった  為に此の哀れな人の子を其の親に会わしてやる  為の毛坊主商売なのであつて見れば  為だと思はれる  為に艶書の代筆をしたといふ  為かも知れない  為に旅行するという  為に構図を作る  為に深い傷をうけて死に  為に叡山に登る  為に委しく天台の深奥を説き聴かせたが  為の念仏に他より布施を受くるとは  為にお尋ね申す  為には少しは思い定めた  為といっても  為に念仏の肝要を記した  為に進んで祈  為に唱名念仏の本願を建てられた  為に捕虜になって  為に京都へ上った  為に弁護釈明をされた  為に弘く  為に建てられた  為にとて上人の像をうつして  為に起された  為に集って来た  為に起った  為の莫大な宣伝費をつか  為に識者の不審を招く  為に左右の袖が重くて自分一人の自由にならず  為に強奸せられ  為よと云ひければ  為に再び罪を犯して  為にはこの指環のこわれた  為にはこの上もなき励まし  為に鼻を殺ぎ  為に弁護の地位には立つてくれませんでした  為悪しくは計らふまじ  為に慷慨する  為に働こ  為にこの指環の玉を抜き去りまして  為に働いて  為に出された  為に忠実ならずは  為に境内地発掘の事あり  為に学界を刺戟した  為に累を聖人建立の他の堂塔に及ぼさぬ  為に余輩のかの無鉄砲なる駁論を見るが如き  為に甚だしく学界の顰蹙を招くべき  為に前代の様式の芸術が同時にことごとく絶滅すべき  為にその非再建を直覚するに至る  為に敬造した  為に釈迦仏を敬造して  為に敬造せられた  為に阿弥陀仏の尊像を安置すべく  為に学界に一大衝動を起した  為にその根拠が崩壊してしまった  為に変更されようとしている  為に創作をする  為だと医者が云った  為に丸亀に月給の前借が四月分あるが  為に呼び出された  為だと医者が言った  為に用意されて  為には温泉地よりも高原の方がずつと適してゐる  為と思えば  為に寝床をつくってくれた  為にあるか  為にある  為にゐるか  為にゐる  為にあると  為に創造した  為に捧げられた  為に夜おそく迄針仕事をしている  為にのこのこ顔を出しやがった  為にならんて  為に自分の自叙伝を書く  為に旅をしてゐる  為には苦痛を見世物にする  為に捨命する  為送を受ける  為送の補足を売文の一途に求めた  為に社会に大なる変動を来し  為に失業者が激増し  為に社会が不安の状態に陥らんとするので  為たりする  為に新派は衰滅の道を取ろうとしていた  為に書きは書いたが  為には何処まででも我輩は試演の見分に行く  為に毒となった  為に我輩の悩まされたると  為に放免された  為に根城を拵えてやったり  為に東を志して  為に同僚の記者が大いに面目を施して来たという  為に自分の著作が犠牲になるという  為に余の受けた  為に事業は最大級に悪化してしまった  為に表面上譲り渡す  為に進んで行かなければならない  為にもその自我を相当に煙たがっていた  為に一応その旨を通告した  為に書き出す  為に立論するの  為に生きず  為に生くるなり  為に泣かず  為に我家の墓前で蓆棚を設け  為に中軍に酷く叱られるが  為めだつたかつて事が貴方には全で分らなかつたのね  為に網の目の様に非常線を張らせられてある  為に殉じた  為にいつか捉はれる  為にまつ  為に憐みを感じるばかりである  為には何等かの断食を必要としてゐる  為に外ならなかつた  為に七つの悪鬼に攻められる  為にも奇蹟に対する嫌悪の情を抱いてゐた  為に彼の力の脱ける  為に西方の古典と肩を並べてゐる  為に彼の剣を揮つてゐる  為に蝋燭の火に焼かれる  為にイエルサレムへ行つたクリストに雷に似た  為に彼の額へ香油を注いだりした  為にわたしに香油を注いだ  為に一層我々に近づいた  為にした  為に最も力のあつたのはクリストの天才を全身に感じた  為にわたしを苦しめる  為に無残にも折れた  為の資料として執筆された  為にいろんなものになつて遣る  為に苦しむでゐるかといふ  為に他人のそれには可成りの  為に俺がワザワザ出掛けて来ると思ふか  為か狙ひがはずれて  為に損はれてゐない  為にこの二人を通り越しながら  為に心力を費してゐたからである  為に遣われた  為と見なければならない  為には方便として口から出まかせの  為たい事はしちまったし  為に起つ  為だめっきりと寒くなっても  為かは知らねども  為に慰安の言葉を話してくれる  為に小穴君の画も焼けてしまへば  為に残るであらう  為に滅茶滅茶にされてし  為に夢中で酔つてゐる  為に当分帰国しないで  為とだけ思つてさへ呉れ  為に私は様々な被害を蒙り  為に私はこのやうに浅間しい  為に僕を引つ  為にエネルギーが沢山あったからです  為に生みたての卵をゆでては  為に働きます  為に生れた  為に彼の功績はいつこう  為か不思議な金属的光沢を帯びて居る  為に施す  為にこんな所に居る  為に此んな穴の中に潜んで居る  為に何処かへ隠れて  為の手段ではなくして  為に地上にひつくりかへ  為に殺される  為に殺人をする  為に此店へ立寄った  為に祈る  為でもありますよ  為にならないぞ  為に無実の罪に落されようとしている  為に姉は自殺し  為に仮作した  為に遺憾だと思ふね  為に外ならず  為にここへ集まって来て  為の忠にあらずと  為にじょきじょき鳴らす  為に無条件に自分という女性の前に提供された  為と思はれる  為に投げかけられた  為にして通る  為に道を備へんとて遣はされたり  為に季感と呼ばれる  為に椰子の幹に刻んだ  為にあれ  為か自然に死んだし  為にはどうしても本当の父親が必要だと思い  為に我慢しなさい  為には此見馴れない  為に泣くという  為に鼻の欠け落ちた  為なりといふ  為に出掛けて  為に精一杯の拍手を放つた  為に計画した  為もあらうが  為だと考へてゐるが  為に柱を廻つて踊つて見せるので  為に切り替へをし  為にそれが破損する  為には最も誇張的な身振り手振りをしなければ  為に幸福かも知れぬ  為である事は疑いを容れない  為に橋が落ちている  為に伝録して戴きたい  為であったと解せられます  為にお殺されになりました  為に殺されました  為に護衛の任に当るという  為に死に  為に南画らしい趣を具えていた  為にやっと逃げ出した  為に死んだ  為にやっと誰だかわかった  為に植込みのある  為に横網の浮き桟橋へおりて  為に笑はれたりした  為に舟の揺れる  為に殆ど荘厳な気のする  為に南画らしい趣を具へてゐた  為に生じた  為に灰になつてし  為にポプラア以外の木は育ち  為に相手の腕を一打ちに折つてし  為にやつと逃げ出した  為にやつと誰だかわかつたさうである  為にも見て来る  為に怯み  為に死す  為なるべく或は説明を与ふる  為に殺傷せられし  為に一大汚辱を蒙りしもの  為に一大打撃を加へられたり  為に避ける  為にこれを説き  為に之を説き  為に悪いやうなことをしない  為にこれを説き給え  為に悪いようなことをしない  為にペンキ屋があるかと聞いて見たが  為に看破し  為にわれわれは踏み台となった  為に死ねたら  為の計画から発足した  為の準備をしておかうとした  為来りの上から重んじてゐる  為に悪い事をしたりする  為に心から祈る  為に命を捨てる  為に戻って来られた  為にしようといふ  為に此のみ堂に集った  為に心配する  為にかうして  為に生きます  為に祈れと  為に北海道へ渡って  為に探して  為に顔がスッカリ腫れあがって  為に苦戦してくれたか  為に悪戦苦闘してくれたか  為たい為せずには居られない  為に金を出して呉れる  為に怒る  為には働けないかも知れません  為と思って  為に捧げよう  為と云って  為の材木が沢山来た  為にばかり歪められる  為に働く  為に生きて居るか  為にせかつき  為に截然彼をすてかねる  為の済まなさに心を焼かれる  為と云い  為に考える  為に疲れた  為いろいろ面倒を見てくれる  為に尽す  為に特別にお拵えになったので  為に私を邪魔にしている  為でもあり  為大いに努力したいと思う  為にあらゆる努力を捧げたいと思って居る  為にならない  為にする  為に泣く  為に到底書いてゐる  為にワザと住所を忘れて  為に文章を草する  為に書く  為になされたと  為に署の方へ報告して置きましょう  為に猫を買い占める  為に大いに発展させるべき  為に寄り道をしていた  為と判明した  為に卓一を殺す  為らしいと管理人はいう  為に卓一は信造になる  為であるとかないとかなどは  為に合宿して居り  為に骨を折っている  為に発売を止められた  為に温泉に浸されてゐた  為に背中から下が裂けてゐる  為には読者は必ず高声に朗誦しなければいけない  為に凍ると  為に一旦遮断された  為に遠望は遮断されてしまう  為に風が当らない  為にこんな小沢に上る  為に亡ぼされたり  為に優勝の地として名高い此の湖畔で楽しいくつろぎをしてから  為にその国の丁年以上の男子が大方戦線へ出た  為と御子息の悲恋の対象である自分をお邸から消す  為に次郎を急に放任しはじめた  為にやる  為にならねえかも知れねえと  為に盛る  為にそれ等の人人の耄碌したり死んでしまつたりした  為にバレになりましても  為に五百石の御加増まで頂いてい  為に茶店のお嬶は泣いた  為とは云いながら  為でもあるか  為にならんぞ  為に婆さんも死ねば  為には始終酔はなければならなかつた  為に振り捨てた  為にからだを犠牲にした  為に犠牲になる  為に云ったので  為にまったく自己が覇権を握る  為真に欠くべからざる  為は鼻づらを火の出るほど  為と寅のおかげであっしら一同えらいお叱りで  為と寅に駕籠を舁かせて  為と寅がグイと腰をあげる  為と部屋頭の三人が待っている  為と寅を空地へ呼びだして  為と寅はふるえ出して  為には一通りの色々な予備知識をもつよりも  為にどうかすると  為に書き下された  為には実は普通の人間には持てない  為に可なり成功しました  為にはどうしても一つの新らしい技術と云ふも  為に各種の研究をして居る  為にうたう  為に読んで見た  為に限りある  為にほかならない  為に善処せよ  為に数十回鳴門を渡りたるも  為に悲境を見る  為に予は一時病む  為にかくはなりたりと  為に小虫の害を脱するを得たり  為に眼囲に向て集るを以て  為めとて在東京周助妻より蒲焼及び鯛サワラ等の味噌漬其他舶来品の滋養物を絶えず送られて好みつつ  為に欝を忘れ  為直させるぞ  為に内部を調べて見ると  為なければならぬ  為に宜からうと考へられまする  為に涙が零れる  為に広室を守るぞ  為には善知識なり  為の破壊であるという事を忘れて  為に破壊している  為という目的を没却して  為であるという事に気が付く  為に今度は取殺される  為に微力を尽したい  為に今姑く生きて居たいと  為に好い兆候だと云ふ  為に泣いた  為ちまッたんでげすが  為になると考えます  為を考えるとね  為に剃ったので  為に外れて  為に腹を立って  為に二巻だけを請求したと  為に来るや  為にこの景岡浴場は充分過ぎるほど  為に改めて見たいと  為に彼んな真似をなすった  為てはいかんよ  為にならんから  為ばかりしても  為やアがるから  為であつたと思はれる  為に特に道中を花やかにする  為には臨時に莚を敷き  為に建て  為に逆立ちをする  為に立ち上つた  為に家ぐるみ焼かれてしまった  為と解する  為には山陵の役を起さず  為に新たに墓を造る  為になろうかと存じましてね  為になれば  為にもなる  為損じて心いささか周章てたと  為に計られて  為に主婦が半日石油コンロの前に立って居なければならないという  為の原稿と三日四日徹夜しても  為と思い込んで居る  為着せの白服を着た  為にまた飲んだ  為に熱中と混乱とを示した  為に起る  為に勧めて食わせるくらいだから  為を思って  為はしません  為には何の様にも情合を尽そうと思うて居る  為て貰いたい  為だから丹誠をして  為に非業な死を致しました  為に斯う云う  為に食い物を贈る  為に斬殺されました  為には姉の敵に当る  為であろうと思います  為に泉の名を子安の井といい  為だから自分で料理をして勧めますと  為にそこにいる  為に都にお帰りになる  為に山姥山姫のいい伝えはなお永く残る  為には最も穢を忌んで  為かと思います  為にその跡にさし  為にそういったものかと思います  為かも知れません  為に夥しく慌ててゐた  為に一緒に来た  為に記すのみ  為に心理作用も其に伴うて  為に文の主人公の名を文章の中に表さぬ  為から出て  為やめてしまふといふ  為に残さねばならないので  為に生れず  為に雑誌を作る  為だと言ふ  為に持参した  為の呪物を母神が教へられたと説く  為に降伏して  為にこんなことをした  為に少しく風邪を引いたので  為に生ずる  為に新立した  為の様に思はれる  為終せさせたと思はれる  為にせられると  為に政と称してゐる  為に過ぎないので  為に遊び歌はれた  為に云ふ  為でせう  為に働かずに  為に不健全なる男女の河童と結婚せよ  為だと思つてゐる  為に互に殺し  為に甘んじて  為にトツクを小楯にとつてゐた  為に始まつた  為に健気にも戦死しました  為にロツクを僕の前に立たせた  為には精神的欲望も減じなければならぬ  為に胃袋の一語を忘れた  為だつたのでせう  為に心臓痲痺を起しか  為に死んでしまつた  為に一体河童の宗教は何であるかと考へ出した  為だつたでせう  為に救はれた  為なりと云ふ  為に名をきいて見ると  為に僕は又河童の国へ帰りたいと思ひ出しました  為に小舟を漕ぎ出して  為に使はれ  為に出来たと  為に餌取が  為たい仕事が山ほど目前にあるので  為とする  為の秘法の手術が行はれた  為にはかうした  為とも考へられる  為のふるまひと言ふ  為に目をよんだかは  為に身を苦しめ  為にして呉れます  為のやはり叡明な愛の作業だと思います  為にその方が可かろうと思うからね  為よりも寧ろ矢島さんの仁慈の前に涙を流した  為の機を織りながら待つてゐたので  為に作つた  為の棚であつた事が考へられる  為に心から予の入社を祝したいと思ふ  為にその欲する  為であったと解せられる  為に後世には人形舞わしの事をただちに傀儡師だと心得る  為だったとも云っているが  為に労働して  為にこれを犬にたとえて  為に使用し  為に主鷹司という役所があり  為に一般世間が肉食を忌み  為に滅んだ  為に乱心したとか  為であるにほかならぬ  為でもあった  為だとも説明されているが  為に救われる  為には神を祭る  為にいわゆる悪人往生の方にはやや疎遠になり  為に尽力し  為に各種の賤業に従事したので  為にほかならぬ  為にその穢れを社会に及ぼす  為に世人が極めて簡単にこれを朝鮮人の子孫だと解し  為に世間から甚だしい圧迫を受けた  為にその犠牲となった  為に書いたと  為に置かれた  為に圧せられて  為にするなり  為に言っておく  為にわれわれは何より先ず健康でなければならない  為にどっかへ互に別れて行く  為の繰  為に旗本大いに崩れ立ち  為になるまい  為に断つて置くが  為にさして新らしい欲望を持って居ない  為に建ててやる  為とは言え  為に魂を悪魔に売り渡す  為に後ろの勘定台をふり返つた  為にはあらゆる祝福を与へても  為に到頭い堪  為に散々な負け方をして  為に叫びながらも  為に備えられた  為に作った  為に已を得ない  為であってはならない  為に努力致します  為に訴訟し  為に斯く断言し得る  為に飽くまでも申さなければなりません  為に修身を習って来た  為に存在を許し  為に叫ぶべき  為に心を痛めます  為にも悲しみます  為に要求し  為に此等の諸権能の享有と云う  為に其等が賦与されるかに  為に制定された  為に是非を喧しくする  為に献身しようとしなかった  為を考へ太閤の子を養子にすれば  為に頓死した  為につぶされてし  為か頭も何時か混乱して来た  為によくありませんでしょう  為に作り出された  為に冷罵し  為に諷刺する  為に悩まされたと  為に同氏の訳した  為た増田甚兵衛の第三子でありましたが何より人を驚かせた  為に此処まで来たな  為た様に思つて振り返つた  為にあぶなく真っ二つにされる  為に産れ  為に仆る可きは  為に戦ふよりも  為に戦ふ  為に奪い去られた  為で御座んした  為に咬まれよう  為にでもあった  為に釜沢と呼ばれている  為であるというて  為に沢を右に取って  為に唇を三回盗まれていた  為に嘲笑されると  為に彼が落第したという  為に自らを嘲っていた  為に林檎をむいている  為には死の星ともなり  為でかす  為の結婚を望まなくなるだろうという  為に五十両入るだから貸して呉れ  為には甥でがんす  為でも人の物を取る  為には多助は甥なりするから  為にならねえから追出してしまった  為に悪いと思いまして  為にならねえ  為にコバルト色に輝いて居る  為に父を毒殺した  為たい事をし  為たい事を勝手にするとなれば  為の生活を眩まされて苦しむ  為に心から予の入社を祝したいと思う  為に呪はれなされずにすんだ  為には読みすぎるほど読んだけれども  為の挿入助辞の様な機能を持つ  為に二つのますが混乱してゐる  為に遣つてゐる  為向けたと言へよう  為に外ならない  為に甚だ惜むべき  為であったと解せられるが  為めでがなあらう  為に軍を率いて  為に最後の血を瀝尽させられている  為に然様いう  為に遽に父の輝宗が攫い去られた  為に全軍の勝となった  為であると云われている  為に大に手古摺らされて困った  為に云った  為に松坂を立った  為にかかる  為に秀吉家康の小牧山の合戦をも起させるに至ったに関わらず  為に攻められかかった  為であったと明記して居る  為に偽りを云ったと  為に佐沼の城を志して  為に奥州へ罷り下る  為に小苛い  為か話頭を転ずる  為にもう一度わたしのクリストを描き  為に何年かを雪山の中に暮らした  為に永久に若々しい顔をしてゐる  為にヨセフに恥ぢなければならなかつたであらう  為に持て囃される  為に戦ひつづけた  為におのづか  為にマリアを通じる  為に打ち倒された  為に必ず天国にはひるであらう  為にシヨツクを受けずにはゐなかつた  為に盆の上に頭をのせられてゐる  為に逆説的な悪戯を忘れなかつた  為もあるであらう  為に心が大変落付かないことをさとった  為て御恩返しをしますけれど  為て聞せたりした  為なければならなかった  為ておこうといった  為に幾分損をしている  為に千満子の縁談は目茶苦茶になるやろ  為に一層多く泣いた  為を想うからだ  為に泥棒の真似までして来た  為しうる  為に書いた  為に論ずれ  為につけ加へれば  為にも同じ峰に達してゐない  為には一点に目を注がなければならぬ  為にもなら無  為に犠牲とならし  為に死し  為に苦しむも  為ならもつと  為に帰つてゐるんでせう  為に厭味たらしいことを云ふ  為に燐寸をすつた  為に頓座を来して  為に騒がしい乾盃を続ける  為に髪を洗った  為もあらう  為と見える  為の宴と考へられる  為にさうするか  為掛けてある  為に悪報を受けた  為に殺害せられたが  為に折角醸された  為に即死を遂げたのに  為にこの位損な目を見てゐる  為に起つた  為に欣幸とし  為に遺憾とする  為にはまづ一応芸術的に印象されてゐなければならない  為に芸術を軽んずる  為に夙に津頭を教ふる  為に一層憂欝に見えるらし  為に硝子窓の外を眺めてゐた  為に妙に傾いた  為に必要だつたのに違ひなかつた  為かも知れなかつた  為にとうとう海へ落ちて死んだ  為に自殺してゐた  為には何を捨てても  為にこいつも生まれて来た  為に又こいつも己のやうなものを父にする  為に圧迫を受け  為に自由を失つてゐるのに  為に恐れた  為にならないとなりません  為に感激して  為にならねえから  為に殺したりなんかしては  為の鎮斎とし  為に代作した  為の代作であらう  為の衒ひに  為に結び下げて置く  為のはやしの  為に伐る  為に参朝した  為の神秘な行事が行はれました  為の霊のありかで  為に告げられたかと  為に変なものが来たり  為に放浪する  為の祭りをする  為に採集せられた  為の刺戟を強調したと  為の促進運動であつたと見る  為に一本の若木の枯れてし  為にはお鉄が捕縄を捌いて  為に成る  為に抑留されて  為に江戸へ行く  為に簡単に捌かれたので有った  為に死という事は丁寧反覆に研究せられておる  為に解放して  為に手入れをしながら  為でせうが  為に大学を半途で退学して  為に同情を惹きはじめました  為に娘を犠牲にした  為に頼んだ  為にもつまらぬ  為にも是非ほんとうの事を云わなければいけないという  為に在るという  為に利用せられた  為に生きて居た  為に立とうと  為に戦ってやろうと思った  為に罪なくして苦しむ  為に道子はあんなに苦しんでいる  為に天地を覆らした  為に大地をくつがえした  為に生命を落した  為とあらば  為反って正直な所がわかる  為というので  為にクラクソンを鳴して進んで  為にわざわざあの時分通る  為に設ける  為にもなると  為だと思っていたら  為に寝付いてしまったが  為には又こんな哀れなお話もあります  為ばかりではなかったのかも知れません  為に貯へます  為だといふかもしれませんが  為に犠牲になつたと考へたいと思ひます  為に滅されて  為に盗みなどといふ  為であつた知識が後には自分のためとなり  為に過ぎない  為に計らずも  為には親子の情愛も忘れてしまふ  為にならないから  為に民子は死んだ  為の収入を多くせんと仰せられしなりき  為に首尾よく卒業いたしました  為出来してくれたの  為にもならず  為悪しからむ  為に択ばれた  為上げれば幾らになる  為向けてくれる  為向ける事がこれまでと変らぬにしても  為たら好さそうなもんだと思う  為に呼吸を敢てして  為に封筒の糊を湿す  為好い閑な場所を選んで行く  為に何かしなくっては  為になるとも限るまいから  為にとやかく云うとなると  為に汚されない  為に尽すには  為に尽して  為じゃないかしらと思った  為に蝋燭を点したり  為に独楽を抑える  為に判を押して  為に判なぞを押し  為の方便だと解釈する  為に計ったろう  為の働らきと云うと  為時々苦しい思もする  為と号して  為に余儀なくされて  為に無理に吐く  為に泣き得る  為に腐蝕されつつ  為に大苦痛を受けなければならない  為の苦痛だか分別が付かないならば  為に親や兄弟が迷惑したり  為に鉢の水を呑んだ  為にこの世の中に生れて来たかを考える  為と云う  為に生れて来ようと  為にこう云う  為に説明の労を取った  為に余裕を付けてくれた  為に一寸骨を折った  為なくてはいられない  為てある  為に周旋した  為に充分話をする  為に外ならなかった  為に月々百円使っている  為に平岡を新聞社に訪ねた  為と信じて  為にわざわざ貴方を呼んだ  為の策略ではあるまいかと推察して  為の結婚を承諾するに  為に三千代を呼んだに  為に動かさせる  為じゃなかろうかと思っています  為に宜いかも知れません  為に働らく事を肯わぬ心を持っていたから  為だと云った  為に泣いてくれた  為に三千代を周旋しようと  為に教育を受けた  為と仰し  為了せなんだ荒び  為来りとをふり替える  為に糸を績いでいる  為に存せりと覚しく  為に潰しても  為て居る  為に此方の言葉も気持も芝居でも演つてゐるほどな  為であったかも知れぬ  為に移動して居るばかりでなく  為に最も適当な機構を造る  為に特に悲しむ  為に旅行するといふ  為の旅行或は国民精神作興の為の旅行と看板は如何様とも付けられると思ひますが  為来りとをふり替へる  為てけツかる  為に第一此方等が今迄の人間見て  為になるという  為に上京する  為の水たまりを聯想するまでにな  為に召されたか  為につけ易へる  為に生命の元と考へた  為の山入りの様な形を採つた  為ないにしても  為に他の墳墓に投げ  為にならば奈落の舞台回しになる  為ともなく女教師の顔を盗む  為の武道伝襲に努める  為に絲を績いでゐる  為来りになつて居た  為に歩き廻る  為に成ったろうか  為に手紙の代筆などし  為に老年の両親を苦しましめ  為に他者を損ふの  為にあらゆる苦悩を味った  為に恟々として畏怖動揺したとみえる  為に大分暇をとった  為に後村上天皇は難を賀名生に避けられ  為に一切流さない  為に歩く  為に先生が弔いの言葉を述べた  為たことで養子夫婦を苦しめる  為たと信じていたからで  為に自殺するかを  為に自殺するかを知らないであらう  為に急に愛を失つたのを覚えてゐる  為に失敗する  為に僕の家の売れない  為のスプリング・ボオドを必要とした  為には出来ない  為に動物的に死を怖れてゐる  為に生きてゐる  為に幸福でないまでも平和であるには違ひない  為に騒々しいとの注進を受けては  為に兵を動かす  為に残り少なくなって居る  為に味方振わ  為に力を致される  為に惨殺されました  為に台所にありました  為に烈しい激動を受けたらしく  為に義兄の病気が重りはしないかなどと  為に斬られた  為に惨殺されたと云う  為に拘引された  為に苦しんで居る  為にいつ  為に失った  為に肉体的にも精神的にも苦しむと云う  為に悶々の苦しみに苦しんで居るにも拘わらず  為に殺された  為に天国なり  為にどんな事をしようが  為に一人を殺せり  為に彼は長く史上に賊名を歌われている  為に辯ずる所なきを得ない  為に内輪がごたくさした  為に旅にゐる  為にもならないというので  為にその基礎的施設を怠つてゐるのであらうか  為ならば一週間でも泣けた  為にお日さまはぼんやり赤くなった  為にでなく飢餓の為に全滅するばかりであります  為に彼女が断った  為であろうと思った  為に働いている  為の論議として現はされてゐない  為に惜しい気がしてゐる  為に悲しまない  為に売られて来た  為には惜しみなく心を労する  為に少からぬ犠牲を払はされて来て  為に作つて見た  為に菊の根分をしようとして居る  為損じをどっと囃しぬ  為になるだろうという  為には先ずここまで帰って来れば  為に特に心を砕いた  為に水をくぐると  為にこの幻境の同住をなせし  為に新飯を炊ぎ  為に輯集の労を取らん  為に用ゐる  為に謀りて  為に凡俗の耳目を驚かす  為に集まって来る  為に地の底百尺以上の深い所へ掘り込んで作ってある  為に大事な論拠を隠している  為に黒く塗ってある  為なるべし太西洋の面より捲き起こりたる  為に日没後の明るさが常の真昼の明るさと似寄っている  為に助かった  為のみに量をふやす  為に材料を買ひ集めて組み立てた  為に夜を更かす  為にあった  為の舞踊を言うた  為の舞踊を意味した  為にとりに  為に行うた  為に末期の水を取ると  為に死んで行く  為に背後の木かげへ分入ると  為にもならない  為に殿様が家を亡ぼしたとか  為に仆るべき数を担ひぬ  為に更に大なる僧徒の反抗を喚起したり  為さむと欲するを為せる  為に僕たちは頑張って生きていなければならない  為に使い  為に団員に加はらないかと進めるので  為に硅化を受けた  為にまはり道して  為につまらぬ  為に粗末なものを沢山に作り出す  為掛けてゐると  為馴れてゐる  為に然らずとせんか  為を思へばこそ  為の汝なれば  為だろうと察せられる  為に苦しんでゐる  為を思ひ  為に辛抱せし  為に田舎に帰り  為に妻は終日在宅せし  為にも十分名誉を恢復するに足るなら  為にならねえぞ  為に震撼する  為に書いてゐる  為かいくらか鼻頭をあかくして  為に柄に無い侠気を出すからだ  為にすつかり  為につとめて  為に石を載せた  為に尽さなければ成らない  為てることを見よう  為に成るだろうと思って  為に酌み  為に酌んだ  為に束縛される  為に特に焼かした  為に逆上せて  為に毎年白木で新調する  為に取越苦労をしていた  為に奔走するという  為にも膳を用意した  為ずには宗蔵もいられなかった  為に設けたとかいう  為に寺や薬師堂を建立した  為に自分の物まで持出して  為に結婚の話を始めた  為に晴の衣裳を着せるやら  為に働きつつあるとは言える  為に大きな弁当箱を包んだ  為に媒妁の労を執ってくれた  為に勉の方の話は破れた  為に君にまで迷惑を掛けて  為に輝いた  為に掛けられた  為に静かに動いた  為に食事の用意をして置いて  為に宿から取寄せて出した  為に湯に行った  為に消えた  為なければ成らない  為ないではいられない  為に働かんでも  為に歓迎会が有るというんで  為に読んだ  為に彼は若い志望を擲とうとしたり  為であろうと想像された  為に寄って行く  為に苦みつつある  為に正太へ送ったし  為にああして  為に長年薬方を勤めた  為に漸く家の整理がつきました  為に高く土を盛上げた  為であるかも知れないが  為であるという  為に船べりに黒漆を施すの  為であるとうなずかれた  為にも損になるでせう  為には色々の事を考えない  為に擒にされて仕舞った  為だと思う  為に神に祈る  為の美術品というものが第一位を占めていた  為にああいう  為に自分はいわゆる神の怒にふれる  為に一躍自分の名声を高めたという  為に俳優としても非常ないい仕事をする  為に自分の芸というものが舞台の上で消されて  為に独特の自信がつく  為には弱き事のほか誇るまじ  為に身を売る  為かだんだん初めの意気込みがなくなって行くらしい  為に改作した  為に死力を竭した  為に御募りに相成り  為出来したのであらう  為に裁判長を呼び掛けたかを  為に奮闘する  為にとめられた  為にと思って  為に床を用意した  為に集った  為に苦労する  為に思い直した  為に訪ねて来た  為にも成らないとか  為に妻子を連れて  為に絵画を修めようとした  為に旅の衣服などを調えた  為に茶を入れて出した  為には随分働きもした  為に取寄せた  為に一寸上京した  為にも成りませんやね  為に君は出て来た  為に互に金を出し合って  為に苦労しているに過ぎないかとも思わせた  為に計った  為に通夜をする  為に残った  為に悩まされた  為に継物したり  為には借金まで背負って  為に衰耄した  為に費されて  為に費した  為に何程費った  為に金を下げる  為にその金が下ったと思う  為に俺が精力を注いだと思う  為に心配します  為に働ける  為に一作する  為にここを立退こうかとも思ったが  為に通って来た  為に送っているという  為て貰ってる  為に特に焼かせたという  為に達雄が家出をしたと思う  為に皆な苦心して  為たことは自分で責任を負います  為に尽した  為に解り  為に幾分か言ひ  為といふことは争はれないが  為着せを呉れるといふ  為の資格を完成する  為の資格を完成するには  為にかぶる  為の資格を得る  為に泣かざるを得ず  為に小説じみた  為に惜まざるを得ない  為に生活の過剰を作らなければならぬ  為には余りに散文的に出来てゐる  為なのかも知れないが  為に助かる  為になりませんよ  為に態とそう云う  為た事のない眉根を寄せた  為てやる  為には好と言いますけれど  為には廻合も好くない年と見えて  為には一生の光栄も塵埃同様に捨てて  為に光り  為に或は学校設立の念を起す  為に待たしてあるといふので  為になにかする  為に開放するか  為に先づ闘ひ  為に教育をすれば  為にいつか自然を愛し出した  為に生まれ落ちた  為と確信していた  為とすれば  為にどう言う  為により苦痛を受けなければならぬ  為には勿論節倹の上にも節倹を加えなければならなかった  為に彼を生んだ  為には如何なる手段をも選ばなかった  為に度たび信輔に体刑を課した  為と解釈した  為にいつも三番を越えなかった  為に少くとも孤独に堪える  為に年とった  為に街頭の行人を眺めなかった  為に本の中の人生を知ろうとした  為に美しさを伝えている  為に何度もこの通りを往復した  為に行われた  為にやむを得ず用いる  為と確信してゐた  為にどう言ふ  為には勿論節倹の上にも節倹を加へなければならなかつた  為には如何なる手段をも選ばなかつた  為にいつも三番を越えなかつた  為に少くとも孤独に堪へる  為に年とつた叔父を訪問した  為に街頭の行人を眺めなかつた  為に本の中の人生を知らうとした  為に美しさを伝へてゐる  為に行はれた  為にやむを得ず用ひる  為に意を用ひてゐれば  為のみならんや  為に勢一杯の努力をした  為に人々はまだ幻の世界に遊ぶ  為のあらゆる手段をとらねばならぬ  為に亡され  為にようやく立上った  為に慴伏され  為だと言われる  為に定律詩でなければならないという如き  為かというに  為に焼けて死ぬ  為に捧げ  為御励みのほどひとえに祈り上げ  為の身体上の特徴は言ひ伝へて居ない  為に調和せられてゆく  為に申す  為に妨げられた  為に善人を迄も疑い  為に隠した  為に教えて遣ると  為てから半時も経たんべい  為て居ますから  為に様々の傷が附たのです矢張り一人と一人の闘いです一ツも大勢を対手と云う  為に殺した  為れるを知るに由り  為に犠牲になつてゐると  為の準備に費されました  為に辞せない  為に人を殺す  為に屈折する  為にノートなどを繰り拡げる  為に呟いた  為に怯かされてゐる  為にこう呟いたか解らない  為乗り出して下さる  為の低き枕ぞ春の暮春の夜に尊き御所を守る  為に鞄を一つ下げた  為に停車場前のカッフェへはいる  為に度々僕に節煙を命じた  為に片手に右の目を塞いで見た  為に隣にいた  為に人気のない廊下を歩いて行った  為に執行猶予中の体になっていた  為に顔もすっかり肉塊になり  為に僕の肩をこすって行った  為に書かれた  為に借りた  為に軽率にも父母と同居し出した  為に地獄に堕ちた  為に絶えず僕を注意している  為に銀座の或本屋へ出かける  為に動かされている  為に徐ろに空中に動いていた  為にはどこかへ行かなければならなかった  為に憎み合いながら  為に停車場前のカツフエへはひる  為に隣にゐた  為に人気のない廊下を歩いて  為に執行猶予中の体になつてゐた  為に顔もすつかり  為に僕の肩をこす  為に絶えず僕を注意してゐる  為に動かされてゐる  為に徐ろに空中に動いてゐた  為にはどこかへ行かなければならなかつた  為に憎み  為に特に集める  為に起るって云ったさうですがね  為に往生した  為に一句を穎異ならしめる  為と云はなければならぬ  為にもう一度繰り返せば  為には芭蕉の付け合を一瞥すれば  為を希い  為に植うるなり  為に羊を牧すべき  為に大敗をとりたるも  為に謀つて其民を殺して  為に走る  為に走っている  為に出られません  為に精進してゐる  為に苦行に励んでゐる  為の斎みだから  為の荷前を貢ぐ  為来りで祝ふ  為になやまされた  為に家族の一人を除くという  為に之を現在とし  為だと見たから  為に彼が本当は日本人だということが本当にハッキリとはしない  為に大声を発して笑ってみた  為もあった  為になるまいと  為に容易ならぬ  為に平作にたのみ  為にはタケノコ料理の折ヅメという存在がなかなか得難い好都合な差し水の役を果してくれる  為にすべく  為でなく人にやる  為に一時は内風呂が頗る流行したが  為に容易に自殺などする  為に自殺する  為に別紙に4を認めて  為だけのせゐであり  為て居ります  為に成らんから  為を心得るから云いますので  為たら宜かろう  為たら何うだろう  為た美い  為に坐  為たと云われた  為た覚えはないから出る  為たって然う云ったよ  為はしないかと案じて来たから  為に伊香保へ来て居た  為に騙されて  為に学問を為  為に深く致しますが  為ても抱茗荷はいけません  為なければならねえよ  為に彼様な非業の死様を致しました  為ただけの処分は屹度受けようから諦めてくれ  為ませんでは腹が癒えませんから  為てやったのに  為た事があるかと  為ませんから引摺ってって下せえまし  為に三年前に埋葬された  為の不平が手伝っている  為にやっている  為に貴い犠牲を払っている  為に支倉の家に向った  為に腕に繃帯をしていましたし  為に隣家の人は一週間程同署へ留めて置かれたが  為に暇を貰って  為に暇を取って帰ってからの  為に暴力をもって  為云うまいと決心すれば  為に奔走している  為だと考える  為にひどい目に遭った  為に息が弾む  為に自ら進んで  為には悪人を検挙して  為に遅れている  為に未だ浅田方の警戒をゆるめないで  為にこんな手紙を寄越して  為に大切な書籍も皆焼いて終って  為に身柄を拘留すると云う  為に暇を貰ったと云う  為に病気になった  為に罪のない女房まで痛い目を見ているではないか  為に金を強請られる  為に好い金の蔓にありつけた  為のみではなかったかも知れない  為ではないかと思う  為を計る  為に忌わしい病気を感染された  為に嘆願をした  為に既に罪は救われたから  為に墓でも建て  為にも早証拠蒐集等の事をなさず  為に支倉を犠牲者としたと云う  為には少しでも前へ出なければいけないので  為にフレッシュマンの意気は次第に沮喪し  為か少し痩ていました  為に通るべき  為に潔く絞首台に乗らな  為に自白した  為に冤罪を甘んじて受けたとすると  為には随分なっているではないか  為に尽してやっているではないか  為に私は随分なっている  為に恨まれている  為に入れたか  為に申立てた  為に彼に不利益な証言をしたと  為に事実を曲げろと仰有る  為に出てから  為にあなたは私が何か嘘でも云っている  為に彼は弁護士初め会う  為にサダを殺すか  為に遂に神戸牧師を偽証罪で告訴をさえ試みたが  為に生きた  為に続行公判を打切り  為に随分迷惑いたしました  為に迷惑を感ぜられる  為いて申したは  為に迎立せられたる  為なる可し  為に主義政見を一擲するの  為さむと欲す  為に侯と伊東男との関係一変したりとは  為に謀りたる  為に反対党としての立場迄をも全く失はしめ  為に政友会を退会したる  為に其の輪廓を拡大したる  為さむとする  為に殆ど百年以上の苦がき  為に謀る  為に歎惜する  為に遂に無残の末路を見たりき  為に重宝がられたるかを見よ  為に或る党派の間に紛擾あり  為に除外例を主張する  為に左支右吾の行動ありしは  為に存在し  為に利用せらる  為に出し抜かれたる  為には幸運の発展たりし  為に其の大略を語らむか  為にして  為に自ら起つの  為に先づ其の必要ある  為に屡々悩殺せられたり  為に牽制せられて  為に試験せられつ  為に二日も三日も朝野の論戦を続ける  為に気の毒の感に堪へない  為つたこともあるから  為に名節を汚す  為に往々愚弄せられ  為に東京の市政に何の加ふる  為さむとし  為に私情を割く  為にもならぬ  為置きにでもいたさうとして  為さむこと世に尽きて  為を謀らうとしてゐた  為にはあらざるも  為に人生に要ある  為に砂漠を旅する  為の具として見ざるべからず  為に小吏では事の運ばぬを恐れてか  為に厄介であると山田に説得されて考え直したに  為にならぬ  為に書いてゐない如く  為にも書いてゐません  為に卓上電燈のスイッチを捻った  為になすべき  為に晴賢の無道を討つという  為に城を築いた  為に討たれた  為か心なしやつれの見える  為にそんな奇矯な真似をした  為に降らせる  為に重んぜられた  為の山籠りをした  為と言ひ  為の神人を定める  為にのみ数へあげられたとばかりは  為の魂を鎮める  為上げると言ふ  為に樹てた  為に階級という範疇が必要となった  為に来れり  為に泣きの涙で自殺まで思い込む  為にどよめきを起したが  為ではなかつたかと思ふ  為を計らふ  為ばかりに何時も働き  為にと云って  為に銀行の仕事を放擲しようとなどは思わない  為にことなくすみ  為に危篤に陥り  為に増すを覚えた  為に外出した  為にならぬと思ひ込みたる  為に針木越は悪絶険絶を以て世に鳴り渡った  為に賜わった  為に畔に積んだ  為に請ひ降した  為に暗示する  為に殉教者のような気持になる  為に奪われてしまった  為に用意した  為につくられた  為に造られた  為には盲進もする  為に為文学者経を説解せんとす  為来りに過ぎない  為には隠すをば  為にも尽くすぞならば  為にのみ生れて来た  為に殺されたと  為ともいえる  為をうたっている  為に此最後の事を為遂げたなら  為に贈られた  為に一身を捧げた  為に生涯を断食と戒行とに費した  為めか眠れない  為に命を投げ出している  為を計って  為にも広い地面があけて  為に来て下すつた  為に逢つてゐるに過ぎない  為上げるのだと思つてゐる  為か知らなかつたが  為を思つて君を憎むよ  為に出放題なことを捏造して  為に反つて叔父の病気を助長させる  為にさう  為には親子の離反を厭わず  為だと好意を以て解釈しているに  為の下に果てる  為送をしていた  為立て直して貰って  為に思ひ  為に人に押し付ける  為に安息日をつくりたりとも  為とコラムは思った  為に保子へも妙に口が利けなかった  為に白川は空待をした  為に訴訟の関係を話した  為に神経を張りつめて居た  為にならねえぜ  為にこんなものを抱え歩いている  為に彼女の帯を解いたか  為ならばこの家内にもっと金目の品は幾らもある  為にその引き合いを受ける  為にこんな大事になった  為に心配しなさる  為かも知れませんよ  為とは申しながら  為にそんな残酷なことをする  為てやって  為と親の為とで斯ういう  為にと書いてあるじゃありませんか  為とも書いている  為にならないと思ったので  為にもなるという  為のあやまちでは  為であると説得したので  為だと云って  為になりますまい  為に江戸の親類へ預けられるという  為とか云えば  為にもならねえ  為であろうということになった  為にこんな仕掛けをして置いた  為であろうと半七は思った  為い為いしたら  為をおもって  為にならないヨ  為難い我慢もして遣  為じゃ有るまいけれども  為て来た  為にお蝶も死ぬ  為にそんなに足近く出入りをする  為に虫をおこして死んだ  為の祝宴を催した  為に無事であったと云い触らしました  為かも知れませんからね  為を思うならば  為に恐ろしい現報を受けた  為に処罰されるという  為にもよく働いてくれました  為に候安縮緬を巻附けんが  為に起りて  為につまらなく手を塞げない  為に今日は自身伺った  為にしている  為にい  為に憂鬱性の狂いになって  為に五百両も千両も取られちゃあ堪  為に断って置くが  為に一つも食えなかった  為に河豚太鼓を買った  為だろうと思った  為にもう一度さがしに来た  為だなぞと云いながら  為にこんな事をした  為に立つ  為に土産物などをくれたらしい  為に揚げる  為に割いてくれた  為に学ぶ  為であったことを半七は初めて覚った  為に斃された  為に闘って居る  為に臆するなく  為に黒田勢三百余忽ち討たれて  為にそんないたずらをする  為にコノールはその執念ぶかい  為にここらを徘徊している  為であると察せられた  為にわたくし共もひと汗かく  為に抱え  為には出来る  為にはいつも特別気を配ってゐる  為に身を涜されて  為に組み敷かれて  為に幸之助は身を隠す  為にその命を縮めようと企てるなど  為に長追いをしないと見て  為と言ふこと  為であると信じていた  為込んで来た  為に大きく言われて  為ではなかったかと思う  為にかへつてお顔が美しくなる  為に殺害せらる  為に殺害せられ  為ともわからず  為に八戒を保ち  為に地獄へ堕ちて苦しんでいる  為に五十年の生涯は不足なり  為だという  為の加薬に過ぎなかった  為に方角を示すのみならず  為の誇張した  為に派生した  為に空間概念を要求する  為に手つとり早い随筆を書き飛ばす  為と思つて頂きたい  為にも僕の為にも兎に角欣懐と云ふ  為に普く世に行はれず  為のみにあらず  為に特にこの悪文を草する  為なりという  為に要する  為に動く  為に生くるにあらず  為に世に啓示せらる  為に横浜の山手を歩いて  為に悪い事だったらどうしましょう  為に入込んだ  為に百二十八号室の扉を叩いてから  為のものいみで  為のものいみ  為に不自由な体躯であんなところにいた  為に老人の居間を検めて見ようと思ったが  為に素人探偵の役を勤めて  為にのぼせていた  為に努力する  為に再び家を出た  為に金が入った  為に深い幽谷のやうな峠を越す  為に協力すべく  為に起つたと  為に未来を持つ  為に肥え  為に出家して  為につい吉宗に見られてしまった  為にわざと返事を明かにせず行くと  為にならん  為にクヾにした  為に必ずしも我が傀儡子の祖先が朝鮮から渡来した  為にミクリなる莎草にクグの名が出来たと見る  為にだと思う  為に私は失恋れた  為に咀はる  為に荊棘と薊を生ずべし  為に草をとる  為にうたれぬ  為に非常な速力で駆け出すので  為に酷く自堕落な者のやうに母達には思はれたが  為に貰つて来た  為の罪障消滅の営みにもあたり  為に称した  為にさよう訓んだものだろうとせられている  為に中国から攻め上る  為に何事かを計画するという  為とはいえ  為に使った  為に上陸した  為にのみ来ている  為に此処に留まっているという  為に堂々たる官邸を建てる  為に実務的な確実な支柱を得た  為に雨中を馳せ来りし  為に特に設けられた  為に酔狂にも驢馬なんか連れて  為に今後も尽くそうとしている  為に故郷を飛出して  為に何をしたか  為に自分の髪を刈ったらしく  為に歴史の講義をしている  為の読物であることをすっかり忘れていたらしい  為に道路を作って  為にサモアの地にそれを蒔かれた  為に働いて下さった  為にぞある  為になりませぬ  為に採らざる  為を思うて  為に親同志が喧嘩をして死んだ  為に打取られ  為にということは記してないが  為に誘はれ  為に重荷を負ひ  為に夜どおし角力を取り  為留られたな  為に気の毒な気がした  為の回向にもなれば  為の賀寿に傾く  為の訓喩めいた  為と考へても  為の余興なる組踊りを踊る  為には破局をも忍んだ  為に生活する  為にわしは何をする  為にわざと作られた  為に彼を憎んだので  為に利の門を崩して  為に殺すか  為によだつてゐる  為向けられる  為に利害を蒙らざるを得ず  為に通俗化するという  為に通俗化するといふ  為に目籠を用ゐると  為だとする  為のものと考へ出す  為なる事は疑ひが  為に出し置いて  為だけでもあらまし吾家の財産は借金に代つてゐたらしいのよ  為に此の時計台を建てたと云う  為にも其の後此の塔を頽そうかと目論む  為に恐らくこの針を動かし得る  為に本家とも云う  為に其の様な試験などを成  為にお詣り  為に室を出て  為其の細君の居る  為に義捐まで募った  為かとも思うが  為に光って居ます  為に待って居る  為に失敗するなら  為だか訳が分らぬ  為に松谷秀子を強いて  為に譜の本を開いて遣りなどする  為だか少しも分らぬ  為に何か汝の言葉が証拠が有るかと問うた  為に秀子を疑う  為に建てた  為か思い直した  為で有ろう  為にお浦さんが何時までも此の家へ出入りが叶わぬ  為で有ったに  為に連れ立って  為に茲へ来たとは思いません  為に秀子が此の墓へ参るかは兼ねて  為に働き  為再び幽霊らしい者は出な  為に迎えられたと問えば  為ばかりを考えますから  為に全身が痺れて  為かと思ったら  為だから鳥巣庵へ人を遣って見ねば成らぬと思い  為には一入熱心を増した  為に書籍室へ行き  為に堀の底と云う  為に出張して居る  為に骨身を砕かねば成らぬかも知れぬ  為に夜深けに  為に是が此の事件の眼目か余には分らぬ  為に此の顔の美しいのが恨めしいなどと云って殺した  為だろうと云い  為に斯くも無惨な目に逢わされたかと云う  為に斯様な事が出来たであろう  為に盡しますが  為と見る  為になりますか  為では有るまいかと  為に生きて居る  為だと思いました  為に汽車が転覆した  為に起ったと言う  為に手紙の宛名として認めて遣った  為にその顔を蹙めた時は此の婆に幾等か似て居る  為に此の様に見える  為好く眠り込んだ  為に昔夜中に馬車に乗せられ  為に此奴の素性や挙動までも一応は探って置き  為には馭者までも勤めて  為なればこそ斯様な事もするが  為に貴方を欺いた  為に茲に居るか  為に手燭を室の中へ置いて来たから  為に此の様な子を家に置く  為に庭へ出て居るだろうと  為疲れるのを待ち  為に此の様な秘密の仕掛を作って置いた  為にアノ白痴を此の仕掛けで殺しただろう  為に詰まらぬ  為に働いて居る  為だと云い  為だと云います  為に秀子のことを悪様に叔父へ密告した  為になり  為に人を拘引するなどは  為か大層宜く成った  為に警察の疑いを解くのみならず  為を計って居る  為に熱心に働くに  為なれば区々たる其の様な感情は云って居られぬ  為に何処かへ行った  為に此の家へ来た  為であったと見える  為に私へ頼み  為に却って私の手際が不断ほど現われな  為に秀子の楕円の顔と為った  為に人に見破られる  為に殊更に世に知られた  為に秀子がどれほど立腹したか  為に斯くまでも左の手を隠すだろう  為では有るまいか  為に人を劫かし  為に頭の毛を短く刈られ  為に遷延して居た  為には全世界と闘うも  為に来たでは  為申して置きます  為に余に先んじて  為に其の顔形を要し  為に其の復写を作らせた  為に顔形の複写を作らせただろうと  為に名誉を失おうと  為に全身を切り刻まれる  為で有っただろう  為に命の親とも云うべき  為に肝腎の話を妨げられたは  為に捕縛されるだろうとの  為に巴里へ行き  為に二日間の猶予を得て置いて  為に公の職務を怠る  為には忽ち兄弟の様に成って  為にと自分で戸を守って居る  為に人一人を苦しめるとは  為に探偵を此の様な目に逢わせたならば  為ですから我慢なさい  為では有りません  為に牢まで出たほどの  為に幽霊塔へ引き返したに  為で有る  為に全身が浮き上る  為には自分の生涯を費やす  為に注いで居た  為に其の女の生涯の幸福を奪い  為に私が云う  為とは云え  為に道具に使われまして  為と云われては  為にもせよ  為に来るだろうと思い  為にぬかつてゐた  為のカルシウム分もフンダンにある  為らしく思われました  為を思い  為に努力するでしょう  為に自己を貫き  為に行倒れになったとしても  為のみの実在と認めないならば  為にこの事が心に必要を感じさせた  為に何んなに苦心した  為にし  為に不利を亨けた例は歴史にも伝説にも余るほどあります  為に食物を得ないで  為に婦人の中で四五人卒倒者があり  為に誰も異議を述べませんでした  為に費される  為に百万疋の鰯を助ける  為に青虫を百疋も殺している  為に茲に来た  為に檀特山と名くる  為に予め害したる  為にとうとう八十一歳にして  為にガタガタふるえて  為に祭司次長から頼まれて  為に今度は高山樗牛が美術評論を発表するなど  為に毒薬を飲まされ  為に十分その手腕を伸ばすの  為たか見て居たでしょう  為に公益を図れ  為に呼戻しもならず  為にそれだけでも聴いて置きたいと考えて  為にお出向きなされたので  為にわざわざ三人で来られる  為出向いているので  為に一服盛ったなとは  為と見えたるは  為に力を尽し  為にそれで以て髢を拵えようという  為に島のような形になって  為に円味を帯びて抉れ込んでいる  為に縁のあり  為に名付けられた  為に道が造られた  為に二十分も遅れた  為に一行に遅れていた  為に掻き取られた  為に道を誤り  為に増水して  為に妨げられていた  為に蜆の化石でも出る  為に復も堰かれて  為に妨げられて  為にもなり  為にも利を見た  為にもなろう  為に相成るべき  為になり申す  為にもなり申さぬ  為にもなり申さぬと云った  為に薄田氏を古典主義者と呼ぶならば  為遣された  為てはならぬ  為に強まる  為に外したかは  為に倒れた  為に己れ  為に突き飛ばされ  為に落ちた  為なのだと云う  為に浩歎を発せざるを得ず  為に益々人物養成の必要を感ぜざるを得ず  為に殺さると  為に其室内の玲瓏を遮るべし  為に在る  為に生命を致す  為に歳幣を約し  為にしばしば出でて  為には我慢せねばならぬ  為に生きるのであらうかと考へて  為に命を終らなければならないと云う  為にますますぼくの機嫌をとっているかと思えるほど  為に来ている  為の勇気を与えたと言えない  為に飲む  為には今夜は行かぬ  為込まれてしまっているわ  為によい事をした  為に彫らせた  為に兄は昔風の母とも何度口論をしたかわかりません  為に悲願を立てられ  為でなければならぬ  為にならないぜ  為送る義務を負つて居た  為に作られた  為に死なう  為に気を吐き  為に或効果が生ずる  為に松の枝を一方に伸すと  為にその名が共通になっていた  為にエタ仲間になった  為に中にはエタ村から養子を貰ったなどの  為に住み込んだ  為に学者に嘱して  為に系図を作ってやった  為に仲間になったので  為には時に賤業をも辞する  為に身をエタ仲間に投じて  為とにある  為に非人はもとエタの下に置かれた  為であったという  為にこの事がなくなったとの  為には世間の軽蔑をも甘んぜねばならぬ  為に彼らは一層当路者と一般世間の嫌悪を招き  為に社寺に置かれた  為に絞め殺して  為に洋服を作りました  為に色々の理窟を考へ出して見ても  為に色々の批議を免れなかつた  為に詩を書く  為切っていた  為に一日の暇を潰す  為にその見る  為にうれしいことで無いにきまって居る  為に度々見せたり持たせたりした  為に彼は二枚のプロを大切に持って帰って来た  為に彼は数本の剣劇映画の場面とストーリーを十分におぼえて来た  為に究めたき  為に備へられたる  為に作られしかの  為に折角の辛労を水泡に帰するが如き  為になるだらうと思ふが  為着せを着てゐる  為に私は世間からどれほどの誤解を受けた  為にお聞きしたい  為に恐れる  為には時に巧妙な卑劣な方法を取る  為に涙ぐましいような努力を払われている  為にこの惨事を起した  為でないことは分り切っている  為に凍った  為と解していたと思います  為に後であなたから疑われる  為の篝火が燃え始めた  為に父親の首も売り兼ねないらしい  為ならばどんな事でもする  為に許しはしない  為に怖れてうなるだけだつた  為に特に感ずる  為なら世界の涯までもという女と一緒に暮らす  為に毛人と呼ばれ  為であると解せられる  為にケビトと呼ばれる  為に先住民の暴動を惹起して  為に短見なる史家をして  為に健康を祈ると共に  為に霊魂を失ふ  為に御働なさらうと  為に教会の方を除名されなすつた  為に貴嬢の御名をも汚がすが如き  為の宗教は未練なくお棄てなさい  為に歴史や地理の問題を出して貰った  為に幸を齎すであらう  為に余計ふざける  為にミシンの手をやめる  為に妾宅通いも出来なくなると  為に重吉を疑ったりはしないらしかった  為に裸になる  為に楽しい記憶を思い起そうとした  為に唯ぐっすり眠りたかった  為に催眠薬を与える  為に看破られた  為に絶命した  為にうとうと居睡りをしていなければ  為になるでし  為に尽そうとしても尽し得る  為に殉じて行く  為に何千本もの桑の株を掘り返して持っている  為にだけ生きているとしか思われない  為に生きて  為に死ぬ  為に熱海の温泉へ出掛けた  為に国を誤るの  為に運転手をし  為にどうも会の趣意が徹底しない  為に不燃焼の部分が多少残って居た  為には多少の生の燃料をつかっても  為に裾が引きずれ  為に引合わない  為に枝豆の食べられない  為に如何に家畜が凶暴化する  為には予期しない  為に幾分か魔避けの  為に村の富はずんずん東京へ持って行かれてしまうから  為にわざわざ停車場を敬遠して  為に殺し合って行くという  為に生きていて  為であると伝えられた  為に置いてあった  為に私の腹はくちくなった  為に必要な条件と時間とを与えなかった  為に愛する  為に申し上げて置く  為に折角の社を騒がす  為に泣くとも解らないが  為に働かるる  為の修飾部だけを遣つて  為に出来て来た  為残している  為に〇・七五のアダリンを常用しつつ  為にあらず  為に法華経の八講を行なう  為に却て英吉利文芸を軽視する  為に自然と英吉利文芸を等閑に附し  為にヴイクトリア王朝を始め  為に英吉利文芸を軽視するに  為に日本アルプスを軽視する  為に一命を取り留めたという  為ねばならぬ  為に当時もつとも必要と感じられた  為には端席を取ると  為に上から綱に吊つた  為かとも解せられる  為の進行の遅滞は止むを得ない  為にわが理想の小天地は益狭窄なるが如きを覚えて  為に御尽力下さるならば  為に皿を渡し  為に今に鹿を呼ぶに  為に熊祭を行い  為の意味があらう  為に喜び  為に悲しむ  為に御苦労なさつて戦死なさる  為にはならないし  為に大慶に存ぜられる  為に最近では新劇に於ける  為にあれを作ったと云った  為は為ても  為に毒薬を仰いだりした  為でもあらうか  為だとかう  為に打つ  為かと存じます  為なりしに  為た事を利を取ろう  為にはあらず  為たる事の様に憎み  為に沢の源である尾根の名を冠して  為て貰はねい  為て居るではないか  為た事があるといふが  為て遣らうではないかと  為た人はいくらもある  為て遣るだが  為たと思ふと  為て居て  為といって  為に家に帰らせ  為に過去の半生を逍遙黙思に費やせり  為に材料一切を挙げて  為につか  為でなければならぬのに  為につかは  為におまへもいかい  為に在り得べき  為に尽さなければならぬ  為にその筋書を自筆で記して置いた  為であると思う  為に物を買う  為に直接尽す  為だつたかも知らないが  為にどんなに自分の仕事を邪魔されるか計り  為に身を誤りたる  為に苦しみたる  為に喜びたる  為に狂するなり  為に狂奔す  為に活動す  為に熔け落つるなり  為に以外な興味が涌かずに  為に人の話などをその儘したのであらうが  為だつたに違ひない  為に床をのべて呉れて  為に出て来た  為に叩かれた  為だとも言はれた  為やはりますやらうえな  為といてやらんとな  為に父と母との間に暫くの間不和が生じた  為に別段病気に触る  為に次第に其方へ吸収されて  為に弁護して呉れた  為に四条の方へ出掛けて  為に若々しく元気づいた  為に幾ページかの線を劃さねばならぬほどになった  為に大衆文芸なる名称が与えられた  為に反つてグロテスクな興奮に猛り立つた  為込んである  為てお呉れ  為に水の減つた摺鉢形の四方の崖の土は石灰色をして  為ては行かんよ  為に目を開いて  為てあると  為に遅れて  為の仮身だと説く  為ないで居ますと  為だか一向知ろうともしません  為とは思はなかつた  為に心健かならざる  為に暮れから新春へかけて  為に航海し  為に泊つてゐる  為にとうとう委託物費消といふ汚穢なる罪名を付せらるる  為になんぞなる  為に竢つところあればなり  為かどうだか分らない  為と思ふ  為に略せられて  為に囚はれて  為に給事せんと欲す  為もしなかった  為に低級なエロとナンセンスで売りつけようとします  為に送別茶話会を寄宿舎で開く  為に書いて置けば  為に門前払ひを  為に三十六年の心血を瀝いだ  為に愴然の感を深うした  為にも多少の回向にはなる  為にするという  為既に死は決していたらしい  為に命を進ずる  為にいつの間にかざっと百ばかりの短篇小説を書いてしまった  為に時々滝田君を煩わした  為と言うよりも  為のそれだけの自由と希望とは嬉しいものに違ひなかつた  為にずいぶん苦しみ通して  為しとげた仕事の立派さは驚くばかりです  為に尽し  為にこう云いたい  為に残すなら  為にさしている  為にいいと信じているし  為に受くる  為に相当の資産家の娘を世話して呉れたからである  為に大島を買う  為に憂いに充ちてしまった  為に先づ破れた  為に注意すべき  為に事情の為に抂げることは出来ない  為に条件を承諾し  為に敗ける  為に其妄を弁ずる  為に法網を免かる  為たいやうな気になりながら  為なければなるまいと思ひつかれる  為に山肌に敷かれた  為の仕業であることがわかる  為に私に紹介した  為に雑誌を拵へては奈何かと云ふ  為には惜い  為には其方が結搆であつたのでせう  為たいと云ふ  為に金港堂へ心が動いた  為に無けなしの  為に熟語の職能が果たされる  為に熟語の形を経て来る  為に節操を穢しつつある  為に夥しくさいなまれて  為に夫も棄て  為に彼女の自殺を虚構した  為には何よりの貴い省察と静思の時間を与へて  為に若し今後の芸術上の作品に真に信実な感情の光と曾て見なかつた  為に我我の親しみを呼ぶのであらう  為に我我の浮薄を戒めるのであらう  為ともある  為に戦うなら  為の会合とおぼしめすな  為ないで一ヶ月以上も旅行が出来た  為にお書き下す  為に嘘をつく  為にセンチメンタルな理性に引戻るには  為に世間知らずの非常なはにかみやになって  為に採られたばかりであるが  為にケガをした  為に怒って  為の業といへど  為のかけはしに便りて  為の道具につかひて  為の準備期間だとも言へる  為の物忌みであるのとは大分違ふ  為にで  為にすでる  為に立ちよる  為に忠勤を抽づるに到つた  為に奏上した  為の生産や労働ばかりしてゐた  為の痴愚と云はるべき  為に貯金でもしてゐて  為には全財産を投げ出して  為に英語のほんとの勉強を疎かにして  為にノロノロと歩み走つた  為になりませんですよ  為の啓蒙をいろはから説き諭して  為に過ぎません  為に来る  為に取りに  為の木ひさごでした  為の役を意味する  為の訓諭が出るまでに  為の擬態といふべき  為の稽古から来てゐる  為に身をひかねばならぬ  為の方便も自ら立てたと  為ないということも道をもって為ないのでなければ非難に価する  為して吾誰をか欺かん  為には早く他へ行きたくもなった  為には家を変りたいと思ったが  為にはこれまで尽せるだけは尽しているの  為ている  為にその銭は渡す  為に立ち枯れた  為に遠く見えたり  為に登山を果されなかったにしても  為に開路の手引となった  為の捧げ  為に炭酸水を運んだばかりではない  為には赤い襟飾りに関する真理を天下に挙揚してくれた  為に悶ゆるなり  為に血涙を絞るなり  為に苦しむ  為に設けられたり  為の薬を貰って  為にコーカサス山の上に縛られて  為に車馬を雇わざるを得ない  為に泣かされたかと  為ならどんなことでも為  為に戸をたてて出かけた  為に此方は病気になつてし  為に一変していたかも知れないとは  為にも若干の訓練を要する  為に衰退し  為に熱狂した  為に懲罰と云う  為に戦うかも問わず  為にあらゆる苦痛を味わっている  為にも少からぬ不自由を忍んでいる  為に自殺をする  為に従順そのものに変る  為には大義の仮面を用いなければならぬ  為におのずから支配を受けている  為に知れ切った  為に苦しまなければならぬ  為に同情する  為に愛されない  為にどの位妻の選択に滑稽なる失敗を重ねて来たか  為に努力した  為に養育される  為にはアキレスの踵を知らなければならぬ  為には一時代の精神的雰囲気或は流行に包まれなければならぬ  為には一国民の生活を知らなければならぬ  為には百里の半ばを九十九里とする  為に天才を殺した  為に天才の前に香を焚いている  為に堕落する  為に大金を費しているではないか  為に刺し殺されてしまう  為に往々彼女の外の女人を彼女の身代りにする  為には何よりも時間を持たなければならぬ  為に某某を殺したと言っているではないか  為にはまず自己弁護に長じなければならぬ  為に蝸牛を麻痺させてしまうだけである  為に鉄の如き訓練を与えるに足る  為に幼い子供を愛する  為と信じていたものの  為か一向わからなかった  為に自殺しようと  為に夫の目を偸んでいる  為に子供を顧みない  為に貴郎にもしもお怪我でもあっては  為に祝宴を築地のタケシキに張つて僕の行色を壮にして呉れた  為にもと爰に其次第を記しておく  為に一変してゐたかも知れないとは  為に懲罰と云ふ  為に戦ふかも  為にあらゆる苦痛を味はつてゐる  為にも少からぬ不自由を忍んでゐる  為には大義の仮面を用ひなければならぬ  為にをのづか  為に知れ切  為に養育されるのに  為に天才の前に香を焚いてゐる  為ではないであらうか  為にほんたうの  為に大金を費してゐるではないか  為に刺し殺されてしまふ  為に某々を殺したと  為にはまづ自己弁護に長じなければならぬ  為に蝸牛を麻痺させてしまふだけである  為に鉄の如き訓練を与へるに足る  為と信じてゐた  為か一向わからなかつた  為に家産が累はされる  為たって五円や三円位なら私の力にても出来して上げるけれど  為たと思うと  為ていました  為に外面に出ながら  為てくれた  為に気がふれたに  為に相す  為にはならない  為に労役する  為にはすべて必要なるものは自からに備へられてあるなり  為に会に入り  為て居らん  為に使うばかり  為にブルブル顫えた  為だと云っても  為に苦しめられている  為ではないかと疑わるる  為に自然を改め  為とも考へたが  為に無くなつたが  為に無用の論理に低徊する  為に却つて趣きが犠牲になつてゐる  為ばかりに使はれた  為に効果を顕した  為に作らるべき  為の源氏物語研究などが効果を表した  為の無意義の頻繁を続けた  為に一糸乱れず  為に善き物を生産し  為に全生命を打ち込まう  為に寄与しているからこそ  為に欠くべから  為に乳を出す  為だといい  為にいって聞かせている  為かも知れないと  為に選ばれる  為に君にこんな事を書き残そうとしたかを語る  為にどれだけ苦労したか知れないから  為なんだすから  為に屍体が大学へ持って行かれたので  為の用心と見られるが  為に弁護する  為に忙殺されてのみ  為と云うより  為に考え  為に費され  為に外出する  為であつたか思ひ出せないが  為にやつたものとのみ考へられる  為に害せられしと  為にとでもいふ  為に左せらるる  為に地獄に落とされし  為の一枚を写す  為に彼の官邸を訪問した  為に攪乱される  為の商品でありいはゆる  為に遠い以前から相当の財産を作って  為だという噂もあったが  為に素人衆にても時の間にあひ  為に没却せられてしまふ  為に実を顧みないに  為にあの交番を破壊しようではありませんか  為にならんですから  為であると思いますと  為に出立が一日遅れた  為に益々桁放れの  為だと云う  為に幸福になると云われる  為に南路を書き  為でもあるといはなければならぬ  為に買つたのであらう  為に恋歌の生じたるを見よ  為に文壇の犬どもに吼へられざる  為に多少にもせよ  為に存し  為に存する  為に隠蔽せらるる  為に妨げられ  為にお伽噺を書けと  為にさいなまる  為のものともなる  為に倒れ  為に希つたこともある  為に商人としても僕としても  為にはペチシオ・プリンシピイの誤謬を犯してゐる  為か半ば昏睡状態にあって  為に併す所となる  為に滅ぼされたる  為に用いられた  為の仕  為だ云々というところの三字がある  為の事務をとっている  為に諺が減退してし  為に拵へた平家やい  為に非常に沢山の隠語を包含してゐる  為にばかりではない様な気もした  為に隠された  為の参詣と言ふ  為に荒されて  為の食物に分け与へられた  為の魂結びの紐の緒の事を言うたので  為の凶事を意味する  為に免し  為に仏前に進んだ  為にもみつぶされて仕舞う  為に費したとさえ伝えられている  為に除者にされた  為に神助あらん  為に軍馬の音を今川勢に知られる  為にさえぎられて斬られた  為に一敗地にまみれたとは云え  為に沢山のノボリを松竹座の入口へ連ねて呉れ  為の奴隷村と言つた形を採つて  為に開く  為に時を設ける  為のみに有する  為立てあげて来た  為に写実をなすの弊を免れ  為に其方に不注意だつたと云ふ  為に胎児を殺す  為に児を捨てた  為に洋装をする  為に目新しい扮装をさがして  為であるとも伝えられているが  為に西の入の牧場なぞが設けてある  為に湯を沸かしたり  為に崩された  為の木曾路なぞに見られる  為に穂の擦れ落ちる  為に飯山まで行くという  為に一二年在学する  為には全く気質を異にする  為に戸の閉らなくなった  為ずにはいられない  為に小父さんの手に渡された  為にしてあげなければなりません  為に右のような結果となった  為の融通資金より返済した  為のみならず  為に一生を捧げる  為に費して  為か知らないけれども  為に死ななきゃならない  為た様に取巻いて  為だと思って  為に痛んでいる  為の胸につける  為をしながら  為をした  為に一応詮議致して見ましょうと云うので  為に病院へ立寄って調べて見ますと  為に抹殺される  為に難破した  為にならないよ  為か彼は今迄の苦い戦の味もはや忘れて  為にのみ斯くして過ごします  為に幾ら起こしても消えて  為になりません  為に後の人が多少憚つて手をつけかねてゐるといふ  為に世の相を飾り  為にストライキを起したら  為も何もあった  為にお信さんを卑しむとか蔑むといふ  為になつてゐるといふ思ひが  為に人手に渡る  為に多年養育の恩義ある  為に彼が内心どんな迷惑を感じてゐるか  為に清親や母が何れ程自尊心を傷けられたか  為ともなく吻ツとした  為に異常の発育をなしたる  為につとめても  為にとて拾い上げしなれ  為にコロップの栓の裏に斯る切創を附けたるにや  為とのみ思い  為なりしかと疑い初めたる者と知らる  為としか思われません  為には充分の度胸を出し  為には身を捨るも可なり職業を捨るも惜からずとまでに思いたり  為に此上も無き好き証拠なれど心なき身が僅か氷ぐらいの為めに両隣の内儀を招くべしとも思われず  為なるか余は爾と思い得ず  為に私しへ  為に学校に上れなかったが  為に惜まざるを得ず  為にあらずして  為の詞曲を委託せられて  為に立てた  為に考へてくれ  為に当然支払わねばならぬというだけの  為か赤く皮膚を焦して居ました  為に忍ばなければならない  為に寄与する  為には何んなに困難な施設をも怠ってはならぬと云う  為に思い立てず  為こういう策を用いた  為に作れる  為にはほとんど一人で尽している  為に祈を上げ  為にひどく時間をかけたし  為にこそ動く  為にしているだけだ  為とも考えていない  為ともべつに考えていない  為にでない  為に選択に均衡を期し  為に親しみを持てない  為に版にもならず  為におめでたごとを述べる  為に歳棚を作る  為に震動する  為にどんな類ひの  為には悪魔を俟たねばならぬ  為には魔術の力に依らねばならぬ  為に翼のある  為に夜番を雇ふなど  為に大振子と化して止め  為には或は余りに静止的であるかも知れぬが  為に悲しむべき  為に果して好い結果が得られるか  為にピアノを叩いたり  為に最も救ひなき  為の小説を書くので  為に前後三級に渡つての幾人かの人達と文学を語り  為か気持で云へさうに思はれるだけで  為には出来るだけ  為に何か助けられよう  為たように思っただけで  為たいと思うならば  為に刃傷沙汰を引起してゐる  為に如何かと案じて  為に出来ました  為に上京した  為には文芸的素質がなければなりません  為に多少の言葉を費すとすると  為に不幸であるばかりではありません  為には一字を知らなければならぬと  為に夏目先生を例に引いて見ませう  為にこの問題を論ずる  為にも畢竟我々自身の上に立ち戻つて来なければなりません  為にも甚だ便利だと思ひ  為に祟られたらしい  為にチヤプリンが殺された  為に重傷を蒙つた  為に死を決した  為にこれを取らない  為に舞台を昔に求めた  為に気の毒であらう  為に仏蘭西人はルナアルをどう評価してゐるかを知らずにゐる  為に常に文芸に親しんでゐる  為には谷崎氏の議論のもう少し詳しいのを必要としてゐる  為に何でもぶちこんでしまはれるからである  為にそれ等の議論を読まずにゐる  為に特にちよつとつけ加へる  為にも種々雑多のテクニイクを用ひてゐる  為に起らずにゐる  為にどの位苦心をした  為に打撃を受けない  為に文学者たちの研究に材料を与へ  為に名前さへ伝はらなかつた  為には文楽を見る  為にどの位先例を示したであらう  為と言はなければならぬ  為にみづか  為に多少彼等の魂を知つてゐる  為にとりあへず  為にばかり勿論生まれて来る  為に促される  為に何か文芸と云ふよりも  為に闘ふ  為に地上を見ずにはゐられないながら  為に天上を見ずにもゐられなかつた  為に暫く想念のピンポンを弄ぶとすれば  為に作つてゐる  為に僕の感じる  為には余りに不完全である為であらう  為に批評のペンを執るであらう  為に漫然とつけたばかりである  為に進歩してゐる  為にとうとう発狂してし  為に彼等の喜びや悲しみを一生懸命にうたひ上げた  為にヒステリイを弁護したいと  為に頭を下げる  為にばかり書いてゐない  為に兎に角韻文か散文かの詩を作つてし  為に或は広まるであらう  為には身軽であることを条件としてゐる  為に鶴見祐輔氏の啓発を受け  為に広げて見せるからであらう  為になります  為にその身に穢れありとせられた  為にだとは思いながら  為にブルジョア国は結束して  為に私には聞き取れず  為には時計を見る  為に地理的正確さを以て誌し続け  為に二人の縺れ  為にもう一度訊くが  為に其の二つの記事をスクラップして置きましたが  為か突然眼を覚し  為に日光が直射する  為に彼那妙な事をする  為に林町まで歩いて来て居  為に或る幾つかの魂が苦しみ  為に道を急いで行くと  為に却って彼女も全力をつくし生きた  為だけにでも愛すであろう  為入れの三文判の出し箱に並んでゐる  為なれば医事にかかれる  為に西海に謫せらる  為に設立せられた  為になるならば  為に使用されると  為痛みとれ  為に社会から畏敬せられ  為に先んじて  為に役行者が鬼面を作って  為に自らその系統に誇って  為に他から通婚を忌まれ  為に今日そう彼此の間の社会的地位に差別があるでもなければ  為に遂に仲間にされたという  為損じてはならない  為に笑った  為にちいさくみえる  為にクルウの調子が狂って  為かと手前勝手に解釈していた  為ならばほかのどんなことでもやりますよ  為にもなるであらう  為に甘い色彩を持つた  為に真顔をしました  為にではありません  為にせつせと  為に買はふとする  為に好かろうと思ったが  為だから我慢して読めと  為に是程言辞を費やす  為をようく考えてあげて下さい  為になるべき  為に衣を縫ひ  為にもと思って  為に此の世の波と戦い抜いた  為でもあります  為に記し  為か随分出ますね  為に御奔走遊ばしたら  為に困惑の情を示したか  為に高田の松平家を呪って  為に罪最も重く磔刑に処せられた  為に悪しゅうは有るまいと  為に苦しみつつありと  為に予が父の激怒を招きたるの  為に釈義したる  為に凌辱せられ  為に忍びず  為に忍び  為に満村恭平を殺せしか  為に自ら調剤しぬ  為に聊自ら潔せんと欲するが  為にとうとう悶絶して死んでしまつた  為に或出入りの呉服屋へ帯を一本頼んで  為に三箇月の懲役に服する  為に話さずとも  為に二三日北京に滞在する  為にも違ひなかつた  為に旅館を出てし  為に紀念すべき  為よかれとお守りくだされる  為こそ思え  為に声は出なくなる  為来りとして決っていた  為には純粋に自分のやりたい  為にはそんなものを可成拵えなければならぬ  為来りを非常に尊び  為に後藤さんは自分で馬を駆けさせて  為にはなったろうと思う  為によかったろうと思う  為だと言った  為に苦心してやっていたが  為に気を配って  為に小作り位までして来れば  為に潰れた  為来りに外れる  為には刃物も研がなければならぬし  為にそんな詰らない  為に行った  為に今迄いろいろ蓄積し  為に丸鑿は使わず  為に苦痛に堪へたと  為の尊い捨石であるやうな考へ  為に酒を飲む  為だといふ  為に一夜をねむらずにすごしてしまった  為に身体を害する  為でもなく名誉を得る  為に未曾有混雑で函館桟橋あたりでは大へんだといふ  為に行なやんでゐる  為に奥さんも夜ねむらないので  為にも何れだけ影響を及ぼすかわからないけれども  為に赤ちゃんと一しょにお供致しました  為なので細工物を買ふよりも  為に少々延びた  為祈るほど幸福な気持はありません  為か左右の胸から背骨のあたりから背中一ぱい錐で揉まれる  為の作業が脳を刺激して  為に水上先生が見えて  為に買った  為に一生懸命な気持か申すまでもありません  為には色々気紛れなことで外から私の安静が乱される  為らしくなってきました  為に先生が下さいました  為に注射をしたりした  為にどてらがなくて詩があるなどという  為に来てくれたけれども  為に無理もあるけれど  為のヨード剤位にして  為や体の再建の為に役立った  為にそれを注射されていて  為に全身の筋肉を緊張させて  為の金を出してやるでしょう  為こういう有様ですから小さい体のなかに正常に伸びる  為にポンポコどてらを縫い上げてくるかという  為にかありけむ  為ならば生命も棄て兼ねまじき  為を思うから言ってやる  為に特設された  為に只指先と足の裏に小さな傷を受けた  為に相手がしどろもどろになる  為難しとする  為に且つ泣き  為よりも衰弱の為に死んだ  為に生まれるが  為に東京病院にはいっていた  為といふべきで  為に道場の扉を開いても  為におこなはれてゐる  為にタオルでも頭におかけになったらと云う  為に島からしまへと動いている  為に自分の健康までそこね  為に現実のいりくんだ  為に鐘は鳴る  為もあるだろうけれども  為に美醜の標準に狂ひが出  為の衝突とも見  為に領土の一部分を蹂躪されるばかりか  為に利用された  為にもなるといふ  為に被った  為ではないとの言い開きも立つ  為に野人の身の上を案じて  為にお迷いになり  為に始めて  為に迷わさるべき  為に自ら願って  為に彼は決して高徳の僧とはならぬ  為には彼は決して善良の人とはならぬ  為に彼ら姉弟が神教を矯めて  為に涜されたであろうというが如き  為に起たしむべき  為であったかもしれぬ  為に設けられた  為に清麻呂が不忠の臣となるなどと考える  為もありとみて  為に生きていた  為に逆上して  為に終に不幸なる運命に陥りし  為は独歎を発するに足れり  為に動もすれば  為に棺を破られ  為たりされたりする  為に精力をとられ  為にされようとする  為には大事の得意なれば  為だ尽力すべしか  為に言訳の為の言訳めいた  為か赤裸な大胆な気持が起きて  為に悪魔に斃されて  為のみに快楽のみを求めて  為に功徳を施した  為に自殺するかを知らないであろう  為に席を茲へ取った  為に遺産の遺言状まで書いて居る  為の食饌を司る  為の詞を唱へる  為に身を捧げる  為ばかりに保存せられて居る  為に同格に扱うたと考へる  為にそこを通る  為の禊ぎの由来を説明して  為には游離魂を身中にとり込めて  為に副演する  為に敗亡して  為に威霊の寓りを授ける  為に寄せた  為の手段が尽されてゐたので  為の長い引を作つた  為に発足点になる  為の改作を加へる  為に語部の物語る  為に水を給する  為のことほぎを  為に修行するだけで  為に若干か化醇せられたる  為に台帳を制する  為に歌はし  為に齎らし来りたる  為に泣ざるを得ざる  為に天衣を惜みたりしも  為に吟哦せし  為に嚮導せし  為に戻つて  為に挨拶の代りに天気の話を取り  為に少しも純情を失つてゐない  為に発刊せらるるか  為に外ならずと存じ候う  為にほかならず候う  為にこれが研究に従事する  為に余輩の研究上裨益する  為に彼らの受くる  為に神経衰弱に陥る  為に自殺したとか  為に彼らはますます疎外排斥せられる  為に裏切られて  為に中関白道隆を殺そうとした  為に献身的に尽力せられる  為に多く減退する  為に出かけた  為に身を投じた  為にこの水溜りへ落ちこんだというの  為に右の六条河原に移った  為の競争が起る  為であろうと思われる  為に比較的早婚でもあったであろうし  為に被る  為に解放せられて  為に人の厭がる  為に扶持離れがして来る  為に穢多になった  為には生命を鴻毛の軽きに比するという  為に多少の無理な事もせねばならぬ  為と存じます  為に薫陶せられゐたるが  為に生命の慾を減殺する  為にならば多少は生命を減消するも  為に日月を縮められ  為に後に一年と一日でも命を長くすれば  為に空けて置く  為に下女といふものが置いてある  為には義父なればや  為に袂から煙草を取出して  為に出来る  為であるにちがいありません  為に麻酔から覚めた  為に翼を作った  為に有効かという事を承知しているなら  為には謂ゆる  為に残して置かなければならない  為に宴を設けると  為に生命の呪言を唱へる  為に拝謁して  為うと合点せい  為に立ち上ったので  為に常に不正と戦うべき  為に殺人者になったという  為に身を誤った  為にこんなに苦しんでいる  為にあんな話をして見た  為に聊か不用意だったとすぐ感じた  為にも考へて居て呉れられる  為に焼け爛れた  為に刺戟され  為にのみ生きてゐる  為の回向にもなつてくれるであらう  為に高く吊り  為の実感を催す  為のものであると思ふ  為に訣らなくなり  為に家を建て  為に逃げ廻つた  為の物と言ふ  為に渡つて来る  為に之を伝へたかは  為にけなばをつけたと  為に赤駒といふ表現をして居り  為にお出でになつたとなるが  為ないで帰って  為に競ひ  為に軍隊は造られた  為に用ゐられる  為に商業は行はるべきである  為に行はれる  為に設けられたる  為に競ひ苦しむ  為の食物を過度にして  為に枯れ果てるであろうと思はれた  為に倒潰した  為に行はるべき  為に振り落される  為に焼くな  為に忘れようと  為に出られずに  為ではないかと思はれる  為に乾盃を上ぐる役を勧めたる  為に散歩をして遣るという  為に倒れて死んでしまつたとさ  為慣れた組織立った  為であるということも知っていた  為にもならないと案じた  為でもあろうと考えた  為の調和の上からも考へられたので  為に酷い扱ひを蒙り  為に生れたるを  為に戦ふにあらずして  為にするなり  為と言はむ  為に成立すと  為にせざるなり  為でもあらう  為の裁縫をし  為に急いで  為に屋根を葺いた  為と披露した  為かと話してゐた  為の武器が作られ  為に生きる  為御不為に係り  為暫く洛陽に御滞留遊ばさるべき  為にとらないっていう  為に幾日も苦しい思いを経験した  為でもあるが  為にまた再び神道を宗教化するといふ  為に一言を添へました  為に父は得度して  為に堕ちて  為に万丈の光焔を放つ  為に五十年の計を為すは  為と言ふも  為に見つけてあげる  為とあって  為に私たちは此の世の中に生れて来た  為だのハムレット王家の為だのと緊張してみた  為でもありました  為にたたかって下さる  為にだけでも生きていておくれ  為合わせな奥様としての私だけがこの世に実在しているので  為合せそうにも見えなかったな  為なくとも好い旅に出て来るなんて  為にはただ単に後悔するのみでなく  為に諸藩の注意人物を抑へる  為に惜しむべきであった  為に一番槍とされた  為にはじける  為にいいと云う  為にバットを二箱買う  為かもしれない  為に彼が勤めてゐる  為にしかるかを  為に列車が来るから  為にこんな事をする  為に雨掩いができた  為に仕事をやり  為で病気になつてゐる  為に登山した  為にこの穴を実見し  為に埋まった  為に埋もれて  為に夜行で三田尻まで行った  為に母から貰つた金を蕩尽して  為に来てゐる  為に細君が姑に苦しい思ひをしたり  為に家庭が収まらず  為にオリーブ色になった  為にものともせぬ  為に都の文化をいかに田舎に輸入したかという  為には買収される  為に宮中にいる  為に都を去って  為に遊芸を業として父皇子を養い奉った  為に貞任大いに憤慨し  為には西のうつくしい島を離れる  為にのこされてあった  為にその箱をあけて  

~ 為[名詞]1
なじみの為か  シーザアの為に  それが為に  何の為に  思想の為に  実の為に  生産の為の  それが為には  条件を充たす為に  正義の為に  金銭の為に  念の為に  有罪と言渡す為には  正義の為  纏く為  反乱に当てる為で  林が伐りつくされた為に  あいつの為に  こいつの為に  悪者の為に  お前の為に  詫の為に  旦那の為を  亭主の為に  私の為には  私の為に  賛成する為には  宇野氏の為に  父にあらわれん為  自分の為の  妻子の為  理を聞かせる為に  試験の為にと  試験の為に  私の為をも  其時私の為には  如何か為  人の為  皆私の為に  其が為には  此姿見の為  小説を書く為に  結合した為で  みんなの為に  地中海寒気の為に  大和めぐりを為  護摩を焚いてもらふ為に  自分の為に  人々の為に  試る為に  其が為  物に為  亡友の為に  日本美術品蒐集の為に  充さんが為のみには  道路改修の為と  これが為に  意コツペエが為に  義務の為に  僕の為に  樹立する為に  何ぴとも模倣する為には  つてゐた為  成立してゐた為  模倣してゐた為と  菊池寛の為に  駆使する為には  貞淑の為ばかり  尠い為でも  投降した為に  嘗つて倭寇の為に  行長等明の為に  樹てる為では  自覚した為  利用する為には  むしやらに食べたい為に  生産振興の為の  ものの為の  みんなソヴェト国家の為に  託児所をもつ為  子供の為の  大人の為の  職業を捜す為でも  会の為に  市区改正の為に  社会の為に  本誌の為に  病気の為に  苦しみの為に  何の為で  進歩してゐる為と  われらが為に  私一人の為に  薔薇の為に  説明する為には  不快を感じていた為  支那語に通じていない為  汝の為に  直立し続けた為に  風を入れる為  頭から離れなかった為  私の為の  史実の為  苦悩の為に  境地から逃れよう為も  何事かを極める為に  人の為に  悟りの為に  魂の為にも  予算会議の為に  これを知る為には  通り鉱毒問題の為に  御方がある為に  国家の為に  少数の為に  銭を作つた為と  念の為  何の為にか  神嘗祭りの為に  其唱誦の為に  上だけで信じた為も  加茂を制する為の  鎮魂の為の  総体の為の  みんなお前の為を  お前の為を  役目の為に  一件の為に  子を取り返したい為に  煙草屋彦兵衛の為に  世の為  男の為には  世の為に  天一坊の為にも  喰はんが為の  悪業が高じた為  師直の為に  仕事を持ち廻る為かも  仕事の為に  構図の為に  夜討ちの為に  ことを示す為  出家修業の為に  修業しようとの為  学問せんが為の  道を求むるが為に  一事を祈る為  諸宗に達していたという為  後進の為に  ことを示さんが為  勝他の為では  自らの為の  自分の為には  名利の為と  行者の為に  師の為に  一切を救わんが為に  #方便の為に  敵の為に  大番勤仕の為に  東大寺供養の為に  今一度上人にお目にかかる為  ことを聴かんが為  法然の為に  罪人の為に  人の為では  父の為に  報恩の為にとて  んが為  凡夫の為に  結縁の為に  労働者に信ぜしめる為の  雑色男の為に  ものであったが為に  女子の為に  世の中の為に  記念の為に  指環の為に  用ゐる為に  日本国の為に  官軍の為の  肉を狩り獲る為  要求した為の  近年防火水道布設の為に  生活させる為に  生活の為に  耳にはいった為  女給に通う為に  調べの為に  #自分の為  健康の為には  強風の為に  親切から逃げたい為  我々蛙の泳ぐ為に  食ふ為に  艸木を生やす為に  影を与へる為に  我々蛙の為に  太陽を懸ける為に  背中を乾かす為に  皆我々蛙の為に  我々の為に  みんな我々蛙の為に  幸福の為に  悉蛙の為に  学資をこしらえる為に  俺をからかう為に  金を持つと為に  いましめの為に  何ものかを探す為に  餬する為には  意を得る為に  婦人の為  店から為  店から受ける為  戦争の為に  変動の為に  つた事の為に  云つたり為たり  権威に拘ると見た為で  巫女であるが為といふ  妻なるが為と  問ふ為  成長後までも使うた為  関聯して居る為で  脚本飢饉の為に  新派の為に  彼の為に  大震災の為に  沢正の為に  握手をする為に  営業難の為に  急の為に  大乗菩薩道の為に  景気の為にも  明かにする為に  都新聞の為に  我利の為に  今日の為に  明日の為に  味方の為に  冥福の為に  何の為  クリスト教の為に  困難を避ける為では  聖霊の為に  手数を省く為に  クリストを恐れる為に  血の為に  問答をする為には  量見の呑みこめない為に  会つた為に  はつた為に  #詩的正義の為に  神を殺す為に  事実の為で  感傷主義の為  下つた為ばかり  偽善的感傷主義の為  一匹に生まれた為に  十字架に懸けられる為に  実をつけてゐない為  わたしを葬る為に  悲鳴の為に  想像力の為に  子供だつた為では  子供だつた為  地上へ登る為に  人々の為の  感情の為に  遠慮の為に  食辛棒であるが為に  散歩位ひの為に  なほ念の為に  抒情詩的素質の足りない為では  闘ふ為に  古本の為では  情味との為  身分を隠そうが為の  返事を促す為に  これが為  アイヌの為に  貧乏な為  智な為かは  類似を見付けた為  孤独者の為に  火事かの為に  腐れ縁の為に  お前たちの為に  事柄の為に  国の為とだけ  奴の為に  何んの為に  酒の為に  勢づける為に  ポオル叔父さんの為  人間の為に  傷の為では  話をする為  現存する為に  酒の為か  力法を眠らす為に  現在何の為に  人を殺したい為に  催眠術の為に  強奪の為の  殺人の為の  全身痙攣の為に  怨みの為に  殺人の為に  彼の為にも  君の為に  あなたの為でも  悪漢の為に  翻弄する為に  瑕疵を見出すが為  各自其利益を思うが為に  なんの為に  秀頼の為の  鬱屈を晴らす為に  子であるが為に  心掛けが見たい為の  なつた為と  蔽ふ為に  蔽ふ為ばかり  飢渇の為  供養の為に  基督の為に  足音でも聞えた為で  さました為で  季題とする為に  パラオ民俗を知る為の  衝撃の為か  子供の為には  子供の為に  子供たちもふり棄てる為の  猿の為には  穴を開ける為  憐憫の為に  悪病の為に  縛り首にする為  理解してもらう為の  準備の為に  道化者の為に  論文を書くに適しなかつた為も  訓育の為  みんなお前の為  易からしむる為  神慮をいさめ申す為  神を誘く為に  蘇生する為に  仲間入りする為の  此踊りの為に  此悪霊退散の為の  予防する為の  事を忘れさせる為の  疫病退散の為の  闇い為ばかり  著名になった為  敏捷であったが為  墜落の為に  会話の為には  道を知らざる為  出水の為に  端にあるが為  龍飛村が無くなった為  待遇を与えていた為  討伐せん為  有しないが為  雄略天皇の為に  天皇の為に  主の為に  石山本願寺の為に  名所だった為に  光に恐れた為に  ガタ馬車のあった為  震災の為に  ものの為に  客になる為に  浪の為に  十二階の聳えてゐる為に  名所だつた為に  土の痩せてゐる為に  残つてゐた為に  回向院を見る為に  兄さんの為にも  警固の為の  百獣も為に  者の為に  説明を求めん為  説明を与ふる為なりとも  昨日争闘中日本水兵の為に  任務の為に  飢渇の為に  我等が為に  向うの為に  ことを為  宇と為  押へる為  曹操の為に  奉仕する為の  観察の為に  なつた為  縁関係ばかりを説く為の  思つた為  方言としてとり入れた為の  比較の為の  童名を為  #子の為に  きくさんの為にも  #自分の為に  富を得る為に  あなたたちの為に  #人の為に  病者の為に  施済のかくれん為  学術の為に  気をはらす為に  勇さんの為に  私たちの為に  中に祈る為に  子の為に  何をした為に  あなたの為に  人たちの為に  血を流さん為に  不和な為に  不和の為に  赤ちゃんの為に  紹介して下さる為に  写真を撮る為に  毒とかの為に  佛蘭西の為に  収穫の為に  欠乏から為  お家の為と  真個に生きる為に  私の為と  家を建てる為の  ジャスティファイする為にばかり  家の為  ひとの為に  自己の為に  波瀾を見せない為に  完成させる為に  業突張りの為  まま押さえる為に  手に入れたい為に  国の為でも  先生の為でも  民衆の為の  実現の為  具現の為に  天下の為に  其通りにして居った為  厭がらせる為に  貧弱な為も  他人に見せる為に  彼等の為に  意地悪るの為に  国際親善の為に  何かの為に  狭心症の為と  金の為に  卓一に会う為  皆の為じゃ  呉国の為  貴国の為に  遊学の為に  食いものの為に  読者の為には  読者層の為には  スケツチ風裸絵の為に  渋を抜く為に  刀を差す為に  物思ひにふけつた為  味はふ為には  涙は為に  誰が為に  至仏山の為に  白根の為に  唯岩蔭である為に  産卵する為に  秀吉の為に  今夜一晩保養の為に  大戦の為に  自分を退かせる為と  つたが為に  短歌的情調の為に  歌よみが出過ぎた為に  お玉の為に  仕事の為とは  隠し立てをすると為に  吾心臓を刺す為に  恐怖を消す為には  移り気の為に  恋愛の為に  親の為に  彼女を苦しめる為に  生霊から逃れたい為  国事の為  事を為  資本主義的打開の為には  重責を果す為  あっしと為の  寅と為と  駿河の為の  能に這入る為には  素養がある為に  最初人形浄瑠璃の為の  歌舞伎劇の為に  此歌舞伎劇の為に  つて民衆を楽しましめる為に  運動の為には  舞台に写し出した為に  芝居を作り出す為には  たましいの為に  親友の為でも  途中で煩った為に  朕の為に  况を知るが為  大樹の為に  往来するが為に  煙の為に  滋養の為  伝道は為  話は為て  追善の為に  日本画の為に  一巻余が為には  建設の為の  破壊の為に  平和の為という  習慣を作るが為  此飛行機の為に  御国の為に  子供との為に  収縮の為に  児の為に  唯其児の為にと  娘に為  身請え為  後の為を  妹分に為  首実検の為に  死様を為  是が為に  世話を為に  科挙の為の  筆耕の為に  母親の為に  事は為  事を為ては  身の為に  人の為ばかり  果し合いを為  事を為や  ものにしようが為で  職業の為に  厳重にせんが為  運動の為に  夫の為に  支度の為に  珍らしくなかったが為と  遺骨の為に  初太刀を為  わたしの為に  カツレツの為に  名をなす為の  道路の為  愛の為と  一ツ足りなかった為か  身の為  それを紛らす為に  民主的に生かす為ばかり  ファシズムから守る為にも  文化の為にでも  資本主義からひきはなす為の  同衾を為  何う為  寒気を凌ぐ為に  お前さんの為を  真似は為は  此方が為に  お前の為には  法事でも為て  恩返しの為  悪人の為に  姉の為に  市の為に  手前の為には  照の為には  ところであった為に  病人の為  主がいた為  神衣を差し上げたい為  ことを戒める為に  あたしの為に  童子の為に  律動的になる為に  一人称表現をとる為に  事を防ぐ為から  やまとたけるの為に  太子の為に  子孫の為に  身功名の為に  情の為に  理想主義者たる為  ことの為による  つて来た為  呪法の為に  斎鎮ふ為の  分量が勝つて来た為  威力を防ぐ為の  農村の為に  之を鎮める為に  夜露に打たれた為に  いたずらの為に  すべて神の為の  皇后の為の  皇子の為の  子代の為に  限つて残つた為の  独立を為  神の為の  欲した為の  なり物の為に  区別する為に  行はれる為に  小楯の為に  神人を作る為の  神である為  増進させる為に  特権の為に  撲滅する為に  凡人の為に  芸術の為の  家にばかりゐる為  危険を避ける為に  河童の為に  クラバツクを嘲る為に  嫉妬したりしない為も  平和を得る為には  信頼した為に  玩具にする為  言はれた為に  感動を受けてゐた為に  やつと気がついた為  哲学の為に  含有する為なりと  名声を知らんが為  失敗した為に  本文に続く為に  音を起す為の  旃陀羅に比したが為  事実であった為では  ものと信じて居た為  捉まつた為と  貰ふ為に  此神の為には  風が起つた為とも  伴をすると考へた為  水を頂くが為に  ことのある為  水を盛る為の  友の為に  わたくしの為に  腐敗させ無い為の  二人の為よりも  行はれた為に  斎衣を作る為の  迎へる為の  実用の為に  予自身の為に  臣連の為に  穢れに触れる為  これあるが為に  神慮を慰める為  市民の為に  門番をするが為に  綿を打ち和らげる為に  鷹狩を催される為に  濃厚になった為  小姓に使ったが為に  かたぎぬ着せたが為に  首領であったが為  部下であった為でも  証拠書類を持っておった為でも  穢に触れる為  四ツ足を喰う為  極楽往生の為には  悪人往生の為に  極楽往生を願う為の  徒が活きんが為に  法師となった為  もととなったが為に  賤しい為の  それがあるという為  盛んに行われた為に  荒夷の為に  公認の遅れた為  綜合を試みられた為  基礎を与へようとする為に  宴曲其他の為に  人に見られん為に  勝利の為に  手薄にならぬ為の  壮士を励ます為の  養成する為に  住宅の為に  なんぼ息子の為に  修行の為とは  女の為に  云ふ為に  一たび子の為に  女の為には  牧師になる為  解放の為に  発達の為に  優越を得たい為  虐待するという為に  所有するが為に  愛の為に  尊厳の為に  何の為の  自ら女性の為に  男子の為にも  独立の為に  価値を高める為  経済的保障の為に  Humanityの為に  自由ならしめる為の  秀吉の為には  天下の為  毛利の為を  脳溢血の為に  大雪の為に  過労の為か  畠を為  体の為に  説明せんが為に  冷罵せんが為に  諷刺せんが為に  貧の為  風の為に  右筆まで為  あたりで為  これをかぶっていた為に  国利の為に  美女の為に  郎を殺したい為  毒蛇の為に  熱烈を極めた為にでも  ホラ貝に似てゐる為  釜あるが為に  上下する為の  落葉松林に惹き寄せられた為  霧の為に  答案の為に  弱気の為に  一歩手前で喰いとめる為に  人たちの為には  破戒さへ為で  奴隷的生存を続ける為の  主人の為に  あんたの為には  親の為でも  家の為を  家の為に  かめの為には  者を置いちゃ為に  事を聞かなければ為に  身代の為に  光線の為に  度い為  屈折される為  舞文の為に  就ても書く為には  強調の為の  唆つて来た為でも  此が為に  かなことの為に  様に為  ビクともしない為では  要心する為に  蚊帳を為  大正学界の為に  罪障消滅を図るの為  鎮圧する為に  土民の為に  発達して居る為に  二本松義継の為に  其方一手の為に  政宗を取押えようと謀った為  一揆の為に  攬る為に  小田原北条攻の為に  高名の為では  方から好んで為  光秀に従わぬ為に  中で討取ろう為  ところ有る為に  木村父子救援の為に  事しか為  蒲生忠三郎を見継がん為に  政宗の為に  人を慰める為か  閑のある為に  信用しなかつた為  成道する為に  悲劇の為に  言葉の為に  読者の為に  詩的正義の為に  教訓を与へる為では  ことを感じた為に  クリストに達する為に  応はせん為  人生の為に  信仰の為に  文化人だつた為  サロメの為に  ジヤアナリズム至上主義を推し立てる為に  何時か為  何でも為て  花嫁に為て  湯治に行っていたりした為  朝晩に為  妾になら為て  盛場になっていた為  肩書の為に  夫の為を  権右衛門の為に  我々の為  ものを作る為に  幕の為に  念の為につけ  結婚する為では  のを見たい為  意志する為には  おなりになる為  忠臣君の為に  孝子親の為に  眠気を醒す為  静かにして為に  価値をつける為に  火をつける為に  地震の為に  村長の為に  事を云ったり為たり  更える為に  気分が兆して居た為も  迎へる為と  ものと考へられた為  此神の為の  苗をおろした為  厳重な為  まれびとの為に  裏切りも為  話を為  聟の為に  他の為に  法悦の為に  紋服の為に  両氏の為に  クロオデル大使の為に  名誉の為  表現される為には  予等の為に  目を避ける為に  短篇を仕上げる為に  太陽の光りに焼かれた為に  嫉妬の為に  一しよにゐる為には  偽証罪を犯した為に  弟の為に  残つてゐる為  身にしみてわかる為  先に刈らせたる為  ものなるが為の  宮廷の為の  東人の為に  皇太子の為の  他人の為に  権威を保つ為の  教権を遠のいた為  尊者なる為の  逸出を禦ぐ為に  神事の為に  姿と考へた為で  奏上の為に  聖格を得ようとした為  吉事を待つ為の  狩猟の為の  目的の為に  懲す為に  なつた為に  五穀を孕ませる為の  一人の為の  群衆の為の  悲歎を慰める為に  歌所の為に  添へる為の  死者の為の  間を裂く為の  習慣の為に  心持が為  堕落した為  方が為に  鉄の為に  見舞の為  見舞の為という  其夢見の為に  女侠客の為に  虎の為に  それ等の為に  小作人の為に  空虚なる為で  単行本にする為に  祖母だちが定めかけた為  気覚しの為では  国際経済に移つた為で  生来余り丈夫でない為に  道子の為に  仁兵衛の為に  人の為にも  私の為にも  不正の為に  彼女の為に  俺の為に  嫉妬心の為に  出世の為と  健康の為と  何事かを思い出そうと努めたが為  精巧であった為  神降しの為に  当人の為にも  嚇しの為  刺青の為には  コロリの為ばかり  油断させる為  つて冬越の為に  生存競争の為  他を実らす為に  アメリカ人の為に  かつた為に  民衆の為で  誇りを感じたい為に  さを誇らんが為に  唱へだした為で  姿を写す為に  画の為には  発見する為の  悪党を云うた為に  子が為の  勘定を間違った為に  何を為  そなたの為にも  金之介の為  神語の為に  地霊を孕ませる為の  これだけ為  自分の言ったり為たり  末造の為  女房に為  何か為  必竟何の為に  駆逐する為に  話の為  日本の為に  国家社会の為に  心臓の為では  心配の為じゃ  検査する為に  吟味する為に  平岡の為に  生徒を呼び寄せる為の  歴史を有っている為では  何も為  様に考え直させる為の  それが為  修業の為と  事情の為に  生存の為に  回避する為の  生活慾の為に  矛盾の為に  独身の為に  詩の為に  何の為と  結論に達する為に  旨を知らせる為  令嬢の為に  助の為に  頭を拵える為に  それなりに為て  三千代の為に  秋水一人の為に  人の為と  貴方に話したい為に  時間を与える為の  満足を与える為の  一部分を曇らす為に  心配の為に  病気の為  貴方の為に  麺麭の為に  貧血の為  時僕の為に  自分の為ばかりじゃ  助太刀の為と  又五郎の為に  如何にか為  吾子の為  宮廷守護の為の  国中の為  功徳の為に  緩和する為に  何か為て  語調に合せる為に  日の為  糸屑を払い落す為  用事の為に  文化向上の為に  使ふ為に  保健の為の  国民精神作興の為の  雰囲気からのがれる為  彼の為  算段計り為  鼓吹宣伝した為に  見せしめの為  社会の為  奏寿の為に  禊ぎの為の  づのをひもを解き奉る為  魂のより来ると考へた為  河に入る為につけ  健康の為の  資格を得る為の  自らも犯さぬ為に  神の為に  田植ゑの為の  飯焚を為  Timeの為に  文学の為に  何の為とも  出来事の起つた為で  旧蹟を残す為に  人たちの為  郎女の為には  魍魎を避ける為の  隙間風の為で  用達の為に  互の為  何か為に  夫人の為に  此事あるが為に  自己一身の為に  北条氏討滅の為に  銘々勝手に考え出して来た為  賞に与らん為のみ  確実にする為  人心は為に  ぱりと断りきれなかつたが為  全体の為に  相とする為に  生徒の為に  自分の為  ことは為  下手だつた為に  震へる為に  自殺した為に  従つて死に飛び入る為の  僕等の為には  絶望した為に  人間獣である為に  我々自身の為に  #先方の為にも  引移る為に  雪の為に  勢の為に  #両人の為に  幼君守立ての為に  強盗の為に  用心の為に  変事の為に  抵抗した為に  顫えた為  強盗の為  挙動不審の為に  所業の為に  手続きをする為に  刑罰の為に  肉親を殺された為に  教旨の為に  万人を救わんが為に  果亭の為に  らの為に  疳の虫の為  虫の為  継母の為に  奸策の為  杉森を伐つた為  新興芸術の為に  ほこりの為に  飢餓の為に  不快の為に  雑誌の為に  此家が分らない為  論議の為の  作者の為に  兄弟の為に  生命の為には  私此方の為に  秋を楽しむ為に  自由作文にしたら為に  結合点を見出す為には  題賛文字の為に  表装の為に  彼を見んが為  車夫との為に  翁の為に  みそぎの為  吉事をまちのぞむ為の  ものと考へてゐた為の  満足せしめる為  女性の為に  是れが為に  見物の為に  それを防ぐ為に  思惑が有る為に  光線を避ける為に  熱度激変せし為  室を作った為に  出の為に  造船作業の為に  業の為に  #天皇の為の  村の為の  力の為  処へ来る為に  反対しなかった為に  競技の為に  行ふ為の  呪する為に  精霊を鎮める為に  田の神の為に  喧嘩をした為といふ  雪子さんの為に  枯枝を拾う為に  用心を為に  綾衣の為にも  わたしの為  殿様の為  其成功の為に  之が為に  青山誰が為にか  江水誰が為にか  一だけの為に  村人の為に  母校の為に  温泉の為に  営利の為に  ことが出来るまでに為  記事があった為  発見された為に  社会制度の為に  かたをする為に  笑ふを見るに忍びざるが為に  将来の為を  七年間小生の為に  病気見舞の為に  雨の為に  妻の為にも  壁も為に  道楽半分人に見せる為に  八九年間雑誌の為に  何も有りや為  気が為  みんなあなたの為  公衆に見せつける為に  風雪を凌ぐ為に  土地の為に  私達の為  客の為に  番頭の為に  健康の為に  子の為  客に出す為に  祭の為に  正太の為に  国事の為に  娘の為にも  兄さんの為に  大名を泊める為に  村民の為に  村の為に  俊の為に  地方の為に  三吉の為に  涙の為に  虫干する為に  疲労を忘れる為に  仕事を為  今夜僕の為に  新聞を書く為に  霜の為に  夫が見せまいとする為  荷積の為に  姉さんの為にも  家を持った為に  道普請の為に  鳶が棲んでいた為  敢てしない為  路を照らす為ばかり  出来を急いだ為に  雑誌の為にも  作品を好んでゐる為も  晩に限られた為  是が為では  今日まで残っている為  脱れる為に  装飾する為の  自分で許しすぎる為でも  作者を得た為に  作者がいた為に  相手の為に  店の為でも  お嬢さんの為でも  病気を癒す為に  意見が行われない為か  違つてゐる為のみ  上演の為に  幕府の為に  市中見廻りの為に  云つて強がる為  とき看守長の為に  思つたが為で  子供の為にと  房の為に  脳膜炎の為  妻の為にと  叔母さんの為にも  夜を送る為に  妹のある為に  金策の為に  正太の為にも  妓の為に  商用の為に  達雄さんの為にも  娘の為に  通夜をする為に  孫の為に  愛慾の為に  俺が為  山林の為に  事件の為に  誰の為に  ことは為て  生活を縮める為に  何事も為  月給を取る為に  これまでに為  物をこしらえる為に  事業を助ける為に  兄様の為に  ように為て  墓参の為に  人達の為に  昔から為  神に進める為の  祭りをする為  使ひに為  天子様となる為の  引籠つて居る為の  完全にせられる為  日を避ける為に  払ふ為  物忌みの為の  合つて居た為で  神事に与る為の  神に接する為の  迎ふる為の  浄める為  浄める為の  此浄めの為に  締め換へて這入る為の  発散させぬ為の  明治文学の為に  云ふ為ばかり  妻の為に  菊池の為に  才力を示さんが為  東京を思ひ出した為  恋恋とする為には  転居するが為  佐々木小次郎後日の為  歯医者にでも行って居た為に  写生の為の  決戦をする為に  ために為て  意識がある為  目の為には  奥様の為には  亡なったが為の  案内をさせる為に  励行しない為  ところへやる為では  人類科学の為に  構へるが為に  職業を求むる為に  さの為に  牛乳の為と  体裁を繕う為により  軽蔑している為  雑誌を買う為  種痘する為には  さの潜んでいる為  不遜の為と  六点の為に  小遣いを貰う為に  人生を知る為に  行人を眺める為に  虚栄心を知る為には  大橋図書館へ通う為に  嘲笑を感ずる為にも  歓喜の為に  なつたり為  需要を満たす為に  繕ふ為により  軽蔑してゐる為  買ふ為  言ふ為に  さの潜んでゐる為  通ふ為に  勉強の為も  病ひの為に  病ひの為ばかり  詩魔の為のみ  快感を味わう為には  快感の為には  潜在的にある為  落付ける為に  それがある為に  唄で補う為  阻止する為の  獣の為に  黒吉を捜す為に  葉ちゃんの為  失敗した為  平民の為に  理智的になった為  混同していた為  頑冥な為  自由詩たる為に  複雑している為  何んの為かと  判断する為の  遅延の為に  為国の為  為国の為に  満腹の為ばかり  伝説を為  事を見せる為で  狐腹なる為の  子どもの為に  産の為と  了ひたくなかつた為  子の為には  はしよる為に  精霊の為に  ハイカイ的俳句である為かも  悪人を探す為に  手掛りを無くする為に  お前様が出為てから  独楽の為に  梯子段から落た為に  遺恨の為に  女房と為  養ふ為に  総ての為の  露見した為  歌はしむる為に  気流の為に  回復する為  ツマラナイ物の為に  一ツを選ぶ為に  自尊心の為に  叔父の為ばかり  文化貢献の為  春誰が為の  結婚披露式につらなる為に  列車を待つ為に  視力をためす為に  遁れる為に  部屋へこもる為に  汽車の為に  ビルディングにはいる為に  家族の為に  罪を犯した為に  秘密を知る為に  精神的強壮剤を求める為に  親和力の為に  ビルデイングへはひる為に  合ふ為に  水の為でも  釣合がとれない為に  名聞を好まぬ為  蕪村の為に  工の為に  本道とした為と  事実を知る為には  皆果実の為に  此風習あるが為  泉の為に  サラヂンの為に  后イゼベル夫の為に  なんの為の  友を救う為に  奸佞邪智を打ち破る為に  腹を壊してゐる為に  恐れ乍ら売弘めの為の  研究の為に  悟道の為に  花の為の  饗応する為の  神嘗祭りの為の  春祭りを行うた為に  不明な為  人に話し為  落葉の為に  説明する為に  確める為に  肺病の為でも  涜の為も  必然の為  人間の為  印象を引出す為には  何奴かが為に  使ふ為  人に愛されたい為では  一事件の為に  決算の為に  打算した為  出づることを惧るる為に  肉慾がみたされない為だけ  恒産ナキ俸給生活者ノ為ノ  事ばかり為て  僕の這入ろうと為  ア斯う為  灰汁抜の為  面を為や  蔵の為に  間男呼わりを為や  間男を為  詫言を為  何うとか為  做しでもして居や為  軽躁は為  ように為  事を為は  持病を癒そう為に  悪党の為に  頬冠りを為  口留を為  刃物三昧を為や  供の為  旦那の為に  顔を隠そう為に  お前の為  大切に為  瀧の為に  悪を為  存分に為  寐かす位にまで為て  刃向い立てを為  墓参りでも為  手出しは為  不備の為の  証拠蒐集の為に  車に乗らない為の  私利私慾の為に  公益の為に  安寧を保つ為に  手に入れる為に  印象を与える為  支倉の為に  感染された為に  夫の為  前身を洗う為に  突留た為でも  彼女の為  支倉と会う為  支倉に会う為  緊張の為に  事の為に  安心の為に  処決の為  火事の為に  訊問の為に  罰を恐れる為  脅迫を恐れる為  強情を張る為に  何の為でも  支倉事件の為のみ  諄々と説かれた為では  君の為を  谷田の為に  懺悔の為に  貞の為に  感銘させた為  心証を与える為でも  栄達を計る為に  病気に罹った為か  苦艱から逃れる為に  妻子を助ける為に  一体拷問せられた為に  妻子を助けたい為に  御前の為に  証明の為に  庇護する為に  庇護する為では  呪いの為に  礼を為  欲せざる為  栄達の為に  の参考と為  此れが為に  忠実なりと認めたるが為  政友会の為に  妥協の為に  不平なるが為に  実施するが為に  たるが為に  頓著せざるが為  遂ぐるが為に  湖沼と為  其山県侯の為に  所あるが為  閣下の為に  此れが為  政府の為に  中ごろ同一事情の為に  通過を計る為に  責任の為に  反対の為に  属僚の為に  伊藤侯の為に  閣下の為には  無能力なるが為に  彼れの為に  自由党の為に  嫉妬軋轢の為に  党与の為に  明あるが為に  情緒を欠けるが為に  討議の為に  聯合党の為に  河野の為に  河野の為  市長と為  端金の為に  連中の為に  位地安全なるが為に  国民の為に  党援と為  之れが為  自分を掴まへて為  長命や為  何者かの為を  文士何をか為  他に為に  評するが為には  音楽何の為に  自由の為に  之が為  唯生活する為の  用意する為に  兵が来た為に  かづらを為  神聖を破る為  原稿料の為に  蒼生の為にも  はつきりしてゐない為に  予の為に  糊口の為に  場合に役立たせる為の  座興に供する為に  主君の為に  敵に取られる為に  二宮の為に  悲しみの為か  遠目を晦ます為に  結婚の為では  物を探つて行く為の  祝福する為の  豊年を知らせる為に  占ひの為に  占ひの為の  暗示の為に  退散させる為の  五月処女を定める為の  其を助ける為と  鑑賞目的の為にのみ  前触れする為の  此を防ぐ為の  立派に為  魂を喚び醒す為に  剣を投ぜん為に  政子さんの為に  お話をなさる為  ひとに褒められる為に  世辞を好まるる為に  鎌倉じゅうは為に  出石人の為の  興を催させ奉る為では  味はふ為で  何かの為では  私の為を  他人の為を  人達の為ばかりに  生活を創る為  家庭の為にと  名望の為に  理由の為に  彼が為に  電報を打つ為に  奨励の為に  田の神に捧げる為に  祭りをする為に  過程を経て来た為  丹念すぎる為に  自分で考えたり為たり  佐野の為に  何ものかの為に  迎へる為に  理解する為に  人間は愛する為に  強烈の為で  雇つて江戸へ行きたい為で  救ひたいといふ為で  手段であると信じさせた為  告訴へる為に  衆生の為に  伝つて火が走つて来る為  父の為には  軽蔑される為にのみ  盗賊の為に  己の為に  守つてやつた為に  日の為に  秘密を求むる為に  扶けを得んが為に  不足しない為で  旅に上る為で  親分の為に  みんな親分の為を  其等の為  逢ひたい為に  ア逢ひたい為  拒絶しあふ為に  自分を為  死を知らしたいが為  気の為か  虚勢を示す為に  傍に居る為に  結局此方の為には  我ものとする為には  廃頽的雰囲気を感じさせようが為  悲しみの為  冥福を祈る為では  チフスの為に  実現する為に  住職が為  お母様に為  一間を為  重荷を担いだ為  老いを忘れる為に  儲けの為に  神のみさかえの為と  手都合の為に  松村の為にも  焦躁の為に  慾の為  品物を買った為に  御家の為  手向いをした為に  世間体をごまかす為ばかり  光井さんの為に  師匠にとっては為に  お家の為かも  こっちで為て  主人の為と  主人の為にと  親の為とも  与次郎を生かして置いては為に  お前の為にも  お前さんの為に  風の為  芒を取りに行った為の  老人から聞き知った為  当人の為  世間の為に  往来していた為  危険を防ぐ為  不出来な為ばかり  行儀見習いの為に  御国の為とか  店の為にも  形泥鰌に似たる為  我が身の為に  怪獣が棲んでいる為  犯跡を晦まそうが為  辱しめ辱しめ為  可憐そうだから為を  手出がなっても為  疏を為  老母の為  今まで為て  ようとて為  家へ入れた為に  巡査になった為の  駕籠で帰った為に  のを隠そうとする為かも  手当てを貰っている為  奥さまの為を  #当人たちの為を  漢神を祭ったが為に  銭を与えられない為  芝居好きであるが為では  町内の為にも  お金に握られている為  引被けんが為に  巻附けんが為に  所持せん為に  内職の為に  色黒からざりし為  者が為に  運命と諦めている為  奉公人が死んだ為に  胃酸過多症の為に  児をあやす為に  貴様たちの為に  ふだんから手馴れている為  目につかねえ為でも  みんなお前さんの為じゃあ  お前さんの為  娘をかどわかす為  落人の為かや  電車を待つ為に  時分の為  合図の為に  倅の為に  事を知らない為  下心がある為  色恋の為では  秘密を知られたくない為  鳥銃の為に  宗徒鎮圧の為に  我軍之を追わんが為  宗教の為に  母の為に  讐を報ぜん為に  本人の為に  ナイシイを愛した為に  ものの為には  三甚の為に  死骸紛失の為  ところがある為で  伊勢屋の為  気が置ける為  さまの為には  老婆の為には  二人の為に  忠義を忘れない為  鯛を持っていたが為  物を隠すと為に  方ふたりの為に  のは為に  恋人の為に  途中で倒れた為に  教育の為に  原稿料の為と  後生の為  芸に触れた為  #団十郎の為  上方で為  歌舞妓の為に  今暁盗人の為に  なんの為とも  亡卒得脱の為と  御覧ぜんが為  給はんが為  敗北を取り返す為に  ごとを書いた為に  我邦文学の為に  眼を醒ます為  味いの為の  作家の為に  死霊を和める為の  清閑を得ない為に  室生の為にも  遭へるが為に  友情の為のみに  詩的天才を信ずるが為に  小坊主の為  特別階級の為  評判高かりしが為なりと  出動者の為にも  われ今国の為に  調和の為に  己れの為に  渠が為に  人を訪ねる為に  用件の為に  母さんの為に  母さんを救う為に  ものの為  捜査する為に  附会した為の  関聯がある為で  資格を作る為の  のを避ける為の  悪気を避ける為と  柏の為に  行先を晦ます為  職を求むる為に  柏に告げる為に  遁れる為  街へ行く為に  こととなった為  発展の為に  生存競争の為に  生存の為の  連帯の為に  変通自在にもならしめられる為  破壊作用の為に  課役を避けんが為に  下手だった為に  同情に報いる為にも  私はたのしみの為に  方が為  おれの為に  便利な為で  做された為  多く谷間に住んでいたが為  材料なるが為に  己が為に  生命の為に  爾の為に  其処を訪れたと思はれたくない為に  食膳にのぼす為の  一本君の為に  故人の為の  北九州の為  物忌みの為ばかり  三廻部名に居た為に  光秀の為に  百年の為に  身体の為とは  恐怖の為  タマセセ王救援の為に  金儲の為にのみ  人々とを愛するが為に  息子の為に  会見の為  飾り毛にする為に  毎日オースティン少年の為に  #彼等に読んで貰う為に  少年の為の  君達の為に  ツシタラの為に  愛の為  召使達の為に  一ツの為にぞ  我が身の為か  そなたの為に  下りも為  俺共の為を  チャラピタの為に  なんの為にという  鬼の為に  山賤の為に  記念の為  彼らに挑まれた為に  宿屋の為に  末吉さんの為の  国王の為の  現世の為の  征服した為  挿んだ為  用ゐられた為と  踊つた為で  一種上覧の為の  誤りを重ねまい為には  解放する為の  逢ふ為に  歓楽の為に  此洞察力の為に  クラリモンドの為  利益の為に  畏怖の為に  行為を為  諸国之が為に  思つた為のみ  威嚇する為に  神慮を勇め奉る為  献上する為の  迎へる為  時刻の為も  馬の為だけでも  あんたの為を  幽霊が出ると言い伝えられて居る為で  秘密を隠して置く為に  言い伝えの為にも  主人は死に絶えた為に  怪美人を捜す為に  火事の為  嫉妬の為かとも  相続する為に  夫が為に  馬鹿な為  テレ隠しの為に  秀子の為に  罪の為に  自ら余の為に  遊びに来る為に  顔をして居た為か  引剥きたいと思った為で  計略の為で  相談する為に  立ち聞きの為に  人違いと覚ったが為  人に知らさぬ為で  密旨の為に  貴方の為ばかりを  痛みの為に  何の為かと  外へ出さぬ為  懸賞の為には  心を引く為で  之を取り調べる為に  監督の為に  嫉妬などの為に  理由の為  嫉妬の為  のを洩れ聞いた為  疑いを掛ける為と  貴女の為に  切迫して居る為と  事の為では  余が居るを疑っての為では  貴女の為  故障の為に  悪気が有っての為では  神経の落ち着いて居ぬ為  気附かずに進んだ為に  虎井夫人の為に  者を妨げる為  眩暈でもする為に  安心の為  後々の為に  事件の為には  秀子が為  慾などの為  家へ忍び込む為に  油断させる為に  世間体の為に  空腹の為  敵を殺す為に  何が為に  様に成って居る為  のを隠す為に  貴方の為と  毒害の為  なんだ為  秀子を憎む為では  秀子の為を  親切の為に  推量の為に  一眠りした為か  秀子の為  挙動を聞き取る為  苦心の為に  手段の為に  本姓本名を秘する為に  秘密を見られたが為に  長三に見現されるかも知れぬと気遣うた為では  誠しやかに思わせる為では  問合せの為  是が為  中に居た為に  機会を得ぬ為に  之が為には  顔を作り直して貰う為に  顔形を得る為と  相談の為  劫かす為に  蹌踉いた為では  証跡を見ん為で  探偵森主水の為に  念が有る為に  証人かを得る為に  イヤ逃げ出す為では  保証の為に  私情の為に  声の為には  念の為にと  皆秀子の為  貴方の為  #心柄の為とは  自殺の為では  所信を貫く為に  品物を焼き捨てる為に  意外の為に  目的の為には  暴力の為に  満足の為に  矢張り松谷秀子を愛する為に  過ちの為とは  彼奴の為に  余が為と  幾等嫉妬の為にも  読書の為に  払ふ為に  雨との為に  眠りになる為  言質をとる為  寂寥を加える為の  彼女の為を  わして行く為のみの  秘密にして置く為に  海風の為に  他人の為  営養をとる為の  卑怯に思われない為に  正義を伝えんが為に  道を求めんが為に  豚肉の為に  興奮の為に  賑やかにする為に  今何を為  聞は為  衆庶の為に  方に居る為に  後日の為に  願いの為に  瀬を渡る為に  潮湯治の為  秘密を保つ為に  大雪と為と  一人の為に  東に移った為に  窪を作る為に  便宜の為に  饑渇となって死ぬる為に  饑渇の為  雪渓がずり落ちぬ為に  裂目がある為に  用たしの為に  記載をしていた為に  雪崩の為に  洲あるが為に  搦んだ為に  高山君の為に  貴国の為でも  雲の為に  巨岩の為に  世間の為にも  自分の為にも  世の中の為にも  眷属共の為  何の為にも  制限を受ける為に  用ひた為に  物産の為の  なつて来た為  邪宗門徒探索の為  広の為  ことの出来ない為  みんな家の為  チブスの為に  喫驚させる為に  立派に育てる為  之れが為に  粉飾せんが為の  糊塗せんが為の  使役せんが為  襲撃から免れんが為に  欠乏であった為  鬼となっているが為  緩和せんが為に  平和の為には  ことが出来ぬ為  食物とならんが為では  直感した為  嫉妬した為  別れ話をする為に  様にさせる為の  実行する為の  女と認めねばならぬと思った為でも  疑いを晴らす為に  石油をのんだ為  後悔しない為には  フェミニズムの為では  通りに為  生命を与へる為の  ちよいと禿げを隠す為に  生活費を為  云つて浴客の為に  あいつの為  人の為には  人種平等論の為に  人生の為の  捉へる為  効果を生ずる為に  京人の為に  掃除人足であったが為に  掃除の為  エタ教化の為に  対応せんが為に  金儲けの為に  境遇の為に  普通民でも生きんが為には  彼らが生きんが為に  生活上数歩を後れているが為とに  騒ぎだと為に  念を起された為  ところとなった為  家計困難の為に  安易であったが為に  彼らが活きんが為の  掃除の為に  過失の為の  保険金なりの為に  競馬に行く為に  威力の為に  弁護する為に  すべて詩の為に  馬鹿に為  必鶏が割り込んで来た為  熟語化する為の  方面に導く為の  意義変化した為に  義勇兵の為に  肴を獲る為  公衆の為に  未来の為に  のを恐れた為  印象を与える為に  立証する為に  事を見破られぬ為  前途の為に  示めすべき為に  控束する為に  結局両方の為に  参考の為に  競争する為に  それを保つ為には  写真版の為  毛沼博士を殺す為では  熱心なる為と  実感された為のみ  目標の為の  借金の為に  互の為に  肉親であるが為に  享楽も為  あなたの為  存在しているが為  保持された為  存在した為の  事を恨んだが為  堺兄の為に  念の為と  肉体の為に  婦人社会の為に  山木の為に  花ちやんの為にも  申告を為  教会の為の  膝をよごさない為  千代ちゃんの為に  望を充たす為に  われらの為に  特許を受けた為  売買をした為  不快に思う為でも  看護婦の来ている為  ことを考える為に  病の重った為に  風呂へはいる為に  羞じている為に  苦しみを紛らす為に  彼も忘れる為に  甲野の為に  肺結核の為に  通夜疲れの為に  英賢の為に  国の為に  耕地にする為に  事の為にだけ  転換の為に  学資を得る為に  不親切な為に  眼の為などには  煮物の為には  永持をさせる為には  薪生活の為  腹部が出張って居る為に  大量製産がある為に  節約の為のみ  生との為に  掠奪者の為に  鼠よけの為には  野猫ががんばって居る為に  魔避けの為には  汽車が出来た為に  土地を求める為に  奴は食う為に  自家用産卵をさせる為  すじがあった為  一ぱい水を切る為に  半分の為に  陶冶する為に  それ自体の為に  子とならん為  水ともども二太刀で為  自分一人の為に  文壇の為に  叙述部の為の  叙述部として役に立つ為に  不眠症の為に  何も気取らんが為に  数等手数のかからざるが為  普及してゐる為に  文芸的中心にならなかつた為に  朝自分の為  樹立の為に  少数好事家の為の  俳優の為の  真打で通る為には  寛大であった為かとも  それが為の  芸能祭の為の  舞台化する為の  遠大ならしむる為に  毒を得る為で  熊の為に  心慰めん為にて  すには為の  劇団の為に  新劇団の為に  公が為  悪意を持つてゐる為でも  わての為に  様子を見せまい為で  国の為には  火の手を探す為では  何をか為  金を取りたい為に  苦痛を免れん為の  大発見の為に  聴聞したい為に  ものがある為  中に足りない為  我身の為に  国の為  楽に語りたさの為なり  珠運の為  利を取ろう為の  岩沼令嬢の為には  仇が為  搬出する為に  真似を為ては  生徒と為  碌々交際も為  気が為て  ア何う為べ  事も為  何うか為て  左様でも為て  顔色を為  行つたり為  噂を為ばかり  ようとも為  やうに為て  事と為  事業を為  世話は為て  声が為  事べい為て  気勢が為  体を動かさうとも為  経験を為  妃山内氏光子病の為に  検べる為  答へを聞かんが為に  善根を蒔く為に  何が為  高慢にしよう為では  気を落さない為に  蛮陬夷落之が為に  虜陣戎庭之が為に  心おぼえの為に  複雑になった為  自然に忘れられた為  脚色物などを喜ばなかった為でも  お笑いの為ばかり  主張したが為  窮した為では  発達した為  鷹に似ていた為  ざらん為に  霊を育てる為の  神及人類の為に  主人の為にこそ  序歌に為  #文章的でなければならなかつた為の  気の為  渠の為に  快事の為に  此快事の為に  一人の為  火熱の為に  おしゃれの為に  雨着物の為  狂ひを見せる為の  のとの為で  貰ひたい為ばかり  父の為にも  #自身の為にも  私達を喜ばせる為に  印象させる為に  それを見せる為  丁稚奉公をする為に  はんの為  違つて居た為も  つたが為  行末の為に  考へを抱いて居るかを探らんが為で  ことは為と  巻換への為に  期待の為に  対立差別する為に  多数の為に  兵隊の為に  愛情が湧かぬ為  阿修羅と化してゐる為に  道具に為  壁が落ちたり為て  道珍和上に娶はせようと為  切払つて桑畑に為て  口を減す為に  勧誘する為で  人民の為  留守番を為て  旱の為に  閉ぢようと為  其れを紛らす為に  釘附に為て  切つて自由に為て  経を聴く為の  所属たらしめる為の  身動きも為  散歩は為  のを避ける為  のを防ぐ為  鶴石が死んだ為とは  躰健かなるが為に  一蟋蟀の為に  原稿を書く為に  悟を開いた為か  事になる為と  下駄を履く為に  夷の為に  東夷の為に  大徳の為に  欺瞞する為に  九郎の為の  沢田の為に  事だったら為  諸君の為に  事業の為に  用意の足りぬ為  湖州の為に  先達の為にも  恩を売って為に  婚儀に列する為と  訛伝ありし為  秀頼の為に  首にまぎれぬ為の  感動せしめた為  鞭撻を受けた為に  前借する為に  友人の死んだ為と  編輯者の死んだ為と  情熱家の死んだ為  農夫の為に  大阪料理の為に  大阪の為に  散歩の為  優越して居る為に  譲吉の為に  嗚咽の為に  革命の為に  後来の為に  先生の為に  円滑の為に  一時の為に  年少の為に  度外に置くが為に  反対なるが為に  復足下の為に  不充分なるが為に  瞬ばかり為  長距離を歩いて来た為ばかり  暖をとる為の  練習の為に  硯友社の為には  事に為  青年作家の為で  あくせんとのある為に  用言形式を作る為に  愛情の為に  小生の為には  影の為に  文化の為に  温泉めぐりを為  喧嘩を為  自分達の為に  調子を合せる為の  対照の為に  方便の為の  機嫌を取る為に  こっちの為じゃ  内包が明かでなかつた為に  語を喚び起す為の  言語をあやなす為に  雨露しのぐ為の  とも家の為  生の為に  違つた世界に入る為の  転身を得る為の  生の為の  祓への為に  魂の為で  新にする為に  天子の為に  皇祖の為に  他人の為の  恋愛の為の  女の為  祝物の為に  病の為に  病の為には  看護の為に  想ふ為に  一時間ばかり考へる為に  勤皇の為の  実感を誘ふ為に  授戒との為に  鎮魂式から遠のいた為で  手に移つた為で  祝言乞食者と考へた為  東京行幸の為の  囚はれ過ぎた為  文学の為の  助けとした為の  遊学の為と  此山本家の為に  随つて生きる為の  #私自身の為にも  道をもって為  臣有る為  遊びに来さす為には  見せしめの為に  高大である為の  予想した為の  勉強する為に  急である為に  風揉めの為に  指示する為の  遭難された為に  登山者の為に  生者の為と  存してゐた為で  僕等の為に  僕の為には  牢獄の為に  行衛の為に  我を殺す為に  総司の為の  火を盗んで来た為に  疲労の為に  平中の為に  話でも為  古本仕入れの為に  良心を得る為にも  文明の為に  存在しない為に  便宜を失った為に  シトロンの飲めぬ為にも  失恋の為に  魂を宿す為に  支配する為には  王冠の為に  一つ食った為に  瑣事の為に  民衆の為に  妻とする為に  発見する為に  慰めを求める為には  アキレスを知る為には  芸術を愛する為には  理解する為には  合理の為では  非とする為では  非とする為  芸術の為に  軍備の為に  雌の為に  彼女を愛する為に  美的要求の為に  完全に行われる為には  美名を得る為には  肉を食う為に  確信している為  倹約の為と  何の為か  ことの為に  第三者を愛する為に  合流を為  前夜同僚諸子僕の為に  遊者の為に  失つた為に  王冠の為にをの  一つ食つた為に  巧みだつた為に  行はれる為には  確信してゐる為で  当り障りのなかつた為  飲の為に  尊敬も為  質草に為  物音が為  楽みに為て  抽斗を開けや為  盗みを為  取越苦労ばかり為て  大切と為て  挨拶も為  自殺など為  老父の為に  祖母の為とは  新婚の為に  潮風の為に  舞台化する為に  生命の為  永久の為  心では為て  思想の為の  科学の為の  玉島の為  玉島の為に  身をまじえた為では  禁止条項である為に  意識にのぼせる為の  美の為に  用途が狭まつた為に  趣きを出す為に  姿の為に  刺戟の為ばかりに  成立の為に  潮先に乗りかけた為  学曹でなかつた為も  報謝の為に  仏の為に  短歌製作の為の  唯美主義に溺れた為  なつた為も  維持する為の  技術の為に  公私の為に  鉱脈を掘り当てる為  温泉を掘る為  催眠剤を呑んだ為  毒薬の為に  催眠剤を呑んだ為かも  仕事の為  昨日解剖の為に  ことを悟られない為の  只管子供の為に  子の為と  用事を果す為に  自覚していた為  售りたきが為  掲けむが為に  挽回せんが為に  胃の為に  刺客の為に  子供にもかぶれる為にとでも  一たび史家の為に  記念する為の  祝ふ為に  顫動の為に  状態を示さうが為  商品の為の  経済家であった為に  情婦を作った為  謝礼の為に  多数者の為に  名の為に  擁護の為に  身を比そうとは為  相手に為  当人の為に  ことは誓って為  保護する為  返事を為  私の至らない為  彼が殖えた為  #私の為と  太陽の為に  ことを思はなかつた為でも  自身の為に  女人をくどく為に  約束を破りたる為に  さを知りゐたる為  真面目に見ゆる為に  意の為に  此返答は為  子供たちの為に  毒虫の為に  万人の為の  素質の為に  代物である為に  俺の為には  異変の為か  域に当るが為  倭の為に  唐の為に  音を表わす為に  監視する為の  市民の為の  勢力をもつて来た為に  理解さす為に  ことが出来なかった為  此方の為にばかり  物の為に  恢復の為と  餓鬼身解脱の為の  姿に思ひ及ばないで居た為で  らはされた為も  のを忘れた為で  神孫の為の  荒魂の為の  和魂の為の  固着させる為  行路の為の  本人の為の  乞食の為に  旅行した為  不具身の為の  契つた為の  遁走を避ける為の  事の出来ぬ為  焼香の為に  強者の為に  松平家の為に  士の為に  信長の為に  延若の為に  祭儀の為の  神楽の為に  天子の奉為の  歌の為のみに  生活地を占めてゐる為の  宣教の為の  一地方の為のみ  様式に為  写実の為に  経験がなかつた為に  不用意の為に  命を助ける為に  下膨れの為に  衰へをかくす為に  切支丹宗門を信じていた為  休養させる為に  私達の為に  牛の為に  爆発の為に  風雪を防ぐ為の  講習を受ける為に  日光の為に  霜柱の為に  水音が為  僕の為  母様の為に  ことを欲しなかった為でも  決定する為の  機関誌生産の為の  学者たちの為のみ  唯物論研究の為に  垣を為  通過する為の  小言をいった為  あら海との為に  ことをきかないと為に  めんが為の  終日パンを得る為にのみ  余徳あるが為  お父さんの為  からだの為も  ことの為では  方を継がさうと考へてゐた為でも  信さんの為に  債の為に  蝶さんの為ばかし  あなたの為を  誰の為とも  寄生菌の為に  寝際に飲ん為  疑いの掛らぬ為  念の為にとて  用事の為とのみ  遊びの為なり  我慢が仕切れ無く成た為としか  避る為には  転末を知んが為には  倉子の為に  狂いたる為  評家の為に  八犬子を生む為に  かさのある為で  権威を感じさせる為で  儀式の為の  完成しかけて来た為  優美の為に  効果を挙げる為に  何ものかが為に  難局を切り抜ける為に  人に示そう為  老母の為に  会食の為に  信教の為には  会友の為に  一纏めにする為に  身につけ高める為にこそ  奴の為  津軽家の為とも  百姓達の為とも  わし自身の為に  わしの為に  古風な為に  向上した為  親方の為に  世界を働かせる為の  大地も為に  出品する為の  地獄を訪れんが為には  俟たんが為には  屋根を吹き飛ばされぬ為の  美姫ヘレナを救け出す為に  亢奮の為に  おまえの為に  内的生活を写す為には  フランス語の為に  日本語の為に  伊代の為に  作文の為に  鈴木に見せる為の  交遊の為に  警告の為  自分が為  そうに羽ばたきを為  感心を為  后に為  貴女に乗り移って為  人間を乗せる為の  虱を乗せる為の  虱の為に  その頃京都画壇再興の為に  拝見する為に  鑑賞する為には  訓練を助ける為に  独りビイアズレエの為に  ホイツスラアの為にも  家族に書いてやる為  好奇心を持つてゐる為  一篇を知る為には  完結に近づいた為に  捉へる為には  鑑賞する為にも  価の為に  囚はれてゐた為で  便だつた為で  憲兵大尉の為に  決闘の為に  操を守る為に  障碍を避ける為に  寡聞の為に  僕等日本人の為に  一凡人である為  興味の為に  材料を生かす為の  包容力に富んでゐる為に  無精の為に  模倣呼はりをさせぬ為に  教へる為に  ラムボオの為には  彼等の為は  後人の為にも  外ならなかつた為で  焚き火を燃やす為に  表現する為で  相手を歓ばせる為でも  表現する為に  表現する為と  閑却してゐた為に  署名しなかつた為に  事実上地獄を歩いてゐる為で  ことの出来なかつた為で  ものにしてゐる為  好奇心を持たれた為かも  ことの出来る為と  迷信の為に  丸善のある為に  ことを考へた為にとり  理想の為に  教へる為  諷刺詩である為では  江戸趣味を帯びてゐる為に  ものに見られる為  #百姓育ちの為と  プロレタリアの為に  頭脳の為に  心臓の為に  明らかにする為に  堂々としてゐる為ばかり  完成する為に  一新する為に  歎息を感じてゐる為で  #不完全である為で  米から分つ為に  歌ひ上げる為に  序文をつける為にとり  問題ばかりを論ずる為に  カルマの為に  食ふ為にばかり  後代へ飛んで行く為には  逆説的に出来てゐる為  出席した為に  何の為かも  かくが為  扱い肉を喰うが為に  小声である為に  夜更けを想う為には  度い為に  高台であるが為に  空腹の為か  毎日何の為に  晩塚越を訪れる為に  思い出の為だけにでも  家の為には  漫遊もと医学の為  讒者の為に  医術修行の為  拓士訓練の為に  通過した為で  凶悪自身の為に  足がかりの為か  女校長にこりさせない為の  僧正の為に  獲得したが為に  結婚したが為に  何をとる為  襲撃して為  貴様の為に  愛情の為かと  後学の為にも  自尊心を持ち続ける為に  太郎の為に  仕度の為に  ドレス一枚わたしの為に  参考の為  世間を知る為  反射させる為  報申さんが為に  おこし人の為に  舅姑の為に  訪客の為の  日の為にもと  私生児を育てる為に  人助けの為  わたくしの為には  目にかけたかったが為でも  右後日の為に  愛児の為に  子爵の為に  卿等の為に  芸者の為に  はつきりお上さんにわかつた為  牝牛を盗んだ為に  ことだつた為に  用向きの為に  ケウトイ心もちを感じた為にも  ことを隠したかつた為にも  生活の為  人の為こそ  当時の為  昔からの為  反証する為に  生徒の為には  矢張私達の為  博覧会に出す為に  弟子の為に  弟子が食ってゆく為に  呑込ませる為に  金を貰う為に  首を作る為に  肉を減らさない為に  ものを求める為の  ホーム・シツクを紛らす為に  勤めを怠って眠っていた為  夢の為に  金銭を得る為でも  #名誉を得る為でも  使命を果す為に  平博見物人の為に  それへと為に  イセレマクシする為に  言語を調べる為  結婚の為に  此の為に  検査の為の  注射の為に  一枚お母さんの為に  双方の為  眼の為に  着心地の為には  腎臓の為に  十七日の為に  手紙の為に  眼の為の  心臓の為や  再建の為に  動きの為に  体を直す為の  苦痛の為にか  奈美女の為  われ等が為には  たよりと為  仲を嗅ぎ出されない為に  てめえの為を  由事件の為に  彼女らに蔑まれている為  興味を持っていた為  哲士の為  文覚の為に  病の為よりも  電報でも来た為  一つだった為  長女に生まれた為  発狂した為に  インフルエンザの為に  とりしまりの為には  諫言など為  人生を観ずる為の  中味の為ばかり  防寒の為に  みなの為に  この間私の為に  ようにしておく為の  半分正気でなくてすぎた為も  人道の為の  信仰の為の  文明の為の  其独逸の為に  平和の為に  戦争の為の  構成する為に  独乙統一の為では  妖僧の為に  仏教徒であったが為では  解釈を下しえられなかった為  天皇も為に  間隙があった為  何人も為に  全うせんが為に  これが為には  一比丘の為に  懦夫をして為に  地に置いた為  由義宮の為に  早かりし為も  皆の為に  肉体の為では  不安の為に  其職業を失ひたるが為に  天然痘の為に  ことを為たり  実践の為に  さをかくす為に  一心に思い詰めていた為  肝に銘じていた為  井の為には  自他の為  良心の為に  顔を覆はれてゐる為か  得度い為でも  貰ひたい為でも  豪気を誇りたいが為でも  俺の為のみに  材料になる為に  天子の為の  随伴させる為の  酒をつくる為の  使ふ為ばかりに  附会せられて居る為  事を考へさせない為  神のよりましなる為に  カンテラの為に  生人の為には  原義が忘れられた為  邑落生活の為に  炉火の為に  弁別がなかつた為  発揮させる為の  死人の為の  なつた為でも  芸術史の為の  海部芸術を説く為に  妥当性を持たせる為の  区別を考へない為に  生の為  死の為の  春日皇后の為に  採用する為で  寺の為の  家長の為に  説話を伴うて居た為で  行力を得る為に  曾我物語を為  説経は許されてゐなかつた為も  印象して居た為  行つた為  演劇の為の  唱導精神の存する為で  風潮の為に  一国民の為に  世界の為に  国民の為にのみ  満足せしめる為に  毒蛾を殺す為  十返舎の為に  漁郎の為に  法要の為に  繕ふ為に  障壁の存する為に  他に存するが為  彼ら特殊社会の為のみに  んが為に  めんが為に  皮多であったが為  暴露したが為に  区別せらるるが為に  四字の為に  皮革を取り扱った為  改善とかの為に  圧迫は為に  教化せんが為に  部落民済度の為に  法の為に  種類が違う為  市内整理の為に  仲間に生きんが為の  盛んに行われた為  区別さるるが為に  ことになりましたが為  賤しい為に  荒廃の為に  皮細工をやっていた為に  誤解された為  支配されている為  彼らも生きんが為に  皮を扱っていた為と  傍ら外祖父などの為に  其多情の為に  此慾の為に  此病の為に  一年廃学したる為に  一事庄太郎の為には  糸の為には  錯覚かと思った為  心を落ちつかせる為に  顔を持っていた為  ものの為にも  固定する為  飛翔の為に  樹木の実を食べた為に  目的を達する為には  時の為に  趣味の為の  事と思うてゐた為で  災害を免れる為の  夜の為  神の為と  区別する為  外出の為  地を占める為  其尊者の為に  勅許を受ける為に  二人で為  人が降りる為に  小説の為に  退屈をまぎらす為に  それの為の  外物の為に  構成とした為に  婚礼の為にのみ  罪を覆はむが為の  兄の為の  古代研究の為の  情熱を持つた為で  発想法変改の為の  画の為の  古形を考へたかつた為  此形式を執る為の  固定した為に  為政者ばかりの為  夫婦になる為に  変つた為  其処に現れた為  合体した為  興奮を持ち来す為でも  産れた為か  古代研究をせなかつた為  神道の為の  夢の為の  喰はせる為  初夢を守る為の  祓ふ為では  場所をつくる為  禊の為の  教訓との為に  民間の為  訣らせようとする為の  語調を強める為にけな  馬といふ為に  国になされる為に  維持する為に  破壊する為に  調和する為に  壟断する為に  保護せんが為に  攀ぢ登らん為に  養はんが為の  重量の為に  回転運動の為に  生ふべき為に  考へなさ過ぎた為では  犬の為に  傷の為に  二人の為  男の為にも  身の為でも  末の為に  頻出する為の  なに私の為に  人間は戦ふ為に  逍遙遊するを楽しむ為に  ところあるが為と  解釈するが為に  争ふ為に  手紙を読んだ為  日和下駄を穿いてる為でも  有たぬ為でも  生活の為の  吉野が来た為に  雨水を防ぐ為に  退屈だつた為でも  墓参の為と  言ひは為  破壊の為の  大樹公攘夷の為  十分にしてゐない為では  交換を図る為  結着させてゆかうとする為  効果を引きおこす為に  露文学の為に  こっちの為に  世を益するが為と  デンマークの為  箔をつけたい為  デンマークの為と  事をする為に  デンマークの為だの  #王家の為  詩を読みたい為  みんな僕の為を  オフィリヤの為に  オフィリヤの為にも  僕ひとりの為にだけでも  為事が為  拒絶されたが為の  平和を迎える為には  徳川の為に  男の為に  徒の為  弁天松代の為  探偵小説を書かなかった為かも  面会する為に  結局避難者を乗せる為に  癇癪持であるが為  仕事の為で  石城山神籠石探検の為に  登山の為に  崖崩れの為に  水田を作った為に  便にする為に  体をおもう為  拵へる為に  長篇小説を書く為に  無能の為に  行蹟の為に  薬品の為に  職務の為に  富豪が出来たが為に  富の為には  悪疾の為に  渡世の為に  カアルの為には  自分たちの為に  間接に取扱った為では  

~ 為[名詞]2
無い為  わが為  その為  強い為  弱い為  長い為  さも為  必ず為  この為  薄い為  なく為  我が為  数多く為  ない為  古い為  何らかの為  多い為  烈しい為  よく為  其の為  なし為  すくない為  然るべき為  少ない為  寒い為  鈍い為  緩い為  近い為  いつも為  そうぞうしい為  どんな為  せまい為  う為  そんなに為  もう為  強く為  いろいろ為  小さく為  重い為  新しい為  そう為  どうも為  そういう為  わるい為  あくどい為  偉い為  常に為  とうとう為  むずかしい為  物凄い為  ある為  美しい為  かなり為  親しく為  少く為  赤く為  乏しい為  貧しい為  易き為  何とか為  くよくよ為  さむ為  ゆくゆく為  易い為  決して為  よい為  もし為  まだ為  本当に為  どう為  さもしい為  悪い為  拙為  なき為  著く為  難い為  ちょうど為  恐らくは為  あんまり為  そんな為  

複合名詞
為め  為義  為炉端  為め一寸  為飯島様  為め娘  為帰省  むが為  以白酒為賢者  以清酒為聖人大伴旅人  背真為日本民  講堂一夜為風頽  一為レ説三韓国  為方  燃エサカル一瞬ニ燃エヨ何処ニモナイ君ノヨロコビノ為ニ元原  為め有力  為め大隈板垣  為老婆心  為め小鳥  為め芋  為め野  為此上  罪ト為シ十年以下  了うた為  為事為  為作  為作老人  為レ度二衆生一  津戸三郎為守  為守  その後為守  津戸為守  戒むる為  住人津戸三郎為守  菅宰相為  為吉  為二公御財一之天備  放免共為二強盗  是備前役夫工催神民為二庁下部二被二殺害一事依二上卿命一也  足レ為レ奇乎  為二放免一被二盗取一給  為二検非違使共人一何故乎  慚汗為  為め手  為め何千年  為め隠れ家  為せり  為め京都  為め信者  為合せ  為業  為レ聞被レ  相談為レ  為年  季児為秋  長男為年  為人  為め雨  為一年  八紘為宇  ラクハ僧ト為テ心了セザルコトヲ  僧ト為テ心了セバ  為め休校  為甲斐  為ひと一倍  為田舎  為私  レ為二此国王一  為二坂物一  為没交渉  為切り  為組み  婦ト為ッテ羞顔  為体  為ニ壊乱狠戻不仁  吾今為レ国死  為死去  為旅行  為東奔西走  為再検視  為船  為ニ完シ  是為奮励努力記念也  為め愚  為一時昏迷  何為ぁ  何かしら為  為め熊頭  奈何為よう  為よう  為向け  為立て  為ッ  開店為よう  為てい放題  為ニ  為吉さん  為の  為たい  己ア為  苺畑出来候為め産出過多加  為め左  為め失敗  為め働き金  為め余  為め雇人  転居候為め  候為め  為憲  レ為矣  名為二悪人一  処為  為め自ら  為宇  為草  つた為  為め書物  為め身  為め牛馬  盛為  為兼  為家以後  為め秘密室秘密梯子等  人間勿レ為二読書子一  為め市中  為ぢ  仲為  為候尤も御霊屋御用  届申候為後証仍如件  為シテイル様  浅尾為十郎  為十郎  髪師為十郎  為手近  む為  目的ト為シテ強奪  ラントスル為メナリ  遁レントスル為メナリ  絶ントスル為メナリ  収斂セントスル為メナリ  加ヘントスル為メナリ  政治ニ属セントスル為メナリ  一般ニ布告セントスル為メナリ  夷狄ト雖ドモ為ザル所ニテ  ガ為メ正論  公評ニ質サンガ為メ  国ト為リタルガ  為ス等  為め番号札  為換  皆為  為め十五日  寂滅為楽  為やう  やう為め  為内容以上  もさ為  為いす  為初  確めん為め女  迫つた為  為家卿  話一つしんみり為よう  為組  永続為致度念熾  ヲ為ス所以ノモノハ洵ニ国家生民  為ニ図リテ一片  赤土ト為セルガ  荒野ト為レ  嚮ニ選レテ衆議院議員ト為ルヤ  以テ念ト為サヾルニ  為上京  是為レ  為二石倉一云云  為二衆中一  為二東南院家御領一之間  為二長吏法師一被二追却一之刻  幡磨法師者為二彼長吏法師一奉功無双者也  彼長吏法師為二同宿之阿弥陀法師一被二追出一之時  為レ遂二幡磨与力一宿意云云  為二向後一尤可レ有二  レ為二上御沙汰一  為二  為二五人衆方一子  為冤  雖レ為二三党  別為二寺家  藤原為時  為時  為朝  為ちゃん  可為証  祝ぐ為  為木音也  為木  好漢為木音也  為外国行き  リノ者ハ注意セラルルヨウ此段為念警告ス  為掛  爆発為掛  むる為め  為仕事  為同情  為普通  為ニ生キテ来タヨウナ私ハ  道子ガ痛ミノ為ニ息  為切  為打  為時間  為急  何為懊悩河上柳空臨流水  為造  結局為造  晩為造  為蔵  屹度為造  為立物師  為立物  為送り  為め切腹  為附添  為め男  為め工場  アビクビク為  話ヨ為  養はん為め  為ツ  ば為  為了  遁れんが為め  為め構内車夫等  以テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為  立為二皇太子一  因為二太子名一也  為彼等  喰べた為  始為二赤道以南人一  候為  為め今日ここ  為ニ官民協力諸般  天下為  二仰付一被レ為レ下候得者  二仰付一被レ為レ下候  板為切  つて板為切  為合  為家出  為め町  為め本年度点呼不参者  為速報  手疵為レ負者四人  為方如何  為部屋中  為梅田  為能  一つ為  為たん  為金沢  為電車  ナニ為  中だるみ為  為あたし  君ガ為メ談笑シテ胡沙  敢行勇為  為め湯気  むが為め  随処為主  一身軽舟ト為リ  つた為め  為むや  声寂滅為楽  冷泉為定  為定  藤原為世  為子  妃為子  大納言為世  女為子  高野為右衛門  為配当  みかどのおん為  寵妃為子  大納言御子左為世  為世  為友人達  却つて為め  為われ  為終  為派  為派奸党  為派鎮圧  ア為  為め強姦  為井戸  為め別紙電車運転系統図  為参考人銀之助  為虚偽  為続行  木藤為蔵  為制止  むるが為め  運為  為つて  為つたの  仕立上げむが為  二条為明  冷泉為子  おん母為子  中将為明  おん為  督為明  藤原為道  為め今一度承知  藤原為子  むるが為  ぐ為  為也  為岡本楼主人  為め彼  至為  為馳  徒為  為房総  休ンゼンガ為  額田為綱  為基  三郎為久  為速水桃子女史  試サンガ為ニ  二条為子  松浦為王氏  仲弓為季氏宰  為合者  為シ難シ  為文学者経  二条為冬  府陸奥守北畠顕家十一月十二日鎮守府将軍ト為ル  中将為冬  中将為冬卿  冷泉為定さま  為定どの  上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ  ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ  リト為ス  為衆壑宗  中将河野実為  田鼠化為鶉  雀入海中為蛤  為綱  御子左為定  冷泉為清卿  冷泉為清  為さん  為而已  サ為よう  シカシそう為よう  為め本署勤務  為びらん  為二後日一一札仍  為二後日  場所為二永代一  知ルヲ得ル事ト為シ候而  為吉兄妹  為吉ら  為吉ひとり  狂つて為  ウスルガ為メニ  為シ以テ一家  為シ  彼是申威し金子為  何為  つて為よう  兵衛佐為盛さま  伊達右衛門尉為家  カレノ為ニイワン  ナンノ為ニ野狐ニ堕ツ  ナンノ為ニ野狐  為シテ敢ヘテ叛カシメザルハ必ズ術有ラン  為ス  為め困難  為め非常措置  以レ和為レ貴  転禍為福  冷泉為和等  為子孫  天日為め  以菩提為煩悩菩薩既成道時  魚上化為竜  得獣額流血水為舟  坤為レ地  源為憲  為口  我為  師範友枝為城氏  為瓦胴  翻手為雲  開門忽怪山為海  為サシムル動機  据ゑる為  以テ刺スコトヲ為サン  為さんよう  脂肪富贍ナルガ為ニ形態豊満ニシテ  強大ニシテ挺起スルガ為ニ其形態稜  父為時  為此  為言い開き  為一等  為嘘  為故  為自ら  為前  為燐燵  為道さん  為堀  為庭  為足  為倫敦  為余  為様々  為前後  為衣嚢  為仕切り  為大急ぎ  為幽霊塔  為愛想  為牢  為め入港  為め船客  為臼歯  為め頓死  度いが為  露わな為  為一方  城紅緑為誰肥  為顔  為東京  レ為二  レ為二仰付一被レ下候  吉祥院南小島為レ本  為二神  往古為二此職一  為二中飯一壱人  紺屋為二染屋  レ為二仰出一候御法度之御趣  為レ其頼申書付如二  為レ食者也  為レ致候段  為二申渡一  野良仕事一つ為  為自分  為め多く  為め彼女  為め今度学校  為め独逸  為め殆ど発狂  為つて下  為め神  りや為  和蘭人ト為サザルベカラズ  ムルトコロト為ス  為め家  あざ為  為以外  為め十分  為遂  為雨為雲  橋以レ柳為レ名而不レ植二一株  為め祝宴  為存候  倭武天皇為レ巡二東陲一  為め英国  汝国之人草一日絞殺千頭云々愛我那邇妹命汝為  朝為吉  森為吉  場合為吉  為公  為うち  為憐  事為  風誰為  珠運自ら為たる業  為つた  医さん為め  為ようつて言ん  為つた事  為つた大俣  自立為レ帝  為レ成二  秀平為レ責二頼朝一  為め改元  我波何為  命為如此登詔雖直  為払  沢山為  むる為  為め心臓  為め長兄  為め父  為め私  為給  為有縁無縁衆生施餓鬼供養塔  七子将為  貞盛為憲等  大変為  彼奴為  国野為也  国野為也氏方  大山為嗣さん  藤原為業  為道長  権現様為二  為召  為購買力  玉造組平与力本多為助  本多為助  為入屋  三善為康  為め鼎沸  為レ妃  為芸道  防衛スル為メ已ムコトヲ得ザルニ出デタル行為ハコレヲ罰セズ  寄君鴻文冊為君調綺羅  為君  為め一言  為スレ勝ト  考フル為メナレバ  為メニ  為却  為レ  為ざる  為いし  為め再々規律  為軍艦  援けた為  為病気  為来朝  了つた為め  為め妹  通り為  平井為成  為め今一度  わたし為返し  為奈良  為家  為めばつ  わたし為朝  為京都  為許  為築地路地裏  為菊五郎  為身体大  郵便為換  為め傍聴  為高麗国在陣之間敵味方閧死軍兵皆令  為高麗国在陣之間敵味方鬨死軍兵皆令  為め渠  為め万一郷里  何かしら為よう  試練鬢髪為  為公者  為進退  二条中将為冬卿  警めむと為  頃為吉  時為吉  為め遂  為め化物屋敷  往生為給  為茲  為スコトヲ書面  為メ遺憾ニ  為ササルヘカラス  為シタル事実  許容セラルルカ為ニハ其  為ッ国  為め黒表  こと為  為め休業中  一仕事為  以開字為女陰  フル時ハ則チ茎ハ杖ト為スベシ  婆羅門参卜為ス  為ルヲ知ル  為ニハ入用ナレバ一枝  果瓜ト為ス  菜瓜ト為ス  本草綱目云玉柏生石上如松高五六寸紫花人皆置盆中養数年不死呼為千年柏万年松即石松之小者也  為め迎  為め事  為め人殺し  為め大層咽  為め気  為メ日本ニ輸出卸値ト同様  為メ事務所トシテ日  為め上京  昨日為  瞬一つ為  いも為  後裔冷泉為臣伯爵自ら編纂  冷泉為臣氏  為家十二  為世歌論  進藤原為隆  為隆  レ為二強勢一  六条判官為義  為義はじめ兄弟たち  為め学資  為人気  伯父津軽為則  為則  為め蓋  為スニハ其家ニ  為シタルトキ二  為シタルトキ三  為シタル場合ニ於テ離縁  為め自家  為スヲ以テ主トス  今為  為神経衰弱  為帰り  則吾ガ為メニ尽候所  為ニさし出ス  為レ知候  門為参候  為ニ力  為ニ国  ハ飛脚ニ用ヒ候為  為レ聞可レ  為レ聞  ハ可レ為  舟ト為ル落日西山  為お腹  リ狷者ハ為サザル所アリ  左近少将政長為二尊者手長一  少将俊明為二主人手長一  傷けた為め暗殺  田村為輔  為め主人  為丈  為包  いつか為め  為午前二時  為め目下  而其所レ為  夫侠之為レ言  我心腸為  古屋為子  むづかしい為め  永野為武  為今日  為右衛門普請  用人為右衛門仔細  為右衛門  為右衛門腹  為右衛門左  円道為右衛門二人  円道為右衛門  為右衛門様  為右衛門様円道様  円道様為右衛門様  つき円道為右衛門  為め必要  為め細川  為め至極良縁  一興ト為サバヤ  何為警  晴信分レ兵為レ三  究見せしめむ為  今度為  為大分  中為切  為本日  仁義為先  体為  判官為義  六条為義父子  為義父子  為種  遺蹟報告者熊毛郡視学西原為吉君  発見者郡視学西原為吉君  栂原山也気乃曾里縁魔乃土也以二山巓一為レ界  三沢六郎為長  為長  孫左京亮為虎  為虎  長男頼母助為基  世称為西鶴再生  



前後の言葉をピックアップ
  屯す  屯せ  ため  溜めよ  溜めん  ため  貯め  貯めよ  矯め


動詞をランダムでピックアップ
買い被り問い詰める死ぬ思いつくこづきまわさうねっ切り替えれきらめき伐ろおこたり肥やそ言張広まっなやん見限っあるかたすけあっ宿楯突かたくる
形容詞をランダムでピックアップ
好き好きうまかっ恐く悪賢古う我慢強にぶき気障っぽわりなくかしましく辛気臭かっ清うしたわしき凄まじく恥しけれおしきなまなまし鈍から済まないおもおもしく